ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|神の雫の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2009年年1月〜3月まで亀梨和也主演で放送のドラマ「神の雫」

「十二使徒」と呼ばれる幻の12本のワインの頂点に立つといわれる「神の雫」を追い求める作品です。

亀梨和也は世界的なワイン評論家の息子「神咲 雫」を演じました。

ドラマ「神の雫」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「神の雫」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「神の雫」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「神の雫」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。
TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「神の雫」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「神の雫」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「神の雫」に出演している亀梨和也の出演作品

  • 1ポンドの福音(全5枚)
  • 怪盗 山猫(全5枚)
  • サプリ(全6枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
TSUTAYA DISCASには、ドラマ「神の雫」に出演している亀梨和也の出演作品がたくさん揃っています。

  • ストロベリーナイト・サーガ
  • セカンド・ラブ
  • たったひとつの恋
  • 東京バンドワゴン〜下町大家族物語
  • 特急田中3号
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「神の雫」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「神の雫」の動画まとめ

ドラマ「神の雫」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「遺産対決究極の味」
神咲雫(亀梨和也)は、大手ビール会社「太陽ビール」の営業マン。 父親である世界的ワイン評論家、神咲豊多香(古谷一行)に反発し、あえてワインとは無縁の生活を送っていた。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」1話のネタバレ
神崎雫の父親は世界的ワイン評論家の神咲豊多香。

ですが、雫は父に反発してあえてビール会社に就職し、ワインとは無縁の生活を送っていました。

ある日雫は、接待に訪れたレストランで、ソムリエ見習いの紫野原みやびに対して接待相手が不満を口にし、険悪な雰囲気になってしまいます。

雫は神業級のデキャンタージュを見せ、その場を収めたのでした。

この件がきっかけで、雫はワイン事業部に移動します。

雫はワインの才能がある一方で、父親を避けていたためワインの知識が全くなく、一から勉強を始めます。

そんな時、父親の豊多香が亡くなり、一週間前に養子縁組を組んでいたワイン評論家の遠峰一青と、父の遺産をかけてワインの銘柄と年代を当てる勝負を迫られます。

雫は全く興味がなく、遺産も放棄するつもりでしたが、遠峰が酷評したレストランがつぶれそうになっていたことから、初めの店で出会ったソムリエ見習いのみやびとともに助けることになります。

レストランに再び訪れた遠峰に対して、雫は陰ながら助けます。

が、遠峰は雫が助けた事が分かり、ワインの知識がないのに関わるなと言われてしまいます。

遠峰との対決の日、勝負は遠峰が勝ちました。

ドラマ「神の雫」1話の感想
父親に反発する雫が、父親の遺産をかけて、勝負を始めましたね。
父親に反発してワインの知識がないのに、ワインのデキャンタージュがうまい雫がすごいですね。
他にも嗅覚が優れているので、開ける前からワインのことが分かってしまいます。
そんな雫が、父親が一週間前に養子縁組を組んだ遠峰とワイン勝負をします。
遠峰がレストランを酷評した理由は、ワインと食べ物の組み合わせでした。
食べ物と飲み物の組み合わせってとても大事なものなんですね。
今回は遠峰が勝利しましたが、まだまだ父親の仕掛けた勝負は続きます。
次の勝負がとても楽しみですよね!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「第一の使徒登場!」
父、神咲豊多香(古谷一行)の遺産をめぐる、遠峰一青(田辺誠一)との戦いを決意した神咲雫(亀梨和也)。ついに、本格的な対決の幕が開けられた。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」2話のネタバレ
父親の遺産をかけて、遠峰と勝負をすることにした雫。

