ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|IQ246華麗なる事件簿の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2016年10月〜12月まで織田裕二主演で放送のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」

織田裕二演じる現代の貴族が、IQ246という驚異の頭脳を駆使して難事件を解決するドラマです。

いわば「現代日本を舞台にしたシャーロック・ホームズ物語」ともいうべきストーリーになっています。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画は、huluで見放題配信中です。

huluの無料期間を利用すると、ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」は、huluで見放題配信中です。

huluは通常月額1026円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:hulu)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」と同じジャニーズ出演作品の

  • 未満警察ミッドナイトランナー
  • 節約ロック
  • 知らなくていいコト

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画まとめ

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」は、huluで全話無料視聴できます

(画像引用元:hulu)

huluは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴
第1話 「天才貴族が汚れたクリエイターの完全犯罪を突き崩す」
警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は貴族の末裔・法門寺沙羅駆の護衛係を命じられ北鎌倉の法門寺家に勤めることになるが、沙羅駆とはIQ246の天才で、その存在は国家的機密になっており・・・(引用元:ウィキペディア)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」1話のネタバレ
犯罪研究を続けてきた北鎌倉の法門寺家という名家の当主の沙羅駆(織田裕二)。この家の長男に代々備わるIQ246を備える天才である。

沙羅駆にとりこの世はつまらない事ばかり。

暇を持て余し、自身にふさわしい難事件を求めていた。

そんな時、和藤奏子(土屋太鳳)という刑事が法門寺家の当主の護衛の任を受け北鎌倉に出向く。

奏子は法門寺家に代々仕える執事の賢正(ディーン・フジオカ)と面会。

一方沙羅駆は暇でタクシーで外出し事件現場に遭遇する。

沙羅駆は女性の他殺体をみるや被害者の性格や犯行の手口を当ててしまう。

しかし沙羅駆は無銭乗車で逮捕されるがすぐに釈放。

賢正と共に警視庁に現れた奏子の性格を沙羅駆はまたも当ててしまう。

女性の検死結果を出した監察医の森本朋美は奏子から沙羅駆が同じ見解を出したという事を知らされ、沙羅駆に興味を抱く。

釈放された沙羅駆は資産家の桜庭家の奥様から寿司職人の宮島が所在不明と知らされる。

最初は気乗りしなかった沙羅駆ではあるが宮島愛用の包丁などを見つけて目を輝かせ、聞き込みを開始しディナーの席で早乙女という人物と出会う。

早乙女は会社に強盗襲撃の知らせが入り失意のまま退席する早乙女。

そして沙羅駆は後を追いかけていく。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」1話の感想
沙羅駆という天才的な能力を有する男性が難解な事件に取り組んでいく物語には
興味がわきます。
そして刑事の和藤奏子とのかかわりがどうなるか今後の展開に大いに注目できる文書だと感じました。
天才的な能力というからには今後のドラマでいろんな推理をしていくはずです。
無銭乗車という文章から沙羅駆という人物は夢中になると少し周囲の状況が冷静に観察できない意外な面もある
のかもしれないと思いました。
いずれにしても難事件を監察医も興味を示すほどの推理力。文末の宮島の行方など今後の沙羅駆の推理は興味が引かれます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「命の心理戦!! 連続自殺の謎を解く」
法で裁かれなかった犯罪者が次々に自殺し、流行の漫画「キルリスト」の内容に酷似していると噂になる中、沙羅駆はこれが連続殺人だと指摘する。これら事件は妹を誘拐され殺された過去を持つ塾講師の前川公平(佐藤隆太)が、児童虐待加害者を狙って行っており・・・(引用元:ウィキペディア)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」2話のネタバレ
若者に流行りの漫画「キルリスト」に類似した連続殺人事件が発生する。

