ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|家族のうたの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2012年4月〜6月まで 中島健人主演で放送のドラマ「家族のうた」

世間から忘れられた存在の自分勝手なロックミュージシャン。

ある日突然、“家族”というものを背負う様になり・・・

家族のために”そして“人のために”と振りまわされながらも再び成功に向かう。

苦悩と笑いと愛に満ちた熱血ロックンロール・サクセスドラマ『家族のうた』。

ドラマ「家族のうた」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「家族のうた」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「家族のうた」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「家族のうた」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「家族のうた」のDVD(全4枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「家族のうた」のDVD全4枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「家族のうた」に出演している中島健人の出演作品

  • BAD BOYS J(全4枚)
  • も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

    旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

    \今すぐDVDを無料レンタル/
    30日間無料で動画視聴

    TSUTAYA DISCASには、ドラマ「家族のうた」に出演している中島健人の出演作品がたくさん揃っています。

    • 生まれる。
    • ガードセンター24 広域警備指令室
    • 黒崎くんの言いなりになんてならない
    • 恋して悪魔〜ヴァンパイア ボーイ〜
    • スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜
    • etc…

    ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

    TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

    まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「家族のうた」をチェックしてみてくださいね!

    ドラマ「家族のうた」の動画まとめ

    ドラマ「家族のうた」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

    (画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

    TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

    \今すぐDVDを無料レンタル/
    30日間無料で動画視聴
    第1話 「自業自得!?」
    早川正義(オダギリ ジョー)は13年前、超人気ロックバンド『UNDER CLOUD』のメンバーとして、爆発的な人気を獲得していた。曲がミリオンヒットを記録、群がるファンをよりどりみどりにつまみ食い。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」1話のネタバレ
    早川正義(オダギリ ジョー)といえば、少し前、大変人気があったミュージシャンの一人だ。

    最初に発表した作品から爆発的な売り上げを伸ばしたが、絶好調だったのに、急に活動停止。

    グループで活動していたのに、単独で音楽活動を始めたが、新しい作品を発表しても人気はなく、いつしか、過去の人になりつつあった。

    今は週に1度のラジオ放送だけが唯一の仕事。

    正義のマネジャーを務める三木(ユースケ・サンタマリア)がなんとか大きな仕事を見つけてきたが、内容が気に入らず、逃走してします。

    逃走先は、昔から知り合いが経営するカレー屋「nanja」。

    この店は水島明良(トータス松本)と朝子(大塚寧々)が仕切っていて、朝子の妹の洋子(貫地谷しほり)が店にいたので、正義は逃走した言い訳を話していると、店の外には東海林秀蔵(藤竜也)という年配の男性が様子を見ていた。

    店から正義が出てきたので、後を付けていくと、突然、小学生の男の子と女の子が来て、お父さんと呼ぶのだった。

    ドラマ「家族のうた」1話の感想
    早川正義はかつて人気があった人ですから、いくら親身になってくれたマネジャーが入れてくれた仕事とはいえ、納得がいかなかったのでしょう。
    カレー屋で愚痴る気持ちは分かります。
    頭では分かっているけれど、なかなか行動に移せないことってありますよね。
    でも、その様子を伺う年配男性は何者?昔のファン?
    それと、駆け寄ってきた小学生は、昔の女遊びでできた隠し子?
    一匹狼だった正義に家族ができるのか?
    これから、ますます、面白くなりそうな展開です。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第2話 「我慢すると心が腐るんだよ!」
    早川正義(オダギリ ジョー)は、突然家に押しかけてきた少女・大澤こころ(杉咲花)と、謎の老人・東海林秀蔵(藤竜也)に呆然とする。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」2話のネタバレ
    早川正義(オダギリ ジョー)の家に、急にやってきた女の子・大澤こころ(杉崎花)と年配の男性・東海林秀蔵(藤竜也)。

    正義は何が起こったか状況を把握できないが、こころによると、雑誌の写真にある正義と一緒に写っている女性は自分の母親であるらしい。

    つまり、こころは正義の娘というわけだ。母親が家出してしまい、困ったので、正義のところに来たと言う。他にも、正義の子供と主張する子供たちも現れ、マネジャーの三木も困り果ててしまう。