遠峰と雫の前で、使徒と呼ばれる勝負ワインが書かれた手紙を開けると、遠峰は産地まで特定したと言い去っていきます。

雫は手紙をあずかり、ソムリエ見習いのみやびと共にワインを探しはじめます。

雫は偶然見つけた絵画からワインのヒントを見つけたが、ヒントを握る絵画の作者・カオリは5年前から記憶がなくなっていました。

カオリの夫・藤枝の協力をもらい、絵画の元になったであろうワインをカオリに飲ませると、カオリの記憶が蘇ったのです。

結局、カオリの元へ持って行ったワインは、結局使徒ではありませんでした。

振出しに戻った雫とみやびの元に、一青が現れて「ビンテージ」というヒントを残します。

雫と一青の、第一の使徒を掛けた勝負の時がやってきました。

お互いに異なるワインのビンテージを持ってきましたが、雫が勝利します。

勝負の後、カオリの旦那が経営する店でワインを飲んだ雫は、5年前に亡くなった自分の母親と向き合うことを決めたのでした。

ドラマ「神の雫」2話の感想
ワインと記憶喪失の夫婦の話でした。
カオリは、実は不倫中の彼氏と心中したのに一人生き残ってしまい、記憶を失ってしまいました。
記憶をなくしていた間に結婚した夫には申し訳ないと思いながらも、結局二人で人生を歩むことを決意するという、感動の結末でした。
そして、第一の使徒を掛けた勝負では雫が勝利しましたね。
手紙に書かれた内容からワインを見つけ出すというのがすごいなと思いました。
最後は、母親と向き合う決意をした雫に、今後も期待したいですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「父が教えた団欒の味」
「第二の使徒」のイメージが霧生(戸田菜穂)によって読み上げられた。

「ある夏の日、草むらで友達と遊びまわっていると…」「気がつくと家の前にいた…」(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」3話のネタバレ
第二の使徒の手紙には、昔を懐かしむような温かい言葉が書かれていました。

雫は父親に似合わない”団欒”と言う言葉に驚き、遠峰は無言でその場を去っていきます。

毎日飲めるデイリーワインを探し始める雫でしたが、そんな中、みやびが働いていたフランス料理店をクビになってしまいました。

雫に無色になったことを話せず途方に暮れていたみやびの前に、幼馴染の高杉真一が現れます。

高杉はインターネット上で高級ワインを売り大成功していました。

雫が努める太陽ビールワイン事業部は、高杉の事業のせいで業績不振に陥ってしまいます。

しかも、高杉が売り出すワインはブランド名だけで悪いワインを売っていると悪いうわさが流れていました。

「高級ワインより美味しい、ノンブランドで3000以下のワインを見つけたら、事業を太陽ビールへ委託する」と言う高杉。

雫は高杉に3000円のノンブランドワインを持って行き、事業を譲り受けます。

勝負の日、雫はノンブランドのワインを持って行きますが、老木から作ったワインを持ってきた一青が勝利します。

一人落ち込む雫を、みやびは慰めてあげるのでした。

ドラマ「神の雫」3話の感想
ワインはブランド名だけではないという話でした。
確かに私も、ワインに関わらずブランド名で商品を買ってしまうところがあるなと思いました。
名前だけではない、質の大切さを教えられた気がします。
そして第二の使徒を掛けた勝負は雫が負けてしまいました。
遠くを懐かしむ庶民と言う言葉は、庶民的なワインではなく、老木のブドウから作ったワインが正解だったんですね。
雫は立ち上がることができるのか、続きが気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「遂に悲劇の幕が開く」
バレンタインデーに催されるワインフェアに備え、女性が愛しき人に贈るのにぴったりなワインを探すことになった太陽ビール・ワイン事業部。神咲雫(亀梨和也)がフランスワイン、本間長介(田口浩正)がイタリアワインの中から探し…。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」4話のネタバレ
バレンタインフェアに備え、女性が男性に送るワインを探している太陽ビールワイン事業部。

どちらが良いワインを持ってくるか、辞職をかけて勝負だと意気込む同僚の本間。

しかし、雫には第三の使徒のワイン探しも待ち受けていました。

“モナリザである愛しき人”がテーマの第三の使徒に対して、みやびは雫の母だと助言しますが、雫は母が倒れた時に父と一緒にいた”ほのか”という女性が気になります。

そのころ遠峰は、自らレオナルド・ダ・ヴィンチになりきるため、モナリザをキャンパスに書いていました。

雫は”愛しき人”というテーマから、フェアのワインが第三の使徒なのではと考え、みやびと共に探し始めます。

ある日、雫の前に遠峰のパトロンであるマキが現れ、雫を食事に誘います。

食事の場には遠峰もおり、討論から二人とも勝負に選んだワインを当日までテイスティングしないことを決めたのでした。

勝負の日、雫と遠峰は同じワインを持ってきますが、使徒のワインではありませんでした。

ジャッジメントをしているロベールに「豊多香はライバル同士争うために勝負をしているのではない」と叱責し、3日の猶予を与え、再びワインを探すように言います。

雫が意欲を燃やす一方、遠峰は愛について思い悩むのでした。

ドラマ「神の雫」4話の感想
雫の父・豊多香の愛する人を巡る話でした。
遠峰のレオナルド・ダ・ヴィンチになりきるためにモナリザの絵を描くというところに、ストイックさを感じました。
そしてなんと、第三の使徒は引き分けでした!
雫と遠峰が同じワインを選んでしまうということもあるんですね。
果たして、3日の猶予を経て雫たちは第三の使徒を探し出せるんでしょうか。
また、雫の父・豊多香が愛した人は母だったのか、それともほのかと言う女性だったのか、続きがとても気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「暴かれた出生の秘密」
「第三の使徒」をめぐる対決は、両者不正解により三日後に延期された。
神咲雫(亀梨和也)は「逃げだしても構わない」というロベール(竹中直人)の言葉が気にかかる。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」5話のネタバレ
第三の使徒探しに3日の猶予を与えられた雫と遠峰。

