ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|バッテリーの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2008年4月〜6月まで中山優馬主演で放送のドラマ「バッテリー」

あさのあつこ原作のベストセラー小説、バッテリー。

飛びぬけた才能と傲慢なまでの自信を持つピッチャー原田巧と、巧とバッテリーを組むキャッチャー永倉豪の一年間の物語のドラマです。

ドラマ「バッテリー」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「バッテリー」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「バッテリー」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「バッテリー」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「バッテリー」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「バッテリー」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「バッテリー」に出演している中山優馬の出演作品

  • 恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜(全5枚)
  • サムライ転校生 〜我ガ道ハ武士道ナリ〜(全1枚)
  • 北斗 -ある殺人者の回心-(全3枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「バッテリー」に出演している中山優馬の出演作品がたくさん揃っています。

  • 重要参考人探偵
  • Piece
  • ぴんとこな
  • 左目探偵EYE
  • 恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「バッテリー」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「バッテリー」の動画まとめ

ドラマ「バッテリー」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「本気になれよ!」
天才ピッチャー・原田巧(中山優馬)は、中学入学前の春休み、岡山県新田市に引っ越してきた。そこに地元チームのキャッチャーで、巧のボールを受けることを熱望する永倉豪(高田翔)が現れる。「自分の本気の球を捕れたやつはいない」と巧は言うが、豪は4球目で剛速球を受け止めて、巧を驚かせる。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」1話のネタバレ
物語の舞台は、岡山県新田市。ある年の夏休み、この町に天才ピッチャーと呼ばれる青年・原田巧(中山優馬)が引っ越してきました。

天才、と呼ばれるだけあって巧の野球の腕前はピカイチ。

巧の投げる剛速球は、大人でも捕ることが出来ないほどでした。

その腕前を見て、巧のボールを受けてみたい、バッテリーを組みたい!と熱望する、地元の野球チームのキャッチャー・永倉豪(高田翔)が現れたのです。

そんな豪に冷たく「自分が本気で投げた球を今まで捕れた人はいない。」と巧は言い放ちました。

しかし、この言葉を投げかけられ逆に燃え上がった豪は、巧のボールを絶対に捕るから投げてくれとお願いをします。

巧は、野球の試合の本番ではないのに、剛速球をぶちかまします。

しかし、豪は、4球目にしてその剛速球を受け止めたのでした。

巧はとても驚きます。

そして、豪を見込んでバッテリーを組むことを決めたのでした。

この時、豪がこれを最後に学業を優先させるために野球をやめることを知らずに・・・。

ドラマ「バッテリー」1話の感想
田舎町に、天才と呼ばれるピッチャー・巧がやってきました。

巧を演じる中山優馬さんがもともと野球少年だったということもあり、巧のフォームや姿勢が整っていて、本物の天才ピッチャーに見えました!

野球が大好きで、球を投げることに全力を注ぐ巧。

感情はあまり表に出すことがなく、いつも無表情でただボールを投げていたのですが、引っ越してきて出会った野球少年・豪の優しさや明るさに触れ、これからどう変化していくのかがとても楽しみになりました。

野球の道を諦めようとしている豪と、これからバッテリーを組むと決めた巧。

2人の気持ちが1つになる日は訪れるのか、見どころになっています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「俺を信じろ!」
同じ中学に入学した巧(中山優馬)と豪(高田翔)。入部した野球部の監督・戸村(千原ジュニア)は「新入生は丸坊主にしろ」と命令するが、「髪の長さと球の速さは関係ない」と、巧は真っ向から反発する。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」2話のネタバレ
年齢が同い年であった巧(中山優馬)と豪(高田翔)は、同じ中学校に入学をします。

