ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|99.9刑事専門弁護士2第9話のあらすじとネタバレまとめ!0.1%の可能性

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」は2018年に放送されたドラマです。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話は、深山たちは死刑判決が下された事件の再審請求依頼を引き受けることになります。

ほぼ不可能と言われている再審請求の扉を開けるべく奮闘する深山をはじめとする班目法律事務所のメンバーたち。

そんな彼らの前に川上裁判官が立ちはだかります!

この記事ではドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話のあらすじ

亮平(中島裕翔)が祖母と弁護士と共に、父・貴弘(小林隆)が放火し母を殺害したとされる事件の再審請求をしたいと相談に訪れる。深山(松本潤)と舞子(木村文乃)が接見に行くと、貴弘は亮平を犯罪者の息子にしてしまう罪悪感に耐えられず罪を認めたという。深山は防犯カメラを調べ、貴弘が購入した灯油の量に注目する。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話のネタバレ

再審請求依頼

ある日、斑目法律事務所に一通の再審請求依頼が届きます。

差出人は死刑囚である久世貴弘(小林隆)の息子・亮平(中島裕翔)からでした。

久世は8年前、妻を殺害し更に放火したとして死刑判決を受けいたのですが、息子である亮平は両親の仲の良さから、父が母を殺すはずがないと強く信じていました。

しかし、再審請求は最高裁の判決を覆すことを指し示します。

そのため、弁護士界隈では通称「開かずの間」「ほぼ不可能なこと」と言われ続けてきました。

亮平の言葉から深山(松本潤)と尾崎(木村文乃)は自分たちも同じような立場だったことから、無謀とわかっていても久世の無実を証明しようと依頼を受けることを決めます。

再審が認められるためには…

早速、深山たちは久世に接見をしました。

しかし久世はすでに冤罪とわかっていながらも罪の告白をしてしまっており、かなり厳しい状況に追い込まれていました。

そんな中でも息子の心配をする久世を深山たちは励まし、調査により力を入れます。

すると、事件当日の足取りを調査する中で殺害に使用したといわれている15リットルの灯油が綺麗に5リットルだけ残っていることに違和感を覚えます。

さらに灯油を購入したガソリンスタンドの防犯カメラの映像から新たな事実に気がづきます。

調査をする傍ら、深山たちはもう一つしなくてはいけないことがありました。

それは再審請求を認めさせることで、検事、裁判官、弁護士の三者審議をする必要があります。

無理難題を押し付ける川上

担当裁判官である川上(笑福亭鶴瓶)は何度も深山たちに苦汁を飲まされており、裁判所内での立場が悪くなりつつあったため、再審請求をしてきた深山たちに対して無理難題を押し付け諦めさせようとしてきました。

一方その頃、佐田(香川照之)はマスコミを利用して世論を動かすという方法で審議を有利に進めようと画策するも、週刊誌に散々な書かれ方をして失敗してしまいます。

そのため、その記事を知った亮平から「二度と目の前に現れてくれるな」と辛辣な言葉を告げられてしまうのでした。

そんな中、深山たちの調査から久世の妻を恨んでいた山岡真一(小宮浩信)という人物がいたことが判明します。

しかし彼はすでに姿を消しており、深山は彼の母親の元を訪れて聞き込みをすると山岡の携帯電話に「燃えちまう」という事件当日の音声データが残っていました。

アパートの模型を使った実証実験

調査の結果を踏まえて、火災当日のアパートの様子を模型を使って再現することにします。

住人たちの証言を基に事件の様子をまとめ、最後にアパートの模型に火をつけました。

すると火は天井を伝って2階へと移動していき燃えました。

その様子をみた深山は住人の一人、海老沢の証言「火が頭の上に達した」という言葉が誤りであることから犯人は海老沢ではないかと口にすると、海老沢は必死に認めないと言い続けます。

そんな彼に対し、深山は追い打ちをかけます。

山岡の録音データにあった「燃えちまう」には映像があり、それは海老沢の部屋を写していました。

開かれた開かずの扉

そう、山岡は「海老沢をゆするネタが”燃えちまう」と言っていたのです。

このことから山岡のゆすりを避けるために海老沢が放火したことを佐田がまとめ、再審請求を受けてほしいと川上に告げると「追って連絡する」と川上は部屋を出て行ってしまいます。

深山はそんな川上を引き止め、裁判官として司法が誰のためにあるのかを問います。

自分の大切な人が間違った判決をされても同じように振舞えるのか、と続けるも川上は無言のまま去ってしまいました。

翌日、裁判で川上は久世に無罪を言い渡し、冤罪であったことを謝罪。

涙をながし抱きしめ合う久世親子の姿を見つめ、深山は0.1パーセントの可能性を切り開いたことを実感するのでした。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話の見どころ

深山の元に、開かずの扉と称されほぼ不可能と思われている再審請求の依頼が届きます。

再審請求した事件は8年前に妻を殺害後に放火したとされる事件で被告人に死刑判決が下されていました。

再審請求したのは被告人の息子・亮平です。

再審に向け行動をおこす深山たちの前に裁判官の川上が立ちはだかります。

深山は0.1%の真実に辿り着くべくアパートの模型を使った実証実験を行うなど地道に検証していきます。

そしてついに0.1%の真実に辿り着き、再審請求が認められるのです。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話を無料視聴する方法

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

再審請求が認められ、過去の判決が誤りだったことが明らかになり、川上もこれまでかと思いきやいつの間にか自分が事務総長になれるような流れにしたのには驚きました。

ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」9話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「99.9刑事専門弁護士シーズン2」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