ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ミスパイロットの動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2013年10月〜12月まで堀北真希主演で放送のドラマ「ミス・パイロット」

女性パイロットを目指す候補生・晴の奮闘を描いたドラマです。

撮影には全日本空輸(ANA)が全面協力しました。

ドラマ「ミス・パイロット」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「ミス・パイロット」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ミス・パイロット」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「ミス・パイロット」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「ミス・パイロット」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「ミス・パイロット」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「ミス・パイロット」に出演している藤井流星の出演作品

  • サムライせんせい(全4枚)
  • DRAMATIC-J 僕らのミラクルサマー(全1枚)
  • DRAMADA-J いつかの友情部、夏。(全1枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「ミス・パイロット」に出演している藤井流星の出演作品がたくさん揃っています。

  • アゲイン!!
  • ようこそ、わが家へ
  • レンタル救世主
  • SHARK
  • サムライ転校生~我ガ道ハ武士道ナリ~
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「ミス・パイロット」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「ミス・パイロット」の動画まとめ

ドラマ「ミス・パイロット」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「下町の居酒屋の娘、パイロットになる!」
手塚晴は将来の夢や希望も定まらず、家業の居酒屋を手伝いながら、手当たり次第に採用試験を受けては不合格の通知を受け取っていた。たまたま手にしたパイロット養成の募集要項を見て、安易な気持ちで受験した晴だったが、試験で操縦したフライトシミュレーターで空を飛ぶ感動を味わい・・・(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」1話のネタバレ
東京の蒲田に構えている居酒屋の娘である、手塚晴(堀北真希)は、現在就職活動中の大学生です。

特にこれといった夢もなく、就職活動に苦戦しているのでした。

そんな時、晴の目に入ったのはANAの自社養成パイロットの募集要項でした。

会社説明会に向かった晴は、ずっとパイロットの夢を追い続けていた小田千里(相武紗季)とそこで出合います。

千里は東京大学大学院のエリートですが、採用試験が進むにつれて、2人は会話を交わすようになります。

晴は100倍以上の高倍率であるパイロット採用試験にチャレンジしながらも、色々な会社の面接を受けては、不合格の通知ばかりが、彼女の手元には届くのでした。

晴の天真爛漫で素直な性格が、ANAパイロットの採用面接官の国木田孝之助(斎藤工)や現役機長でありパイロットの総責任者である篠崎一豊(岩城滉一)の2人の目に留まります。

選考を順調に突破していく晴ですが、ここぞという時に失敗してしまうのでした。

千里からは、何百人の命を預かる職業であるパイロットの仕事にをなめているのではないかと言われ、自信を無くしてしまう晴です。

そんな時、晴は小さな製作所から内定をもらうのでした。

ドラマ「ミス・パイロット」1話の感想
パイロットという職業は、男性にしかなれないものだと思っていました。

ですので恥ずかしながら、女性でもパイロットになれるということを、このドラマを見て初めて知りました。

男性であっても、パイロットになるのは超超難関だと思いますが、女性なのであれば超超超超難関なのだと思います。

やはり、男性と女性の肉体や精神、落ち着き、など色々なことがハンデになってしまうイメージもあります。

そんなネガティブなイメージをどう覆してくれるのか、楽しみにしています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「新人訓練生の試練! 空港ターミナルで上司に物申す!」
グランドスタッフの研修を行うことになったパイロット訓練生、略してP訓たちは飛行訓練がないことに不満を抱きながらもしぶしぶ仕事をこなしていた。しかし晴だけは持ち前の明るさと家業の手伝いで慣れた接客の手際の良さで喜々として励んでいた。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」2話のネタバレ
ANAのパイロット採用試験に合格した手塚晴(堀北真希)や、小田千里(相武紗季)、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)らは、訓練生としてパイロット寮に入寮し、新たな生活が始まります。

地上訓練に向かう晴たちは、グランドスタッフの制服を着て、研修生のバッジを付け、羽田空港のフロアに行きます。

重量オーバーの荷物を持ち込む女性や、1億円という超高級なバイオリンを持ち込む音楽家などに苦労します。

そんな中、晴は佐藤(野添義弘)という酔っ払いに出合います。

話を聞いてみると、佐藤は娘の結婚式に向かう予定であり、娘が嫁に行ってしまう寂しさを紛らわそうと、お酒を飲んでしまったようです。

晴は、佐藤に搭乗時間までベンチで休憩するようアドバイスしました。

佐藤が搭乗する予定である飛行機についての館内放送が流れたため、晴はベンチに向かいますが、そこに佐藤の姿はありません。

千里は「ここは持ち場ではない」と晴に諭しますが、晴の耳にそんな声は入りませんでした。

ドラマ「ミス・パイロット」2話の感想
そもそもパイロットになるためには、寮に入らなければいけないのですね!

