ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|花嫁とパパの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2007年4月〜6月まで石原さとみ主演で放送のドラマ「花嫁とパパ」

ドラマ「花嫁とパパ」は、心温まる父と娘の絆を描いたコメディです。

石原さとみが娘役、時任三郎が父親役を演じ話題となった作品ですよ。

ドラマ「花嫁とパパ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「花嫁とパパ」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「花嫁とパパ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「花嫁とパパ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「花嫁とパパ」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「花嫁とパパ」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「花嫁とパパ」に出演している田口淳之介の出演作品

  • リーガル・ハイ(全6枚)
  • 七つの会議(全2枚)
  • 有閑倶楽部(全4枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「花嫁とパパ」に出演している田口淳之介の出演作品がたくさん揃っています。

  • リーガルハイ 2ndシーズン 完全版
  • リーガルハイ・スペシャル2
  • きょうは会社休みます。
  • 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~
  • Happy!完全版
  • etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「花嫁とパパ」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「花嫁とパパ」の動画まとめ

ドラマ「花嫁とパパ」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「もう父の言いなりになんかならない」
宇崎愛子(石原さとみ)は20歳。この春、念願のアパレル会社に就職が決まった。配属は花形部署で、愛子も憧れていた広報室。そこは、最先端の洋服がディスプレイされ、洗練された着こなしの女性社員やスタイル抜群のモデルたちが颯爽と行き交う、まさに夢のようなきらびやかな世界だ。出社初日・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」1話のネタバレ
宇崎愛子(石原さとみ)は、アパレル会社で新入社員として働き始めます。

愛子は憧れの広報室に配属され、きらびやかな場所での仕事にワクワクしていました。

初日、愛子の父・賢太郎(時任三郎)が職場に来て、挨拶回りをし、愛子は怒ります。

同じ部署に三浦誠二(田口淳之介)も配属され、愛子と誠二は意気投合し、話すようになりました。

賢太郎は愛子が幼い頃に妻を亡くし、愛子を一生懸命育てようと、厳しい家訓も考えました。

翌日、鳴海駿一(小泉孝太郎)が出張から戻り、社内が緊張感に包まれます。

愛子は緊張のあまり失言し、鳴海から痛烈に批判されました。

愛子は反動から、自分のファッションを変えてみようと、勢いで高級店に足を踏み入れます。

結局、30万円分の洋服を一気に買ってしまいました。

賢太郎は激怒し、愛子に返してくるように言いますが、愛子も折れず、部屋に閉じこもります。

アパレルメーカーと共同で、新たに子供服のブランドを立ち上げる計画が浮上します。

愛子は新人だからと、周りからは相手にされませんが、鳴海は愛子にブランド立ち上げのパーティーに参加するように声を掛けたのです。

ドラマ「花嫁とパパ」1話の感想
石原さとみさんと、時任三郎さんが本当の親子のように見えて、父と娘あるあるだと感じる場面が多々あり、共感してしまいます。

賢太郎が愛子を大切に育ててきたのが伝わってきて、愛子のことで一生懸命なのは分かりますが、賢太郎のやり過ぎ感に、思わず笑ってしまいます。

愛子は新入社員でありながら、アパレルの花形部署に配属され、仕事も順調そうです。

同じ部署に配属された誠二とも意気投合し、これからの愛子と誠二の仕事ぶりや、2人の関係も注目すべきポイントだと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「結婚は許さん!?」
父親・賢太郎(時任三郎)に勝手に辞表を出された愛子(石原さとみ)だったが、室長・鳴海駿一(小泉孝太郎)の判断で、クビにならずに済んだ。しかし、ホッとしたのもつかの間、愛子の結婚宣言を真に受けた賢太郎が、相手探しに躍起になり、「誰と結婚するんだ?」と仕事中でも電話をかけてくるように・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」2話のネタバレ
愛子(石原さとみ)に腹を立てた父・賢太郎(時任三郎)は、愛子に何も言わずに勝手に会社に辞表を出してしまいます。

