ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|警視庁捜査一課9係season7の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2012年7月〜9月まで渡瀬恒彦・井ノ原快彦主演で放送のドラマ「警視庁捜査一課9係season7」

本格刑事サスペンスの名作ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」。

ついにシリーズ7作目突入です!

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の続編

  • 警視庁捜査一課9係 -season11- 2016(全6枚)
  • 警視庁捜査一課9係 2014(全6枚)
  • 新・警視庁捜査一課9係シーズン2(全6枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」に出演している井ノ原快彦の出演作品がたくさん揃っています。

  • 24時間テレビスペシャルドラマ 母さん、俺は大丈夫
  • スウィートシーズン
  • 東京バンドワゴン〜下町大家族物語
  • 特捜9 season3
  • 早海さんと呼ばれる日
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「警視庁捜査一課9係season7」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の動画まとめ

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「Uの傷跡」
9係に脱法ハーブを吸引した女性が転落死したという情報が入る。しかし、与党幹事長が絡んだ事件ということから、事故として処理されてしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」1話のネタバレ
高層の建物から落ちた人が死んで、加納倫太郎(渡瀬恒彦)達、9係メンバーが調べ始める。

その場所は政治家の坂東喜一郎(西岡徳馬)の子供である卓(須賀貴匡)が使っていた。

加納達は卓を警察に呼んで、聞き出そうとするが、上層部の判断でやめさせられる。

そんな時、別の政治家である曽根山(野村宏伸)の側近である出口(松澤一之)が、ハウスキーパーのの美鈴(山口あゆみ)と一緒に誰かに殺害される。

出口は殺害されるちょっと前に、9係の小宮山志保(羽田美智子)の知り合いで、マスコミ関係のさやか(加藤貴子)と一緒だった。

9係が調べた結果、出口とハウスキーパーを殺したのは、マスコミ関係の中尾絵里加(高橋かおり)の仕業だった。

絵里加はさやかの彼氏である伊勢原豪(小林健)の本を参考に曽根山に入れ知恵していたが、それを出口に見つかってしまい、二人を殺してしまっていた。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」1話の感想
今回は政治家のどろどろとした話で、内容がとても濃かったです。

さやかは彼氏に利用されまくり、最後には彼氏に殺されてしまい、可哀そうでした。

さやか役の加藤貴子さんは献身的な役がとってもピッタリでしたね。

警察とは別に、独自ルートで犯人に辿り着けたことからも、さやかは敏腕だったことが分かります。

それだけに殺されてしまったのがもったいなかったです。

仕事は出来たけど、男を見る目はなかったということでしょうか。

1話にふさわしく、見ごたえのある回でした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「殺人陶器」
陶芸家・茂三郎(河原さぶ)の会社の社長が殺害される。社員の聡子(麻乃佳世)が刺したと認めるが、死因はコーヒーに入れられた毒である事から、犯人は別にいると分かる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」2話のネタバレ
焼き物師である斎藤茂三郎(河原さぶ)が作った物を管理する会社を経営する松岡(本城丸裕)が殺害された。

死体は後ろから刃物で刺されていて、側近の小林徹子(馬渕英俚可)が言っていることから、怪しまれた従業員である聡子(麻乃佳世)が犯行を自供する。

聡子は松岡と不倫していたが、本気ではなかった松岡に腹が立ち、松岡を刺して、自殺しようと考えていた。

けれども、死体を検査してみると、松岡が死亡理由は毒の影響と判明。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、大昔に亡くなった死んだ初代・茂三郎が死んだ日と、松岡が殺された日が同じことに気づく。

確認してみると、茂三郎も毒で死んでいた。

9係メンバーが調べた結果、徹子が犯人だった。

徹子は大昔、茂三郎に可愛がられ、自分が淹れた飲み物を飲んで茂三郎が死んだことを長年気にしていたが、その飲み物に松岡が毒を仕込んだことが分かり、今回、松岡に同じ毒を盛って、殺していた。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」2話の感想
心に響く、いいストーリーでしたね。

初代・茂三郎と徹子の思い出エピソードが泣かせます。

だからこそ、徹子はずっと悔やんでいて、真相を知ったからには犯行をせざるを得ない心境になってしまったのではないでしょうか。

最後に、初代の代わりのように、加納が徹子に厳しいことを言ってあげるところが、いつも優しさを感じてしまいます。

罪を犯した人を見下すのではなく、間違えたことを反省するように促してくれる加納の温かさが伝わります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「シェフ殺人事件」
30代の男性が石製のベンチで後頭部を強打し死亡。現場に残されていた缶コーヒーから、致死量の合成麻薬・スリーパーが検出される。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」3話のネタバレ
フランス料理のコックである吉見が刺されて死んだ。

場所は吉見のクッキングスタジオで、習いに来る生徒の為に、吉見は準備していたらしい。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)が料理を確認していると、その料理の材料ではない物のゴミが廃棄されていることを不審に思う。

他のものも作ろうとしていたのだろうか?

