ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|デート恋とはどんなものかしらの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2015年1月〜3月まで杏主演で放送のドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」

”30歳になるまでに結婚を”と考える合理主義でマイペースな女子と、長谷川博己演じるニート男。

そんな恋愛に疎い男女が、辿々しくデートを重ねていった先にーロマンチックな恋物語です!

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」はTSUTAYA DISCASで無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」に出演している中島裕翔の出演作品

  • 水球ヤンキース(全5枚)
  • HOPE~期待ゼロの新入社員~(全5枚)
  • スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜(全5枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」に出演している中島裕翔の出演作品がたくさん揃っています。

  • 僕はどこから
  • 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望
  • シェアハウスの恋人
  • 理想の息子
  • 半沢直樹
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の動画まとめ

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「恋の仕方がわかりません!! 契約で結婚が出来ますか!?」
内閣府経済総合研究所・横浜研究所に勤務する依子(杏)は、仕事に情熱を燃やす。人と接するのは苦手だが、30歳を目前に、結婚の“契約締結”を目指す。早速結婚相談所の検索システムで目に止まった巧(長谷川博己)とデートの約束をする。一方、巧はいわゆるニートで、高齢で病気がちな母に代わる寄生相手との結婚を考える。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」1話のネタバレ
東京大学大学院を修了したのち、内閣府研究所で勤務する薮下依子(杏)は、超合理主義者な変わり者です。

父の俊雄(松重豊)から見合いを勧められる依子ですが、亡くなった母は今の自分と同じ年頃に結婚と出産を経験していたことや、また日本の少子化対策に貢献できると思い、見合いをすることになります。

しかし、結婚を「契約」と捉える依子は、今まで失敗などあまりしたことがないのに、お見合いには失敗ばかりしてしまいます。

一方、谷口巧(長谷川博己)はニートですが、自分を「高等遊民」と言い、母の留美(風吹ジュン)に寄生しています。

昼過ぎに起きて新聞を読みながら食事を食べ、ソファーでくつろぎながら小説を読み始めます。

無職であるため、留美に全て依存して生きていますが、文学や芸術に思う存分触れて生きられる人生に、誇りすら持っています。

巧の幼馴染の島田(松尾諭)は、結婚相談所のパンフレットを巧に渡しますが、巧は断固拒否します。

しかし、もし留美に何かあれば、路頭に迷い、今の不自由ない生活を送れなくなることを不安には感じていたのでした。

依子は一目惚れした男性、出版社に勤務していると偽った巧とデートすることになったのでした。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」1話の感想
杏さん演じる依子は、東大の理系女子で、合理主義なところが好きです。

私の周りには、依子のような女性はいませんが、いたら割と話をするのは楽しいのではないかなと思います。

イライラしてしまうこともあると思いますし、理屈ばかりで友達としては仲良くなれないかもしれませんが…(笑)。

長谷川博己さん演じる巧は、ただのニートで「高等遊民」という人種には確かに似合っているかもしれませんが、ただ単に親に甘ったれているアホだろ!とも思ってしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「あなたに寄生したい!! 高等遊民に恋出来ますか?」
依子(杏)は、独特の服装で巧(長谷川博己)と2度目のデートに挑むが、苦痛で仕方がない。巧もその点では意見が一致する。恋愛をしなくても結婚は可能だと考える依子は、即結婚の契約を結びたいと考える。だが、恋愛をしてほしいと望む父・俊雄(松重豊)を安心させるため、遊園地でのデートを楽しむよう努力する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」2話のネタバレ
薮下依子(杏)は、谷口巧(長谷川博己)との初デートで、この人と結婚すると心に決めましたが、父の俊雄(松重豊)を思って、2回目のデートをすることになります。

