ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|警視庁捜査一課9係season4の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2009年7月〜9月まで渡瀬恒彦主演で放送のドラマ「新・警視庁捜査一課9係」

本作は、警視庁捜査一課・9係の活躍を描く人気シリーズ「警視庁捜査一課9係」の4作目にあたります。

係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)率いる個性的なメンバー達が、様々な犯罪に立ち向かいます!

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」(略称:9係)の動画を無料視聴する方法

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」のシリーズ作品

  • 新・警視庁捜査一課9係シーズン2(全6枚)
  • 新・警視庁捜査一課9係シーズン3(全6枚)
  • 警視庁捜査一課9係 2013(全5枚)

も偶数枚になるように一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」に出演している井ノ原快彦の出演作品がたくさん揃っています。

  • 早海さんと呼ばれる日
  • 僕が笑うと
  • 一番大切なデート 東京の空・上海の夢
  • スウィートシーズン
  • ドラマスペシャル2015 母さん、俺は大丈夫
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「新・警視庁捜査一課9係」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」(略称:9係)の動画まとめ

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「殺人占い」
人気占い師ゴッドアイ・マリーこと稲葉万里江が殺害された。現場で見つかった顧客名簿には政財界の大物の名前がずらり。暮らしぶりもかなり良かったようだ。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」1話のネタバレ
話題の易者であるゴッドアイ・マリー、本名・稲葉万里江(伴杏里)が殺された。

死体のそばにあったクライアントリストには、VIPな人たちの名前が軒を連ねる。

ゴージャスな生活をしていたようだが、9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)はきれいに揃えられている写真ファイルから、誰かが持ち出したかのように、1冊分の空きがあることに気づく。

それから、最初に死体を見つけた大野里美(浅川稚広)が、通常のアポイントとはちがう時間に約束をしていたことが、加納にはひっかかる。

さらに、捜査していくと、里美の父親は国家を仕切る重鎮・北島和正(勝部演之)の側近をしていることが判明する。

加納が浅輪直樹(井ノ原快彦)と一緒に大野のところに行くと、父の北島が代理人と高坂を連れて登場し、万里江とは友達で、自分の頭脳として付き合ってきたと話してくれる。

北島が娘の大野に万里江の存在を教え、大野が子供のために、今回、アポを取ったらしい。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」1話の感想
9係、新シリーズに変わりました。何が変わったって、今までの和気あいあいの人情的刑事ドラマから、がらりと変わって、本格的な刑事ドラマになったことです。

今までの雰囲気が好きだった人にとっては、哀しいことかもしれないですね。

9係メンバーのプライベートの話を楽しみに観ていた人も多くいたと思うので、その部分が少なくなっちゃうのは寂しいですからね。

でも、全く無くなってしまうわけではなさそうなので、ご安心を。

これからも、9係メンバーを一緒に応援していきましょう!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「殺人女優」
映画監督の平柳(西田健)の遺体が撮影所から発見された。ベルトで自らの首を吊ったようだが、倫太郎(渡瀬恒彦)は、ある不自然さに気が付く。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」2話のネタバレ
映像ディレクターの平柳(西田健)の死体が制作場所でみつかった。

腰帯を首にひっかけて、自殺したようだけど、9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)には、気になることがある。

仕事仲間の話では、平柳は、話題作「女の流転」の続編のシナリオの結末パートを書いている途中だったらしい。

シナリオが最後まで出来ていなくても、発表に遅れないように制作は開始されていたが、平柳のデスクの紙は何も書かれておらず、出来ないことを苦にして自ら首を括ったか。

仕事仲間に聞いてみると、毒舌な平柳を憎む人も結構いるらしい。

でも、メインアクトレスの千賀子(多岐川裕美)は平柳を支持していた。

平柳は、結末パートのシナリオのあらすじを千賀子には説明していて、千賀子はディレクターの意思を貫いて、作品を完成させたいと話す。

千賀子の話に、9係の青柳靖(吹越満)はどうでもいいと思ったようだけど、矢沢英明(田口浩正)は、とても心を揺さぶられる。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」2話の感想
千賀子の話に共感しない青柳と、共感する矢沢の部分が非常に対照的で、面白かったです。