メディアにも進出していた吉見は、巷の料理店のメニューをこき下ろすことがあったらしい。

9係の村瀬圭吾(津田寛治)と小宮山志保(羽田美智子)はこき下ろされたことで吉見に文句を言った二宮という人物の存在を知る。

吉見のせいで、二宮の親の料理店は閉店に追い込まれ、二宮親子は消息不明。

吉見は別れた嫁である慶子に子供である瑠璃の生活費を渡していて、滞れば、子供に会わせないと言われていた。

慶子は子供に芸能活動をさせていて、事件当日は同じようなステージママと共にいたことが判明。

加納は慶子が瑠璃にしているあることが気になる。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」3話の感想
今回も加納の勘が冴え渡りますね。

料理を確認して、そのゴミ箱まで見てしまうなんて、そこまで普通の刑事はするものなのでしょうか?

それに、慶子の様子もしっかりと観察しているところも凄いです。

慶子は別に怪しくないのに、そこまで気にするのが細かいですよね。

でも、子供に芸能活動させているなら、それほどお金に困っていなさそうなので、養育費を巻き上げなくてもと思ってしまいますが、それはケジメということなのでしょうか。

それにしても、メディアの力は莫大で、ほんのちょっとの発言でも、町の料理店は大打撃を受けてしまうものですよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「殺意の芝生」
スポーツエージェント会社の社長が頭部を殴られて殺された。火かき棒が凶器だと知った倫太郎(渡瀬恒彦)は、部屋のまきストーブに着目。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」4話のネタバレ
アラフォーの宮本加代(尾上紫)が殺されたが、外見は随分若々しい。

9係の青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、原田幸(黒川智花)という20代女性の身分証を見つけた。

警察の検査担当である早瀬川真澄(原沙知絵)が調べたところ、死体は20代だったので、身分証の幸のようだ。

幸の父親である原田(樋渡真司)は会社経営をしていたが、社員の借金の肩代わりしてしまい、幸と一緒に行方をくらましていた。

9係の小宮山志保(羽田美智子)と村瀬圭吾(津田寛治)が幸と同時に生まれた綾部遥(黒川智花=二役)に聞いたところ、父親と行方不明になった後、幸を見ていないとのこと。

しかし、9係メンバーで調べた結果、遥の方が幸で、殺された加代が遥だった。

遥はお金持ちの息子との縁談が決まっていたが、好きな人が出来て悩んでいた。

一方、幸は毎日やっとの暮らしで、リッチな暮らしをしたかったので、幸と遥で入れ替わったが、幸に入れ替わっていた遥が、遥に入れ替わった幸に殺されてしまった。

幸の暮らしは貧しかったけれど、父は幸の人形を修理してくれていて、遥になりすましたことを悔やみ、幸に戻ろうと考えていた。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」4話の感想
双子は可愛い、いつも一緒でうらやましいなど、メリットが多い分、常に比べられるなどのデメリットもたくさんありますよね。

同じ誕生日とはいえ、全く別人ですから、同じ境遇に置かれても、徐々に別の人生を歩むものです。

でも、どうしても納得がいかず、もう片方と比較してしまう時があるのでしょう。

特に、自分が恵まれないと感じる時はもう一人がうらやましくて仕方がない。

どこで間違ってしまったのだろうと思ってしまうのでしょうね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「悪魔の似顔絵」
児童養護施設の女性職員が毒入りのお茶を飲んで死亡した。その後、青柳(吹越満)らの聞き込みの結果、被害者は誰かと不倫中だったと判明する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」5話のネタバレ
子供支援センターの従業員である由佳里が飲み物を飲んで死んでしまった。

