ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ドラゴン桜の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2005年7月〜9月まで阿部寛主演で放送のドラマ「ドラゴン桜」

ドラマ「ドラゴン桜」は、阿部寛、長谷川京子、山下智久、長澤まさみら豪華キャストが共演した青春学園ドラマ。

元暴走族のリーダーで今は冴えない三流弁護士が、将来に夢も希望も持てない生徒たちと向き合うストーリーです。

ドラマ「ドラゴン桜」はParaviで独占見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「ドラゴン桜」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ドラゴン桜」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ドラゴン桜」はParaviで独占見放題配信されています。

Paraviは通常月額1017円(税込)※かかる動画配信サービスですが、登録から2週間は無料お試し期間になっています。
※iTunes Store決済の場合は月額1,050円(税込)

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品の動画はすべて無料視聴可能なため、ドラマ「ドラゴン桜」は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「ドラゴン桜」に出演している新垣結衣の出演作品

  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 空飛ぶ広報室
  • 恋空

も取り扱いされているので、一緒に視聴することが可能です。

TBSやテレビ東京の作品を扱うParaviなら、他の配信サービスでは見れないドラマも多いです。

まずは無料お試し期間でドラマ「ドラゴン桜」をチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ドラゴン桜」の動画まとめ

ドラマ「ドラゴン桜」は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴
第1話 「バカとブスこそ東大へ行け」
破天荒な弁護士が落ちこぼれ高校の再建を目指す。元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)は、経営難の三流私立校・龍山高校に債権者代理として乗り込む。教師らを前に、学校の解散と教師の解雇を通達。だが、弁護士としての名を上げるため、桜木は解散ではなく、東大合格者を輩出する進学校にする再建案をブチ上げる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」1話のネタバレ
私立龍山高校は、偏差値36の超落ちこぼれ学校です。

東大はおろか、大学進学率は2%のバカ学校なのです。

この高校は相当の借金を抱えており、倒産の危機に面しています。

そこへ、弁護士の桜木健二(阿部寛)がやって来ます。

しかし、美人英語教師である井野真々子(長谷川京子)ら教師陣から追い払われ、弁護士としての経歴にも疑問を持たれてしまいます。

桜木は、元暴走族リーダーという過去をマスコミに暴露されてしまった、貧乏な三流弁護士なのでした。

一流弁護士になるという野望を実現するため、潰れそうな龍山高校を再建することを思いつきます。

そして、再建するための手段として、落ちこぼれ高校から東大合格者を出し、超進学校への転換でした。

教師陣や生徒達からも、呆れられます。

父親の借金に悩む矢島勇介(山下智久)や、何もこれといった取り得のない水野直美(長澤まさみ)たち生徒は、自分が東大を目指すことになるなんて、思ってもいなかったのでした。

ドラマ「ドラゴン桜」1話の感想
こんなにも落ちこぼれの集まる学校を知らないので、少し現実的ではありません。

しかも、そんな落ちこぼれのバカ学校から東大合格者を出すなんて夢のような話、ドラマだなあと感じてしまったのが正直な話です。

ただ、桜木健二演じる阿部寛さんの暴走族姿はとても似合っていて、リアルでした。

長谷川京子さんもこの時はすごく可憐で可愛らしいですね。

今回は1話ということもあって、これから始まる物語のまえがきのようなものなので、特に重要な場面は無かった気がします。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「自分の弱さを知れ!」
桜木(阿部寛)は東大受験のための特別進学クラスを創設。一方、再雇用試験が行われることを知った教師たちは、理事長の百合子(野際陽子)に、特進クラスに生徒が集まらなかった場合、桜木の学校からの追放を訴える。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」2話のネタバレ
龍山高校を再建することになった桜木は、龍山高校の教師となります。

