ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|人間失格たとえばぼくが死んだらの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

1994年7月〜9月まで赤井英和主演で放送のドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」

学校でのイジメ問題から始まり、父親の復習や親子の絆を描いたヒューマンドラマです

回を重ねるごとに人気を博した作品で、最終回には視聴率28.9%を記録しました。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVDレンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の動画を無料視聴する方法

ゲオ宅配レンタルは通常月額2,046円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」のDVD(全4枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」のDVD全4枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」に出演している堂本剛の出演作品

  • 天魔さんがゆく(全4枚)
  • セカンドチャンス(全6枚)
  • 帰ってこさせられた33分探偵(全2枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」に出演している堂本剛の出演作品がたくさん揃っています。

  • 33分探偵
  • 24CH△NNEL
  • ラスト・プレゼント
  • ホームドラマ!
  • 元カレ
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の動画まとめ

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「イジメの法則」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」1話のネタバレ
大場誠(堂本剛)は、父・衛(赤井英和)と一緒に、神戸から東京へと引っ越すことになりました。

そこには父・衛の再婚相手で夏美(横山めぐみ)も一緒に引っ越しになります。

夏美は衛の子供を妊娠していました。

成績優秀だった誠は、進学校である修和学園中等部3年A組に編入することができました。

もともと優秀だった誠はその学校の編入試験の成績は学年トップクラスになります。

その際に同じく学年トップの影山留加(堂本光一)と気が合い、二人は自然と仲良くなっていくのでした。

そんなある日、学校で飼育されていたウサギが殺されていました。

さらにそのウサギの血が抜かれるという、あまりにも奇抜な事件が起こります。

その事件が原因で、誠のクラスでは武藤和彦へのいじめが始まりました。

他人の先生である森田千尋は、このいじめについてホームルームで議題として話し合おうとします。

しかし誰も話を聞こうとしないので、誠は話を聞くようにクラスの全員を咎めます。

すると、それがきっかけで生意気だと目をつけられ、誠がイジメのターゲットになってしまいました。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」1話の感想
どんだけイケメン揃いの学校だよ(笑)

その中でも剛推しです!とにかく若い頃のKinKi Kidsが見れて新鮮で、自分の子供を見てる感じになっちゃいます。そして久々見返すと、ハマっちゃうけど学生服に違和感(笑)

二人とも成績が学年トップクラスとか、ジャニーズだから、めちゃくちゃ良い役だなと思って見ていました。

だけどまさか誠がイジメのターゲットになるなんて。

ドラマの中でも心配だけど、現実世界でも剛がいじめられている映像が流れて、視聴者が反応してそうですよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「仮面の友達」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」2話のネタバレ
ホームルームで話を聞かないみんなを咎めたことがきっかけで、誠(堂本剛)へのいじめが始まります。

机の中にゴミが入っていたり、教科書に黒塗りするような落書きをされたり、給食に釘や鉛筆の芯などのとんでもないものを入れられたりと、かなり陰湿なものでした。

また誠は柔道着も隠されていました。

仕事でも私生活でも不満を抱えていた学年主任で体育担当の宮崎信一(斉藤洋介)は、ストレス発散するかのように、柔道着を着ていないことを理由に誠をきつくしごきます。

そんな誠は学外で会った留加(堂本光一)に、「君と話すと今度は僕が標的になる」と言われてしまいます。

さらに誠は、社会科教師・新見悦男(加勢大周)の万引き現場にたまたま出くわします。

新見は誠を口止めするために、誠に写真部の備品カメラを渡すのでした。

その後イジメはだんだんエスカレートしていき、誠は掃除中にクラスメートに襲われてしまいます。

その様子を新見は窓から見ていましたが、助けようとしません。

誠は薄れゆく意識の中、暴行してくる集団の中に、友達であった留加の姿がぼんやりと見えたような気がするのでした。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」2話の感想
本当に大人たちが許せないし、この年頃は難しいですね。