飲み物に毒物が混入していたことによる死亡。

ランチを食べる前の時間帯に、誰かが飲み物に混ぜたと推測される。

けれども、その日のランチ前までは、由佳里以外の従業員は誰もいない。

子供たちの話では、由佳里の彼氏っぽい人物が来たことが判明する。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)は、怪しい人を見かけたと言っている女の子の鳴海に詳しく話を聞く。

鳴海は上手に怪しい人の顔の絵を書き、加納達の知りたいことに一生懸命答える。

しかし、いつも世話になっているはずの由佳里が死んでも、悲しそうな様子はない。

そして、鳴海は子供支援センターにいる他の子から避けられている様子で、仲の良い子はいないらしい。

鳴海の絵を元に調査を進める加納と浅輪は、そっくりな矢野という治療センターにいる人物のところに赴く。

矢野はその日の行動を話し、由佳里の死に無関係と言うけど、そっくりな絵を描いた女の子の話になると、口が重くなった。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」5話の感想
子供支援センターと聞くと慈善的で、みんないい人そうに思いますけれど、本当のところはどうなのでしょうか?

そういった中でも、子供同士のいじめもありそうですし、従業員だって、子供に優しい人ばかりではないかもしれないですよね。

今回は聞き込み対象が子供だけあって、9係メンバーは手を焼いている感じです。

ものすごく気を使って、優しく声をかけている辺りが刑事の仕事に手慣れているというか、子供の対応に慎重になっている様子です。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「アロハ殺人事件」
生花店経営者の女性・早川緑が、刺殺体で発見される。部屋のたんすから、高級ブランドの婚約指輪が3個見つかり、その購入者のうちの二人が既に亡くなっていることが判明。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」6話のネタバレ
フラワーショップを営む緑(宮本真希)が首を絞殺されて死んだ。

場所はそのフラワーショップで、首を絞めるのに使ったロープが残されていたが、ショップのものではない。

死体の様子から、他の場所で首を絞めてから、何かに入れて運び、ショップ内に置いたようである。

緑は今までに3回の婚姻歴があり、その中で、2回、旦那が不自然に亡くなっていることが判明する。

最初の旦那だった坂井(一條俊)は財産目当てと疑われたが、確証が無く、釈放されていた。

坂井の死に対する補償額は非常に高いものだったが、契約違反で緑は大金を手にすることは出来なかった。

坂井の母である静江(山口果林)は緑を恨んでいたが、その日は趣味の踊りに出かけていたとのこと。

静江の手は怪我していて、緑の首を絞めることは難しそう。

けれども、静江が出かけた場所は、2番目の旦那である村田の元奥さんである佳代子(山下裕子)の職場。

職場の建物の掃除担当である邦子(山口美也子)の話では、静江がどこかに急いでいたととのこと。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」6話の感想
3回の婚姻歴と聞くと、よっぽどいい女なのか、男運がないのか、どちらかに思いますよね。

財産目当てで3回も結婚するなんて、相手の男もバカではないし、犯罪の臭いがプンプンして、普通、あり得ないと思います。

旦那の母もそう思ったに違いないです。

それとも、財産があったのは緑の方かもしれないですよね。緑はフラワーショップを経営していて、上手くいってない場合は資産がないかもしれませんし、繁盛していれば、大きな財産を築いているかもしれないですよね。

自営業はこれだから、危険な橋と思ってしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「穏やかな死体」
頭部を強打し死亡している身元不明の男性の遺体が発見された。近くにはプルタブが開いた缶コーヒーが置かれていたが、なぜか飲んだ形跡がない。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」7話のネタバレ
頭を強く打って死んでいる名前が分からない男の死体が見つかった。

そばに、飲み物があり、開封されているけれど、どういうわけか口をつけた様子はない。

ワンコとウォーキングしていた人が大きな怒鳴り声を聞いていて、その時刻と、死んだと思われる時刻は同じ。

それから、未開封の飲み物から、たくさん体内に入ると心臓が止まるドラッグが見つかる。

警察の検査担当である早瀬川真澄(原沙知絵)の話では、他にも同様なドラッグが混ざった飲み物による死体が続々と見つかっているとのこと。

9係の村瀬圭吾(津田寛治)は張りきっていて、金を狙った人殺しと考えて、加納倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪直樹(井ノ原快彦)には死体の名前の特定、青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)に周辺状況の確認を頼む。