雫はロベールの「逃げ出しても構わない」と言う言葉から、父は母のことを愛していなかったのかと憤りますが、みやびに励まされます。

バレンタインフェアで負けた同僚の本間は、「親の七光りが……」と嫌味を言い残して約束通り辞職します。

雫はロベールにほのかについて聞きに行きますが、ロベールは雫がワインを飲む理由にその答えが隠されていると返します。

みやびと共に第三の使徒探しにとりかかる雫は、幼い頃からワインの表現に必要な感覚を父から教わっていたことに気付きます。

そして、退職した本間から第三の使徒は”子を宿した母”であることに気が付いたのでした。

一方の遠峰は自分が愛をよくわかっておらず、第三の使徒のことも分からなくなってしまい苦悩します。

しかし、妹のセーラが泣いているところを見て、自分も知っている愛があることに気付きました。

そして再び勝負の日、二人互いに自分の母を連想した同じワインを持ってきて、今度は正解しました。

雫と遠峰が腹違いの兄弟だと知り激昂する雫なのでした。

ドラマ「神の雫」5話の感想
雫と遠峰が腹違いの兄弟だったという、衝撃的な展開でしたね。
雫と遠峰も、その事実を今まで知らなかったんですね。
二人の女性を愛してしまった豊多香はとてもひどい男だと思いませんか!
しかも雫と遠峰を対決させて、豊多香は一体二人をどうしたかったのでしょうか。
これから雫と遠峰、二人の仲が悪くなってしまうのか、とても心配です。
そして、本間がやめてしまった後の太陽ビールがどうなってしまうのかも気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「雪上の弟と沈黙の兄」
遠峰一青(田辺誠一)は、父、神咲豊多香(古谷一行)の息子だった―。

衝撃の事実を知った神咲雫(亀梨和也)は遺産争いを放棄する。霧生(戸田菜穂)によって「第四の使徒」についての遺言が発表されるが…。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」6話のネタバレ
雫は遠峰と腹違いの兄弟であったことを知り、遺産を放棄すると言い出しました。

第四の使徒を発表する場にも、雫は現れず、唯一その場にいたみやびがメモを取ります。

みやびは太陽ビールワイン事業所に行き、雫以外の皆がいる前で読み上げます。

その頃雫はロベールの元に向かい、一体父親は自分に何を残そうとしているのか問いただしますが、ロベールは遺言にを通じて伝えようとしているとしか言いません。

雫が実はすごいことに巻き込まれていると知った太陽ビールの同僚たちは雫をはれ物に触るように扱いますが、雫は気丈に振る舞います。

遠峰は雫の前に現れもう対決しないのか聞きますが、勝負を降りると断言する雫に、情けないと言い残し去ってしまいます。

実は雫は、たった二人の肉親なのに争っている状況が寂しいと感じていたのでした。

翌朝雫が出社すると、大量のワインを飲んで寝ているみやびの姿がありました。

事業部の皆と第四のワインを探し出そうとしていたのです。

選ばれた5本のワインを飲んだ雫は、ある光景を思い出し突然旅立ちます。

一方の遠峰は突然倒れて失明してしまいますが、勝負の日にはワインを持って行きます。

勝負の日、雫もワインを持って現れました、遠峰のワインが正解でした。

雫は負けましたが、仲間の大切さを知ったのでした。

ドラマ「神の雫」6話の感想
雫が仲間の大切さに気付いた話でした。
雫のために必死にワインを探した、みやびと太陽ビールの仲間がすごい素敵だなと思いました。
きっと沢山のワインを試飲したんでしょうね。
そして、父親の残した言葉からワインを探し出す雫や遠峰はやはりすごいんだなと改めて思い知らされました。
怒りの中にいた雫でしたが、仲間の大切さに触れ、復活して安心しました。
一方の遠峰は失明してしまいましたね。
失明してしまったことがどう勝負に影響するのか、とても気になります。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「隠された遺言状の謎」
「第五の使徒」の発表が近づく。視力の異常を訴える遠峰一青(田辺誠一)に医者が告げる「ワインはお控えください」「このままでは失明の可能性もあります」(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」7話のネタバレ
第5の使徒の発表が迫る中、ストレスから目が見えなくなった遠峰は医師からワインを控えるよう言われます。

