ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|もみ消して冬の動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2018年1月〜3月まで山田涼介主演で放送のドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」

医者・弁護士・警視庁を職業とするエリート3きょうだいが、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する、痛快コメディー・ホームドラマ。

法律や常識よりも“家族の幸せ”が優先されるという、ばかばかしくも美しい家族愛を描いています。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の続編

  • もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」に出演している山田涼介の出演作品がたくさん揃っています。

  • 左目探偵EYE
  • 理想の息子
  • カインとアベル
  • 探偵学園Q
  • 金田一少年の事件簿N
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の動画まとめ

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「セレブ一家の爆笑スキャンダル! 末っ子悲壮な決意で証拠隠滅大作戦」
エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、難関私立中の学園長である父、泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、ちょっとしんどい人生を送ってきた。そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」1話のネタバレ
物語の主人公、北沢秀作(山田涼介)はエリート一家の末っ子として生まれました。

父・泰蔵(中村梅雀)は名門中学の学長、兄・博文(小澤征悦)は天才外科医、そして姉・知晶(波瑠)は敏腕弁護士という絵にかいたような家族です。

秀作も大学を卒業後は警視庁に勤務し、エリートとして忙しい日々を送っていました。

そんなある日、63歳の誕生日を迎えた父が夕食の席でいきなり、「裸の写真を撮られた」と言い出したのです。

しかも相手の女性から、1枚1千万円で買い取るよう脅されているとのこと。

姉は周囲への聞き込みにより女の素性を明らかにし、兄は病院のデータベースから女の情報を見つけ出します。

一方で秀作は正義感の強さが邪魔をし、なかなか調査に踏み切れずにいました。

後日、説得のプロである警視庁の後輩・尾関光希(小瀧望)に相談を持ちかけましたが、結局何のアドバイスも貰えないまま帰宅。

そんな弟に対して兄は、女が病院で検査を受けている間に携帯に保存されている写真を削除するよう命令しました。

いよいよ決行の日、写真は無事に消すことが出来ましたが携帯を女のカバンにしまい損ねてしまいます。

そこで家族全員で訪れた思い出の海に足を運び、秀作は携帯を海の中に投げ捨てました。

その後、女からの連絡は途絶えこの件は無事に解決しました。

しかし今度は兄がトラブルに巻き込まれたようで……。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」1話の感想
山田涼介さん演じる秀作の所々のツッコミがこれでもかというぐらいいっぱい入り、ストーリーが進んでいくのが、とても面白かったです。

秀作がちょっとチキンなところ、姉がどSなところ、兄が毒舌でズバッと物事をいうところ、それぞれの登場人物のキャラ設定が濃くて、やりすぎかというぐらいの兄弟の掛け合いが逆にこのドラマを面白くしていて、お腹抱えて笑いました。

小滝望さん演じる人の心が分かる警察官の同僚も、いい味出してて脇役も、豪華で言う事なしです。

もみ消す問題は大きく重たいのに、ここまでコメディー要素で作り上げられた世界観が、素晴らしく、とても良くお気に入りのドラマになりそうな予感です。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「愛犬逃走クビの危機! 替え玉作戦で姉ちゃん豹変」
家族の危機を乗り越え、北沢家の一員として少しだけ認められた気がする秀作(山田涼介)。と思う間もなく博文(小澤征悦)が血と泥にまみれて帰ってきた。浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃してしまい、探し回っていたという。ジョンがなつけば昇進できると、こっそり手なずけようとしたらしい。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」2話のネタバレ
兄・博文が病院長(柴俊夫)が飼っている犬のジョンを逃がしてしまったとのこと。

