ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|家族狩りの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2014年7月〜9月まで松雪泰子主演で放送のドラマ「家族狩り」

直木賞受賞作家・天童荒太の同名小説をドラマ化。

東京都内で連続して起きる凄惨な一家心中事件に関わる人々の、家族との葛藤や、児童虐待やDVなどの問題を描くサスペンスです。

ドラマ「家族狩り」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVDレンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「家族狩り」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「家族狩り」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「家族狩り」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVD無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2,046円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「家族狩り」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「家族狩り」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「家族狩り」に出演している北山宏光の出演作品

  • 裁判長っ!おなか空きました!(全4枚)
  • 平成舞祭組男(全4枚)
  • 幽かな彼女(全6枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「家族狩り」に出演している北山宏光の出演作品がたくさん揃っています。

  • サイレーン 刑事×彼女×完全悪女
  • ビギナーズ!
  • 美咲ナンバーワン!!
  • 美男ですね
  • 映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「家族狩り」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「家族狩り」の動画まとめ

ドラマ「家族狩り」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化」
児童ケアセンターの児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、酒乱の父親、駒田(岡田浩暉)から虐待される女児・玲子(信太真妃)のことで胸を痛めていた。子どもに何かあってからでは遅い、との悲痛な思いで仕事に向かい合っているが、その真剣さが周りからはうざったがられている。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」1話のネタバレ
氷崎游子(松雪泰子)は児童ケアセンターの児童心理司として働いています。

ある時、アルコール依存症の父親、駒田(岡田浩暉)から虐待を受けていた女児・玲子(信太真妃)。

游子はそのことが引っかかっていて、悲痛な思いで仕事をしていました。

游子自身も家ではアルツハイマー型認知症の父・清太郎(井上真樹夫)がいて、夫の看病に疲れた母・民子(浅田美代子)の愚痴を聞く日々に嫌気がさしていました。

一方、巣藤浚介(伊藤淳史)は、美術担当の高校教師。

浚介は恋人・清岡美歩(山口紗弥加)から結婚したいとを言われていましたが、浚介は家庭をもつことに抵抗がありました。

そして浚介は画家として生きていきたいと夢を見る一方で、自分の才能のなさも自覚していました。

ある日、浚介の住むアパートの隣の家で一家心中事件が発生。

少年が祖父と両親を殺し、遺書を残して少年も自殺。

しかもこれは密室での殺人…遺書もあるため警察は一家無理心中と断定するしかありませんでした。

その中で、警視庁捜査一課の刑事・馬見原(遠藤憲一)はその判断に疑問が残っていました。

少年1人が本当にこの家族を殺したのか…一家心中で間違いないのか?

そして游子、浚介、馬見原はこの事件に巻き込まれていくことになります。

ドラマ「家族狩り」1話の感想
思っていたより重く暗い雰囲気で始まった「家族狩り」。

登場人物も何だか疲労感というか心に闇を抱えている人ばかり出てきましたね。

物語の中心人物の游子は本当にこういう人いそうだなと思いました。

人の気持ちに寄り添いすぎて自分自身が見えなくなってしまわないか心配ですね。

演じている松雪泰子さんは游が持つ強すぎる正義感や、その裏で抱えている問題に対する悲しい感情や心身ともに疲れ切っている雰囲気などがしっかり出ていて上手いなあと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「殺しの香り、殺しの祈り」
都内で起きた麻生家の一家心中事件の現場に駆けつけた刑事の馬見原(遠藤憲一)は、息子による心中事件ではなく誰かが家族を狩っている、と確信。独自の捜査に乗り出す。そんな中、巣藤浚介(伊藤淳史)のマンションに馬見原と椎村(平岡祐太)が聞き込み捜査にやってきた。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」2話のネタバレ
馬見原(遠藤憲一)と椎村(平岡祐太)は、聞き込みのため巣藤浚介(伊藤淳史)のもとを訪れます。

