ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|リーガルハイ第2シリーズの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2013年10月〜12月まで堺雅人主演で放送のドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」

前作に引き続き古美門が裁判を舞台にノンストップで自論を繰り広げます

新たに登場するライバル事務所「NEXUS Law Firm」にも注目ですよ!

コメディ要素もありながら、シリアスチックな場面もあり、見ごたえたっぷりです。

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の関連作品

  • リーガル・ハイ(全6枚)
  • リーガル・ハイ スペシャル(2013)(全1枚)
  • リーガル・ハイ スペシャル(2014)(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」に出演している田口淳之介の出演作品がたくさん揃っています。

  • きょうは会社休みます。
  • 犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~
  • がんばっていきまっしょい
  • 花嫁とパパ
  • 有閑倶楽部
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の動画まとめ

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚したアイドル相手に騙されたと訴えるファンたちを弁護。ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、黛ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」1話のネタバレ
優秀有能な弁護士・古美門研介(堺雅人)と、その右腕の若手弁護士・黛真知子(新垣結衣)。有能な古美門ではありますが人格に大変問題があると評判です。

そんな二人の元に、あるアイドルのファンたちが当人を訴えために弁護の依頼が。

訴える相手はアイドルでありながら恋愛問題が発覚したということで、古美門はいつも通り早口で相手をまくしたてるようにハチャメチャ論理で相手を追い込み、部下である羽生晴樹(岡田将生)にバトンタッチ。

冷静沈着な羽生は相手のアイドルに罪を認めさせるため、裁判官に情で訴えて難なく勝訴となりました。

その祝勝会も兼ね、その夜は弁護士職務経験を積むために古美門法律事務所にいた検察官である羽生の送別会が開かれたのです。

そんなころ、ある弁護士事務所では担当している案件の依頼を降りるというゴタゴタが発生。その事務所というのが、自称・古美門のライバルである三木長一郎(生瀬勝久)のところであり、そこのベテラン弁護士・磯貝邦光。

無実を勝ち取ることはできないと考え、磯貝が放り投げた案件はライバルの古美門の元に…?

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」1話の感想
古美門のライバル事務所が勝てないと諦めた案件。

まさか、死刑を宣告されたクライアントを無罪にするという驚愕の依頼内容に古美門が2億円という大金を要求するとは…。

殺人と殺害未遂に加え、2度離婚歴により元夫の不審死から保険金目当てだった?そんなクライアント相手に、古美門が勝てるのか?

冒頭で羽生がいなくなったけれど、ここで検察官という立場の羽生に助けられるとは…。

初回から驚愕の依頼内容ではあるけれど、古美門の腕の見せ所だと思う。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「逆ギレ天才起業家〜”つぶやいたら”名誉毀損?」
古美門研介(堺雅人)は黛真知子(新垣結衣)とともに安藤貴和(小雪)を訪ねる。黛は被告人尋問の前に拘置所に来た吉永慶子なる人物に何かを言われたのではないかと聞くが、貴和は判決の承諾は自分の意思だと言う。それでも古美門は執拗に上告を迫るが、はぐらかされてしまった。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」2話のネタバレ
死刑宣告をされた安藤貴和(小雪)の無罪を勝ち取るため、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が貴和を訪ねます。

判決を受け入れたのは自分の意思だという貴和ですが、実は被告人質問の前に拘置所に貴和を訪ねる人物がいたのです。そんな彼女に上告するように迫る古美門に貴和は聞く耳を持ちません。

上告も受け入れられないまま事務所に戻った二人は、服部(里見浩太郎)からある動画サイトを見せられます。

それは、インサイダー取引など数々の違法行為で容疑を掛けられ実刑判決を受け、逮捕されていた時代が生んだ天才・鮎川光(佐藤隆太)が、出所後、名誉棄損としてマスコミや好き勝手書いたブロガーを訴えるというもの。

そんな鮎川を相手に代理人を申し出る古美門でしたが、一人で闘うという鮎川に断られてしまいます。

そんな古美門の元には、鮎川に訴えられた者の弁護依頼が。

その依頼を黛に任せたところ、さらに鮎川に訴えられた漫画家の代理人となった羽生(岡田将生)らが共同弁護を頼みに古美門の元へやってきて…?