やっぱり簡単になれる職業でないだけあって、大変な訓練や生活を送らねばならないのだなと感じさせられました。

また、パイロットだからといって、すぐに飛行機の勉強や物理学(?)などの勉強をするわけではなく、まず空港でどんな人達がいるのかを観察するという「地上訓練」があることも初めて知りました。

なかなか知らない世界のことなので、見ていて興味深かったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「墜落を阻止せよ!! 訓練生に立ちはだかる整備研修!」
依然としてコクピットに座ることもなく苛立ちを隠せないP訓たちは、次に機材整備の研修を受けることになる。次第に6人がそれぞれ勝手な行動をとるようになる。整備士たちの無事故へのこだわりと油断することへを戒めを知った晴たちの心は動かされ、最後の清掃を全員で手伝う。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」3話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)や、 小田千里(相武紗季)、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)は、パイロット訓練生チームAに配属されています。

グランドスタッフとして接客の研修を終えたパイロット訓練生チームAですが、今度は地上勤務のもう1つの部、「整備部」に配属されます。

晴らは、整備士たちがもの凄いスピードで機体を整備し、その飛行機を送り出す、という仕事を見て、驚かされるばかりでした。

ただ、もちろん整備士資格のないパイロット訓練生なので、部品を管理する仕事が与えられます。

パイロット訓練生たちも、空を飛ぶ練習も出来ず、ずっと地味で細かい作業をやらされ、苛立ちが隠せません。

経験のある整備士の手伝いをしても、ものすごく怒られてしまいます。

パイロット訓練生の教官である国木田孝之助(斎藤工)は、協調性があまりなく、個人プレーばかりするAチームの6人を見て、誰か脱落してしまうのではないかと、心配するのでした。

ドラマ「ミス・パイロット」3話の感想
自分が2話まで見ていて思っていたことを、今回は訓練生チームがやはり感じていました。

やはりパイロットになりたいと思って応募して、無事にパイロット訓練生になった彼らからすると、こういう気持ちになってしまいますよね。

ただ、パイロットは飛行機を無事に安全に飛ばすには、誰が何がどんなことをしているのかも、知っておかなければなりません。

そういう意味での研修でもあると思うので、仕様がないです。

「頑張って耐えろ!パイロット訓練生たち!」と応援しながら見ていました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「飛行訓練開始! 初のコックピットで…」
P訓たちは羽田空港から体験搭乗に出発する。まだ一度も飛行機に乗ったことのない晴は、初めてのフライトに心がときめいていた。しかし一旦機体が離陸し始めると、篠崎たちの専門用語ばかりの会話を聞いて、晴は全く理解できず、すっかり自信を失ってしまう。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」4話のネタバレ
本物のパイロットたちの制服には、手首に数本のラインが入っていますが、訓練生用のパイロット制服には、なにもラインが入っていません。

