ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|青天を衝け14話のあらすじとネタバレまとめ!栄一と慶喜の運命の出会い!

ドラマ「青天を衝け」は2021年1月から、NHKで日曜日20時から放送されているドラマです。

ドラマ「青天を衝け」14話は、栄一が徳川慶喜と運命の出会いをする回です。

この記事ではドラマ「青天を衝け」14話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

NHKオンデマンドならドラマ「青天を衝け」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」14話のあらすじ

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。一方慶喜は、薩摩藩が天皇に信頼の厚い中川宮(奥田洋平)を取り込んでいることに気づく。中川宮を問い詰め、その場にいた島津久光(池田成志)らに“天下の大愚物、天下の大悪党だ”と言い放つ。

引用元:NHK公式サイト

ドラマ「青天を衝け」14話のネタバレ

仕官を決める栄一

再度、円四郎に仕官を勧められた栄一ですが、即答を避けました。

攘夷という大義のもと京までのぼった栄一と喜作は、徳川方の一橋家に仕えることに抵抗があったのです。

「潔く命を絶った方が・・」と言いかける栄一に、喜作は思わず覚悟を決めようとします。

しかし、栄一はまだ何も世の中の役になっていないのに、命を落とすことはできないと、仕官の方に心を決めるのです。

慶喜との出会い

そして、慶喜に直に会って、自分たちの意見を聞いてもらいたいと、円四郎に申し出るのでした。

円四郎は、武士としての筋道や振る舞いが全く分かっていない二人にあきれながらも、可能性を感じ、慶喜と出会うチャンスを作ります。

馬を走らせる慶喜を必死で追いかける栄一と喜作。

「渋沢栄一でございます。徳川の命は、すでに尽きております」と声を張り上げる栄一でした。

言いたいことはそれだけか?

思い切った意見を言う栄一に、慶喜は立ち止まります。

栄一の顔を上げさせ、言いたいことはそれだけかと尋ねるのでした。

栄一は臆することなく「まだ山ほどあります」と言いました。

くすっと笑う円四郎に、慶喜も円四郎の作戦に気付き、二人を屋敷に呼ぶように言うのでした。

一橋家を大きく?

数日後、慶喜に拝謁した栄一は、「一橋家を大きくしましょう。やっちまいましょう」と、熱弁をふるいました。

しかし、慶喜は「ふん」と、一言も発しません。

慶喜が屋敷を出た後、円四郎は、二人に今の日本の現状と、慶喜の置かれた立場を説明します。

幕府と朝廷の板挟みになりながらも、一歩もひいていない慶喜の剛情ぶりを語るのでした。

攘夷はもう古い

そして、攘夷はもう古いと言い切ります。

異国を追い払うのではなく、国と国とで対等に話し合いができるようにすることが大切だと説明するのでした。

慶喜が、薩摩や越前など多方面に気を配りながら必死で国を守ろうとしていると分かり、目から鱗が落ちたようだと、納得する栄一。

こうして、二人は一橋家に仕えることになりました。

狭いながらも住居も与えられ、お金を借りて慎ましい武士としての生活を始めました。

将軍の威光は?

一方、薩摩の島津久光は、中川宮朝彦親王に取り入っていました。

中川宮が天皇の信頼が厚かったからです。

慶喜が久光や松平春嶽と宴会を開いていると、将軍家茂が来ました。

慶喜だけでなく、久光にまで酒の酌をしてまわる将軍の姿に慶喜は驚きます。

天下の将軍が、外様大名に酌をするということは、将軍の威光が失われたことの表れでした。

家茂が帰った後、久光は「朝廷は横浜港閉鎖を求めていない」と、慶喜に言います。

覚悟を決める慶喜

慶喜は、「じかに聞いてまいります」と、中川宮の屋敷に行くのでした。

返事によっては命を頂戴し、自分の切腹するつもりだったと、詰め寄る慶喜

中川宮は、たじたじとなって、覚えがないとごまかしました。

このことで、慶喜と久光の決裂は決定的なものとなりました。

朝廷参議も開かれることがなくなります。

きっぱりと言い切った慶喜に、「やっちまいましたね」と笑顔の円四郎。

慶喜の脳裏には、「やっちまましょう」といきまく栄一の姿が浮かんでいました。

ふるまい酒

徳川を守る決意を固めた慶喜は、家来たちにも酒をふるまいました。

「快なり」と叫ぶ慶喜に、父の老公の姿を見て涙ぐむ家臣。

栄一と喜作も、ふるまわれた酒を飲みながら、日本の明日や一橋家の未来に心をはせていました。

ドラマ「青天を衝け」14話の感想

栄一が慶喜といよいよ対面しました。

この時代、お殿様が仕官を志す若者にわざわざ会うのは珍しいことといえますが、円四郎の作戦勝ちだったのでしょうか。

八方ふさがりの慶喜のことを思い、憂さ晴らしの馬を走らせることやエネルギーの塊のような栄一に出会わせることで、慶喜を発散させ、慶喜が本来もっているリーダーシップを引き出したのかもしれませんね。

円四郎は、相当なやり手ですね。

慶喜への献身的な愛も感じます。

慶喜の性格と魅力を円四郎は知り抜いていたのでしょうね。

栄一の武士としてのスタートは、まだまだ未熟ですが、資本主義の父ともいえる成長を遂げるには、慶喜との出会いは大きな意味を持っていたんだなと感じる回でした。

ドラマ「青天を衝け」14話を無料視聴する方法

ドラマ「青天を衝け」14話はNHKオンデマンドで見放題配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「青天を衝け」を無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「青天を衝け」14話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

栄一がいよいよ慶喜と出会い、一橋家の家来となる回です。

ドラマ「青天を衝け」14話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、NHKオンデマンドで無料視聴可能です

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると初月無料でドラマ「青天を衝け」を全話見ることができます

この機会に是非、ドラマ「青天を衝け」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