ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|BG身辺警護人の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2018年1月〜3月まで木村拓哉主演で放送のドラマ「BG〜身辺警護人〜」

キムタク主演の話題作で、2020年にも新章が放送されている今作。

ボディーガードの任務ー命を危険にさらす局面でも身を挺し警護するー彼らの活躍を描きます。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画は、TELASAで見放題配信中です。

TELASAの無料期間を利用すると、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画は、TERASAで見放題配信中です。

TELASAは通常月額618円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TELASA)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の続編「「BG〜身辺警護人〜2」も配信されているほか木村拓哉の出演作品

  • 宮本武蔵

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画まとめ

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」は、TELASAで全話無料視聴できます

(画像引用元:TELASA)

TELASAは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

第1話 「45歳の新人ボディーガード!! 観客2万人の命を守れ」
極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」1話のネタバレ
時は2018年、工事現場の誘導係をしていた島崎章(木村拓哉)は、新しく設立される「身辺警護課」に身警備会社の社長・今関重信(永島敏行)からスカウトされていました。

それは高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、村田五郎(上川隆也)、沢口正太郎(間宮祥太朗)という様々な場所から選抜されたメンバーが集まりました。

そして初仕事は、隅田川マラソンのスポンサーとしてイベントに参加する大久保佐助(伊武雅刀)の警護担当でした。

一方、厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)は、マラソン大会のスターターを任されておりました。

脅迫状が届いたために、警視庁のSP・落合義明(江口洋介)が警護担当しますが、会場内で爆発が起きました。

それはジャーナリスト・犬飼悟(勝地涼)の仕業であり、密かに想いを寄せていた愛子に利用されたことで、仕返しとして爆発を起こしたのでした。

脅迫状は犬飼ではなく、愛子の自作自演であり、それに気付いた犬飼がさらに便乗して事件を起こしたのでした。

最終的に犬飼は、章に取り押さえられ連行されるのでした。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」1話の感想
木村拓哉はどんな役柄をやっても木村拓哉と言われてますが、今回もかっこいい役柄でザキムタクって感じでしたね。
しかしドラマは面白い!このように面白い脚本が木村拓哉に回っているっていうのも、やはり彼が数字稼げるからですかね。
しかも脇を支える身辺警護課のメンバーも、みんな主役を張れるぐらいの俳優陣です。このメンバーでボディーガードを進めていくなんて面白いに決まってます!
1話ではトラウマを持った主人公という感じですか、今後の展開に期待です
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「裁判官夫婦の裏の顔 48時間の命…脱出確率0%の壁!!」
人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」2話のネタバレ
身辺警護課に新たな依頼が入りクライアントは行永辰夫(田中哲司)です。

行永は裁判長であり、世間で騒がれている「老人ホーム殺人事件」の裁判を担当することになりました。

そんな中、妻・亜佐美(大塚寧々)の自転車が放火されたため、今回の裁判関係の怨恨かもしれないと、章(木村拓哉)たちに警護を依頼してきました。

裁判当日、亜佐美の警護に章と菅沼(菜々緒)が警護担当となりました。

しかし亜佐美はBG2名の警護をまこうとしたり、邪魔くさそうにしたりします。

理由は、イケメンな三上勇作(石黒英雄)に会うためだったのですが、その三上はなんと自転車放火の犯人だと分かりました。

三上の妻は、ストカー事件の判決に心を病んでしまい、自殺をしました。

その判事は行永だったため、怨みをはらすべく妻・亜佐美に近づき、復讐しようとしていたのでした。

亜佐美を殺そうとする三上から必死に戦う章、三上はナイフを持っていますが、けがをしながらも何とか守ることができました。

そして三上は逮捕され、亜佐美は無事家に帰ることができました。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」2話の感想
第2話は田中哲二さんと大塚寧々さん、これまた豪華なゲストキャラでしたね。
二人とも演技が上手いので裁判の怨恨による被害者と言う、見えない恐怖と戦うと言う怖さがすごく伝わってきました。
途中大塚寧々さんが不倫に走ってしまってどうしようもないのかなと思ったら、自分だけの空間が欲しかったというトランクルームの1 Cシーンはとても共感できました。
でも今回のような襲撃事件があって無事に帰れた時に、
最後抱き合ってるシーンがあったので、なんだかんだ言って愛し合ってる夫婦なんだなと、ちょっと安心できるようなストーリーでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「現金1億円を守れ!! 地上50mからの救出」
深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」3話のネタバレ
人気タレント・かのん(三吉彩花)が、事務所社長・坂東光英(西村まさ彦)から何も言わずに、姿を消してしまいました。