正しいことを言っているのに、気に食わない。そのイメージだけでいじめをしてしまうから怖いです。

いじめに参加しないと、それが原因でいじめられてしまう、負のスパイラル。どんどんいじめがエスカレートしていくのが、怖い。

口止めでカメラを渡すような、クズな先生しかいないので、助けてもらえない感じですよね。

留加はいじめに参加せず、誠を助けてあげてほしいです。暴行した団体の中にいたように見えたのが、幻であってほしいと願うばかりでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「禁じられた少年愛」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」3話のネタバレ
優等生発言をしてクラスメートを咎めてしまい、クラスメート全員からいじめられていた誠。

その様子を見ていた留加(堂本光一)は、誠(堂本剛)に「君を守る」と強く約束します。

それから徐々にいじめは自然と消えていき、沈静化しました。

しかし以前掃除中に暴行を受けて気を失う前に、留加の姿がぼんやり見えたことが気になっていました。

あの集団の中に留加がいたのかどうか、気になるものの、聞くことができませんでした。

一方、宮崎(斉藤洋介)は、見合い相手に振られたことがきっかけで、ムシャクシャしてました。

その不満な気持ちを発散しようと女装して街を歩いていました。

しかしある日、あろうことか女装している写真が、学校でばらまかれてしまうのです。

宮崎は、躍起になって犯人を探します。

そして写真部の誠のロッカーでネガを発見し、誠にプールで体罰を加え目の敵にします。

体罰を与え続けられ誠は気を失ってしまいます。

気を失って倒れていた誠ですが、そこに留加が現れなんとキスをするのです。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」3話の感想
今回はあまりにも衝撃的なストーリーでした。

ずっと誠がいじめられてしまうような展開になっていくのかと思いきや、まさかの最後「えーーーーーBL!?!?!?」って、ジャニオタからしたらたまらない展開です(笑)

今の時代に改めて観ると、衝撃的です!KinKi Kidsの二人は、結構不仲説が流れていたけど、実は昔はキスしていたなんて(笑)

キスする演技があったからこそ、変に疑われないように、さらに仲悪ぶってるんじゃないかなとか、勘ぐってしまうような感じがします。

それにしても宮崎もクズですね。自分のプライベートの問題を生徒にぶつけるなんて、今の時代にいたら即クビです!

剛くんを見ていると、胸が締め付けられる内容でした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「引き裂かれた絆」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」4話のネタバレ
留加(堂本光一)は母親との間に愛憎入り混じる、複雑な思いを抱えて日々過ごしていました。

そんな中留加の下駄箱に写真が入っているのを見つけます。

なんとそれは隠し撮りされた母親のベッドでの写真でした。

そして信じがたいことに母の裸体合成写真が、誠(堂本剛)の教科書に挟まっている事を発見してしまいます。

留加は誠が犯人だと疑って無視するようになりました。

留加は腹いせに武藤(黒田勇樹)の腕を折って、「骨折は誠にやられた」と言わせます。

そして誠の父・衛(赤井英和)が呼び出され、学校に行くことになりました。

その前にも、写真部の顧問・新見から「写真部備品のカメラを盗んだ」と言われたこともありました。

その上で今回の傷害騒動で、衛はだんだんと、成績優秀で自慢だった息子のことが信じられなくなっていきます。

誠へのいじめが、再び始まってしまいました。

誠は学校に行くのが嫌になり、腹痛だと嘘を行ってズル休みしようとします。

しかし、いじめられていることは見抜けていないのに、ズル休みだけ嘘だと見抜いた父・衛は強制的に誠を学校に行かせるのでした。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」4話の感想
毎回毎回めまぐるしく状況が変わるので面白いドラマです。

留加と誠がキスをしたのが前回でした。ここから一気にボーイズラブの話になっていくのかと思いきや、まさかここが喧嘩をするとは思いませんでした。ここを仲違いさせるような陰謀を感じます。

