ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|99.9刑事専門弁護士5話のあらすじとネタバレまとめ!18年前の真相

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」は2016年に放送されたドラマです。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話は、とある殴打事件で逮捕されてしまった谷繁の弁護をするべく事件の真相に迫る深山たちですが、事件を追求していく中で、三枝を守る何かしらの圧力があることが分かります。

その圧力をかけている人物とは…

この記事ではドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話のあらすじ

検事正の大友(奥田瑛二)が、不起訴の決裁が続く丸川(青木崇高)にプレッシャーを掛ける。一方、深山(松本潤)らは口論の末に起きた殴打事件を担当。防犯カメラの映像などから、加害者の男が「おまえが殺したんだ」と叫んでいたと判明。18年前に加害者の父親が自殺しており、深山らは本件との関連を調べる。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話のネタバレ

杉並事件の再審

怖くて自分で司法試験の合格発表を見ることが出来ず、今回も深山(松本潤)に掲示板を見てもらっていた明石達也(片桐仁)は、司法試験に20回連続で不合格となりました。

不起訴事件が最近続いている為、東京地検の丸川(青木崇高)は大友(奥田瑛二)に呼び出されていました。

証拠不十分で不起訴にするしかないという丸川に対し、自白させて起訴に持ち込むようにと大友は指示を出すと、自白は更生の始まりだと言いました。

そして丸川に、98年に起きた杉並の事件に再審請求が出ているから、資料に目を通しておくように伝えるのでした。

杉並事件とは、資産家の令嬢が殺害された事件で、目撃証言と情報証拠のみで有罪にした事件でした。

新たな依頼

深山は昼食を取りながら少年ラグビー観戦し、自らの子供時代に思いを馳せていると斑目(岸部一徳)に、このチームで孫がラグビーをやっているのだと声をかけられました。

そこに新たな依頼が舞い込みます。

深山と彩乃(榮倉奈々)が早速、接見に向かうと、「アイツが殺したんだ」とつぶやいた谷繁はそのまま意識を失ってしまいました。

谷繁は頭蓋内出血で救急搬送された後、意識不明の状態が続いていました。

目撃者の証言

深山は被疑者の供述が取れない中、目撃者の証言を取りに向かいました。

お前が殺したという言葉は、被害者の三枝(平田満)に向けて怒鳴っていたことや、ころんだ谷繁が頭を強く打っていたことが分かります。

深山は佐田(香川照之)に入手した防犯カメラの映像を見せました。

谷繁がお前が殺したんだと言った言葉に、なにか裏があると深山は推測していました。

佐田はモナコに家族で行く為、自分の旅行中に変なことをするなと、気が気では有りませんでした。

被害者・三枝

被害者の三枝のもとを訪れた深山と彩乃は、谷繁と知り合いか問いますが、全くの初対面であり、殴られる覚えもないと答えました。

お前が殺したんだという言葉の心当たりを三枝に尋ねますが、何の話か三枝には全く検討が付かないと言います。

その足で深山らは谷繁の病院を訪れ、その場にいた妹に話を聞きました。

妹の証言

自殺したと思われた谷繁の父は、実は殺されたのだと母親から聞いたと妹は語るのでした。

そして母が亡くなった際、遺品を整理して出てきたのが父親の手帳で、その中に書かれていた走り書きをみて誰かとなくなる直前に会っていた可能性があると言いました。

深山たちは、他の会社に買収された朱連フーズという谷繁の父親が経営していた会社について調べることにしました。

朱連フーズ

杉並で起こった殺害事件を担当した十条検事長は18年前の事件を蒸し返されてもと言いながら大友に向かって、何かあったら宜しくと言いました。

一方、買収先の五車製粉で、谷繁の父親の自殺について、元朱連フーズに勤務していた社員に詳しい話を聞きに来た深山たちは、谷繁の父が会社の喫煙所だった場所から飛び降りた事、そして屋上には吸いかけのタバコと子供たちに買ったケーキが置かれていた事を聞きました。

社員は日頃、喫煙もせず、ケーキを子供に買って帰ろうという父親が自殺するはずがないと強い語気で語るのでした。

谷繁の父と三枝の関係性

深山は手帳にかかれたバー山本を突き止めます。

その店のマスターに、手帳の12が表す文字が何なのかと聞きますが、知らないと答えました。

そして当時、自殺の件で話を聞きに来た刑事がいたという事や、その名刺を谷繁に渡したと告げました。

更に朱連フーズと三枝が営んでいる理白冷蔵が取引先だったことが分かり、深山と彩乃は、三枝と谷繁の父は事件の日、屋上で会っていたのではないかと推測すると、この事件を担当した元刑事の元に向かいました。

証拠不十分

他殺だとは考えなかったのかと問う深山に、元刑事はあの自殺は違和感を持ったというと、その日、同じ管轄内で殺人事件が起こった事により人員不足で一人で捜査することになったと語りました。

当日、三枝が現場近くで目撃されており、屋上に残されていたタバコからも三枝の指紋が検出されたものの、証拠不十分だからと黙殺されたと声を荒げたのでした。

深山は、あのバーで谷繁の父が合う約束をしていたのが三枝だと立証出来ればと、居候先の小料理屋で料理をしながら事件について思いを巡らしていました。

面識があったのか

その時、加奈子(岸井ゆきの)と坂東(池田貴史)たちの何げない会話から、手帳に書かれた文字の中の12がある人物のあだ名を指すのではないかと閃きます。

深山と彩乃は三枝を訪ね、朱連フーズを覚えているかと問うと、三枝は記憶にないと答えました。

深山が谷繁の父親が亡くなった日にどこにいたかと聞いた問いに、谷繁社長と口走ったため、谷繁の父と三枝は面識があった事が露呈するのでした。

12の人物

「会社の経営に困ったあなたは出資のお願いを谷繁さんのお父さんにしましたね?」と言った深山は、シラを切り通す三枝に「12さん」と呼びかけました。

そして、手帳を見せると、12の意味は三枝のさんし(3✕4=12)を意味していると突きつけました。
すると三枝は自信満々で、私を誰も逮捕することは出来ないというと、警察でも検察にでも勝手に言えと言い放つのでした。

深山と彩乃は何かを思いつき、旅行に出発する直前の佐田のもとに駆けつけると、無関係の2つの事件がつながったといって旅行を延期してほしいと頼みました。

何らかの圧力

三枝は杉並の殺害事件の目撃証言をしており、その証言だけで犯人は有罪に至っていました。

その後、谷繁の父親の自殺の件で、三枝は捜査線上に浮かんでいたものの、何らかの圧力によってもみ消しになったと思われ、恐らく三枝は嘘の目撃証言と引き換えに、罪を免れたのではと語りました。

そして深山は杉並の担当刑事だった貴方に説明して欲しい佐田に向かって詰め寄るのでした。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話の見どころ

今回もかなり面白い内容で見入ってしまうこと間違いなし!

冒頭の明石の司法試験の20回連続の不合格は笑ってしまいました!

また、最後は佐田が黒幕なのではという衝撃的な展開で今回の話が終わったので、次回が楽しみで仕方ありません!

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話を無料視聴する方法

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「99.9刑事専門弁護士」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

とても面白い展開になってきましたね。

今後の展開が楽しみです!

ドラマ「99.9刑事専門弁護士」5話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「99.9刑事専門弁護士」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「99.9刑事専門弁護士」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