ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|花燃ゆの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2015年1月〜12月まで井上真央主演で放送の大河ドラマ「花燃ゆ」

22歳の若さで夫を亡くした文が激動の時代をどう生き抜くかを描いた歴史ドラマです

井上真央のはかなげで美しい演技に思わず見入ってしまうドラマとなっています。

ドラマ「花燃ゆ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「花燃ゆ」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「花燃ゆ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「花燃ゆ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「花燃ゆ」のDVD(全13枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「花燃ゆ」のDVD全13枚を一度にレンタルしても12枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「花燃ゆ」に出演している東山紀之の出演作品

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「花燃ゆ」に出演している東山紀之の出演作品がたくさん揃っています。

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「花燃ゆ」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「花燃ゆ」の動画まとめ

ドラマ「花燃ゆ」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第一部前編「人むすぶ妹」のあらすじ
嘉永3年(1850年)萩。下級武士、杉家の四女・文は、若くして兵学師範として長州藩の軍事調練を率いる兄・吉田寅次郎(のちの松陰)を誇らしく思っていた。松陰は11歳にして藩主・毛利敬親に兵学を講義するなど、藩の将来を背負うと期待されていた天才だった。文はある事件をきっかけに儒学者・小田村伊之助(楫取素彦)と松陰を出会わせることになる。心の繊細さから他人とつきあうことができなかった文だったが、常識にとらわれず振る舞う兄の影響を受け、人と関わることの面白さを知り、たくましく成長していく。(引用元:NHK)  

大河ドラマ「花燃ゆ」第一部前編「人むすぶ妹」のネタバレ
吉田松陰は藩主・毛利敬親に兵学を教えるなど、長洲藩で活躍していました。

松陰の妹で主人公の文は、そんな兄を誇りに生きていました。

文は人づきあいが苦手でしたが、兄の影響でこころを開いていきます。

しかし、松陰は長洲藩を脱藩してしまい、この罪により、松陰の家族は苦しめられることになってしまったのです。

そんな杉家を救おうとしたのが、文の姉・寿の夫となる小田村伊之助でした。

そして最終的には毛利敬親の手助けによって、松陰は学問の自由を獲得することができたのです。

時は1853年。

ペリーが来航した翌年、松陰は黒船に乗りこんで、米国に行こうと試み失敗します。

この密航を自首して松陰は投獄されてしまいます。

またもや文と家族は逆境に立たされてしまいました。

文はより家族の絆を感じて、獄中の松陰の心の支えとなれるよう努めます。

しばらくして開放された松陰ですが、自宅から出ることは禁じられてしまいました。

そんな中、松陰は近所の人を集めて講義しはじめます。

この松陰の講義には、多くの人が集まりました。

久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文といった、日本にとって重要な役割を担う若者たちが集まります。

松陰が作った「松下村塾」を文は影で支え、塾の人たちから可愛いがられるようになりました。

大河ドラマ「花燃ゆ」第一部前編「人むすぶ妹」の感想
主人公・文は、吉田松陰の妹かつ久坂玄瑞の妻です。

吉田松陰が長州藩の若者を感化させ、松陰からの問いに、塾生は悩み、考え、そして大志に向かって行動しました。

久坂玄瑞、高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文、井上馨、など、松下村塾で学んだ塾生が、尊王攘夷運動を起こし、討幕をすすめ、その後の明治政府の重鎮として、近代日本の礎を築いたんです。

幕末長州の志士たちが総ぞろいした、とても贅沢な大河ドラマだと思います。

そんな吉田松陰の妹にスポットを当てた大河ドラマ、本当に面白いです。

文の性格の変化などを井上真央さんが見事に演じきっていましたね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第一部後編「松下村塾を守れ!」のあらすじ
幕府要人の暗殺を計画したとして、吉田松陰(伊勢谷友介)は野山獄に投獄された。松下村塾も閉鎖されることになり、塾生たちはやり場のない憤りを小田村伊之助(大沢たかお)にぶつける。一方、松陰は獄中でもあきらめることなく塾生たちに手紙を書き続け、攘夷の決行を指示する。そして悩んだ塾生たちは…。文(井上真央)は死をも恐れず、さらに若者たちを巻き込もうとする松陰に、もとの兄に戻ってほしいと語りかけるが…。(引用元:チャンネル銀河)

