ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

2021|手越祐也のおすすめドラマランキングまとめ!出演作品一覧も紹介

2002年にジャニーズ入所、2003年9月15日にNEWSのメンバーとしてデビューした手越祐也。

2006年には、増田貴久さんとともにテゴマスを結成しました。

この記事では手越祐也さんが、今まで出演してきたドラマ一覧とおすすめドラマ、そして人気ドラマランキングを紹介します。

手越祐也のプロフィール

本名 手越祐也
愛称 手越
所属グループ NEWS
誕生日 1987年11月11日
年齢 32歳(2020年8月時点)
身長 168㎝
血液型 B型
出身地 神奈川県横浜市
出身校 早稲田大学人間科学部(通信教育課程)中退

 

手越祐也の出演作品・主題歌一覧

2018年手越祐也(31歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:NEWS「生きろ」

宇海零:加藤シゲアキ
末崎セイギ:間宮祥太朗
氷川ユウキ:小関裕太
真鍋チカラ:加藤諒
佐島ヒロシ:岡山天音
早乙女スナオ:杉野遥亮
標:佐藤龍我
末崎さくら:ケンドーコバヤシ


2017年手越祐也(30歳)出演ドラマ

  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」(主演・稲葉秀一役)
主題歌・キャスト
主題歌:なし

手越祐也
六角精児
足立龍弥
畠山拓也
村山明久
久保陽香
金田明夫


2014年手越祐也(27歳)出演ドラマ

  • 松本清張ドラマスペシャル・三億円事件(浜野健次役)
主題歌・キャスト
主題歌:なし

武田秀哉:田村正和
中岡涼子:余貴美子
高原薫:段田安則
中田所長:小野武彦
浜野健次:手越祐也
鮫島雄一:堀部圭亮
冬木:橋本じゅん
斎木:丸岡奨詞
沖田:飯田基祐


2012年手越祐也(25歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:まきちゃんぐ「愛と星」

花森 一子:多部未華子
重村 完一:沢村一樹
桐島 竜太:手越祐也
和田 純:石塚英彦
門馬 次郎:升毅
柳 誠士郎:大倉孝二


2011年手越祐也(24歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:まきちゃんぐ「愛と星」

花森 一子:多部未華子
重村 完一:沢村一樹
桐島 竜太:手越祐也
和田 純:石塚英彦
門馬 次郎:升毅
柳 誠士郎:大倉孝二


2010年手越祐也(23歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:清春「slow」

中原 スナコ: 大政絢
高野 恭平: 亀梨和也
織田 武長: 内博貴
遠山 雪之丞: 手越祐也
森井 蘭丸: 宮尾俊太郎


2009年手越祐也(22歳)出演ドラマ

  • 誰かが嘘をついている(佐藤貴浩役)
主題歌・キャスト
主題歌:なし

佐藤敏昭:水谷豊
佐藤美羽:宮崎美子
佐藤貴浩:手越祐也
佐藤由香:谷村美月
直木雅治:荒川良々
結婚詐欺師:カンニング竹山
山崎:モト冬樹
鬼塚敬二:平田満


2008年手越祐也(21歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:Dragon Ash「thought and action」

一太郎:手越祐也
仁吉・白沢:谷原章介
佐助・犬神:高杉亘
屏風のぞき(屏風絵の付喪神):宮迫博之
鈴彦姫(鈴の付喪神):早乙女太一
獺(美童姿のカワウソの妖):山田花子
栄吉:髙木雄也
松之助(一太郎の腹違いの兄):岡田義徳
見越の入道:ベンガル


2007年手越祐也(20歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:Dragon Ash「thought and action」

一太郎:手越祐也
仁吉・白沢:谷原章介
佐助・犬神:高杉亘
屏風のぞき(屏風絵の付喪神):宮迫博之
鈴彦姫(鈴の付喪神):早乙女太一
獺(美童姿のカワウソの妖):山田花子
栄吉:髙木雄也
松之助(一太郎の腹違いの兄):岡田義徳
見越の入道:ベンガル