キルリスト・・・それは、法では裁けぬ悪人の名を「ソレ」に書くと、悪魔が死を促す。

まさに、その「キルリスト」により、過去に悪事に身を染めた者が裁かれていた。

殺しのリスト。「ソレが存在するのでは?」という噂が、メディア中を駆け巡っていた。

その話を知った沙羅駆(織田裕二)は、「悪魔が自殺に追いやった訳ではない。れっきとした殺人だ。」と断言する。

時を同じくして、都内で発生した3つその事件の死者は、過去に虐待により子を殺した毒親だったという共通点が浮かぶ。

警察はその状況から自殺と判断。

が、三人の死の謎に好奇心を刺激された沙羅駆には、刑事の奏子(土屋太鳳)が止めるも無駄に。

そして、執事の賢正(ディーン・フジオカ)と共にこの事件に介入する。

賢正と共にキルリスト事件という迷宮に足を踏み入れた沙羅駆は、被害者三人の類似点から、とある線に到達する。

その線とは、塾の講師をしている前川公平(佐藤隆太)。

塾の生徒からは「前川っち」という仇名で呼ばれるといった気さくな性格の前川だが、その実は、十年前に年端もいかぬ妹を殺された過去があった・・・

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」2話の感想
下記の

キルリストとは、法では裁けない~で話題になっていた。

の部分が説明的過ぎて面白味にかけると思ったので、文章を三つに分けて、なおかつ、
内容が変わらないように自分流の表現でアレンジし直しました。
なによりも、ナレーションの人がこのままだと息継ぎが出来ず窒息しそうな感じがしたもので。
実際に口に出して読む際に、息継ぎの出来ない文章というものは、なかなか頭の中に入ってこないものです。
ただ、この内容だと「キルリスト」という漫画が、リアルにおける「デスノート」という漫画に酷似した内容になるので
オリジナリティーがなく、たとえドラマの中で出てくる漫画であろうとも、ある程度の独特の世界観の構築は大切だと思います。
辛辣な事を書いてすいません。
ただ、ここには「読んだ感想を記入してください。」と書かれていたもので、素直な感想を書かせて頂きました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「執事の愛」
賢正(ディーン・フジオカ)は高校時代の同級生で、不動産会社経営の夫を持つカリスマ主婦モデル・美晴(観月ありさ)と再会する。夫の不倫を知った美晴が夫に殺意を抱いていた矢先、夫が何者かに殺害される。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」3話のネタバレ
すっかり仲良くなった瞳と奏子(土屋太鳳)の女子コンビ、女磨きのためにとフットマッサージ店に行っていました。

そんな彼女らを迎えに行った賢正(ディーン・フジオカ)は高校時代の同級生・滝乃川美晴と出会うのでした。

カリスマ主婦モデルで人気となっている彼女は夫も不動産会社のやり手社長と人も羨むセレブでした。

また落ち着いて会おう、そんな約束を交わして別れた彼らでしたが、その数日後に美晴の夫が刺殺されるのです。

犯人h彼と金銭トラブルを抱えていた工場経営者で彼もまた絶命しています。

被害者も犯人も死んで終わったと思われたこの事件、ですが沙羅駆(織田裕二)は美晴に疑念を抱き始めるのでした。

ですが賢正は彼女を擁護、むしろこの事件で幸せだったセレブ生活が一変してしまうその身を案じてやっているのでした。

一人の女性を巡って、沙羅駆・賢正二人の間に亀裂が生まれてしまうのです。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」3話の感想
持つべきは金持ちの友人、一緒にフットマッサージとか羨ましいです。そして素敵な男性は同級生もレベルが高い、セレブの周りにはセレブが集まりやすいのですね。にしても、夫が亡くなってしまったらそんな日々ももう終わりです。沙羅駆は疑っているようでしたが、今の生活を崩すような殺人を犯してしまうものなのでしょうか。大の大人2人を互いが争って死んだように見せかけるのも大変です。沙羅駆との関係がどうなるのかも心配です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「天空の密室に響く殺人協奏曲」
男性医師が殺害され、警察は強盗による殺人で捜査を進めるが、密室で倒れる遺体を見た沙羅駆(織田裕二)は、怨恨による殺人を見抜く。部屋に残されたCDを元に、沙羅駆は、ピアニストの由里(国仲涼子)に会いに行く。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」4話のネタバレ
事件があったのは都内のタワーマンション最上階の一室です。

