ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ゲキカラドウ2話のあらすじとネタバレまとめ!本質を見極める大切さ

ドラマ「ゲキカラドウ」は2021年1月現在、テレビ東京で水曜日深夜0時12分から放送されているドラマです。

ドラマ「ゲキカラドウ」2話では、激安スーパーナカヤに営業をかけるもナカヤの若社長の質問に正解できず、失敗に終わる猿川。

苦戦を強いられますが、谷岡室長からヒントを貰った猿川はついにナカヤの若社長の質問の正解に辿り着くのでした。

この記事ではドラマ「ゲキカラドウ」2話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

Paraviならドラマ「ゲキカラドウ」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ゲキカラドウ」2話のあらすじ

飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山照史)。ある日、室長の谷岡(平田満)から“二辛”と言われる難易度のスーパーに営業にいくよう命じられる。そこは先代から受け継いだばかりの若社長・西寺(長谷川朝晴)が営む激安スーパーだった。前日に同期の大河内(泉里香)が挑むも撃沈…。健太は意を決し、営業に行くが、西寺から「うちと他のスーパーの違いってわかりますか?」と聞かれ…。

引用元:テレビ東京公式サイト

ドラマ「ゲキカラドウ」2話のネタバレ

ナカヤの若社長


「ナカヤ」という激安スーパーに営業に向かった大河内(泉里香)。

そこは辛さで表す難易度でいうと2辛の店でしたが、大河内は自分ならクリアできると得意満面でした。

先代から3ヶ月前、店を継いでまだ間もない若社長の西寺(長谷川朝晴)は、他のスーパーと自分の店の違いを大河内に質問しました。

その答えをハズした大河内に、西寺は今日の所はお帰り下さいと言われてしまい、爆死してしまうのでした。

地雷を踏み、営業に失敗してしまった状況を営業促進室では、爆弾処理班に例え、爆死と呼ぶのでした。

そしてそんな大河内の代わりとして、営業促進室へと異動してきて間もない猿川(桐山照史)を室長である谷岡(平田満)は名指ししました。

この前、猿川が1辛の店を攻略した事を偶然だと思っている谷岡が、試そうとしてナカヤに行かされる事になったに違いないとお調子者の後輩の亮介(中村嶺亜)は言いました。

激辛焼肉


ゲキカラドウに足を突っ込んだばかりの猿川は亮介と共にナカヤに向かうと、西寺は大河内と同様の質問を猿川にもしました。

その質問に、店の状態や店員の程度から猿川は「お客様に対する気持ちなのではないか」と答えますが、西寺の考える答えではなかったようで、話を聞いてもらえませんでした。

自分の未熟さにがっくりと肩を落とした猿川を、亮介はゲキカラドウを極める上で欠かせない店に連れていくと、そこには大河内と山崎(森田甘路)の姿がありました。

大河内は猿川が自分と同様に爆死したと知り、少し嬉しそうにしながら、これも勉強だからと言われて、猿川は何も返せない自分に悔しさが募りました。

そこに、ハラミとカルビなどが運ばれてくると、カルビを焼き始めた亮介。

そして5にしておいたからと言いながらタレを運んできた店主が無愛想だったので、猿川は5とは何なのか聞けずにいました。

赤と黒


黒と赤、2種類のタレがあり、猿川はその違いを亮介に聞いてみますが、食べてみればわかると言われるだけでした。

赤いタレをカルビにつけて食べてみた猿川は、口全体に広がった旨味にこれならいくらでも食べられると思った矢先、激辛が襲ってきました。

辛いその赤いタレは「辛」という名前で、ジョロキアという世界で3番めに辛い青唐辛子をこれでもかと入れたものでした。

カプサイシンを野菜焼きにつけた大河内は、恍惚の表情を浮かべる中、猿川は常連らしき少女が赤いタレで食べている姿を目にします。

子供に負けてもいいのかと大河内に挑発され、辛さに挑む猿川。

そして、もう一つのシビという花山椒を味噌ダレに加えた黒いタレをつけてハラミを食べた猿川は、そのとてつもない辛さの中に、肉の奥深い旨味を感じることに気づくのでした。