そんなパイロット制服を着て、手塚晴(堀北真希)らパイロット訓練生Aチームは羽田空港にやって来ました。

来た目的としては、実際のフライトでコックピットに同乗し、パイロットとしての搭乗を体験するためです。

現役機長でありパイロットの総責任者である篠崎一豊(岩城滉一)が機長を務める便に、晴は搭乗します。

今までに一度も飛行機に搭乗した経験のない晴は、初めてのフライトに心を躍らせています。

そして、操縦席後方のジャンプシートに席着きます。

しかし、コックピットでの高度なやり取りに、晴はついていくこともできず、ただただ圧倒されて自信を無くすだけでした。

一方で、晴以外の同期たちは、今回の体験搭乗で感じとったことや、学んだことを、嬉しそうに楽しそうに話すのです。

操縦するイメージを掴んだとも言う同期たちの話を聞き、晴はより一層自信を無くします。

遂には、晴は国木田孝之助(斎藤工)に訓練を辞めたいと告げるのでした…。

ドラマ「ミス・パイロット」4話の感想
本物のパイロットの方々の手首には、ラインが入っていて、そのラインの数も人によって異なることを初めて知りました。

あまり、空港に行ってもパイロットの方々を見かけることがなく、たまに見れたとしても「カッコ良いなあ」と羨望のまなざしで見ているだけなので、気づきませんでした。

でも訓練生にラインが入っていないから、本物のパイロットになったときにはラインが入っている、というだけでもモチベーションは上がるのでしょう。

Aチームの、早くラインの入った制服姿を見たいものです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「地獄の飛行訓練、始まる!」
いよいよP訓たちはアメリカでの実機訓練に旅立つ。現地に着いた彼らに待ち受けていたのは、過酷なミッションの連続だけではなく、言葉や習慣、食べ物の違いだった。我慢の限界に達した千里は国木田に晴とのバディ解消を直訴し、他のP訓たちとも距離を置くようになる。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」5話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)や、小田千里(相武紗季)、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)らAチームは、1年6か月のアメリカ訓練に参加することになりました。

そして、Aチーム6人は、国木田孝之助(斎藤工)と一緒に、アメリカへと旅立ちます。

アメリカの訓練寮に着いた晴たちは、リビングに集まります。

そこでは、国木田がこのアメリカ訓練で習得しなければならない、ミッション表を掲示していたのです。

そのミッション表には、大量のミッションが描かれており、段階ごとにテストも実施されるのだそうです。

しかもそのテストに2回、不合格となってしまったら、「パイロット不適正」だと見なされ、日本へ帰国させられてしまいます。

しかも、別の部署へ配置換えになると聞いたAチーム6人は、背筋が冷え、笑顔も消えてしまうのでした。

外国人講師による英語の授業や、テストを無事に終了した晴らは、実機訓練に入ります。

外国人の教官とバディと共にセスナ機に乗り、操縦することになった晴は、ものすごい緊張で、パニックに陥ってしまいます…。

ドラマ「ミス・パイロット」5話の感想
本当に、パイロットになるのって、すっんごく大変なのですね。

海外にしょっちゅう行くのだから、英語ができるのは当たり前なのでしょうし、判断力や冷静さをいつも持ち合わせて、発揮しなければなりません。

アメリカ訓練というのが実際にあるのかは知りませんが、本当にこんな訓練があったら、ただただ嫌ですね…。

やらなければならないとしても、辛そうだなと思わざるを得ないです!

そういう大変な思いをしてパイロットになったというのは、本当に誇らしいことでしょうし、今まで以上にパイロットの方々を見たら、羨望のまなざしで見ようと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「アメリカ訓練佳境へ まさかの一人脱落…」
P訓たちは難関の一つである、計器飛行試験の日を迎える。ところが名前を呼ばれたのは岸井だった。完璧を目指していた千里は落胆するが、国木田の助言とバディである晴の明るさに励まされ、元気を取り戻す。2度目の試験に向かって真剣に練習を繰り返したP訓たちに、最後のチャンスとなる計器飛行試験の日がやってくる。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」6話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)たちがアメリカ訓練でアメリカに来てから、10ヶ月が経過しました。

パイロット訓練生Aチームは、やらなければいけない正規のミッションには入っていない、低酸素訓練を自ら志願してやったりなど、精力的にこなし、一生懸命アメリカ訓練に耐えていました。

そんな時に、アメリカの宿舎には、阿倍野すず(桜庭ななみ)、鈴木倫子(菜々緒)、三枝かのこ(藤澤恵麻)が訪ねてきました。

彼女たちは、晴らAチーム6人の成長ぶりに驚きます。

あくる日、Aチームの訓練は、計器飛行のステージへと進みます。

その訓練では、夜間などの視界が暗かったり悪い時のために、飛行中の機体にフードをとりつけて視界を遮って、計器だけに頼って飛行するというものです。

難易度の高い訓練に、6人は苦戦します。

その3ヶ月後、計器飛行テストが実施されますが、6人はテストをなんとか終えました。

緊張した雰囲気の中、国木田(斎藤工)がやって来て、不合格者が1名だけいると告げたのです…。

ドラマ「ミス・パイロット」6話の感想
視界が悪い時のために、計器飛行という計器だけを見て操縦するという訓練があることを、初めて知りました。

確かに、夜間や大雨が降っていた時にも、飛行しなければならないため、こういう訓練は必要なのだと思います。

このドラマは、普段見せることのなかった、「パイロットの訓練」がどのように、どんなことをしているのかを見せてくれるので、とても興味深いですし、楽しいです。

本当に、色々な訓練が必要なんだなと、毎回感じさせられます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「アメリカで仲間へ遺すラストメッセージ」
計器飛行試験を受けていた千里は、接近してきた別の機体を見てパニックを起こし、操縦不能に陥っていた。晴は千里が失敗した原因や悩みを打ち明けられなかったのはバディである自分のせいだと悔やむ。結局、千里は別の便で帰国したことが判明するが、所在はつかめないままであった。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」7話のネタバレ
国木田孝之助(斎藤工)から、このAチームからの不合格者1名の名前が告げられました。