自分と小宮山志保(羽田美智子)はドラッグの流れを探ると言って、出かけていくが、その様子に反抗したい青柳は極秘に入手した、死体があったそばの監視画像を矢沢と確認する。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」7話の感想
自分が口にする飲み物や食べ物は本当に注意しないといけないですよね。

なんとなく、問題ないように考えてしまいがちですけれど、作ったところを見ていなければ、何が入っているか分かりません。

まして、未開封でもドラッグが仕込まれていたら、分かるわけがありません。

そう考えるとものすごく恐ろしく、飲食は慎重にすべきです。

それにしても、村瀬に歯向かいたい青柳の気持ちもわかり、笑えるシーンです。

別に仲が悪いのではなく、自由にさせてよという甘えた気持ちですよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「犬は見ていた」
マルチタレントとして活躍していた千穂の遺体が発見された。自宅である団地のバルコニーから転落したらしいが、何者かに突き落とされた可能性が高い。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」8話のネタバレ
コメディアンの相方から人気芸能人にのし上がった千穂の死体が見つかった。

自分の家があるマンションのベランダから落ちたらしく、誰かに押された様子。

千穂の家には大きな犬がいたけれど、9係の浅輪直樹(井ノ原快彦)たちが家に入っても、騒ぐ様子もないので、ガードマン的な要素はないようだ。

9係の村瀬圭吾(津田寛治)は、千穂とは真逆で、表舞台に出ることが少なくなってしまったコメディアン時代の相方である珠子(雛形あきこ)を疑う。

メディアに出ずっぱりの千穂にジェラシーを感じて、ベランダから落としたことも推測される。

すぐに、村瀬は珠子の話を聞きに行くが、9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)は千穂の家にあった植木のことを熱心に見ている。

9係の青柳靖(吹越満)と矢沢(田口浩正)は千穂の仕事ぶりを周囲に聞いてみると、人気急上昇の千穂は裏方に厳しいこともあったらしい。

加納と浅輪は、千穂の彼氏がしばらく前に病気で亡くなっていたことを知る。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」8話の感想
華やかな芸能界ですが、裏ではいろいろ人間関係がドロドロしていそうですよね。

他の仕事と違って、成果が見えやすいですから、それだけ妬まれることも多いでしょう。

大きい犬を飼うのは番犬的要素の強いけれど、単に好みということもあります。

また、番犬にしたかったけど、性格的に無理だった可能性もありますよね。

売れていくと有頂天になって、人を見下す性格に変わってしまう話はよくありますが、それを諫める人間が周囲にいるはず。

言っても、聞く耳を持たなくなってしまった可能性もありますね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「殺人同窓会」
河川敷で男性の刺殺体が発見された。倫太郎(渡瀬恒彦)は、被害者が持っていた“マグロ祭り”と書かれた商店街のチラシに着目し、鮮魚店を訪れる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」9話のネタバレ
川のそばで戸神という男が刺されて殺された。

刺されたのは他のところらしく、死体の服の上半身の方から川原にはない泥と、下半身の方から電波塔のそばにあるショッピングモールのビラが出てきた。

9係の青柳靖(吹越満)は同僚の村瀬圭吾(津田寛治)に検査担当の早瀬川真澄(原沙知絵)のところに行くように依頼すると、自分と矢沢英明(田口浩正)はショッピングモールに移動。

ビラにあったイベントに興味を持った加納倫太郎(渡瀬恒彦)も、浅輪直樹(井ノ原快彦)を連れて、ショッピングモールに急ぐ。

すると、イベントに参加している加納の子供で、浅輪の彼女である倫子(中越典子)を見かける。

倫子の話では、イベントに使う予定だった魚が品切れになってしまったとのこと。

昔、戸神の家はショッピングモールのそばにあって、学生の頃はスポーツに熱中してらしい。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」9話の感想
加納も浅輪も仕事中に倫子に会って、嬉しい反面、緊張気味かもしれないですね。

やっぱり、プライベートの顔と仕事の顔は違いますから、どんな人でも、あまり仕事の顔は見られたくないものではないでしょうか。

とはいえ、上司の娘を彼女にしている浅輪ですから、その辺の抵抗はもう無くなりつつあるのかもしれません。

加納にしても、部下が娘の彼氏になって、心中穏やかではないかもしれませんが、よく知っている人物の方が安心ということもありますよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「殺人オーケストラ」
オーケストラコンサートの会場で人気女性作曲家の彩華(月船さらら)が胸を刺されて死亡した。倫太郎(渡瀬恒彦)は、現場で幼稚園のお遊戯発表会のチラシを見つけ、不審に思う。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」10話のネタバレ
話題のコンポーザーである彩華が、自分の曲の演奏会が開かれるホールの一室で殺された。