今回のデートでは、楽しむことをテーマにした2人は、遊園地を訪れますが、巧はカップルや家族連れで賑わう雰囲気に拒否反応を示してしまいます。

どうして良いのか分からなくなった2人は、楽しそうに過ごしているカップルを演じることにしたのです。

順番待ちすることに嫌気がさしながらも、普通のカップルのデートをする2人なのでした。

そして依子は、お互いのことを知るために、もっと話さなければと感じ、巧に声を掛けます。

巧の経歴が怪しいと睨んだ鷲尾豊(中島裕翔)から、隠し事が何かないか調べた方がいいと、依子は言われていたのです。

デート終了間際、巧は宗太郎(松尾諭)と佳織(国仲涼子)でサプライズ計画を立てていたため、その時刻まで依子を引き留めたのでした。

しかし、そこへ豊が現れて、巧の嘘が依子にバレてしまうのです。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」2話の感想
鷲尾豊さん演じる中島裕翔さんを、私は半沢直樹以来の出演でした。

「野ブタ。をプロデュース」以降、可愛らしい役柄から、銀行員だったり、大人っぽくなりました。

エンジンなどのジャニーズジュニアの小さい頃から時々見ていたので、自分も年を重ねたのだなと思わされます。

ジャニーズは基本的に身長が低いイメージがありますが、中島裕翔さんは背がすごく高くなっていて、スタイルが良いですね。

そんな鷲尾豊さんが今後どう依子に近づいていくのか、楽しみでもあります!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「初お見合いは未知との遭遇!? 恋愛不適合女を救出せよ!!」
効率的に相手を探そうと考えた依子(杏)は、お見合いパーティーに参加する。だが、宗太郎(松尾諭)に連れてこられた巧(長谷川博己)と鉢合わせに。依子が男性を見定める中、巧はニートであることを包み隠さず女性に話す。順番で依子の前に巧が来ると、依子は独自の計算から巧をストーカーだと決め付ける。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」3話のネタバレ
薮下依子(杏)は、一目惚れの相手であった谷口巧(長谷川博己)との交際を終わらせ、次なる結婚相手探しで、お見合いパーティーに参加します。

しかし、そこの場にはなぜだか巧と島田宗太郎(松尾諭)も参加していたのですが、2人のことなど気にも止めない依子は、新たな出会いを求めるのでした。

依子の思ったことは全てストレートに言ってしまうという特徴が災いし、どの男性からも連絡先を交換することは出来ません。

一方で、巧は会社を経営しているみどり(杉本彩)に声を掛けられるのです。

一人寂しく佇んでいる依子の元へ、巧はやって来ますが、ちょうどそこへ漫画好きな榊原まゆ(吉谷彩子)が割り込んできて、巧とまゆは漫画の話で盛り上がってしまいます。

そんな頃、島田佳織(国仲涼子)は谷口留美(風吹ジュン)の美術教室で子供たちに絵を教える仕事をしていました。
佳織は、薬を服用している留美を心配するのでした。

また、鷲尾豊(中島裕翔)は依子がお見合いパーティーに参加することを俊雄(松重豊)から聞き、心配でたまりません。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」3話の感想
このドラマに出ている役柄の方たち、キャラがすごく濃いですね。

まともなのは、佳織くらいしかいない気がします。依子と巧は相変わらずですし、依子のお父さんや回想というか妄想で出てくるお母さんも、癖が強いです。

癖が強い人ばかり集まっているドラマではありますが、見ていてそんなに疲れないのは、テンポが良かったり、ところどころで笑えるシーンがあるからだと思います。

フワフワ浮いている感じで出てくる和久井映見さんのお芝居も、何だか可愛らしいです。

あのお母さんから依子が生まれてきたのは、……。何とも言えません!(笑)

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「彼女が恋愛できない訳、彼が高等遊民になった理由。」
依子(杏)は、クリスマスイブにサンタクロースのコスプレで現れ巧(長谷川博己)を驚かせる。そんな中、依子は気分が悪くなった巧を家まで送り、巧の母・留美(風吹ジュン)と初対面する。そして依子は、留美主催のクリスマス会に参加。一方、俊雄(松重豊)は、鷲尾(中島裕翔)に依子をデートに誘うよう促す。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」4話のネタバレ
薮下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)は、クリスマスイブにデートをすることになりましたが、いつもの2人ならそんなことを受け入れることが出来ないのですが、ある理由があったのです。

