ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|GM〜踊れドクターの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2010年7月〜9月まで東山紀之主演で放送のドラマ「GM~踊れドクター」

ドラマ「GM~踊れドクター」は、アメリカ帰りのスーパードクターの活躍を東山紀之主演で描いた医療ドラマ。

全体的にコミカルな描写が多いのも特徴である医療ドラマとなっていますよ。

ドラマ「GM~踊れドクターは動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでのみレンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「GM~踊れドクター」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「GM~踊れドクター」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「GM~踊れドクター」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVD無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「GM~踊れドクター」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「GM~踊れドクター」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「GM~踊れドクター」に出演している東山紀之の出演作品

  • 初蕾(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「GM~踊れドクター」に出演している東山紀之の出演作品がたくさん揃っています。

  • 源義経
  • Dear ウーマン
  • 七つの会議
  • 必殺仕事人2009
  • 渡る世間は鬼ばかり第2シリーズ
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「GM~踊れドクター」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「GM~踊れドクター」の動画まとめ

ドラマ「GM~踊れドクター」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「診断の天才登場」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」1話のネタバレ
アメリカから日本に戻ろうとしていた桃子(多部未華子)。

桃子は、研修医として日本の病院で働くことになっていた。

そんな中、職業はダンサーだという後藤(東山紀之)と、飛行機の中で出会う。

後藤と話していると、機内で乗客が体調不良になってしまう。

後藤は乗客を迅速に救助し、桃子は圧倒される。
 
日本に戻った桃子は、総合診療科で勤務することになるが、そこで勤務する医師たちは曲者ぞろいだった。

桃子は、そんな医師たちの様子を見て病院に来たことを後悔し始めるが、なんとか状況を打破しようと、後藤を病院に呼ぶことを決める。

病院にやって来て早々、筋萎縮性側索硬化症(ALS)との診断を受けた患者・斉木(山口粧太)を診察することになった後藤。

斉木の症状を知った後藤は、ALS以外の病気ではないかと考える。

後藤は、思いついた様々な病気について斉木の症状と照らし合わせるが、該当するもの見つからない。

それでも諦めずに斉木の症状に当てはまる病気を調べ続け、ついにキアリ奇形という病気であることを突き止めた。

そして、斉木は適切な治療により無事に病気を克服できたのだった

ドラマ「GM~踊れドクター」1話の感想
1話を観て、医師としての才能を活かし病気を突き止める後藤の姿が特に印象に残りました。

1話では、研修医の桃子がダンサーをしていると話す後藤と出会うことから物語が動き始めます。

後藤は、医師として優れた技術を持っており、そのことに気づいた桃子は、自らが勤務することになった病院に後藤を招きます。

後藤は、かなりの変わり者ですが、病院にやって来て間もない状況で、患者が診断された病気とは別の病気にかかっている可能性があることを見抜きます。

後藤が、困難な状況に直面しつつも、患者の症状から的確に患者の病気の正体を突き止めていく過程がかっこよく、わくわくしました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「原因不明」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」2話のネタバレ
後藤(東山紀之)は、総合診療科で働きながら、歌手デビューの夢を実現させようと考える。

桃子(多部未華子)は、後藤に自分の嘘がばれないように、病院内で歌手デビューの話をしないことを後藤に誓わせる。

一方、氷室(椎名桔平)は、総合診療科をまとめる立場として、自分を変えようと考える。

そんな中、総合診療科は24歳の女性患者・真咲泉(中村ゆり)を担当することになる。

筋肉痛の治療を受けているが、一向に回復しないというのだ。

検査を行うものの、筋肉痛の原因は分からない。

後藤は、総合診療科の面々にもっと患者の話を聞くようにと訴える。

その後、氷室は泉の担当医となる。

氷室が治療を行い、泉の筋肉痛は回復の気配を見せる。

しかし、その後も泉は何度も病院に運び込まれる。

後藤は、泉の筋肉痛の正体に気づき、泉に高温の部屋での運動を命じる。

泉は途中で投げ出しそうになるが、後藤の激励を受け、何とか運動を続ける。

その結果、後藤が考えた通り鎌状赤血球貧血症であることが明らかになる。

そして、後藤の姿に影響を受け、総合診療科の面々も自分を変えようと決意するのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」2話の感想
2話を観て、自分と向き合うことの難しさが特に印象に残りました。