そして麻生家とどういう関係だったのか、何かしっていることはないか尋ねるのです。

浚介は麻生家の息子は学校に行っておらず自宅で時々暴れることもあったこと、そして蒔き割り用の斧を買っていたと言います。

一方、氷崎游子(松雪泰子)は女児・玲子(信太真妃)が保護していた施設からいきなり消えたと連絡が…。

游子は、玲子が父・幸一(岡田浩暉)のもとに行ったのではないかと急いで探すことに。

玲子は父と住んでいた部屋に戻っていました。

一方、馬見原は、元旦那の油井善博(谷田歩)からのDVを受けていた被害者・冬島綾女(水野美紀)の家を訪ねます。

馬見原は油井が出所まで綾女と息子を見守っているのです。

綾女も馬見原の気持ちがありがたく思っていました。

そして、馬見原の妻の佐和子(秋山菜津子)が退院することに。

佐和子はふたたび馬見原と暮らすことに。

クスリの影響で以前とは別人の佐和子に戸惑う馬見原。

そんな時、油井が出所が決まります。

綾女たちがのことが心配になり駆けつけようとする馬見原を佐和子は引き留めます。

ドラマ「家族狩り」2話の感想
游子が家族を思う気持ちが見えた回でしたね。

仕事に対して真剣に向き合っていたり、生真面目な性格のため他の人も自分と同じ水準で見ることが当たり前になっていたのかなと感じました。

また、今回は秋山菜津子さん演じる佐和子がとにかく個性的でインパクト大でした!

思っていたより個性も強くて、違和感も感じながらも魅力のある登場人物だと思います。

そんな佐和子を薬のせいだと自分に思いこませる馬見原も人間味があって、これからこの2人の物語がどう発展していくのか気になりますね!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「親を棄てられますか?」
游子(松雪泰子)の母・民子(浅田美代子)が清太郎(井上真樹夫)を北海道の老人ホームに入れると言い出した。游子は、北海道は遠いしもっと慎重に施設を選んだ方がいいのでは?と進言するが、介護に疲れ果てている民子はさっさと家を売る話を地元の不動産と進めてしまう。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」3話のネタバレ
ある日の夜、酔っ払った駒田(岡田浩暉)がいきなり児童ケアセンターを訪れます。

娘に会わせろと施設で叫びだすのです。

游子は、駒田にまずは子供との将来のために働くことを進めます。

しかし駒田は聞く耳持たず、游子をが悪い決めつけるのです。

一方、刑事の馬見原(遠藤憲一)は、綾女(水野美紀)を心配していました。

綾女の元夫である油井(谷田歩)が予定より半年もはやく刑務所から出てきたのです。

馬見原はさっそく綾女のもとへ向かい、綾女と研司(須田瑛斗)の安否を確かめに行きます。

また、椎村(平岡祐太)は心中事件について捜査を進めていました。

家族と遊子の接点を見つけ出し、遊子が家族に偽名で携帯番号を教えたことに疑心を抱きます。

それを知った馬見原は遊子が完全犯罪を行うためではないかと指摘。

警察では内部の情報が外に漏れていました。

これは馬見原がやったことで、油井を綾女に近づけさせないようはからったためでした。

遊子が駒田を追い返し、玲子(信太真妃)がまともに食事をしなくなりました。

遊子は玲子にご飯を食べて私を倒せばいいと言うと、しっかり食事をし始めました。

ドラマ「家族狩り」3話の感想
とにかくどこもかしこも問題だらけな3話でしたね。

人と人との感情がぶつかり合う描写がおおく、身構えてみてしまいますが何とも心苦しいものがありますね。

游子は仕事の問題だけでなく家族の問題も抱えて、心身ともに疲労しているのが伝わってきました。とにかくどこもかしこも問題だらけな3話でしたね。

人と人との感情がぶつかり合う描写がおおく、身構えてみてしまいますが何とも心苦しいものがありますね。

游子は仕事の問題だけでなく家族の問題も抱えて、心身ともに疲労しているのが伝わってきました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「踏み出す勇気」
少年らの奇襲に遭った浚介(伊藤淳史)は、大怪我をした上、一時的に記憶をなくしてしまう。自分の名前さえ分からない浚介だが、なぜか「ヒザキユウコ」の名前が記憶に残っており、病院のベッドの上で無意識のうちに何度も名前を呼んでいた。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」4話のネタバレ
浚介(伊藤淳史)の事件のことを知った游子(松雪泰子)は、病院へと向かいます。

