ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

2021|植草克秀の出演映画一覧とおすすめまとめ!

元少年隊のメンバーで、ドラマ、映画そして舞台で俳優として活躍している植草克秀。

1982年に公開された映画『胸さわぎの放課後』で映画デビューを果たしました。

こちらの記事では、植草克秀の出演映画一覧やおすすめ映画のランキングを紹介します。

植草克秀の出演映画・主題歌一覧

1988年植草克秀(22歳)出演映画

  • ヴイナス戦記(声の出演:ヒロ役)
あらすじ 西暦2003年。巨大な氷惑星P-12が金星=ヴイナスに激突した。後に「大衝突(ビック・バンプ)」と呼ばれる現象によって、金星は大きな変貌を遂げる。それまで、厚い雲に覆われていた金星の地表を太陽が照らし、衝突で砕けた氷は、枯れた大地に酸性の海を構築。人口の増大に悩んでいた人類は、金星を人類の住める星に改良し、移住する計画を開始する。西暦2012年には第一次移民団が到着し、ヴイナスでの新たな歴史が始まった。(引用元:公式サイト)
主題歌 柳ジョージ「明日への風」
キャスト ヒロ:植草克秀
マギー:水谷優子
スーザン・ソマーズ:原えりこ
ミランダ:佐々木優子
カーツ:池田秀一
ドナー:塩沢兼人
ガリー:納谷悟朗
ウィル:大塚芳忠
シムス:玄田哲章
動画配信  

1987年植草克秀(21歳)出演映画

  • 19 ナインティーン(主演・サウス役)
あらすじ 1998年の「TOKYO」に、3人の見習いタイムパトローラーが降り立った。西暦2550年の未来からやって来た3人の目的は、時空を超えて逃亡している異生物カーミラの殲滅だった。しかし、3人が追っているカーミラは、かつての恋人が変異した存在だった。1998年の世界で知り合った少女を巻き込み、追跡劇が始まる。(引用元:Wikipedia)
主題歌 少年隊「君だけに」
キャスト イースト:東山紀之
ウエスト:錦織一清
サウス:植草克秀
ミヤコ:小沢なつき
ソフィア:アレクシス・ホール
ヨリトモ:山田哲平
ターボ:坂井徹
ゼブラ:中康治
フカザケ警部:柳生博
村井国夫
動画配信 配信なし

1983年植草克秀(17歳)出演映画

  • あいつとララバイ(主演・太田一夫役)
あらすじ 佐藤友美は横浜・西高校の二年生。ある日、一週間前ひょんな事から友美が偽りの恋人宣言をした菱木研二が、一年のダブりで隣の席に編入してきた。それ以来研二は、友美に一目惚れ。ある放課後、女生徒のあこがれのマト、バスケット部のキャプテン太田一夫と友美が親しげに話している様を見て嫉妬にかられた研二は放送室に忍び込み、友美への愛の告白を全校にアナウンスしてしまう。(引用元:ぴあ映画生活)
主題歌 少年隊「あいつとララバイ」
キャスト 菱木研二:錦織一清
町田ひろし:東山紀之
太田一夫:植草克秀
白川由紀子:秋吉久美子
相沢リエ:三原順子
佐藤友美:樹由美子(現・麻生祐未)
マミちゃん:鈴木幸恵
新名じゅん:渡辺千秋
相沢卓:森次晃嗣
耀子:麻丘あゆ美
動画配信 配信なし

  • Love Forever(役名不明)
あらすじ 1983年1月、デビュー四年を迎えた田原俊彦が東京宝塚劇場で行なった二日間にわたるコンサートの模様を、リハーサル風景、スタッフとの打ち合わせ、トレーニングの様子などを交えて描く。ステージの最大の見どころは、40~50本あるワイドな吊りのバック、大小の7つのセリ他、彼の華麗さを表現するための細かく計算され尽くした緻密な舞台構成である。(引用元:KINENOTE)
主題歌 不明
キャスト 田原俊彦
錦織一清
東山紀之
植草克秀
乃生佳之
松原秀樹
曽我泰久
中村成幸
宇治正高
内海光司
動画配信 配信なし

  • 嵐を呼ぶ男(国分英次役)
あらすじ 人気ロックバンド、ファイブジョーカーズの日本縦断コンサートは大成功を収めた。コンサートをプロモートしたマネージャーの福島美弥子は幸福感でいっぱいだったが、その直後、人気最高のボーカル兼ドラムスの桜井直人が、更にビッグになるために彼女の許を離れ、持永プロに移籍して新グループを結成すると言う。怒った美弥子は直人の後任に先日、魚河岸でドラムを練習しているのを見かけた国分良を迎えようとする。(引用元:ぴあ映画生活)
主題歌 近藤真彦「ためいきロ・カ・ビ・リー」
キャスト 国分良:近藤真彦
福島慎介:野村義男
桜井直人:田原俊彦
福島美弥子:坂口良子
持永梨花:相田寿美緒
国分英次:植草克秀
国分明子:白川由美
国分洋一郎:おりも政夫
島ゆかり:岩間さおり
持永隆一:中尾彬
動画配信 配信なし