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」2話の感想
安藤貴和(小雪)の案件も思うように進まずにいる古美門が受けた鮎川に訴えられた人たちの弁護。

鮎川自身、25億円という所得隠しをしていたというのがまず驚きだったけれど、その鮎川が名誉棄損で35件もの訴訟を一人でやろうというのに、とにかく驚くばかり。

まさか、弁護士相手に一般人が勝てるのか?

と疑問に思っていたけれど、ライバル事務所の磯貝が鮎川から訴えられたテレビ局の弁護を担当した結果、鮎川に速攻で倒されたことで、この人ただもんじゃない!と…。

けど、こんなやり方していたら、いつか孤立してしまうのでは?と、若干心配にもなってしまった。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「顔か? 心か? どちらを選ぶ? 前代未聞の整形裁判」
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、安藤貴和(小雪)に上告させて弁護人になりたいのだが、上手くいかない。弁護人になるための条件として、古美門は貴和から毎朝5キロ走るよう言われるが体力が持たない。黛に至っては、貴和からブスとののしられ、化粧の仕方ぐらい覚えろと命令されてしまう。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」3話のネタバレ
生卵と飲み干し、トレーニングウェアに身をくるんだ古美門(堺雅人)。

安藤貴和(小雪)に上告を迫るもはぐらかされてしまった古美門が、貴和から弁護士になる条件として提示されたのは「毎朝5キロのランニング」。

セクシーな男に弁護してもらいたいと言う貴和は、古美門のことを「自堕落な生活で中性脂肪をため込んだ豚野郎」と言い、そんな古美門をフォローする黛(新垣結衣)に対しては「ブスに弁護をする資格はない」とメークも出来ない黛を幼稚園児扱い。

拘置所内では「暑い」と漏らせば刑務官が貴和を仰ぎ、いつでも脱獄が出来そうなくらい男たちを手なずけているようです。

ある日、古美門たちの元には離婚裁判の依頼が入るのですが、クライアントは黛の高校の同級生・熊井(塚地武雅)。
熊井の妻・ほのか(美波)は離婚に応じてくれないとのこと。

美人だと思っていたほのかが実は整形をしていたという離婚理由に黛は依頼を断ろうとするも、高額な弁護士費用の提示にも応じた熊井に、古美門は弁護を請け負うことに。

しかし、熊井の妻・ほのかの代理人になったのは羽生(岡田将生)だった…!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」3話の感想
死刑宣告をされた貴和(小雪)が弁護人になる条件とその理由が、まるで無罪を勝ち取りたいという人間が出すものではないように思え、貴和の考えていることがまるで読めない。

けれど、普段古美門が誰かに振り回されるような場面はなかなかないので、貴和にあれこれ言われてある意味翻弄されている古美門(堺雅人)と黛(新垣)を観るのは面白いなとも思う。

そして「悪徳弁護士K」と羽生の代理人対決に、古美門先生が本領発揮。
貴和とのやりとりであれれ?と思っていたけれど、やっぱり古美門はこうでなくっちゃ!と思った瞬間だった。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「お隣り付き合いは蜜の味!? 嫉妬渦巻く隣人裁判!!」
ご近所様と言えども、些細なことでもめ事が起こる昨今。古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)も毎度のことだがもめている。古美門の奏でる麗しいとは決して言えないバイオリンの音に、黛がクレームをつけたのだ。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」4話のネタバレ
開始早々、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)の争いは絶えない。

決して上手いとはいえない古美門が奏でるバイオリン。これが練習とかであれば文句も減るのかもしれませんが、黛のクレームに古美門は耳を貸しません。

服部(里見浩太郎)を味方に引き入れようとする黛ですが、否定する服部。
見事に仲間割れ…。

古美門と黛がバトルをする中、古美門法律事務所には騒音問題から刑事裁判に発展し、無罪となった訴訟が持ち込まれてきます。

クライアントは主婦・東山冬海(猫背椿)。以前から隣人の西平なつ(佐藤仁美)と騒音問題で揉めており、命に別状はなかったものの、なつにはさみで腹部を刺されたというのです。

しかし、先に手を出したのは冬海。ゴルフクラブに殴りかかったということから、なつの正当防衛が認められて刑事裁判では無罪になったとのことでした。

そんな依頼案件でしたが、慰謝料を全額つぎ込みという冬海に古美門は依頼を受けることになります。

そんななつの弁護人はまたもや羽生(岡田将生)で…?

