ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|リーガルハイ4話のあらすじとネタバレまとめ!住民の生活を守ろう!

ドラマ「リーガルハイ」は2012年に放送されたドラマです。

ドラマ「リーガルハイ」4話では、高層マンション建設を予定している会社を弁護する古美門側それに反対する近隣住民を弁護する人権派弁護士大貫との熱い戦いが繰り広げられます。

金儲けしか考えていない建設業者のことを、黛はどのように感じるのでしょうか?!

この記事ではドラマ「リーガルハイ」4話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「リーガルハイ」4話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リーガルハイ」4話のあらすじ

日照権をめぐって、ある町の住民が建設業者を相手に集団訴訟を起こす。古美門(堺雅人)は、大金を積まれて建設業者の弁護をすることに。だが、金もうけしか頭にない建設業者のやり方にあきれた黛(新垣結衣)は、住民側についた人権派の弁護士・大貫(大和田伸也)をひそかに応援する。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「リーガルハイ」4話のネタバレ

依頼引き受け

ある日、一戸建てに住んでいる主婦の桑田久美子(村井美樹)から島津エステートという建築会社が手掛ける高層マンションの建設によって自身の家が日陰になってしまうという相談を受けます。

事務所に戻った真知子(新垣結衣)はこの依頼の報告をしたのですが、真知子には建築法は無理だと古美門(堺雅人)は言い放ちました。

一人でこの依頼を引き受けることにした真知子でしたが、桑田からの連絡で、自分の依頼よりも先に町内会で弁護士が決まっていたとのことで依頼自体がキャンセルになりました。

その頃、人権派で知られる弁護士の大貫善三(大和田伸也)町内会長(徳井優)の依頼で、町内会でマンション建設に反対する住民を集め、説明会を開いていました。

翌日、金になる依頼が入ったと行って真知子を伴い依頼主の元を訪れた古美門でしたが、なんとそこはマンションを建設している島津エステートだったのです。

決裂

工事の差し止めの申請を受けていた島津エステートでしたが、条例も建築基準法も守っているのだから全く問題はないと古美門は太鼓判を押します。

しかし、懸念されるのは相手の弁護士がこの手の問題を得意とし、多額の賠償を企業から勝ち取っている大貫という弁護士という事でした。

全ての分野に置いて強いと自信を漂わせる古美門だったが、島津エステートは、裁判にせず、示談で決着させて欲しいと2000万円を差し出すのでした。

反対派の住民を集めた古美門は、見舞金の用意がある事を説明したものの、住民側の苦情を大貫が代弁するのです。

商業地域にあるマンションで建築許可もおりており、日照権の高さ制限も受けないため、見舞金も本来渡す必要はないというと、古美門は納得できないなら、裁判で決着を付けましょうと言い放ち、交渉は決裂します

一方、依頼主である町内会長に、相手が示談を望むのなら会社が潰れるまで搾取するまでだと大貫は告げました。

駆け引き?

翌日、古美門の事務所を訪れると、大貫は一世帯あたり500万円を示談の条件として提示します。

それに対して古美門は、1世帯あたり5000円の示談金を提示すると、再び大貫との示談交渉は決裂

真知子は大貫が帰ると裁判になるのかと喜びましたが、古美門はこれは駆け引きで、相手が欲しがっているのは示談金だと答えると、仕掛けてくる敵を予測し、こちらも仕掛けるといって住民の調査を真知子に命じるのでした。

古美門の作戦

命令を拒否していた真知子でしたが、服部から古美門にはなにか考えがあるのではないかとアドバイスされ、住人の調査を始めます。

一方、反対派の住人を前にした大貫は、5000円というバカにした見舞金を古美門が提示してきたと言うと、相手にプレッシャーを与えるために反対住民を増やそうと言って住民らを煽るのでした。