    三木は正義に新しい仕事を説明。動物園のコマーシャルソングと聞き、正義はガッカリするが、三木は働かなければ、生活は成り立たないと半ば脅迫し、契約を結ばせる。
    正義は新しい小さな家族のために奔走。

    ある時、こころの後を正義が付いて行ってみると、意外な場所に向かっていく。

    秀蔵から事情を聞きつけた水島明良(トータス松本)と朝子(大塚寧々)は、正義に電話してみる。

    ドラマ「家族のうた」2話の感想
    家族とは無縁の世界に生きてきた正義に、突然の同居人たち。
    しかも、相手は子供ばかりだから、今までとは全く違うことばかり。
    新しい仕事も、今までとは全然ジャンルの違うもので、全然やる気が出ない。
    子供たちに振り回されつつも、正義は少しずつ新しいことにチャレンジしていくのがとても新鮮です。
    新しい仕事は強引にやらされることになったけど、徐々に変化していく様子に期待!
    一方で、突然現れた子供たちだけど、やっぱり、何か秘密を隠し持っているみたい。
    これからの展開がおもしろそうです。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第3話 「歌えない僕の気持ちが解る?」
    子どもたちとの共同生活ですっかりペースを乱されている早川正義(オダギリ ジョー)。そんな中、三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が音楽配信会社から新曲発売の話を持ってきた。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」3話のネタバレ
    早川正義(オダギリ ジョー)はミュージシャンをしている。

    正義は、ひょんなことから子どもたちと一緒に生活をすることになってしまった。

    正義は、マイペースな子どもたちに振り回されてしまう。

    そんな中、正義は三木康佑(ユースケ・サンタマリア)から新曲を発売するという話を聞く。

    新曲が多くダウンロードされた場合はCDとしても発売できるというのだ。

    そのチャンスを聞き、正義は楽曲政策に取り掛かる。

    すると、一緒に暮らす子どもたちの一人である松野陸(藤本哉汰)について相談があると電話が来る。

    担任(岩井秀人)によると、陸が放課後のクラスでの歌の練習に参加しないため、参加させるようにしてほしいということだった。

    一方、陸は公園で1人きりで歌を練習していた。

    東海林秀蔵(藤竜也)はたまたまその様子を目撃してしまう。陸は、秀蔵に対して公園で歌を練習していた理由を打ち明ける。

    その後、大澤こころ(杉咲花)と青田洋子(貫地谷しほり)は、陸がクラスメートからいじめに遭っていることを知ってしまい…。

    ドラマ「家族のうた」3話の感想
    子どもが抱える等身大の悩みが特に印象に残りました。小学生の陸が放課後のクラスでの歌の練習に参加できない様子が描かれます。大人たちにとっては、小さな悩みに思えますが、小学生にとっては乗り越えるのが困難に想える問題です。陸が、問題に直面しそれでも何とか自分の力で問題に立ち向かおうとする気持ちが、陸の行動から伝わってきて、どうか問題を乗り越えて欲しいと願わずにはいられませんでした。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第4話 「お祭で告白!?届けたい想い…」
    相変わらず土曜早朝のラジオ番組しか仕事が無い状態の早川正義(オダギリ ジョー)だが、ローリング・ストーンズのコンサートチケットが金券ショップに2万円で売り出されているのを発見し・・・(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」4話のネタバレ
    早川正義(オダギリ ジョー)は、ミュージシャンだがほとんど仕事が無い。

