ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|林家三平ものがたりを無料で見られる動画配信まとめ

2006年に山口達也主演で放送のドラマ「林家三平ものがたり」

型破りな話芸で昭和の爆笑王をとなった林家三平(山口達也)の半生を描いた物語。

妻との爆笑あり、涙ありの物語になっています。

ドラマ「林家三平ものがたり」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「林家三平ものがたり」を無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「林家三平ものがたり」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「林家三平ものがたり」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「林家三平ものがたり」のDVD(全1枚)は無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「林家三平ものがたり」のDVD全1枚を一度にレンタルしても発送されません。

そのため、ドラマ「林家三平ものがたり」に出演している山口達也の出演作品

  • 上を向いて歩こう 坂本九物語(全1枚)
  • 光とともに… ~自閉症児を抱えて~(全4枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「林家三平ものがたり」に出演している山口達也の出演作品がたくさん揃っています。
☆関連作品を入れてください☆

  • 受験の神様
  • 24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2006 ユウキ
  • 首領を殺った男
  • 怪獣倶楽部~空想特撮青春記~

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「林家三平ものがたり」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「林家三平ものがたり」の動画まとめ

ドラマ「林家三平ものがたり」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
「林家三平ものがたり」のあらすじ
昭和30~40年代、型破りな話芸で時代の寵児となった昭和の爆笑王・林家三平の半生を、夫婦愛を軸に描いた笑いと涙のドラマ。(引用元:TSUTAYA DISCAS)

ドラマ「林家三平ものがたり」のネタバレ
1945年、戦争に参加していた二十歳の海老名泰一郎、のちの林家三平は、故郷に帰り、父親の7代目林家正蔵(伊東四朗)から囃に挑戦しないかと誘われる。

しかし、1949年、父親の正蔵が急死したので、三平は月の家圓鏡、後の橘家圓蔵(矢崎滋)の門下となる。

そんな時、林家正蔵の名前を一代限りで借用したいと、蝶花楼馬楽(篠井英介)が持ちかけてきて、その時の三平には、その名を名乗るほどの実力もなく、断る術がなかった。

そして、三平は母親に絶対にいつか林家正蔵の名を奪い返すと約束する。

1952年の春、三平は落語の縁でかよ子(菊川怜)と結婚したが、暮らしは苦しいままで、
三平が病気をした時も、治療費が足りないほど。

身体の調子がよくならない三平は、今までなかった噺を作ってみようと思い立ち、早速、試してみると、人気はうなぎのぼりとなり、1958年秋、林家三平はついに昇進したが、生活は苦しいままで、三平は稼いだ金を自分の娯楽に使い込んでいた。

とうとう、大病に倒れ、その後、必死の訓練を乗り越えて、舞台へのカムバック!

平成22年春、林家三平が切望していた9代目林家正蔵を、息子のこぶ平が名乗り、ついに、宿願を果たされた。

ドラマ「林家三平ものがたり」の感想
同じ同性として、やはり、かよ子さんに肩入れして観てしまいました。

嫁としての心得、母としての姿勢など、勉強になるところが多々ありました。

姑の歌も古き良き昭和の母って感じで、忘れていたことを思い出させてくれました。

正直、意外だったのが山口達也の熱演です。

三平にすっかりなりきっていて、本当に驚きました。

厳しい状況だからこそ笑いが必要だし、そこから誰もに響く笑いが生まれるのですね。

全体的に、大変面白かったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「林家三平ものがたり」の概要

2005年3月13日、九代目・林家正蔵を襲名する林家こぶ平が、上野から浅草へ敢行した『お練り』を一目見ようと東京台東区内は14万5千人の歓声でどよめいていた。母・かよ子は、そんな息子の一世一代の晴れ姿を、息をつめて見守っていた。晴れがましいというよりは、心配で心配でただひたすら無事に滞りなく・・・と、亡き夫、林家三平に縋る思いで・・・。
昭和20年10月末、学徒動員の海老名泰一郎(林家三平)は、生まれ育った東京根岸に戻り、母・歌と再会。20歳だった。
ある日、いつものように銭湯へ行き父・七代目・林家正蔵の背中を流していた時、ポツリと云われた。「泰一郎、お前、噺をやってみないか」背中を流していた手が思わず止まった。泰一郎が大きく頷くと、 余程嬉しかったのだろう。父は満面笑みを浮かべていた。
かくして、前座見習いとしての生活が始まった。根が甘いからと、『林家甘蔵』と貰った芸名は、初高座へ上がる時には、父親の前名、柳家三平からとった『林家三平』と名乗る事となった。
だが、思いもかけない不幸が三平を襲った。

昭和24年、父・正蔵が55歳の若さで急逝。さらに父の死から一月も経たぬうちに、妹・千恵子が後を追うように亡くなったのだ。
三平はかつて、父の弟子であった月の家圓鏡(後の橘家圓蔵)の門下となる。そんな三平を可愛いがってくれたのは、当時人気絶頂の三遊亭歌笑だった。「いつか自分も歌笑兄さんのように、客を腹の底から笑わせ、楽しませる芸人になりたい・・・」。しかし、その心優しい先輩が、ある日突然アメリカ兵のジープにはねられ、死んだ。
又一人、大事な人が逝ってしまった・・・三平は、えぐられる痛みの中で嗚咽した。
そんな時、突然、林家正蔵の名跡を一代限りという条件で借りたいと、蝶花楼馬楽がやってきた。父・正蔵の一周忌も済んでいなかったが、今の三平母子に抵抗する術はなく、結局、名跡はとりあげられた。悔しかった。情け無かった。駆け出しの前座の身が悲しかった。三平は母と固く誓い合った。必ず林家正蔵の名跡は取り返してみせると。

