ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

2021|藤原丈一郎の出演映画一覧とおすすめまとめ!

なにわ男子のメンバーで、舞台や映画で俳優としても活躍している藤原丈一郎。

2016年に公開された映画『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!』で映画デビューを果たしました。

こちらの記事では、藤原丈一郎の出演映画一覧やおすすめ映画のランキングを紹介します。

藤原丈一郎の出演映画・主題歌一覧

2017年藤原丈一郎(21歳)出演映画

  • 関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!(稲毛潤役)
あらすじ 高浜優輔(西畑大吾)と稲毛潤(藤原丈一郎)は幼馴染み。人を笑わせるのが大好きなふたりの夢は、「お笑いでみんなを幸せにする」こと。夢を叶えるため、お笑い養成所に通い始めたふたりは「エンドレス」というコンビを組み、「ピンクらくだ」(向井康二、室龍太、草間リチャード敬太)とライバルとして競い合っていた。(引用元:公式サイト)
主題歌 関西ジャニーズJr.「おみくじHAPPY!」
キャスト 高浜優輔:西畑大吾
揉野重信:向井康二
大村健次:室龍太
稲毛潤:藤原丈一郎
加藤亮太:草間リチャード敬太
木下大介:正門良規
真砂礼司:小島健
高浜優輔(回想):道枝駿佑
稲毛潤(回想):長尾謙杜
野上竜平:高橋恭平
動画配信

2016年藤原丈一郎(20歳)出演映画

  • 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!(谷澤富雄役)
あらすじ ひょんなことから、地域活性化を目的としたご当地アイドルグループの「小姓ズ」に入った水上風太(西畑大吾)。マネージャーの橋口武彦(室龍太)が面倒を見ているもののライブには客が集まらず赤字が増えていくばかり。そんな状況を気にも留めない、リーダーの坂野次郎(浜中文一)や風太の小学校時代の同級生でもある小柳翔吉(向井康二)といったメンバーだが、市の広報課から結成5周年ライブを満員にしなければ解散だと言い渡される。慌てた彼らは、ライブでミュージカルをすると宣言するが……。(引用元:公式サイト)
主題歌 関西ジャニーズJr.「Dream Catcher」
キャスト 水上風太:西畑大吾
小柳翔吉:向井康二
橘亮介:大西流星
朝日奈和正:赤名竜乃介
坂野次郎:浜中文一
橋口武彦:室龍太
谷澤富雄:藤原丈一郎
渡辺俊:大橋和也
草間リチャード敬太
和久井優子:野々すみ花
動画配信

藤原丈一郎出演おすすめ映画

関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!

高浜優輔(西畑大吾)と稲毛潤(藤原丈一郎)は幼馴染み。人を笑わせるのが大好きなふたりの夢は、「お笑いでみんなを幸せにする」こと。夢を叶えるため、お笑い養成所に通い始めたふたりは「エンドレス」というコンビを組み、「ピンクらくだ」(向井康二、室龍太、草間リチャード敬太)とライバルとして競い合っていた。
遂に、若手芸人の登竜門コンテストで優勝したエンドレスは、TV局からも声が掛かり始め人気が爆発!!しかし、「売れることが第一」と考える高浜と、純粋にお笑いが好きな稲毛との間が次第にギクシャクし始める。そんな折、ライバルのピンクらくだが突然ブレイク。エンドレスは人気も下降し、高浜はイラ立ちを隠せない。
ある日のこと、高浜は稲毛にお笑い強化合宿をしようと提案する。ところが、その場所は幽霊が出るとウワサの旅館。なぜかピンクらくだも怪しい霊媒師と心霊スポットロケで同じ旅館に泊まることになり・・・。
(引用元:公式サイト)

映画『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』は、2017年に公開されました。

藤原丈一郎は、お笑いコンビ「エンドレス」の稲毛潤を演じています。

関西ジャニーズJr.のメンバーが、お笑いの世界に挑戦した映画です。

相方との温度感の違い、目指す夢、後輩の台頭など、リアルなストーリーに引き込まれます。

ラストには歌とダンスのパフォーマンスもたっぷり楽しむことができます。

関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!

地域活性化の名目で集められた5人の地元アイドルグループ「小姓ズ」。結成5年を迎えるも、人気もやる気も今ひとつの彼らはある日、広報課から、1ヵ月後のライブを満員にできなければ解散、と告げられた!
手っ取り早く今流行っているものに乗っかろうと、かるい気持ちで「とりあえずなミュージカル」を始めた彼らだったが、そうそう世の中甘くない!
果たして彼らはライブを満員にし、危機を乗り越えることが出来るのか?
(引用元:公式サイト)

映画『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!』は、2016年に公開されました。

藤原丈一郎は、谷澤富雄役で出演しています。

人気もやる気も伸び悩んでしまったローカルアイドルグループのメンバーたちを、関西ジャニーズJr.のメンバーが演じています。

軽い気持ちではじめたミュージカルの奥深さを知り、ライブの集客を目指し努力していくストーリーは青春も感じられます。

ラストのステージパフォーマンスは圧巻です。