デートの当日、普段着の巧に対して、サンタクロースの姿の依子はコスプレしているように見えるのでした。

2人は、カップルだらけのショッピングモールにやって来るのですが、熱を出してしまった巧を、依子は彼の住む自宅まで送ることになります。

その時、谷口家では留美(風吹ジュン)の生徒たちや、島田佳織(国仲涼子)、宗太郎(松尾諭)らが、クリスマスパーティーで楽しんでいたのでした。

熱を出している巧は部屋で倒れこんでしまいますが、依子はそのお楽しみ会への参加を強要させられてしまいます。

ちょうどその頃、クリスマスだというのに1人でいるのが辛いと言う鷲尾豊(中島裕翔)は、薮下家を訪ね俊雄(松重豊)とお酒を交わすのです。

酔っ払った俊雄は、サンタクロースの衣装を持って来て、依子の小さい頃の話をするのでした。

一方、谷口家では、留美が依子になぜ巧が「高等遊民」になったのかなど、を明かすのでした。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」4話の感想
クリスマスに本物のカップルで賑わう街に、依子と巧の2人がいると、なんでだかすごく浮いています…(笑)。

なんというか、カップルのようなワクワク感や楽しさは感じられません。

杏ちゃんのサンタクロース姿は可笑しくもありながら、可愛らしい雰囲気が漂っていました。

本当にこんな女性がいるのかは分かりませんが、依子はきっとすごくピュアで、勉強のできる方だから、少し人と違った性格や感受性をもっていて、ネジがどこにあるのか分からない、そんな性格なのですね。

巧は巧で、取扱いが大変です…。

依子と巧なら、よっぽど依子の方が扱いやすいと思います…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「無理して実行お泊り計画!! 初キスは波乱の幕開け!?」
依子(杏)は自分の両親がキスから性行為まで1カ月・5回目のデートで一気に済ませたと知り、巧(長谷川博己)と一夜を過ごす計画を立てる。一方、依子からデートに誘われ、帰りは“翌朝”になると言われた巧は、焦りを隠せず宗太郎(松尾諭)らに相談。その後、依子は自宅である官舎に招き入れる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」5話のネタバレ
これから年末年始を迎える頃、島田佳織(国仲涼子)に谷口巧(長谷川博己)はパーティーに誘われます。

新年が明けた瞬間に、それに参加している者同士がキスするというイベントで、仮装して参加しなければなりません。

佳織は、依子を誘ってそのパーティーに参加しなさいと言いますが、むろん巧は嫌がります。

付き合って1ヶ月も経つのに、キスすらしていないのはおかしい言い、このパーティーは絶好のチャンスなのだと説得します。

デートを4回もしているのに、何もしていないなんて異常だと母(和久井映見)の像に言われた依子(杏)は、巧との交際について考えていたのでした。

依子は俊雄(松重豊)に、母との交際について問いただし、俊雄も素直に娘にあっけらかんと話すのでした。

やる気満々になった依子は、巧に連絡をとり、私がデートプランを立てるから、あなたは身一つで来てくれと頼みます。

事情を聞いた巧は怖気づいてしまうが、留美(風吹ジュン)のためにも結婚するしかないと、思い直すのでした。

そして当日、すっぽん料理を2人は食べ、2人は依子の官舎へ向かいます。

しかし、依子の部屋には鷲尾豊(中島裕翔)がいたのですが、それを知らない2人は…。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」5話の感想
依子のストレートすぎる行動や言動に、すこし引いてしまいました。

