ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ゲキカラドウ1話のあらすじとネタバレまとめ!辛いは幸せ!?

ドラマ「ゲキカラドウ」は2021年1月現在、テレビ東京で水曜日0時12分から放送されているドラマです。

ドラマ「ゲキカラドウ」1話では、大阪から東京に異動してきた猿川が、東京で想像を絶する激辛料理と出会っていく中で、圧倒されつつもその威力に助けられ営業を成功させるお話となっています。

この記事ではドラマ「ゲキカラドウ」1話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

Paraviならドラマ「ゲキカラドウ」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ゲキカラドウ」1話のあらすじ

ジャニーズWEST・桐山照史が単独初主演を務める新感覚激辛グルメドラマ。飲料メーカー勤務の猿川(桐山)は、大阪本社から東京支社の営業促進室に異動となる。早速猿川の歓迎会が開かれるが、出てきたのは激辛料理ばかり。圧倒される猿川に、室長の谷岡(平田満)は“激辛道=ゲキカラドウ”なるものを唱える。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「ゲキカラドウ」1話のネタバレ

異動


飲料メーカーの株式会社ロンロンで働く社員の猿川(桐山照史)はキャリアアップに繋がるからと大阪本部から東京にある営業促進室への異動を命じられます。

不安を感じながらも、結果を出して大阪に戻ってくるように激励され、東京へ異動することが決まりました。

東京に着いた猿川は、営業促進室の室長の谷岡や後輩社員の亮介と挨拶を交わすと仕事にいち早く慣れてもらうという理由から、その皮切りに信濃屋酒店への営業を任されるのでした。

猿川は移動先は開拓促進室と聞いていたと亮介に問うと、開拓というよりも爆弾処理班だと聞かされ、疑問を感じながらも営業先の酒店に入っていきました。

営業失敗


店の奥からでてきた店主に挨拶をしながら名刺を差し出し、商品の紹介を始めた猿川に店主は、突然の営業は困ると以前も言ったよねといって激怒しました。

必死に謝罪する猿川に、謝ればそれで良いのかと益々収まることのない怒りをぶつけられ、猿川は店をでると、亮介にどうして一度営業をかけた店だと教えてくれなかったのかと問いました。

しかし亮介は何も聞かれなかったのでと答え、そのあっけない様子に唖然としながらも、猿川の歓迎会を開く韓国料理の「辰家」という店に2人は到着します。

既にその店に来ていた室長や後から到着した営業促進室のメンバーとともに猿川の歓迎会が始まると、亮介は一人ひとりのメンバーの紹介を始めました。

皆の紹介が終わり、猿川が自己紹介中に料理が運ばれて来ると、猿川以外の全員が料理を食べ始めます。

辛いと幸せ


大河内は髪を1本にまとめると、赤い粉末を料理にかけ、本気モードに入りました。

室長に促され、猿川も料理を食べ始めますが思った以上の辛さに箸が止まる様子を見て、メンバーらは静かに嘲笑いました。

猿川はその辛さに驚き、料理をよく見てみるとネギらしいものが入っているのに気が付きました。

室長はその様子を見てそれはネギではなく青唐辛子だと伝え、この店の料理にはこれがたくさん入っているというと、山崎はその青唐辛子を追加で注文しました。

そして青唐辛子を大量にかけて皆が料理を食べる姿に圧倒される猿川を横目に、大河内や秋山は、これまで培ってきた激辛料理に対する美学を説き始めるのでした。

具材の入った土鍋とコンロがテーブルに運ばれてくると、そこにメインディッシュが届きます。

ぐつぐつと煮え立つ料理を店員が調理し、仕上げに大量の青唐辛子を入れると、どんどんメンバーが食べ始める中、猿川はその様子に圧倒されるばかりでした。

室長は猿川に、辛いという字は一本足すと幸せという字になるのだと言って、その激辛料理を勧めると、これが東京かと猿川は圧倒されるばかりでした。

現実


翌朝、目覚めると猿川は改めてここは東京なのだという現実がこみ上げてきました。

応援団をしていた大学時代の制服を眺めながら仲間から声援を受けて旅立った事を思い出すのでした。

地獄ラーメン


そして先日、営業を断られた酒屋に向かった猿川でしたが、営業お断りと書かれた張り紙が入口に貼られているのを見て諦めることにしました

ふと猿川は昨晩からごはんをまともに食べていないことに気づき、不意に見つけたらーめんランドという名前のラーメン店を訪れました。

席についた猿川はラーメンや目玉チャーシューを頼みますが、他の客が辛そうなラーメンを啜っている姿に、頼んだ料理をやめて、他の客と同様のラーメンを店主に頼みました。

猿川に店主は地獄ラーメン何丁目でしょうかと問うと、1丁目が一番辛くないと説明すると、手で5本を示した猿川に、50丁目と店主に注文を受け取られてしまい、男だね~と店主に言われると、出てきたのは真っ赤な地獄ラーメンでした。

激辛ラーメンの威力


そのラーメンをすすり始めた猿川は余りの辛さに箸を止めて水を飲むと、周りから苦笑されてしまいます。

その時、自分の歓迎会で一人だけ激辛料理を食べられなかった記憶が蘇った猿川は、負けじとそのラーメンを食べ始めると、大阪から期待を背負って東京へと来た気持ちも相まって、様々な思いの中、そのラーメンを啜っていくのでした。