その後、坂東のもとへ本人から電話が入り、1億円くれたら戻れると言い残します。

かのんは最近、仕事も順調で、なんと映画の主役に抜擢さ
れました。

その舞台挨拶が明後日に控えており、それまでに連れ戻したい坂東は、1億円の要求に答える決断をします。

章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)が今回の任務を担当し、1億円受け渡し現場への同行することになりました。

実はかのんは誘拐されており、先ほどの1億円は身代金でした。

しかし警察沙汰にすることで、映画の主役話がなくなってしまうので、通報せずにかのんを連れ戻したいと言われます。

犯人と電話とのやりとりで、章は今回の件は、偽装誘拐だと気付きます。

誘拐犯・野々村(平埜生成)、かのんとグルであり、坂東からの1億円を手に入れたら、そのまま逃亡する計画なのでした。

章は実は野々村はかのんを愛しておらず、1億円のために利用されていた事だけだと説得します。

格闘の末、章は1億円とかのんを無事守りきることができました。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」3話の感想
突っ込みどころ満載でしたが、木村拓哉さんのアクションシーンがとってもかっこいい第3話でした。
物語の初めからなんとなく偽装誘拐怪が分かるような感じでした。
怪しい依頼などわかっていたとしても、依頼人を信じて守る、これが木村拓哉の BG としての信念なんですね。
章の信念を伝えるための重要なストーリーでした。
それにしても彼氏とグルになって逃げ出すような芸能人を、1億円払って連れ戻そうとする社長はすごいですね。
信頼関係が既に破綻してる気がしますが。。。やはり芸能界というのは深いところだなと感じました

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「女大臣が白昼の密会 禁断の3時間任務!!」
日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」4話のネタバレ
愛子に呼び出された章と村田。
「ある人に会いに行くので、その際の警護を頼みたい」と、直々にお願いされました。

SPの目を掻い潜る必要があるためリスクが高いですが、身辺警護課はこの依頼を引き受けることにしました。

計画通り、人間ドッグを受けるふりをして病院から抜け出した愛子。章・村田・沢口が乗る車で目的地に向かいます。

SPが愛子の逃亡に気付き検問を始めたため、章は愛子を連れて歩いて移動することにしました。

その道中で愛子は「養子に出した娘がいる。今日が結婚式で、娘の姿を一目見たい」と、今回の依頼目的を話すのでした。

結婚式場に到着した愛子をSPの落合が待ち構えていました。

すぐに連れて帰ろうとする落合に対し、愛子は少し時間が欲しいと頼みます。

新郎側主賓の待合室に向かった愛子、そこには医師会の会長・崎山敬一郎(中尾彬)がいました。

愛子は出産・育児一時金の増額を提案しており、それに反対しているのが崎山です。

愛子の「花嫁は私の娘です」という言葉を聞き、崎山は「考えてみよう」と増額に対して前向きな返答をしました。

落合と共に車に乗った愛子でしたが章が呼び止め、車を式場の前まで誘導しました。

そして車の中から娘の花嫁姿を見た愛子は静かに涙を流すのでした。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」4話の感想
今回はアクションはありませんでしたが、立原大臣を密かにホテルに送り届けるというミッションで、ハラハラしました。でも意外に早くSPに気づかれてしまいましたね。
立原の目的が嘘だらけで、絶対に他人を信用しないんだなと驚きました。
逆に、信用できない人物だなとも思いました。ホテルで崎山に会いに行った時は「また嘘だったのか」と少し腹が立ちましたが、娘がいるのは本当だったようでホッとしました。
そこにちゃんと気付いて、最後に娘の花嫁姿を見せてあげる島崎のさりげない優しさとプロ魂に感動しました。クライアントの機微には気づけるのに、反抗期マックスの息子にはタジタジの島崎が面白かったです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「今度は絶対に守る!! 6年越し…涙の再会」
日ノ出警備保障の身辺警護課に新しい依頼が舞い込む。「子どもたちにスポーツの喜びを」をテーマに活動するスポーツ系の慈善団体からの依頼に、高梨(斎藤工)はある思惑を持って章(木村拓哉)を“BG=警護責任者”に推薦するが…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」5話のネタバレ
今回のクライアントは元サッカー選手であり、章(木村拓哉)がもとボディーガードをしていた、河野純也(満島真之介)です。