そして、反対住民らが町民を次々と勧誘した為、テレビに取り上げられる程、反対派の人数は膨れ上がっていったのです。

それを見た古美門は、一世帯辺り500万の要求は他の例を見ても多すぎるため、5万円が妥当だと提示し、示談交渉を申し込みました。

話にならないと言って反対派を煽った大貫に倣うように、反対住民はマンション建設に抗議します。

貴方にどんな実害があるのかと、反対派の住民・加賀蘭丸を指名した古美門に、蘭丸は、300万手に入ると誘われたと話します。

ありもしない被害を訴え、示談金を要求する行為は詐欺だと告げた古美門は、蘭丸に訴状を手渡すと、蘭丸は反対派を脱退する旨、宣言をしてその場から逃げ出しました。

続けて反対派の住民らに、皆さんの被害状況も調査中なので裁判所からの出頭命令を待つようにと言って示談交渉を終えた古美門の言葉に、反対住民の中の実被害がない者たちが大勢脱退していきました。

反対住民への更なる追い討ち

その後、三木に呼ばれた大貫は、三木法律事務所を訪れると、三木は古美門を倒そうとするものは友だと言うと資料を渡しました。

すると、その資料を突き返した大貫は、自分のカバンから資料を取り出すと、使うタイミングを計っているだけだと言いました。

翌日、大貫から島津エステートに、現在、建設中のマンションの隣に新たに高層マンションを建設するという計画の内部資料が送られてきます。

これが表沙汰になれば、現在のマンションの価値が大幅に下がるだろうと言って呆れた古美門に、向こうの条件に応じるようにと命じた島津エステートだったが、2000万円で決着する事で引き受けた依頼に、それ以上のお金を使う事は古美門にとっては負けも同然でした。

事務所に戻ると反対派の住民に関する調査結果を蘭丸から受け取った古美門は、自分たちは20万円を出す用意があるが、友達を説得してくれたら特別貴方だけには40万円出すといって反対住民を一人ひとり切り崩していきました。

更に町内会長の着服を追求した古美門は、それを知っているとチラつかせ、40万の報酬に応じさせるのでした。

決着、そして宣戦布告

真知子は純粋に庭に太陽が当たる事を臨んでいた桑田にお金を受け取らないなら個人で訴えられると教えますが、古美門に次々と買収された主婦たちが示談に応じ始めると、最後には桑田も手を上げて同意します。

全ての住民が示談に同意し交渉を終えた古美門は、成功報酬目当てだと言ったことを大貫に詫びると、大貫から金を手に入れて満足かと問われます。

それに「はい」と答えた古美門に頑張りなさいと声をかけて立ち去っていきました。

後日、桑田の家を訪れた真知子に、結局自分もお金が欲しいのだと言うと、あの場面で意地を通すのは無理だと真知子は答えます。

帰宅しようとする真知子の傍を通りかかったマンションの購入を考えているという若い夫婦が、この辺りはどうかと訪ねるととても良い街だと桑田は答えました。

そして真知子は、自分がこの事務所に来たのは古美門を倒すためだといって宣戦布告しました。

ドラマ「リーガルハイ」4話の見どころ

住民の生活を守るために最後まで戦う大貫と大金のためにあらゆる作戦と手段を使って戦う古美門の激しい戦いに目が離せません…!

最初に相談を持ちかけた桑田も最後には納得してとても幸せそうに暮らしていたので安心しました。

そしてラストには真知子からの古美門への宣戦布告

古美門と対照的なスタンスの弁護士である大貫や住民である桑田との関わりの中で起きる真知子の心情の変化にも注目です!

ドラマ「リーガルハイ」4話を無料視聴する方法

ドラマ「リーガルハイ」4話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「リーガルハイ」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「リーガルハイ」4話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

古美門に宣戦布告した真知子が今後どういう手段に出るのか、とても気になります…!

ドラマ「リーガルハイ」4話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「リーガルハイ」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「リーガルハイ」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