まず、父親に両親との交際について聞くこともあまりないと思いますし、父親も娘に何回目のデートでキスをしただの、話さないと思います。

ただ、父が娘にあっけらかんと話すからこそ、娘の依子も恥じないでそういうことを聞けたりするのかもしれません。

その演出方法は良かったと思います。

しかも決戦当日に、スッポンを食べに行くというのもストレートすぎるなあと思いました。

あまり食べるものではないので、「スッポンを食べよう」と言われたら、男女ともにちょっと「おっ…?!」と思ってしまうのではないでしょうか。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「彼女の実家へ初訪問!! 奇跡呼ぶ涙のレシピが恋の鍵!?」
依子(杏)は、俊雄(松重豊)から親戚が集まる新年会に巧(長谷川博己)を誘うことを提案される。早速、巧に連絡するが、あっさり断られる。そこで依子は、親族に会わないのは結婚する意思がなく、交際終了でいいか確認する。渋々参加を決めた巧から、親戚に気に入られるにはどうしたらいいか助言を求められる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」6話のネタバレ
新年が明けた1月3日、薮下家に谷口巧(長谷川博己)が訪ね、依子(杏)の叔父の富田康行(田口主将)と叔母の富田初枝(田島令子)と顔を合わせることになります。

この日の数日前に、新年の恒例行事に誘ってみてはどうかと、依子に言ったのは俊雄(松重豊)でした。

しかし、その誘いを断った巧に、依子は「私の家族に会おうとしないのは、私と結婚する意志がない」と怒ってしまいます。

巧は慌てふためいて、留美(風吹ジュン)や宗太郎(松尾諭)、佳織(国仲涼子)に相談し、依子の指導の下、その行事に参加するための対策が練られました。

ついに1月3日を迎え、挨拶から始まり、去年の総括と今年の抱負を、一人一人が述べ、終わったら一同で礼をする、というのがこの行事の決まり事らしいのです。

その、あまりの迫力に巧は物怖じしてしまいます。

そんな時、鷲尾豊(中島裕翔)が現れ、爽やかに皆に挨拶し、俊雄とも盛り上がるのでした。

そんな豊に、初枝と康行は拍手喝采のため、巧はより居心地が悪くなってしまいます。

豊を物凄く気に入った初枝は、豊と交際すればいいじゃないかと言われた依子は、「そんなこと考えたことなかった」と、悩み始めたのでした。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」6話の感想
今まで、俊雄や母のキャラクターの割に、依子は癖が強いなあと思っていました。

しかし、依子のキャラクターは、もしかしたら叔父や叔母の影響を受けていたのかもしれませんね。

そのくらい、この2人のキャラクターが濃く感じました。

相変わらず、巧はナヨナヨしていますが、その巧や依子以上に、この2人のインパクトが強かったです。

きっと、この回以降、このドラマに出てくることはないと思いますが、忘れられない親戚だということだけは、覚えていると思います。

松重豊さんも、今回は影薄かった気がします。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「親の気持ちを子は知らず!? 母の終活決め手は結婚!!」
体調の優れない留美(風吹ジュン)が、手術を受けることに。病名は胃潰瘍だというが、突然身辺整理を始めたため、周囲は疑いだす。楽観視しようとする巧(長谷川博己)に依子(杏)は、がんだった母・小夜子(和久井映見)も同じようにうそをついていたことを話す。落胆する巧に依子は、「結婚契約書」を見せる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」7話のネタバレ
留美(風吹ジュン)が体調を崩したため、依子(杏)と巧(長谷川博己)は、「結婚契約書」を急いで作成しています。

最近、留美が貧血と体重が減少したと言うので、依子は病院を紹介し、そこで検査を受けました。

そして、胃潰瘍だと診断された留美は、手術を受けることになります。

巧や佳織(国仲涼子)、宗太郎(松尾諭)は結果に安心しますが、依子は不安を覚えたので、俊雄(松重豊)に胃癌で亡くなった小夜子(和久井映見)の当時のことについて聞くのでした。