2006年手越祐也(19歳)出演ドラマ

主題歌・キャスト
主題歌:元ちとせ「六花譚(ロッカバラード)」

辻口陽子:石原さとみ
辻口夏枝:飯島直子
島田辰子:岸本加世子
辻口徹:手越祐也
村井靖夫:北村一輝
松崎由香子:本上まなみ
北原壮太:窪塚俊介
三井達哉:中尾明慶
相沢順子:貫地谷しほり
加納由美:安田美沙子


主題歌・キャスト
主題歌: TOKIO「宙船(そらふね)」

榊 真喜男:長瀬智也
桜小路 順:手越祐也
梅村 ひかり:新垣結衣
萩原 早紀:村川絵梨
青木 護:篠原孝文
伊吹 和馬:佐藤貴広
奥本 雪乃:佐藤千亜妃
小澤 香織:垣内彩未


主題歌・キャスト
主題歌:倉木麻衣 「ベスト オブ ヒーロー」

権藤 鉄太:高橋克典
辻堂 小牧:井上和香
武田 栄二:沢村一樹
宇津木 実:手越祐也
井上 耕太:増田貴久


2005年手越祐也(18歳)出演ドラマ

  • 劇団演技者「家が遠い」(富山宏明役)
主題歌・キャスト
主題歌:なし

久米:増田貴久
小島:加藤成亮
木田:草野博紀
富山:手越祐也
富山の姉:水川あさみ


  • ディビジョン1ステージ13「15歳のブルース」(真田浩平役)
主題歌・キャスト
主題歌:ZEEBRA「Wildin’」

梅川俊作(ブルース):ZEEBRA
真田浩平:手越祐也
真田ゆかり:岩佐真悠子
森山咲枝:東亜優
浅川真樹夫:千代将太
望月:野島愛輝
水森:山口裕次郎
こずえ:ELISA
真田共恵:中島奏
真田隆明:坂田雅彦


手越祐也のおすすめドラマ3選

元NEWSの手越祐也さんは、NEWSとして活動をする中、ドラマにも数多く出演してきました。

その中で、どの作品から見るか迷ってしまいませんか?

そこで今回は、手越祐也さんが出演しているドラマのおすすめ3選をまとめてみました。

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」のおすすめポイント

  1. 学生の手越祐也さんが見られる
  2. 長瀬智也との兼ね合いが凄く面白い
  3. プリン争奪戦は応援がしたくなる

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は2006年に放送されたドラマで、手越祐也さんは主人公・榊の友人である桜小路を演じました。