大河ドラマ「花燃ゆ」第一部後編「松下村塾を守れ!」のネタバレ
寅次郎の塾である「松下村塾」で、女性たちを集めて「女大学」の講義が行われました。

稔麿は、アメリカが艦隊を送り、将軍・徳川家定との会見を要求し幕府は謁見を許したと伝えてきました。

寅次郎は文と久坂を呼び出し、伊之助から2人はお似合いだと言われたことを伝えます。

こうして、2人は結婚することになりました。

しかし、その後久坂に江戸遊学が許可されます。

久坂は江戸に行く決断をし、その信念を曲げないために文に離縁を申し出たのでした。

その後、寅次郎は異国からの病気・コレラのことを案じます。

一方、大老・井伊直弼も、国の行く末を案じ、病気に打ち勝つ西洋の知識が必要だと考えました。

井伊直弼はアメリカとの修好通商条約を締結。

井伊直弼は、意義のある者を残らず捕え始めました。

そんな中、寅次郎は老中・間部の暗殺計画を立てます。

もちろん、そのことで松下村塾は閉鎖。寅次郎はまた野山獄に投獄されてしまいます。

江戸から寅次郎への召喚状が届き、文は寅次郎に隠れてほしいと懇願しました。

そんな文の心配をよそに、寅次郎は江戸の井伊直弼を説得してくると言います。

そして井伊直弼の判決で寅次郎は「死罪」。

文は、寅次郎の思いを引き継ぐことを決意しました。

大河ドラマ「花燃ゆ」第一部後編「松下村塾を守れ!」の感想
長州藩という藩があって、偉大な吉田松陰という人物がいたということ。
そして、吉田松陰の実妹・杉文の、幕末から明治維新にかけての人生。

その活躍はいままで世間に知られて来なかったですが、ようやく大河ドラマで日本全国に知ってもらうことが出来たように思います。

文は吉田松陰が開塾した松下村塾を手伝い、支えながら、塾生である久坂玄瑞と所帯と夫婦になります。

しかし、久坂玄瑞は江戸に向かう前に、文と離縁。江戸での久坂玄瑞の、決意のほどを感じました。

「本は文字ではない、本は人」という言葉が印象に残ります。本を読むことは、本を書いた人と会話をするということだと知りました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第二部「妻のたたかい」のあらすじ
長州軍は復権をかけて京都に上り、進軍を開始した。世に言う「禁門の変」である。久坂玄瑞(東出昌大)は天皇に嘆願書を届けようと突き進むが、ついに力尽き自刃する。夫の死の知らせにぼう然とする文(井上真央)…。しかし悲しみに暮れるまもなく、久坂家断絶という通達が下る。久米次郎との養子縁組も取り消される危機に、夫の無念を晴らし、誇りを取り戻すため、長州藩の“大奥”に女中として入ることを決意する!(引用元:チャンネル銀河)

大河ドラマ「花燃ゆ」第二部「妻のたたかい」のネタバレ
兄の吉田寅次郎が亡くなり、文が守ると決めた松下村塾が殺気立っていた頃、仇と思われた井伊直弼が桜田門で暗殺されました。

そんな中、久坂を訪ねて現れた坂本龍馬から励まされた文は、なんとか悲しみから立ち直ります。

高杉晋作が上海から帰り、長州藩が尊皇攘夷へと傾いていきます。

文久三年徳川家茂が京へ上洛するという事をきっかけに、将軍家は攘夷の渦へ巻き込まれていきました。

その後、長州藩がアメリカ船に砲弾を浴びせ反撃をされ大打撃を受けました。

その事態を克服する為、高杉は奇兵隊を考案し総督となります。

長州藩が薩摩藩と会津藩により京から追放されると、文もまた夫の久坂の不貞を知り傷つくのでした。

新撰組に狙われた久坂を助けた高杉は、長州藩から脱藩した事により野山獄へ囚われの身となってしまいます。

その間、池田屋で長州にくみする老士達が新撰組に襲わる事件が起こりました。

その後、久坂達がが1500の兵を率いて京へ上りましたが、薩摩藩と幕府軍の20000の大軍の前に蛤御門で戦闘となり、久坂達は鷹司邸で自害して果てたのでした。

野山獄に居た高杉が何も出来ない中、文は家族を失った悲しみを断ち切る様に城中で働く事にしたのでした。

大河ドラマ「花燃ゆ」第二部「妻のたたかい」の感想
高杉晋作が奇兵隊を作る事した理由や経緯が自然に分かり、歴史好きな自分としてはかなり興味深いなァと思いました。

そんな高杉晋作が気にかけていた久坂が京へ兵を進め、攘夷を遂行しようと尽力しましたが、志し半ばで鷹司邸で自害した無念の気持ちはいかばかりかと、アレコレ想像してしまい、歴史が動く陰で多くの命が散っていった悲しみも感じてしまいました。