被害者は土門賢治、大学病院外科系統括部長という経歴を持つ男です。

そこにあった置き物と果物ナイフが凶器でした。

どうやら読書をしていた。
彼は、背後から置き物で頭部を強打、更にナイフで2度も刺されているようです。

すでに妻と死別していた彼は子供もおらず、そこに一人暮らししていたのです。

警察は金品も取られていたことから強盗殺人だと判断するも、防犯カメラに不審人物の影はありません。

それに彼の部屋にいくには暗証コードも必要、おいそれと入り込むことなど出来ないのです。

沙羅駆(織田裕二)は現場検証により遺体に掛けられていたメガネ・果物皿のグレープフルーツ・未開封のクラシックCDに目をつけます。

そのCDの演奏者である女性ピアニストの二本松由里があやしい、事情を聞きにいくことにしました。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」4話の感想
ジャズばかりの中で一つだけある未開封のクラシックCD、そこから違和感を掴み取るとはさすがです。果物皿にグレープフルーツがあってもそれは普通のことなのでは、どう真実につながっていくのか興味を惹かれました。
奥さんには死なれて子供だっていない、広いタワーマンション屋上の部屋でたった一人で暮らしているとはどれだけ金があっても可愛そうな人生です。しかも最後は殺されて、とはいえピアニストの女性の存在もありますし意外とお楽しみだったのでしょうか。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「錯覚じゃなかった男達の友情」
人気ユニット「バナナ&チョコ」の番田(矢本悠馬)と千代能(成宮寛貴)が美術館のオープンニングイベントでショーを行う。だが、ショーの最後に番田が高所から落下して死亡。イベントに訪れていた沙羅駆(織田裕二)は、奏子(土屋太鳳)が目撃していた事から他殺と推理する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」5話のネタバレ
沙羅駆(織田裕二)はあるアートギャラリーのプレオープニングパーティーに参加していました。

「バナナ&チョコ」というアートユニットで学生時代からの腐れ縁の千代能と番田の二人が主催者側、なにしろオリンピックの開会式の演出候補にも上がっているというのですから、かなりの実力者たちです。

招待客らはヘッドセットを付けてAR・拡張現実を楽しみます。

何も無いように見える空中に手を伸ばして何かを掴もうとしたりバランスを失ったり、客たちも大喜びでなかなかの盛況です。

そんな中で番場が会場に登場するも、なぜか踊るような不自然な動きをしたと思ったら不安定な足場から落ちて転落死してしまったのでした。

千代能はもちろん茫然自失、ずっと共に頑張ってきた相方の予期せぬ死に落ち込んでしまいます。

沙羅駆はこの出来事に興味を抱く、そして千代能の事務所を訪れるのでした。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」5話の感想
最新テクノロジーのAR、楽しそうでやってみたいです。きっとなんでも無いフロアがあっという間に高所の吊り橋の上なんて状況となり、そうすると人々はまともに歩くことも出来なくなるのでしょう。やっている人だけでなくそれを見ているのも面白そうです。そんな華やかなる会場にてなぜか踊り出したと思ったら転落死した番場、そんな不可思議な事故を沙羅駆が見逃すわけもありません。仲良しの同級生コンビに見えてどうやら何かありそうな二人です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「才能買う画家が描く殺しの絵」
未解決事件の記事を見つけた沙羅駆(織田裕二)は、被害者の部屋に向かう。工場勤務の男性が殺された事件は、凶器に指紋がなく通り魔事件として扱われていた。部屋を見た沙羅駆が「事件は連続する」と予想した直後、画家の壮一(平岳大)が弟の亮次(和田聰宏)を殺害し・・・(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」6話のネタバレ
暇を持て余した貴族の沙羅駆(織田裕二)、偶然奏子(土屋太鳳)の持っていた新聞で見つけた未解決事件に首を突っ込みます。