鳴海(小泉孝太郎)が辞表についての騒動を知り、破棄してくれたおかげで、難を逃れました。

愛子はますます意地になって、勢いで自分は結婚を決めたと賢太郎に宣言します。

賢太郎は、真に受けて、結婚相手を突き止めようと必死です。

会社では、愛子と誠二(田口淳之介)が幹事になって、新歓コンパを開催することになりました。

愛子と誠二が店を下見に行くために、約束をしていると、見慣れた人影がありました。

賢太郎です。

賢太郎は結婚相手の偵察のために、会社の入り口まで来ていたのでした。

賢太郎は社内に入り込もうとしたので、愛子は賢太郎に反発して結婚すると宣言したことを打ち明けました。

愛子と誠二は約束通り、何とか店を探しに行くことになり、会社を一緒に出ます。

でも、既に賢太郎が決めた厳しい門限間近でした。

愛子は誠二に謝り、時間がゆっくりとれる休日に改めて出掛けることを提案します。

ドラマ「花嫁とパパ」2話の感想
愛子と賢太郎のケンカは続き、賢太郎は会社に辞表を出したり、結婚相手の顔を見に行ったり、次々と行動を起こします。

よく思いつくと、むしろ感心してしまうくらいでした。

愛子と誠二は新歓コンパの幹事になったことをきっかけに、ますます親しくなってきたような気がします。

2人で歩いているところを賢太郎が見かけてしまったら…と、想像するだけでも恐ろしくなります。

社会人になっても、賢太郎にとって愛子がかけがえのない娘であることが、ひしひしと伝わってきました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「最悪の初キス!?」
三浦誠二(田口淳之介)から、結婚を前提にした交際を申し込まれた宇崎愛子(石原さとみ)は、突然のことにとまどいつつも、嬉しさを隠せない。一方、父親・宇崎賢太郎(時任三郎)は、「男女交際は、一切禁止だ」と家訓を持ち出し、三浦と口を聞くな、申し込みを断ってこいと、愛子に迫る・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」3話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は、遠いと思っていた結婚がまさかの現実になりそうです。

誠二(田口淳之介)が、結婚を前提とした付き合いを求めて来たのでした。

愛子から彼氏を紹介された賢太郎(時任三郎)は、もちろん激怒。

誠二の申し込みを断るように、愛子に言います。

賢太郎の決めた厳しい家訓の一つは、男女交際禁止なのです。

誠二は賢太郎を説得しようと、愛子に伝えました。

早速仕事後に賢太郎と話すことが決まり、喫茶店で愛子と誠二は賢太郎を待ちます。

しかし、賢太郎が来ることはなく、仕方なく店を後にしました。

愛子は、何とか賢太郎に話を聞いてもらう場を設けようと考えます。

愛子は誠二と一緒に家に帰り、賢太郎と話す計画を立てます。

愛子と誠二が家に着くと、賢太郎はすでに同僚たちと、お酒に酔って楽しんでいる真っ最中でした。

愛子と誠二の初デートの日。

楽しい時間も束の間で、愛子の門限が迫ります。

愛子は門限を気にしないから、帰らないと言い出しました。

ドラマ「花嫁とパパ」3話の感想
誠二は、やはり愛子のことが気になっていたのか!と思い、意外と展開が早かったように感じました。

でも、愛子と賢太郎の親子バトルがさらに白熱する予感しかせず、視聴者としては、非常に楽しみで、これからのストーリーに期待大です。

賢太郎は、予想以上に、相当手強そうで、愛子と誠二が、どのようにして賢太郎を説得していくのか、あるいは諦めるのか、注目ポイントです。

初デートの日が来て、愛子が門限を破るのか気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「ふたりだけの夜」
愛子(石原さとみ)は、三浦(田口淳之介)とキスしているところを父・賢太郎(時任三郎)に見られてしまう。部屋に引きこもってしまった賢太郎の様子が気になる愛子。翌朝、愛子はいつもと変わらない賢太郎に、昨晩のことについて話そうとするのだが、はぐらかされてしまう・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」4話のネタバレ
賢太郎(時任三郎)は愛子(石原さとみ)と誠二(田口淳之介)がキスしているところを見てしまい、ショックを隠せません。