そして、東大合格を目指すための特別進学クラスをも設置しました。

今年は5名の東大合格者を、5年後には100名の東大合格者を目指します。

しかし、落ちこぼれの集まるここ龍山高校には、そもそも特別進学クラスに入ろうと考える生徒が一人もいません。

進学校化を反対する真々子ら教師陣からも、「東大合格者の前に、まず特進クラスに生徒が集まらなければクビ」とまで言われてしまいます。

特進クラスの生徒を集めるために、桜木はついに動き出しました。

特進クラスに入ることを進められている生徒の一人である矢島勇介は、父親の借金のせいでバンド活動にも参加できず、学校への出席も減っていたのでした。

さらに、父親がいなくなったことで借金取りにも追われてしまいます。

彼が大切にしていたトランペットまで質屋に入れ、バイトも始めますが、借金は全く減りません。

桜木は、矢島を特進クラスに誘うのですが…

ドラマ「ドラゴン桜」2話の感想
矢島勇介演じる山下智久さん、イケメンですが若くてチャラいです!

バンド活動というと、ギターやドラムといったものを想像しますが、彼がやるのはトランペットというのが、なんだか粋で可愛いなあと思いました。

トランペットを質屋に入れるという場面で、彼は本当は生意気にも見えるけれど、本当はすごく純粋でひたむきな性格をしているというのを、暗に示したいのかなとも考えました。

それにしても、龍山高校の教師陣はうるさいというか、バカ学校なのに案外まともな外見している先生ばかりなんだなと、感じてしまいました…(笑)

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「遊べ! 受験はスポーツだ!」
勇介(山下智久)ら特進クラスの生徒が10日間の合宿生活に入る。生徒が勉強を始めたことに危機感を抱いた教師たちは、特訓を妨害するために、桜木(阿部寛)を直美(長澤まさみ)の実家の小料理屋に呼び出す。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」3話のネタバレ
ついに、特別進学クラスは東大合格へ向け動き出します。

桜木は、勇介(山下智久)や英喜(小池徹平)、よしの(新垣結衣)、麻紀(サエコ)と、真々子の5人は泊まり込みで10日間の強化合宿をスタートさせます。

この合宿では、「一日16時間の勉強」を宣言し、効率よく知識を吸収させます。

生徒らや真々子はこれに反発するのですが、勇介だけはやる気になっていたのでした。

一方で、特別進学クラスに誘われてもずっと断っていた直美は、小料理屋を営む母悠子(美保純)にまで、龍山高校だからと馬鹿にされています。

彼女は将来への希望も見いだせず、そんな状況から抜け出すために東大受験へと心は傾きます。

しかし、母親は「この子は筋金入りのバカなんだから、東大なんて行けるわけないでしょ」と猛反発。

桜木はその母親に、「5日後、高校数学の計算問題100問で、満点をとらせる」と宣言し、ついに特別進学クラスに入った直美は奮闘するのでしたが…

ドラマ「ドラゴン桜」3話の感想
小池徹平さんや長澤まさみさん、新垣結衣さん、サエコさん、みんな若いですね~。

長澤まさみさんはほぼ変わっていませんが、新垣結衣さんはコギャルのような感じで、今とだいぶ雰囲気が違います。

直美の母親の美保純さん、小料理屋を営んでいる設定、とてもお似合いでした。長澤まさみさんが、母親からバカにされて腹を立てていたり、悔しがっている姿は上手でした。

血のつながった母親からあんなことを言われたら、自分だったら何か物でもあてつけたいところですが…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「壁にぶつかるまで我慢しろ」
合宿も半分が経過。桜木(阿部寛)は、多数の東大合格者を出した元塾経営者・ 柳(品川徹)に特進クラスの数学教師就任を依頼。信条である詰め込み教育を否定され、引退を決めていた柳は、桜木の説得に応じ、授業を受け持つことに。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」4話のネタバレ
特別進学クラスの10日間の合宿は、折り返し地点に突入します。