留美が身辺整理しているのを感じ取った巧に対して、依子は今の自分達に出来ることをはやく実行しましょうと呼びかけます。

そんなある日、谷口家で「結婚契約書」を書いていた依子は、リビングで留美が不用品を整理している姿を見たのでした。

依子は、巧の父親の写真を見つけ、いつお亡くなりになったのかと留美に尋ねるのでした。

しかし、留美はある意外な事実を告白し、それを耳にした依子は巧に詰め寄ります。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」7話の感想
いつか両親も死ぬんだよなあと、当たり前のことを感じました。

巧はもちろん、母親のことを愛しているのだとは思いますが、この年齢にもなって親に甘えているのを見ると、結局は母親のことを金づるとしか思っていないんじゃないか、とも思ってしまいます。

ただ、今回は人生や両親について考えさせられるところがいっぱいありました。

ニートの子供を面倒みている親は、甘やかしているのはもちろんですが、甘えという言葉以上に大きな愛情があるのでしょうね。

ただ、その親の愛情にいつまでも胡坐をかくのはどうか、とも思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「ついに結納!! 涙の真相告白〜本当の恋がしてみたい」
依子(杏)は鷲尾(中島裕翔)に結婚を前提に交際を申し込まれるが、理念が合致する相手とするべきだと断り、巧(長谷川博己)との結婚を決める。依子と巧は、式はしない方向で一致していたが、俊雄(松重豊)の希望で結納から行うことに。結納当日、一同が緊張で進行に手間取っていると、依子は仕切り直すと言いだす。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」8話のネタバレ
ようやく、依子(杏)と巧(長谷川博己)の結納が行われることになり、両家が薮下家に集合します。

厳かな雰囲気で儀式は始まりますが、俊雄(松重豊)と谷口努(平田満)は2人してタジタジなので、留美(風吹ジュン)は笑いが止まりません。

そして依子は、あまり浮かない顔をしている巧が気になります。

この日の数日前、依子と巧の結婚を祝うパーティーが開かれ、佳織(国仲涼子)や宗太郎(松尾諭)、鷲尾豊(中島裕翔)が谷口家に集まったのでした。

2月14日のバレンタインデーに結納することを聞いた佳織は、ロマンティックだと言うのでした。

今まで生きてきた中でチョコレートを渡したことがないという依子に、巧は「さすが、賢明だ」と言います。

巧いわく、バレンタインデーなど製菓業界が仕込んだイベントにしか過ぎないというのです。

依子がいない際に、豊は、僕はもう彼女を諦めましたが、彼女はきっとチョコレートを誰かに渡したいはずだし、依子ともっと恋愛をしてあげてほしいと、巧に頼むのでした。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」8話の感想
豊さんは、いつも依子の良き理解者ですね。こんな男性、男友達にほしいです。

頑張ってバレンタインにお菓子作りする女性もたくさんいますが、そもそも男性たちがお菓子をもらいたいと思っていなければ、もともと作る必要もないのですから…。

最近は職場で男性女性関わらず、皆にお菓子を配っているので、出費がかさみますし、バレンタインなくして頂きたいと感じています。

「バレンタインデーなど、製菓業界の陰謀だ」という巧には、激しく同意してしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「恋愛できない2人が本当の恋をした 高等遊民誕生の秘密と結婚式の思い」
依子(杏)は、恋がどんなものかを確かめるため、鷲尾(中島裕翔)と交際を開始。デート前に巧(長谷川博己)から“ありのまま”でいけと助言された依子は、ジャージーでデートへ。一方、巧は佳織(国仲涼子)とデートするが、佳織を怒らせてしまう。デート後、二人はもう連絡しない約束だったが、連絡を取り合ってしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」9話のネタバレ
バレンタインデーに行われた、依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)の結納が中止になった後の3月15日に結婚式場に佳織(国仲涼子)、宗太郎(松尾諭)、鷲尾豊(中島裕翔)、俊雄(松重豊)、留美(風吹ジュン)、谷口努(平田満)らがいました。