そしてもちろん野球部に入部をしたのでした。

野球部の監督である戸村(千原ジュニア)は、昔ながらの古臭い熱血教師。

「新入生は全員丸刈りになれ!」と命令をします。

しかし、自分の気持ちは絶対に突き通したい巧は「髪の毛の長さと、野球で投げる球の速さは関係していない」と、真っ向から歯向かったのです。

これによって、巧は顧問から目をつけられてしまいます…。

それでも意見を曲げずに、「髪の毛を切るくらいなら試合に出れなくなってもいい。」と言い切ったのでした。

その言葉を聞いてショックを受けたのは、豪でした。

なぜなら豪は、野球を諦めようとしていたのですが、巧とバッテリーを組むため進学する学校まで変更して、巧と同じ中学校に入学をしていたのです。

気持ちをぶつけた豪に巧は「どうしてもっと自分自身の力を信じないのか?」と、逆に怒ってしまうのでした。

ドラマ「バッテリー」2話の感想
もともと、自分の意見は絶対に曲げない性格であった巧。

野球部の顧問の先生から、1年生は髪の毛を丸坊主にしろ!と、指示をされますがそんな命令を聞くわけがありません。

結局、耳に髪がかかるほど長いヘアスタイルのまま、野球部に居続け、さらに「切らなければ野球ができないのならそれでもいい」ということまでいってしまうのです。

これには、自分から巧に近づいた豪でさえお怒りの様子でした。

でも、巧を追って、進学先までも変えてしまう豪の行動力は素晴らしいと思います。

その頑固さと、行動力でこれからの2人にいい変化がおきてくれれば・・・と思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「やつらを許さない!」
巧(中山優馬)と豪(高田翔)は自分たちの力を認めさせるために、野球部の監督・戸村(千原ジュニア)を打席に立たせて勝負する。巧の剛速球の威力に戸村は驚く。戸村はかつての恩師でもある巧の祖父・洋三(石橋蓮司)に相談して、巧と豪の投球練習を認めることにする。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」3話のネタバレ
髪の毛を切らないことが問題で、野球部の雰囲気はどんよりと曇ってしまいます。

そんな曇った空気をを吹きとばそうと、巧(中山優馬)は、豪(高田翔)と共に、戸村(千原ジュニア)をグラウンドに呼び出し自分たちの実力を見せつけて、認めてもらおうと考えたのでした。

巧と豪がピッチャー・キャッチャー、そして打席には戸村が立ち勝負が始まります。

本気で投げる巧の剛速球に、戸村は驚きを隠せません。

何度も何度もそんな剛速球を目の当たりにした戸村は、戸村自身のかつての恩師である巧のおじいさん・洋三(石橋蓮司)に相談をし、特例で巧と豪がバッテリーを組むことを許可したのです。

熱血教師に打ち勝つことができ、喜ぶ巧と豪。

しかしそんな喜びもつかの間、髪の毛の規則を守らない巧のことを戸村が認めたことにより、今度は野球部の上級生たちの間で険悪な空気が流れます。

そしてある日の練習後、巧は何者かに襲われ、リンチを受けてしまうのでした。

ドラマ「バッテリー」3話の感想
戸村が巧と豪の実力を認めてくれたことが、本当に嬉しく思いました。

中学生でも、こんなに人の心を動かすプレイが出来るのだと感心してしまうほど。

しかし、そういう才能に溢れた人間に嫉妬する人はどこにでもいますよね・・・この回でも、今までずっと坊主にして戸村先生に怒られながら野球をやってきた上級生の先輩達が、巧の実力に嫉妬し、巧を痛い目に合わせてしまったのです。

絶対に許されないことですが、気持ちはわかるなあと思いました。

自分にないものを持っていると、嫉妬してしまいますよね。

そんな出来事に遭った巧ですが、これからどう野球と向き合っていくのか気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「俺は負けない!」
巧(中山優馬)を襲った犯人は3年生の展西(染谷将太)たちではないか? という疑念のなか、戸村監督(千原ジュニア)は「来月の試合で巧と豪(高田翔)のバッテリーを先発で使う」と伝える。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」4話のネタバレ
新入生ながらに天才ピッチャーと呼ばれ、先生からも一目置かれた存在の巧(中山優馬)。

髪の毛の長さもそのままに野球をプレイ出来ていました。

それを良く思わない人からリンチに遭ってしまったのですが、リンチをしてきた相手が顔を隠していたので誰なのかを確認することが出来ず、巧と豪(高田翔)は憶測で犯人を話し合います。