浚介は游子が来て会話していくうちに失くした記憶を徐々に取り戻していきます。

そして、渓徳(北山宏光)が見舞いにやってきました。

浚介は記憶をどんどん取り戻していきますが、なぜか恋人の美歩(山口紗弥加)のことは思い出せません。

そんな美歩は浚介の看病に専念したいと思いつつも内心は落ち着かず、ついには游子にも愛想悪い態度を取ってしまいます。

冬島(水野美紀)は馬見原(遠藤憲一)の家族への引け目を感じ、油井(谷田歩)に見つかる恐怖もあってアパートを引き払い逃げ出すことに。

しかし、油井は彼女らの行き先を探し当てるのです。

一方、佐和子(秋山菜津子)は馬見原の様子から、綾女たちの存在を知ります。

そして、駒田(岡田浩暉)が児童ケアセンターにやってきて游子を訴えると言い始めます。

游子はひとまず謝りますが、職場での地位が揺らぎ始めます

浚介は無事退院し、美歩と改めて話し合いました。

そして、彼女と結婚することを受け入れるのです。

ドラマ「家族狩り」4話の感想
内容的には悲惨でシリアスなドラマであるのに、巣藤と美歩や、巣藤と渓徳の掛け合いはドラマの雰囲気とはまた別で面白かったですね。

シリアスなシーンとほっこりするシーンの落差があって面白いです。

巣藤が「厳しい現実から逃げて楽しているだけですから。」と教え子から言われてしまうシーンも印象的でした。

馬見原の妻の佐和子がまたヒステリックを起こすのかと視聴者の気を引こうとしたり、不気味な演出なども面白さを引き立てていた様子だと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「闇を破る」
游子(松雪泰子)と浚介(伊藤淳史)は、美歩(山口紗弥加)の担任する生徒の実森勇治(岡山天音)が家庭内暴力を激化させていると聞き、急いで実森家へと向かう。母、智代(占部房子)は憔悴しきっており、精神的にも不安定な状態だ。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」5話のネタバレ
勇治(岡山天音)は、入学式が過ぎてからずっと家に引きこもっていました。