ちょっと癖のある榊のことを良く分かってあげられる人物で、優しくてかっこよくて文句なしの役どころ。

ちょっと抜けているところがまた可愛らしいです。

マイ☆ボス マイ☆ヒーローで面白いのは、毎日数量限定でしか販売されないプリンをどうしても食べたくて、榊が奮闘するシーン。

プリンを奪い合うところが本当に笑えます。

そして恋愛のシーンもあるので、とにかく様々なことを応援しながら見てください。

ヤマトナデシコ七変化

「ヤマトナデシコ七変化」のおすすめポイント

  1. 女子より女子な女装姿に注目
  2. スナコに優しく話しかける姿が恋でしかない
  3. ホラーが苦手

「ヤマトナデシコ七変化」は、2010年に放送されたドラマで、手越祐也さんは遠山雪之丞という大学生の男の子を演じました。

この役、とにかくひたすら可愛いんです。

ホラーのような登場をして、みんなからはおばけのようだと一歩引かれてしまうスナコという少女にも優しく接していて、学校では女子からの人気の的

まるで少女漫画から出てきたかのような雪之丞を演じる手越祐也さんを見て、キュンキュンしちゃってください。

亀梨和也さんのクールな演技との兼ね合いも見どころです。

誰かが嘘をついている

「誰かが嘘をついている」のおすすめポイント

  1. 誰が犯人か分からないドキドキ感が味わえる
  2. 息子役がハマっている
  3. 家族で楽しめる内容のドラマ

「誰かが嘘をついている」は、2009年に放送されたドラマで、手越祐也さんは犯人に仕立て上げられてしまう主人公・敏昭の息子の貴浩を演じました。

両手に荷物を持って電車に乗っていた父がある日突然、痴漢の冤罪で捕まってしまいしどろもどろになる家族を描いたお話。

痴漢と決めつける警察には腹が立ちますが、誰かが嘘をついているその状況にはドキドキしてしまいます。

家族の絆がためされるミステリアスで感動的な内容のドラマをぜひ一度見てみてください。

手越祐也出演作品ランキング

クラウドソーシングサービスにて300名にアンケートを実施し、手越祐也出演ドラマの人気ランキングを調査しました。

その中で人気の高かった手越祐也出演ドラマTOP10を紹介します。

順位 作品名 獲得票数
1位 ヤマトナデシコ七変化♥ 56票
2位 マイ☆ボス マイ☆ヒーロー 52票
3位 デカワンコ 45票
4位 ゼロ 一獲千金ゲーム 42票
5位 ガチバカ! 33票
6位 誰かが嘘をついている 26票
7位 しゃばけ 21票
8位 松本清張ドラマスペシャル・三億円事件 11票
9位 氷点 8票
10位 ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」 6票

1位|ヤマトナデシコ七変化♥

20代女性
スナコちゃんを一人前のレディにするためにみんなで力を合わせているところがいいなと思いました。仲間同士でぶつかり合いもあるけれどそれでも友情あふれる作品だったので面白かったです。どこか女の子らしい姿を思わせていた手越さんは可愛かったです。
20代女性
恭平と初めて拳でぶつかり合うところはドラマの中で手越さんが初めて男らしさを出した部分でもあったので驚いたのと同時にとてもかっこいいなと思いました。決して喧嘩が強いわけではないのに恭平に立ち向かっていく姿がドラマの中で一番好きな場所でした。
20代女性
亀梨和也さん演じる高野恭平の俺様キャラと、大政絢さん演じるピュアなスナコちゃんがおりなす恋の様子から目が離せません。
最初の印象はお互い最悪から始まり、回を進むごとに普深まる2人の絆に注目。恭平の男らしい一面に終始ドキドキが止まらない!!

300人56名がおすすめと答えた「ヤマトナデシコ七変化♥」。

「ヤマトナデシコ七変化♥」はTBSで2010年1月〜3月に放送されたドラマです。

イケメンの主人公と、男性恐怖症の女性との共同生活で、女性が立派なレディになっていく様を描くラブコメディ。

このドラマで手越祐也さんは、人懐っこく、無邪気で可愛い弟キャラ役を演じています。

なんだかんだ言いながら最終的にはスナコちゃんを全力で守ってくれる姿が1番のみどころ。

さらに最終話、スナコちゃんを誘拐したという電話がかかってきて身代金を持って助けに行く恭平とスナコちゃんを助けるため下宿メンバーみんなで戦うシーンがおすすめ!

「ヤマトナデシコ七変化♥」の見どころ

最後にはスナコちゃんの美貌にうっとりすること間違いなし。

2位|マイ☆ボス マイ☆ヒーロー

20代女性
キャスト達の演技が良かったのはもちろんだし、ストーリーも面白くて涙あり笑いありですごくよかったです。
最後にもう一度高校に通いなおしているシーンもあってそこの話もみたいなーなんて思うほど、終わってほしくないなと思ったドラマでした。
30代女性
なかなかヤクザの和頭が、高校生になって高校生活を送るというストーリーにまず、面白くて目が離せませんでした。初めは、学校生活も嫌々で、早く終わらせたいと友達とも関わっていなかった主人公の成長ぶりも良かったです。
20代女性
アグネス体操を朝にしているのですが桜小路やひかりはちゃんと体操できているのにマッキーは何度やってもワンテンポずれていてそれがいつも面白くて笑っていました。しかもふざけているのではなく本人は真面目にやっていてずれていたので毎回笑わせてもらいました。

300人中52名がおすすめと答えた「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」。

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は日本テレビで2006年7月〜9月に放送されたドラマです。

