ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|Mの悲劇の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2005年1月〜3月まで稲垣吾郎主演で放送のドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」

主人公・衛は人一倍危機回避に敏感で、安全に対する強い意識から警備保障の会社に就職。

真面目な仕事ぶりは専務・島谷らに評価され、その娘・有紀との婚約も決まるなど、幸せの絶頂にいました。

そんな中、商談に向かっていた衛は電車内でトラブルに遭遇、現場に居合わせた女に犯人扱いされたあげく、仕事にも大きな支障をきたしてしまい・・・?

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVDレンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVD無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2,046円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」に出演している稲垣吾郎の出演作品

  • 佐々木夫妻の仁義なき戦い(全5枚)
  • ソムリエ(全5枚)
  • TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜(全5枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」に出演している稲垣吾郎の出演作品がたくさん揃っています。

  • トライアングル
  • 流れ星
  • ハングリー!
  • HEAT
  • 不機嫌な果実
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の動画まとめ

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「なぜ僕を狙う、君は誰だ」
順風満帆だった男の人生が、ひとりの女との出会いで狂いだす。人一倍慎重で、危機回避することこそが幸せだと考える衛は、警備保障会社に就職。仕事ぶりが評価され、専務の島谷の娘・有紀との婚約も決まり、幸福の絶頂にいた。そんな折… (引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」1話の感想
思っていたよりドロドロとした展開ではなく明るい描写もあったため重苦しさがないのかなと思っていたらホラーに似ている人間的怖さを感じてゾクゾクしました。

電車の中の痴漢事件ところらへんから面白くなっていった印象です。

どこかからずっと衛のことを見ている美沙とにかく怖くて、ここから大きなことをしでかしそうな気がしてなりません。

そして、美沙の過去や、美沙が衛に今後どんな手を使って仕掛けていくのか気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「もうひとりの婚約者」
謹慎が解けた衛は、専務・島谷の信頼回復のため、大口契約を成立させようと躍起になっていた。そんな中、美沙がなくしたピアスの件で衛を訪問。美沙を不審がる衛は「君とはかかわりたくない」と一蹴する。だが後日、衛が帰宅すると…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」2話の感想
美沙が衛を追い詰める様子がとにかく恐ろしくて恐怖の連続です…。

衛がどれだけ美沙を避けても、気付けば美沙がいるのは本当にホラーでした。

衛のまわりで起こるすべてのことに美沙が関わっているように思えてきて、この運命からは逃れられないのかなと…。

とりあえずまだなぜ衛が対象となったのかも明らかになっていないので、分かれば腑に落ちる部分があるのかなと思ったり…。

途中で過去の出来事のような描写はいったい何だったのか気になりますね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「せつない復讐の理由」
美沙に貯金を奪われた衛だが、警察に取り合ってもらえず自分で美沙に交渉することに。心からわびれば金を返すと言う美沙に、思い当たる節のない衛は困惑する。そんな中、衛は現場警備の初仕事を。指導係の晃一は、営業時代の衛が…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」3話の感想
衛が美沙の電話番号を警察に言っていたシーンは衝撃的でした…。

番号の所有者は1年前に死んでいるなんて…でも通話記録があるのだからもうちょっと警察も詳しく調べてくれればいいのにと思ったりもしました。

そして、美沙が衛にこういった行動をとる理由が少し分かりました。

あの時衛に会わなければ美沙と亘はずっと幸せな日々を送れていたのかもしれないと思うと胸が痛みますね。

まあでも問題なのは事件後に衛が何食わぬ顔で暮らしていて、自分の身は自分で守るものとかいうもんだから過去のことはどうなるの?と思わざるを得ないですよね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「彼の犯した罪の全貌」
美沙に金を燃やされた衛は自分が恨まれる理由を洗い直す。衛は、美沙と初めて出会った日が美沙の恋人の1周忌だったことから、1年前の新聞の死亡記事を調査。相原亘というミュージシャンの自殺記事を発見し、自分とかかわりがあることを…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」4話の感想
やっと衛が美沙や亘のことを思い出したようでしたが、考えてみたら不自然な点が色々と見えてきましたね。