2話では、筋肉痛による来院を繰り返している女性・泉の病気の正体を解き明かしていきます。

泉は、自分を変えたいと思い筋肉痛を克服しようとしますが、後藤によって与えられた厳しい試練に挫折しそうになってしまいます。

それでも、何とか試練を乗り越えるため奮闘する泉の姿が健気で、勇気づけられました。また、総合診療科の面々が、泉を励ます後藤の言葉に影響を受けている姿から、それぞれが抱えている複雑な感情が伝わってきて、総合診療科の面々が今後どう自分と向き合っていくのかが楽しみになりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「誤診」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」3話のネタバレ
総合診療科に勤務する医師・氷室(椎名桔平)。

氷室は、院長の大山(大和田伸也)たちから、総合診療科に勤務する医師のいずれか一人をリストラすることを命じられた。

氷室は、後田(吉沢悠)をリストラの候補とすることを決めた。

そんな時、身体が全く動かないという症状の患者・宅間(佐藤満春)を診療した後田。

後田が治療を行ったことで、症状は回復に向かう。

しかし、その代わりに幻覚症状が見え始める。

総合診療科の医師たちは、幻覚症状の原因を探るが、手掛かりはつかめない。

数日後、宅間は退院することになった。

恋人だという女性が病院に駆けつける。

その様子を見た後藤(東山紀之)は、疑いの目を向ける。

退院した宅間だったが、早速体調不良になり総合診療科にやって来る。

宅間の症状を見た後藤は、病気の正体を推理し始める。 

また、後田も宅間の病気について調べを進めていた。

二人は、宅間の病気がEBウイルスであることを突き止めた。

EBウイルスの治療に必要な骨髄移植が出来ることになり、宅間は涙を見せる。

そして、後田は医師としての能力を認められ、リストラを回避することができたのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」3話の感想
3話を観て、患者を救おうと奮闘する後田の姿が特に印象に残りました。

3話では、総合診療科の医師の一人・後田が診療した患者・宅間を救うため奮闘する姿が描かれます。

後田は、リストラのピンチに陥っており、さらに宅間を診療した際、治療が上手く行かず宅間を苦しめてしまいます。

後田は、共通の趣味をきっかけに仲を深めた宅間を救うために、病気の正体を調べ上げたり、宅間が辛い時には共通の趣味を活かして励ましの言葉を掛けたりと、真摯に宅間に寄り添います。

患者のことを考え、医師として全力で病気を治そうとする後田の様子から、医師としての情熱が伝わってきて、尊敬の気持ちを抱きました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「リストラ」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」4話のネタバレ
後田に代わり、リストラの有力候補となってしまった総合診療科の医師・漆原(生瀬勝久)。

そんな中、体調不良が長引いているという患者・平(小林隆)を担当することになった漆原。

同じ頃、後藤(東山紀之)は病院内で漆原の息子・颯太(岸本慎太郎)と出会う。

颯太と話した後藤は、颯太にダンスを教え始める。

漆原は、診断結果に基づき治療を行うが、平の症状が悪化してしまう。

そこに、玲奈(小池栄子)がサポートに入り、何とか事なきを得た。

数日後、平の意識が回復した。

平は、漆原に対し有名病院に勤務できるかもしれないと話す。

しかし、平の病状は回復しない。

後藤は、平の症状についてビタミンB1欠乏症であることを突き止める。

加えて、平がウェルニッケ-コルサコフ症候群を患ったことにより、嘘をついていることも判明する。

後藤の話を聞き、漆原はショックを受ける。

漆原は、病院を辞めたくないと訴えるが、その頼みは受け入れられなかった。

そして、病院を辞めることになった漆原。

そんな漆原に、息子の颯太が優しく声をかけるのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」4話の感想
4話を観て、親子の絆が特に印象に残りました。

4話では、リストラ候補として名前が出されてしまった総合診療科の医師・漆原が診療に当たる様子が描かれます。

漆原は、リストラを逃れるため懸命に患者の治療に当たりますが、その熱意とは裏腹に患者の症状を悪化させてしまったり、ミスをしてしまったりと空回りしてしまいます。

その上、病院に来ていた息子の颯太にはかっこ悪いところを見られてしまうなど、悪い流れから抜け出せずにいます。

それでも、家族のために全力で働く父親のことを尊敬し、父親に優しく接する息子の姿から、親子の間に強い絆があることが感じられて、微笑ましく思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「急性腹痛」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」5話のネタバレ
急に退職願を出した総合診療科に勤務する玲奈(小池栄子)。