一方の雫は元気になり、次の勝負への意気込みをみやびに語っていました。

第五の使徒は”悩める者の暗闇に光を照らす存在・弥勒菩薩半跏思惟像”。

手紙を読み上げる弁護士の霧生涼子がどこかおかしいことに、ロベールだけが気づいていました。

太陽ビールワイン事業部の面々は、本間も加わって第五の使徒探しを始める中、雫は父親と暗闇が似合わないと感じていた。

みやびが豊多香の著書をあさっているとヒントにつながる文を見つけますが、ヒントに書かれた店は分かりません。

雫とみやびは、本に載っているすべての店からヒントとなる店を探すことに。

豊多香は雫が一方的に縁を切った晩年、色々な店に訪れていました。

豊多香が孤独のまま亡くなったのか、雫は涼子の元に向かい聞きますが、涼子は「父親のことを何もわかっていない」と言うのでした。

太陽ビールワイン事業部の面々と共に店を探した結果、雫たちは一軒のレストランにたどり着きます。

そこで店の店主が出してきたワインは、雫の生まれ年のワインでした。

雫は、父親はいつか自分とワインを飲む日を楽しみにしていたことを知ります。

勝負の日、雫と遠峰は同じ正解のワインを持ってきます。

弥勒菩薩半跏思惟像は涼子のことで、涼子に感謝の意を表していたのでした。

ドラマ「神の雫」7話の感想
今回は晩年の父親の話でした。
豊多香は雫に絶縁された後も、いつか雫と仲直りして、一緒にワインを酌み交わす日を楽しみにしていたんですね。
結局無くなってしまいましたが、亡くなったからこそ豊多香と雫の距離が近づいているなと感じました。
そして、そんな父親を支えていたのが涼子でした。
涼子も今回で報われたのではないでしょうか。
さて、一青がストレスで見えなくなってきて、続きはどうなってしまうのかとても気になります!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「初恋の詩に秘めた謎」
残す遺言状は「第六の使徒」と「神の雫」を残すのみとなった。これまでの勝負は神咲雫(亀梨和也)が3勝、遠峰一青(田辺誠一)が4勝。後がないと心配するみやび(仲里依紗)や長介(田口浩正)に…。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」8話のネタバレ
残す使徒は2つ、今までの勝敗は雫が3勝、遠峰が4勝で、このままでは遠峰に遺産が渡ります。

心配するみやびや本間をよそに、雫は勝負が楽しみになっていました。

そんな中、遠峰の妹であるセーラが現れて、雫に勝負を辞退するように懇願します。

ここで雫は初めて、遠峰がストレスで視力が落ちていることを知るのでした。

豊多香が眠る墓の前で雫が勝負をすべきか悩んでいると遠峰が現れ、自分が最後まで勝負をすることと、神の雫は二人で開けることを約束します。

第6の使徒は島崎藤村の『初恋』の一節でした。

雫とみやびは早速ワイン探すために、豊多香のワインカーヴへと向かいます。

一方の遠峰は使徒のワインを見つけましたが、勝負を停めようとするパトロン・マキと揉め、階段から落ちてしまいます。

雫は電話をうけて、慌てて遠峰が入院する病院へ向かいますが、遠峰は昏睡状態から覚めません。

勝負は雫が一人で向かい、父親が歩んできた道でもある、正解のワインを当てたのでした。

ドラマ「神の雫」8話の感想
今回は、ついに遠峰が倒れてしまいました。
階段から滑り降りてしまった遠峰を、なぜかマキは助けようとして止めてしまいました。
これ以上ワインを飲んでほしくない、ならばいっそ……と思ってしまったのでしょうか。
雫も遠峰が戻ってくると信じて、正解のワインを持って行ったのでしょう。
次回はいよいよ最終回、果たして遠峰の意識は戻るのか、そして神の雫は見つかるのでしょうか。
最後まで目が離せません!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「決着! 父から子へ」
ついに神咲豊多香(古谷一行)が選んだ、すべての頂上に立つワイン、「神の雫」が明らかになる時がやってくる。決然たる思いで、その時を迎えようとする神咲雫(亀梨和也)とは反対に…。(引用元:日本テレビ公式)