そして、スープを最後まで飲み干すと、店内の客たちは賞賛の表情へと変わっていきました

猿川はこんなに辛いものを何故と疑問を持ちながらも、店主から外に出れば分かると言われて店を出ると、何故か一気に清々しさを感じ、自分を取り戻すことが出来ました

そして営業先の酒屋に出向いた猿川は仕事抜きで手伝いたいと伝え、奥に上がり込み酒屋の店主のパソコン作業がやりやすくなるようにEXCELをズームにし、見やすくしてやると、店主から名刺を求められ、名前を聞かれるのでした。

これから


営業促進室に戻ると室長に猿川は今回の件を話しました。

するとそれを聞いていた秋山に、厳しい表情でこの先どうなるかが問題だと言われると、大河内は猿川に、営業促進室が契約を目指している営業のリストを渡しました。

そのリストには営業の成功率が辛さで示されており、猿川が上手く行った酒屋は辛さでいうとわずか1でした。

ドラマ「ゲキカラドウ」1話の見どころと感想

ドラマ「ゲキカラドウ」1話の見どころ

今回の1番の見どころは、主人公である猿川が、大阪と東京のギャップを感じながらも、激辛ラーメンの威力に助けられて営業を成功させるシーンです!

猿川のそれまでの悔しい気持ちやモヤモヤが一気に晴れていく様子にこちら側まで清々しい気分になりました…!

また、歓迎会でみんなが一心に激辛料理を食べ進める姿はこちらの食欲をそそります。

個性的な社員とのやりとりにも大注目ですね!

ドラマ「ゲキカラドウ」1話の感想

40代男性
“大阪から東京の販売促進部に異動となった猿川も正直とんでもないとこに来てしまったと言う気持ちでしょうね。
また室長の谷岡を筆頭に皆クセのありそうな人だらけだし。
もうその日の夜に行われた歓迎会で確信したでしょうね。
それは仕事ではなく食に対して。
皆恐ろしいぐらいに追加で頼んだ青唐辛子を料理にかけて食べてましたけどはた目から見たら異常な光景ですよね。
皆辛いのは得意だなんてこの先の飲み会が思いやられますね。
それと猿川がラーメンランドで食べた地獄ラーメン。
辛さ50丁目は見ただけでも目が痛くなるようなスープの赤みでしたね。
あれをよく猿川汗だくになりながらも食べきりましたよ。
店を出た時の爽快感。
気持ち良さそうでした。”
60代女性
猿川が、歓迎会の激辛の料理に驚いたのには納得しました。見ているだけでも、辛さが伝わってきそうな料理ばかりだったからです。でも、それを食べている同僚たちは、満足そうです。力が湧いてくるのかなと思いました。猿川は、実力が認められて東京支店の営業促進室に異動したのに、仕事は、お店の営業です。しかも、冷たく断られてがっかりします。そんな時は、いつもと違うことをしてみたい、辛いものを食べてみようかと思うようです。猿川が辛いものに魅せられていく様子をしっかり見ていきたいと思いました。
40代女性
“題名通り辛い食べ物が登場し、汗をかくシーン、応援団など暑苦しいイメージのある物が登場しますが映像がすっきりしているなと感じました。
登場人物のセリフが少なく表情や景色を見て楽しむドラマでした。
そして出てくる食べ物が美しくて美味しそうなんです。
作る過程から食材をキレイに見せてくれて、出来上がった料理は美術作品みたいでした。
第1話ストーリーは大阪から東京に転勤した営業マンの苦労でした。
新しい職場についた時の自分に重ね少しツラい気持ちも湧いてきましたが、主人公猿川役の桐山くんの最上級のさわやかな表情にとても癒されました。”
30代男性
ゲキカラドウ1話を観て、飲料メーカー「ロンロン」の社員である猿川が、大阪本社から東京支社の営業促進室に異動になり、職場環境に慣れるのが、とても大変そうに感じられました。異動により、歓迎会があった中で、職場の皆が、辛い食べ物を平気で食べている中で、一人浮いている様子があり、大変そうに感じました。その後、辛いものを食べれるようにと、激辛ラーメンに挑戦しているシーンについては、男らしさを感じました。汗水垂らして、頑張って激辛ラーメンを食べることができたのは、素晴らしく感じました。
60代女性
大阪から東京に異動する、文化的にもかなりプレッシャーだと思いますが主人公・猿川健太は実に自然体です。応援部の部長をやっていたというのがうなずける落ち着きと体力を感じます。しかし着任早々向かった営業先は手ごわく、歓迎会では激辛メニューをぶつけられなかなかハードな出だしです。個性的な同僚たちと室長の一言一言が面白く、また出てくる料理の美味しそうなこと。辛さはとびぬけているのでしょうが、ぐつぐついう様子は食欲をそそられます。「本物の辛さを知ってこそ何事にも打ち勝つ力が備わる」と室長が自信満々に言っていましたが、実践される様子がこれから見られるのが楽しみです。

ドラマ「ゲキカラドウ」1話を無料視聴する方法

ドラマ「ゲキカラドウ」1話はParaviで見放題配信中です。

Paraviは2週間の無料期間があり、ドラマ「ゲキカラドウ」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「ゲキカラドウ」1話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

激辛料理を食べる姿から伝わるその熱量に終始圧倒されっぱなしでした。

ドラマ「ゲキカラドウ」1話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、Paraviで無料視聴可能です

Paraviは2週間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「ゲキカラドウ」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「ゲキカラドウ」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