ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|刑事7人Season3の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2017年4月〜6月まで東山紀之主演で放送のドラマ「刑事7人 第3シリーズ」

事件の点と点を紡いでいきながら、緻密な捜査に奔走する“刑事7人”の熱い刑事ドラマ。

実力を兼ね備えた一癖も二癖もある刑事たちが、難事件をバッサバサと解決に導いていく!

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。
TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の続編

  • 刑事7人 第1シリーズ(全5枚)
  • 刑事7人 第2シリーズ(全5枚)
  • 刑事7人 第4シリーズ(全5枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
TSUTAYA DISCASには、ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」に出演している東山紀之の出演作品がたくさん揃っています。

  • 大岡越前
  • 喰いタン
  • 大河ドラマ 元禄繚乱
  • Dear ウーマン
  • 必殺仕事人シリーズ
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「刑事7人 第3シリーズ」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の動画まとめ

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「開戦」
東山紀之演じる刑事・天樹と個性派エリート集団が凶悪犯罪に立ち向かうシリーズ第3弾。天樹は、片桐(吉田鋼太郎)が新たに発足させた臨海エリアを専従捜査する「第11方面本部準備室」に配属される。倉庫で4人の遺体が発見され、捜査を始めた天樹らは、被疑者の逃走パターンから元機動捜査隊員による犯行を疑う。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」1話のネタバレ
警察の中でエリートコースをまっしぐらの片桐正敏(吉田鋼太郎)がリーダーとなり、凶悪事件が増加する地域を担当する部署が出来る。

警察の特殊部隊に所属していた天樹悠(東山紀之)だけでなく、沙村康介(高嶋政宏)や水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)がこの部署のメンバーになる。

さらに、分析専門の山下巧(片岡愛之助)や医者の堂本俊太郎(北大路欣也)もメンバーになり、今まで別々の部署だった7人が集結。

早速、担当地域で、発砲した音が聞こえ、4人の死人が発見される。

そこから逃げる怪しい人を天樹は大急ぎで追いかけるが、捕まえられない。

このことから、犯人は警察に詳しそうということが分かり、昔、警察にいた人を洗いだすと、リストの中には天樹と一緒に捜査していた桜田春樹(横田栄司)もいた。

天樹は桜田に確認を取ろうとするが、姿を現さず、やっと見つけると、意味不明なことを言って、またいなくなる。

最終的に4人を殺したのは桜田だったが、裏にはこの地域を牛耳る不動産業の男がいた。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」1話の感想
あちこちに散らばっていた刑事7人が同じ部署にそろうだなんて、なんだかすごく面白くなりそうですね。

今まではバラバラのところにいて、時々一緒に仕事していたけれど、同僚になるとどうなるのでしょうか?

かえって遠慮がなくなって、人間関係がぎくしゃくしてしまうのかも?

今回の被疑者は天樹の元先輩だから、心中穏やかではない様子ですね。

でも、私情を挟むことはないと思うけれど、天樹は捜査しにくそうだし、内心、犯人を見つけたくなかったかもしれないですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「最愛」
法務大臣の仙波(小須田康人)邸が何者かに占拠され、爆弾テロの可能性が浮上する。天樹(東山紀之)ら第11方面本部準備室が捜査に乗り出し、体に爆弾を装着されたまま解放された警備担当の話から犯人が老人テロリスト集団であることが判明。やがて犯人は、人質解放の条件として死刑囚の再捜査と再審を要求する。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」2話のネタバレ
政治家である仙波清(小須田康人)のガードをすることになった警察の野村(松尾栄太郎)。

野村が呼びかけに応答しないので、警察の特殊部隊出身の天樹悠(東山紀之)は仙波の家に急いで向かう。

すると、野村は爆発物を巻き付けられていて、誰かが仙波の家を乗っとっていたのだ。

野村の話では、仙波の家の近所でよく見かけた4人の年配者たちが怪しいとのこと。

もともとは小野田良夫(一本気伸吾)がぼんやり歩いていたところを野村が面倒を見て、施設長の四谷貴子(筒井真理子)に引き渡すことが何度かあり、そのうちに、仙波の家で休憩することが日課になった。

