ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|陸王8話のあらすじとネタバレまとめ!陸王を履いて市民駅伝に参加

ドラマ「陸王」は2017年に放送されたドラマです。

ドラマ「陸王」8話は、こはぜ屋を買収したいという会社社長と対面します

宮沢は、陸王を履いて市民駅伝に参加し、陸王存続のため動き始めます。

この記事ではドラマ「陸王」8話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

Paraviならドラマ「陸王」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「陸王」8話のあらすじ

故障したシルクレイ製造機の造り直しのためには高額の資金が必要だが、どうすることも出来ないでいた。

そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、市民駅伝の参加を提案する。

陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。

そんな場合ではないと言った宮沢だが、思い直し、自分と江幡、大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、あけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。

一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

引用元:TBS公式サイト

ドラマ「陸王」8話のネタバレ

こはぜ屋と陸王の行く末は?

こはぜ屋の状況から坂本(風間俊介)は社員を守り、陸王を作り続けるためにも買収されるべきではと宮沢(役所広司)に持ち掛けるも、こはぜ屋の暖簾を下ろすことになると取り合われず、迷走しはじめます

その頃、茂木裕人(竹内涼真)は、豊橋国際マラソンへの出場をしたいと陸上部監督・城戸明宏(音塚琢真)へ直談判しました。

すると、城戸は本番までの完璧な調整を条件として認めてくれたものの、直後に陸王が大会に間に合わないかもしれないと聞かされ茂木は別のシューズを改めて探す必要にかられます。

当のこはぜ屋は富島玄三(志賀廣太郎)曰く、村野(市川右團次)へのアドバイス料、飯山晴之(寺尾聡)への顧問料が経営を圧迫している状態でした。

富島は、両者への契約を破棄してほしいと宮沢に願い出ます。

どう伝えるか考えあぐねる宮沢でしたが、偶然飯山がフェリックスの御園社長(松岡修造)と連絡をとり、陸王を作り続けるためにシルクレイの権利を渡そうとしていたことを知ります。

市民駅伝参加を決定

自宅でも息子の大地(山崎賢人)から宮沢の代で潰す予定だったのだから買収でいいのでは?と言われて怒りを覚えた宮沢は大地と口論してしまい、娘の茜(上白石萌音)を悲しませてしまいます。

暗い空気のままではいけないと考えた宮沢は、陸王開発メンバーを居酒屋に集めて市民駅伝への参加を呼びかけました

全員で陸王を履いて出場しメディアに露出すれば融資先が見つかるかもしれないため、全員一致で参加することが決まりました。

駅伝スタート

練習に練習を重ね、市民駅伝の当日を迎えました。

上位10チームはインタビューが地元紙に掲載されると知り、こはぜ屋の面々は俄然やる気をみせます。

しかしここで安田(内村遥)が足を痛めていることがわかり棄権すべきではという話がでるも、なんとピンチヒッターとして坂本が駆けつけてくれたことで駅伝に参加できることになりました。

いざ駅伝がスタートすると江幡(天野義久)、仲下美咲(吉谷彩子)と順調に10位以内をキープしていいました。しかしあけみ(阿川佐知子)が次々抜かれ10位に転落します。

続く坂本は走るのが得意でなく、飯山に「まるで酸欠のアヒル」と言われながらも必死に走りました

順位は・・・

そして次は宮沢へタスキが渡ります。

ぎりぎり10位をキープしたものの、途中で他のランナーが倒れたのを救助するためレースを外れてしまいました

しかしそんな宮沢の様子にメンバーは「あれこそ社長だ」と明るく見守りました。

アクシデントに見舞われた駅伝もとうとう最後の走者・大地になりました。

必死に走った大地ですが、惜しくも11位で終わってしまいました

しかしこはぜ屋の面々は誰一人責めることなく笑顔で順位を祝ったのでした。

こはぜ屋の買収

一方その頃、同じ大会で1万メートル走に出ていた茂木はミズノの市販品で勝負に出るも満足のいく走りができず、監督から「国際マラソンに出せない」と宣告を受けてしまうのでした。

大会終了後、宮沢の心には陸王をこのまま終わらせたくないという気持ちが強くなりました。

陸王存続のために買収もやむなし、と気持ちを切り替え坂本に御園と会えるように取り計らってもらうことにしました。

あくる日、フェリックスを訪れた宮沢は御園社長と対面し彼がシルクレイを求めていること、そしてこはぜ屋は買収しても暖簾を下ろさなくてもいいと告げられます。

御園の熱い言葉を聞いた宮沢は前向きに検討する、といってフェリックスを後にしました。

そんな宮沢の様子に御園は「あと少しだ」と不敵な笑みを浮かべるのでした。

ドラマ「陸王」8話の見どころと感想

ドラマ「陸王」8話の見どころ

今回は、陸王を作り続けるためこはぜ屋の買収を検討する回です。

坂本から買収の話を持ちかけられ頑なに拒否する宮沢が、陸王メンバーと陸王を履いて駅伝を走り、陸王存続のために買収も仕方ないと気持ちを切替えるところは、複雑な気持ちだけど前を向いているんだろうと思いグッとくるものがありました

素人ながら陸王メンバーでなんとかタスキを渡して走り抜く駅伝シーンは感動してしまいます

特に、宮沢が自分の順位が落ちても倒れたランナーを救出する姿に宮沢の優しくて相手を想う性格が見えます。

最後に見せる買収先フェリックスの御園社長が浮かべる不敵な笑みに不安が過ぎります

ドラマ「陸王」8話を無料視聴する方法

ドラマ「陸王」8話はParaviで見放題配信中です。

Paraviは2週間の無料期間があり、ドラマ「陸王」全話無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「陸王」8話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

陸王メンバーで陸王を履いて市民駅伝に参加した宮沢は、陸王存続のためこはぜ屋を買収したいというフェリックスの御園社長と対面します。

ドラマ「陸王」8話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、Paraviで無料視聴可能です

Paraviは2週間の無料期間があり、その期間中であればドラマ「陸王」を全話無料で見ることができます

この機会に是非、ドラマ「陸王」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