辛さが旨さを与え、どちらのタレも肉の美味しさを引き立てていました。

突然現れた亮介


猿川はエンジンがかかり、自らトングを使って運ばれてきたホルモンを焼き始めます。

そしてご飯やキムチを汗をかきながらどんどん食べ進めると、ビールで流し込みました。

食べっぷりの良い猿川を見て他のメンバーらもどんどん肉を口にしました。

帰宅してもタレの事が頭をよぎる猿川でしたが、店に行った時に西寺から問われた質問がまだ引っかかっていて「仕上がる」ところまでは到達していませんでした。

そんな時、インターホンがなるとモニターには亮介の姿が映っていました。

そして住所も知らないのにズカズカと家に上がりこんだ亮介に戸惑いを見せる猿川でしたが、猿川が財布を落とし、それを拾った亮介が財布の中に入っていた免許証に書かれた住所を頼りに届けにきたのでした。

しかし突然、ナカヤで買ってきて欲しいと室長に頼まれた買い物を、亮介が店に忘れてきてしまったというと、室長からタイミング悪く電話がかかってきます。

美味しさの秘密


亮介は、猿川のせいだと言うと、自分の代わりに室長からの電話に出るようにと促しました。

室長は、あの店はゲキカラドウには避けて通れない店だと言うと、店の感想を尋ねました。

「タレが旨かった」と答える猿川に、君もまだまだかもなぁと室長は答えるのでした。

そんな室長の言葉を聞き、猿川は亮介の代わりに店に荷物を取りに行くことにしました。

店に行くと店員に肉の切り方をレクチャーする店主の姿がありました。

そして肉を食べた時に感じた肉の旨味がタレだけではなく、肉自体の品質にもこだわっていたことに気づくのでした。

そして猿川は室長への買い物のナカヤで売っているコロッケを一口かじってみると、爽やかな風が吹き抜け、室長に仕上がりましたと答えるのでした。

本質を見極めること


翌日、猿川は再びナカヤを訪ね、間違えたら2度と来ないのでもう一度チャンスを下さいと訴えました。

西寺社長は猿川の熱意を受け取るとこの前と同様に、自らの店と他のスーパーとの違いを猿川に問います。

猿川は、その質問に、こだわりの品質とそこから生まれた信頼だと答えました。

安価でも品質が悪ければ客は来ない、商売の本質は売る人間の質だと先代から言われてきた事を守ってきたのだと西寺社長は伝えました。

そして、何事も本質が大事だと言うことを学んだ猿川に、本質を見極めることこそがゲキカラドウであると告げると、その道が例え激しく辛くても、答えは見つけることよりも知ろうとする事が重要なのだと谷岡室長は言うのでした。

ドラマ「ゲキカラドウ」2話の見どころと感想

ドラマ「ゲキカラドウ」2話の見どころ

2話は激安スーパーナカヤの若社長相手の謎解きの回でした。

謎解きを通して猿川は本質を見極める大切さを知ります。

今回も激辛料理が登場します。

2話で登場する激辛料理は激辛焼肉です。

最初はタレが肉の美味しさの決め手だと思っていた猿川ですが、谷岡室長の言葉がきっかけで本質を探ろうと動きます。

その行動のおかげで猿川は肉の美味しさの本質にたどり着くのでした。

肉の美味しさの本質を見極め、勢いに乗った猿川はついにナカヤの若社長が満足する答えを導き出します。

ドラマ「ゲキカラドウ」2話を無料視聴する方法

ドラマ「ゲキカラドウ」2話はParaviで見放題配信中です。

Paraviは2週間の無料期間があり、ドラマ「ゲキカラドウ」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「ゲキカラドウ」2話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

谷岡室長の言葉がヒントだったとはいえ、猿川が自分で本質を見抜くことができて良かったですね。

ドラマ「ゲキカラドウ」2話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、Paraviで無料視聴可能です

Paraviは2週間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「ゲキカラドウ」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「ゲキカラドウ」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