それでも、翌朝にはいつも通り過ごす賢太郎でしたが、誠二の話は流します。

会社で、愛子は鳴海(小泉孝太郎)から新しい仕事のためのアシスタントに抜擢されました。

愛子はせっかくのチャンスでありながら、誠二とのことや、賢太郎のことが気になって、仕事に集中できずにいます。

愛子が会社から帰ると、家の前で誠二が待っていました。

賢太郎を説得するつもりのようでしたが、いつもと様子が違うことに愛子は気づきます。

賢太郎は熱があったのです。

誠二を急いで家に入れると、ちょうど賢太郎が帰ってきてしまいました。

愛子は誠二を押し入れに隠し、普段と変わらない態度で賢太郎と過ごします。

隙を見て、誠二を押し入れからベッドに移し、休ませました。

愛子は誠二のために、台所に食べ物を取りに行きますが、賢太郎が怖い顔でじっと立っていました。

ドラマ「花嫁とパパ」4話の感想
誠二は熱を出すくらい、必死だったのだと思いました。

それだけ愛子のことが大切で、何とか賢太郎に愛子との交際を認めてもらおうと一生懸命で、誠二は素敵な男性だと感じました。

賢太郎は愛子の母親の分まで頑張って育ててきて、娘の交際を認めたくない気持ちも分かります。

でも、誠二になら、愛子を任せられるかもしれないのに、と平行線の関係を残念に思います。

それにしても、賢太郎の徹底した態度は一貫していて、ある意味尊敬してしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「カレと同居開始」
住所も知らないまま三浦誠二(田口淳之介)の実家に挨拶に向かった宇崎賢太郎(時任三郎)だったが、「両親は海外旅行に行っているので留守」という三浦がとっさについたウソを信じて帰宅する。自宅で三浦と一緒に賢太郎を待っていた宇崎愛子(石原さとみ)は、父親の相変わらずの暴走ぶりに・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」5話のネタバレ
賢太郎(時任三郎)は誠二(田口淳之介)の実家に挨拶に行くことにしましたが、会えないまま、帰宅します。

誠二が事前に、両親は海外旅行中で誰もいないと伝えていたのでした。

愛子は賢太郎が少しずつ交際を認めてくれているように感じました。

職場では、愛子はまたまた鳴海(小泉孝太郎)の指示で、新しい仕事のアシスタントを担当することになります。

愛子の先輩・金山初音(西原亜希)が中心になっていましたが、愛子は怒られてばかりで上手くいきません。
初音は愛子への苛立ちを募らせました。

新プロジェクトに、初音が憧れる脇田ユミ(筒井真理子)が参加することになり、初音は足手まといの愛子に仕事を振らなくなります。

愛子の仕事はなくなっていきました。

ある日、初音が処理していた重要な伝票にミスが見つかり、初音は愛子がミスをしたと言い出します。

愛子は突然、責任を押し付けられ、傷ついて帰宅しました。

愛子は賢太郎に仕事を辞めたいと吐き出しました。

ドラマ「花嫁とパパ」5話の感想
賢太郎は本当に愛子の交際を認めて行動しているのか、何か別な意図があるのか、まだはっきり分かりません。

でも、賢太郎が愛子の交際を認めつつあるから、かなりの進歩だと思います。

鳴海が愛子に重要な仕事を任せることの意図も、気になります。

新入社員の愛子にさまざまな仕事がくる状況は、上司や先輩から良く思われないのは当然だと思います。

愛子は自分が望んだわけではないのに、次々と波乱に巻き込まれてしまい、理不尽だと感じてしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「別れてください」
酔いつぶれた宇崎愛子(石原さとみ)は、鳴海駿一(小泉孝太郎)に背負われて家まで戻ってくる。その光景に、宇崎賢太郎(時任三郎)も三浦誠二(田口淳之介)も驚くが、鳴海は平然とした様子で事情を説明し帰ろうとする。賢太郎は、鳴海に愛子が迷惑をかけたことを詫びるが、愛子が未熟なのは・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」6話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は、先輩との仕事が上手くいかず、やけ酒をして、酔いつぶれてしまいます。
鳴海(小泉孝太郎)が愛子を背負って家に届けました。