その後、小野田の知り合いである小川零士(重松収)、浜浦文太(吉澤健)、広瀬文子(吉本選江)も一緒に仙波の家に来るようになったらしい。

この年配者たちの狙いは何かを調べていると、年配者たちの方から政治に関わる重大なことを訴え出し、天樹はさらに怪しいと感じる。

よくよく調べていくと、昔の事件が今回の立てこもりに関係していることが分かってくる。

最終的に、事件の黒幕は四谷で、政治家のチカラを利用したかったらしい。

だけど、この事件は公表されず、犯人も解放された。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」2話の感想
痴呆の小野田たちが政治に口出してくるなんて、あり得ないですから、私だって、四谷が怪しいと気づきました。

平和な老後を送っていた年配者たちを犯罪に巻き込むなんて許せないです。

でも、後半の事件が徐々に分かってくる辺りが一番面白かったです。

筒井真理子の熟女っぷりがナイスキャスティングに感じました。

だけど、事件は公表されず、犯人も捕まらず、こんな終わり方は残念です。

でも、これが刑事事件のリアルなのかもしれないですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「慈愛」
臨海エリアのクラブで女性の変死体が発見される。堂本(北大路欣也)の解剖結果から、被害者は注射器で大量の血液を抜かれていたことが判明。吸血鬼による犯行とのうわさが広がる中、天樹(東山紀之)らがクラブの防犯カメラの映像を分析した結果、行方不明となっていた警察官による犯行の可能性が浮上する。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」3話のネタバレ
都会の夜に、首から出血する女子学生の事件が頻発する。

幸いにも死者は出ていなかったが、4度目の事件では失血死してしまう。

どの事件でも歯の跡があることから、ドラキュラに襲われたと世の中はパニックになる。

警察の特殊部隊に所属する天樹悠(東山紀之)たちは即座に調査を始める。

医者の堂本俊太郎(北大路欣也)の検証で、歯の跡のように見られたのはスタンガンによるものと分かる。

4度目の事件で死んだ金井真由美(辻本瑞貴)は誰かにつけられていると仕事仲間に悩みを打ち明けていたらしい。

この事件と同じタイミングで姿を消した警察の大友勝正(梨本健次郎)が天樹たちは怪しいと見て、捜索するが、大友が犯行に及ぶ理由が分からない。

そうしているうちに、5度目の事件も起きてしまい、洗濯物を取り扱う店の従業員である佐々木奈月(紺野まひる)も姿を消してしまう。

奈月の子供である佐々木真人がいじめで自殺したことが発端になった事件で、大友は権力に逆らえない警察に対抗し、奈月の味方になったのだった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」3話の感想
難しい事件です。捜査しているうちに、5度目の事件が起きてしまい、さらに天樹たちは追い込まれた気持ちになっていたでしょう。

今回の結末も権力者は法で裁かれないままで終わってしまい、スッキリしない感じです。

正義は法を侵さなければいいのか?

いじめ問題も結局はうやむやになってしまい、きっと人生をかけた大友さんもガッカリでしょうね。

1話完結のストーリーだから展開が早く、食い入るようにがっつり観てしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「死味」
公園でロボット技術の研究者・川上(沖田裕樹)の遺体が発見される。捜査に乗り出した天樹(東山紀之)らは、第一発見者であり川上の元家庭教師だったという吉原(尾美としのり)から話を聞く。吉原は、川上を発見した際に、“遺体を見て笑う男”がいたと証言する。堂本(北大路欣也)の部屋を訪れた天樹は、被害者の身分証がなくなっていたことを伝える。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」4話のネタバレ
マシン作りの専門家である川上勇人(沖田裕樹)が絞殺された。