例えば亘がトランクルームに預けていた荷物の量が少なかったり、衛があの事件の後に捨ててほしいと頼んだ洋服がクリーニングに出されて残されていたり…何とも不可解です。

美沙の立場になれば分からなくもないよなと思う一方で、うーんと思う部分もあったりと複雑ですね。

相変わらず美沙の言葉や行動は恐怖だし、次はいったに何を仕掛けてくるのか気になるところです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「誘拐」
美沙の復讐の理由を知った衛は心から謝罪。だが、美沙は「もう遅いですよ」と言い残して去る。美沙が家族に危害を加えると悟った衛は、礼子の病室に内鍵をつけるよう病院に頼む。そんな中、美沙は衛の妹・愛子を誘い出していた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」5話の感想
愛子を監禁するのはさすがにやりすぎ感が否めないし、美沙の手段もちょっとなあと思うところが出てきました。

人を恨む感情がこれだけの行動を引き起こすということに恐怖を感じますね…。

晃一や借金の取りの男を自分の味方につけようとするあたりは、女としての魅力があるのかなと思うのですが、同性の自分からしたらただただヒステリックで怖い女にしか見えません。

また、前からちょっと謎ではありましたが明の行動も不可解だよなと思うところがありました。

そして相変わらず警察が役に立たなくて…という感じでしたね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「追いつめられた二人」
衛は、美沙に両手両足を縛られて部屋に監禁された。美沙は、「今日で全部終わらせる」と衛に告げる。衛は、美沙に言われるがまま500万円の借用書と辞表を書かされる。だが、美沙はそれだけでは満足せず、衛に遺書を書くよう指示する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」6話の感想
美沙の行動はいったいどこまでいくのか予想がつきませんね…。

最初こそ美沙の気持ちに対しては少し理解できる部分があっただけに、あまりにも行き過ぎた行動でかばいきれなくなるほどの暴走具合ですね。

衛に対して私も亘も家族はいないのだからあなたも家族のことを忘れろというのは大分勝手なこじつけだなと感じました。

出て行った衛がまた戻ってきたのは究極の謎でした(笑)

せっかくのピンチを逃れられたのに、また危険な場所に自ら戻る意味って…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「裏切り者が動き出す」
海で入水自殺をはかろうとした美沙は、衛に間一髪で助けられる。自分の復讐によって衛が改心したと知った美沙は、子供時代を過ごした養護施設を訪れ、自首することを決意する。そんな中、亘との傷害事件を起こした薮本が仮出所。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」7話の感想
亘の墓前で謝罪した衛を見て、やっと美沙から解放されるのかなと思いきやそう簡単にはいきませんでしたね…。

衛を襲うよう指示した人物が下柳なのか明なのか、はたまた別の人物なのか…。

今のところ一番有力なのは明かなと思います。

これまでの行動でもう怪しさ満載ですしね…。

ひとまず美沙の復讐が終わったから物語としてはスッキリして見やすくなった印象ですが、あのホラー要素がなくなったことでちょっと落差はあったなと感じてしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「驚くべき犯人の素顔」
衛は尾崎から、薮本は1年前誰かに頼まれて衛を襲ったことを聞く。衛にその話を聞き、明は内心動揺する。そんな中、衛は薮本と会う晃一を目撃。晃一に薮本との関係を問い詰める。一方、美沙は行く先々に現われる島谷を不審に思いつつも…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」8話の感想
やっぱり衛を襲うように頼んだのは明でしたね!

本性出してくるとさらに恐怖感があふれ出ていました。

晃一がなにか知っていそうな素振りを見せたので関わっているのかなと思いましたがあれはフェイクだったのでしょうね。

美沙の時もだいぶホラーでしたが、明もなかなかのやり手で恐ろしかったですね~。

薮本を見ている衛と美沙の背後にひっそりと潜む明がとにかく怖かったです…。

これから衛のことを恨むようになった明の過去が分かればいいなと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「迫り来る記憶の狂気」
衛と美沙 は明の家で監禁されていた薮本を発見した。薮本は、1年前に衛を襲ったのは、明の命令だったと告白する。逃走を続ける明は瞳の家へ。瞳が何も知らないことにつけこみ、留守中に通帳から貯金を引き出す。その後、明から衛に…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」9話の感想
また新た色んな人が絡み始めたなという印象の第9話でした。

瞳の言い分はこんなの誰にでもあるんじゃないかともいえるようなことで、観ている側でも知ったこっちゃないと言いたくなりましたね。

また、これまでもそうですがあまりにも衛が過去のことを覚えてなさすぎて…。

この記憶力のなさが色んな人に恨みをもたせる1つの原因じゃないかと言えるぐらい本当に何も覚えてなさ過ぎて呆れてきます(笑)

そして、前回同様明がただただ怖すぎました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「ぼくは君のそばに」
明の父親は銀行強盗をした後、逃げ込んだ民家の住人を巻き添えに焼身自殺をしていたとわかった。美沙の両親が同じように殺されていたことを思い出した衛は犯人の名前を確かめるため、島谷のもとを訪れる。そんな中…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」10話の感想
最終回で明と美沙のつながりが明らかになりましたね!