そのため浚介(伊藤淳史)は勇治のことを知りません。

それでも全力で勇治に向き合っていきます。

一方、馬見原(遠藤憲一)は相変わらず妻・佐和子(秋山菜津子)の変化に戸惑っていました。

佐和子は夫の前でこそ気丈に振る舞っていましたが、心中では夫に別の女がいるのではないかと疑い、夫がいない時には部屋中をぐちゃぐちゃにし何かを探していたのです。

そんな中、駒田(岡田浩暉)がふたたび児童施設にやってきます。

そこに、遊子に会いに来たボランティア相談員の葉子(財前直見)が駒田と面会し、駒田は葉子にいとも簡単に心を開くのでした。

それを見た遊子は自分の必要性について考え悩むのです。

一方、油井(谷田歩)が真弓(篠田麻里子)の花屋にやってきてまた綾女に花を届けてほしいと佐和子にお願いするのです。

葉子に誘われ不登校児の無料セミナーに参加する遊子。

葉子のカウンセラーを見て、遊子はまた自分を恥じるのです。

ドラマ「家族狩り」5話の感想
いろんな人の人間模様だったり、心のなかで抱える問題などが見えましたね。

ある意味人間らしいところがたくさん見れて楽しかったです。

それから浚介が一人の教師として勇治に真正面から向き合おうとする姿勢に感動しました。

でも一方でやりきれない気持ちにもなりました…。

ストーリー自体は面白くて、馬見原の息子の件や油井に踊らされる佐和子の様子など見どころの詰まった回でした。

葉子の姿勢をみて游子が自信をなくすのもなんだか共感できました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「最期の声」
巣藤浚介(伊藤淳史)の必死の呼びかけで入学式以来、不登校だった実森勇治(岡山天音)が桐明学院高校にやって来た。ところが元担任の清岡美歩(山口紗弥加)の心無い一言で、勇治は再び心を閉ざしてしまう。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」6話のネタバレ
勇治(岡山天音)はふたたび自宅で暴れはじめ引きこもってしまいます。

そこに駆けつけた游子(松雪泰子)と浚介(伊藤淳史)。

しかし、勇治の母の智代(占部房子)に拒否され、游子は仕方なく山賀(財前直見)の名刺を渡すと同時にまた自信を失くすのでした。

游子の母・民子(浅田美代子)は健康診断でひっかかり異常が見つかります。

また、山賀は実森夫妻のもとを訪ね話し合いますが、父の貞男(佐伯新)は家族を対する気持ちが無くなったと語り、それを聞いた智代はショックを受け自殺をすることに…。

一方の佐和子(秋山菜津子)は綾女を探し出し殺そうと計画。

しかし綾女と馬見原の関係は佐和子の想像とは違うことを知ります。

そして佐和子は自分自身を傷つけ、自己嫌悪になり自ら川に身を投げ自殺を図ります。

馬見原は病院に駆けつけるのでした。

一方の浚介は勇治とメールでひたすら励まし、勇治は少しずつ前向きな姿勢を見せ始めるのです。

これに浚介は素直に喜び、游子に伝えようと氷崎家を訪れますが游子は不在。

その後、浚介は勇治が留守電に「さようなら」と残していることに気付き、実森家に駆けつけます。

そこで夫妻が1階で殺害され、2階で勇治がナイフで胸を刺して亡くなっていました…。

ドラマ「家族狩り」6話の感想
今回はとにかく内容が重く辛いものばかりで、胸が苦しくなりました…。

それでも実森家の話は見応えがあったし、物語にのめり込めました。

実森家の父と母それぞれ抱える想いがあって、勇治も苦しんでいて…。

それでも勇治は巣藤によって少しずつ前を向いて歩み始まるのかなと希望が出てきたところだったのに残念で仕方なかったです。

どんどん自信を失くし、心の状態が不安定になっていく游子も見ていて辛くなったし、実森家の話と絡んで余計に物語が暗く重く進んでいったなと感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「真犯人!」
巣藤浚介(伊藤淳史)が実森勇治(岡山天音)の家を訪ねると、そこには変わり果てた一家の姿が。さらに、血まみれの智代(占部房子)の体を拭く氷崎游子(松雪泰子)の姿を目撃した浚介は、ある疑念を抱く。 (引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」7話のネタバレ
浚介(伊藤淳史)は突然馬見原(遠藤憲一)に取り押さえられ任意同行されることに。