最初に気づいたのは、川上の親友で、その日に会う約束をしていた吉原浩作(尾美としのり)。

川上から会う時間を変更したいと言われ、時間を持て余していたら、川上から連絡があって来てみたら、川上が倒れていて、それを眺めている男もいたというのだ。

天樹悠(東山紀之)たち、警察のメンバーはこの男を容疑者として捜索する。

調べていると、川上は職場の上司である入川裕二(新井康弘)と揉めていたことが分かり、入川に疑念を抱くが、状況的に彼が犯行に及ぶのは無理。

天樹は川上の顔にちょっとした傷があったこと、川上の持ち物から身分証がないことを不審に思い、昔にも同様の手口がなかったか調べる。

徐々に、怪しい人物が特定されていくが、逆に、天樹を殺そうとする者がこっそりと近づいてくる。

結果的に、今回の犯人は吉原で、彼は死ぬことに異常な興味を持っていて、次々に殺人を実行していたのだった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」4話の感想
登場人物全員を怪しみながら、じっくりと観ていましたが、でも、尾美としのりさんを配役した時点でばれたも当然でしたね。

今回の犯人には全くの同情の余地がありません。

ニュースでもたびたびこのような不可思議な異常な性格の人物の事件が報道されますが、身近にいないので、理解しがたいです。

しかし、やはり、事件が起こるということは実際に存在するのでしょう。

そう考えると、ものすごく恐ろしく、鳥肌が立つような話だと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「追想」
路上で腹部を刺された遺体が発見される。堂本(北大路欣也)の解剖結果から、被害者は末期がんに侵され、顔を整形していたことが判明。さらに、12年前の火災事故で戸籍上死亡していたことが分かる。火災事故の捜査に乗り出した天樹(東山紀之)は、12年前のその日、臨海エリアで連続発砲事件があったことを思い出す。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」5話のネタバレ
シニア世代と思われる名前が分からない男(綾田俊樹)が死んだ。

死体を調べてみると、重い病気にかかっていたのに治療をしていなかったことが分かる。

それに、死体は田中一郎と名乗っていたらしく、顔も手術でいじっていた。

元の顔に戻していくと、大昔の火事の被害者である稲留純一とそっくり!

田中が稲留だとすると、火事の被害者は誰なのか?

大昔の火事があった場所に行った天樹と青山新(塚本高史)は近所の馬場節子(草村礼子)から、稲留さんは呪い殺されたと言われていると聞く。

沙村康介(高嶋政宏)と水田環(倉科カナ)も、不気味な噂を聞く。

そうしていると、死体の電話が発見され、そこから、大企業の部長である福田英明(石橋保)が怪しくなってきたが、本人は全然犯行を認めない。

結果的に、やっぱり、田中は稲留で、自分で薬を飲んで死んだ。

稲留はさらに自殺した馬場研治、つまり、馬場節子の夫と入れ替わっていた。

馬場研治を自殺に追い込んだ福田に罪を被せたくての犯行だった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」5話の感想
一緒に事件を追いつつ、自分はどこを見落としたかな?天樹は何に気づいたかな?と思いながら、観てましたが、今回も途中から、天樹の頭の回転についていけなくなります。

結果的にはものすごく泣ける、切ない話でした。

このように老夫婦の絆を見せつけられると、心が苦しくなります。だからといって、罪は罪なのですが。

馬場節子の目が見えていたというのも、すごいどんでん返しでした。

最後の最後に、天樹の家族が死んだことに触れていましたが、これが、次回への伏線になるのでしょうか?

楽しみです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「家路」
事故死した天樹(東山紀之)の妻子の命日に、天樹は堂本(北大路欣也)から話があると呼び出される。堂本は、司法解剖の結果から分かったある事実を天樹に12年間もひた隠しにしていたことを告げる。一方、ビルで転落事故が発生し、作業員の牛島(やべけんじ)が死亡する。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」6話のネタバレ
警察の天樹悠(東山紀之)は、嫁と子供を不意に死なれてしまった過去がある。