博文は、「ジョンに似ている犬を見つければ良い」という知晶の案を採用することにしました。

これに対し秀作は反対の立場をとると、博文と知晶は「私たちだけで探しましょう」と言い、秀作を蚊帳の外に置いてしまうのでした。

後日、ジョンの弟を見つけてきた知晶は、ブリーダーを説得してくれた見習い執事の楠木松也(千葉雄大)を賞賛します。

自分の立場が見習いより下になるかもしれないと焦った秀作は、院長の家まで犬を送り届ける役目を引き受けました。

無事に犬を塀の中に入れた秀作でしたが、ふと罪悪感に苛まれてしまいます。自分に懐いてくれているジョンの弟に愛着が湧いたのです。

取り戻したい一心で再び侵入しますが、センサーが反応しアラームが鳴り響いてしまいます。

その瞬間、犬を連れて外に出た秀作と入れ違いで、別の犬が塀の中に入っていきました。

本物のジョンが帰ってきたのです。

今回の問題を解決した北沢家は、ジョンの弟を「ジョン」という名前で飼うことに決めます。

喜ぶ秀作でしたが、その頃ベテラン執事の小岩井凛治(浅野和之)は崖の上に立っていました。

その近くには綺麗に揃えられた靴と遺書が置かれており……。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」2話の感想
第2話もギャグ、というかもはや山田涼介くんの顔芸が盛りだくさんで面白かったです。

このドラマの性質上、法に触れるほど家族のために頑張っている秀作くんがぞんざいに扱われているのは仕方ないと分かりつつ、やっぱり可哀想に思えてしまいますね。

早く千晶さんに優しくしてもらえるといいなと思いながら見ていました。

あとはひたすらジョン役のわんちゃんが可愛くてテレビの前で「賢い子だね〜」「綺麗なお顔だね」とデレデレしちゃいました。無事に本物のジョンが帰ってきてくれて良かったです。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「メイド喫茶事件に親父も参戦! 激うまカレーの真相」
20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自殺しようとしていたところを保護された。驚く秀作(山田涼介)だが、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、その姿を博文(小澤征悦)に目撃されていた。北沢家の名誉を傷つけるのは契約違反だと辞めさせようとする泰蔵(中村梅雀)たち。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」3話のネタバレ
自殺しようとしていた執事・小岩井が警察に保護されました。

警察署まで迎えに行った秀作は、小岩井に退職願を差し出されます。

なんとか引き留めようとする秀作でしたが、「北沢家にこれ以上迷惑をかけたくない」という小岩井の気持ちが変わることはありませんでした。

後日、小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることが判明し、遊びではなく娘に会うためにメイド喫茶を訪れていたのです。

一方、小岩井はラーメン屋に再就職していました。

北沢家に戻るよう説得する秀作に対し、「雇ってくれた店長に申し訳ない」と言って断る小岩井。

ある日の晩、秀作は小岩井が働くラーメン屋に忍び込みました。

小岩井が仕込んでおいたスープを捨て、代わりに不味いスープを作り、小岩井が店をクビになり、北沢家に帰ってきてくれると思ったのです。

そこに父・泰蔵が現れ、なぜかカレーを作り始めました。そのカレーは20年前、泰蔵が家族のために作ってくれたものです。

翌朝、店に出勤した小岩井はカレーを1口食べた後「ご主人様」とつぶやきます。

20年前の味を覚えていたのです。

泰蔵の想いを感じた小岩井は北沢家に戻り、再び執事として働くことになったのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」3話の感想
まず何よりも、小岩井に娘がいたことが驚きでした。

そして、メイド喫茶で働く娘の事で北沢家のイメージを気にして退職を願い出たこと、そもそも、結婚していないながらも、娘を認知していること、その諸々の言動が、真面目な小岩井らしいなと感じました。

また、ラーメン家に転職した際も、店主に迷惑を掛けないよう努めたり、秀作に気を使って『ラーメン家が夢だった』と話したり、北沢家だけでなく、そもそも人を大事にする人なのだなと感じました。

こんな性格の小岩井だからこそ、秀作始め北沢家の人達は、信頼を寄せるのだろうなと思いました。

20年自分達のために尽くしてくれた羊の小岩井のことを、家族同然で、家族が一段となって、小岩井を心配し、探し、罪をおかしても戻ってきてもらうという。

今の世の中、家族さえわからなくなっているのに、20年の絆を血の繋がり以外に守りあうこの互いの家族以上の心こそ、本当に今とても大切であると思いました。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「入れ墨執事に恋!? 姉ご乱心のキス&父豆まき暴投」
家族のために体を張ってきた秀作(山田涼介)だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。その知晶が泰蔵(中村梅雀)の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言。秀作は、ひょっとしてそれが楠木なのでは?と不安になる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」4話のネタバレ
知晶が有名不動産会社の御曹司・角居(駿河太郎)とお見合いの話が舞い込みました。