そして、野球部に所属する3年生の展西(染谷将太)たちのグループなのではないかという疑念が沸き起こりました。

そんな中、部員を集めた顧問の戸村(千原ジュニア)は、来月の試合では巧と豪のバッテリーを先発で使うということを伝えたのです。

それを聞いた直後、繭(宮崎香蓮)が、授業を欠席していたはずの沢口(永嶋柊吾)を見たと言いに来ました。

なんでも、沢口は野球部の3年生たちに連れていかれて、体育館の方に向かっているというのです。

何かが起こってしまう…そう直感で危ないと感じた巧と豪、それから東谷(松川尚瑠輝)は、急いで体育館へと向かったのでした。

ドラマ「バッテリー」4話の感想
顧問の先生である戸村がどんどん巧と豪のことを見込んで、ついに次回の先発には2人のバッテリーを先発として出場させると言ってくれて、努力が報われたと嬉しくなりました。

巧と豪の嬉しそうな表情がとても良かったです!

しかし、まだまだ残る課題もあるのが大変なところ。

巧に嫉妬心をメラメラ燃やして、リンチをしたのは本当に展西だったのでしょうか。

展西が、心を入れ替えてまた野球に励む日はくるのでしょうか。

巧と豪が直感で危険だと感じた沢口を助けることはできるのでしょうか?!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「野球は誰のもの?」
巧(中山優馬)は野球部の活動休止という処分に対して「野球は自分たちのものだ」と猛反発する。社会への学校としての責任を説く校長(北見敏之)に、豪(高田翔)は「強豪校の横手二中と試合して、勝ったら認めてほしい」と懇願。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」5話のネタバレ
展西(染谷将太)の行動により、野球部は活動を一時的に休止しなければならない事態に陥りました。

巧(中山優馬)と豪(高田翔)にまで影響が及んでしまったのです。

しかし、ここで黙っていないのが野球を愛する巧。野球は俺たちのものだ、と猛烈に反発を下のです。

大人たちは黙っていません。

学校で問題が起きてしまうと、社会の学校に対する視線は大変厳しいものになるからです。

剛が、中学校の校長先生(北見敏之)に、「強豪チームである横手二中と試合で勝負をして、もし自分たちが勝ったのなら、自分たちの事を認めてほしい。」と懇願します。

そして、自分たちの力で横手二中の野球部員と接触をし、なんとか試合をしてほしいとお願いをしに行ったのでした。

この横手二中には門脇(中村隆太)という怪物のような選手がいたのです!

巧の天才的な剛速球を見た門脇は、巧に興味を持ち、試合をすることを承認してくれたのでした。

お願いした甲斐があり、試合ができることになったのです。

ドラマ「バッテリー」5話の感想
やはり結束力が大事な野球、ということで、問題があった野球部は活動を休止することを決められてしまうのです。

何もしていない巧や豪たちにも連帯責任として、野球部での活動が出来なくなってしまうということで、毎日やってきた巧は大激怒。

そんな姿をみた豪はなんとしてでも、それを取り消したい!と、地元でも有名な強豪校と試合をして、勝ったら活動をさせてほしいとお願いをしたのです。

巧は、野球のセンスがあり、球も素晴らしいものでしたが、体格などは横手二中の門脇がピカイチ。

そんな門脇が巧に興味を持ってくれたことで、横手二中との試合が実現するのです。

野球部存続の危機をかけた試合がいま始まります!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「怪物との勝負」
巧(中山優馬)と豪(高田翔)は、横手二中の主砲・門脇(中村隆太)と対戦する。巧は打たれるが、その才能を認めた門脇は「新田東中との試合を実現する」と約束する。一方、豪は自分が捕れないほど巧の球が力を増したことに大きく動揺する。そして巧が手加減したことに傷つき、「今度本気で投げなければ許さない」と巧を殴りつける。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」6話のネタバレ
巧(中山優馬)の投げるボールに興味を持った横手二中の門脇(中村隆太)。

巧と豪(高田翔)は、門脇と対戦をさせてもらえることになったのです。

試合の前に、まずは1対1で勝負をすることになった2人。

天才ピッチャーと、強豪校のエース。巧のボールは、門脇に打たれてしまうのですが、その才能は認めてもらえたのです!