嫁と子供の命日に、天樹は嫁である清(井上依吏子)の父親であり、医者でもある堂本俊太郎(北大路欣也)から、驚愕する内容を伝えられる。

天樹達が担当している地域では、以前から、理由は分からないけれど、短い髪の女が行方不明になることがたびたびあり、調べていると9人もいた。

沙村康介(高嶋政宏)たちなど、警察のメンバーはこのことの関連性について調べ始め、行方不明になる女たちの数人は、丈の長い上着を着た背の高い男といたことが判明する。

当時の清の様子を聞きに、ケーキ屋さんの工藤優樹(黄川田将也)のところに行く。

沙村はある思惑から、天樹を仕事の担当から外れてもらうことにすると、天樹は消息を絶ってしまう。

警察をやめる覚悟で単独捜査をする天樹は丈の長い上着を着た男性は楠城誠也と突きとめ、嫁との関係を追及。 

知られてはいけない傷を見られ、嫁と子供は旦那が警察だから殺したということだった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」6話の感想
今回は普段語られない天樹の家族の事件です。

淡々と調べている様子でしたけれど、やっぱり、心中、穏やかではなかったみたいですね。

沙村に見抜かれてしまい、それはそれで当然の処置とは思います。

それにしても、嫁と子供が殺された理由は天樹にとって残酷過ぎる内容でした。

だったら、自分を狙ってほしいと当然、思ってしまいますよね。

後半の私情を抑え、冷静に話す天樹と挑発的な楠城のやり取りは非常に見ごたえがあるものでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「因縁」
臨海エリアの建設現場から女性の白骨遺体が発見される。堂本(北大路欣也)の解剖結果から、被害者は埋められた後、一度蘇生していたことが分かる。さらに7年前に樹海のそばに遺書を残して失踪していたことが判明し、捜査に乗り出した天樹(東山紀之)らは被害者が失踪前に交際していた元恋人に疑惑の目を向ける。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」7話のネタバレ
大きな不動産をいくつも所持する馬久根恒義(山本學)が天樹悠(東山紀之)たちが担当する地域にも強い権力を持つようになった。

その馬久根が所有する土地で、死体が出てきた。

死体は既に骨の状態で、頭を殴られて死んだと考えられていたが、医者の堂本俊太郎(北大路欣也)は地面の中で生き返っていたと推定した。

すぐに天樹たちのメンバーは調べに取り掛かる。

死体の持ち物の撮影をしていた水田環(倉科カナ)は、外見に似合わないアクセサリーを不自然に感じる。

死体の名前は富樫弘美(菅井玲)と分かり、富士山の麓で最後の手紙が発見されていたが、その後、行方不明になったままだった。

天樹は弘美の故郷を尋ね、生前の様子を聞き込みする。

弘美の彼氏だった笹本豊(比留間由哲)からも話を聞き、疑惑の目を向けていると、笹本が殺されてしまう。

最終的に、富樫弘美を殺したのは笹本で、笹本が女優・泉千穂をゆするので、父親の川添が笹本を殺してしまった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」7話の感想
今回は環の女性ならではの勘が働きましたね。

服装とアクセサリーが不釣り合いだなんて、男性たちには気づきにくいこと。

やっぱり同性でないと分からないこともありますよね。

後半は涙、涙の展開でした。

子を思う親心、胸に響きます。

でも、川添も笹本を殺さないで、警察に相談すればよかったのに、思い込むと周りが見えないというか、それで犯罪を犯してはいけないけれど、そのくらい、かなり切羽詰まった気持ちだったのでしょうね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「悪女」
豪邸の庭で行われていたパーティー中に、パエリアを食べた参加者3人が突然倒れ、うち一人が死亡する事件が発生する。堂本(北大路欣也)が解剖したところ、被害者は毒殺されていたことが明らかに。天樹(東山紀之)は、事件直後にパーティー会場から抜け出した人物に疑惑の目を向け、参加者のSNSを調べる。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」8話のネタバレ
井村遼(斉藤祐介)の祝賀会で、井村は死に、参加者2名も救急車で運ばれた。

運ばれたのは井村の上司である伊藤真理子(山口香緒里)と、取引先の原咲希(矢田亜希子)で、二人は次第に回復した。

原因は、祝賀会の料理に毒が仕込まれていたことのようだ。

天樹悠(東山紀之)たち警察のメンバーは、ネット上にあった祝賀会の招待者一覧から犯行した人物を割り出す。

病院で治療中の真理子の話では、祝賀会では井村と咲希が結婚の約束をしたことを知られることも計画していたらしい。

それから、天樹は招待者一覧で上戸礼子(佐藤康恵)という人物を見つけるが、ネットのやり取りから汲み取ると、礼子は祝賀会に行ってないらしいことが分かり、疑惑の目を向ける。

警察は礼子について詳しく調べると、さらに、井村たちに関わる怪しい人の存在も分かる。

その怪しい人と関わった人2名が死んでいる!