昭和27年4月10日、三平は三遊亭金馬師匠のところで預かっているかよ子と結婚した。
新婚旅行から戻ったかよ子は、歌から「三平は噺家としてこれから出世していく身。当分の間、妹と言うことにしておきます」と言い渡された。つまり、かよ子は隠し妻、三平を「お兄さん」と呼ぶ事になった。戸惑う事も多かったが、かよ子は今の穏やかな幸せが嬉しかった。
しかし、暮らしは貧しいまま・・・。三平が盲腸で入院した時も、高額な入院費を支払うために、住んでいる土地の半分を売ってしまった。米代にも窮してすいとんを啜る毎日だった。
病後、今ひとつ体調が回復せず、悶々と寝たり起きたりの毎日を送っていた三平は、ふと気付いた。「そうだ! 誰も見たことのない新しいハナシをつくろう!」

三平のしどろもどろのおかしさに、客は抱腹絶倒、人気は沸騰していった。ラジオやテレビのスイッチをひねると、毎日どこかの局から「三平です。どーもスィマセン」「もォ、大変なんスから」という声が聞こえ、三平が出演する公開録画は、女性ファンが殺到した。
仕事の多忙を理由に、だんだん三平の帰りが遅くなり、そのうち朝帰りもするようになった。どうやら女遊びをしているらしい。これも芸の肥やし、と自分に言い聞かせていたかよ子だが、内心は爆発寸前だった。

昭和33年10月、林家三平は待望の「真打ち」に昇進した。しかし、かよ子と歌は、相も変わらず内職に追われる日々。三平は稼ぎを女遊びや付き合いにつぎ込んでいたのだ。
真打ち昇進以後、三平はますます人気が出て、多忙につぐ多忙の毎日だった。昭和35年正月には、テレビ、ラジオ合わせて三が日で百八回出演、除夜の鐘と同じ数、と驚かれる記録を打ち立てた。

まさに「昭和の爆笑王」の名を欲しいままに、日本中を席巻した林家三平。
2男2女に恵まれた父親としての優しい顔や、誰よりも努力してネタ作りに没頭する真剣な顔。
初恋の人・柳田ヨシ子との再会や、弟子・林家こん平の入門。
そして、脳内出血に倒れ、再起不能と言われながらも、壮絶なリハビリを繰り返す毎日。
奇跡の復活!そして・・・。

2005年3月21日、林家三平悲願の九代目林家正蔵を、長男こぶ平が襲名。噺家三代の夢が、遂に叶った瞬間であった。晴れた浅草の空の上から、三平が、あの笑顔で見つめていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「林家三平ものがたり」の出演者、放送情報

林家三平:山口達也
海老名かよ子菊川怜
林家正蔵:伊東四朗
海老名歌:木の実ナナ
三遊亭歌笑:風間杜夫
月の家圓鏡:矢崎滋
金馬の妻・八重子:松原智恵子
柳田ヨシ子:紺野まひる
柳家三亀:松長門裕
蝶花楼馬楽:篠井英介
林家こん平:石井正則
三遊亭金馬:立川志の輔
林家正蔵:林家正蔵(九代目)
林家いっ平:林家いっ平

制作:テレビ東京

放送:2006年

ドラマ「林家三平ものがたり」の見どころ

誰も聞いたことのない話を作って日本中から「昭和の爆笑王」と異名を我がものにした林家三平。

明るくあれだけの爆笑を掻っ攫った人が、実は辛い過去を経験していたなんて誰が想像出来るでしょうか。

人生の逆境にも負けず、必死にもがき続けている様は見ていて本当に胸を打つものがありました。

また、それを支え続けていた妻もとても強く、登場人物のひとりひとりに感情が入ってしまいます。

また、元TOKIOの山口達也の素人とは思えない落語は圧巻でずっと聴いていたい程のものでした。

落語の世界は奥が深いです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「林家三平ものがたり」の感想

40代男性
落語が大好きな人なら楽しめる作品。林家三平といえば今の人には笑点の一番若手のいじられ役だと思いますがその方のお父様のお話。昭和の大スターである三平さんの歩みを見る事ができます。TOKIOのメンバーは落語家を演じることが多いですね。国分太一くんもやってましたが、こちらは山口達也くん。実在した落語スターを他の活躍する落語家と演じるのはとても大変だったと思います。落語が好きな人でもそうでもない人でも彼を知らない人でも一人の落語家の人生というものを楽しみたい人にも良い作品。  
50代女性
香葉子さん以外の一門がみんな本人役で圧巻でした。三平さんはとにかく落語界、ひいては日本の伝統芸能の怪物といっても過言ではない存在です。そんな人の生涯を単発ドラマで描くのはやはり無理があったというべきか、ドラマというよりダイジェストになってしまったのがやや残念。でも、山口さんの演技はお上手だったと思います。山口さんが九ちゃんを演じたドラマも見ましたが、彼は本当にご本人が乗り移ったかのような演技をなさいます。役作りの成果もあるでしょうが、もともと器用な方なんでしょうね。  
50代男性
林家三平さんの生涯を描いたドラマです。見どころは、ベテラン俳優たちが披露する、本物さながらの落語です。風間杜夫の「歌笑純情詩集」、伊東四朗の「常盤カフェー」が見れただけでも儲けもの。できれば三遊亭金馬に扮した本職・志の輔の落語も見たかったですね。  

まとめ

以上、山口達也主演のドラマ「林家三平ものがたり」の動画を無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

山口達也が演じる林家三平の落語は本当に素人レベルを超えていて必見です。

きっと見終わった後に、本場の落語を聞きに行きたくなるでしょう。

TSUTAYA DISCASで林家三平ものがたりのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