賢太郎(時任三郎)は、鳴海にお礼を言うと、愛子が未熟である原因は、賢太郎がいつまでも愛子を子供扱いしているからだと指摘されてしまいます。

賢太郎は、鳴海の言葉をきっかけに、愛子への態度を考え始めるようになります。

賢太郎は早速、愛子の会社に電話をして、愛子に子離れ宣言を一方的にしてきました。

その頃、誠二は、自分の母親・房江(田島令子)に、結婚したい相手がいると、愛子のことを伝えました。

愛子は誠二が母親に自分を紹介してくれたことを聞いて、さらに嬉しい気持ちでいっぱいです。

翌日になり、今度は房江から愛子の会社に電話があり、東京に来ているから、今日の夕方に会えないかという連絡をもらいました。

房江の雰囲気に愛子は緊張してしまいますが、自分に会いに来てくれた義母の存在に嬉しくなります。

喜んでいたのも束の間で、愛子は房江に誠二との結婚は認められないと言われてしまいました。

ドラマ「花嫁とパパ」6話の感想
愛子が酔いつぶれたことで、鳴海の厳しい指摘を受ける賢太郎でした。

でも、鳴海の一言は的確な指摘であったように思い、愛子と賢太郎の親子関係にも、良い変化が見られるようになるかもしれないと感じました。

一方で、愛子と誠二の結婚も、大きく前進している気がします。誠二が房江に愛子のことを話、結婚がより現実味を帯びてきますが、房江は結婚を許さないという新たな課題が出てきてしまいました。

愛子は仕事もプライベートもどう上手く動かすのか、これからの話も見逃せません。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「笑顔でサヨナラ」
三浦誠二(田口淳之介)と別れた宇崎愛子(石原さとみ)は、宇崎賢太郎(時任三郎)の前では気丈に振る舞いながらも、部屋で号泣するほど傷心する。 しかし翌朝、愛子は昨夜とはまるで違う元気な姿をみせ、賢太郎が三浦の話を振っても、何事もなかったかのように話題をかわす・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」7話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は誠二(田口淳之介)と別れました。

愛子は悲しむ姿は出さずに、一人になると部屋で泣いていました。

愛子は気丈に振る舞っていますが、賢太郎(時任三郎)は心配でなりません。

愛子は賢太郎の様子に気づき、思わず誠二の母・房江(田島令子)に対する本音を漏らしたのです。

愛子のためを思って、賢太郎は房江に会いに行きました。

房江は賢太郎を愛子の父親だとは気づかずに対応していましたが、誠二が訪ねてきたことで、房江の態度は一変します。

房江は賢太郎にも、誠二と愛子の結婚は認められないと、改めてはっきりと言います。

賢太郎は愛子を嫁に渡す気はないが、一度房江と話がしたいと思ったと返しました。

房江はその場から立ち去る際に、誠二に実家に戻らなければ、縁を切ると残して行きました。

会社では、鳴海(小泉孝太郎)がますます愛子を重要な仕事に関わらせます。

槙原環(白石美帆)は、鳴海への不満を募らせますが、鳴海の態度に変化はありませんでした。

ドラマ「花嫁とパパ」7話の感想
結局、愛子が誠二と別れてしまったのは、急展開で、驚きでした。

結婚を反対されたことが理由にあるとは思いますが、誠二も本気で愛子のことを考えているなら、もう少し頑張っても良いのではないかと思ってしまいました。

賢太郎は愛子との子離れを宣言して以来、愛子と距離を保っていましたが、落ち込む愛子のために、房江に会いに行くところは、やっぱり父親なのだと思いました。

房江が誠二との縁を切ると言ってまで、取り戻したい理由が気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「恋より大切な事」
一度は別れたものの、結婚を前提にして再び三浦誠二(田口淳之介)と付き合うことになった宇崎愛子(石原さとみ)は、すっかり元気を取り戻す。しかしその夜、鳴海駿一(小泉孝太郎)に会った愛子は「三浦と別れてほしい」と告げられる。一方アパレル会社では、鳴海が、広告代理店を無視して・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」8話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は誠二(田口淳之介)とヨリを戻し、結婚に向けて付き合いを再開します。