深く調べていくうちに、最終的には咲希が犯人だった。

咲希は経歴、家柄、職業、顔の整形とあらゆることを嘘で塗り固めていて、ばれてしまうと殺人を繰り返していた。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」8話の感想
ネット上のやり取りが本心とは全然違うもので、怖すぎます。

ネットにあることを真実と思ってしまう習性を忘れないようにしないと、うっかり、罠にはまってしまいそうです。

女性の心理が影響している複雑な事件っぽい感じでしたね。

こういう事件を見てると、女って怖いなとか、ネットでの付き合いは本当に慎重にしないと危険すぎると思ってしまいますよね。

やっぱり、ネットは便利だけど、うかつに情報を書き込まないことが大切です。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「血戦」
山下(片岡愛之助)が拉致され行方不明になり、数週間がたった。片桐(吉田鋼太郎)の独断による指揮の下、天樹(東山紀之)らは臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根(山本學)を倒すべく、薬物カルテルの摘発に動きだす。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」9話のネタバレ
警察の仲間である山下巧(片岡愛之助)が誰かに捕まってしまい、消息が分からなくなってしまってから、しばらく経った。

片桐正敏(吉田鋼太郎)の指示で、天樹悠(東山紀之)たちは、担当地域の麻薬取引を取り締まる。

この地域に大きく勢力を持ち、山下の行方にも関係しているらしい不動産業の馬久根恒義(山本學)と戦うべく、天樹達は一斉に行動を始めた。

けれども、前に密かに動きを見張るように指示されていた水田環(倉科カナ)は警察の監視役である島村唄子(久世星佳)に連絡し、片桐の不穏な行動を見守る。

警察メンバーの沙村康介(高嶋政宏)が密かに心を寄せている宮本あかり(ハマカワフミエ)が行方不明になり、過去の連絡履歴から、馬久根が所有する建物の会社に勤務する男が怪しいことが分かる。

その男のパソコンから、山下の居場所が発覚し、天樹達は救出に向かう。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」9話の感想
最終回に向けて盛り上がってきました刑事7人。

いつもは7人登場しないことが多いけど、今回は全員がフル回転でした。

沙村のプライベートの話は珍しいですし、面白かったですね。

熱い男がピッタリで、とっても情熱的でかっこよかったです。

山下を救い出すシーンはなかなか恐ろしい展開で、目が離せませんでした。

シリアスな展開が続き、ちょっと休憩するシーンが無い刑事7人は観終わると、どっと疲れが出てしまいますけれど、内容が濃く、後で見返しても面白いと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「正義」
天樹(東山紀之)は、馬久根(山本學)と秘密裏に手を組む臨海エリアの薬物カルテルの摘発に動きだす。しかしそんな中、かつて天樹らの仲間だった刑事・永沢(鈴木浩介)を殺した死刑囚が脱走。天樹や青山(塚本高史)が危険な戦いに身を投じていく中、馬久根を付け狙う謎の勢力が馬久根を襲撃する事件が発生する。(引用元:テレビ朝日公式)

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」10話のネタバレ
警察の天樹悠(東山紀之)が担当する地域で幅を利かせている不動産業の馬久根恒義(山本學)は、さらにやりたい放題。

2名の男が死んだ建物には、いくつかの爆発物が設置されていることが分かる。

天樹たちは、この地域の勢力を手に入れようとする御厨が仕掛けたのではと推測する。

そんな時、馬久根から天樹たちに提案を持ちかけられる。

天樹たちの言い分を馬久根が受け入れるから、交換条件として、馬久根を狙う人物を逮捕してほしいというのだ。

こんな駆け引きは到底受け入れられないと天樹たちはつっぱね、警察メンバーでこの事件の真相を突き止めようと心に誓う。

そして、死んだ2名の男が御厨と知り合いだったらしいことが分かるが、天樹は訝しがる。

そうしているうちに、馬久根が誰かに殺害されてしまう。

調べていく天樹たちが疑惑の目を向けたのは、全くあり得ないことに、警察のメンバーだった山下巧だった。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」10話の感想
9話からの伏線が最終話で見事に広がってきています。