その1名とは、小田千里(相武紗季)です。

晴(堀北真希)たちAチーム6人は、その結果に驚愕せざるを得ません。

その日の夜、千里の部屋の前には、帰国する準備として、大きな荷物が積み上げられています。

晴は、千里にどんな声をかけたらいいのか分からず、自室で眠れない夜を過ごすのでした。

翌日の朝、晴は千里のジョギングに一緒に参加します。

「夢を諦めずに、ANAではない別の飛行会社の女性パイロットを目指せばいいじゃないか」と、晴は説得します。

ところが、千里はコックピットの場に立って、空を飛ぶという夢は、この訓練で叶えることが出来たから、満足していると言います。

そして、晴が言った「別の飛行会社の女性パイロットを目指す」というのには、拒否したのでした。

千里は「最後くらいは楽しく過ごしたい」と話す、千里の願望に、晴はパーティーを企画するのでしたが…。

ドラマ「ミス・パイロット」7話の感想
絶対に、晴が不合格者の1名だと思っていました。

ですので、この結果にはとても驚きました。千里ちゃんの部屋の前に大量の帰国するための荷物が積み上げられているのを見たときの晴の気持ちが、何とも言えませんでした。

どんな言葉を千里にかけて良いのかも分からないというのも、すごく理解できます。

変に励ましたり、同情すると、「あなたは合格したからいいわよね。でも、私は不合格だったんだから、本当は馬鹿にしているんでしょ。ほっといてよ」というような感じになるのが想像できます。

だから、こういう時の言葉がけって、すごく難しいです……。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「パイロットの夢叶える者、絶たれた者…」
所在が分からず、晴が必死に連絡を取ろうとしていた千里だが、偶然再会した国木田に辞職願を渡す。ついに篠崎は父親として千里と向き合うことを決心し、過去の出来事を詫びるとともに千里の今後について親身になって考え、真剣に話す。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」8話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)や、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)ら、パイロット訓練生Aチームは、アメリカでの厳しい訓練に耐え、無事に全てを終了したため、日本に帰国しました。

久しぶりに帰ってきた日本に喜びながらも、心の底から嬉しいと、喜びの声をあげることは出来ません。

なぜなら、小田千里(相武紗季)の存在があるからです。

最初は6人いたAチームも、今では5人となってしまい、テンションも上がりません。

千里の行方が分からず、パイロット訓練生Aチームの5人は心配しているのでした。

晴は、国木田孝之助(斎藤工)に「千里を探しに行きます」と言うのですが、国木田は晴に「休暇が終われば、また新たな訓練が始まるから、それに備えて、ゆっくり休め」と諭すのでした。

しかし、国木田も晴と同じように、千里のことを心配していたのです。

そんな時に、帰宅しようとした国木田の元へ、千里が現れたのでした…。

ドラマ「ミス・パイロット」8話の感想
最初は6人のチームで苦しいことや嬉しいことを共に分かち合ったのに、それがたった1人だけでも抜けてしまうと、残された人間はやり場のない気持ちになりますよね…。

しかも、今回のように自分から「この訓練から抜けます」と言ってドロップアウトしたわけではないので、また辛いものがあると思います。

「不合格」だと言われて、フェードアウトする方が辛いものがあります。

千里ちゃんや、他の5人の気持ちを考えると、見ていてだいぶ辛いものがありました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「旅客機操縦までカウントダウンの晴に緊急事態発生…」
ボーイング767のシミュレーター訓練が始まった。晴の様子を心配した国木田は、ディスパッチャーの資格を取るため仕事に励んでいた千里に、晴の力になってやるよう話をする。ついに晴は訓練の後、倒れてしまい、医務室へ運ばれる。国木田は千里に言い過ぎたろうかと語る。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」9話のネタバレ
パイロット訓練生5人は、日本での訓練がまた始まり、シミュレータ訓練を行います。

