ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|六畳間のピアノマン1話のあらすじとネタバレまとめ!村沢、人間に戻れ!

ドラマ「六畳間のピアノマン」は2021年2月現在、NHK総合土曜日21時から放送されているドラマです。

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話は、パワハラを受けている永津を助けようとする村沢の勇気ある行動が描かれています。村沢の過去も出てきて、展開がとても面白いものとなっています。

この記事ではドラマ「六畳間のピアノマン」1話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

NHKオンデマンドならドラマ「六畳間のピアノマン」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話のあらすじ

「六畳間のピアノマン」と名乗る一人の青年の歌声から、登場人物の人生が交錯していくさまを描く。

村沢(加藤シゲアキ)の職場では新人へのパワハラが常態化していた。

村沢は、8年前に、パワハラを受けていた同僚・夏野(古舘佑太郎)が投稿した動画を残して亡くなったことから、現状に葛藤する。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「6畳間のピアノマン」1話のネタバレ

重なる姿

交通安全のフェスが行われ、出店が出ている公園に村沢憲治(加藤シゲアキ)は来ていました。

ピアノマンを熱唱する女子高生に人々は目を奪われています。

1年程前、データ入力の仕事をしていた派遣社員の村沢は、仁堂部長(内場勝則)から成績について責められている新人の永津(森永悠希)の様子を見ながら、自分が8年前、クズと罵られた事を思い出していました。

退社した村沢は、資格のための勉強をカフェですると、一人暮らしの家に帰って弁当を食べるのでした。

差しのべる手

翌日、仁堂から責められ、営業電話を必死でかける永津の様子がありました。

昼休みに公園に行った村沢は、路上ライブを行っている女子高生の歌を耳にしながら亡き彼のことを思い出していました。

退社の時間が迫っていた村沢でしたが、永津の拙い営業の様子を目にし、自分が永津の名前で代わりにアポを取ると、アポがもう一件取れたら帰る様、永津に声をかけるのでした。

洗脳

その夜、自分のおごりで村沢と共に居酒屋に行った永津は、久々に早く帰れたと喜び、美味しそうにビールを飲みました。

永津が派遣で不安なことはないかと村沢に問うと、会社の人と深く付き合いたくないから、一箇所が長い方が不安だと答えました。

かつて営業をしていた村沢は、奴隷のように働いていた経験があった為、永津の3年は我慢して頑張るという言葉に、村沢は洗脳されていると伝えるのでした。

永津がトイレで席をたっている時、居酒屋に行くなんて良い身分だなと仁堂から電話が入ると、急いで会社に戻ります。

翌日、仁堂から余計なことをしないように注意された村沢は、永津に謝罪しました。

同僚の動画配信

職場では交通安全講習会が行われ、村沢は事故の映像を見て気分が悪くなってしまい、脇見(細田善彦)に声をかけて退出しました。

トイレで顔を洗った村沢は、こんな会社、殺されるから辞めるようにと永津に訴えましたが、全く聞く耳を持ちません。

帰宅しパソコンを開いた村沢は、自らを六畳間のピアノマンというかつての同僚、夏野(古舘佑太郎)の動画配信を見ながら、会社での交通事故の様子がフラッシュバックするのでした。

パワハラ

大友(三浦貴大)に連絡し、村沢は8年ぶりに彼と再会しました。

大友は村沢と夏野と共に営業成績のことで8年前、当時の上司・上河内(原田泰造)から恫喝、叱責されいわゆるパワハラを受けていました。

ある日、村沢は上河内から叱責されますが、同様に夏野も「産廃」とあだ名をつけられて上河内からバカにされました。

村沢は夏野がアポを取った先を譲ってもらい、そこでウォーターサーバーの契約を取り付けましたが、深夜に営業に来るような会社など辞めなさいと訪問先の村野(麻生祐未)から助言されるのでした。