    そんな中、好きなバンドのチケットを見つけた正義は、なんとか買おうとする。

    しかし、マネージャーの三木康佑(ユースケ・サンタマリア)に妨害され、チケットを買うことはできなかった。

    商店街会長の花村良太(ムロツヨシ)は、正義の家に来たが正義は出かけていた。

    町の祭り“ぬっぺっぽう祭”で正義に歌を披露し、さらに祭りのための曲もつくってほしいと花村は考えていたのだ。正義はその話を人づてに知り、依頼を受けることを決める。

    正義は、さっそく曲を作るのだが…。

    小学生の松野美月(大森絢音)と友達の陽菜(吉田里琴)たちは折り鶴を折って、恋に効くというおまじないを試そうとしていた。

    しかし、クラスメートに折り鶴を取られてしまう。

    折り鶴を取り返そうと必死になるが、陽菜が転んでしまい…。

    ドラマ「家族のうた」4話の感想
    欲望に正直な正義の姿が特に面白いと思いました。正義が町の祭りのために曲作りを行う様子が描かれます。正義は、町のお祭りとはあまり縁がありません。しかし、好きなバンドのチケットを買う資金を調達するため依頼を受けます。自分の欲望を叶えるために手段を選ばない正義の姿に呆れつつも、欲望に真っすぐに行動する素直さにはどこか感心してしまいました。また、好きなバンドへの強い気持ちも感じられて微笑ましく思いました。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第5話 「家族の前で初めての父親宣言」
    相変わらず仕事もなく、お金も底をつきそうで、もうすぐ社宅まで追い出されそうな早川正義(オダギリ ジョー)。売れないのは営業が足りないからだと訴える正義だが・・・(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」5話のネタバレ
    早川正義(オダギリ ジョー)は仕事が無いミュージシャンで、生活にも苦しんでいたそんな時、マネージャーの三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が1週間休むことになる。

    クラスメートである高村七海(荒川ちか)と仲を深めた大澤こころ(杉咲花)。

    絆を深めていくことは嬉しいと感じるこころ。

    しかし、七海は幾つも無茶な要求をしてきて…。

    正義は、全国放送のラジオ番組に出ることになる。

    正義は張り切って仕事に臨む。

    ところが、子育て相談がメインだと知り、正義は怒って仕事を投げ出してしまう。

    七海や菊地美結(菊池和澄)たちと雑貨屋で買い物をしたこころ。

    みんなで買い物をするが、大量に雑貨を買ってしまったため、お金がなくなってきてしまった。

    そこで、こころの提案によって、「nanja」に行くこころたち。

    しかし、そこで正義と鉢合わせしてしまい…。

    ドラマ「家族のうた」5話の感想
    今回の話では、友達付き合いの難しさが特に印象に残りました。こころがクラスメートと仲を深めようと奮闘する姿が描かれます。こころは、友達ができたことに喜びを見いだしていますが、一方で様々な制約があることも実感しています。こころが迷いながらもクラスメートと仲良くなるために気持ちを抑えていることがひしひしと感じられて、こころの健気さに感動しつつも、このまま友達付き合いが上手くいくのか心配になりました。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第6話 「今夜、娘のために走ります!」
    早川正義(オダギリ ジョー)の家に、大澤こころ(杉咲花)の母親・倫子(中村ゆり)が訪ねて来た。倫子はこころを引き取りに来たと言い、松野美月(大森絢音)らに自分勝手な行動を責められる。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」6話のネタバレ
    早川正義(オダギリジョー)の家に大澤こころ(杉咲花)の母親である倫子(中村ゆり)が訪ねてきた。

    倫子はこころを引き取りにきたという身勝手な行動を松野美月(大森絢音)に指摘されると、本当の父親が正義では無いことを証し、初めてしったこころは戸惑いながらも身支度をする。

    最後に正義の部屋に今までの礼を言いにきたこころに対して、正義は目を合わせる事なくそっけなく返事をする。

    翌朝、毎日騒がしい朝が静かになり、朝食を5人分用意してしまったことにこころがいない寂しさを感じる東海林秀蔵(藤竜也)、美月、睦(藤本哉汰)。

    平然としている正義の元に子供向けギターの教則本プロデュースの仕事を持ちかけてきた三木康祐(ユースケ・サンタマリア)。

    嫌がる正義を押し切り、こころを含めた3人の写真を掲載する事を三木に確認する。

    仕事を受ける正義の変化に喜ぶ青田洋子(貫地谷しほり)や水島明良(トータス松本)、朝子(大塚寧々)。

    美月から練習風景の撮影を誘われ、倫子からの遊園地の誘いを断り「nanja」にきたこころは帰りが遅くなり正義に送って行くと、家の前には酔った倫子がいた。

    ドラマ「家族のうた」6話の感想
    こころの父親が本当の父親ではないという事実が突きつけられ、驚きながらも礼をする姿や、何も言わなち正義の不器用さにはなんだかムズムズしてしまう感覚がありました。
    いつものように同じように食事を作ってしまう姿にも寂しさが見えて切なく、正義の仕事をする姿にほっこりするようなストーリーでした。
    形は違うけど一緒に居られる事に良かったなと思いましたが、母親である倫子の気持ちもとても気になるストーリーになっていたと思いました。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第7話 「誰かの為に頑張るのもロック」
    「nanja」にやって来た早川正義(オダギリ ジョー)たち一家。日々の食事に続き、青田洋子(貫地谷しほり)をおだてながら苦手な裁縫をやらせる正義に一同は呆れるばかりだ。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」7話のネタバレ
    「nanja」にやってきた早川正義(オダギリジョー)たち。