晴は初めてのシミュレータだったので、とても楽しみにしていました。

ところが、想像をはるかに上回ったスピード感に、晴は圧倒されてしまいます。

そんな時、晴の父親である手塚茂雄(石倉光郎)から電話がかかってきます。

晴は「週末に帰る」と話しますが、茂雄は「いや、電話でいい」と言って、重い口を開きます。

晴がアメリカで訓練を受けている間に、晴の母親である、よし美(根岸季衣)の病気が発覚し、その病気が悪化しているという話だったのです。

晴は、呆然と立ち尽くすだけでした。

その一方で、小田千里(相武紗季)は、フライトオペレーションセンターで働きながら、ディスパッチャーという運行管理の資格を取得するために、一生懸命勉強を始めていたのです。

母親の話を聞いた晴は、訓練に集中することが出来ず、そんな晴を心配した国木田孝之助(斎藤工)は、千里の元を訪ねます。

そして「晴の話を聞いてあげてほしい」と千里に頼み、千里も晴のことを気にしていたので、国木田の頼みを引き受け、千里は「用事は晴のことだけですか」と、国木田に問いかけます。

ドラマ「ミス・パイロット」9話の感想
まず、教官の国木田も自分の生徒に優しいなあと思いました。

晴が母親のことで訓練に身が入らないというのも分かりますが、そんな状態ではパイロット訓練生であっても、心意気がダメなのだろうなあと思います。

どんなことが起きても、いつでもパイロットの方は冷静にものごとを判断しなければならないのでしょう。

人間なのだから、色々な感情が沸き起こりますが、パイロットの方って、あんまりそういう感情に振り回されている方はいないのだろうなあと思いました。

ですが、晴のような子の方が人間らしくて、私は好きですが。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「翔べ! いざ、ファイナルミッションへ!」
体調を崩して訓練が遅れている晴は、他のP訓たちより一週間遅れての最終審査を迎えることとなる。しかし千里を脱落させてしまった国木田は教官として責任と焦りを感じ、訓練中に思わず晴を怒鳴ってしまう。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」10話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)は、今はフライトオペレーションで働いている小田千里(相武紗季)から国木田孝之助(斎藤工)のことが好きだと言われて、驚きを隠せず、千里にかける言葉が見当たりません。

晴は他の4人とは少し遅れをとりながらも、シミュレータ訓練は進行します。

そして、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)の最終試験日が2日後に決定するのでした。

晴はドクターストップがかかってしまった期間があるため、晴だけは7日後に最終試験が行われることが決まりました。

そしてその間に、今までの遅れを取り戻すようにと、教官である国木田からも発破をかけらるのでした。

そしてある日の夜、パイロット訓練生の寮に、食事を食べにやってきた国木田は、三枝かのこ(藤澤恵麻)に「晴を見ていると、弦太を思い出すんだ」と、切ない表情で話します。

翌日のシミュレータ訓練中に、晴の操作ミスに国木田は弦太との出来事が重なってしまい、晴に対して声を荒げて言ってしまうのでした。

ドラマ「ミス・パイロット」10話の感想
前々から思っていたのですが、パイロット寮の寮母さん、だいぶ年齢がお若い気がします。寮母さんというと、60代すぎのおばちゃんがやられているイメージだったので、いつも「若いなあ。若すぎるなあ」と、いらぬツッコミをしていました。

しかし、藤澤恵麻さんの優しい雰囲気は、寮母さんにピッタリだなと思っています。

また、最終試験があっても、ドクターストップの期間を考慮してくれるというのは、ラッキーだなと思いました。

公平性を保つために、試験の期間を延長することは入試などでも有り得ないからです。

来週はいよいよ最終回なので、楽しみです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「初フライトで緊急事態! 衝撃の一部始終…」
P訓たちははれて3本ラインの制服に身を包みOJTへと飛び立つ。晴は病欠の機長に代わり、篠崎が機長を務める伊丹便に乗ることになる。その夜、ラストフライトを終えた篠崎は一人で寮を訪れ、かなこを相手にグラスを傾けていた。そして3人でささやかな送別会を始めた。すると晴は国木田に話があると呼び出す。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「ミス・パイロット」11話のネタバレ
手塚晴(堀北真希)や、岸井泰治(間宮祥太朗)、小鳥翔(小柳友)、山田一男(藤井流星)、諸星麻也(庄野崎謙)の5人は、無事にシミュレータ過程、そして実機訓練を修了することが出来ました。