ようやく晴れやかなこの日を迎えられることが出来、娘の幸せを嚙み締める俊雄をみて、留美や努も安どの表情を浮かべます。

しかし、結婚式場のスタッフがウェディングドレスを持って入室すると、巧の姿がないことを発見してしまいます。

みんなで手分けして巧を探すのですが、巧はどこを探しても見つかりません。

そんな中、依子は心当たりがあると言い、そこへ向かうのでした。

実は結納の日、依子は豊に、佳織は巧にバレンタインチョコレートを渡し、それぞれの交際がスタートしたのです。

巧と依子の2人は、今後はもうこれ以上お互いの話をしないほうがいいと言って、連絡を切ったのでした。

豊は依子を美容院やお店に連れて行き、楽しくデートが終わります。

一方で、巧も佳織と漫画鑑賞という「高等遊民」に相応しい、デートを満喫していたのです…。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」9話の感想
視聴者の方々も感じていた、「依子と豊」「佳織と巧」の組み合わせのほうが、すんなり納得できるし、祝福してあげたいという気持ちになるのだと思います。

そうなったシーンを見て、「ほらやっぱりね!」と思った私ですが、たぶん何か違うという、違和感も感じたのではないでしょうか…。

恋愛って難しいですね。好きな人の前では、安心して自分の素を出せることも必要ですが、そこに甘えすぎてもいけません…。

バランスが大事なのだと思います。友達より恋人の方が自分と近くなってしまいますが、いざ別れると、今度は友達よりだいぶ遠い存在になってしまいますし…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「こんな愛の告白、あり得ない…!? 運命の恋が巻き起こす誕生日の奇跡」
結婚相談所を通して出会った依子(杏)と巧(長谷川博己)。度々言い争いをしながらもデートを重ねてきたが、ついに依子も結婚目標年齢の30歳に! 依子は恋を知るため付き合い始めた鷲尾(中島裕翔)に連絡するが、仕事だと断られてしまう。だが、サプライズを企画する佳織(国仲涼子)から、依子に電話が…。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」10話のネタバレ
依子(杏)は、3月22日に30歳の誕生日を迎えます。

依子は誰からも鳴らない携帯電話を見て、ついには自分から豊(中島裕翔)へ電話してしまうのでした。

大事な商談があるため、今日は合えないと言われてしまった依子は、俊雄(松重豊)にもフラれてしまいます…。

そんな哀れな娘の姿を見て、小夜子(和久井映見)は笑うのでした。

依子は暇なので、路線バスに乗って、横浜市内を楽しむことにします。

たまたま乗ってきた巧と2人でシートに座り、いつもの会話が始まるのです。

けれども、議論が白熱してしまった結果、お互いにハプニングが起こるのでした。

それを微笑ましく見ていた老婦人(白石加代子)は2人に声をかけ、依子にお誕生日プレゼントだと言い、リンゴを依子に渡して、バス停留所で降りていくのです。

そんな時、巧の携帯電話が鳴ります。

佳織(国仲涼子)からの電話で、巧が依子と一緒にいると告げると、電話が切られてしまいます。

そうすると今度は、依子の元に佳織から連絡が入り、留美(風吹ジュン)が倒れたのだと伝えられます。

2人は慌てて、谷口家に向かいます…。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」10話の感想
バスに乗ってきた老婦人は、お上品な方のようでしたが、お上品な人間はまず路線バスにはあまり乗らないよな、と、現実的なツッコミをしてしまいました。