矢沢は奥さんが漫画を描くのを一緒に手伝っているから、きっと、こういった話を作り出すことの大変さを身に染みて、よく理解できるのだと思います。

だから、生みの苦しみを分かり、ディレクターをリスペクトする千賀子に矢沢は共感できたのでしょう。

青柳も矢沢に頼まれて、漫画の手伝いをしたことはありますけど、それは嫌々で、ただの付き合いだったので、全く興味がなかったのでしょうね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「殺人スクープ」
青柳(吹越満)が女性記者・ゆき(菅原禄弥)殺害容疑で逮捕された。ゆきの殺害現場にいたところを、巡回中の所轄刑事・森脇(大浦龍宇一)らに逮捕されたらしい。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」3話のネタバレ
9係の青柳靖(吹越満)がレポーターのゆき(菅原禄弥)を殺した疑いで警察に捕まった。

ゆきが殺された場所で、警察の見回り担当である森脇(大浦龍宇一)達に捕まえられてしまったようだ。

青柳はゆきの家に行くことを本人と事前に決めていたと話し、家に行ったら、もう死んでいたらしく、自分はやってないと言うけれども、ゆきの持ち物を青柳が触ったことが確認され、青柳が情報を削除したと考えられた。

青柳とコンビを組んでいる矢沢英明(田口浩正)の話では、青柳とゆきは昔から知り合いだった。

スクープのみを執筆するゆきが集めた情報を削除したとなると、青柳が公開されたくないことを抹消するために事件を起こしたのか?

それとも、青柳の彼女である垣内妙子(遠藤久美子)のことが書かれそうになっていたのか?

9係メンバーは同僚の青柳を信じながら、手分けして捜査する。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」3話の感想
今回のメインは青柳ですね。

青柳はたびたび過去に問題を抱える妙子のことで振り回されてしまうことがありました。

そこが見かけによらず、純情で、いつもは口が悪いけど、本当は優しい人と思っていました。

せっかく、いろいろあったけど、上手くいっていた青柳と妙子ですから、長年9係を観ている人は心配になりますよね。

9係は新シリーズになって、普通の刑事ドラマに変わったようだったけど、3話で早くも9係メンバーの話題でファンにとっては嬉しかったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「殺人ダイヤモンド」
深夜の輸入雑貨店に侵入した高名な政治学者・宇都宮(成瀬正孝)が殺害された。宇都宮と面識がないという経営者の安本(笠兼三)だが、彼の様子に不振を抱いた青柳(吹越満)は・・・(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」4話のネタバレ
真夜中の外国日用品を扱うショップに密かに入った有名な政治の専門家である宇都宮(成瀬正孝)が殺された。

宇都宮を全く知らないというショップのマネージャーである安本(笠兼三)だけど、9係の青柳靖(吹越満)の勘では怪しい感じがして、安本について詳しく調べる

宇都宮が所属している学校に行ってみた9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)だが、アシスタントの石野(黄川田将也)も、なぜ、宇都宮がショップに入ったかは知らないと話す。

しかし、加納と浅輪は、宇都宮が死体があったそばにある夜の店の常連客だったことを知る。

警察の検査担当である真澄(原沙知絵)の話では、宇都宮の死体を調べたところ、内臓から眼に入れて使うガラスが見つかった。

9係の村瀬健吾(津田寛治)と小宮山志保(羽田美智子)は、宇都宮の家で不思議な物を見つける。

青柳が確認した結果、ショップのマネージャーの安本は、昔、反社会的組織にドラッグを渡していたことと、安本も宇都宮が常連の夜の店に行っていたことが確認できた。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」4話の感想
長年、同じ仕事をしていると、勘が働くものですね。青柳の勘はお見事でした。

青柳のいつもの様子では仕事に熱心なのか分からないこともありますけど、やっぱり、スゴイですね。

刑事としては一早く犯人を見つけることが次の罪を犯させないためにも重要ですから、しっかりとアンテナを張っているのでしょう。

普段は口が悪く、コンビの矢沢と言い合っていることが多い青柳ですけれど、そういうところは抜け目なく、そこが彼の特長ですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「殺人レシピ」
バーやレストランを数多く経営している実業家・板東(木下ほうか)の刺殺体が公園で発見。胸に刺さったナイフには特殊なマークが、遺体のポケットからクッキーが見つかった。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」5話のネタバレ
たくさんの飲食店の経営に携わっている板東(木下ほうか)が家のそばの建物で刺し殺された。

板東の服から、石川倫子(中越典子)の職場の飲食店で売っているお菓子のパッケージが発見され、9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)はその飲食店に行く。