もう誠は悪くないのに!というか、留加の徹底的にやる感じめちゃくちゃ怖いです。

いじめられていることを親がわかってくれない、根性論ってこういうことか…と、胸が締め付けられました。

学校に通っている多くの子供たちは、親には理解してもらえない悩みを抱えているんだな…と感じるストーリーでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「逃げない勇気」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」5話のネタバレ
友達にいじめられ、家にも居場所がなくなった誠(堂本剛)は、ついに学校から逃げ出し、夜になっても帰りませんでした。

翌朝衛(赤井英和)は、単身神戸へ向かい亡き妻の墓の前で倒れている誠を発見します。

そして誠を優しく強く抱き留め、息子を信じれなかった自分に後悔するのでした。

誠に今の学校を辞めて、神戸の元の学校に戻ることを提案するのでした。

しかし誠はこっそり忍び込んだ野球場でキャッチボールをして、久しぶりに父と仲良く遊びます。

「逃げずに学校に行く」と衛に笑顔で言います。

翌日登校した誠は、クラスメートたちに屋上に連れていかれます。

連れて行かれるところを目撃した新見は助けるのではなく、むしろカメラを構えてシャッターチャンスを狙います。

留加は注射針で誠の血を抜こうとしますが、しかしやっぱりできないと躊躇。

すると誠は逃げ出して、足場の悪い屋根を伝って逃げようとします。

しかし誠は足を滑らせてしまい、留加は助けてるために手を伸ばすものの、捕まることができず、誠は落ちてしまったのです。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」5話の感想
今回のドラマの序盤はとても感動的でした。親子の絆〜!!お父さんくらいは信じてくれてよかったです。

家族の後ろ盾があると、やっぱり頑張ろうと思えるんですね。学校に通うといたところはかっこよかった…

それにしても一向に終わらないいじめがここまでドラマで表現されるって、やっぱり過激で問題作って言われる理由がわかる気がします。

注射針で血を抜くって、地味にグロテスクですよね。いじめがエスカレートし過ぎてて殺人になるんじゃないかと思っていたら、まさかの転落事故。

5話でこれだけ過激だと最後はどうなっちゃうんでしょうか。

今の時代だったら絶対放送禁止だろうなって思える展開です。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「最後の手紙」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」6話のネタバレ
学校の屋上に連れて行かれ、いじめから逃げようとした誠(堂本剛)は、足場の悪い屋根をつたって逃げようとします。

しかし足を滑らして屋上から転落してしまいました。

瑠加は手を差し伸べましたが、助けることができず、誠は意識不明のまま救急車で運ばれます。

いじめていたグループは武藤(黒田勇樹)が中心となり、靴をそろえたりするなど誠を自殺に見せかけます。

そして学校もこの事件が大事にならないように、事なかれ主義と動くのです。

一方、衛(赤井英和)は誠の話をろくにも聞かず殴ってまで学校に行かせた自分を責めます。

妻・夏美は本当の母親だったら話を聞いてあげられたのかと自分の胸の内を明かしました。

そして…誠は病院で死亡してしまいます。

自分の体罰がバレてしまうのではないかと怯えていた宮崎(斉藤洋介)は、頭がおかしくなり、トイレで笑いをこらえることができません。

誠の葬儀当日。

誠と文通していたという、前の女子生徒が現れました。

彼女は、衛に誠が書いたという最後の手紙を渡します。

そこには「殺される」と書かれていました。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」6話の感想
誠は何も悪くない!なのになんで…って、見ていて涙が止まりませんでした。

本当にこの世の中からいじめがなくなってほしい。同じように悩んでる親はたくさんいるんでしょうね。そして死んだ後に後悔しても何も戻らないってこういうことかと、お父さんを見ていて思いました。

