ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ドラゴン桜5話のあらすじとネタバレまとめ!優秀な弟と落ちこぼれの兄

ドラマ「ドラゴン桜」は2005年に放送されたドラマです。

ドラマ「ドラゴン桜」5話は、英喜が傷害事件を起こしたとして警察に連行されてしまいます。

実際に暴力を振るったのは一郎の弟で進学校として有名な秀明館に通う次郎。

ですが、警察は龍山高校に通う英喜の言うことは信じません。

優秀な弟と落ちこぼれの兄の様子を是非ご覧ください♪

この記事ではドラマ「ドラゴン桜」5話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

Paraviならドラマ「ドラゴン桜」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ドラゴン桜」5話のあらすじ

桜木(阿部寛)は、真々子(ままこ・長谷川京子)らに再雇用試験を実施。そんな中、英喜(小池徹平)が、一郎(中尾明慶)の弟で、秀明館に通う次郎(水谷百輔)と喫茶店で口論になり、次郎は一郎を殴ってしまう。一郎は弟をかばい転んで負傷したと主張するが、警察は英喜を犯人扱い。拘留で勉強時間が減るのを惜しんだ桜木は英喜に始末書を書かせる。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「ドラゴン桜」5話のネタバレ

生徒の心を掴む特進クラスの特別講師

夏休みを目前にした今日も、特進クラスでは猛勉強の日々が続いていました。

今まで勉強ができなかった面々が少しづつ勉強ができるようになったのです。

しかし桜木(阿部寛)は他の科目でも同じように勉強への理解を高める必要があると考え理科の阿院修太郎(小林すすむ)と国語の芥山龍三郎(寺田農)を特別講師として招きます。

阿院修は生徒たちに学習内容を漫画のようにすると理解しやすいと説明したり、芥山も同じように、古文がまったく理解できない生徒たちのために漫画版「光源氏」を勧めます。

一風変わった内容ですが、彼等の説明は生徒たちの関心を高めます。

学校を題材にした論文問題

しかしこれを知った龍山高校の教師陣は漫画を勉強に利用するなんてと桜木に反発します。

それをスルーし、桜木は教師陣に以前から公言していた教職員再雇用試験を実施しました。

内容は自身で「学校」を題材にした問題をつくり、それに対して回答するというものでした。

しかし全員が不合格、かろうじて真々子(長谷川京子)が合格ラインという結果になりました。

結果に納得がいかない教師陣に対し桜木は「自分の考えをいかに伝えるか徹底的に相手の立場にたつ必要」を説きます。

教師陣が作成した問題は生徒たちを置き去りにしたものだというのです。

もっと生徒に対して親身にならなくてはいけないと桜木は説きます。

傷害罪の疑いを掛けられて英喜

教師陣は生徒に対してそんな態度をとったらやりたい放題されてしまうと反論します。

桜木はその言葉に対し、特進クラスの生徒たちの様子から自分の指導法が正しいと言い切るのでした。

そんな矢先、特進の緒形英喜(小池徹平)が障害事件を起こしたという話が教師陣の耳に入ります。

喫茶店にいた龍山高校の生徒である一郎(中尾明慶)の双子の弟で秀明館に通う次郎(水谷百輔)が一郎に殴りかかったのですが、居合わせた英喜が一郎を殴ったということになって通報されてしまったのです。

何度警察に英喜が殴っていないといっても取り合ってもらえません。

被害者の一郎の元に母親がくるも、彼女は本来加害者であるはずの次郎が勉強できなくなることを心配するばかりでした。

疑われ体質の英喜

英喜と面会した桜木は、彼に冤罪だと主張して48時間拘束されるか、始末書を書いて前科がつかずに5分でここで出るかと選択させます。

すると英喜は始末書を書くことを選んで、48時間勉強することを選びます。

そうすることで今までの疑われ体質を変えてやる、と意気込みました。

生徒たちがやる気を出したのと裏腹に、龍山高校の教師陣は英喜の逮捕劇の責任をとって桜木はやめるべきと主張します。

しかし桜木は自身の仕事は東大進学の手助けであり、人格教育は本来教員である先生たちがやるべきことだと答えます。

さらに英喜は冤罪でしたが、メリットを考えた上で始末書を書いたと説明しましたがそれでも教師陣は納得しなかったため、桜木はある賭けを提案します。

それは英喜が本当に無罪かという内容で賭け、桜木が勝てば全学年カリキュラムを桜木が推進するものにし、負けたら学校を去るというものでした。

特進クラスの新なメンバー

早速、桜木は一郎を呼び出し英喜の無罪を認めさせようとしますが一郎は次郎に迷惑をかけたくない一心で庇おうとするため、次郎と会って英喜の無実を公言させようと試みました。

秀明館に行き、次郎に詰め寄った桜木に対し一郎はさらに庇うような仕草をします。

その様子に引いた次郎は龍山に通う一郎と兄弟で恥ずかしいと罵りはじめてしまい、一郎はショックを受けてしまいます。

その様子をみた桜木は一郎は俺の言うことを聞いたら東大に入れる、と豪語し一郎を特進クラスに迎え入れることを決めました。

新しいクラスメイトを迎えた特進クラスでしたが、桜木はあと英語の教員がほしいと考え、口に出してつぶやくと、真々子がその言葉に聞き耳を立てたのでした。

ドラマ「ドラゴン桜」5話の見どころ

進学校である秀明館に通う双子の弟次郎と偏差値の低い龍山高校に通う兄の一郎のいびつな関係が暴力事件を引き起こしてしまいます。

実際に暴力を振るったのは次郎ですが、秀明館の生徒である次郎の言うことを警察は信じます。

兄の一郎までもが次郎を庇って噓をつきます。

家庭でも両親は次郎の心配ばかりして、一郎は蚊帳の外です。

そんな境遇で育った一郎はいつしか次郎の邪魔にならないような生き方をしてきました。

一郎に桜木は人が東大に行くことを望むより自分が東大へいくことを望めとたきつけます。

そんな桜木の言葉に一郎は触発されるのです。

ドラマ「ドラゴン桜」5話を無料視聴する方法

ドラマ「ドラゴン桜」5話はParaviで見放題配信中です。

Paraviは2週間の無料期間があり、ドラマ「ドラゴン桜」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「ドラゴン桜」5話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

ドラマのストーリーが面白いのは勿論ですが、特別講師の教え方がうまくて、特に難しい物理の説明がわかりやすくて、ためになりました。

ドラマ「ドラゴン桜」5話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、Paraviで無料視聴可能です

Paraviは2週間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「ドラゴン桜」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「ドラゴン桜」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