1982年植草克秀(16歳)出演映画

  • 胸さわぎの放課後(生徒役)
あらすじ 都立花野高校一年生の沢田知佳は恋人を見つけることが今一番の関心事だった。親友の弘美には放送部の武田が、紀子には新聞部の西田と、恋人のいないのはオクテの知佳だけだった。そんなある日、女子バレーボール部に入った知佳は、雨降りのため体育館で練習をしていた。練習といってもまだ球拾い。そこで知佳はころがって来たボールを拾いに来た男子バスケット部の一平に一目惚れしてしまった。(引用元:ぴあ映画生活)
主題歌 ひかる一平「胸さわぎの放課後」
キャスト 桑田一平:ひかる一平
沢田知佳:坂上とし恵
荻窪弘美:山下美樹
川本紀子:美加里
佐藤先生:車だん吉
金沢先生:中尾ミエ
南進一:鹿又裕司
木村義男:古川聰
川上弘:松林龍夫
沢田光一:小林亜星
動画配信 配信なし

植草克秀出演映画のおすすめランキングTOP3

舞台での活躍のイメージが強いですが、映画でも演技に定評のある植草克秀。

その中で、どの作品から見るか迷いますよね。

そこでクラウドソーシングサービスで100人にアンケートを実施し、植草克秀が出演する映画TOP3を調査しまとめました。

1位|嵐を呼ぶ男

人気ロックバンド、ファイブジョーカーズの日本縦断コンサートは大成功を収めた。コンサートをプロモートしたマネージャーの福島美弥子は幸福感でいっぱいだったが、その直後、人気最高のボーカル兼ドラムスの桜井直人が、更にビッグになるために彼女の許を離れ、持永プロに移籍して新グループを結成すると言う。怒った美弥子は直人の後任に先日、魚河岸でドラムを練習しているのを見かけた国分良を迎えようとする。チャンス到来と喜んだ良は、ファイブジョーカーズのドラムスとしてデビュー、次第に人気を集め始めた。直人の人気が良に喰われてゆくことに危機感をおぼえた持永は、今のうちに叩き潰そうと直人と良のドラム対決を企画する。
(引用元:MOVIE WALKER)

100人中33人がおすすめと回答したのは、映画『嵐を呼ぶ男』。

映画『嵐を呼ぶ男』は、1983年に公開されました。

近藤真彦演じる主人公・国分良の弟・英次役を演じた植草克秀。

1957年に石原裕次郎の主演で放映され一世を風靡した映画を近藤真彦主演でリメイクした映画です。

近藤真彦の他たのきんトリオのメンバー田原俊彦と野村義男も出演しています。

リメイク版ですが、音楽をジャズからロックにするなど新たな要素をプラスして新しい作品として楽しめます。

2位|19ナインティーン

1998年の東京、少女ミヤコは彼氏のターボとのデート中、ひとりの妙な若者と出会った。ダボダボのフード付コートをまとった彼は、何を訊ねても訳の分からないことを口走る。ミヤコは弟ヨリトモと留守番をしている自宅に連れ帰るが翌朝、同じような身なりをした若者は3人に増えていた。それぞれイースト、ウエスト、サウスと名乗った彼らは、明日の夜までいさせてくれと頼む。その後、ペットの鸚鵡が突然死んだり、枯れ枝や枯れ葉が空に向かってドームをなすなど怪現象が起き始めた。イーストたちは平世紀の未来から時空を越えてやって来たタイムパトローラーであると告白する。
(引用元:ぴあ映画生活)

100人中28人がおすすめと回答したのは、映画『19ナインティーン』。

映画『19ナインティーン』は、1987年に公開されました。

植草克秀さんは西暦2550年から1998年にやってきた3人の見習いタイムパトローラーのうちの1人を演じています。

少年隊の3人が主演の青春SFドラマです。

映画には当時のヒット曲が多く登場し、ミュージカル仕立てになっています。

また、明石家さんま片岡鶴太郎が出演しているもの注目ポイントの1つです。

3位|ヴイナス戦記

西暦2003年。巨大な氷惑星P-12が金星=ヴイナスに激突した。後に「大衝突(ビック・バンプ)」と呼ばれる現象によって、金星は大きな変貌を遂げる。それまで、厚い雲に覆われていた金星の地表を太陽が照らし、衝突で砕けた氷は、枯れた大地に酸性の海を構築。人口の増大に悩んでいた人類は、金星を人類の住める星に改良し、移住する計画を開始する。西暦2012年には第一次移民団が到着し、ヴイナスでの新たな歴史が始まった。
西暦2083年、ヴイナス歴72年。ヴイナスを二分する自治州、アフロディアとイシュタルは戦争状態にあった。ふたつの自治州は、大陸を分割統治していたが、領土問題をきっかけに小競り合いを繰り返し、その戦いに終わりは見えない。さらに、ヴイナスという惑星自体も、近年は大気を覆う雲の層が厚くなり、地表温度が上昇する温暖化が進行。それはまるで、ヴイナスが「大衝突」以前の姿に戻ろうとしているようにも見えた。
(引用元:公式サイト)

100人中24人がおすすめと回答したのは、映画『ヴイナス戦記』。

映画『ヴイナス戦記』は、1988年に公開されました。

植草克秀は主人公である金星への移民4世の少年ヒロの声を担当しています。

原作は安彦良和の漫画で安彦良和は脚本・監督も務めています。

映画オリジナルの登場人物が登場するなど、原作漫画とは異なる形でストーリーが再編成されていて、一味違った面白さになっています。