最初は遊びのつもりだったかもしれないけど、人が死ぬ可能性があるということを本当に認識して欲しいです。

何もなかったかのようにする学校に本当に腹が立ちました。隠蔽体質をやめない限り、イジメはこの世からなくならないと強く感じた6話でした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「父の復讐I」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」7話のネタバレ
葬儀の日、文通相手との最後の手紙に、「殺される」と書かれている事を知り、衛は衝撃を受けます。

そこで衛(赤井英和)は、「学校でいじめがあったのではないか?」と真実を知りたいと考えました。

真実を追求するために、誠(堂本剛)の遺骨を持って校門の前に立ちます。

誠の落下場所に通りかかった武藤(黒田勇樹)たちに「本当のことを教えてくれ」と聞くも何も答えてくれません。

通りかかった宮崎(斉藤洋介)に、慰謝料目的でこんなことやっているんだろうと、とんでもないことを言われ追い払われてしまいます。

途方に暮れる衛。

そして手掛かりは見つかりませんでした。

そんな中、衛の家に郵便物が届きますが、差出人は不明です。

その郵便物の中には、宮崎が誠へひどい体罰をしている様子が写真で撮られていました。

衛は宮崎を呼び出し、誠への謝罪を要求します。

しかし宮崎は自分をはめるためのいたずらとして写真をちぎって捨ててしまいます。

衛は真実を明らかにしてやる!と誓うのでした。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」7話の感想
いじめていたにも関わらず、衛に対して何も語らないいじめグループが本当にクズだと思いました。

さらには本当この先生許せない!って本気でイライラさせるくらいこの俳優さんの演技力が半端ないです!いじめていたくせに、よくも慰謝料目的だとか言いますよね。結局大人は自分が可愛いだけなんでしょう。

息子を亡くした父親の気持ちが痛いほど伝わって涙なしには見れません!

それにしても、差出人不明の郵便物ということは、誰か味方がいるんでしょうか。
真実を知った衛がこれからどう動くか楽しみです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「父の復讐Ⅱ」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」8話のネタバレ
衛(赤井英和)は、斎藤が体罰を認めませんでしたが、誠の死を受け止めることができませんでした。

それでも、衛には生まれてくる子どももいるため、誠の死は誰かのせいにするのではなく、自分がしっかりしなければと踏みとどまります。

しかしそんなところに、衛のもとに再び宮崎による体罰写真が送られてくるのです。

抑えていた感情がはじけてしまった衛は、誠(堂本剛)が体罰を受けていたプールに向かいます。

するとそこに宮崎がいたのを見つけると、感情を抑えることができませんでした。

無我夢中で何度も何度も殴りつけ、さらにはプールに沈め、殺してしまったのです…

一方、新見(加勢大周)は誠が死んでから学校を休んで部屋に閉じこもったきりの留加(堂本光一)のもとを訪ねていました。

留可の担任・森田は、そんな新見を咎めますが、逆に言い任されてしまいます。

新見は留加の置かれた環境と自分の過去を重ねていました。

そのため、留加への愛情と嫉妬から誠を追い詰めていたのです。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」8話の感想
本当にやるせないドラマですね。息子を思う衛の気持ちがとても伝わりました。でもまさか斎藤を殺してしまったのは、驚きました。

そこまで息子の事を大事に思っていたのかな?と、少しびっくりするくらい。7話までに後悔は描かれていたけど、愛情は描かれたいないように感じていました。やはり、親が子を思う気持ちは計り知れませんが、殺してしまってはいけません。

そして、どの先生も本当に頭おかしいです!子どもがかわいそうで見てられなくなります。「再放送できない問題作」と言われる理由がわかる気がします。

そう思うと、かなり時代の価値観が変わったのだなと、しみじみと感じました。

その時代に生きている私も、いつの間にか価値観が変わっているんだなと思い、不思議な感じです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「少年の亡霊」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」9話のネタバレ
宮崎(斉藤洋介)は、誠の父・衛によって殺されました。