大友の本音

ある日、村沢と大友、夏野は共に居酒屋に行くとビールで久しぶりに乾杯しました。

ピアノマンを歌う動画を制作し、配信していた夏野がスマホでそれを見せていると、店内でも同じ曲がかかり、鳴り響きました。

あの時飲んだビールで自分も人間に戻れたという大友は、上河内に逆襲したいと思ったといいながら、夏野の事が救えずにいたのでした。

8年前、上河内はその日も又、夏野のことを産廃といってけなし、お前のような無能な人間がどの様に育ったら出来上がるのかと叱責していました。

大友 VS 上河内

そしてある日、夏野はパワハラによる寝不足の為、居眠り運転で事故死してしまいます。

夏野の私物を引き取りに来た父親に、礼儀正しく対応したのも束の間、父親が帰ると上河内大迷惑だと行って事故死を嘆くのでした。

それを見た大友は、辞表を叩きつけると、あんたや会社に殺されたんだと怒りました。

そんな大友を村沢は上河内の指示でつまみ出すのでした。

大友の復讐

村沢に大友は、洗脳されているお前を救い出すと捨て台詞を吐き、退社すると、ネット上に盗聴した上河内の音声を「地獄の朝礼」と名付けて流しました。

大騒ぎになった会社にはワイドショーが来て、皆、会社からも姿を消しました。

村沢、目を覚ます

人との関わりを絶ち、生活している村沢は恋も考えられずにいましたが、そんな村沢に、大友は自分らしく行きておらず、まだ上河内に支配されていると痛い所を付くのでした。

公園でギターの弾き語りでピアノマンを演奏する美咲(南沙良)をみた村沢は立ち止まります。

その頃、営業成績が不審だった永津は、仁堂から営業の仕事をしなくていいと言われ、漢字ドリルやトイレ掃除をする様子に、自分が必ず助け出すと村沢は声をかけました。

村沢が仁堂のパワハラについて文書で本社の法務部に訴えると、仁堂は村沢にクビを言い渡しました。

村沢 VS 二堂

労基署へ向かう村沢でしたが、社員らはタイムカードを切った後に、無賃金で残業するのでした。

仁堂が、労基署に持っていったら殺すぞと暴言を吐くと、永津も、自分の為なら大間違いだと村沢を窘めますが、永津のためではなく、自分が変わるためだという村沢は使命感を持っていたのでした。

会議室からオフィスに戻り、パワハラの事を社員らに叫びますが、証拠書類を暴力で奪い取る仁堂に、村沢は傷害罪だといって通報しました。

永津、人間に戻れ

仁堂は恐れをなして逃げ出しますが、自分の居場所はここしかないのに永津は嘆きました

それは村沢の8年前の姿であり、自分自身もそう思っていた、しかしいくらでもやり直しは出来ると伝えるのでした。

そして自分が出来るのはここまでだというと、どうか逃げて人間に戻り、自分らしく生きる道を探して欲しいと村沢は話すのでした。

社労士だった村沢は、永津に自分の名刺を差し出して、困ったら連絡するように伝えます。

人助け

後日、村沢は大友に自分は働く人を手助けする社労士として頑張ると話しました。

ある日、村沢に永津から明るい声で退職したという連絡が入るのでした。

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話の見どころと感想

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話の見どころ

今回は、村沢が人間に戻る経過が見れます!

永津が上司に責められている姿が、過去の自分と重なるところから村沢の心に火が付き始めます。

人間に戻る最大のきっかけとなったのは、元同僚の大友と飲みに行き、まだ上河内に支配されていると言われたことです。

自分を変えるときには周りの助言なども必要ですが、最終的に決断し行動するのは自分であることを強く感じました。

第1話から展開が面白いので是非見てください!

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話を無料視聴する方法

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話はNHKオンデマンドで見放題配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「六畳間のピアノマン」を無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「六畳間のピアノマン」1話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

村沢の姿にあっぱれ!

ドラマ「六畳間のピアノマン」1話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、NHKオンデマンドで無料視聴可能です

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると初月無料でドラマ「六畳間のピアノマン」を全話見ることができます

この機会に是非、ドラマ「六畳間のピアノマン」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