すると、板東は刺された晩に飲食店に来ていたが、気に入った座席が無いと即座に出て行ったことが判明。

加納はキッチンで、殺しに使われたものと同じ形の刃物を見つけ、コックの高木(綿引勝彦)に確認したら、有名な外国ブランドの刃物らしい。

この刃物について捜査を進めると、その日、坂東と一緒に来た出版関係者の夏美(建みさと)が同じ刃物を買っていたことがわかる。

夏美は警察の取り調べで黙り続け、犯行を確認できないが、この大きさの刃物で致命傷を負わせることは難しい。

そうしていたら、坂東を憎むコックの小原(佐藤祐介)の存在が分かり、殺しに使われた刃物も小原のものと分かるが、小原は行方不明。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」5話の感想
捜査をしていた倫子の店のパッケージが出てきて、さぞかし、二人は驚いたことでしょう。

倫子は加納の子供ですし、浅輪とも腐れ縁の仲。

二人がドキッとしたのが、こちらでも分かりました。頑張って人生を自分の足で歩いている倫子が事件に関わってほしくないという2人の気持ちが伝わりますよね。

でも、よく考えたら、倫子の店のパッケージというだけで、倫子の心配をする2人は過保護すぎるのでは?よっぽど心配性かもしれないですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「アロマ殺人事件」
志保(羽田美智子)が通うヨガ教室のインストラクター・百合子(大家由祐子)が教室の一室で殺害された。現場でアロマの匂いに気付いた倫太郎(渡瀬恒彦)は・・・(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」6話のネタバレ
小宮山志保(羽田美智子)が参加しているティラピスの講座主催者で、先生を務めている百合子(大家由祐子)の死体が、講座の部屋で発見された。

刃物による大量出血による死亡である。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、死体の近くでは香水の香りがすることを察知し、香水を入れた器具に血液が付着しているのを確認する。

その血液はA型で、百合子は違う。

9係は百合子のアシスタントである美紀(西村優子)、麻巳子(高野志穂)、千枝(中原果南)の3人を調べると、千枝は百合子と意見が合わず、講座を辞めようとしていて、しかも血液型はA型。

しかし、千枝は殺していないと話し、その日のスケジュールを説明する。

ティラピスの講座では、先生や受講者が各々が自分のフレグランスが決まっていて、千枝は百合子のフレグランスを加納達に教えるが、加納は死体の近くの香りとは違うと感じる。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」6話の感想
人気のティラピスやアロマの話題を取り入れたストーリーでした。

どちらにも縁が無さそうな加納ですが、さすが、刑事の勘というか、香りの違いが分かるのですね。

ちょっと、くすっと笑ってしまいました。

別にバカにしているわけではないです。

最近は体臭や口臭を気にする男性も増えてきて、エチケットとして、きちんと消臭するようになってきてますよね。

加納はどうかしら?浅輪の世代はやっていそうですよね。

矢沢も奥さんに言われて、きちんとしていそうです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「殺人歌姫」
「今まで本当にありがとうございました」。 突然の妙子(遠藤久美子)の言葉にショックを受ける青柳(吹越満)。妙子からの別れの言葉に違いない…。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」7話のネタバレ
現在までの感謝を、彼女である垣内妙子(遠藤久美子)から伝えられた9係の青柳靖(吹越満)はひどく落ち込みながらも、仕事で泊まり込みをする。

次の朝、宿泊施設の一室で音楽事務所の所長である西(団時朗)の死体が見つかった。

夜の店で歌うのを仕事にしている妙子が、死体の近くにあった吸い殻入れを触った形跡が確認される。

妙子は、西が襲ってきたので、吸い殻入れで反撃したと話す。

警察の検査担当である早瀬川真澄(原沙知絵)の話では、死体は頭の血が大量に出ていたらしく、6個の叩かれた傷があるとのこと。

西の音楽事務所に行ってみた9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)は、事務所の副所長から西の死亡について、予想してなかった話を聞いた。

西と宿泊施設に行ってしまった妙子のことが許せない青柳。

青柳は、そこまでして、事務所に入所したかったのは自分のせいなのかと、自問自答する。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」7話の感想
自分の彼女が被疑者になっている青柳の心境は非常に複雑でしたよね。

自分は一体、妙子の何だったのか?自己満足していただけで、彼女は満足できてなかったのか?