しかし宮崎を殺したのは、誠(堂本剛)の呪いじゃないかと学校内で噂が広がります。

そんな中、衛(赤井英和)は誠のクラスへ行き、「殺される」と書かれた手紙を見せて「謝ってくれ」と言いました。

誠をいじめていたの生徒たちは、さすがにまずいと思い、証拠を消そうと考えます。

そして衛の自宅に忍び込み手紙を盗もうとしたところを、母親に見つかってしまうのです。

辛くも逃げおおせた面々ですが、そのうちの一人の頬には、爪でひっかれた傷が残りました。

一方留加(堂本光一)は、新見(加勢大周)が誠の自殺に関わっていることを知り、彼にナイフを向けます。

しかし新見は「自分はただ写真を撮影しただけ。原因は自分じゃないお前たちだ」と言い放ちました。

その言葉にショックを受けた留加は、その言葉を受け止め誠の後を追おうと学校の屋上から飛び降りようとします。

その瞬間、駆けつけた母や森田や刑事に止められました。

しかしその後、眠り込んだ留可はそれっきり目を覚まさず、昏睡状態になってしまったのです。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」9話の感想
どんどん、どんどん、ヤバイドラマになっていきますよね。

衛も人を殺しているのに、誠の幽霊の話に便乗するところも、したたかだなと感じました。

いじめグループも、人の家に忍び込んで証拠を消そうとする根性がゲスですよね。反省するわけではなく、むしろもみ消していこうなんてやばいです。

そして最後の急展開、まさかの留可が昏睡状態だとか。

光一くんまで死んだらもうこのドラマやばすぎるから!昔のドラマって本当に今と比べたら過激だといいますが、これは本当に平成の問題作だと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「残された標的」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」10話のネタバレ
衛(赤井英和)は、証拠をもみ消すために自宅に忍び込ん出来た際に、妻・夏美が頬に傷をつかたことを知りました。

それが証拠だとして、頬に絆創膏を貼った生徒を追いかけます。

その生徒を捕まえ、「宮崎殺しは俺だ」と脅し、誠(堂本剛)をいじめた生徒の名前を全員はかせました。

その中には留加(堂本光一)の名前も含まれており、衛は留加を殺しに彼の家へ行きます。

しかし、昏睡状態の彼が涙を流しながら「誠」と言う様子を見て、殺すことを思い止めるのでした。

その後、昏睡状態から目覚めた留加は、あろうことか全ての記憶を失っていていました。

留可は母親と一緒に、田舎に戻ることに。

一方衛は、いじめグループの一員だった松野を殺害するために、呼び出します。

しかしいじめグループの一員が殺されるかもしれないという恐怖から、担任の森田に今までの罪を全て告白し、守ってくれるように要請したのです。

森田は衛のもとへ駆けつけ、「いじめグループの子たちにも親がいる、殺すのではなく裁判にしましょう」と言いました。

担任として、いじめや体罰の事実を、必ず証明すると説得するのでした。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」10話の感想
人の憎しみからの復讐の連鎖が止まらない…もう見ていてどっちの気持ちもわかるけど、ここに誠がいたら優しいからやめてと止めるのかな〜と思ってしまいます。

父親に追いかけられた生徒たちは、トラウマになるでしょうね。いじめられている方はもうトラウマになってるんだからざまあみろと思ってしまいますが、やはり殺してしまうのは良くないので担任の森田が言うことも一理あると思いました。

それにしても昏睡状態なのに涙を流したり、目を覚ましたら記憶をなくしているとか、人間って不思議な作りなんだなと感じました(笑)

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「最後の対決」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」11話のネタバレ
父・衛の復讐が始まり、いじめグループを脅し始めます。