そして、巧と豪の通う新田東中と試合をすることを約束してくれたのでした。

一方で、豪は巧の腕がますます上がってきていて、自分が巧のボールを捕れなくなっているということに動揺してしまっていたのでした。

ある日のピッチングでは、巧が自分に対して投げるボールが手加減されているということに気づきます。その事実で更にショックを受けたのでした。

ショックと怒りで匠のことを殴りつけてしまった豪は、「次にまた同じように手加減をして投げたら、許さない。」と一喝。

微妙な関係になってしまったまま、いよいよ横手二中の野球部と試合の日が来ます。

巧は全力を出して門脇に挑みます。しかし、豪の異変には気づいていないのでした・・・。

ドラマ「バッテリー」6話の感想
1対1での試合では、剛速球は投げられるものの門脇に球を捕られてしまいどうなることかとハラハラしました。

しかし、巧の腕を見込んでもらえて対決をすることをオーケーしてもらえたのです!

とっても喜ばしい出来事だったのですが、豪には悩みが。

巧の球が出会った時よりもどんどん上達していて、自分では捕れなくなってしまっているということ。

せっかくバッテリーを組んだのに、球が捕れなくなってしまったら成立しません。

巧はそれをわかっていて、少し手加減をして豪に球をぶつけたのですが、もちろんのごとく豪は手加減をしたことに気づいてしまいます。

思い切り殴るシーンは目が離せません!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「キャッチャー失格」
巧(中山優馬)と豪(高田翔)のバッテリーは、主砲・門脇(中村隆太)をしとめたが、その直後から崩れて横手打線にめった打ちにあう。「お前には原田の球はとれんじゃろ」と豪に言い捨てて、横手の副将・瑞垣(川原一馬)は立ち去る。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」7話のネタバレ
いよいよ、運命の横手二中との試合が始まりました。

巧(中山優馬)と豪(高田翔)のバッテリーは、主将である門脇(中村隆太)をマークしつつ前半はうまく乗り切ったのですが、後半は風の向きが変わったのか、流れが横手二中にいってしまいます。

そして、その流れを変えることはできずひたすらボロボロにやられまくる巧と豪…。

そんな時、横手二中の副キャプテン・瑞垣(川原一馬)に、「お前には、原田(巧)の球は捕れない。」と厳しい言葉を投げ捨てられ、試合に敗れた豪の心もさらにボロボロになってしまいます…。

試合が終わりメンバーたちは自校に帰って来ました。

そして戸村監督(千原ジュニア)には「豪が、今の巧の球を受け止められないのなら、巧はこれから7割の力で投げるようにしろ。」と、巧に言います。

全力で球を投げることこそが大事なのだと感じる豪は、そんな球を受け止められない自分はキャッチャーとして失格だと退部届を出してしまうのです。

ドラマ「バッテリー」7話の感想
やはり、強豪校は強かった!!

新田東中では、先生ですら驚くほどの球を投げる巧でも横手二中の野球部には敵わなかったのでした。

豪は、相手チームの副キャプテンからもひどい言葉を投げかけられてしまい負けてしまった原因は、巧にはなくて自分のせいだと自分の不甲斐なさを責めます。

戸村先生にまで、巧の球のスピードを落とすようにと言われてしまい、全てがつらくなってしまうシーンがとても泣けます。

ここで、自分は失格だ、と退部届を出してしまう豪。

もう二度と巧と豪のバッテリーは見れなくなってしまうのか?と悲しくなってしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「心は届くのか?」
巧(中山優馬)は東谷(松川尚瑠輝)と新しくバッテリーを組むことになるが、豪(高田翔)の野球をやめる決心は固い。ある日、横手二中の副将・瑞垣(川原一馬)が偵察に来て、「巧の相手になれるキャッチャ-はいない」と挑発する。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」8話のネタバレ
退部届を出してしまった豪(高田翔)の代わりとして、巧(中山優馬)と新しくバッテリーを組むことになりました。