そんな悲しみを振り切ろうと城で働く事にした文という女性に、強さや生きるんだという執念みたいなものも感じられて、そんな彼女を見習いたいなァと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第三部「女たちの園」のあらすじ
名を文から改め、正式に奥勤めを許された美和(井上真央)。そして城が山口から萩に移されることが決まると、部屋不足を解消するため、解雇する女中の選定を任される。だが新参者がリストラを断行することに女中たちは猛反発。そこで美和はベテラン女中の国島(白石加代子)に協力を仰ぐが…。一方、藩の重臣の椋梨藤太(内藤剛志)は改革派を追いやり実権を掌握。再び保守の道をたどり、粛清の嵐で高杉たちにも命の危険が迫る…。(引用元:チャンネル銀河)

大河ドラマ「花燃ゆ」第三部「女たちの園」のネタバレ
長州勢は御所を目指して進軍し、久坂は鷹司邸に入ります。

屋敷は敵兵に囲まれました。

そして、久坂と寺島は燃え落ちる鷹司邸にて絶命してしまいます。

久坂が命を落とした理由が知りたくて、文は城中で働くことにしました。

その頃、長州藩が異国船へ砲撃したことの報復で、イギリスの連合艦隊からの攻撃が始まりました。

高杉は異国との交渉で協定を結びます。

その後、文は伊之助から「美和」という名前をもらい、居城替えで、山口から萩城に移ることになりました。

そんな中、銀姫に子ができました。

銀姫は美和を世話役として抜擢します。

その後、高杉晋作が下関で挙兵。軍艦三隻も奪取しました。

そして軍艦から萩城へ大砲を打ったのです。

美和の働きもあり、敬親は会談で停戦をすることを決意します。

そんな中で、銀姫は男児を出産しました。

そして長州藩は城を山口に戻します。

その頃、美和に父親・百合之助の病の知らせが届きました。

美和は銀姫に家族のことを話し、それを聞いた銀姫は感銘を受け息子の守役に美和を指名しました。

そして、美和が里帰りできるようにしたのです。

伊之助に坂本龍馬が薩長同盟を提案をしてきました。

そんな中、高杉晋作が結核になったという知らせが入ります。

そして美和は、久坂に隠し子がいることを知ってしまったのです。

大河ドラマ「花燃ゆ」第三部「女たちの園」の感想
毛利家の奥御殿に入った、美和。

出世を目指す鞠が、総取締役から監視を命じられます。

しかし、美和の人柄に触れて、同志として絆を強めていきます。

銀姫や潮殿、国島殿、都美子様までもが、豊かな人間性がにじみ出る美和の魅力に魅せられて味方になっていく様が感動でした。

また、幕末の戦闘シーンも多く、地味な印象のこのドラマとしては、奥御殿時代の美和のまわりに華やかな姫たち、それに女中たちがいて、きらびやかな場面が印象的でした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第四部前編「いざ、群馬へ」のあらすじ
秀次郎(五十嵐陽向)を実の母親・辰路(鈴木杏)のもとに返した美和(井上真央)。そんな折、前原一誠(佐藤隆太)が新政府に不満を持つ士族を集めていることがわかる。松下村塾の塾生で兄・吉田松陰の弟子だった前原は、美和にその心の内を語るが…。一方、政府は生糸産業に力を入れ、富岡製糸場を建設。そして楫取素彦(大沢たかお)が群馬県令(知事)に任じられる。美和は楫取と姉・寿(優香)を支えるため、新天地に旅立つ!(引用元:チャンネル銀河)