殺されたのは鈴木守という男、ある橋の下で見つかっています。

誰もがいい人という彼がなぜ殺されなければならなかったか、捜査を進めることにしました。

そして沙羅駆は「事件はこれで終わりではない」と推理、その言葉通り今度は鈴木が株の購入を相談した証券会社社員の笠原が死亡していたことが分かります。

借金まみれでそれが原因で離婚調停中でもあった笠原、しかしながら現場検証を行うとなぜか死の直前には優雅な生活をしているのです。

勝手に現場検証をしていた沙羅駆は笠原の兄の壮一と遭遇、自称画家で経済的に恵まれていなかったはずの彼もなぜか弟の死を境にして、羽振りの良い生活に転じているのです。

これらはいずれも繋がるはず、沙羅駆が見逃すはずもありません。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」6話の感想
暇だったから未解決事件を捜査、しかも勝手に現場にまで押し入っていくのですから警察としてはたまったものではにでしょう。さすがは貴族さま、自由人です。
貧乏人が急に羽振りがよくなったら絶対に疑われるに決まっています。絶対に笠原兄弟が事件に関わりがあったに違いありません。もしも自分が犯人だった場合には、時効を迎えるまではもっと大人しい生活をするのにと堪え性の無さにあきれ返りました。すべてを失って牢屋に入れられるよりは、たまにご馳走を食べる程度の庶民の生活で十分です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「完全犯罪を名女優は演じきる」
マリアTに殺されそうになった沙羅駆(織田裕二)は一命を取り留め、マリアTが朋美(中谷美紀)である事を知る。一方、女優の麗子(山口紗弥加)が仕事も恋人も奪われた後輩女優のあやめ(佐野ひなこ)を殺害。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」7話のネタバレ
沙羅駆(織田裕二)が関わってきた数々の事件、犯人が自身で犯行を決意し殺害方法を考えたわけではなく影で操る人物がいました。

その名はM・マリア、その正体が観察医の森本朋美であることが判明するのです。

彼女を追う中であるテレビスタジオが浮かびあがりました。

沙羅駆らはさっそく行ってみることにしました。

そこで見たのはちぐさあやめ・美園麗子の新旧女優のバトルでした。

ただマリアの手がかりは見つからず、徒労に終わるのです。

ところがその夜、警察に「美園麗子を殺した」と通報が来るのです。

すぐに沙羅駆らも現場へ急行、そこには麗子の格好をしたあやめがいました。

マスコミを巻くためにと互いに衣装も車も交換して帰宅したというのです。

麗子のストーカーがあやめを麗子と勘違いして殺害したのでは、警察はそう判断するも沙羅駆は疑いの目を麗子に向けます。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」7話の感想
探偵にとって監察医は身近な存在、でも実は人々に犯行を教唆する恐ろしき女・マリアだったとは一気に急展開です。でも少ない情報からテレビスタジオという場所を特定して、沙羅駆だって負けてはいないのです。きっといつか二人の一騎打ちがありそうで楽しみです。
テレビ業界が舞台ということで華やかかと思いきや、そこにはギスギスした女の戦いがありました。美しき女優たちだからこそ新旧の争いが醜くも心に突き刺さります。そんな二人が呑気に服の交換なんてしそうにありません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「真犯人は法門寺沙羅駆。」
奏子(土屋太鳳)のパソコンがハッキングされ、沙羅駆(織田裕二)の顔が世に知れ渡る。同じ頃、ある家で爆発が起き、ジャーナリストの刺殺体が見つかる。複数の目撃情報と指紋から沙羅駆は犯人と疑われ、連行される。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」8話のネタバレ
沙羅駆(織田裕二)を守らねばと頑張っていた奏子(土屋太鳳)ですが、彼女のパソコンがハッキングされてしまいました。

