ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|青天を衝け2話のあらすじとネタバレまとめ!商いや読書を学ぶ栄一

ドラマ「青天を衝け」は2021年2月現在、NHK総合テレビで日曜日20時から、NHK BSプレミアム・BS4Kで18時から、また再放送が総合テレビで土曜日 13時5分から放送されているドラマです。

ドラマ「青天を衝け」2話は、子供から青年へと成長した栄一が日々、藍の仕事や読書に勤しむ様子が描かれています。

一方、一橋家当主となった慶喜は12代将軍家慶から寵愛され、時期将軍にと期待されます。

そんな中、ある重大な知らせが幕府に届きます。

この記事ではドラマ「青天を衝け」2話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

NHKオンデマンドならドラマ「青天を衝け」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」2話のあらすじ

父・市郎右衛門(小林 薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉 幾三)から実子のようにかわいがられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやってくることになり…。

引用元:NHK公式サイト

ドラマ「青天を衝け」2話のネタバレ

9歳になった栄一

嘉永元年、9歳になった栄一(石澤柊斗)は、父の仕事を学び始め、上州や信州にある染物屋回りも始めました。

近くの村の藍畑を父の市郎右衛門(小林薫)と見に行った栄一は、市郎右衛門が畑の状態から収穫時期を判断し、農民らに教える様子を目にします。

市郎右衛門の仕事の正確さ、そしてその人柄から藍玉の評判はとても良く、栄一に商売について、良い仕事をすることが皆の信頼を得ることになり、更には、自分も利益を得ることが出来、家族も村も潤うのだと話して聞かせるのでした。

下手計村の尾高新五郎(田辺誠一)から栄一は従兄弟の喜作とともに読書を教わることになりました。

ただ文章を暗唱させるという教え方ではなく、多くの本をまず読ませ、読書を好きになるようにすることを大切に考えていた新五郎の教え通り、栄一は論語を、喜作は三国志を好み、読書が好きになった栄一は理解力も高まっていきました

理不尽さを感じる栄一

ある日、岡部藩の代官・利根吉春(酒向芳)らが村のまとめ役をする渋沢家にやって来ます。

そして、岡部藩の若殿の阿部信宝の乗り出しが決まったと宗介(平泉成)と市郎右衛門に告げると、村から数日間、100人の人足と御用金2000両の用意を命じました。

しかし、1年の中で最も村が忙しく、むしろ人手不足になり、他の村から人出を借りることすらあった6月という時期に、御用金は用意させてもらうが、人足の数については少しでも減らしてもらえないかと恐れながら市郎右衛門は利根らに頼むのでした。

利根はそれを聞き、農民の分際で口が過ぎると怒鳴り、それに父たちがひれ伏す姿を見て、栄一は怒りを覚えました。

その話を喜作と千代に話した栄一は、何で父があのように言われなければならないのかわからないと言うのでした。

すると、どれだけ稼いでも渋沢家は所詮農民だからというと、商人や農民でも、武家の株を買えば武家になれると聞いていた喜作はいつか偉い人になり、武家の株を買うつもりだと言いました。

政界復帰を願う斉昭

幕府によって水戸藩駒込邸に隠居させられていた徳川斉昭は、自らの復帰を水戸の領民らが嘆願していると聞き、政の場に再び戻る気になっていました。

そんな斉昭の息子の慶喜(草彅剛)は、家慶(吉幾三)自ら、度々慶喜の元を訪れるほど家慶から大層気に入られており、野菜や魚などが息子から送られてきていました。

そして斎昭はそんな慶喜の事を頼りにしていたのでした。

その頃、繁忙期を向かえていた血洗島では、養蚕作業と藍の借り入れを女、子供たちが、男は野良作業に精を出していました。

しかし、代官に言われて人足も駆り出されている中、刈り入れもある村では人手が足りず、まつりを中止することを決めるのでした。

読書好きに成長した栄一

それから4年の月日が流れ、信五郎は、嘉永5年に惇忠に名を改めました。

惇忠よりも弟の長七郎(満島真之介)は剣術が上手くなっていました。

栄一は相変わらず、喜作や長七郎らと共に、惇忠から読書や学問、剣など習い続けていていて、互いに切磋琢磨しながら成長していました。

そして栄一は惇忠の期待したとおり、すっかり読書好きになっていました。

山田長政の本が一番のお気に入りで、藍の仕事を疎かにしてしまうほど、読書が好きな栄一を、市郎右衛門は厳しく叱りました。

そして、藍の葉をいい青にするには、手間暇掛ける必要があり、手を抜くやつにいい青は決して出せないのだと言い聞かせるのでした。

きつく叱られた栄一は、その日を堺に、仕事にも真剣に向き合うことを誓いました。

幕府の諸事情

江戸では家祥以外は家慶の息子たちは全員が亡くなっており、更に、家祥が世継ぎになることに家慶は不安に感じていました。

実の子の家祥よりも慶喜を寵愛していたことから、世継ぎは慶喜と考えられていました。

老中である阿部正弘も、諸外国から攻め込まれる事があれば、国を一つにまとめられる力が必要だと考え、次の将軍に慶喜をと望んでいたのでした。

その頃、長崎奉行から艦隊を率いたアメリカのペリーが江戸にやってくるという情報が幕府に入ります。

日本にとってこれは重要な出来事になるのでした。

ドラマ「青天を衝け」2話の見どころ

徳川幕府は将軍後継者問題や諸外国からの圧力と相変わらず問題山積です。

12代将軍・徳川家慶は一橋家当主となった慶喜を気に入り寵愛しました。

そして、実子の家祥よりも慶喜こそが時期将軍に相応しいと考えるようになります。

一方、栄一は父・市郎右衛門から商いについてを、いとこの新五郎から読書を学んでいました。

読書好きに成長した栄一は本を読むのに熱中するあまり藍の仕事が疎かになってしまい、市郎右衛門から叱責されます。

父の言葉通り藍の仕事にも真剣に向き合うようになった栄一。

その頃、日本を揺るがす一大事が起ころうとしていました。

ドラマ「青天を衝け」2話を無料視聴する方法

ドラマ「青天を衝け」2話はNHKオンデマンドで見放題配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「青天を衝け」を無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「青天を衝け」2話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

厳しいけれど村民思いの父親と働き者で優しい母親を両親にもち、栄一は愛情深く育てられたのだなと感じました。

ドラマ「青天を衝け」2話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、NHKオンデマンドで無料視聴可能です

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると初月無料でドラマ「青天を衝け」を全話見ることができます

この機会に是非、ドラマ「青天を衝け」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