父・泰蔵はどうしてもこの縁談を成功させたいのですが、知晶は「好きな人がいる」と言って断ります。

知晶の好きな人が執事の楠木だと感じた秀作は、楠木に話を聞きに行きました。

すると「知晶さんにキスされた」という衝撃的な言葉が楠木の口から飛び出します。

父の頼みで知晶と見合い相手をくっつけることになった秀作は後輩の尾関に相談しました。

尾関との会話によって秀作は、2人をお見合いではなく自然な形で知り合わせた方が良いと考えます。

秀作から話を聞き、計画への協力を快諾した角居。知晶がよく行くバーで知晶に声をかけた角居は、知晶の趣味であるチェスの対戦を持ちかけて徐々に距離を縮めていきます。

しかし知晶から好きな人の惚気話を聞かされた角居は、知晶との結婚を諦めることに……。

楠木の実家が大金持ちだと知った泰蔵は、手のひら返しで楠木と知晶をくっつけようとします。

しかし楠木がはっきりと「知晶さんはタイプではない」と答えたため、結局知晶の結婚はまた遠ざかるのでした。

数日後に開催された北沢家主催のパーティー。招待された尾関は酔っているふりをした知晶にやたら絡まれ、頬に何度もキスをされます。

楠木にしてしまったキスをもみ消すかのように尾関に甘え続ける知晶。

それを見た秀作は「不器用な姉さんが愛おしくてたまらない」と思うのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」4話の感想
今回、知晶の見合いのために秀作がたてた作戦は、4話にしてまともで、かつ法には触れていていないマイルドな中身でした。

ハンカチを忍ばせ、バーで待ち構え、チェスをして互いをしる。

あとは、2人の距離の時間は縮まるのを待つだけ。とっても自然な成り行き、恋愛になりそうなのに、よぽど知晶は松也が気にいったのでしょうね。

姉に秀作のひそかなる作戦がばれなかっただけでも今回はヨシとしてあげたいし、姉の秘めたる恋心を家柄云々であきらめろ、というのも本当に切ない話です。

今回は秀介じゃなくて、千晶が家族の問題自分でもみ消してたところが面白かったです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「骨肉の恋愛バトル! 牛丼兄VSうなぎ弟チョコ争奪戦」
博文(小澤征悦)と里子(恒松祐里)の仲が急接近していることに焦り、これまでのチャンスを無駄にしてきたことを悔やむ秀作(山田涼介)。里子と結婚する気の博文に、彼女のことを前から好きだったと打ち明けるが、博文は引き下がるどころか「争うだけ無駄」とあしらう。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」5話のネタバレ
池江里子(恒松祐里)は秀作がずっと前から想いを寄せている職場の同僚です。

秀作は、パーティに参加した池江が博文と良い雰囲気になっているのを見てショックを受けました。

池江を取られたくない秀作は、彼女から手を引くよう博文に頼みます。

しかしすでに博文は彼女と結婚する気でいるのでした。

秀作は池江をデートに誘いましたが「予定がある」と断られてしまいます。

その予定が博文とのデートだと知った秀作は完全に打ちのめされました。

バレンタインデーの朝。博文は家族に、池江とクルーズデートをすることを報告します。

完全に諦めモードに入った秀作。しかし知晶に池江を横取りするよう煽られ、秀作は家を飛び出します。

クルーズ船乗り場に到着した秀作を待っていたのは池江の「本当に来てくれたんですね」という言葉でした。

困惑する秀作のもとに博文から電話がかかってきました。これまでの行動は全て秀作を奮い立たせるための作戦だった、と話す博文。

秀作はお膳立てしてくれた博文に心の底から感謝しました。

しかし真実は、博文は診察室に現れた美しい患者に一目ぼれをし、池江からその患者に乗り換えただけなのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」5話の感想
秀作のヘタレ感MAXな回でしたね。