ドラマ「神の雫」9話のネタバレ
雫と、昏睡している遠峰の代わりにマキが立ち会い、弁護士の霧生涼子が神の雫の手紙を読み上げた。

雫は手紙をマキに渡し、遠峰と共に神の雫にたどり着くことを誓います。

雫とみやび、本間がモノボールで悩んでいるとマキが現れ、遠峰の代わりに日仏友好のレセプションのワインを選んでほしいと頼まれます。

周りの反対を押し切り、雫はレセプションも成功させて、神の雫も手に入れることを誓います。

様々な困難を乗り越え、レセプションを迎えますが、雫はフランス人に苦戦、もうだめだと思ったその時、遠峰がレセプションの場に現れました。

なんとレセプション当日に目覚めたのです。

遠峰が選んだワインで、レセプションは無事に成功しました。

雫と遠峰は父・豊多香の墓へ向かい、互いの母が互いのことを悪く思っていなかったことを知ります。

勝負の日、二人が持って行ったワインは見事神の雫でした。

遠峰はマキと結婚し、雫はフランスで修業するために旅立っていきました。

ドラマ「神の雫」9話の感想
ついに神の雫を見つけましたね!
遠峰が無事回復して、ほっと安心しました。
1話の頃はライバルだった雫と遠峰は、最後は助け合ってレセプションを成功させる姿は感動しました。
そして、二人の母は互いのことを憎しみあっていなかったというのも救われたなと感じました。
前回の約束通り、神の雫を雫と遠峰の二人で開けることができて良かったですよね。
最後は遠峰はマキと幸せになり、雫はブドウの開発のためにフランスへ渡り、それぞれの道を歩み始めました。
全ての謎が解決してスッキリすることができました!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「神の雫」の概要

天才的な能力を隠し持っているが、最初はそうした能力に気づかず、どちらかというとドジを踏むタイプの主人公が、
会社の新しい部署の人たちとの反発や葛藤を経て、次第に成長し、部の人々とも熱い友情と信頼関係で結ばれていく人間関係の変化の面白さを、
成長譚としての面白さとラブの要素も含めて描いていた誰もが楽しめるエンターテインメントドラマ。

ドラマ「神の雫」の出演者、放送情報

神咲雫:亀梨和也
遠峰一青:田辺誠一
紫野原みやび:仲里依紗
西園寺マキ:内田有紀
霧生涼子:戸田菜穂
河原毛茂:升毅
本間長介:田口浩正
セーラ:佐々木希
木戸竜介:平方元基
皆本さおり:萩美香
藤枝史郎:辰巳琢郎
土肥ロベール:竹中直人
神咲豊多香:古谷一行
執事・吉田:野村信次

原作:亜樹直「神の雫」

主題歌:KAT-TUN「ONE DROP」

制作:日本テレビ
放送:2009年

ドラマ「神の雫」の見どころ

まるで「神の雫」を見つけるために生まれてきたような、敏感な嗅覚と判断力を兼ね備えた主人公・神咲 雫。

足りない知識はみやびをはじめとする周りの力を借りながら、敢えて踏み入れることのなかったワインの世界に入り込んでいきます。

父親に背き、ワインを遠ざけていた雫ですが、果たしてうまくいくのでしょうか…。

みやびとの掛け合いをはじめ、豪華俳優陣でお送りするキャストにも注目してみてくださいね。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「神の雫」の感想

40代男性
マニアックな内容ですが、はまれば他のドラマにはない面白みがあります。かなり丁寧に作られているし、キャストの演技も良かったです。ワインの話だけではなく、“父親と、息子の愛憎”などの人間ドラマもあって面白かったです。
50代女性
ワインを通して人生にとって大切なのは何なのか…ということを考えさせてくれたドラマです。視聴率はそこまで伸びなかったようですが、愛、感謝、受け継がれるもの…抽象的なことで、普段突き詰めて考えることのないテーマをあえてテレビドラマで表現するのは難しかったと思うし、その意味では健闘していたと思います。亀梨さんも、表現するのが難しい静的な主人公を好演していたし、仲里依紗は存在感があって良かったです。
30代男性
個人的には好きな作品でした。神咲雫、遠峰一青の正解至るまでの流れも良かった。「使徒」探しとは別のサイドストーリーを展開させつつ、それが「使徒」探しにつながっていくところが面白かったです。そして、毎回謎を残しつつ終わったところが、次の展開を楽しみにさせてくれて好きでした。毎回、誰かが謎の言葉を残して終わっていたので、見るのをやめようにもやめれませんでした。キャストでは、田辺誠一さん、升毅さん、田口浩正さん、竹中直人さんがよかったです。中でも一番印象に残っているのは、田辺誠一さん。ワインを飲んだ後の「オー」という声を出すシーンは面白かったです。

まとめ

以上、亀梨和也主演のドラマ「神の雫」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

世界一のワインをめぐり戦いが繰り広げられるドラマ「神の雫」。

雫のワインさばきや、戦いの行方など見どころ満載の内容となっています!

TSUTAYA DISCASで神の雫のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