愛子が元気を取り戻した矢先、鳴海(小泉孝太郎)から、誠二と別れるように言われました。

鳴海はデザイナーとの直接交渉を進めており、出張に環(白石美帆)と愛子を2人とも連れていくと言い出します。

愛子は出張のことを賢太郎(時任三郎)に話します。

賢太郎は鳴海と愛子が外泊することに敏感に反応し、出張自体に大反対です。

鳴海はカフェで、愛子を出張に連れていかせて欲しいと、直接お願いします。

愛子も誠二も賢太郎の後を追ってカフェに行き、話を終始聞いていました。

賢太郎も誠二も、鳴海の話をに不安を感じていました。

賢太郎は愛子のことが心配で、鳴海との出張を許すかどうか迷いましたが、環も出張に行くならと、とうとう許します。

愛子は予定通り、出張に出掛けました。

しかし、愛子と鳴海と一緒に出張に行ったはずの環が、賢太郎を訪ねてくるのでした。

ドラマ「花嫁とパパ」8話の感想
愛子と誠二は、結局ヨリを戻しました。前回の別れは何だったのか?と、突っ込みたくなりましたが、愛子が元気になれたらヨシとしなければ…ですね。

鳴海の存在感が、回を重ねるごとに増してきているような気がします。

鳴海の愛子に対する気持ちは、あくまで仕事のパートナーなのか、プライベートでも親しくなりないのか、まだ見えてきません。

鳴海がどうしてそこまで愛子にチャンスを与えるのか、鳴海は何かを隠しているような雰囲気も感じさせます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「危険な三角関係」
会社からの独立を進めている鳴海駿一(小泉孝太郎)に、ついていくと決心した宇崎愛子(石原さとみ)。そこへ契約を断られていたデザイナー・桂木(小市慢太郎)から、鳴海と一緒に仕事がしたいとの嬉しい連絡が入る。 家では、父、賢太郎(時任三郎)と三浦誠二(田口淳之介)が、心配して・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」9話のネタバレ
鳴海(小泉孝太郎)は会社から独立するつもりでした。

愛子(石原さとみ)は鳴海と仕事を続けるために、ついていきたいと考えていましたが、賢太郎(時任三郎)と誠二(田口淳之介)は猛反対。

職場では、愛子が鳴海に引き抜かれていくという噂が広まり、鳴海と愛子の関係も何かあるのではないかと憶測まで飛び交います。

鳴海がデザイナーと直接交渉を進めていたことが広告代理店に知れてしまい、鳴海がつかんだ契約は白紙になりました。
環(白石美帆)が広告代理店にリークしていたのです。

鳴海が環を責めたことで、環は音信不通になり、愛子が独立会社についていく話も流れてしまいます。

色々なことがあり、やっと家に帰った愛子を誠二が訪ねてきました。

そして、指輪を取り出し、真剣な表情で、愛子にプロポーズしました。

飼美奈子(和久井映見)から電話があり、カフェに行ってみると、環が酔いつぶれていました。

愛子は環から預かった手紙を、鳴海に渡しました。

封筒の中には辞表が入っていたのです。

ドラマ「花嫁とパパ」9話の感想
鳴海のこれまでの行動の意図が、少しだけ見えた気がします。

それが、独立で、しかも愛子はついていくという流れは、驚きでした。

確かに、新入社員の愛子が鳴海と一緒に独立するとなれば、何かあると疑われるのは当然です。

でも、その場にいる誠二はどのような気持ちなのかと、同情してしまいました。

その焦りもあって、誠二は愛子にきちんとプロポーズする気になった部分もあったように思いました。

愛子の仕事とプライベートのこれからが楽しみになります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「パパと父の対決」
宇崎愛子(石原さとみ)は、三浦誠二(田口淳之介)のプロポーズを受け、幸せを噛み締めていた。一方の三浦は、疎遠だった父親・誠造(大和田伸也)から、愛子と別れて自分が勧める女性と見合いをするように言われる。見合いの話を聞いた賢太郎(時任三郎)は、三浦に親を説得できないうちは愛子との・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」10話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は誠二(田口淳之介)のプロポーズを承諾し、心から幸せを感じていました。