9係の加納倫太郎(渡瀬恒彦)は死体のすぐそばにあった子供のコンサートのビラに気づくが、矢沢英明(田口浩正)は加納の様子に注目する。

なぜかというと、矢沢の嫁である早苗(畑野ひろ子)が受診しているクリニックで、加納をたまたま確認したからだ。

加納は、知り合いの医者である大町(林与一)に調べにもらいに行ったのだけど、そんなことは思いもよらない矢沢は、そっと、浅輪直樹(井ノ原快彦)に教える。

加納は演奏者の中に大町の子供である詩音(原史奈)が含まれていることを確認する。

加納は馴れ馴れしく、大町とは学生の時のクラスメートでと詩音に話しかけると、詩音は昔から赤の他人ですとピシャリと言い切る。

加納自身も子供の倫子(中越典子)と仲良しとは言い難い状態なので、似ている親子関係かもと想像する。

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」10話の感想
矢沢の仲間思いがあふれる行動がおかしくも、9係はいい仲間だと思いました。

矢沢は加納は何か病気ではないかと不安に思い、秘密にしているのは重病にちがいないと考え、そっと浅輪に伝えるところがニクイですよね。

きっと、浅輪に加納の身体を気遣ってほしいというバトンを渡しているのでしょう。直接、加納に言うのではなく、浅輪に伝える辺りが素敵な気遣いと思いました。

父と娘の関係を上手く築くのは容易いことではないようですね。加納も苦戦しています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の概要

東京で起こる様々な凶悪犯罪に、日夜立ち向かう警視庁。

その中で殺人事件に対応すべく都内の所轄から精鋭の捜査員が集められたエリート集団が、警視庁捜査一課。

一課は20近くのチームを内包するが、中でも最も変わったチームが「9係」。

その9係を率いるのが警視庁内一の変わり者と言われる係長の加納倫太郎。

「9係」の実態とは、(これまた変わり者ばかりを密かに集めたのではと噂もあるが、)チーム内での上下関係にやかましくなく、
体育会的な精神主義も一切無し。

根底にあるのは、“必要なことは自分で判断し、自分の意思で動け”ということ。(引用元:公式サイト)

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の出演者、放送情報

加納倫太郎:渡瀬恒彦
浅輪直樹:井ノ原快彦
小宮山志保:羽田美智子
村瀬健吾:津田寛治
青柳靖:吹越満
石川倫子:中越典子
垣内妙子:遠藤久美子
矢沢早苗:畑野ひろ子
安西つかさ:浅見れいな
神宮司桃子:名取裕子

主題歌:V6「kEEP oN.」

制作:テレビ朝日

放送:2012年

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の見どころ

人気刑事ドラマのシリーズ7作目となる本作。

今作も、個性的な6人の刑事たちが、検挙率トップを誇る抜群のチームワークで犯人を追い詰めます。

キャストは渡瀬恒彦、井ノ原快彦をはじめとしたおなじみのメンバーたちが集結。

証拠を集め、事件を解決していく過程はもちろん、メンバー同士のやり取りも見どころですよ!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の感想

40代女性
青柳さんが大好きです。メンバーみんなクセがあるのに、チームワークは抜群って最高ですね。シリーズ変わってもずっと安定した面白さです。 
40代女性
9係ずっと見てます!変わった係長とか、オモシロキャラな青ちゃんとか、キャラクターがしっかりしてるのでずっと見ていられます。主題歌がずっとV6なのもうれしいです。 
50代男性
メンバーのプライベートなやり取りと、事件捜査パートのバランスがよく、どのシリーズも楽しく見ています。渡瀬さんの昼行燈っぽい雰囲気が、昔からのドラマ好きにはたまらない設定です。 

まとめ

以上、渡瀬恒彦・井ノ原快彦主演のドラマ「警視庁捜査一課9係season7」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「警視庁捜査一課9係season7」は、渡瀬恒彦・井ノ原快彦主演のシリーズ弟7弾。

様々な事件に、日夜立ち向かうメンバーたちから目が離せないストーリーとなっていますよ。

TSUTAYA DISCASで警視庁捜査一課9係season7のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