玲奈はそのまま病院から出ていこうとする。

すると、玲奈の前で、車による事故が起こる。

車には、病院を訪れようとしていた美和子(片桐はいり)が乗車していた。

玲奈は、美和子を担当することになり、美和子の症状が回復するまで病院に勤務することを決める。

美和子の診療を進めるものの、病気の正体は突き止められない。

そんな時、美和子が訳の分からない話を始める。

玲奈に対し、左遷させられたことがあると明かした美和子。

そんな美和子に、玲奈も左遷させられた経験があると打ち明ける。

美和子の病気が何か、調査を進めていく玲奈。

ところが、上層部からの命令により、脳外科に移ることが決まってしまう。
 
それでも玲奈は諦めることなく、美和子の病気の正体を突き止めようと調査を続ける。

そこで、玲奈は虫垂ではないかと考える。

その後、美和子が陣頭癌であることが明らかになる。

腎臓の摘出手術によって、回復に向かうことになった。 

そして、玲奈は総合診療科で働き続けることを決めたのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」5話の感想
5話を観て、病院で勤務する上で大切なことが特に印象に残りました。

5話では、総合診療科に勤務する玲奈が退職願を提出したことにより、物語が展開していきます。

病院を辞めようと決めた玲奈でしたが、偶然の出来事により、患者・美和子を担当することになり病院に少しの間だけ残ることになります。

玲奈は、患者である美和子と真摯に向き合い、病気の正体を明らかにしようとします。さらに、病院の上層部によって、美和子の治療ができなくなってしまうという状況の中でも、粘り強く美和子の病状について調べ上げ、美和子を救おうとします。

病院を辞めようとしていた玲奈が、美和子の診療を通して患者と全力で向き合うことの大切さに気づいていく様子から、患者のことを第一に考えるということが病院で働くうえでいt版大切なのだということを、改めて感じることができました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「患者の嘘」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」6話のネタバレ
ある日、医療バラエティー番組に出演してほしいという話が総合診療科に来る。

氷室(椎名桔平)が出演し、後藤(東山紀之)の話をもとに患者の病気の正体を解き明かしていく。

テレビ番組出演を受け、氷室のところには大勢の患者が訪れる。

そんな中、氷室は全身の痛みを訴える患者・墨田栄子(あめくみちこ)を担当する。

しかし、異常がある箇所は見当たらない。

医師たちは、病気ではないのではないかと考える。

だが、看護師の本木(大倉忠義)は、病気の可能性があると考えていた。

その後、様々な病気に関する検査を実施したものの、墨田の病気が何か、手掛かりはつかめない。

ところが、墨田は再び病院に運び込まれる。
 
本木は、何とか墨田の力になろうとするが、上手くいかない。

総合診療科の医師たちは、全員で墨田の病気が何か突き止めようとする。

それから、墨田の全身のあちこちに小さな骨折があったことがわかる。

本木は、墨田に対しいい加減な態度を取っていた氷室を許せずにいた。

しかし、氷室が苦労して医師になり墨田の病気について懸命に調べを進めていたことを聞き、考えを改める。
 
そして、後藤は調査を進め、墨田の病気の正体を突き止めるのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」6話の感想
6話を観て、未熟ながらも看護師として奮闘する本木の姿が特に印象に残りました。

6話では、看護師である本木が患者の病気が何か突き止めようと奔走する様子が描かれます。

本木は、まだ若く看護師として働いている年数もそれほど長くありません。しかし、そんな状況でも、医師たちの判断に疑問を持ち、患者の病気の正体を明らかにするために、精一杯調査を進めていきます。

若さゆえに、医師たちに反発してしまったり、患者との接し方が分かっていない部分があったりしつつも、患者のために全力で行動する本木の姿が健気で、元気と勇気をもらいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「熱中症」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」7話のネタバレ
後藤(東山紀之)は、桃子(多部未華子)がついた嘘を信じ切っており、(総合診療科で働く医師や看護師たちを、「新生アミー&ゴー」のメンバーにしようと考え、舞い上がっていた。

そんな時、ソフトボール部でキャプテンをしているという女子高生・彩夏(木南晴夏)がやって来る。

彩夏は、躁うつ病との診断を受け、帰宅する。

しかし、帰宅後も病状は回復しない。

彩夏の症状を知った後藤は、ある病気ではないかと考える。

病気が判明するまで何も食べられないことになった彩夏。

何も食べなくなってから一日が経過し、彩夏は精神的に不安定になる。
 
それからさらに時間が経ち、彩夏に痙攣の症状が出てきた。

検査によってインスリンノーマであることが明らかになる。
 
その後、手術を受けて退院した彩夏だが、フェンスの外から試合を観戦していた。

すると、チームメイトたちが彩夏の背番号をつけて試合に臨んでいることに気づく。

彩夏は、その気持ちに感動し、大学でもソフトボールを続けることを決めるのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」7話の感想
7話を観て、大切なものを取り上げられる辛さが特に印象に残りました。