新しくバッテリーとなったのは東谷(松川尚瑠華)。

豪には、やめないでくれとお願いした巧でしたが、豪の決意は相当固いもので揺るぎませんでした。

とある日、横手二中の副キャプテンである瑞垣(川原一馬)が、新田東中に偵察に来たのです。

そして、そこではっきりと、「今の新田東中の選手の中には巧の相手になれるキャッチャーはいない。」と挑発をしてきたのでした。

豪が退部してしまったことを引きずっている巧の気持ちは、新しくバッテリーを組んだ東谷も気が付いていたのです。

そこで巧に「巧自身が豪に正直な気持ちを伝えないと、二度と豪が戻ってくることはない。」と伝えたのです。

しかし、巧は一方的に勝手にやめてしまった豪に対して、むきになってしまい青波(森本慎太郎)が大事にしていたボールを森の奥深くへ投げてしまうのです。

ドラマ「バッテリー」8話の感想
横手二中の副キャプテン・瑞垣が現れ、また挑発的な言葉を投げかけてきたのです。

しかし、この言葉、逆にとれば「巧のバッテリー相手は豪しかいない」ということでもありますよね。

分かっていることを言われたからこそ腹が立ってしまいますが、そのことをしっかりと分かっている巧の新しいバッテリーの相手・東谷も、巧の背中をおす言葉を投げかけてくれて、良かったと思います。

豪の行動に今はムカついて、どうにもならない巧ですが、それを乗り越えて再び豪とバッテリーを組む日がくるのでしょうか。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「勝負をつけろ!」
新学期になって3か月ぶりに野球部が再開した。巧(中山優馬)と豪(高田翔)は、全国優勝を果たした横手二中の主砲・門脇(中村隆太)が、自分たちと決着をつけるべく再試合をしたがっていると知る。横手二中の監督・阿藤(小西博之)は、巧の実力を目の当たりにして戸村(千原ジュニア)に再試合を了承する。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」9話のネタバレ
豪(高田翔)が退部をしてから季節は過ぎ、新学期を迎えた巧(中山優馬)。

今日まで連帯責任として、休止していましたが、3か月ぶりに野球部も活動を再開することになりました。

巧と豪は、全国大会で優勝した経験を持つ横手二中の門脇(中村隆太)が、自分たちと再び決着をつけるために試合がしたい、と言っているという噂を耳にします。

しかしその噂は、噂ではなくて、本当の事実だったのです。

横手二中の監督である阿藤(小西博之)は、巧の実力をその目で確かめ、戸村(千原ジュニア)に、再び試合しようと提案します。今度こそ、横手二中を破ることができるのでしょうか…。

一方で、巧の事が気になっている同じ中学校に通う繭(宮崎香蓮)は、試合を控える巧にお守りを渡そうと、巧の自宅に向かったのです。

そして、巧にお守りを渡して、自分の隠してきた気持ちをありったけ伝えたのでした。

恋愛とはまだ無縁で、野球一筋の巧が繭に出した返事とは・・・?

ドラマ「バッテリー」9話の感想
ついに、これまで活動をすることが出来なかった野球部の活動が再開することができ、うれしいです!

前回けちょんけちょんに負かされた強豪校の横手二中とも、再試合ができるということで気合十分の巧。

その姿が頼もしく感じました。

そして、前から、もしかしたら繭は、巧のことが好きなのかな?と思ってはいたのですが、告白をしてしまいました!

繭が恋する女の子なのが、ちょこちょこ出てきて、男臭い野球部の中での恋愛模様が本当に可愛いです。

バッテリーは野球の物語なので、それはもちろん面白いのですが、野球だけではなく、こちらも見どころになっています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「俺たちの野球!」
宿敵・門脇(中村隆太)との勝負を目前に、巧(中山優馬)の速球のコントロールがきかなくなる。巧は隠そうとするが、異変に気づいた豪(高田翔)は猛練習につきあう。(引用元:NHK)

ドラマ「バッテリー」10話のネタバレ
巧(中山優馬)の最大のライバルであり、目指すべきでもある人物・横手二中の門脇(中村隆太)との試合が目前に控えていた矢先、巧が球のコントロールをすることができなくなってしまったのです。