もう、いろんなことがグルグル頭の中を廻ってしまいますよね。

そんな状態で、私情を挟まずに仕事を全うするのは無理なことと分かっていても、やらざるを得ない。

本当に辛かったと思います。

早く解決して、疑いを晴らしたい一方で、悪い結果を知りたくない自分もいますよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「落雷花嫁」
結婚を間近に控えた人気お天気キャスター・亜希子の遺体が自宅マンションの屋上で発見された。第一発見者の管理人・森川によると・・・(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」8話のネタバレ
入籍の日が迫っていた話題の気象予報士である亜希子(森脇英理子)の死体が、自身の家がある建物の最上階で見つかった。

最初に見つけた建物のコンシェルジュである森川智行(近藤公園)の話では、前の晩の悪天候で電気が停まったので、確認のために最上階に来た時に死体を見つけたらしい。

亜希子の家を確認した9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)は、フロアにたくさん撒かれた塩とペットの毛に似たものを見つける。

最上階にあった飾りを付ける竿が数日前に設置され、亜希子は電気によるショック死ということもわかった。

誰かが、わざと設置して、亜希子を最上階に誘ったのか?

ところで、亜希子のウェディングパーティーを9係の村瀬健吾(津田寛治)のフィアンセである安西つかさ(浅見れいな)がプロデュースしていることが判明。

つかさの話では亜希子はお腹に赤ちゃんがいて、フィアンセのデザイナーの黒田隆一郎(湯江健幸)から中絶することを指示されていたらしい。

しかし、黒田は亜希子を殺していないと話す。

それから、黒田は亜希子の赤ちゃんは自分の子ではないと考えていた。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」8話の感想
結婚式前の花嫁が必ずしも幸せいっぱいとは限らないでしょう。

婚約の時はそうであっても、結婚が目前にやってくると、色々な現実を突きつけられ、自分の理想との違いに気づいてしまうものです。

婚約は二人の合意で出来ても、結婚となると、親などが関わってきますし、毎日のライフスタイルだってお互いに擦り合わせていく必要があります。

それは花嫁だけでなく、新郎もナイーブになっている状態。

そんな時に妊娠なんて根耳に水で、パニックになったでしょうね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「新コンビ誕生」
人気アパレルブランド社長兼チーフデザイナーの本多数馬が会社のアトリエで刺殺された。第一発見者でパタンナーの保子によると・・・(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」9話のネタバレ
話題のファッションメーカーの経営者で、設計者のトップでもある本多数馬(井田國彦)が事務所の作業場で刺し殺された。

最初に死体を見つけたのは型紙担当の保子で、その日の晩、本多は発表会の用意をしていたとのこと。

死体のそばには、本多の設計を真似た設計図と未完成の衣装があった。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、作業場から布用の鋏が紛失していることに気づく。

警察の検査担当であるの早瀬川真澄(原沙知絵)によると、本多を刺したのはその布用の鋏であることが濃厚のようだ。

試着担当の明日香(伊藤裕子)の話から、死体のそばにあった未完成の衣装は、若い試着担当の金沢繭(小林涼子)が使うと判明。

死体の様子から、本多を刺した人物は知り合いとも考えられ、本多が事務所を会社を受け取りとする多額の補償に入っていたことも分かる。

事務所の役員である村上佳貴(相沢一之)の話では、事務所全体がかなり本多に頼っている状態なので、多額の補償は当然らしい。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」9話の感想
ファッションの新作といえば、流行色やデザインなど、時代の先取りが必要とされます。

また、それだけでなく、試着担当のセンスも重要で、どう着るか、どのように見せるかで、その新作の評価は大きく変わることでしょう。

一つの作品自体の単価は低くても、それを作り出すエネルギーはそうとうなものと思われます。

ですから、デザインを盗むことや、試着担当同士のトラブルは付きものの業界と言えそうです。

あまりファッションには興味なさそうな加納が布用の鋏が無いことに気づいたのは、ちょっと可笑しかったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「生命の捜査線」
暴力団員・郷田の射殺体が発見された。正面から何者かに銃で撃たれたようだが、暴力団同士の抗争だろうか? 現場に駆けつけた警官が、不審な男を拘束。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」10話のネタバレ
反社会的勢力の郷田の死体が見つかった。

前から誰かにピストルを発射されたようだけど、反社会的勢力の喧嘩だろうか?

死体の場所に来た警察が疑わしい人物を捕まえ、9係で確認したところ、その人物は政治家である大江喜三郎(森下哲夫)の側近を務めている西脇祐介(中西良太)であることが分かる。

9係の青柳靖(吹越満)達は西脇に質問するけれど、とにかく殺していないの一点張り。

しかし、9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)の切り替えで、実は政治家の大江は誰かに拉致され、多額のお金を払えば釈放すると言われていることが判明する。

そして、大江を拉致した人物から、医療従事者が必要と連絡がある。

大江は持病があり、治療しなければ、助からないこともあり得るけど、拉致した人間はそのために医療従事者を呼んでいるのだろうか?

