ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|青天を衝け9話のあらすじとネタバレまとめ!尊王攘夷へと進む栄一

ドラマ「青天を衝け」は2021年1月から、NHKで日曜日20時から放送されているドラマです。

ドラマ「青天を衝け」9話は、桜田門外の変が起きます。栄一が尊王攘夷に目覚めていく回です。

この記事ではドラマ「青天を衝け」9話のあらすじやネタバレ、動画を無料で視聴する方法を紹介します。

NHKオンデマンドならドラマ「青天を衝け」が見放題!
\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」9話のあらすじ

井伊直弼(岸谷五朗)により、ちっ居を命じられた斉昭(竹中直人)や慶喜(草彅剛)は無言の抵抗を続ける。しかし井伊は桜田門外の変で暗殺され斉昭も突然の死去。父の死を耳にした慶喜は、どうこくする。そして京では和宮(深川麻衣)を徳川に降嫁させる話が進む。一方江戸から戻った長七郎(満島真之介)に感化され尊王攘夷の心に傾倒し始めた栄一は喜作(高良健吾)の後を追い江戸へ行きたいと市郎右衛門(小林薫)に懇願する

引用元:NHK公式サイト

ドラマ「青天を衝け」9話のネタバレ

安政の大獄

徳川幕府の中で台頭し力を伸ばしてきた井伊直弼。

直弼は慶喜を将軍にしないために強硬に弾圧を進めていきました。

世にいう「安政の大獄」です。

幕政改革の中心人物である福井藩士である橋本佐内も拘束されてしまいます。

一橋派の奉行などにも謹慎などの処分がされました。

慶喜も隠居に

慶喜もとうとう隠居の処分になります。

強情な慶喜は一歩も城の一室から出ず、風呂にも入らずに引きこもってしまいました。

慶喜なりの無言の井伊への抵抗でした。

前水戸藩主の斉昭も泣きながら蟄居の処分を甘んじて受けることになります。

斉昭を信じついてきた者なちも、理不尽な出来事に「ご老公さま」と涙をこらえるのでした。

円四郎も江戸を離れる

慶喜に仕えていた円四郎も、江戸を離れることになり別れのあいさつにやって来ました。

慶喜に「生き抜いてまた、あなた様にお仕えしたいです」と訴える円四郎。

慶喜は、無精髭をはやしたまま身じろぎひとつしません。

「乾いていよ」と、長生きの秘訣を円四郎に語りかけます。

それは、慶喜自身が心掛けていたことでした。

長七郎が血洗島に

そのころ血洗村では、栄一が千代との新婚生活を満喫していました。

そんな二人の前に千代の兄である長七郎が姿を現します。

長七郎は、江戸に行ってからすっかり様子が変わっていました。

長七郎の武士のようないでたちは、栄一の両親も驚かせます。

尊王攘夷に傾く栄一

長七郎は、開国によって江戸に外国からの流行病であるコレラが入ってきていることをみんなに知らせます。

そして、開国を天皇の許しを得ないで強硬に進めた井伊直弼の悪行について話します。

栄一をはじめ血洗村の若者たちは、純粋な心から日本の行く末を案じ、尊王攘夷を進めていくべきだという考えに傾いていきます。

直弼と将軍

江戸でも、開国こそが悪だと考える尊王攘夷の過激な武士たちが、外国人を襲撃する事件が相次いでしまいます

不満武士たちが直弼を襲うという噂を聞いた将軍が、「大老の座をいったん降りてはどうか」と、直弼のもとを訪れました。

直弼の身を案じてのことでした。

しかし、直弼は笑顔で、自分が汚れ役や嫌われ役を引き受けると言い切るのでした。

そして、将軍を喜ばせるために、直弼自作の狂言を披露することを告げます。

桜田門外の変

三月の雪の日。

斉昭を崇拝していた水戸藩を脱藩した武士たちは、井伊直弼を江戸城の桜田門で待ち構えていました。

何も知らない直弼は、籠の中で将軍に見せる狂言の台本を開いて考えを巡らせていました。

そこへ短銃が撃ち込まれ、直弼は自分の手が赤い血で染まりびっくりします

籠の窓を開けると、唸り声と共に配下の者たちが次々と惨殺されていました。

桜田門外の変が起きたのです。

慶喜の号泣

斉昭も突然、倒れてあっけなく亡くなってしまいます。

直弼の死を聞き、眉一つ動かさなかった慶喜でしたが、父の斉昭の急死を受け入れることができませんでした

謹慎の処分を受けたままで、父の死に顔を見ることができない現状を親不孝者と自分を責め、号泣します。

慶喜の泣く声が漏れてきて、静かに佇む妻の美賀君も慶喜の心中を察し、心を激しく動かします。

江戸に行きたい栄一

桜田門外の変の話を聞いた血洗村の栄一たちは、若い血を滾らせました。

尊王攘夷を進めて、日本の間違った仕組みを正していかなければならないという考えが大きくなっていきます。

ピストルという新しい武器にも、好奇心を高めます。

従兄の喜作は、江戸に行って勉強することを親に許してもらいました。

栄一も江戸に行きたいという純粋な心を高めるようになります

江戸行きを父に懇願

やっと栄一と夫婦になれた千代は、栄一の話をしっかり聞きながらも栄一がいつか江戸に行ってしまうのではないかと、不安感をもつのでした。

とうとう栄一は「春の少しの間だけでいいから江戸に行かせてくれ」と、父親に頼み込みます。

◀青天を衝け8話のあらすじやネタバレ

ドラマ「青天を衝け」9話の感想

直弼の立場で考えれば、それまでの江戸幕府の仕組みを大きく変えようとしている尊王攘夷への弾圧は当然だったのでしょうが、あまりに尊い命が犠牲になっていることもまざまざと見せられ、考えさせられた回でした。

栄一が、純粋な若者らしい心で、日本の国の行く末を考え、当事者意識をもって自らできることをしていこうとするエネルギーを感じました

また、従兄や仲間たちの影響が大きく、栄一の両親の価値観との乖離もしっかり描かれていました。

慶喜と栄一の今後の出会いが楽しみです。

ドラマ「青天を衝け」9話を無料視聴する方法

ドラマ「青天を衝け」9話はNHKオンデマンドで見放題配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「青天を衝け」を無料で見ることができますよ。

 

まとめ

以上、ドラマ「青天を衝け」9話のあらすじやネタバレについて紹介しました。

世の中が大きく変わっていく渦に、自ら飛び込もうとしている栄一のエネルギーを感じる回です。

ドラマ「青天を衝け」9話を見逃した場合やもう一度見たい場合は、NHKオンデマンドで無料視聴可能です

NHKオンデマンドはU-NEXT経由で登録すると初月無料でドラマ「青天を衝け」を全話見ることができます

この機会に是非、ドラマ「青天を衝け」をイッキ見してくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