ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|フリーター家を買う9話のあらすじとネタバレまとめ!最終面接当日に起きた事件

ドラマ「フリーター家を買う」は2010年に放送されたドラマです。

ドラマ「フリーター家を買う」は2010年に放送されたドラマで、2020年11月現在再放送が放送されています

ドラマ「フリーター家を買う」9話では、いよいよ誠治は就職の最終面接が決まります。

しかしその最終面接の日、母親の身に危険が及んでいたのです。

この記事ではドラマ「フリーター家を買う」9話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「フリーター家を買う」9話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「フリーター家を買う」9話のあらすじ

誠治(二宮和也)は、母・寿美子(浅野温子)の為に引っ越しをしようと決意を固め、父・誠一(竹中直人)に改めて引っ越しの件を相談する。

姑の則子(鷲尾真知子)に、きついことを言ってしまった亜矢子(井川遥)は旦那の文也(七海智哉)からたしなめられたこともあり則子にわびるが…。

一方、真奈美(香里奈)は山賀(眞島秀和)に、気持ちの整理がついたので、山賀のいる設計部門に行きたいと申し出る。

一方誠治は、先日試験を受けた医療機器メーカーから最終面接のお知らせを受け取る。

引用元:フジテレビ公式サイト

ドラマ「フリーター家を買う」9話のネタバレ

永田家の嫁


誠治の姉である永田亜矢子は姑の則子に、旦那の文也はこれ以上がんばれないと伝えます。

しかし則子は、永田家の子供ならば医者にならなければならない、これを受け入れられなければ永田家の嫁として失格だ、と言い張りました。

母親が詐欺の被害に


その翌日、誠治が面接会場にいると、携帯に見知らぬ男から着信が入り、母親が大変だと言われます。

誠治は面接をキャンセルして帰宅して、電話してきた男の話を聞きました。

その内容は、霊感商法で購入した表札などがクーリングオフ期間を過ぎて未払いだというもの。

その夜、誠治は父親にこのことを話し、弁護士に相談しようと提案しましたが、父親は恥をさらすことになるため弁護士に相談はしないし、お金も払わないと言うのです。

そして父親は、誠治が母親のせいにして面接から逃げたと責めました。

隣の芝生は青く見える


誠治は、隣の西本幸子を訪ね、話をしました。

そこで自身の母親がうつ病を患っていること、幸子が自分の母親を10年ほど虐めていることを追及し、なぜそうしたのかを問い詰めます。

すると幸子は、誠治の親子が羨ましかったのだと言うのです

幸子の息子・和彦は、和彦のために自分を犠牲にしていろいろとしてやり、自分の思い通りに育ったのだが、中学生の頃から笑わなくなってしまったと言います。

その時、和彦が出て来て、幸子に向かって、自分が優秀な母親でいたかっただけで、自分のことは全部母親の幸子が決めてしまったと言い放ちました。

幸子は、なぜそれをその時に言わなかったのか聞きます。

すると和彦は、幸子の言うとおりにしておけば幸子が嬉しそうにしていたから言えなかったと言いました。

母の想い


ある日、武誠治が母親にハンドクリームを塗ってあげていると、玄関のインターホンが鳴りました。

相手は霊感商法のセールスマン、相沢です。

誠治は、自分に任せてほしい、と言って玄関に行きました。

そして誠治は、相沢に100万円を渡します。

相沢は、「弁護士に相談するのでは?」と聞きましたが、誠治は、一刻も早く問題を終わらせたいのだと言いました。

相沢はお金を確認したあと、商品を武誠治に渡します。

誠治は母親に全て終わったと告げ、自室に行って商品を確認しました。

母親が買った商品は、誠治のために買った、就職の必勝祈願だったのです。

ドラマ「フリーター家を買う」9話の見どころと感想

ドラマ「フリーター家を買う」9話の見どころ

今回は、誠治の母への愛や優しさが詰まった回です。

自分の最終面接をキャンセルしてでも、母親のもとに駆けつける姿はヒーローそのもの。

隣人である西本幸子を訪ねて問い詰めるシーンは、母親の敵をとっているようで誠治の優しさがにじみ出ていました。

詐欺師を追い払うときも、一生懸命貯めてきたお金を母親のためならと迷わずに渡す姿は男らしかったです。

最後のシーンで、お母さんが買っていた商品が、就職の必勝祈願だと知ったときの誠治の表情は胸を打ちました。

ドラマ「フリーター家を買う」9話の感想

60代女性
誠治と母との温かい心のふれあいが、たくさん見られました。母を助けるために最終面接を受けなかったり、いじめをやめてと、隣に行ったり、ハンドクリームをぬってあげたり、どれも、誠治の母への愛にあふれていました。特に、一刻も早く詐欺商法でだまされたことを終わらせたいと、家を買うためにためていた100万円を払ってしまったのは、残念ですが、母を大事に思っての行動だから、絶対に後悔しないと思います。父親は、こんな状況でも、誠治に冷たい言葉しか言いません。いつになったら誠治の良さを認めるのかとやきもきします。
30代女性
私は8話の感想から、悪徳訪問販売員の手に100万円が渡らないことを願っていましたが、やっぱり残念な結果になってしまいました。しかも、折角の最終面接も受けずに終わってしまって残念です。でも、母親が100万円で購入しようとしていたのは、就職の必勝祈願だったということを知って、うつ病で訳がわからない状態でも息子を想う気持ちに少し感動しました。
30代女性
虐めを行なっていたご近所さんとの直接の対話、羨ましい、妬みからの虐めはとてもリアルな理由だと思いました。自分の思い通りに行かないことがあると、周りの人が幸せそうにしている事が無性に嫌味に感じる事が私にもあります。誠治は母親の事をとても愛しているのだなと率直に感じる回でした。他人相手にあれだけ母親の事を良き母であると伝えられることは素敵な事だと思いました。幸子や和彦の関係性を持つ親子は多い様に感じます。特に今の時代、他所目を気にして自分の立場を正当化しようとする親は多いということです。

ドラマ「フリーター家を買う」9話を無料視聴する方法

ドラマ「フリーター家を買う」9話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「フリーター家を買う」を全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「フリーター家を買う」9話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

ドラマ「フリーター家を買う」9話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「フリーター家を買う」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「フリーター家を買う」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