7話では、ソフトボール部に所属する女子高生・彩夏の病気の正体を明らかにしていく様子が描かれます。

彩夏は、ソフトボール部でキャプテンをしていますが、病気によって満足に練習に参加することができず、焦りを募らせます。さらに、キャプテンであるにも関わらず、レギュラーから外されてしまいショックを受けます。

彩夏が、大好きなソフトボールをすることができず、レギュラーの立場まで奪われてしまい落ち込む姿から、ソフトボールに対して情熱を注いできたことが伝わってきて、彩夏がどうか報われて欲しいと思いました。

また、仲間たちの気持ちに気づき何とかショックから立ち直っていく彩夏の姿に勇気をもらいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「食道がん」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」8話のネタバレ
井上(光石研)は、 IT系企業の社長・小島(袴田吉彦)の診療にあたる。

井上は、小島が食道がんであると判断する。

しかし、後藤(東山紀之)は食道がん以外の病気だと考える。

手術の日が近づくが、小島には脳と心臓にも症状が出るようになる。

看護師の本木(大倉忠義)は、小島から十回以上にわたりナースコールをされるが、小島は身に覚えがないと話す。

後藤と桃子に小島に関する出来事を話す本木。

すると、後藤はある病気の兆候だと考える。

小島は、複数の病気を抱えている恐れがあった。

小島の手術の前日、氷室と玲奈は手術について小島に伝える。

そんな中、小島は離婚した妻と子どもの存在を思い出し、涙を見せる。

一方、総合診療科の面々は、小島の病気の正体について調べていた。

そして、特発性好酸球増多症ではないかという考えに至った。
 
検査の結果、予想通り特発性好酸球増多症であることが明らかになった。

その後、手術を受け退院した小島。

家族への気持ちに改めて気づき、もう一度家族に会いに行くことを決めたのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」8話の感想
8話を観て、失ったものを取り戻すことの難しさが特に印象に残りました。

8話では、社長として働く小島の病気の正体を解き明かしていく様子が描かれます。

小島は当初、食道がんと診断されていました。しかし、入院後様々な症状が出始めたことから、総合診療科の人々は、小島が食道がん以外の病気だと考えるようになります。

また、小島は家族と離れて暮らしており、病気になったことで側にいてくれる人の存在の大切さに気づき、病気に対する不安も重なって涙を流します。

家族との関係性を失い、悲しみに暮れる小島の姿から、一度失くしたものを取り戻すのがどれほど大変かということが伝わってきて、胸が苦しくなりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「病院崩壊」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」9話のネタバレ
総合診療科の医師・後藤(東山紀之)は、同じ科の医師・氷室(椎名桔平)がダンサーとしての経歴が無いことを知る。

後藤は、氷室に踊ることも出来ないのかと詰め寄るが、桃子が間に入り事なきを得る。

そんな中、総合診療科に鉄工所を経営する小暮(温水洋一)がやって来る。

氷室は、小暮を診察するが、すぐに帰宅させてしまい総合診療科の面々は氷室を責める。

その後、小暮は再び倒れ、総合診療科に運ばれる。

総合診療科の面々は、様々な病気の可能性を考え、何度も検査を実施するが、病気の正体は分からないままだった。

鉄工所で働く八木佐織(高橋ひとみ)は、小暮の家族は急死していたと話す。

八木の話を聞いた後藤は、遺伝性の病気であると考え、検査を行おうとする。

しかし、検査の日程が確保できないことなどから、小暮は検査を受けることを拒む。

氷室は、小暮の気持ちを尊重しようとするが、八木が検査を受けるように説得し、検査を受けることになった。

検査の結果、小暮は遺伝性の不整脈であることが明らかになる。

そして、小暮は八木にプロポーズし、八木もそれを了承するのだった。
総合診療科の医師・後藤(東山紀之)は、

ドラマ「GM~踊れドクター」9話の感想
9話を観て、病気の治療に対する葛藤が特に印象に残りました。

9話では、鉄工所を営む小暮の病気の正体を解き明かしていきます。

小暮は、自分の病気は大したものではないとして、仕事を続けようとします。しかし、病気はどんどん進行してしまい、小暮も不安を抱き始めます。

病気の治療を優先させるべきだと分かっていても、病気の治療を拒もうとする小暮の姿から
治療に対する恐怖心や仕事など自分に取って大切なものを失うのでは無いかという不安が感じられて、どこかその気持ちに共感を覚えながら観ていました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「院内感染」
 