衛の父が作った借金のせいで明は大変な思いをしてきたのに、衛は「自分の身は自分で守らないと」と言って楽しそうに過ごしていたら、さすがに明がムッとする気持ちが分かるような気がします。

最終回なのでどんどんストーリーが進んでいって、最後は結局明は捕まりましたがやっぱりどこかモヤモヤするラストでしてたね。

有紀の言う「衛が強くなったのは美沙さんのおかげだね」は本当に謎でした(笑)

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の概要

どんな物事も慎重に進める安藤衛は、会社ではプロジェクト開発課長を任され、私生活では会社の創業メンバーの娘との婚約を目前に控え、幸福の絶頂にいた。

しかし、そんなある日、彼にある恨みを持つ謎の女性・相原美沙が現れる。

そして、衛は彼女の復讐によって人生のどん底に突き落とされる。

その中で2人を取り巻く人物の内面や過去、人間関係が浮かび上がっていく…。

(引用元:Wikipedia)

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の出演者、放送情報

安藤衛:稲垣吾郎
相原美沙:長谷川京子
久保明:佐々木蔵之介
島谷有紀:岡本綾
下柳晃一:成宮寛貴
中西瞳:吉岡美穂
相原亘:柏原収史
尾崎雄介:大西信満
安藤礼子:吉行和子
安藤愛子:浅見れいな
高山真治:井澤健
大川刑事:佐藤二朗
島谷龍太郎:伊武雅刀

主題歌:Sister Q「Night and Day」

制作:TBS

放送:2005年

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の見どころ

単なるサイコサスペンスではない、重厚なストーリーに惹き込まれます。

人は知らないうちに誰かを傷つけ、誰もが加害者であり、また被害者でもある、そんなことを深く考えさせられる作品。

衛(稲垣吾郎)に対して猛烈な復讐心を燃やし、転落させていく美沙(長谷川京子)

彼女の狂気、悲哀を表現したハセキョーが美しすぎて、息を呑むほど。

美沙の心境の変化に伴い、コートの色が変化していくという、ちょっとした演出にも注目していただきたいです。

そして特筆すべきは、衛の同僚で親友の久保明を演じる佐々木蔵之介。

インパクト大のさすがの演技力には舌を巻くばかり。

登場人物たちが過去にどんな繋がりがあったのか、意外な展開に驚かされる傑作です!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の感想

40代女性
滅多にドラマにハマらない私が珍しくハマったドラマです。こういう最古サスペンス的な作品にありがちなエログロ要素をはじめ過激な描写は一切ないのに、目まぐるしく展開されていくストーリーは見逃せません。主役の稲垣吾郎はもちろん、キャスト全員がぴったりのキャラクターでいい味出してました。
40代女性
タイトルからしてちょっと鬱なドラマかな?と思っていたんですが、意外にも心温まるサスペンスでよかったです。生きていく上で妬み嫉みからは逃れられない人間だからこそ、許すことが大切なのかもしれないと考えさせられました。過去のトラウマから慎重過ぎる生き方をしてきた主人公と、復讐に生きてきたヒロインの成長を見せつけられると、自分の生き方も見直そうと思えます。
30代女性
次から次へとぶち込まれるトンデモ要素がありえないんだけど意外と面白くて、毎週楽しみにするほど引き込まれたドラマでした。稲垣吾郎もハセキョーも役にハマってましたけど、一番はやっぱり佐々木蔵之介の怪演が本当に恐ろしい。ストーリー的に「世にも奇妙な物語」にありそうなので、ああいうのが好きな人はハマると思います。

まとめ

以上、稲垣吾郎主演のドラマ「日曜劇場 Mの悲劇」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

気づかないところで繋がり合い、知らないうちに傷つけ合っている人間模様を描いて、深く考えさせられるドラマ「Mの悲劇」。

物語終盤、佐々木蔵之介の豹変する演技は鳥肌ものの怖さを感じ、「さすが実力派」と唸るばかりです。

ゲオ宅配レンタルで日曜劇場 Mの悲劇のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