ヤクザの組長を父にもつ主人公が、年齢を10歳偽って高校に裏口入学し、初恋や友情などの青春に気づく学園ドラマ。

このドラマで手越祐也さんは、主演の長瀬智也さん演じる、榊真喜男の唯一の親友役を演じています。

馬鹿で強い極道が勉強や学校生活を一生懸命頑張ている姿はとても記憶に残ります。

主演の長瀬智也さんの振り切った演技と、キャラクターのギャップは見ものです。

新垣結衣さんとせっかくの両思いなのにくっつけなかったのが、少し切なくなります。

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」の見どころ

好きとわかってから彼女をあまり直視できなくなるところがかわいい

3位|デカワンコ

20代女性
シリアスな内容の多いドラマかと思って最初は身構えていましたが、全く違っていました。むしろコミカルな部分が多くて見ているだけで思わず笑ってしまうような感じでした。とても楽しく見ることができてよかったです。
20代女性
和気あいあいとしていて楽しそうだと思いました。みんなあだ名で呼んでいるあたり仲がいいなと思いました。1話ごとに必ず笑いが起こる場所があって楽しくドラマを見ることができました。また見たいと思えるドラマでした。
20代女性
刑事ドラマだけど主人公一子を中心にコメディ感たっぷりで話が進んでいくのがすごくおもしろかったです。多部未華子さんが個性的な主人公の一子を自然にコミカルに演じているのがすごいなと思いました。13係の人たちの絆が毎回強くなっていくのが見ていて素敵だなと思いました。

300人中45名がおすすめと答えた「デカワンコ」。

「デカワンコ」は日本テレビで2011年1月〜3月に放送されたドラマです。

ゴスロリファッションの新人女刑事・通称ワンコは、警察犬並みの嗅覚を用いて、難事件を解決していく刑事ドラマ。

このドラマで手越祐也さんは、頭よりもまず体が動いてしまうような一目散に行動するタイプの役を演じています。

今までの刑事ドラマではなかった嗅覚を頼りに捜査をしていくのが新しいです。

犬並みの嗅覚を持ち、時には失敗をしながら主人公の一子が警察官として成長していくのが見どころです。

手越さんと多部さんが一緒に捜査しているシーンは、張り込みをするために同じ部屋にいて密室状態になるのでドキドキしてしまいます。

「デカワンコ」の見どころ

今では見ることのできない多部未華子さんのフリフリ姿は必見です。

今すぐ動画を視聴する
「デカワンコ」の詳細はこちら

4位|ゼロ 一獲千金ゲーム

20代女性
ニュースのメンバーが順番に出てくるのが楽しみでもありました。ゲームに負けると、死んでしまうという過酷なゲームでしたが、主人公がピンチを迎えながらも必ず正解を導き出す姿がカッコ良かったです。正解までギリギリの時間だったり、スリルを味わいました。
30代女性
頭がとても良くて、常に冷静に物事が判断する事ができる超がつく天才。その天才の彼が、仲間と力を合わせながらつぎつぎと難題をクリアしていく姿は、観ていてとても気持ちが良く、毎回出てくる悪役をあっと言わせるところはスッときました。

300人中42名がおすすめと答えた「ゼロ 一獲千金ゲーム」。

「ゼロ 一獲千金ゲーム」は日本テレビで2018年7月〜9月に放送されたドラマです。

義賊として活動する主人公が、大富豪が建設するドリームキングダムにに招待され、賞金1000億円を賭けた究極のギャンブルに挑戦します。

このドラマで手越祐也さんは、とても明るく陽気に振る舞う国の王様的なキャラクターで、回答者をドギマギさせるような発言をしたり、お調子者の役を演じています。

このドラマの見どころは、ゼロが頭をフルに使って難題をクリアしていく爽快感と、対立していた仲間とも、友情を築きあげていくところです。

さらに、NEWSの増田貴久くんが出てきて、会えたことを2人で喜んでいたが、彼の裏切りに冷静に気付いたシーンは見ものです。

徐々に、料理人たちの絆が深まっていくのも感動できます。

「ゼロ 一獲千金ゲーム」の見どころ

毎回ハラハラさせられるゲームは見応えあり。

5位|ガチバカ!

