ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|フリーター家を買う10話(最終回)のあらすじとネタバレまとめ!誠治の選択と恋の行方

ドラマ「フリーター家を買う」は2010年に放送されたドラマで、2020年11月現在再放送されています

ドラマ「フリーター家を買う」10話は、誠治は職長の大悦に正社員にならないかと提案されます。

誠治の選択、真奈美と誠治の恋の行方、家族のこれからはどうなるのでしょうか?

この記事ではドラマ「フリーター家を買う」10話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「フリーター家を買う」10話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「フリーター家を買う」10話のあらすじ

誠治(二宮和也)は、隣人の西本(坂口良子)の差し金とは知らず、相沢(ムロツヨシ)という男にだまされて商品を購入させられた寿美子(浅野温子)のために、自分が働いて貯めてきた100万円を使ったことを大悦土木のメンバーに話す。職長の大悦(大友康平)は誠治へ大悦土木の正社員にならないかと持ちかける。一方で誠治は、先日寿美子の為に最終面接を受けずに家へ戻った会社から、会って話がしたいと言われる。ある日、武家には姑との関係が悪化した亜矢子(井川遥)が息子の智也(橋本智哉)を連れて帰ってきてしまう。

引用元:フジテレビ公式サイト

ドラマ「フリーター家を買う」10話のネタバレ

真奈美の送別会


その日の夜、居酒屋では建設部門に異動する千葉真奈美(香里奈)の送別会が開かれていました。

その場で2年間、研修で和歌山にいく事を千葉真奈美は皆に報告します

そこに少し遅れて、退院した豊川哲平(丸⼭隆平)が現れました。

星野あかり(岡本玲)との関係を尻込みしてしまい、上手く行っていませんでしたが、その場であかりに告白をして二人の関係は改善します。

父の提案


大悦土木の事務所には、スーツ姿の誠治(二宮和也)の姿がありました。

誠治は本日より正社員です

新入社員として挨拶を終えた誠治は、千葉の後任である平田(相葉雅紀)に挨拶しました。

ある日、帰宅した誠一(竹中直人)が誠治に引っ越しをどうするのかと聞いてきます。

誠治は100万円を支払ってしまってなくなったから、母さんを待たせるかも知れないけれど一から頑張ると答えました。

そんな誠治に、誠一は2世代ローンを提案します。

誠治は、親父が払った分は自分が返すといって、家は自分が買うと宣言。

相変わらず馬鹿だなと言いながら部屋をでる誠一の背中に、誠治はありがとうと言って頭を下げました。

引っ越しの日


家族で食卓を囲む中、誠治は父さんから話があると切り出します。

お前から話せと誠一に言われて、誠治は寿美子(浅野温⼦)に引っ越しをすると報告すると、「ありがとう」と寿美子は答えました。

そして、引っ越しの日、トラックに次々の荷物が運ばれていく中、時計を気にする誠治。

今日は真奈美が和歌山へと出発する日でした。

家を出た誠治は原付バイクでバス乗り場に行き、バスに乗り込む寸前の真奈美を呼び止め、駆け寄ります。

誠治は言っておきたいことがあると言いながら、他愛もない言葉をかけます。

真奈美は落胆しバスに乗り込もうとしますが、再び千葉を呼び止めた誠治は「好きだから」と真奈美に向かって告白しました。

バスに乗るように係員が促すと、真奈美は誠治を指差しながら

「すぐに乗ります、2年間離れ離れになっちゃうんで、彼氏と」

と言い、来るのが遅いと責めると、みかんは送らないから食べに来てといいながらバスに乗り込みます。

新しい生活の始まり


自宅に誠治(二宮和也)が戻ると、荷物は既にトラックに積み終わっていました。

出発したトラックを追う様に原付バイクで新居に向かおうとした時、隣の家から顔を出した西本に誠治は、和彦の気持ちに気づけたんだからこれからやり直せるというと伝えます。

そして新居で荷物の整理をしていると、誠治は誠一(竹中直人)から、就職の次は結婚だと言われ、結婚しても仕事を辞めない嫁を探すように忠告されます。

そんな誠一と誠治の言い合いする様子を寿美子(浅野温子)は笑顔で見守っていました。

ドラマ「フリーター家を買う」10話の見どころと感想

ドラマ「フリーター家を買う」10話の見どころ

最初はいがみ合っていた、誠一と誠治の関係性の変化も見どころです。

そして、誠治が真奈美になかなか告白できないシーンはみているこちらがもどかしくなります。

でも最後にはきちんと告白するところがさすが誠治!

真奈美の告白の返事も、サバサバした真奈美らしい答え方で好きでした。

友情出演の相葉雅紀の登場シーンにもご注目ください

ドラマ「フリーター家を買う」10話の感想

30代女性
ついに主人公が正社員になったのは大きな変化だと感じました。
そしてよく口論をする父親と2世代ローンを組むという出来事も、2人の関係が良くなっていることを表しているのを感じました。
ここまでくるのに、母親の病気や目標にしていた100万円が無くなるといったアクシデントを乗り越えたんだなあとわかるからです。
最初は良い印象がなかった主人公が大きく成長したのを感じるストーリーでした。
60代女性
誠治が大悦土木に就職することに、始めは反対していた父でしたが、本当はうれしかったのです。二世帯ローンを組むなんてよく思いついたと思います。誠治も素直に感謝でき、心が温かくなりました。真奈美との仲は、進展しないのかなと思っていましたが、期待できそうな別れだったので、2年後が楽しみです。無事に引っ越しが終わり、母が心から安心して笑ったので、明るいこれからを確信できました。
40代男性
コロナ禍の現在、まず送別会というワードに懐かしみを覚えた。哲平のシンプルな言葉があかりとの関係改善につながったのかな。現実の世界ではこのセリフで女性との関係改善は難しいだろうが、これはドラマなの良しとしよう。2世代ローンというワードも現在は聞かなくなったな。頭金は出すという父親に対して、将来必ず返すという息子の意地を感じた。
50代女性
誠治は内定をもらった会社を蹴って、就職先に大悦土木を選び、正社員として働くことになりました。
今の誠治にとっては職種や会社の大きさではなく、自分が求められているとかやり甲斐という、仕事に対して自分が求めるものがはっきりした事は大きな成長だと思います。
そして、母親を苦しめた隣人にかけた言葉も、恨み言ではなく誠治らしい思いやりのある言葉でした。
寿美子のために引っ越すという目標も叶え、千葉真奈美との関係もハッピーな形で終えることが出来て本当に良かったです。

ドラマ「フリーター家を買う」10話を無料視聴する方法

ドラマ「フリーター家を買う」10話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「フリーター家を買う」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「フリーター家を買う」10話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

誠治は無事に正社員となり、真奈美とも付き合うことができました。

そして、2世代ローンで家も購入することができ、家族みんなが幸せそうでしたね

ドラマ「フリーター家を買う」10話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「フリーター家を買う」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「フリーター家を買う」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