大河ドラマ「花燃ゆ」第四部前編「いざ、群馬へ」のネタバレ
鳥羽・伏見の戦いが始まった中、美和は元徳の薬を渡そうと一生懸命京に来ていました。

戦争が終わると江戸が東京となり、元徳を巡って都美姫と元妻の銀姫が争います。

明治になると版籍奉還が行われ新しい日本が生まれました。

美和はきちんとしているので信頼されていましたが、国から兵制改革を求められます。

武士以外の身分はなくすよう命じられたのです。

しかし、元徳達国が強引なため納得しません。

そんな中、長州の毛利敬親は病気を引き起こし亡くなってしまいます。

年月が経ち、廃藩置県が行われ元徳達は役を下ろされてしまいました。

美和は実家に里帰りし、楫取は引っ越しします。

しかし楫取の元に中原復亮が来て畑を荒らされてしまいました。

美和は義母、秀次郎は仮の子供として育てようとしましたが、辰路に返してしまいます。

暫く経ち、久米次郎は製造業の仕事を始めました。

明治5年には富岡製糸場が設立され、楫取をあてにします。

そのとき星野長太郎が工場見学に来て、彼は輸出を夢見ました。

一方、美和の弟の敏三郎が亡くなり、暫くして工場へ見学に来ました。

しかし世の中は萩の乱や秩禄処分の戦いがあり、あらゆる人が亡くなっています。

暫くして工場は火事になり、製糸はヨーロッパまで拡大し高値になってしまいました。

年月が経ち、国から富岡製糸場の廃止まで命じられてしまいます。

その一方で、文は根取の意思と共に女児学校を作っていました。

大河ドラマ「花燃ゆ」第四部前編「いざ、群馬へ」の感想
明治の世の中も出来事が沢山あるのが分かります。

日本の歴史について深く感じさせるところがありました。

明治になっても戦争はあったため亡くなる人も多いです。

大切にしていた友達や仲間が今なら亡くなればとても辛いですが、昔はどうしようもないことだったのかと気になります。

美和の周りが亡くなる話と富岡製糸場の話がよく流れているのが分かりました。

美和や根取の意思があったからこそ、時代を変えることが出来たのだと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
大河ドラマ「花燃ゆ」第四部後編「二人の再婚」のあらすじ
互いのことを思いつつも、気持ちを素直に伝えられない美和(井上真央)と楫取(大沢たかお)。そんな二人に、せい(三田佳子)や阿久沢(江守徹)ら、周囲はやきもき。そのころ、楫取の次男・久米次郎(市川理矩)が東京から楫取を訪ねてきて…。一方、美和は亡き夫・久坂玄瑞の忘れ形見の秀次郎(大八木凱斗)が正式に久坂家を継ぐことになり、萩に挨拶に行くことに。出発しようとしたそのとき、突然、楫取からプロポーズされ…!(引用元:チャンネル銀河)

大河ドラマ「花燃ゆ」第四部後編「二人の再婚」のネタバレ
阿久沢家の糸繰り場に新しい器械が設置され、効率が上がると働く女性達も大いに喜びました。

そんな時、美和はせいから世話をしている亡き姉の夫の素彦と一緒になればと唐突に言われ、まんざらでも無い美和は動揺してしまいます。

そんな中、亡くなった妻の寿から後添えは美和にと書かれた手紙が頭から離れなかった素彦は、自分に正直になろうと妻になって欲しいと美和に伝えました。

直ぐに返事が出来なかった美和は、母親の滝に会い相談すると、賛成だとソッと背中を押されました。

帰った美和は今まで生きてきた自分の人生全てを受け入れると話す素彦に心を打たれ妻になる事を承諾したのでした。

その後、鹿鳴館に招待された美和達は、毛利元徳の尽力から頓挫しかけていた鉄道事業を一歩前進させました。

鹿鳴館の夜会に出席する事になった美和は、西洋人の文化に目を見張りながらもお金持ちの夫人達に富岡製糸場の女性達の気概を持った生き方を熱弁しました。

その後、鉄道事業に目処がたち萩へと帰る事になった美和達。

汽車の中で出会った人達を思い浮かべながら、自ら作った学舎の花の種を見つめ、新天地に子供の様に心を踊らせるのでした。

大河ドラマ「花燃ゆ」第四部後編「二人の再婚」の感想
美和が姉の夫だった素彦の事が何となく気になっていて、なかなか好きという本心を言えずにいたのが、昔の女性らしく礼節や分別を重んじるんだなァと美和に好感を持ちました。

そんな美和が鹿鳴館で富岡製糸場で働く仲間の女性達を立派な人達だとお金持ちの夫人達に食って掛かる姿も、これまで多くの苦労をしてきた美和だったので、かなり説得力があるなと感じました。

素彦の鉄道事業がようやく上手くいき、美和達が萩へ帰る事になりましたが、普通なら苦労をして築いたモノを手放すのはやる気が失せてしまう事も多いのに…

美和はまた新天地で花の種を埋めてやろうと新たなやる気を出した努力を惜しまない姿勢を見て、本当に凄いなと感心させられました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「花燃ゆ」の概要

