ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|リーガルハイ3話のあらすじとネタバレまとめ!真知子、憧れの人との戦い

ドラマ「リーガルハイ」は2012年に放送されたドラマです。

ドラマ「リーガルハイ」3話では、真知子の恩師で憧れの人である相沢との戦いが始まります。また、古美門にテレビのドキュメンタリー取材もやってくるみたいですよ…!

この記事ではドラマ「リーガルハイ」3話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ドラマ「リーガルハイ」3話を無料で見るならTSUTAYA DISCAS!
\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リーガルハイ」3話のあらすじ

ストーカー行為をした榎戸(永山絢斗)の弁護をすることになった黛(新垣結衣)だが、学生時代の憧れの検事・相沢(東根作寿英)が相手だと知る。さらに、無罪を主張する榎戸の話を聞くが、圧倒的に厳しい状況に頭を抱える。そんな中、法廷で相沢の姿を目にした黛は、彼を意識してしまう。

引用元:ザテレビジョン

ドラマ「リーガルハイ」3話のネタバレ

真知子の対決相手


古美門(堺雅人)の事務所にテレビの取材がやってきました。

その頃、国選弁護人の依頼を受けた真知子(新垣結衣)は、榎戸信也(永山絢斗)の弁護を引き受けていました。

村瀬美由紀(原田夏希)を結婚式場から連れ去り、自宅のアパートに監禁していたというもので、一年程前から美由紀へのストーカーをしていた榎戸は接近禁止命令を受けていました。

そして検察側の検事の交代により真知子は学生時代の恩師・相沢(東根作寿英)と裁判で対決することになったのです。

三木の自信


真知子が接見した際、容疑を否認しなかった事から、情状酌量を訴える方向で弁護方針を立てていたものの、いざ裁判が始まると、榎戸はいきなり無罪を主張したことにより、第1回公判は中断となってしまいました。

事情を尋ねた真知子に、美由紀とは銀行で知り合い、その後通勤の時に会うようになると、自分たちは愛情を深めていき、プロポーズしたことを話すと、自分はストーカーではなく美由紀と付き合っていたのだと言い出したのです。

しかし、大学時代から美由紀につきまとっている男がいて、その男性と無理やり結婚したという話でした。

一方、古美門もプロ野球球団のゲッツとの訴訟を抱えていました

野球観戦中の球場をヤジが汚いと言って強制的に追い出されたゲッツの大ファンである望月ミドリ(阿知波悟美)の依頼を受け、1000万の慰謝料の請求を求めていました。

お金にならない依頼は普段なら引き受けない古美門だったが、番組の取材が入っている為、その依頼を快諾したのです。

その頃、書類作りばかりの日々に、三木(生瀬勝久)にチャンスが欲しいと言う弁護士の井出孝雄(矢野聖人)に、それならばとプロ野球球団ゲッツの依頼を井出に任せました。

こんな訴訟で負けるわけがないと言って井出は自信を見せます。

真知子の苦悩


望月のヤジ裁判が始まると、強制退去された際に腰をうち、後遺症が残った事や、ヤジ語録を纏めた本の出版予定だったが、それができなくなったとの主張の下、古美門は損害賠償として1500万円を求めるのでした。

一方、方針を無罪弁護に切り替えた真知子は、榎戸の弁護に望んだものの、相沢からの厳しい追求に、苦戦を余儀なくされていました。

裁判を終えると相沢は真知子の方針に反対し、情状酌量を求める弁護にしたほうが良いというと、古美門の噂を耳にしたが、自分に合う事務所に行ったほうが良いと助言されました。

第2回めのミドリの裁判が始まるとコンサート会場でヤジを飛ばして退去になった事件の判例を元に、球団側の弁護を担当する井出は、ミドリの強制退去には問題がないと主張します。

これに対して、野球と静かに聴くコンサートを同様に考えてはいけないといって、ヤジは試合を盛り上げる表現であり、表現の自由は憲法で保証されている事を挙げて古美門は反論しました。

その日、事件資料に目を通して悩む真知子に、古美門に相談したらどうかと服部はアドバイスしました。

声を掛ける真知子が内容も言わないうちに、古美門はいきなり断ると言って拒否しました。

兆し


真知子の担当する事件は第3回公判が始まり、検事の相沢は榎戸に、美由紀が自分のことを愛していると思った根拠を尋ねました。

理屈ではなくそう感じたと答える榎戸に、相沢は反論しました。

傍聴席で見ていた古美門は裁判が終わると、お前が相手にすべきは裁判官で意識が検事に向いてしまっていると真知子に指摘します。

そしてその夜、榎戸が変態でもストーカーだとしてもあらゆる手を使って無罪にする事がお前の仕事だと告げたが、真知子は自分の仕事は正しい判決に導く事だと言って反論しました。

服部からバスで女子高生と仲良くなった話を聞かされた真知子は、翌日、いつも榎戸が利用していたバスに乗り、彼の証言を集めます。

ある女性は似顔絵を美由紀が大事そうにしまう姿を目撃していました。

古美門の勝訴


一方、古美門は望月の裁判に手を変え品を変えて勝訴し、ちょっと泣いただけで1000万円だと言って望月ミドリは喜びました。

裁判も終わり、ドキュメンタリー番組の取材も古美門の決め台詞で締めくくり、終了しました。

取材を終えた古美門は加賀蘭丸の使用料を真知子の給料から引いていくと告げます。

決着の時


ある日、監禁事件の裁判で証言台に立っていた美由紀は榎戸の行動に迷惑していたと言うと、改めて交際を否定しました。

家柄の良い牧野との結婚の為にそう証言しているのではと真知子は必死に榎戸に対しての恋愛感情があったことを立証しようとするが、美由紀はそれを否定するのでした。

そして榎戸から過去にプレゼントされた似顔絵について尋ねた真知子に、その絵は気味が悪く、貰ったその日に捨てたと証言します。

しかし捨てたはずの似顔絵は、引越し業者に扮した蘭丸が新居に引っ越す美由紀の家のゴミの中から見つけ出し、この日、真知子の手元にあったのでした。

そしてそれを証拠に、証言の信憑性を追求する真知子に、もう良いと言って榎戸は容疑を認めたのでした。

番組放送


真知子は裁判が終わると古美門に自分はクビかと尋ねました。

すると、本人が有罪を望んだのだから今回は免責だと古美門は告げます。

その夜、古美門が取材を受けていた番組が放送されました。

満足の行く内容だったが、何故か番組の最後は服部のセリフで締めくくられていました

ドラマ「リーガルハイ」3話の見どころと感想

ドラマ「リーガルハイ」3話の見どころ

今回のお話は真知子の憧れの存在である相沢との戦いで、そんな人を相手にする裁判に苦闘しながら挑みます。

憧れの人相手の戦いほど大変な戦いはないですよね…。

ストーカー裁判はかなり不利な状態からのスタートでしたが真知子の頑張りにより勝訴の兆しが見えてくる。

しかし本当に勝訴にもっていくことが正解なのか?

そんな真知子の心の中の葛藤を垣間見ることができるのが今回の見どころでしょう…!

古美門のテレビ取材の結末にも注目です!!

ドラマ「リーガルハイ」3話を無料視聴する方法

ドラマ「リーガルハイ」3話は動画配信サービスでの取扱がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、ドラマ「リーガルハイ」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「リーガルハイ」3話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

今回のお話も最後まで目が離せませんでした…!

ドラマ「リーガルハイ」3話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、TSUTAYA DISCASでレンタルするのがおすすめです。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「リーガルハイ」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「リーガルハイ」をイッキ見してくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