兄には勝てないって諦めてる弟って世の中的にも多い気がしますが、なんだか気持ちがひしひしと痛いほど伝わってきました。

そしてそんな弟の背中を押すべく、姉のかける厳しくも優しい声が今回は胸が温まる回だな~良いこと言うこともあるんだな~と知晶に感心していました。

それなのに、それがまさか兄の作戦だったなんて…そして兄のとった行動がめちゃくちゃ弟想いじゃん、と感動しそうになってたら、まさかの秀作が自ら行った作戦が成功してた、という結末!

後半で一気に裏切りに裏切りを重ねられ、面白い展開でした。

本当にナイスすぎる兄弟連携プレーに拍手と共に、姉・知晶(波留)の絶対的な存在がより誇示されて、今後・博文は頭が上がらないだろうなと思います。

本当に秀作、池江を放さずに幸せになってもらいたいです。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「熟女サスペンスで男の色気が人生最大!?」
泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」6話のネタバレ
社交ダンス部の同窓会に参加した泰蔵。女性たちから貰ったバレンタインチョコの中に薬物が含まれており、それを食べた泰蔵は倒れてしまいます。

すぐに犯人捜しを始める秀作・博文・知晶の3人。

泰蔵にチョコレートを渡した女性5人を自宅に招きました。

話を聞いていく中で秀作は、こずえ(山村紅葉)の態度に違和感を覚えます。

こずえの自宅を訪れた秀作は、こずえに自白を迫ります。

しかし彼女から聞かされた真実は秀作の予想とは全く違うものでした。

学生時代、こずえは泰蔵のダンスパートナーをしていました。

全国大会の当日、こずえは寝坊をしてしまいます。

そこで泰蔵は、観客として来ていたダンス経験のある女性にパートナー役を頼みました。

練習をほとんどしていないにも関わらず、息の合ったダンスを披露した2人。

その女性を気に入った泰蔵は何度もアプローチし、結婚までこぎつけます。

しかしその当時、泰蔵は「しおね」という女性と交際していました。

しおねは泰蔵との結婚を本気で考えていたため、他の女性と結婚してしまった泰蔵のことをずっと恨んでいます。

そして今回の犯行に及んだのです。

泰蔵はしおねと会い、傷つけてしまったことを謝ります。

しおねも「バカなことをしてしまった」と泰蔵に謝罪し2人は和解するのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」6話の感想
紅葉さんの役柄が、とても面白かったです。

『何度も事件に遭遇しているかのような落ち着きぶり』と表されたり、秀作の言動に対して見事な推理力を見せたりするところは、思わず『そりゃ、サスペンスの女王ですから』とツッコミを入れたくなりました。

また、事件が解決してから、秀作にグイグイ来るところ、そしてそれを『怖いのは普通のおばさん』と言わせる迫力も、何だか紅葉さんらしさが出ていて、とても面白かったです。

サスペンス繋がりでいうと、さりげなく台詞の中に『北沢家の名に懸けて』と、金田一を彷彿とさせる物も出てきて、サスペンス好きとしてはテンションの上がる回でした。

もう少し真犯人が目立つ展開だったらよかったが、地味な人で、地味な解決の仕方だったのが残念だった。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「人望ゼロ兄弟の逆襲ハンドベルと南の島のすね毛」
ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」7話のネタバレ
倒れている職場の同僚・善財一郎(竹森千人)を見つけた博文。善財はすぐに病院へ搬送されました。