20代女性
スポーツが得意で推薦も決まっていましたが肩の調子が悪くなってしまったがために全て狂ってしまいましたがどこにいても凛としていて涼しげな姿がかっこいいなと思いました。権藤がいなかったらきっと実は救われなかったと思います。
20代女性
はじめの頃は何を考えているのか分からなかった実ですが徐々に心を開いていく姿がよかったです。かなが大切な存在で家まで来てくれていた姿が男らしくてかっこいいと思いました。無口な姿を見たことがなかったので初めて見る姿でした。

300人中33名がおすすめと答えた「ガチバカ!」。

「ガチバカ!」はTBSで2006年1月〜3月に放送されたドラマです。

元プロボクサーで熱血教師が、落ちこぼれの不良生徒たちと体当たりで接していく学園ドラマ。

このドラマで手越祐也さんは、とてもクールで時折何を考えているのかわからないような掴みどころのない役を演じています。

とにかく担任の権藤が面白くて発する言葉一言一言に笑ってしまいそうになりますよ。

かなを心配して家まで来てくれるシーンはファンの方のみならずファンの方以外の人も優しいなと思える場面です。

「ガチバカ!」の見どころ

高橋克典の先生役は熱くて見応えありです。

今すぐ動画を視聴する
「ガチバカ!」の詳細はこちら

6位|誰かが嘘をついている

30代女性
主人公がやってもいないのに、痴漢に間違われて、警察に捕まってしまい、弁護士からは、楽になる為に、痴漢をした事を認めるように進められ、会社からは退職を迫られて、家庭は崩壊するし、何とも辛いドラマでしたが、家族の有り難みとか、日常の大切さが身にしみます。

300人中26名がおすすめと答えた「誰かが嘘をついている」。

「誰かが嘘をついている」はフジテレビで2009年10月に放送されたドラマです。

身に覚えのない痴漢の犯人にされた主人公が、あっという間に痴漢冤罪に巻き込まれていくお話。

このドラマで手越祐也さんは、痴漢冤罪をきせられた主人公の息子役を演じています。

ある日、満員電車に乗っていたら、痴漢の汚名を着せられることになるという自分にも起こり得ることに感じる恐怖。

さらには、無実を叫び続けてもほぼ有罪になってしまう、やったと認めれば示談金を払うだけで済むという現実に絶望的なものを感じることでしょう。

日本の司法に対する現実を思い知ってしまいます。

「誰かが嘘をついている」の見どころ

真面目に生きている人がある日急に前科者のレッテルを貼られる可能性があるということに絶望を感じてしまいます。

7位|しゃばけ

30代女性
手越くんが、普段のチャラいキャラとはまったく違った顔を見せてくれていて、とても可愛いです。一番はまっていたのは仁吉役の谷原章介さんです。
30代女性
もともと原作のファンです。最近の実写化はハズレが多いので、今回もあまり期待せずに見たのですが、これは大当たりでした!原作の世界観を全く損なっていません。キャスティングもイメージぴったりです。連ドラやってくれないかなー! 

300人中21名がおすすめと答えた「しゃばけ」。

「しゃばけ」はフジテレビで2007年11月に放送されたドラマです。

若旦那と、さまざまな妖怪たちが奇怪な謎を解いていくファンタジードラマです。

このドラマで手越祐也さんは、とても体が弱くあまり外に出かけたことのないような役を演じています。

妖怪たちと一太郎が会話をしているシーンがたくさんありますがそのどれもが心が癒されて温かくなるような気持ちにしてくれますよ。

普段は穏やかな日々を送っている一太郎が襲われるシーンは迫力があり、その一幕だけ緊迫した時間が流れていました。

「しゃばけ」の見どころ

原作好きな人は必見ですよ。

今すぐ動画を視聴する
「しゃばけ」の詳細はこちら

8位|松本清張ドラマスペシャル・三億円事件

300人中11名がおすすめと答えた「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」。

「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」はテレビ朝日で2014年1月に放送されたドラマです。