馬見原が言うには、游子(松雪泰子)のシャンプーの香りがこれまで起きた事件の現場の匂いと同じで、一連の事件は游子の仕業ではないかと疑っていると言うのです。

実森家での事件があってから浚介の学校は職員と生徒ともに全員に取材拒否、そして実森家の葬儀への出席禁止をマスコミに通達。

しばらく謹慎することになった浚介のもとに渓徳(北山宏光)が訪れます。

游子への事件との関連を疑心する浚介に、渓徳真っ正面からぶつかるべきだと励まし助言するのです。

その後浚介は游子のもとへ行き、一連の家族たちを游子が殺したのかと問い詰め游子はそれを認めるのでした。

しかし、それは游子が担当する家庭をひとつとして救えずに結果的に一家心中に追い込んでしまったこと殺したのも同然だと游子自身が考えるというもの。

浚介はそれは殺人ではないと声をかけ、游子は犯人でないと彼女を信じると伝えて去っていきました。

游子は実森家で智代(占部房子)を発見したときに実はまだ生きていて、やっと苦しみから解放されたと言っていたと。

游子はたとえ現実が苦しくても生きることを諦めてはならないと思うのでした。

ドラマ「家族狩り」7話の感想
登場人物それぞれが秘めている怪しい部分があって、結局一連の事件の犯人は誰なのか予測することが難しかったです。

遊子の抱く強い正義感や歪んだ愛情、馬見原は油井のことで時に狂気的な雰囲気、遊子を憎む駒田など…。

巣藤もマスコミを非難して謹慎になったり、物語がラストにむけて少しずつですが大胆に動き始めたなという印象の回でした。

実森のことを思う巣藤は胸がジーンとしたし、本当に彼のことを思ってたのだなと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「犯人の罠」
游子(松雪泰子)の家に不法侵入し、民子(浅田美代子)ら家族を殺そうとした駒田(岡田浩暉)。児童ケアセンターの一時保護所で父・駒田を待つ玲子(信太真妃)のためにも大事にはしたくない游子だったが、警察は殺人未遂事件として捜査を始める。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」8話のネタバレ
氷崎家に駒田(岡田浩暉)が不法侵入!

そこで游子(松雪泰子)の家族を殺そうとナイフを差し出しますが、父の清太郎(井上真樹夫)に見事撃退にあい逃げていきました。

この侵入に警察は游子の帰宅まで家に入る術がなかったはずなのに一体どこから侵入したのか謎でした。

游子は玲子(信太真妃)のことを気にかけ、事を大きくしたくなかったにも関わらず警察はこの事態を殺人未遂事件として扱いニュースにもなってしまいます。

浚介(伊藤淳史)が游子を心配してやってきます。

游子は駒田が逮捕される前に見つけ出して自首を勧めたいと言います。

それに協力するため、浚介は渓徳(北山宏光)に情報を探ってくれるようお願いするのでした。

そんな矢先、駒田が自殺して発見されたと連絡が入ります。

しかし、游子は駒田が残したとされる遺書を読んで駒田が自殺ではないことに気づくのです。

一方の馬見原(遠藤憲一)は研司(須田瑛斗)が油井に拉致され、重傷を負ったと綾女(水野美紀)から聞き、急いで駆けつけます。

綾女は隙をついて油井をナイフで刺すのです。

ドラマ「家族狩り」8話の感想
今回は前回よりもさらに大きく物語が動いたなという印象でした。

駒田の書いたとされる遺書になにか違和感を感じとり游子が動き出す様子に、少しずつ真相に近づいているなというのが感じられました。

緊張感が走るシーンが多く、臨場感もあってハラハラドキドキさせられる展開に目が離せなかったです。

椎村の見せ場がやっと出てきたかなと思いきや、見せ場を作ることはできず反撃にあいなんともあっけなくて…でも馬見原への想いは感じられてよかったなと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「葬送の儀」
游子(松雪泰子)は、シロアリ駆除業者の大野(藤本隆宏)にあることを確認するため大野白蟻工業を訪問するが、そこが葉子(財前直見)の自宅と隣接していることに気付き困惑する。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」9話のネタバレ
大野(藤本隆宏)と山賀(財前直見)が繋がっていることが判明。

その事実を知った游子(松雪泰子)は2人に監禁されてしまいます。

游子は山賀から話を聞き、これまで殺された家族たちや駒田を救うためにあえて送ってさしあげたと言い、つまり彼女が殺したんだと游子は分かります。

一方、綾女(水野美紀)にナイフで刺された油井(谷田歩)。

油井は椎村(平岡祐太)綾女を罪に問わないよう頼み、ただ馬見原(遠藤憲一)に愛情を注がれる研司(須田瑛斗)が羨ましかったのだと告げて息を引き取りました。

また、浚介(伊藤淳史)は一向に戻らない游子を心配します。

浚介は渓徳(北山宏光)に游子のシャンプーを誰が手に入れたのかその人物を探るよう頼み、馬見原にも游子を探してもらうよう頼みます。

馬見原は游子を犯人だと思っていましたが、浚介の必死の頼みにそのかんがえが揺らぎ始めました。

やがてシャンプーが山賀が手に入れたことが判明。

浚介は渓徳と山賀の家を訪ね、家のなかにこれまで殺された家族が書かれた大量の折鶴を発見するのです。

ドラマ「家族狩り」9話の感想
山賀と大野はここにきて存在感がさらに出てきたなと感じました!