そして、まさか、まさかの馬久根が殺されてしまうとは、驚きです。

最終話、天樹の敵は馬久根と思っていたので、予想が外れました。

さすが、最終話だけあって、見ごたえたっぷりです。片桐も怪しく見えてきていたけど、最終的には山下が黒幕だったなんて、本当にすごいどんでん返しでした。

ずっと、登場が少ない山下だったけれど、最終話にとっておいたのですね。本当にびっくりしました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の概要

個性的なスペシャリストたち7人が難解な刑事事件に挑む姿を描いた『刑事7人』の第3シリーズ。

目まぐるしい進化を日々遂げるを舞台に、超凶悪犯罪に挑む彼らの前に、闇でうごめく“最強の敵”が出現。

さらに今シリーズでは、事故だと思われていた、天樹の妻子の死の真相も明らかに…。

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の出演者、放送情報

東山紀之:天樹悠
高嶋政宏:沙村康介
片岡愛之助:山下功
倉科カナ:水田環
塚本高史:青山新
吉田鋼太郎:片桐正敏
北大路欣也:堂本俊太郎

原作:なし

主題歌:なし

制作:テレビ朝日
放送:2017年

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の見どころ

人気を博している刑事ドラマであり、待ちに待ったシリーズの第3弾。

シリーズを追うごとに、ストーリーは更にスケールアップ!!

今シリーズでは室長に片桐正敏を招き、東京臨海エリア担当の「第11方面本部準備室」が発足されます。

おなじみ天樹はじめ、有能な精鋭7人が再び集結!

シリーズ最強の敵に挑みます。

7人の役どころがのぞかせる新たな顔と人間模様にも注目です。

更に今作は、事故死と認定されていた天樹の妻子の真実も明らかに・・・!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の感想

40代男性
水田役の倉科カナがイイ!今まで彼女が演じた役の中ではダントツに好きですね。ストーリー上とても注目される役柄だっただけに見応えがありましたし。刺されて倒れる時さえ涼しい顔の天城さんは、さすがは東山さん!って感じのクールな援護で、天城さんなのか東山さんなのか、どっちが本当なのかドラマと現実の区別がつかなくなったほど。かっこいい おじさんたちが頑張っているこのシリーズが次回も楽しみです!
20代女性
回想シーンや想像シーンなどにいつもじんわりさせられる。このドラマの画像がきれいなせいかな。いつも 冷静な東山さんはやっぱりかっこいいおじさんですね!ところで前シリーズから気になっていたのだが、なぜ年下の水田は年上の天樹を「くん」付けで呼ぶのだろう。まあ階級が同じだからかもだけどなぜ??もしかしたら警察の習慣なのかもね。だれか知っていたら教えて下さい〜
50代男性
これまでのシリーズはあまり見たいと思っていなかったのだが、このシリーズは帝銀事件をベースに書いた話が出てきたり、その史実をベースに現代のいろいろな問題を取り入れた独自の解釈をしてたりとストーリーがかなりよくできていて見応えあり!ジャニーズ主演なのに東山紀之さんのポテンシャルはさすがの一言!その他の主要な登場人物も個性があっていい。犯人役が出落ちになってることがあるから、そうならないようにキャスティングが上手かったらもっとイイのに。一応ミステリーなんだから。

まとめ

以上、東山紀之主演のドラマ「刑事7人 第3シリーズ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

7人の精鋭刑事(デカ)たちによって、今回は東京臨海エリアを拠点として超凶悪犯罪に立ち向かっていきます。

天樹の妻子の死に対して“衝撃の真相”が明らかになる本シリーズは、見逃せません!

TSUTAYA DISCASで刑事7人 第3シリーズのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