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」4話の感想
怖いものなしだと思っていたあの古美門研介(堺雅人)に天敵現る‥?!

自分が裁判を請け負って、訴訟相手の弁護士がかつて自分の事務所で職務経験を積むために働いていた羽生晴樹(岡田将生)だとしても、古美門先生は動揺もしないというのに、まさか、古美門を牢屋にぶち込んだことのある別府敏子(広末涼子)という存在があったとは…!

完全に別府さんに嫌われている古美門とは正反対に、羽生に対しては好感度爆上がりという展開に、古美門さんもう無理かも…と思わずにはいられないかった。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「権利は誰のもの? 窓際社員のキャラクター裁判!!」
今回、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が扱うのは、著作権侵害問題。16年前、零細文具メーカーの「あじさい文具」は、倒産の危機にひんしていた。しかし当時、30歳の田向学(野村将希)が、何気なく落書きで書いた犬のキャラクター「おやじいぬ」が空前の大ヒットとなり…。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」5話のネタバレ
古美門法律事務所は相変わらずクライアント不足の為、蘭丸(田口淳之介)は営業活動としてある男の会社に偵察として潜入をすることになります。

その潜入先は、今回古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)著作権侵害問題として依頼を受けることになった、小さな文具メーカーの会社「あじさい文具」。

実は、古美門が金になりそうだと目つけ蘭丸に接触させて裁判を起こすようにけしかけようとしている相手こそ、かつて「あじさい文具」を倒産の危機から救った張本人でした。

古美門が目を付けた男、当時30歳だった田向学(野村将希)のある落書きにより、会社は巨大なビルにオフィスを構えるほどの急成長を遂げ、田向は会社を復興させた功労者だったのです。

その落書きこそ、空前の大ヒットとなった犬のキャラクター「おやじいぬ」。

そんな田向ですが、社内では冷遇され、部署をたらい回しにされていました。
ですが、文句ひとつ言わずに黙って会社に従い淡々と仕事をこなす毎日。

そんな男に古美門は目を付けたのです。

一方、実家暮らしの黛ですが、父は毎晩遅く帰ってくる娘をみて心配し、ブラック企業なのでは?と古美門の元に足を運び…

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」5話の感想
ドラマの設定というのがあるのは仕方ないですが、どうしてこう毎度毎度、古美門(堺雅人)が弁護を請け負うと、訴訟相手の弁護人に羽生(岡田将生)がつくんだろう?と思わずにはいられません。

もう二人は俗にいう、「運命共同体」というヤツなんでしょうか?

しかも、弁護士という立場にもかかわらず、性格に難ありということが災いして、黛(新垣結衣)の父親の前で娘を思いっきり罵倒してしまうなんて…!!

父親の前で罵倒する先生のシーンには、正直心臓が止まりそうでした‥。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「新しい愛の形か重婚か!? 訴えられた妻は夫が3人」
古美門研介(堺雅人)が、まだ眠りから覚めやらぬ朝、古美門法律事務所を嶋澄江(高林由紀子)という婦人が訪ねてきた。応対する黛真知子(新垣結衣)に、澄江は嫁の愛子(鈴木保奈美)についての相談をする。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」6話のネタバレ
今回、古美門法律事務所に相談に来たご婦人・嶋澄江(高橋由紀子)に応対するのは寝ている古美門研介(堺雅人)に代わり、黛真知子(新垣結衣)。

澄江は、嫁の愛子(鈴木保奈美)には夫である息子・悟(林泰文)のほかにも夫がおり一妻多夫の状態であることを相談します。
しかも、その現状に夫である息子・悟は理解を示しているとのことですが、母親としては信じられないことであったため、古美門法律事務所に相談にきたというのです。

真剣な眼差しで相談をする母・澄江に対し、黛は古美門が面白がって澄江を傷つけると判断します。
それに、古美門の弁護費用は高額ですし、年金暮らしである澄江にはそんなお金は用意が難しいと思ったのです。