その調査報告書は世間に流出、探偵としての沙羅駆のことが世の中に大々的に知られてしまうのです。

そんな中、また事件が起こりました。

亡くなったのはフリーライターの九鬼、なぜか周辺から沙羅駆の目撃情報が相次ぎ、狂気にも彼の指紋が検出されてしまうのです。

沙羅駆は容疑者として連行されていくのでした。

無実を信じる奏子は真犯人を見つけようとするも、彼の事件への関与を捜査本部から禁じられてしまうのでした。

彼は九鬼殺害だけでなくマリアの事件の首謀者とまで疑われます。

そんな中、捜査を指揮することとなったのは警視庁捜査一課管理官の牛田でした。

彼は沙羅駆と8ねんまえの事件で因縁あり、8年の時を経て運命の再会を果たすことなるのです。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」8話の感想
いつもは沙羅駆が事件を捜査し解決、でもこのたびは彼が犯人として警察に捕まってしまうのですから大ピンチです。しかも奏子は関わることを上から禁止されてしまいますし、陣頭を取るのはどうやら沙羅駆に煮湯を飲まされて恨んでいるみたいな牛田です。もちろん大人しく従っているような奏子ではなく独自に調査は始めますが、警察組織に勝ことができるのでしょうか。マスコミに知られたと思ったら目撃されて犯人に、そのスムーズすぎる一連の流れにはマリアが関わっていそうな気がします。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「マリア・T 死後に犯す完全犯罪」
沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)や賢正(ディーン・フジオカ)のおかげで、殺人容疑が晴れ、無事に釈放される。そんな中、これまで沙羅駆に忠誠を尽くしてきた賢正がマリアT(中谷美紀)の裁き方で沙羅駆と激しく対立する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」9話のネタバレ
奏子たちの活躍で沙羅駆(織田裕二)の容疑は晴れました。

無事お屋敷に戻った沙羅駆、ですがマリアは獄中で自殺してしまうのです。

そんな折、沙羅駆に依頼が舞い込みます。

政財界のドンが極秘に手術を受ける事となり、警察の指揮を取ってほしいというものです。

それよりもマリアの事を解明する方が大事と、沙羅駆は依頼を蹴ります。

マリアの遺体を確認しに行った沙羅駆ら、一目見てあることに気づきます。

そして解剖室の監視カメラでマリアが見ていることを察して話しかけるのでした。

マリアは「あなたの大切なモノは私の手の中に」と意味深な言葉を、賢丈が車に跳ねられ病院へと搬送されてきます。

手術を行おうという中で病院が何者かにハッキングさえてオペができない状態に、すべてはマリアの仕業でした。

そして、元々依頼されていた要人も同じ病院にいることが分かるのです。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」9話の感想
この物語の最大の黒幕であるマリア、大人しく死んでくれるわけがありません。監視カメラを通じて自分たちの行動がすべて見られているというのも恐ろしいことです。ようやく無事に自宅に戻れた沙羅駆ですが、のんびりとしてはいられません。
病院のハッキングほど恐ろしいことはなし、それも自分自身ではなく大切な人の手術を行なっている最中に停電し続行が不可能となったら、犯人に従うしかないでしょう。なぶり殺しといった感じで次々と仕掛けてくるマリアが不気味です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「絆VS頭脳!! 命を懸けた闘い」
マリアT(中谷美紀)の策略により、沙羅駆(織田裕二)はマリアTの仲間と見なされ、機動隊員に取り囲まれてしまう。賢正(ディーン・フジオカ)によって、何とかその場からの脱出に成功するが、警察のスナイパーに気付いた奏子(土屋太鳳)が、沙羅駆をかばい撃たれてしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」10話のネタバレ
敵であるマリアTを追っているはずの沙羅駆(織田裕二)、でも彼女の策略によりなぜか仲間と見なされて警察から追われる身となってしまうのです。

機動隊に囲まれる沙羅駆と賢正(ディーン・フジオカ)・奏子(土屋太鳳)は絶対絶命のピンチです。

そんな中で奏子は沙羅駆を庇って打たれてしまうのでした。

憤る沙羅駆ですが奏子の治療の方が先です。

急いで病院へと駆け込むのでした。

一方でマリアTは日本中の電気中枢をハッキングしたと政財界にも脅しをかけてきます。

一刻も早く彼女の行方を突き止めなければ、こちらも慌ただしく動き始めるのでした。

その中には、先日手術中にマリアに病院を乗っ取られ自身の身体を人質に取られた御前様の姿もありました。

多くの人々を敵に回すマリアの目的とは何なのでしょう。

そして彼女はどこにいるのでしょうか。

奏子はスナイパーに撃たれて満身創痍の状態、彼女の命は・そして沙羅駆の名誉は取り戻せるのでしょうか。

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」10話の感想
同じ警察仲間のはずの奏子がいるのに銃をぶっ放した機動隊、どうやら沙羅駆はかなりの危険人物とされているようです。撃たれた彼女のために憤る沙羅駆が、普通に人間らしさを見せてくれていて意外なシーンです。でもそんな時でも冷静な賢正がいい、確かに多勢に無勢で出て行ってもどうしようもないしお腹を撃たれて重傷の奏子の命を救うことの方が最優先です。
日本中の電気がマリアの手に、機械に詳しい人だとあっという間に日本が乗っ取れそうで怖いです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、huluなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の概要