そして、腕には3本のラインが入った新しい制服が支給されます。

この制服を着れるということは、パイロットになったことを意味するのです。

これまでの厳しい訓練を思い出して、感慨深い思いに浸ります。

しかし、翌日からさっそくOJTが開始すると聞き、5人は改めて気を引き締めるのでした。

その日の夜、小田千里(相武紗季)を含め、かつてのパイロット訓練生Aチームの6人で、訓練生寮での最後の食事を取ります。
4年間、寝食を共にし、色々なことを学び助け合ったチームの解散と、教官である国木田孝之助(斎藤工)からの卒業を控え、独り立ちの実感が強くなる晴たちでした。

そして、12月24日のクリスマスイブの日に、晴はついにファーストフライトを迎えたのです。

機長は国木田で、行き先は新千歳空港です。

その日、千歳では大雪が降り積もっているのでした。

ドラマ「ミス・パイロット」11話の感想
ホワイトクリスマスだなんて、ロマンティックですね~。

といっても、北海道のように寒い所では、ホワイトクリスマスなんて、不思議ではないのかもしれませんね…(他の地域の気候についてはよく知らないため)。

今までは、なにも入っていない制服を着ていたので、3本のラインが入っている制服を渡された時の高揚する気持ちは、きっと何十年経ってもわすれることはないのでしょうか。

みんなの嬉しそうな表情は、見ていてこちらも嬉しくなりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ミス・パイロット」の概要

晴は、東京・蒲田にある居酒屋の娘。

天真爛漫、素直でウソがつけない性格が災いし、手当り次第に受けた会社は全部不採用。

就職活動に苦戦し、万策尽きた晴の目に入ったのは、ANAの募集要項だった。

晴は、全く考えもしなかった航空業界の試験を受けてみることに。

足を運んだ会社説明会では長年パイロットを夢見てきたエリートや飛行機マニアに圧倒されながらも、あれよあれよという間にギリギリ合格し、女性パイロットへの道を歩むことになる。

しかし、そこに待っていたのは、予想を超えた厳しい訓練の数々だった。

苦難に立ち向かいながら、大きな夢に向かって切磋琢磨する晴の姿を中心に、彼女が副操縦士になるための4年の歳月を追う。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「ミス・パイロット」の出演者、放送情報

手塚 晴:堀北真希
小田 千里:相武紗季(幼少期:吉岡千波)
岸井 泰治:間宮祥太朗
小鳥 翔:小柳友
山田 一男: 藤井流星
諸星 麻也:庄野崎謙
国木田 孝之助:斎藤工
篠崎 一豊:岩城滉一
阿倍野 すず:桜庭ななみ
鈴木 倫子:菜々緒
三枝 かのこ:藤澤恵麻
相葉 弦太:清水伸

主題歌:kaho「every hero」

制作:フジテレビ

放送:2013年

ドラマ「ミス・パイロット」の見どころ

堀北真希演じる主人公が、女性パイロットを目指して奮闘するドラマです。

航空業界志望の女性が目指すのがキャビンアテンダントではなく、パイロットというところが目新しく話題を呼びました。

ANA全面協力の元、4年にわたるパイロット候補生の訓練を、全11話に凝縮しています。

天真爛漫な主人公・晴(堀北真希)と、正反対のライバル・千里(相武紗季)との戦いと友情は大きな見どころです。

はたして候補生たちは厳しい訓練に耐え抜き、無事パイロットになれるのでしょうか?

また、晴と千里、鬼教官・国木田(斎藤工)が織りなす三角関係の行方も見逃せません!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ミス・パイロット」の感想

20代女性
パイロットを目指す人、航空業界にあこがれる人なら見て損はないドラマです。私はもともと飛行機が好きなので、アメリカでのパイロットの訓練シーンや全日空のコックピット、管制塔など、普通の人は絶対見れないシーンがたくさん見れたのでうれしかったです。出来れば2クールくらいで見たかったです。 
40代男性
ANAの全面協力のもとに製作された航空業界ドラマです。ヒロインはキャビンアテンダントではなくパイロット志望という設定が新しく、一人前になるべく邁進するのはもちろん、同期との友情や恋愛などの人間ドラマも描かれています。飛行機好き(プラス、ANA好き)にはたまらないと思います。 
30代女性
堀北真希さん演じる新人パイロットの成長ドラマです。憧れだけでは上手くいかない厳しい仕事につまずきつつも懸命に努力する姿が応援したくなります。 

まとめ

以上、堀北真希主演のドラマ「ミス・パイロット」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

晴の成長を通して、航空業界の花形・パイロットという職業の大変さ、素晴らしさを知ることができるドラマです。

全日本空輸株式会社(ANA)の全面協力なので、飛行機ファンも必見ですよ!

TSUTAYA DISCASでミス・パイロットのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