第一発見者で、日頃から善財に恨みをもっていた博文は警察から取り調べを受けます。

浜野谷院長をはじめとする病院関係者も、博文の犯行で間違いないと確信しているようです。

しばらくして善財の意識が戻りました。善財を襲った犯人は多国籍窃盗団のメンバーです。

疑惑は晴れたものの、人望の無さに落ち込む博文。このままでは副院長の座を善財に取られてしまいます。知晶は秀作に、博文を励ますよう促すのでした。

噂好きのクリーニング屋・手毛綱美鎖夫(児嶋一哉)が北沢家にやってきました。

手毛綱は浜野谷院長の自宅にも出入りしているため、博文にとって有益な情報を持っています。

「浜野谷院長は重要なポストを決める際、ポイント制の査定システムを採用している」と話す手毛綱。

窃盗事件で盗まれた、院長が大切にしている絵を取り戻せば100ポイント加算されます。

知晶から「絵を持ってきてほしい」と頼まれた尾関は、窃盗団のアジトで絵を発見しました。

しかし尾関は警察官としての規律を破ることが出来ず、計画は失敗に終わります。

善財より先に副院長になることを諦めた博文は、「副院長ではなく、先に院長になった方が勝ちだ」と秀作に話すのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」7話の感想
院長のポイントがカニや、手術した人によって決まるってどんなシステムなんだと笑ってしまいました。

ある意味可愛いシステムだと思いましたが、窃盗罪で盗まれた絵を取り返すのはハードルが高いと思い、どうするかと思っていたのですが、尾関が北沢家のヘルプに入るっていう手があったんですね。

今回は尾関が大活躍の回だったように思います。

小滝望さんと、波留さんのラストのキスシーン、めちゃくちゃ胸キュンしました。

今後も千晶と尾関の恋愛関係がどうなるのか楽しみです。

秀作と兄博文とのハグシーンも兄弟同士何やってるんだと突っ込みたくなりましたが、甘えた博文のキャラも悪くない、それに便乗する、秀作の健気さは純粋で可愛らしい弟だなと思いました。

博文が結果、救われる形となってよかったです。

毎週楽しいもみ消したい出来事がキュートでこのドラマが大好きです。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「大胆彼女に姉報復で嫌がらせ!? 靴消失の意外な真相」
里子(恒松祐里)とついに恋人関係になった秀作(山田涼介)が、彼女を北沢家へ招待して泰蔵(中村梅雀)に紹介することになった。その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、友達の所に泊まりに行っていた知晶(波瑠)が早々に帰宅。遅くなる予定だった博文(小澤征悦)は、尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を引き連れて帰ってきた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」8話のネタバレ
里子の部屋で朝まで過ごした秀作。

ついに2人は交際を始めます。

泰蔵に促され、秀作は里子を自宅に連れてきました。

食事の準備が整った頃、千晶が帰ってきました。

「友達にドタキャンされた」と話す千晶。

さらに博文が尾関と手毛綱を連れて帰宅します。

その後、玄関にあった里子の靴が消え、靴は見つかりません。

しかし1ヶ所だけ探していない場所があり、それは鍵がかかっている千晶の部屋です。

千晶が犯人だと確信した秀作は千晶を責めます。千晶は犯行を認めるものの、靴を返してくれません。

秀作と里子を残し、それ以外のメンバーが全員外出してしまいました。リビングにはDVDプレイヤーが置かれています。

再生すると泰蔵・博文・千晶からのメッセージが流れ出しました。「思う存分ダンスを楽しめ」という3人の言葉に秀作と里子は首をかしげます。

玄関から声がしたため向かうと、靴屋の男性が立っていました。

秀作は、里子の足に合うよう調整された亡き母のダンスシューズを受け取ります。それは千晶から里子へのプレゼントでした。

里子の靴は採寸のため、靴屋が預かっていたのです。

千晶の想いを感じ取った秀作は泣きながら里子とダンスをするのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」8話の感想
今回もホロリとさせられました。