巧はそれを必死で隠そうとしますが、豪が異変に気づきます。

何はともあれ練習をすることがいちばん。豪は、巧の練習にとことん付き合ってくれたのでした。

しかし、内心はコントロールができなくなってしまったワケも分からないまま戸惑う豪。

そんな豪に戸村監督(千原ジュニア)は、「相棒のお前が傍にいて、信じてやれ」と告げます。

横手二中との試合前日、豪と巧はこれまで築きあげてきたいくつもの絆を噛み締めるように、ピッチングをします。豪のミットに巧が投げた球が入る・・・試合でも、最高の球を投げるから、受け取ってくれと約束します。

そして、迎えた決着の日・・・。門脇と巧の最後の勝負がはじまったのです。

巧と豪は最高のバッテリーになることができたのでしょうか!

ドラマ「バッテリー」10話の感想
いよいよ迎えた最終回。

巧は、再び試合をしてくれるといった横手二中の門脇に、次は絶対に勝つ、と気合を入れていました。

しかし、なぜかコントロールが出来なくなってしまう自分の球・・・。

くじけそうになっていましたが、そこで傍にいてくれたのが豪。

本物のバッテリーとして、豪がいつまでも巧の練習に付き合ってくれる姿に、すごく胸を打たれました。

監督の豪に対して言った言葉も、感動です。

絶対に負けられない相手との勝負。

巧と豪は心を1つにし、勝つことはできるのでしょうか。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「バッテリー」の概要

天才ピッチャー・原田巧(中山優馬)は、中学入学前の春休み、岡山県新田市に引っ越してきた。

そこに地元チームのキャッチャーで、巧のボールを受けることを熱望する永倉豪(高田翔)が現れる。
「自分の本気の球を捕れたやつはいない」と巧は言うが、豪は4球目で剛速球を受け止めて、巧を驚かせる。
しかし豪は、これを最後に、進学のために野球をあきらめようとしていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「バッテリー」の出演者、放送情報

原田巧:中山優馬
永倉豪:高田翔
原田真紀子:斉藤由貴
原田広:堀部圭亮
原田青波:森本慎太郎
沢口文人:永嶋柊吾
東谷啓太:松川尚瑠輝
矢島繭:宮﨑香蓮
稲村:駒田徳広
歌子:中尾ミエ
井岡洋三:石橋蓮司

原作:あさのあつこ「バッテリーシリーズ」

主題歌:Mr.Children「少年」

制作:NHK

放送:2008年

ドラマ「バッテリー」の見どころ

原作が延べ1000万部を超えるベストセラー小説のドラマ。

登場人物が中学生なだけに”子ども”の成長過程にある未熟な悩みや感動があるドラマです。

演技力を補う主役のバッテリー、

原田巧演じる中山優馬と永倉豪演じる高田翔の目力の強さがドラマにおける、演出力の大きさを引き出していました。

エンディング曲のMr.Childrenの曲もドラマに合っていて、毎話感動を膨らませるようになっているところが見どころです

また、感情描写の主体が場面ごとに変わり、それぞれの登場人物の心理を細かく表現しているところもこのドラマの見どころとも言えます。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「バッテリー」の感想

30代女性
バッテリーを組むジャニーズ2人の初々しい演技がよかったです。青春って素晴らしい。 
20代女性
当時あさのあつこさんの小説にはまっていて、一番好きだったのがこのバッテリー。当然ドラマも見ました。この時期ならではのいきがってる巧に共感するくらい、私も尖っていた時期でした笑 思春期ならではの葛藤とか希望とか、いろいろ呼び起こしてくれる思い出のドラマです。 
20代女性
原作も読んでいましたが、巧のイメージと中山優馬くんがぴったりでした。脇役も手堅くまとめられていて、さわやかな青春ドラマになっています。個人的には千原ジュニアさんの名演技っぷりが意外でした。 

まとめ

以上、中山優馬主演のドラマ「バッテリー」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

野球を通して学生たちの青春を描いたドラマ「バッテリー」。

仲間との絆や団結力などが感じられる内容となっています。

TSUTAYA DISCASでバッテリーのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