一方で、一緒に話を聞いていた服部(里見浩太郎)は、古美門が興味を示しそうな依頼内容だと思い、耳を傾けていました。

そんな服部には目もくれず、黛は親身になって対応に当たってくれる事務所の羽生晴樹(岡田将生)を勧めることにします。

しかし、一人で古美門を置いて安藤貴和(小雪)の接見に向かった黛が、接見を終えて事務所に戻ってみると、澄江が問題にしていた嫁・愛子の姿が…!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」6話の感想
今回の最初の相談相手である澄江(高橋由紀子)が問題にしていた嫁・愛子(鈴木保奈美)の「一妻多夫」という選択。

外国では認めらている国があるとはいえ、ここは日本。それに、年配のお母さんにとっては理解に苦しむ内容だろうし、敢えて澄江を羽生(岡田将生)に託した?黛(新垣結衣)の気持ちもよくわかる。

古美門のことでも頭を抱えているのに、貴和(小雪)からは自分の優柔不断さを指摘され、まるで接見という名のカウンセリングを受けているようだなとも思った。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「天才か暴君か!? 世界的アニメ監督パワハラ裁判!!」
ついに古美門研介(堺雅人)と袂を分かった黛真知子(新垣結衣)は、かねてより誘われていた羽生晴樹(岡田将生)の事務所『NEXUS』に入る。黛は本田ジェーン(黒木華)や磯貝邦光(古舘寛治)にも快く迎えられた。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」7話のネタバレ
ずっと古美門研介(堺雅人)を支えてきた黛真知子(新垣結衣)が、ついに古美門法律事務所を退所する‥!

古美門から罵倒されながらも、ずっと古美門と共に戦い、走り続けてきた黛でしたが、以前から羽生晴樹(岡田将生)から自分の事務所に来ないか?と誘われていた「NEXUS」への入所と決めることになりました。

羽生の事務所・NEXUSに所属する本田ジェーン(黒木華)、磯貝邦光(古館寛治)からも祝福されますが、そんな黛はやはり古美門法律事務所の気がかりなようです。

そんな時、古美門が黛が去った後、助手を探しているという情報を羽生から入手。気になった黛がこっそり古美門の様子を見に行くも、加賀蘭丸(田口淳之介)に見つかってしまい、最近の古美門のことを聞きます。

しかし、古美門は助手決めるのにオーディションかというような選考方法をとり、黛は呆れてしまい…。

そして、羽生の元にはある依頼が舞い込み、その案件の代理人として黛が担当することになりました。

しかし、蘭丸が黛の担当する依頼案件を古美門に教えた結果、黛は古美門を相手に直接対決することになり…?!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」7話の感想
まさか古美門の右腕だった真知子が古美門の元を離れるなんて…!!

と、あまりにも衝撃過ぎて、二人のタッグはもう見られないのかしら‥。なんて思っていたら、ある意味敵として古美門と相まみえることになるなんて、黛に古美門の相手が出来るのだろうか?
まくしたてられて終わりになってしまうんじゃないだろうか?とハラハラドキドキした放送回でした。

前回、貴和(小雪)の接見で気持ちが揺れ動いていることを指摘されたのが大きな後押しとなったのか?
まるで意地を張っているように見えて、ヤキモキしてしまう。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「世界に誇る自然遺産を守れ!! 住民訴訟驚きの真実」
古美門研介(堺雅人)を、黛真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)が訪ねて来る。『NEXUS』で受けた案件の共同弁護を古美門に頼みに来たのだ。古美門は、即座に断るのだがすでに服部(里見浩太朗)は黛たちについて行くことになっているらしい。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」8話のネタバレ
ある日、古美門法律事務所・古美門研介(堺雅人)の元を離れて「NEXUS」に入所した、黛真知子(新垣結衣)と羽生晴樹(岡田将生)がある案件の共同弁護を頼むため、古美門法律事務所の門をたたきます。

自分の元を去っていった黛に対し、古美門は素直にはなれないのか共同弁護を断ってしまうのですが、黛たちに同行することになっている服部(里見浩太郎)がいないと身の回りのことをしてくれる人物がいない(面倒をみてもらえない)ため、黛たちと共にクライアントの元に行くことに‥。