何やらトラウマがあり戸惑いを隠せない章でしたが、身辺警護課は依頼を引き受けます。

今回の依頼は、ミラノで開催されるチャリティーオークションに参加するまでを警護になりました。

しかし真相は河野の海外逃亡であり、今までチャリティーで集めたお金は、実は河野の後援者の元に流れていて、子供に渡っていませんでした。

章のトラウマの原因は、空港を歩く河野と章の頭上から1本のボルトが落ちてきた際に、子供を守ることを優先し、河野は足ケガしてしまいました。

その怪我のせいでサッカー選手生命を絶たれたことで、河野は章を恨んでいました。

それもあって、章は子供を優先した自分の決断が正しかったか、トラウマになっていたのでした。

そんな中、海外逃亡しようとしている河野に気付いた警察が、指名手配にかけ逮捕しました。

連行される際に、河野は「俺のもとを離れて子供を助けたのは間違いではない」と章に言い残すのでした。

その言葉を聞いた章は静かに涙を流すのでした。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」5話の感想
ついに1話から画かれていた章の、トラウマ部分が明らかになりました。
しかも命をかけて守っていた河野は…とんでもないゲス野郎になってましたね。
夢を与えるはずのサッカー選手は、子供を守って一躍有名になったかと思いきや、金の亡者になっていたとはなんとも悲しい現実です。
言い方悪いですけどこのようなケースでも、お金をもらう限りボディガードしなきゃいけないっていうのは、民間会社の痛いところかなと思いました。
依頼主の素性調査をして犯罪者をボディーガードするようなことがないような世界になるといいなと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「元総理を守れ! 別れた妻と再会」
日ノ出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入る。通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが、政府の決定でSP警護は終了に。しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり、鮫島は民間の警備会社に警護依頼をしたのだった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」6話のネタバレ
離婚した元妻・小田切仁美(山口智子)は章(木村拓哉)に「最近、無言電話が続いている」から不気味だと相談をします。

元内閣総理大臣・鮫島匡一(橋爪功)は今までSPにより警護をされていましたが、本日をもって警護の終了だと通達します。

しかし鮫島は今でも何者かに狙われていると感じており、新たにボディ‐ガードを雇うべく身辺警護課に依頼をしてきました。

鮫島には溺愛している小学生の孫・彩矢がいます。

彩矢の両親は去年離婚し、今は鮫島の家に鮫島・彩矢の母親・彩矢の3人で暮らしています。

そんな中、身辺警護課に彩矢が行方不明になったとの知らせが入り、捜索にあたります。

公園で不審な男と一緒にいる彩矢を発見し、章と沢口(間宮祥太朗)がすぐに男を追いかけましたが逃げられてしまいました。

無事保護された彩矢は、翌日学校の社会科見学に出かけていきます。

章と高梨(斎藤工)は彩矢に同行している際に、また不審な男が現れ、今度は男を捕まえることができました。

しかしその不審な男というのは、彩矢の父親であり、誕生日プレゼントを私に来ただけなのでした。

鮫島はそんな彩矢の父親に激怒し、普通に堂々を会いにこいと叱咤します。

それとは別に、自分が命を狙われていたわけではないと知り、がっかりもしつつ安堵もするのでした。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」6話の感想
今回のストーリーは見てなんだか悲しくなりました。定年退職した後ってこんな感じになるのかなあと不安にも思います。
内閣総理大臣をやっていて日本や世界から注目されていたとなると、引退した後もギャップは計り知れないでしょう。
面白いところに目を付けたネタだと思います。
今回は SP が匙を投げた仕事を身辺警護ががしっかりと対応すると言う、気持ちいいドラマでした。
今回のように棲み分けをすれば毎回 SP と喧嘩しなくてもいいのになと思います。
しかし命を狙われる危険の一般人がそんなにいるわけでもないので、身辺警護課は会社として成り立つのだろうかと考えちゃいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「私を守って…元妻からの依頼! 衝撃の瞬間 涙の別れ!! 」
6年前に別れた妻・小田切仁美(山口智子)から「わたしを護って」と依頼された章(木村拓哉)。元妻を警護するということに躊躇いと気まずさを感じ、一旦は村田(上川隆也)とまゆ(菜々緒)にBGを任せるものの、高梨(斎藤工)から「怖がっている女を護れないで、なにがプロですか」と焚き付けられ…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」7話のネタバレ
3か月前から不審者に狙われているという仁美(山口智子)は、章(木村拓哉)に警護の依頼をします。