    青田洋子(貫地谷しほり)をおだてながら、毎日の食事や裁縫までをやらせる姿に一同は呆れていた。

    貯めていたお金も底をつき、東海林秀蔵(藤竜也)の年金で生活をするのも限界と責められている頃、三木康祐(ユースケ・サンタマリア)は正義の仕事を取るために営業中だった。

    そんな中、唯一のレギュラーであるローカルFMの打ち切りが決まり、必死にくらいつく三木に事務所の社長である藤森篤志(前川泰之)から新人2人を担当するように言われる。

    自宅に未開封で返送されてきた秀蔵宛の手紙を見た大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大森絢音)、陸(藤本哉汰)達を見て秀蔵は若い頃を語りだす。

    話を聞いたこころは、息子に会いに行く事を秀蔵にすすめる。

    「nanja」で打ち合わせをし、リクエスト番組のMCとして正義を残す提案に三木は深々と頭を下げるが、会社からの電話に青ざめて飛び出して行ってしまう。

    そのころ、洋子は人気アーティストの写真撮影をしていたが、藤森は洋子の主張を一切受け付けずにいる中、三木のミスが発覚。

    三木は謝罪するために会社を飛び出すが、途中で倒れてしまう。

    ドラマ「家族のうた」7話の感想
    正義のダメな感じが顕になっていて、洋子や秀蔵の大変さが見えてきて呆れる姿が少し面白いなと感じました。
    なんとかしてあげたい三木の奮闘する姿や、自分のやりたい事を貫きたい気持ちが見れたり、秀蔵の若い頃の話などが描かれていてキャラクターの背景が見られてストーリーをより楽しめる様になったと思います。
    最後にミスをしてしまった三木が倒れてしまった所はこの先どうなってしまうのかと心配になるようなストーリーだと思いました。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴
    第8話 「不器用な父親が唄う愛の歌」
    早川正義(オダギリジョー)が所属事務所を辞めたため、社宅を出ることになり引越準備を始めた大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大森絢音)、陸(藤本哉汰)、東海林秀蔵(藤竜也)。(引用元:フジテレビ公式)

    ドラマ「家族のうた」8話のネタバレ
    所属事務所を辞めた早川正義(オダギリジョー)は、社宅を出ることに。

    引越し先は、町内会長の花村(ムロツヨシ)にすすめてもらい、なんとか決まった。

    正義が小さなレコード会社に営業に出向くと、元マネジャーの三木(ユースケ・サンタマリア)と出会う。

    三木は逃げ出そうとする正義に、新曲は聞かせろと言った。

    青田洋子(貫地谷しほり)が撮ったCDのジャケットが好評で、洋子に新たな撮影の依頼がきた。

    そんな中、専属カメラマンとして契約したいとインテリア専門雑誌からの誘いも。

    早川たちは、様々な事情をかかえいつもの賑やかさがない。

    その日の夜、正義は秀蔵に気もう一度息子に会い行けばいいと言うが、それを拒む秀蔵。

    その後、1人で農園にやってきた正義は、真人に声をかける。

    一方、美月は、倫子を見かけたことを話す。

    そして、秀蔵にこの家から出て行くように伝える正義なのだった。

    ドラマ「家族のうた」8話の感想
    全体的に早川正義一家の皆が新たな難関に立ち向かっていく回だと感じました。
    賑やかだったいつもが静かで、新しい1歩を踏み出して成功した人や、そうではない人との差が見え、皆が抱えている悩みが1つづつ見れたと思います。
    息子に拒絶された秀蔵を正義が後押しして、更に1人で会いに行き、最後には出ていく事を進めるシーンは正義の不器用な優しさが見られ、早く息子と仲直りして欲しいなと思いながら見てしまうストーリーでした。
    動画共有サイトで無料視聴
    Youtube ニコ動
    TVer GYAO!
    公式サイトで視聴