また、国仲涼子さん演じる佳織のやることがよく分からなかったです。

現実に留美が倒れてしまったのなら、息子である巧にすぐ電話して用件を伝えますが…。

わざわざ、一緒にいるという依子に電話すると、何かあるなあと怪しんでしまうからです。

ドラマなので仕様がありませんが、すこし辻褄が合わないところがあったので、もう少しフィットさせてほしいなあと、感じました。

終わり方としては、大体予想していた通りになりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の概要

内閣府の研究所で働く藪下依子は、父親から見合いを勧められる。

しかし、恋愛経験が無く、結婚は相手との「契約」と捉える依子は、ことごとく見合いに失敗し、結婚相談所に登録。

一方、自身を高等遊民と称する谷口巧は、女性と新しく出会うことで働く意欲を持って欲しいと願う幼馴染の島田宗太郎によって、勝手に結婚相談所に登録させられる。

依子は巧のプロフィールに記載してある身長や生年月日などの数字が全て素数で構成されていることに興味を持ち、デートをすることになる。

恋愛感情の無い理念だけの交際と割り切り、さらに依子に想いを寄せる鷲尾豊、宗太郎の妹・島田佳織が割り込み四角関係となってしまうが、二人は不器用ながら互いに気になる間柄となっていく。 (引用元:Wikipedia)

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の出演者、放送情報

藪下 依子:杏
谷口 巧:長谷川博己
役藪下 俊雄:松重豊
藪下 小夜子: 和久井映見
鷲尾 豊:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
谷口 留美:風吹ジュン
谷口 努:平田満
島田 宗太郎:松尾諭
島田 佳織:国仲涼子

主題歌:chay「あなたに恋をしてみました」

制作:フジテレビ

放送:2015年

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の見どころ

主演の杏は「月9」初出演かつ初主演で、共演の長谷川博己も本作が「月9」初出演!

2人が抜群の演技力で、独特の個性を放つキャラクターを魅力的に作り上げています。

「リーガル・ハイ」シリーズを手掛けた古沢良太の脚本だけあって、畳み掛けるような早口の長台詞が多いのが特徴。

小気味良いテンポで見る人を飽きさせない、なんだか癖になるドラマです。

主人公の藪下依子とお見合い相手の谷口巧、彼らに想いを寄せる鷲尾豊(中島裕翔)と島田佳織(国仲涼子)の四角関係を軸に、依子と巧の親も巻き込んでドタバタな展開が畳み掛けてきます。

そんな中で随所に描かれる、登場人物たちの心の機微に、ホロリとさせられることもしばしば

笑いあり、涙ありの傑作です!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の感想

20代女性
ひきこもり独身男性とコミュ障堅物独身女性の恋愛の様子が面白いドラマです。長谷川さんのキャラもよかったですが、私のイチオシは中島裕翔くんでした。恋愛にいまいち積極的になれない主人公に、一途な思いを寄せる年下の好青年なのですが、もうキュンキュンが止まらない!何度も萌死にするかと思いました・・・
30代女性
他の誰にも真似できない、自分も知らない魅力を見つけて、つい見て見ぬふりをしてしまう自分の弱い部分にも向き合わせてくれる人と出会うことで、自分のことも好きになれるし、相手のことも好きになれる、という大事なことを教えてくれたドラマです。無理に自分ではない「誰か」になろうとしなくても、自分は「自分」のままでいていいんだ、と思わせてくれる素敵な作品です。  
30代女性
お互い恋愛経験0の男女が、互いに手探り状態で「恋愛」をするべく歩み寄っていく恋愛コメディです。なにしろ恋愛経験がないので、何をすればいいのかもわからない・・・そんな二人がもどかしくも可愛らしく、初めて恋した時のトキメキを思い出させてくれます。中島くん演じる年下イケメンが、頑張ってるのに空回りしてしまう、可愛い役で好きでした。  

まとめ

以上、杏主演のドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

恋愛不要論を唱えるような“恋愛力ゼロ&恋愛不適合者”である女と男が、それぞれのやむにやまれぬ事情から結婚を目指します。

恋愛なんて…と、あきらめているアナタ必見のラブコメディーです!

TSUTAYA DISCASでデート~恋とはどんなものかしら~のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