ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

2020|髙地優吾の出演ドラマ一覧とおすすめまとめ

髙地優吾のプロフィール

本名 髙地優吾
愛称 こーち
所属グループ SixTONES
誕生日 1994年3月8日
年齢 26歳
身長 175cm
血液型 A型
出身地 神奈川県
出身校 神奈川県立保土ケ谷高等学校

 

髙地優吾の出演作品・主題歌一覧

2020年髙地優吾(26歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:Hey! Say! JUMP「Last Mermaid…」

三田園薫:松岡昌宏
村田光:伊野尾慧
霧島舞:飯豊まりえ
式根志摩:しゅはまはるみ
阿部真理亜:平田敦子
結頼子:余貴美子


2018年髙地優吾(24歳)出演ドラマ

  • 土曜プレミアム 世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編「マスマティックな夕暮れ」(宗徳役)
主題歌・キャスト
主題歌:蓜島邦明 「ガラモン・ソング」

凛子:玉城ティナ
文哉:ジェシー(SixTONES)
一成:田中 樹(SixTONES)
大知:松村北斗(SixTONES)
宗徳:髙地優吾(SixTONES)
隆:やべきょうすけ
郁子(隆の母):山村紅葉


主題歌・キャスト
主題歌:小田和正「この道を」

渡海征司郎:二宮和也
世良雅志:竹内涼真
花房美和:葵わかな
黒崎誠一郎:橋本さとし
藤原真琴:神野三鈴
猫田真里:趣里
垣内雄次:今野浩喜


2014年髙地優吾(20歳)出演ドラマ

  • 新春ワイド時代劇「影武者 徳川家康」(豊臣秀頼 役)
主題歌・キャスト
主題歌: 平原綾香「What I am -未来の私へ-」

徳川家康/世良田二郎三郎:西田敏行
お梶の方:観月ありさ
島左近:高橋英樹
徳川秀忠:山本耕史
石田三成:及川光博
甲斐の六郎:高橋光臣
おふう:谷村美月
本多忠勝:柴俊夫


2012年髙地優吾(18歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
オープニング:Kis-My-Ft2「Shake It Up」
エンディング:前田敦子「右肩」

桜木 達也:森本慎太郎
真行寺 文恵:島崎遥香
浅田 哲也:松村北斗
寺川 麻耶:京本大我
野口 聡:田中樹
里中 ユウキ:ルイス・ジェシー
神保 誠:髙地優吾
立浪 祥平:髙木雄也

髙地優吾のおすすめドラマ3選

笑顔が素敵な、SixTONESのリーダー・髙地優吾。

出演作品はまだ多くないものの、話題作に多数出演しています。

その中で、どの作品から見るべきなのか迷ってしまいますよね?

そこで、髙地優吾ファンがおすすめするドラマ3選をご紹介します!

私立バカレア高校

「私立バカレア高校」のおすすめポイント

  1. 髙地、ドラマデビュー作
  2. SixTONES結成前の、グループ初主演作
  3. ジェシーとの息の合ったコンビアクション

まずおすすめするドラマは「私立バカレア高校」。

SixTONES結成前のグループ初主演作であり、髙地のドラマデビュー作です。

髙地は、不良高校である馬鹿田高校の6人組の一人である神保誠役。

ケンカのシーンでの、ジェシー演じるユウキとの息の合ったコンビアクションは見ものです。

二人で一撃を敵にくらわすところは、とてもかっこいい!

普段は、笑顔が魅力的で明るいキャラクターの髙地ですが、こちらではちょっとかっこいい高地が見られますよ。

熱い友情、アクションなど普段とは違ったクールな部分の髙地の演技にもご注目ください!

家政夫のミタゾノ 第4シリーズ 第3話

「家政夫のミタゾノ 第4シリーズ」のおすすめポイント

  1. お嬢様と運転手の禁断の恋?!
  2. 何でも娘の真似をしたがるお嬢様の母親にどう立ち向かう?!
  3. ラストは意外な結末?!

髙地は、花田家の運転手、国木田洋平役。

髙地は、純朴な青年を好演しています!

このドラマでは髙地が、初めてのラブシーンに挑戦しました

身分違いの二人の切ない恋愛は見どころです。

毒親の母の目を盗んで、二人が密会するシーンはキュンキュンします!

国木田が桜へ健気にプレゼントしたり、二人のラブラブなシーンは、高地ファンが嫉妬してしまうかも?!

また物語の最初の方、国木田の側で三田園が「こんなところにストーンズ」と言って、石を出してくるのも、ユーモアが効いている部分(笑)

髙地は、どんな気持ちで聞いていたんでしょうか・・。

土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』「マスマティックな夕暮れ」

「土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』「マスマティックな夕暮れ」」のおすすめポイント

  1. SixTONESの4人が世にもデビュー!
  2. バカレアを彷彿させる不良役?!
  3. おバカな役も可愛い!

3つ目におすすめなのが、「世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編」。

「マスマティックな夕暮れ」に、SixTONESの4人(ジェシー・北斗・樹・高地)が出演しています。

死んでしまった同級生を生き返らせるために、不良たちが奮闘する物語。

「黒魔術」で生き返らせようという、発想が面白いです。

バカバカしいですが、友達を思う姿に愛おしさも感じました。

4人の不良役も、ハマっています。

SixTONESファンであれば一度は見てみてほしい作品です。