直美も特進クラスに加わり、5名の生徒が東大合格へ向け頑張っていました。

しかし、一日16時間の勉強という慣れない生活に、生徒らの集中力も少し落ちていたのでした。

そんなとき、桜木は生徒のさらなる学力向上のため、伝説の数学教師の元へ急ぎます。

その人物は、己の数学理論で何百人という東大合格者を輩出した、「東大数学の鬼、柳鉄之助介」です。

一方で、桜木がいない間、特進クラスを任された真々子ですが、一致団結していた生徒達の間で、ちょっとした亀裂がはいってしまいます。

よしのは、幼馴染である勇介と直美の仲良しな関係に嫉妬していたのでした。

勇介のガールフレンドであるよしのは、勉強に集中することができず、特進クラスを辞めるとまで言ってきます。

真々子はよしのを説得に向かいますが、特進クラスでは、よしのがいないまま伝説の数学教師である柳の授業が始まるのでした。

ドラマ「ドラゴン桜」4話の感想
今回はよしのに割と焦点が当たった回でした。

よしのこと、新垣結衣さんが若くて、メイクが濃いので、ちょっとした新鮮さを味わうことができます。

勇介と直美が二人で話しているときの、新垣結衣さんが本当にコギャルです。

メイクのせいかもしれませんが、目が今よりもキツイ感じなので、違う人物なのではないかと思ってしまうほどです。

柳先生が、数学の教師っぽくて、白い巨塔などで拝見したことがあるので、すごく似合っていたと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「泣くな! お前の人生だ!」
桜木(阿部寛)は、真々子(ままこ・長谷川京子)らに再雇用試験を実施。そんな中、英喜(小池徹平)が、一郎(中尾明慶)の弟で、秀明館に通う次郎(水谷百輔)と喫茶店で口論になり、次郎は一郎を殴ってしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」5話のネタバレ
特別進学クラスの生徒達は、夏休みを直前に控え、猛勉強の日々を過ごします。

桜木は、数学の柳鉄之介に加え、国語の芥山龍三郎や理科の阿院修太郎を特別講師として招き、さらなる学力向上を目指します。

特進クラスでは、少し変わった癖のある、東大受験へのテクニックが生徒らに披露されます。

ところが、龍山高校の教師陣は桜木の東大受験方針に未だ反発しています。

そんな中、リストラ寸前の教師陣に、桜木は教職員の再雇用試験を実施するのでした。

その頃、特進クラスの生徒の一人である、英喜が傷害事件を起こしてしまいます。

落ちこぼれの集まる龍山高校の生徒である一郎(中尾明慶)と、進学校に通う双子の弟である次郎(水谷百輔)との兄弟喧嘩に、英喜は巻き込まれてしまったのです。

桜木と真々子も警察に駆けつけるのですが、バカ学校呼ばわりされる龍山高校生徒である英喜の犯行である、と警察は勝手に断定しました。

英喜は兄弟喧嘩の濡れ衣を着せられただけですが、桜木はある行動をとります。

ドラマ「ドラゴン桜」5話の感想
とりあえず、進学校の生徒の言うことを信じ、バカ学校の生徒の言うことには耳も貸そうとしない警察にイラッとしました。

しかし一郎の、か弱いというか人のよさそうな感じは、中尾明慶さんにピッタリだと思います。

小池徹平さんのヤンキーっぽい感じも、ごくせん2の時と同じ感じで良かったと思います。

今までずっとバカだからと言われて育つと、ぐれてしまったり卑屈な人間にもなってしまいます…。

一方で、今回は新たな先生が増えましたが、名前がとりあえず偉人の名前をパクっていて、面白かったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「英語対決! 勝負だバカ6人」
桜木(阿部寛)はフィリピンパブのボーイ・川口(金田明夫)に英語講師を依頼。川口は、英語の曲を踊りながら歌うことで、英語力を身につける授業を行う。生徒に教え方が退屈と指摘された真々子(長谷川京子)は、川口の授業に異を唱える。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」6話のネタバレ
特進クラスには、数学や理科、国語と特別講師が桜木により招かれました。