戦後最大のミステリー3億円事件を松本清張の独自の視点で描いた作品をドラマ化。

このドラマで手越祐也さんは、容疑者として浮上していたカミナリ族のメンバーを演じています。

松本清張作品ということで、俳優陣が非常に豪華です。

田村正和さんの演技が素晴らしく、本当に見入ってしまい、気づいたら終わっていました。

「松本清張ドラマスペシャル・三億円事件」の見どころ

さまざまな説がありますが、もっとも説得力がありました。

9位|氷点

300人中14名がおすすめと答えた「氷点」。

「氷点」はテレビ朝日で2006年11月に放送されたドラマです。

複雑な事情を持つ家族のドロドロを描いたドラマ。

このドラマで手越祐也さんは、辻口家の長男で、義妹への恋情を抱く役。

キャスト人がハマり役なので、引き込まれますよ。

石原さとみさんが自身の出生の秘密を知り、号泣するシーンは非常に見応えありです。

「氷点」の見どころ

原作を知らない人でも、そのストーリー性に引き込まれてしまいます。

今すぐ動画を視聴する
「氷点」の詳細はこちら

10位|・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」

300人中6名がおすすめと答えた「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」」。

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」」はフジテレビで2017年8月放送されたドラマです。

ある寂れたマンションで赤い服を着た女性を目撃したことから奇妙な事件が起きるようになります。

このドラマで手越祐也さんは、清掃会社に勤めているさえない清掃員役です。

古びたマンションの清掃を担当することになり、そこで赤い服を着た女性を目撃したことで徐々におかしなことが起き始めます。

関わった人たちがみんな自殺していき、その近くには、必ず赤い服を着た女性がいるシーンはトラウマものです。

最後のエレベーターのシーンはドキドキです。

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017「或るマンション」の見どころ

怖すぎてエレベーターに乗れなくなってしまいます。

NEWSメンバー主演のおすすめドラマ

手越祐也同様に、所属していたグループNEWSのメンバーもドラマに出演し活躍を広げています。

そこでNEWSメンバーが主演を努めたドラマの中でおすすめのドラマを3つ紹介します。

犬神家の一族(加藤シゲアキ主演)

放送年 2018年
放送局 フジテレビ
主題歌
キャスト 金田一耕助:加藤シゲアキ/犬神佐清:青沼静馬 – 賀来賢人/野々宮珠世:高梨臨/犬神松子:黒木瞳/犬神竹子:松田美由紀/犬神梅子:りょう/犬神寅之助:佐戸井けん太/犬神幸吉:板尾創路

「犬神家の一族」は、人気推理小説シリーズを原作としており、名探偵金田一耕助が活躍するミステリードラマです。

加藤シゲアキさんは、主人公の名探偵、金田一耕助を年若いながらも好演しています。

何度もドラマ化されている作品ですが、豪華キャストが集結した見応えのあるこのドラマは見逃せません。

パパドル!(錦戸亮主演)

放送年 2012年
放送局 TBS
主題歌 関ジャニ∞「愛でした。」
キャスト 錦戸亮(本人役):錦戸亮/花村遥:優香/花村芽衣:川島海荷/花村佳奈:谷花音/脇坂正平:えなりかずき/刈谷隆博:佐藤二朗/竹富典子:島谷ひとみ/早川タク:鈴木亮平

「パパドル!」は、アイドルだけど実はパパという二重生活を送る男性を主人公に、彼のアイドルの仕事と家庭を描いたホームコメディです。

錦戸亮さんが本人役として主人公のパパドルを演じており、他番組とのコラボレーションなど、実際の出来事のように見せた演出が面白いドラマでした。

果たしてアイドルとパパの両立は可能なのか、ラストは必見です。

プロポーズ大作戦(山下智久主演)

放送年 2007年
放送局 フジテレビ
主題歌 桑田佳祐「明日晴れるかな」
キャスト 岩瀬 健:山下智久/吉田 礼:長澤まさみ/妖精:三上博史/多田 哲也:藤木直人/奥 エリ:榮倉奈々/榎戸 幹雄:平岡祐太/鶴見 尚:濱田岳

「プロポーズ大作戦」は、うまく気持ちを伝えられなかった幼馴染の二人が、過去にさかのぼってやり直す青春ラブコメディです。

山下智久さんは、ダメダメだけど彼女を想う気持ちは人一倍の主人公・岩瀬健を爽やかに演じています。

幼馴染のグループの甘酸っぱい青春や大人になってからの後悔など、共感できる要素がいっぱいのドラマになっています。