自分たちの犯行は正しいと信じ切っているところがただただ不気味でおぞましさたっぷりでした。

自分たちのこの行為をもう崇高な儀式として確立されているのに恐怖を覚えましたね。

山賀と大野の異常な儀式は原作同様に生々しく描かれていて、視聴者の目を惹きつけた演出だと思います。

また、椎村今回は前回より見せ場があったんじゃないかと!

死を悟った油井の突然の告白はちょっと理解が追い付かなくなりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「約束を」
行方不明になった游子(松雪泰子)が、芳沢家にいると気付いた浚介(伊藤淳史)は、馬見原(遠藤憲一)に助けを求めつつ急いで芳沢亜衣(中村ゆりか)の家へと向かう。ところが、大野(藤本隆宏)から一撃を受け、意識が戻ったときには目の前に恐ろしい光景が…。(引用元:TBS公式)

ドラマ「家族狩り」10話のネタバレ
游子(松雪泰子)は山賀(財前直見)と大野(藤本隆宏)が我が子を殺したことが分かります。

山賀は本当に家族を思えば自分たちのやり方正しいのだと主張。

その時、馬見原(遠藤憲一)と椎村(平岡祐太)が現場に入ってきます。

犯人たちは部屋に火を放ち、馬見原の銃弾を受け傷を負いながらも逃走。

その後。樹海の入り口で車が見つかるも、2人の遺体は見つかりません。

警察は家宅捜索に入り、山賀たちの家から例のシャンプーと白蟻駆除の薬剤が発見されます。

そして、これまでの犯行を物語る記録と彼らが游子に罪を着せようとしていた証拠を見つけました。

その後、馬見原、游子、浚介は、山賀たちの家を訪れ2人が元夫妻であったことや家庭内暴力をする息子を自ら殺したことを知るのです。

また、浚介は美歩(山口紗弥加)にも別れたいと告げますが、彼女はすでに同僚の岡村(市川知宏)と婚約していました。

そして馬見原は冬島親子と最後の別れを交わします。

2人にこれから退院する佐和子と向き合いやりなおすために警察を辞めると告げるのでした。

ドラマ「家族狩り」10話の感想
一気にいろんなことが明らかになったのと思った最終回。

山賀と大野が過去に息子のことで苦しみ、このような行為に至ってしまった経緯が分かり衝撃を受けました。

死に追いやることは悲しいですが、苦しみや哀しみといった感情を昇華させるためにあの異常な儀式を行っているんだろうなと思いました。

それから「家族を開く」という言葉の表現が印象に残りました。

1人で苦しみ悩むのではなくまわりに助けを乞うこと、まわりも困っている人に手を差し伸べることができればこのような結果に追いやらないで済むのだろうと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「家族狩り」の概要

児童ケアセンターの児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、酒乱の父親、駒田(岡田浩暉)から虐待される女児・玲子(信太真妃)のことで胸を痛めていた。