あと残すは、英語のみとなり、真々子は英語教師のため、期待しています。

特進クラスの生徒のために、夏休み用のカリキュラムを作成して、英語教師は自分だとなぜか自信満々なのでした。

しかし、英語教師に任されたのは真々子ではなく、川口洋(金田明夫)でした。

エアロビクスを踊りながら英語を学ぶという変わった授業で、生徒たちの心を掴んでいました。

真々子は、その授業方針を全否定し、桜木から英語教師の座をかけ川口との真っ向勝負をかけられても、拒否すらしません。

真々子の指導する生徒と、川口の指導した特進クラスの生徒らが英語のテストの点数で勝負することが決まりました。

特進クラスの生徒は誰一人として、真々子の指導する生徒に負けてはいけません。

そして、この勝負に勝った者が特進クラスの英語教師を担い、負けた者は英語教師を辞任するというルールが設けられたのです。

真々子はその勝負に向けて、栗山という生徒を徹底的に指導します。

一方で、川口も特進クラスの生徒と仲を深めながら、対決の日を楽しみにしていたのでした。

ドラマ「ドラゴン桜」6話の感想
英語の勉強しながら、エアロビクスをするというのは、斬新でした。

また、英語の先生がだいぶ変わっている感じで、見ていて面白かったです。

洋楽の歌詞を英語の勉強で使えるというのは、これを見ていたときに初めて知りました。

なので、高校受験や大学受験の時に勉強に行き詰ったときは、よく洋楽を聞いていたものです。

真々子の能天気な性格に対して、凄いなあ、ちょっとアホなんだなあ(笑)、と愛情を持ちながら思ってしまいました。

英語なんて、大学受験で一番重要な科目だと思うので、それを自分が任せてもらうというのは、ちょっと真々子のアホさを示したかったのかなと感じています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「見返してやる! 東大模試!」
真々子(長谷川京子)は桜木(阿部寛)の指示で、英語から世界史の担当に。桜木は真々子を教壇に立たせるのではなく、生徒と一緒に勉強させることで、全員の世界史の学力アップを図る。そんな中、東大模試を控えた特進クラスにテレビの取材クルーがやって来る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」7話のネタバレ
龍山高校の特進クラスは夏の東大模試を直前に控えていました。

4名の特別講師による指導により、生徒たちのやる気もすごく高まっています。

しかし、これから先に新しい講師を呼ぶ資金のない桜木は、真々子を世界史の担当にします。

ただ、世界史の教員免許状をもっていない真々子が、教壇に立って、生徒達に世界史を教えられるわけはありません。

そこで桜木は、生徒達と一緒に授業を受けるよう命令したのでした。

「なんで英語教師の私が生徒達と一緒に世界史の授業を受けなきゃいけないの…?」と不満顔の真々子です。

一方で、特進クラスにテレビ局の取材が入ります。

どこからか、落ちこぼれのバカ高校生が東大を目指すという情報を知り、興味をもったのでした。

もちろん、そんなことを知らない桜木は怒りの骨頂です。

しかし、龍山高校理事長である瀧野百合子(野際陽子)が取材を許可したため、桜木もさすがに逆らうことができません。

東大模試を直前に控えていたのに、不測の事態に見舞われる特進クラスの生徒達は…?

ドラマ「ドラゴン桜」7話の感想
非現実的なお話ではありますが、何かとためになったり、役立つこともあるドラマだなあと感じています。

小学生や中学生レベルの問題が解けなかった高校生たちがたった何か月、一生懸命勉強したからと言って、高校1年生のレベルに上げることさえ、現実的には無理です…。

ただ、理事長である野際陽子さんの演技も、ワガママで自由奔放に今まで生きてきたんだなあと感じさせる演技で、ある意味リアルです。

いつもは何かと気の強い所をみせる桜木ですが、その理事長をバカにしながらも逆らうことのできない阿部寛さん、可愛らしいです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「バカの涙…夏休み課外授業」
特進クラスの6人が東大模試を受験した。勇介(山下智久)たちは手ごたえを感じていたが、採点の結果、合格の可能性が5%以下のE判定であることが判明。やる気を失った麻紀(サエコ)らは特進クラスを辞めると言い、教室を出て行く。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」8話のネタバレ
東大の模試が始まり、結果によっては「東大に入るなんて不可能だ」と今までバカにされてきた特進クラスの生徒達も、両親や友人を見返す絶好のチャンスでもあります。