加納は、警察の検査担当である早瀬川真澄(原沙知絵)を呼んで、彼女に拉致した人間が指示した位置で待ってもらって、9係の面々も密かに現場にいたが、真澄は突然いなくなってしまう。

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」10話の感想
最終回にふさわしく、スリル満点のストーリーでした。

いつも、ドラマの序盤で、検死しているだけの真澄が、今回の事件では大きく関わることになりました。

一応、真澄は警察の人間だから、それなりに研修を受けているかもしれないけど、犯人と渡り合うなどは初めてのこと。

さぞかし、緊張したことでしょう。

その真澄が消えてしまい、9係メンバーも日頃、一緒に仕事をしていただけに、心配を隠せないのが、厳しい表情からすごく伝わってきました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」の概要

首都東京で起こる様々な凶悪犯罪に、日夜立ち向かう警視庁。

その中で、殺人事件に対応すべく都内の所轄から精鋭の捜査員が集められたエリート集団が、警視庁刑事部捜査一課。

一課は、20近くの捜査チーム(係)を内包するが、中でも最も変わったチームが「9係」。

警視庁内一の変わり者と言われる係長の加納倫太郎が、これまた変わり者ばかりを密かに集めたのでは、との噂もあるが、その実態は、チーム内での上下関係にやかましくなく、体育会的な精神主義も一切なし。

根底にあるのは“必要なことは自分で判断し、自分の意思で動け”という思想で、組織立った捜査会議などは無いものの、犯人検挙率は警視庁トップという少数精鋭の凄腕集団!

そんな「9係」に所属するのは個性的な6人の刑事たち。

警察官である前に普通の20代、30代の男女である刑事たちが、ひとたび事件となるとユニークな個性を発揮! 

等身大な魅力にあふれる刑事一人ひとりが、それぞれの事情を抱えつつ多くの難事件に挑んできた。

そんな「警視庁捜査一課9係」が、装いも新たに「新・9係」として水曜9時に帰ってくる!(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」の出演者、放送情報

加納倫太郎:渡瀬恒彦
浅輪直樹:井ノ原快彦
小宮山志保:羽田美智子
村瀬健吾:津田寛治
青柳靖:吹越満
矢沢英明:田口浩正
早瀬川真澄:原沙知絵
石川倫子:中越典子
垣内妙子:遠藤久美子
矢沢早苗:畑野ひろ子
安西つかさ:浅見れいな
神宮司桃子:名取裕子

主題歌:V6「GUILTY」

制作:テレビ朝日

放送:2009年

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」の見どころ

「相棒」と同じく、テレビ朝日の人気刑事ドラマとしておなじみの「警視庁捜査一課9係」がリニューアル

旧シリーズに引き続き、個性的なメンバーをとりまとめるのは係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)。

浅輪直樹(井ノ原快彦)、小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)らおなじみのメンバーが勢ぞろいし、事件解決に挑みます。

そして本作は、新たに早瀬川真澄(原沙知絵)が新メンバーとして登場

監察医として、事件を解決する糸口を見つける重要な役どころです。

もちろん、旧シリーズを見ていなくても楽しめますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」の感想

40代男性
新シリーズが始まるのを心待ちにしていました!普段はわちゃわちゃ好き勝手なことをしているのに、いざ事件となると団結して事に当たるメンバーたちがカッコイイです。
40代女性
9係シリーズは、古き良き刑事ドラマの流れを汲む名作だと思います。事件を捜査するところはもちろん、メンバーたちの人間模様もきちんと描いてくれています。人情味にあふれているところが魅力のドラマです。
50代女性
新シリーズが始まるとキャスト一新ということも珍しくない中、9係は親しみのあるキャストそのままでとても安心しました。特にお気に入りなのは青柳さんです!メインとなる登場人物が多い作品ではないがしろにされてしまう人もいますが、9係はメンバーそれぞれに見せ場があるのも嬉しいです。

まとめ

以上、渡瀬恒彦主演のドラマ「新・警視庁捜査一課9係」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

人気刑事ドラマがリニューアル&パワーアップして帰ってきた「新・警視庁捜査一課9係」。

警視庁検挙率No.1の実力は伊達じゃない! 9係の真骨頂をぜひご覧ください!

TSUTAYA DISCASで新・警視庁捜査一課9係のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