嘉永3年(1850年)萩。下級武士、杉家の四女・文は、若くして兵学師範として長州藩の軍事調練を率いる兄・吉田寅次郎(のちの松陰)を誇らしく思っていた。

松陰は11歳にして藩主・毛利敬親に兵学を講義するなど、藩の将来を背負うと期待されていた天才だった。

(引用元:NHKドラマ)

ドラマ「花燃ゆ」の出演者、放送情報

杉文/久坂文/久坂美和/楫取美和:井上真央
楫取素彦:大沢たかお
吉田松陰:伊勢谷友介
久坂玄瑞:東出昌大
高杉晋作:高良健吾
毛利敬親:北大路欣也
杉民治:原田泰造
楫取寿:優香
杉亀:久保田磨希
杉敏三郎:森永悠希
吉田稔麿:瀬戸康史
伊藤博文:劇団ひとり
前原一誠:佐藤隆太
入江九一:要潤
野村靖:大野拓朗
品川弥二郎:音尾琢真
寺島忠三郎:鈴木伸之
赤禰武人:阿部亮平
松浦亀太郎(松洞):内野謙太
玉木彦助:冨田佳輔
高杉小忠太:北見敏之
椋梨藤太:内藤剛志
杉滝:檀ふみ
玉木文之進:奥田瑛二
杉 百合之助:長塚京三
吉田ふさ:小島藤子
入江すみ:宮﨑香蓮
周布政之助:石丸幹二
椋梨美鶴:若村麻由美
木戸孝允:東山紀之
金子重輔:泉澤祐希
福川犀之助:田中要次
長井雅楽:羽場裕一
井伊直弼:高橋英樹
来島又兵衛:山下真司
毛利元徳:三浦貴大
鷹司輔熙:小須田康人
松島剛蔵:津田寛治
高杉雅:黒島結菜
福原越後:西岡秀記
園山:銀粉蝶
都美姫:松坂慶子
毛利安子:田中麗奈
潮:鷲尾真知子
星野長太郎:大東駿介
船津伝次平:石原良純
鈴木栄太郎:相島一之
阿久沢権蔵:江守徹
阿久沢せい:三田佳子

制作:NHK

放送:2015年

ドラマ「花燃ゆ」の見どころ

物語は吉田松陰の妹・文を中心に幕末の動乱を描いた歴史ドラマです。

全50話の中に文の家族の絆が感じられる描写があり、切なくも心温まる家族愛に溢れたストーリーとなっています。

動乱の中で家族の絆を大切にしながら力強く生きて、1人の人間として大きく成長していく文に注目です!

また、主演の文を演じる井上真央をはじめとした豪華キャストが出演しています!

長州藩士の楫取素彦を大沢たかお、文の兄の吉田松陰を伊勢谷友介が演じました。

華やかなキャストは演技力にも定評があり、その高い演技力によって作り出された壮大な物語に引き込まれること間違いなしです

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「花燃ゆ」の感想

40代女性
吉田松陰の妹の文を主人公にした大河ドラマでした。有名な人物が主役ではなかったので賛否両論ありましたが私は好きでした。若いころは松陰が投獄されて処刑されたり、夫の久坂玄瑞が浮気してよそに子供を作った挙句に死んでしまうという不幸な半生でしたが、決して下を向かずに前を向いて進んでいた文の凛とした姿に感動しました。のちに夫となった揖取素彦が生涯を通して文の力になっていましたね。元彦を文の姉の子供を育てながら頑張る文の姿が清々しいドラマでした。
30代女性
主人公・文がいつも前向きで何事にも懸命に頑張る姿が印象的でした。自然と元気を貰えた作品です。他にも素敵なキャストが揃っていて、特に伊勢谷友介さんの演技に魅了されました。獄中のシーンが今でも記憶に残っています。役者1人1人の熱量が感じられて、ストーリーに派手さはなくてもセットや舞台は豪華だなと思いました。
30代女性
主役を務めた井上真央の表情づくりが印象に残っています。女性が主人公の大河ドラマはいくつもありますが、そのなかで吉田松蔭の妹という決してメジャーではない歴史上の人物ながらも見事に演じ切っていたと思います。激動の時代の中でも生き生きとした杉家の人たちがキラキラと輝いて見えたし、同じ女性としてカッコ良いなと感じた作品です。

まとめ

以上、井上真央主演の大河ドラマ「花燃ゆ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

文とその家族による時代ものホームドラマ「花燃ゆ」

文をはじめとした登場人物それぞれの人間性の魅力が溢れた作品となっています。

TSUTAYA DISCASで花燃ゆのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