6人の特進クラスの生徒達は、自分達のそれぞれの思いを胸に秘め、模試に臨みます。

桜木や真々子、4人の特別講師たちも、龍山高校にあるドラゴン桜の下で生徒達の健闘を祈ります。

模試を終えた生徒達は、今まで頑張った達成感から、すごく満足気で自信あるかのような表情を見せます。

それを見た真々子も一安心したのでした。

しかし、模試が終わって休むことなく、自己採点を始めます。

桜木にとって、模試とは弱点を把握し、それを補強していくというのが狙いです。

しかし、生徒達の結果は平均点に及ぶこともなく、合格率5%以下のE判定が出されてしまいます。

桜木の「人生に比べりゃ、東大に入るなんて簡単だ」という言葉を信じて、必死になって一生懸命頑張ってきた生徒達も、模試の結果に激しく落ち込みます。

麻紀の「私、もう辞める」という言葉を聞き、次々に教室を去る生徒達でした。

残された桜木と真々子は…

ドラマ「ドラゴン桜」8話の感想
今回が今までで一番、感情移入しやすい回だったと思います。

一生懸命、勉強しているのにE判定が出てしまい、どうしたら結果に結びつくのか、何がいけないのか、ちゃんと考えてもその答えは出ません。

もがき苦しむのは、受験生なら一回は経験したことがあると思います。

すぐに結果が出ないことはわかっていても、納得がいかないのですよね。

ただ、特進クラスの生徒達は、ちゃんと勉強し始めて数か月しか経っていないのだから、現役で東大を目指すのはやっぱり無理があるな、とも感じてしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「信じろ! 成績は必ず上がる!」
勇介(山下智久)は成績が伸びないことに悩んでいた。一方、直美(長澤まさみ)の母・悠子(美保純)が倒れ、病院へ運ばれる。そんな中、桜木(阿部寛)は2学期に入り、生徒の家庭環境が重要になると考え、「受験生を持つ家庭の心得」を講義するため、真々子(ままこ・長谷川京子)に保護者を呼び出させる。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」9話のネタバレ
怒涛の夏休みが終わり、二学期が始まりました。

東大模試が悪い結果であっても、生徒達は心を入れ替えて受験勉強に励みます。

しかし、勇介ひとりだけ、勉強に集中することができず、成績は下降する一方です。

テストでも、トップをとった一郎と20点もの差があり、最下位の点数をとってしまうのでした。

バカはちまきを頭に巻かれイラッとする勇介に、なんと声をかければいいのか分からない他の生徒達です。

勇介の落ち込み方は想像していたものとは違い、なんとか対策を練らなければなりませんでした。

一方、特進クラスの保護者達に「東大受験生を持つ、家庭の心得」というテーマで説明会をする桜木。

桜木の考えた教育方針は、保護者の反発が凄まじいものでした。

受験合格を勝ち取る上で、生徒達の家庭環境は重要な問題となるため、桜木は保護者の説得に当たります。

そんな頃、勉強に全く身が入らず、ボーっとする勇介の元へ、幼馴染の直美がやって来ました。

なぜか目に涙を浮かべる直美に勇介は戸惑い…

ドラマ「ドラゴン桜」9話の感想
今回は、勇介の気持ちがすごくよく分かる回でした。

ほかの生徒達が、メキメキと成績を上げていくのに、自分はちゃんと勉強をしているのに、あがらない…。

そもそも、勉強はしているけど集中できていないことも次第に分かるのですが、どうすればよいのか分からない。

これも、経験したことある人も多いのではないでしょうか。

集中できないときは、思い切って休もうと思うのですが、休んでいても他の人は勉強しているのだからと気になってしまい、結局休むことも出来ません。勉強って酷なものですね…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「友情か受験か? 最後の決断」
母・悠子(美保純)が入院し、直美(長澤まさみ)は東大受験をあきらめると言いだす。桜木(阿部寛)は「分かった」とだけ言って、慰留しなかった。直美に事情を聞いた勇介(山下智久)は、桜木に直美の受験も彼女の実家の小料理屋も何とかすると宣言。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」10話のネタバレ
受験は辞めると突然言ってきた直美に、桜木は直美を引き止めもせず、ただ頷いて聞くだけです。