誠二の父親・誠造(大和田伸也)が、誠二に久々に連絡をしてきて、愛子ではなく、自分が決めた相手と見合いをして、結婚するように言います。

賢太郎(時任三郎)は、誠造を説得してからでなければ、愛子とは結婚させないと厳しく話し、誠二は誠造に会いに行きました。

賢太郎は誠二について行き、誠二に喝を入れていたのです。

誠造は誠二の話を聞こうとはせずに、部屋を出ていきますが、茂みから見守っていた賢太郎と鉢合わせしてしまいました。

ある日、誠造から誠二に会おうという連絡が入ります。

誠二は、誠造ときちんと話した後で、愛子を紹介すると決めて、誠造との待ち合わせに向かいました。

賢太郎と愛子は、外で誠二からの連絡を待っていましたが、1時間が経過しても連絡はありません。

2人が中を覗いてみると、誠二は振袖の女性とお見合いの真っ最中だったのです。

ドラマ「花嫁とパパ」10話の感想
いよいよ愛子と誠二の結婚が順調に進み始めたと安心していましたが、今度は誠二の父親が邪魔に入ってしまいます。

誠二の母親も父親も、なかなか強烈なキャラクターだと感じました。

賢太郎はかなりお節介で、親バカな面もある気がしますが、愛子のためならどんなことも厭わず、全力でサポートするのだと思いました。

誠造と賢太郎の父親対決も気になるところですが、誠二がまさかのお見合いをしてしまい、愛子との結婚が実現するのか、怪しい気がしてきました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「娘の涙と父の涙」
自分を出産したことで母親が亡くなったと知った宇崎愛子(石原さとみ)は、ショックから立ち直れずにいた。心配する父・賢太郎(時任三郎)からの電話にも出ずに、やがて三浦誠二(田口淳之介)の父・誠造(大和田伸也)が入院する病院へとやってくる。そこで、三浦と会った愛子は・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」11話のネタバレ
愛子(石原さとみ)は、母親が自分のせいで亡くなったと知り、ショックを受けてしまいます。

誠造(大和田伸也)は入院しており、愛子は誠造のお見舞いに行き、誠二(田口淳之介)と会います。

誠二に自分の母親のことを話そうとしますが、誠造の容態は安定せず、誠二は誠造のことしか考えられずにいました。

誠二は愛子に、結婚して静岡の実家で一緒に暮らして欲しいと唐突に言い出します。

職場では、誠二が鳴海(小泉孝太郎)に有給休暇の申請をし、鳴海は愛子に結婚の意思を確認すると同時に、仕事でも愛子に期待していると伝えました。

愛子は一人で考えて、結婚を辞めると決めました。

本当の理由を知りたい誠二は、愛子の家に向かいます。

愛子は仕事のためだとしか言いませんでした。

それでも、納得のいかない誠二は、愛子に改めて電話をかけ、理由を聞きます。

愛子は泣きながら、母親が自分のせいで亡くなったことを話し出しました。

愛子は賢太郎(時任三郎)の大切な人を奪ったと考え、賢太郎を一人にはできないと思っていたのです。

ドラマ「花嫁とパパ」11話の感想
ついに愛子は、母親が亡くなった本当の理由を知ることになりました。

愛子なりに色々考えて、誠二に相談しようとしていたにもかかわらず、静岡の誠二の実家で暮らすと言われたのは、打撃が大きかったはずです。

やっと愛子と誠二が結婚できる流れになってきていたのに、またまた問題が出てきてしまいました。

誠二は何度も愛子に寄り添って、結婚できない理由を聞きますが、本当の理由を知ったとき、言葉を失いました。

誠二は愛子を取るのか、実家をとるのか、最後まで目が離せません。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話 「娘に贈る歌…」
愛子(石原さとみ)の父・賢太郎(時任三郎)は、三浦誠二(田口淳之介)の父・誠造(大和田伸也)に、愛子と三浦の結婚を認めてほしいと頼み込むが、聞き入れてもらえない。家に戻った賢太郎は、寂しそうな愛子を見ているのは辛いからと、誠造を説得するため愛子も連れて三浦の実家へ向かう。しかし・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「花嫁とパパ」12話のネタバレ
賢太郎(時任三郎)は愛子(石原さとみ)が幸せになるためと思って、誠造(大和田伸也)に誠二(田口淳之介)と愛子の結婚を認めてもらえるように頼みに行きました。