章は公私混同をよくないと考え、元妻・仁美を村田(上川隆也)と菅沼(菜々緒)にBGを任せたいと依頼します。

しかし高梨(斎藤工)から「ださい。怖がっている女を守れなくて何がプロですか」と叱咤され、悩んだあげく、章自身がBGを引き受けることを決意します。

早速、章は仁美と一緒に行動しますが、章は途中から何者かに尾行されていることに気付きます。

章の作戦により、尾行してきた女を捕まえることができましたが、犯人は仁美の旦那の元カノなのでした。

一件落着し、フレンチレストランでメニューを眺める章と仁美。

そこに民自党幹事長の五十嵐(堀内正美)と会食するために、愛子(石田ゆり子)が現れました。

レストランに村田も現れ談笑している際に、店内に以前五十嵐を襲おうとした植野(萩原聖人)がいることに気付きます。

章はレストランに同行していたSPの落合(江口洋介)に植野を報告します。

植野は五十嵐をピストルで脅そうとします、SPに守られた五十嵐はさらに植野を挑発していきます。

興奮した五十嵐を抑えようとした村田は、暴れる五十嵐に脚を撃たれてしまいました。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」7話の感想
木村拓哉さんと山口智子さんが共演しかも夫婦役なんて、それだけでも話題性があるストーリーですよね。
だけどあっという間に事件を解決し、おしゃれなレストランでご飯を食べて復縁の話になるのかと思うような展開でした。
そこからまさかの村田が撃たれるというラストシーンに繋がると予想だにしませんでした。
SP もいたのに何でそこに狙撃犯がいるんでしょうか、守ることだけに特化して不審者のチェックとかはしないんでしょうか。ちょっと突っ込んでしまうような展開でした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「最終章! 最も危険な任務… 消された証拠を取り戻せ!!」
厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で起きた発砲事件により、撃たれた村田(上川隆也)。五十嵐が犯人を挑発したことにより起きた事件ではあるが…世論は、「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的な目を向け…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」8話のネタバレ
レストランで脚を撃たれてしまった村田(上川隆也)は、救急車で病院に搬送されていましたが、容体が急変し、死んでしまいました。

今回の事件を騒ぎ立てるマスコミに対し、事件の発端となった五十嵐議員や愛子(石田ゆり子)たちは説明を果たさず、真実が明るみに出ることはありませんでした。

そしてデマが蔓延し勝手なことをした村田を責めるような世論になり、汚名返上に燃える高梨(斎藤工)と、身辺警護課を存続させることに注力する章(木村拓哉)が対立してしまったのでした。

高梨は汚名返上のためにいろいろと調査を続けており、村田は仕事中は常に音声の録音をしていたことを思い出します。

村田の携帯とICレコーダーが、家族のもとに警察から返却されていないことが分かりました。

高梨は家族なら所持品の返還請求が出来ると説得し、村田の息子が警察に出向く警護を引き受けます。

返してもらえないと思っていましたが、予想に反して、所持品は返還されました。

肝心のICレコーダーの中身を確認しますが、何故か事件当日の音声データだけが見つかりませんでした。

不審に思い調査を続けていったある日、章は2人乗りのバイクに襲われてしまいますが、間一髪襲撃を逃れることができました。

駆けつけた高梨を見て、襲撃犯のバイクは走り去っていくのでした。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」8話の感想
今回は、村田の突然の死という衝撃と、身辺警護課のチームワークを感じるとても感動的なストーリーでした。
まさか村田が死ぬなんて思いもよりませんでした、ももの部分を撃たれたぐらいで死んでしまいました。しかもナレーションで死ぬってすごい描かれだなと思います。
上司を失った身辺警護課が、二つに割れてしまうところは悲しく感じます。でもどちらも村田を慕っており石を注ごうとする姿はかっこよかったです。
身辺警護課もチームとしまとまっていく中、次回は最終回。どんな結末になるのか今から楽しみです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「敵は警視庁40000人 絶対に守る! 命がけの最終任務!!」
発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」9話のネタバレ
村田(上川隆也)を失った身辺警護課のもとに愛子(石田ゆり子)が現れ、今回の警察の隠ぺいを告発すると誓います。