いじめグループの一員であった松野は、森田(桜井幸子)に助けられたことで、裁判では真実を話すことを約束しました。

森田も体罰やいじめが事実であることを証明することを約束し、衛にいったん手をひかせます。

しかしそのことが気に食わず、今度は松野を標的としたいじめが、武藤(黒田勇樹)中心に始まるのでした。

最初こそ抵抗していた松野でしたが、親の仕事への圧力までかけられたことから、抵抗することができず、「いじめはなかった」と報告してしまったのです。

一方、衛(赤井英和)の自宅には、また新たな衝撃的な写真が送られてきました。

その写真は誠が屋上から落下する瞬間の写真だったのです。

その写真を見て居ても立っても居られない衛は、怒りが収まりません。

こんな写真を撮影する暇があったら、誠を救えたはずだ!犯人を探し始めます。

そしてついに、新見にたどり着きました。

衛は黒幕は新見だと思いあたり、電話で真実を確認します。

写真を送ってきたのは、あんたじゃないか?!

「そうだよ。なかなかよく撮れていたでしょ」

と、新見は悪びれもなく答えたのです。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」11話の感想
結局みんな自分を守るのに必死。人の汚いところばかり見えて、いつも以上に萎えてしまった回でした。

写真を送る相手誰?って思ってたけど、やっぱり新見かって。本当にこの先生、見てられないです。よく撮れていたでしょ?とか本当にクズですよね。

自己承認欲求なのか、留可が欲しかったのかわからないですが、関係ない誠の家族を追い込むエゴが、とても気持ち悪かったです。

こんな先生がのうのうと生きていて、成績優秀で良い子だった誠が死ななければいけなかったのは、本当に不公平な世の中だと感じました。

ついに次回は最終回、どんな結末を迎えるのでしょうか。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話 「明日に架ける橋」
ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」12話のネタバレ
松野は誠(堂本剛)の家を訪れ、遺影に手を合わせます。

そして、迎え入れた夏美に自分がいじめグループの一員だったことを明らかにするのですが、裁判では証言できないことを同時に伝えてしまったため、きっぱりと「許さない」と言われてしまいました。

誠も留加(堂本光一)もいないため、学年トップの成績を取っていた武藤(黒田勇樹)は、その順位を維持するプレッシャーに耐えられずにいました。

そのことが原因で、ついには試験中に大きく取り乱してしまいます。

一方衛は、新見への復讐を目論み、新見を探します。

その道中、首を吊って自殺をしようとしている松野を見つけ、彼を助け出します。

死んでお詫びするという松野に対し、衛は「誠は許すよ」と答えるのでした。

そして宮崎を殺したプールで、衛と新見は対峙し真実を聞き出します。

すると新見は、自分が黒幕であること、しかし自分は写真撮ってるだけだから罪にならないこと、今は自分を殺そうとしている衛の顔を撮りたい、などとふざけたことを言い出します。

怒りを抑えられない衛は、絞り出すように問いかけます。

「屋上の写真を撮った時息子を助けることができたか?」

「できたよ。(でも助けなかった)」

それを聞いた衛は新見の首を絞めて殺そうとしますが、そんな衛の顔を新見は写真を撮り続けます。

そこへ森田や刑事が駆けつけ、新見を殺さないように説得。

衛は聞く耳を持ちませんでしたが、プールの水面に誠の顔が幻で映ったのを見て、殺害を思いとどまり、刑事に連行されて行きました。

森田は写真取り続けていた新見から、数々の写真を取り上げて処分しました。

実は森田は新見と婚約をしていたのですが、それも解消し、さらに学校にも辞表を提出します。

その後、武藤は成績が113位に落ちてしまったことで錯乱し、家族をカッターで斬りつける事件を起こします。

新見は何者かの手により、電車が入ってくると、線路に突き落とされてしまいました。

そして時は流れて7年後、服役を終えた衛が出所してきました。

途中、ある男の子に出会います。

その子を迎えに来た母親が夏美だったのをみて、その子に名前を尋ねます。

「大場学。7歳」と答えるのでした。

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」12話の感想
そもそも誠のいじめの原因は、優秀な誠がきたことで学年トップを維持できなかったことだったり、気に食わないって本当些細なこと。