賢太郎は愛子がどこか寂しそうなのを見て、愛子と一緒に誠造を説得しに行くことにしました。

しかし、静岡の実家に着くと、誠二が見合い相手と結婚して、家を継ぐと誠造に話しているところだったのです。

誠二は会社を辞めることになりました。

誠造の手術の日がやって来ます。

愛子と賢太郎も病院に駆けつけました。

誠二は気が緩んだのか、安心したのか、自分の不安な気持ちを話し始めます。

誠二は家を継ぐことにしたものの、店を救えたとしても、自分は誠造のように店を守っていくことができるのか、迷ってしまっていたのです。

誠二の話を聞いていた賢太郎は、誠二に一番大切にしたいことは何かを尋ねます。

誠二はしばらくの間、黙って考えていました。

そして、自分が大切なものについて話します。

ドラマ「花嫁とパパ」12話の感想
いよいよ最終回です。別々の道を歩みだしていた愛子と誠二でしたが、賢太郎はずっと見守っていて、愛子が完全に吹っ切れたとは思っていなかったようです。

賢太郎は一人で誠造を説得しに行き、愛子も連れていき、それだけで、素敵な父親だと涙が出てきてしまいます。

誠二は家を継ぐことを決めたようでしたが、本当に愛子と誠二が結婚できないのかと、見ていて悲しい気持ちになりました。

賢太郎から大切なものを聞かれた誠二が、出した答えが、これからの愛子と誠二の運命に関わってきます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「花嫁とパパ」の概要

二十歳! あこがれのアパレル会社に就職! 恋のはじまり! なのに…。

 「私は今日、父から卒業する!」

社会人一年生になった宇崎愛子(石原さとみ)のテンションは最高潮。

今日から、大人として、仕事も恋愛も楽しもうと決めているからだ。

しかし、そこにはベルリンの壁よりも、高い鋼の壁が立ちふさがっていた…。

愛子の父・宇崎賢太郎(時任三郎)だ。

 『門限7時。男女交際、一切禁止。外泊なんてもってのほか』(引用元:公式サイト)

ドラマ「花嫁とパパ」の出演者、放送情報

宇崎愛子:石原さとみ
三浦誠二:田口淳之介
宇崎賢太郎:時任三郎
鳴海駿一:小泉孝太郎
槙原環:白石美帆
岡崎安奈:滝沢沙織
金山初音:西原亜希
岩倉舞:今井りか
犬飼美奈子:和久井映見
岡部真弓:佐津川愛美
五味紀男:浅野和之
神田竜太:忍成修吾
石原奏乃:金田美香
藤崎桃:中園友乃
都筑聡子:広岡由里子

原作:なし
脚本:いずみ吉紘、小川智子

主題歌:加藤ミリヤ&COLOR「My Girl feat.COLOR」

制作:フジテレビ

放送:2007年

ドラマ「花嫁とパパ」の見どころ

娘が可愛くて仕方ない父親と、愛情を一心に受けて育った一人娘の結婚までを描いたヒューマンドラマです。

石原さとみが初のコメディに挑戦したのが本作。

なかなかお目にかかれない、変顔な石原さとみは必見ですよ!

もちろん彼女本来のキュートな魅力も健在で、ウェディングドレス姿は父・賢太郎ならずとも涙腺が崩壊してしまうかも…。

相手役を務めた田口淳之介との掛け合いや、揺るがない父娘の絆にご注目ください

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「花嫁とパパ」の感想

40代男性
石原さとみがすごくかわいかった。スピーチのシーンは、ヒロインのお父さんでもないのに、ただの他人な僕が画面の前で号泣しました。 
30代女性
王子様な田口くんが見れる素晴らしいドラマです。キラキラオーラがすごい。ヒロインの石原さとみさんもキュート過ぎて、すごくお似合いのカップルで応援していたので、晴れてゴールイン!した時はほんとにうれしかったです。 
30代女性
ちょうど結婚を控えていた時期にやっていたドラマなので、勝手に親近感を持ちながら見ていました。結婚のすばらしさとか、親子の愛情と絆を教えてくれる、心温まる素敵な作品です。 

まとめ

以上、石原さとみ主演のドラマ「花嫁とパパ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

お年頃な娘と、なかなか子離れできない父親の親子愛を描いたドラマ「花嫁とパパ」。

きっと共感してしまうこと間違いなしの、素敵な作品です。

TSUTAYA DISCASで花嫁とパパのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