愛子はニュース番組への生出演中に発砲事件の真相を話す予定だと告げ、それまでの警護を章(木村拓哉)たちに依頼します。

番組出演の当日、約束の時間になっても愛子は現れず、信用したのが間違いだったと高梨(斎藤工)は激怒します。

そこに直前になって番組側から出演を断られたと、愛子から手紙が届きます。

しかし生放送中に告発できなかった愛子は諦めておらず、民事党の党大会で総理や幹事長に直に詰め寄ると、再度約束します。

そして党大会の日、今度は愛子は約束通りに現れ、会場に向かう途中でSPに見つかりますが、章・高梨・沢口(間宮祥太朗)の協力によって、何とか会場の入り口まで辿り着きます、

最後の最後に、ドアの前にSPの落合(江口洋介)が立ちはだかり、愛子たちの行く手を阻みます。

しかし落合がICレコーダーを取り出し、事件の一部始終を録音しており、落合自身が事実を明らかにすると宣言します。

そして会場内に入り幹事長の前に立った落合は、レコーダーの再生ボタンを押して真実を明らかにします。

落合により全てが明らかになったことで、五十嵐幹事長の辞任が決まり、村田の汚名返上ができました。

村田が残してくれた身辺警護課は、今日もクライアントを守るため、メンバーたちは新たな任務に向かうのでした。

  

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」9話の感想
最終回にふさわしいと思える非常に面白い展開なストーリーでした。
SP と身辺警護課がバトルする迫力のあるアクションシーンもあれば、五十嵐の悪事をばらすスカッとするような勧善懲悪シーンもありました。
最後まで愛子にはやきもきさせられますが、今まで憎まれ役だった SP の落合さんが、最後にビシッと決めてくれてめちゃくちゃかっこよかったです。
SP の中でも警察官の中と正義を貫くものや、上司の命令には従うという SP、こんな両者の身を抱くところもとても意気に感じました。
誰もが信念をもとに頑張っている、村田の汚名返上はできたほんと良かったと思います。

  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TELASAなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の概要

日ノ出警備保障に身辺警護課が新設される。

警備員の島崎章は、各部署から集められたメンバーと共に“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任するが…。

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の出演者、放送情報

島崎章:木村拓哉
落合義明:江口洋介
高梨雅也:斎藤工
菅沼まゆ:菜々緒
沢口正太郎:間宮祥太朗
立原愛子:石田ゆり子
村田五郎:上川隆也
小田切仁美:山口智子
河野純也:満島真之介
今関重信:永島敏行
氷川修:宇梶剛士
清田春孝:阿部進之介
島崎瞬:田中奏生

原作:なし

主題歌:なし

制作:テレビ朝日
放送:2018年

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の見どころ

本作は、“命の盾”と言われるボディーガードの彼らの、熱く泥臭い任務の⽇々をリアルに描いています。

さまざまな⼈々の思惑が交錯する濃密な⼈間ドラマです!

また、木村以外のキャスト陣も非常に豪華

対立するSP役として江口洋介、

木村と共に任務にあたるボディーガード役を、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、そして上川隆也が熱演しています!

さらに石田ゆり子が、本作のキーマンとなる厚生労働大臣を演じており、ドラマの幅を広げています。

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の感想

20代女性
昔のキムタクのドラマはあんまり好きじゃないんだけど、最近のはハズレなくて好き。特に「BG 身辺警護人」がお気に入り。キムタク嫌味なくかっこいいし、おもしろい。  
50代男性
キムタクは年を経て化けるタイプの役者だと今更ながら思っています。「教場」と「身辺警護人」のキムタクは男でも素直にかっこいいと思えるはず。  
40代女性
今までのキムタクのキャスティングの常識を破るようなドラマでした。シングルファーザー、夢破れてからの転職、新人として1からやり直す姿…。丸腰で危険に立ち向かっていく背中はかっこいい以外の言葉が見つかりません。仲間に見せるBGとしての顔と、娘に見せる父親としての顔がまったく違うのもすごいです。  

まとめ

以上、木村拓哉主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

ボディーガードとしての戦いを描いた物語「BG〜身辺警護人〜」。

臨場感とスピード感のあるストーリーで、1秒たりとも見逃せない展開になっています!

TELASAでBG〜身辺警護人〜の動画は全て無料視聴できます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
30日間無料で動画視聴