そこは山奥深く、黛の父親の故郷からさらに奥まったところにある集落。
そして、森の存続を争う住民たち。

今回のクライアントは、森の存続を争って世界財産に推奨する赤松鈴子(角替和枝)。

反対派の打表である赤松麻里奈(遠野なぎこ)とは同姓であり、二人の間には以前から何か確執があるのでは…?と思う黛たちでしたが、イヤイヤながら同行していた古美門により、思わぬ展開に‥?!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」8話の感想
黛(新垣結衣)と羽生(岡田将生)からの共同弁護の依頼を断ったにも関わらず、ちゃっかり彼らのクライアントと対立する派閥に代理人として協力することになるとは、もしかして古美門(堺雅人)は、心の中では共同弁護をしたかったのでは…?と、思ってしまった。

今回、異動が決まって古美門たちを再び顔を合わせることになった裁判長・別府(広末涼子)が奥蟹頭弁で主張する住民たちに理解をしている様子に、別府さんの謎が深まるばかりだった。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「ついに最高裁! 例え全国民が敵でも必ず命を救う」
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。貴和は、殺人容疑については否定しない。また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔世話になった近所のおばさんと話す。それでも古美門は、最高裁では貴和の無罪を勝ち取ると言い放った。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」9話のネタバレ
何度も何度も接見に足しげく通い、今回やっと上告することを決心した死刑判決を受けていた安藤貴和(小雪)に、古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)が面会をすることに…。

上告を決めるも、貴和は死刑判決を受ける決定だとなる殺人容疑に対しては否定せず、状況は変わらず。

実は吉永慶子という、地裁の判決前に面会に来た人物に何かを言われたのかと踏んでいたのでしたが、貴和はその人物について、近所のおばさんであり昔世話になっただけだと言います。

古美門にとって死刑判決を無罪にするという、難しい依頼内容ではありますが、古美門はどんな手を使ってでも必ず貴和の死刑判決を覆し、無罪にすると意気込みます。

そう、貴和を無罪にできるのは自分だけと信じて…。

しかし、相手は検事・醍醐(松平健)。
最高裁で戦う相手ですが、かつて古美門が敗北した検事であり、さすがの強気だった古美門も、いざ公判初日となったら緊張を隠せず…?

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」9話の感想
第一話から古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)と、ずーっと絡みのある安藤貴和(小雪)。

やっと上告を決めた!

…と、思いきや。彼女を無罪にするために奔走する古美門があまりにも手段を択ばなさ過ぎて、大丈夫なんだろうか?
窮地に追い込まれる事態になったりはしないだろうか…と、逆に心配になってしまう。

記者たちに金をばらまくまではなんとかなるとしても、移籍した黛に羽生達から検事だったとき情報を盗めというのは、未遂に終わったけれどやりすぎでは…とハラハラするシーンが多かった。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「二転三転する最後の法廷!!執念で救え依頼人!! 真実は悲劇か喜劇か!?」
古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、最高裁判所で安藤貴和(小雪)の差し戻し判決を得ることに成功。しかし、直後に古美門たちは貴和から弁護代理人を解雇されてしまう。古美門は、これまでの流れの裏に前回の高裁判決前、貴和と面会した吉永慶子なる人物が関与していたことに気づいた。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」10話のネタバレ
最高裁判所で安藤貴和(小雪)の裁判に挑んだ古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、無事に差し戻し判決を得ることに成功しますが…。

二人は裁判直後に貴和から弁護代理人を解雇されてしまうことになるのです。

貴和の真実を知りたいと言っていた黛に対し、「裁判と無関係」だとして取り合わなかった古美門でしたが、これまでの流れの裏にいたのは以前貴和と面会をしていた吉永慶子という人物だと気づき、その人物が羽生晴樹(岡田将生)であることを突き止めます。

そんな中、「NEXUS」に行くと磯貝邦光(古館寛治)しかいないことに、事務所内では大きな変化があると気づいた黛は、古美門の元へ向かい‥。

そして、古美門が弁護代理人を解雇されてから貴和の差し戻し審が始まりますが、羽生と本田が検察として座る姿が。

無期懲役を求刑する羽生に対し、三木は情状酌量を主張。

何もかも羽生の掌で転がされていた…!
そんな羽生に古美門が怒りをあらわにする!