子どもに何かあってからでは遅い、との悲痛な思いで仕事に向かい合っているが、その真剣さが周りからはうざったがられている。

家に帰れば、アルツハイマー型認知症の父・清太郎(井上真樹夫)と、そんな夫の看病に疲れた母・民子(浅田美代子)の愚痴にぐったり。心の休まる場所がない。

高校教師・巣藤浚介(伊藤淳史)は、日々の目的もなく、美術を教えている。

恋人・清岡美歩(山口紗弥加)からは結婚を迫られているが、家庭をつくることに強い抵抗を感じていた。

せめて、暇を見て自分の作品を完成させ、世の中に認められたい。画家として生きていきたい、などと夢見たこともあったが、才能のなさを自覚してしまっている自分がいる。

ある日、浚介の住むアパートの隣で心中事件が起こる。少年が、祖父と両親を惨殺し、遺書を残して、自分も自殺していたのだ。

密室での殺人であり、息子の手書きの遺書も残されていたことから、所轄は一家無理心中と断定。

しかし、警視庁捜査一課の刑事・馬見原(遠藤憲一)は、「子供が親をこんなふうには殺せない」という独特の刑事の勘で、所轄の捜査結果に疑念を抱く。

これは、本当に一家心中なのか?なぜ、このような事件が発生したのか?

游子、浚介、馬見原は、それぞれの自分たちの問題とむきあいながらも、好むと好まざるにかかわらず、この事件に巻き込まれていく。(引用元:テレビドラマデータベース)

ドラマ「家族狩り」の出演者、放送情報

氷崎游子:松雪泰子
巣藤浚介:伊藤淳史
鈴木渓徳:北山宏光
冬島綾女:水野美紀
石倉真弓:篠田麻里子
駒田幸一:岡田浩暉
大熊:宮地雅子
岡村 仁:市川知宏
鈴木佳苗:松浦 雅
石倉鉄哉:佐野和真
芳沢亜衣:中村ゆりか
椎村栄作:平岡祐太
清岡美歩:山口紗弥加
大野甲太郎:藤本隆宏
氷崎清太郎:井上真樹夫
馬見原佐和子:秋山菜津子
氷崎民子:浅田美代子
山賀葉子:財前直見
馬見原光毅:遠藤憲一

原作:天童荒太「家族狩り 第一部〜第五部」

主題歌:androp「Shout」

制作:TBS

放送:2014年

ドラマ「家族狩り」の見どころ

構想から放送までに、実に7年もの年月が費やされた、TBS渾身のドラマ。

あまりに衝撃的すぎて、映像化は不可能とまで言われていた同名小説を、大石静が脚本化。

原作者・天童荒太氏も台本づくりに参加したそうです。

凄惨な場面は「キレイな映像を重ねてゆく」ことにこだわって、表現が工夫されているのが印象的です。

重苦しく陰惨なストーリーの中で、北村宏光演じる鈴木渓徳というキャラが、一服の清涼剤のような役割を果たしていますよ。

家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的な問いに真正面から向き合う意欲作を、主演の松雪泰子をはじめ、伊藤淳史、水野美紀、藤本隆宏、財前直見、遠藤憲一ら実力派俳優達が演じきります!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「家族狩り」の感想

30代男性
暗いトーンの不気味なサスペンスドラマでした。見れば見るほどどんどん続きが気になります。穏やかそうに見える日常と、隣接した暗い恐ろしい現実が観ていて引き込まれます。人間の心理に深く踏み込んだ作品です。最終回の衝撃は鳥肌モノでした。
20代女性
表面的な家族の幸せとかではなく、それぞれの家族が心に抱えている深い闇をリアルに表現していると思います。観ていると涙が止まらなくなるシーンもあり、かなり深い内容で考えさせられました。怖いけど引き込まれる、面白いドラマです。
50代男性
伊藤敦史さん、松雪泰子さん、遠藤憲一さん、財前直見さんと、皆さんすばらしい演技でした。家族のあり方、特に「家族が揃っていることが必ずしも絶対的な幸せではない」という作者の一般的幸福論に対するアンチテーゼがきちんと描かれていたと思います。家族を外に向かって開くことも大切という言葉が、きれいごとではない現実として染み入りました。作品としてはまれに見る良作だったと思います。

まとめ

以上、松雪泰子主演のドラマ「家族狩り」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

家族や生きることについて考えさせられるサスペンスドラマ「家族狩り」。

緊張感のあるストーリー展開で、最後まで予想がつかない物語から目が離せません!

ゲオ宅配レンタルで家族狩りのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