一方、直美の決断にただただ驚き、なぜだと理由を聞く勇介。

直美の母が脳梗塞で入院したため、娘の自分が母の店を切り盛りしなければならないというのが、その理由でした。

入院費を捻出するために、東大受験を苦渋の決断で諦めなければならない直美に、幼馴染の勇介は気の利いた言葉も言えず、「諦めるな」としか言うことができません。

もちろん翌朝の特進クラスに、直美の姿はなかったのでした。

桜木は、直美が存在していなかったかのように振る舞い、残った生徒達にいつも通り、「東大合格を目指せ」と言うだけです。

直美母の小料理屋には、直美だけでなく、なぜだか割烹着を着た教師、真々子の姿もあります。

自分は直美の手助けをしたいという、真々子らしい純粋な思いで、お店にやって来たのでした。

さらに特進クラスの生徒達も続々とお店にやって来て、お店の手伝いや母の見舞いを交代で手伝うと言ってくれます。

生徒達は、誰一人として欠けることのない、特進クラス6人全員揃って「東大に合格する」というのが絶対的な目標なのでした。

普段の受験勉強に加え、お店の手伝いも頑張る生徒達でしたが、体力や集中力がそう長くは続きません…。

ドラマ「ドラゴン桜」10話の感想
今回は、少し現実離れしているとは思いますが、友人と一緒に合格したいという純粋無垢な思いは良いなあと思いました。

それにしても、冒頭の桜木は冷たいなあとも感じてしまいます。

でも、桜木のことだから何か意図があるのだろうとも思いました。

こういうドラマでは、先生が言うことにありがちなのが「俺が店を手伝う」だの、「お金を貸す」だのだと思います。

それらを言わなかったところは、良かったのではないかと思います。

それを桜木が言ったら、とても萎えてしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「お前らはもうバカじゃない! 運命の合格発表!」
年が明けて1月、センター試験が始まった。勇介(山下智久)や直美(長澤まさみ)ら特進クラスの生徒たちは、試験問題の想像以上の難しさに苦戦しながら、どうにか初日を無事に終えた。東大合格を目指す特進の6人は、励まし合いながら、試験2日目に臨む。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「ドラゴン桜」11話のネタバレ
第一関門であるセンター試験が終わりました。

受験会場の外には、母親の看病に付き添うため、ひとりで東大合格への受験勉強を頑張っていた直美の姿もあり、特進クラス6人全員が久しぶりに揃ったのです。

センター試験の答え合わせをするために、龍山高校へ向かう生徒達。

桜木や真々子はもちろんのこと、特別講師たちも龍山高校で待機しており、答え合わせが始まりました。

採点の結果、特進クラス6人全員がボーダーラインを超えました。

ついこの間までバカだと言われていた6人は、センター試験を見事に突破したのです!

真々子は、涙を流して生徒達の頑張りを喜びます。

しかし、センター試験突破に喜んだのも束の間で、生徒達はすでに35日後に行われる東大入試本番の二次試験に焦点を合わせていました。

二次試験対策のため、桜木のアドバイスを必死に聞く生徒達。

そして、ついに東大入試本番がやってきます。

特進クラス6人の生徒達、そして桜木の道はどうなるのでしょうか…

ドラマ「ドラゴン桜」11話の感想
ドラマのことだから、誰か一人はもちろん合格するだろうと予想していました。

少し、予想は外れてしまいましたが、最終的には良かったのだと思います。

このドラマを見てから、この漫画を借りてきて、勉強した記憶が蘇りました。

ドラマのように上手くはいかないと思いますが、変な受験勉強方法の書いてあるものより、役に立つこともあった気がします。

特進クラス6人の皆さん、今となっては有名な方々なので、この方たちをキャストに揃えられたのは贅沢だったと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ドラゴン桜」の概要