それがここまで負の連鎖を産んで、何人もの人生が狂ってしまいました。

勧善懲悪なのかもしれませんが、悪いことをした人の人生は天罰が下ると言う、とても怖いエンディングでした。

衛も愛する息子のためとはいえ、人を殺しています。息子に会うことができたけれど、やはり離婚してしまっているということも伝わりました。

何かを守りたいと思っても何かを失ってしまう、とても考えさせられるドラマでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の概要

転校先の学校で、壮絶ないじめにあう少年。

自殺したのちに立ち上がったのは、復讐に燃える父親でした。

(引用元:公式サイト)

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の出演者、放送情報

大場 衛:赤井英和
大場 夏美:横山めぐみ
大場 誠:堂本剛
大場 学:善家尚史
森田 千尋:桜井幸子
宮崎信一:斉藤洋介
新見 悦男:加勢大周
影山 留加:堂本光一
武藤 和彦:黒田勇樹
松野 裕次:反田孝幸
戸田 哲雄:小橋賢児
間中 俊平:国分博
須藤 久:井川比佐志
坂元 憲吾:伊達昌平

原作(脚本): 野島伸司

主題歌:サイモン&ガーファンクル「冬の散歩道」「水曜の朝、午前3時」「明日に架ける橋」

制作:TBS

放送:1994年

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の見どころ

「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」は全12話で構成され、堂本剛演じる少年・大場誠への壮絶ないじめが行われ残酷なストーリー展開となっています。

非は全くない誠でしたが、「気に入らない」という理由で追い詰められてしまい誠の未来は最悪の方向に向かっていきます…。

現代にも通ずるものがあるいじめ問題、決して他人事ではありません。

そして息子が自殺したことで、手段を選ばない復讐を始める父親。

遂には殺人まで犯しながらも、息子を信じ切ることができなかった自身を責め続けています。

様々な人々の感情が揺れ動く展開には、視聴者もハラハラしてしまいます。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の感想

30代女性
ずばり、衝撃作です。キンキキッズのお二人が初出演だったような気がします。現代では放送できないような衝撃がありますが、私はこの時代のドラマが好きです。壮絶なイジメの場面などは、十何年前にみたのに、今でもはっきりと覚えています。それくらいショッキングなドラマでした。でも、今の時代だからこそ、こういうイジメがあるということを知ってもいいのではないでしょうか。このドラマを見たあとは、ずん。と心が重くなりますが、見る価値はあると思います。
50代女性
KinKi Kids主演のドラマでジャニーズJr.の三宅健と国分博くんが生徒役で出演していました。進学校に転校した誠。いじめられっ子を庇ったことでいじめられるようになった。仲が良いと思っていたルカは影のボスでした。白い学ランでイケメンの生徒ばかりなのに、凄惨ないじめのシーンが多く、誠はいじめから逃れようと校舎から落ちて亡くなってしまう。いじめられっ子の役で黒田勇樹さん、誠を陥れる教師には加勢大周さんが出演していました。色んな意味で問題作でした。
40代女性
キンキ二人W主演で、ストーリーにとても衝撃を受けました。何十年たってもずっと胸に突き刺さっています。関西の学校から関東へ転校してきたところから始まり、いじめられていた子をかばったところから雲行きが変わります。仲のいい友達がある日突然いじめる側に。給食のシーンは目を背けたくなりました。親は友人を家に連れてきたことあるし、学校生活うまくいってると信じて疑わなかった。人間関係のドロドロさ。教師たちのいじめのアシスト。ルカの崩壊。再放送はできない作品だと思います。

まとめ

以上、赤井英和主演のドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

社会問題にもなっている、いじめ問題。

それでも正しさを貫こうとした1人の少年の死は、周りの人間の日常を突き動かしていきます。

そして迎える、衝撃の黒幕とは…?

ゲオ宅配レンタルで人間・失格~たとえばぼくが死んだら~のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