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」10話の感想
待ちに待った安藤貴和(小雪)のターン。

まさか、初回から最終話までの間にいろんな伏線があったとは…。ものすごく物腰柔らかで誠実だと思っていた羽生晴樹(岡田将生)だったけれど、それは取り繕った仮面で、根っこは真っ黒なヤツだったとは…。

さすがの古美門(堺雅人)も、卑劣な手段を使う羽生には怒りを抑えられずにいたけれど、そんな古美門さんをみることってもしかして初めてなのでは?とも思った。

羽生が間違っているのは「間違ってないと思っているところ」

そういう古美門先生の言葉には胸を打たれてしまい、思わず涙ぐみました‥

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の概要

黛真知子は、巷を騒がさせていた「連続保険金殺人事件」の被告の弁護の依頼を受けてきた。

被告である安藤貴和は結婚を前提に付き合う男性たちを保険金目的で殺していた「世紀の悪女」と言われて世間で叩かれ、証拠も揃っていて控訴審でも死刑判決は確実であったが、古美門はあえて控訴審の弁護を引き受けることとなった。

(引用元:Wikipedia)

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の出演者、放送情報

古美門研介:堺雅人
黛真知子:新垣結衣
羽生晴樹:岡田将生
安藤貴和:小雪
加賀蘭丸:田口淳之介
本田ジェーン:黒木華
磯貝邦光:古舘寛治
三木長一郎:生瀬勝久
沢地君江:小池栄子
井手孝雄:矢野聖人
服部:里見浩太朗

主題歌:RIP SLYME「SLY」

制作:フジテレビ

放送:2013年

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の見どころ

「リーガルハイ(第2シリーズ)」は、コメディ要素満載なリーガルドラマです。

ユニークな弁護士・古美門とパートナー弁護士の黛の掛け合いが何とも面白く見どころですよ。

第1話の初っ端から古美門ワールドが炸裂し、笑って楽しめる内容となっています

また、本作からは新たなキャストが登場!

古美門とライバルになる法律事務所「NEXUS Law Firm」の弁護士として、岡田将生演じる羽生晴樹や黒木華演じる本田ジェーンなどが現れます

そして、本作では殺人容疑で死刑判決を求刑され、巷では「世紀の悪女」と呼ばれる安藤貴和を古美門が弁護します。

その裁判の行方からも最後まで目が離せません!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の感想

30代女性
リーガルハイが面白すぎて、シーズン2を少し不安視していましたが、そんな心配全く必要なかったです!益々パワーアップしていました。堺雅人さんの演技の幅にはいつも度肝を抜かれます!あのテンションに黛先生もだんだん影響されてきていて、+今回からの新キャラ羽生君がこれまたかなりのハイテンション!法廷シーンはもう完全に舞台です。弁護士の話なのに、何が正しいのか全く分からないほどのだましだまされ、トリック合戦!毎回爆笑、必至です!
20代男性
実際に古美門みたいな人がいたら嫌だなと思いつつも、ドラマなのでどんどん物語に引き込まれていきます。初っ端からふざけた演技とコミカルな表情に爆笑させられました。堺雅人はシリアスな演技もできてこんな変人な演技も全力でできるなんて、振り幅がとにかくすごくて毎回驚かされます。破天荒のなかにも真剣な調停劇も見ものです。やはりリーガルドラマという展開もありつつコメディ感も忘れないという最高に大好きな作品です。
20代女性
シーズン2の新たな登場人物が出てきてさらに面白くなりました!岡田将生と堺雅人の対決が最高で、黒木華はとにかく可愛いです!テンポよく進んでいくので気軽に見れました。これとは別の番組で特集されていたNG集がまた最高に面白かったのでぜひ一緒に見てほしいです。特に岡田将生と新垣結衣がハイタッチするところがお茶目でした。古美門先生はシーズン1と変わらず終始ぶっ飛んでいて最高でした!

まとめ

以上、堺雅人主演のドラマ「リーガルハイ(第2シリーズ)」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

裁判は必ず勝つ敏腕弁護士古美門研介と新人弁護士黛真知子の掛け合いが見どころな「リーガルハイ(第2シリーズ)」。

スピード感のあるコメディ要素が満載で、笑って楽しめる法律ドラマとなっています

TSUTAYA DISCASでリーガルハイ(第2シリーズ)のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