ドラマ「GM~踊れドクター」10話のネタバレ
ある日、名峰病院内で、大勢の患者が発熱の症状を訴え始める。

院内感染の拡大を食い止めるため、総合診療科で働く後藤(東山紀之)や氷室(椎名桔平)たちは、病気の正体を明らかにするため奔走する。

しかし、総合診療科で働く桃子(多部未華子)も体調を崩してしまう。

そんな中、事務長・曽根(八嶋智人)が病院を海外の企業に譲り渡そうとしていた。

院内感染はさらに拡大し、曽根も体調不良になってしまう。

病院を譲り渡す計画は、白紙となった。

桃子は、何とか力になろうと病室からの脱出を試みるが、後藤の説得により体調の回復を優先させることになる。

それから、後藤は空調によって院内感染が起こったのではないかと考える。

その後、患者たちの病気の正体が水疱瘡やはしかであることが明らかになる。

さらに、後田(吉沢悠)と本木(大倉忠義)の調査により、小児科の空気が広まり、感染が広がったことも分かった。
 
そして、数日後、後藤は総合診療科の面々とともにコンサートのステージに立ったのだった。

ドラマ「GM~踊れドクター」10話の感想
10話を観て、原因不明の集団感染の恐ろしさが特に印象に残りました。

10話では、総合診療科がある名峰病院で、突然院内感染が起こったことから物語が動き始めます。

総合診療科の面々は、院内感染の原因を突き止めようとしますが、なかなか原因が分からず、さらに総合診療科で働く桃子も院内感染に巻き込まれてしまいます。

原因が特定できないまま院内感染が拡大していく様子に、恐怖心を抱きながら観ていました。また、危険な状況でも院内感染の原因を突き止めるため奮闘する総合診療科の面々の姿がかっこよく、尊敬の気持ちを抱きました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「GM~踊れドクター」の概要

英仁大学学長兼名峰病院院長の大山剛三(大和田伸也)が険しい顔で見守るなか、英仁大学病院の会議室では循環器内科教授選が行われていた。

一方、アメリカから日本に向かう飛行機の中。

後藤英雄(東山紀之)と小向桃子(多部未華子)は、偶然、隣り合わせで座っていた。(引用元:MBS公式)

ドラマ「GM~踊れドクター」の出演者、放送情報

後藤英雄:東山紀之
小向桃子:多部未華子
漆原誠司:生瀬勝久
本木健介:大倉忠義
後田淳:吉沢悠
大山剛三:大和田伸也
曽根智雄:八嶋智人
町谷玲奈:小池栄子
氷室慎太郎:椎名桔平

主題歌:関ジャニ∞「LIFE〜目の前の向こうへ〜」

制作:TBS

放送:2010年

ドラマ「GM~踊れドクター」の見どころ

総合診療科を舞台にした医療ヒューマンドラマ「GM〜踊れドクター」。

患者を総合的に診ることに重点を置き、奮闘する医師たちに注目です!

本作は患者の病状や行動、習慣などから病気を「特定する」ことに重点が置かれています。

一種の推理ドラマのような側面も持ち合わせているので最後まで楽しめますよ。

東山紀之演じる後藤英雄は、患者の行動や身体症状などから病名を解明解明するスーパードクター

潔癖症でたとえ患者であっても汚いものには触れられないため、常に白い手袋をしています。

また、「座るな!後藤」と書かれた自分専用の折りたたみ椅子があるのも見どころ。

全10話に描かれている英雄と総合診療科の仲間たちの成長物語も見どころとなっていますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「GM~踊れドクター」の感想

40代男性
医療ドラマというと人の生き死にをテーマとして扱う以上、どうしても重くなりがちなのですが、このドラマにはそういう重々しさがまったくありません!病気を「推理する」ところがユニークで、とても おもしろかったです!
30代女性
病気を治療することより、診断するのがメインの医療ドラマ。海外ドラマファンならわかると思いますが、Dr.HOUSEに近いです。あの見た目でだいぶオカシイ東山さんが見れたのが最大の収穫でした。キャラもストーリーもおもしろいので、日本の量産型医療ドラマに飽きた方はぜひ。 
30代女性
この病気は何なのか?と推理を始める時、東山さん演じる主人公がなぜかムーンウォークをするという、衝撃的なシーンがずっと頭に残っています。 

まとめ

以上、東山紀之主演のドラマ「GM~踊れドクター」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

患者の病名を特定する刑事ドラマのような謎解きが魅力な作品「GM〜踊れドクター」。

医療ドラマながら笑えるシーンも満載で、後藤英雄の独特なキャラクターにも注目です!

ゲオ宅配レンタルでGM~踊れドクターのDVDは無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