    動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

    違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

    動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

    ドラマ「家族のうた」の概要

    1999年。

    ロックバンド”under cloud”のボーカル&ギターだった早川正義(オダギリジョー)の人気は絶頂だった。

    97年のデビュー以来ヒットを連発し、抱かれたい男№1にも選ばれ、自ら作った曲『Going』もミリオンヒット。

    まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの正義は、女の子を口説いてはホテルに連れ込む日々を送っていた。

    翌年、under cloudは解散を発表。

    ソロ活動を始めた正義がことごとく失敗していく一方で、ベースの神山悟(武田真治)はプロデューサーとしての才能を発揮。

    2012年。

    正義は事務所の社宅の一軒家に暮らし、仕事といえば土曜早朝放送のラジオのみという状態になっていた。

    ある日、いつものように早朝のラジオ放送を行っている正義を離れたところから見つめる2人の子供がいた。(引用元:公式サイト)

    ドラマ「家族のうた」の出演者、放送情報

    早川 正義:オダギリジョー
    大澤 こころ:杉咲花
    松野 美月:大森絢音
    松野 陸:藤本哉汰
    東海林 秀蔵:藤竜也
    三木 康佑:ユースケ・サンタマリア
    青田 洋子:貫地谷しほり
    水島 明良:トータス松本
    水島 朝子:大塚寧々
    花村 良太:ムロツヨシ
    神山 悟:武田真治

    主題歌: 斉藤和義「月光」

    制作:フジテレビ

    放送:2012年

    ドラマ「家族のうた」の見どころ

    元人気ミュージシャンの未婚の父と子供達がロックに乗せて織り成すハート フルファミリードラマ。

    ロック系を中心とした著名ミュージシャンが毎回本人役ゲストで登場します。

    ヒロインの早川 正義をオダギリジョーが演じたことで話題となった作品。

    抱かれたい男No.1にも選ばれるほどの人気を博す一方、女遊びも非常に激しい正義。

    しかし、自身の人気を勘違いし調子に乗ったことで、メンバーと喧嘩を起こし解散してしまいます。

    その後はソロ活動をするが失敗続きで、なんだか切なくなるストーリーにも注目ですよ。

    \今すぐDVDを無料レンタル/
    30日間無料で動画視聴

    ドラマ「家族のうた」の感想

    40代女性
    オダギリジョーが主演で、我がままに,自分の力で自分の為に生きて来た「早川正義」が、子供達や他の人と関わりの中から、実は多くの人に守られ愛され、生かされて来たことに気付き、すこしづつ変わって行く姿がとても良かったです。オダギリジョーだからこそ、こんなにいいドラマに仕上がったのだと思います。8話で打ち切りになったのが本当に残念。もっと続きがみたくなるドラマでした。
    30代女性
    主人公の正義は、ロックに生きることにこだわり続けて生きてきた大人になれない男。一方、大人びた子どもたちは、彼のことを「大人気ない」と批判します。ですが、そうしながらも、彼のストレートな言葉にやがて自分の考え方の癖に気付かされ、弱い自分に挑戦するごとく自らを変えていきます。そして正義自身も、そんな子どもたちをみて成長していく物語です。言動ひとつひとつに変化が出てくるオダギリジョーの演技が、とても上手でした。また、ムロツヨシさんの町内会長には笑わされました。優しさがたくさん詰まった作品だと思います。
    40代男性
    大好きなドラマの1つです。打ち切りになったのが信じられないくらい大好きでした。子役さんたちの演技も自然で、子供からみた世界観もうまく表現していると思います。「働くこと」について考えさせられるシーンも多く、思わず見入ってしまうと思います。マネージャーのミッキーと正義の間の関係性を強く描く終盤の回などにはかなり泣かされました。

    まとめ

    以上、 中島健人主演のドラマ「家族のうた」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

    「家族のうた」は、元人気ミュージシャンが、家族の関わりを通じて成長していくサクセス・ストーリー。

    人気絶頂だったミュージシャンの転落人生を面白く描いていて、感動できる作品となっています。

    TSUTAYA DISCASで家族のうたのDVDは全て無料レンタルできます。

    30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

    \今すぐDVDを無料レンタル/
    30日間無料で動画視聴