元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)は、経営難の三流私立校・龍山高校に債権者代理として乗り込む。

教師・真々子(長谷川京子)らを前に、学校の解散と教師の解雇を通達。

だが、弁護士としての名を上げるため、桜木は解散ではなく、東大合格者を輩出する進学校にする再建案をブチ上げる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ドラゴン桜」の出演者、放送情報

桜木 建二:阿部寛
井野 真々子:長谷川京子
矢島 勇介:山下智久
水野 直美:長澤まさみ
奥野 一郎:中尾明慶
緒方 英喜:小池徹平
香坂 よしの:新垣結衣
小林 麻紀:サエコ
柳 鉄之介:品川徹
阿院 修太郎:小林すすむ
芥山 龍三郎:寺田農
川口 洋:金田明夫
落合 正直:デビット伊東
近藤 時久:斉藤洋介
宮部 梅太郎:安藤亮司
浅海 和子:築山万有美
稲葉 勉:青山勝

原作:三田紀房

主題歌:melody.「realize」

制作:TBS

放送:2005年

ドラマ「ドラゴン桜」の見どころ

ドラマ「ドラゴン桜」は、「週刊モーニング」で連載された、三田紀房の人気コミックをドラマ化した作品。

偏差値36の落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す様を描いた学園ドラマです。

元暴走族のリーダーで今は冴えない三流弁護士を阿部寛が演じ話題に。

野望実現のために、日本一のエリート校として生まれ変わらせようと動き出します。

そして、集まったのは将来に夢も希望も持てない生徒たち・・・

共演は英語教師役に長谷川京子、桜木に反発する教師を演じます。

生徒役に長澤まさみ、山下智久、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣、サエコら豪華な顔ぶれが集結しています!

的を射た受験テクニック、勉強法の数々が見どころとなっています!

受験だけではなく、社会を生き抜く上での大切な事に気づかせてくれる作品です。

東大合格は果たせるのか、最後まで目が離せません!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「ドラゴン桜」の感想

20代女性
馬鹿が東大目指して頑張っている作品で見ていて応援しながらも勉強法を学びながら観ていました。この作品の東大を目指すクラスのメンバーが豪華すぎてみていてとても楽しかったです。楽器を演奏しているチャラい山下智久さんがかっこよかったし、新垣結衣さんと付き合っている設定で最高でした。頑張って勉強したらわたしもきっと東大に入れたんだろうなと思う作品で、今考えるとドラマで勉強しようと思っていたのにしなかった自分に後悔しています。
20代女性
学園ものの話ではありますが、とても勉強になることがたくさん詰まっているドラマでした!受験生の時の葛藤や家庭環境、様々なことを通して主人公たちが成長していく姿が青春だな、若いっていいなという気持ちにさせてくれます。どんな人生でも誰にでも可能性があって、挑戦することの大切さだったり、挫折しても立ち向かっていく姿は見ていて勇気を与えられると思います!勉強のやり方なども教えてくれるので受験生にはぴったりのドラマだなと思います!
30代女性
ちょうど同世代だったので、リアルタイムで見ていました。学校というより予備校的な教え方だった印象があります。阿部寛演じる主人公の先生は、暴走族上がりの弁護士という異色の経歴なのですが、生徒をやる気にさせる発破のかけ方が上手で、私もだいぶ励まされました。今は受験のやり方もだいぶ変わったので、全部が全部参考にはならないと思いますが、それでも高校生にはおすすめのドラマです。

まとめ

以上、阿部寛主演のドラマ「ドラゴン桜」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

元暴走族の教師である主人公が、荒れた高校の1クラスを受け持つ物語。

生徒1人ひとりの抱える問題にまっすぐ向き合う主人公の姿勢に、生徒たちも少しずつ変わっていきます。

徐々に育まれていく生徒との絆に、心温まるストーリーです。

Paraviでドラゴン桜は全話無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