北鎌倉在住の貴族の末裔でIQ246の天才・法門寺沙羅駆は、その頭脳ゆえに日々退屈を持て余し、警察の事件捜査に首を突っ込んでいる。

それを止めるお目付け役として護衛の名目で派遣された警視庁捜査一課の若手刑事・和藤奏子は、役目を果たそうとするものの沙羅駆に振り回され、彼に忠実に仕える執事・賢正も交えてその謎解きに巻き込まれてゆくストーリーが一話完結方式で描かれる。

一方、沙羅駆は各回の犯人に完全犯罪をそそのかす電子メールの送信者・13が自分と因縁のある犯罪コンサルタント・マリア・Tであることに気付き、別人になりすましていた彼女と対決する。

逃走したマリア・Tは逮捕されるが、彼女が獄中にある間も13による犯罪は起こる。

沙羅駆自身も犯罪容疑を受けるが、彼の無実を信じる和藤の奔走もあって疑いは晴れ、彼らの間には新たな絆が生まれる。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の出演者、放送情報

法門寺 沙羅駆:織田裕二
和藤 奏子:土屋太鳳
89代目 賢正:ディーン・フジオカ
森本 朋美:中谷美紀
マリア・T:中谷美紀
山田 次郎:宮尾俊太郎
88代目 賢丈:寺島進
牛田 寛人 稲垣吾郎(第8話)

主題歌: 井筒昭雄「御機嫌よう 犯罪者たち」

制作:TBS

放送:2016年

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の見どころ

織田裕二が、「冗談じゃない!」以来9年ぶりに主演を務めたTBSドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」。

主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)は、やんごとなき貴族の末裔ながら、学問をこよなく愛する変わり者。

浮世離れしているにも関わらず、その観察力と推理力は目を見張るものがあります。

一族に代々伝わるIQ246の天才的頭脳を駆使し、警察も手を焼く難事件を見事に解決していきます。

脇を固めるキャラクターは主人公に負けず劣らず個性的で、キャスティングも超豪華。

沙羅駆に振り回される相棒・和藤(土屋太鳳)、法門寺の執事・賢正(ディーン・フジオカ)、沙羅駆と奇妙な絆を感じる監察医・森本朋美(中谷美紀)…。

現代日本を舞台に繰り広げられる「和製シャーロック・ホームズ」とでもいうべき作品に仕上がっています。

ミステリーファンはもちろん、シャーロキアンも楽しめる一風変わった推理ドラマです。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の感想

40代男性
ハイスペックだが変人、しゃべり方も癖のある名探偵が主人公の推理ドラマ。シャーロック・ホームズをモデルにしているのだろうが、トリックや雰囲気は古畑任三郎の方が近い。中谷美紀が演じる怪しい監察医との、独特のやり取りが好きです。   
30代女性
そんなにホームズっぽくはありませんが、推理ドラマとしてはとてもよくできています。キャスト陣も豪華で、探偵ごっこをする嫌味な貴族は、織田裕二の新境地だと思います。特によかったのは中谷美紀で、ドSで知的・妖艶・危険だけど魅力的な女でした。踊る大捜査線とか、往年の推理小説とか、結構パロディネタが含まれているのも楽しいです。   
30代女性
あまりにもキャラが濃かったので原作の小説か漫画があるものだと思っていたのに、オリジナルだと知って意外でした。ものすごく頭のいい変人貴族と、クールビューティーなマリアTとの頭脳戦が面白かったです。終わり方には賛否両論ありましたが、いかにも退屈を嫌う二人っぽい結末で、私は好きです。コミカルな織田裕二が見たい人、独特な世界観の推理ドラマが好きな人にはおすすめです。   

まとめ

以上、織田裕二主演のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」は、貴族の末裔・法門寺沙羅駆が難事件を解決していく本格ミステリードラマ。

法門寺沙羅駆が美しい事件を求め、膨大な知識を駆使し鮮やかな推理で難事件を解決していくのが見どころですよ。

huluでIQ246~華麗なる事件簿~の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