子どもの頃に秀作が知晶の靴を隠したというエピソードが、上手く効いていましたね。

知晶は別に根に持ってはいませんでしたが、そのお陰で母からもらうことができたダンスシューズが鍵になっていました。

知晶は強情で不器用ですが、実はすごく弟思いで、誰よりも家族の事をよく見ているんだなと思いました。

池江さんはとても積極的ですね。

部屋に入るといきなりベッドで寝たフリもスゴイですが、食事中に足でイチャコラしているのも面白かったです。

秀作は気が弱いので、尻に敷かれるのが目に見えていて、ちょっとかわいそうでした。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「最終章突入で最大のピンチ! さよなら僕の家族たち」
里子(恒松祐里)のあとをつけていたストーカーを捕まえた秀作(山田涼介)。ところがその男、吉田邦夫(加藤諒)の目的は秀作だった。理由を聞く秀作に邦夫は衝撃の事実を口にする。「ボクたち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」信じない秀作にDNA鑑定の証拠を見せる邦夫は…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」9話のネタバレ
秀作の前に、吉田邦夫(加藤諒)と名乗る怪しい男が現れました。「僕たち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」と話す邦夫。

戸惑う秀作に対し邦夫は、泰蔵と自分が親子であることを立証するDNA鑑定書を見せました。

泰蔵は、秀作が実の息子ではないことをあっさり認めます。

北沢家の中でこの事を知っていたのは泰蔵と小岩井だけです。

真実を聞かされた博文と知晶は、「秀作に冷たく当たってしまう理由が分かった」と妙に納得した表情をするのでした。

邦夫を北沢家に招待した秀作。

「宇宙飛行士になりたい」と明るく話す邦夫は、すぐに泰蔵・博文・知晶と打ち解けます。

それを見た秀作は、1人落ち込むのでした。

吉田家と泰蔵の話し合いにより、秀作と邦夫を1週間ほど入れ替えて生活してみることになります。

本当の家族と初めて顔を合わせた秀作。

今まで感じてこなかった安らぎや、家族の温もりに触れて自然と笑みがこぼれます。北沢家にいる間は無縁だった「ありがとう」という言葉をたくさん貰い、秀作の心は徐々に満たされていくのでした。

泰蔵と博文にすっかり気に入られた邦夫ですが、知晶は違います。

約束の1週間が経っても北沢家に帰ってこない秀作のことを心配し、知晶は尾関に「秀作を呼び戻してほしい」と頼みました。

秀作を迎えに行った尾関。

しかし吉田家に自分の居場所を見つけた秀作は、もう北沢家に戻る気は無いのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」9話の感想
ずっと、秀作には何か秘密があるのではないかと感じていましたが、取り違えという事実を聞いて、何となく納得のいく自分がいました。

そして、秀作の気持ちを思うと、とても可哀想になりました。

今回ばかりは、博文も秀作のフォローに回っていましたが、それも束の間、すぐに邦夫を気に入ってしまい、結局はいつもの博文だなと感じました。

逆に、いつも通り冷たいと思っていた千晶が、秀作が戻らないことを心配し、尾関を使ってまで秀作を連れ戻そうとしたところには、予想外の驚きを感じました。

何だかんだ、姉として秀作に関わっているのだろうなと感じ、心が少し温かくなりました。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「セレブ一家最後の事件! 衝撃の逮捕が招く幸せ」
秀作(山田涼介)と吉田邦夫(加藤諒)の入れ替わり生活は続き、北沢家では邦夫が幸運の使者のごとく、続けていいニュースが舞い込む。一方、秀作も些細な事で感謝を口にしてくれる吉田家で、パティシエになる将来も見据え、幸せをかみしめていた。二人はこのままでいようと意見が一致、泰蔵(中村梅雀)も戸籍を入れ替える準備を考え始める。(引用元:公式サイト)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」10話のネタバレ
実家に居心地の良さを感じている秀作と邦夫。

「入れ替わったままでいよう」と、2人の意見は一致します。

泰蔵が深刻な顔で帰宅しました。

仕事の取引相手・ミランダとの密会現場を写真に撮られ、金を揺すられていると話します。

どうにかして写真の始末をしたい泰蔵は、邦夫に何とかしてほしいと頼みました。

しかし邦夫の「無理に決まっている」という返答を聞き、グラスを投げつけます。

楠木から泰蔵の話を聞かされた秀作。今まで育ててくれた恩義に報いるため、泰蔵の手助けを決意するのでした。

秀作は密会写真を撮った探偵事務所に侵入します。写真を見つけた直後、秀作の前に邦夫が現れました。

パソコンにデータが残っていないか確認する邦夫。そして警備員の通報により、警察がやって来ました。

邦夫がドア越しに「それ以上来たら撃つ」と叫んだため、特殊部隊が呼ばれる事態になってしまいます。

秀作は邦夫を助けるため、邦夫を人質にとり自分を犯人に仕立て上げました。

部屋にSITが突入し、その中にいた尾崎が秀作を逮捕します。

事件の影響は大きく、泰蔵は学園長を、博文は病院をクビになりました。

知晶は嫌がらせに遭いながらも、秀作の弁護をするために仕事は辞めませんでした。

秀作は判決が出るまでの間、刑務所暮らしとなります。

半年後、秀作が帰ってきて、それぞれ新しい人生を送っている北沢家のメンバー、そして執事の2人が秀作を出迎えます。

尾崎、手毛綱、里子も加わり、みんなで秀作の帰宅を笑顔で祝うのでした。

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」10話の感想
吉田家、めちゃくちゃいい家庭でしたね。何かオチがついちゃうのかなと心配していたのですが、最後の最後までほのぼの一家でした。

邦夫は何が不満だったんだろうと思うくらい。

秀作が吉田家で幸せに過ごしている姿が印象的で、みていて、本当にこっちの方がいいんじゃないのと思ってしまいます。

今回、コミカルなところからいきなりのシリアス展開で、どんなテンションで見ればいいの〜と思いつつ、でも目が離せませんでした。

尾関の真面目でまっすぐな好青年で、でも何だか天然?な良さがよく出ていました。

ラスト、まっすぐな尾関とちょっとひねくれた、でも根は優しい知晶がいい感じで嬉しかったです。

個人的には博文が好きなので、善財との何だかんだあっても仲良しっぷりとか、ラストの、博文節が健在なところとか見られて何よりでした。

自分勝手で女好きで、テンション乱高下して秀作を振り回し、でもどこか憎めない博文は、小澤さんにピッタリだったと改めて思います。
  

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の概要

エリート警察官の北沢秀作は、裕福な家庭に生まれ、母を幼い時に亡くしたことを除けば、何不自由ない生活を送っていた。

しかし、秀作は幼い時から、家庭の中で疎外感を抱えていた。

なぜならば、教育者として有名な父・泰蔵は姉・知晶や兄・博文ばかりを可愛がり、自分に対しては常に冷たい態度をとり、姉や兄も自分に対して姉兄らしい愛情を向けようとはしなかったからである。

ある日、泰蔵は子どもたちを集め、「生徒の母親と不適切な関係となり、写真をとられ、ゆすられている」と打ち明ける。

その後も北沢家には厄介ごとが舞い込み、なぜか秀作がそのたびごとに対策に追われることになる。

しかし、秀作は家族のしりぬぐいをするうち、父も兄姉も自分に愛情を注いでおり、不器用ながら自分をいたわってきてくれたことを実感していく。

(引用元:Wikipedia)

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の出演者、放送情報

北沢秀作:山田涼介
北沢知晶:波瑠
北沢博文:小澤征悦
北沢泰蔵:中村梅雀
小岩井凛治:浅野和之
楠木松也:千葉雄大
手毛綱美鎖夫:児嶋一哉
尾関光希:小瀧望(ジャニーズWEST)
池江里子:恒松祐里

主題歌:Hey! Say! JUMP「マエヲムケ」

制作:日本テレビ

放送:2018年

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の見どころ

ちょっと不思議なタイトルと「第1話からツッコミどころが満載。この家族おかしい!」って誰もが感じるこの作品。

「設定が面白い!」「爆笑!」「気楽に見れて楽しい!」と好評を得ました。

山田涼介演じる主人公・秀作は、実家はお金持ち・東大卒・エリート警察官と人も羨む境遇ながら、家庭内のヒエラルキーは最下位。

女性関係に奔放な父、ナルシストの兄、ドSな姉にバカにされ、いいようにこき使われ続ける日々を送ります。

しかし、ひたすら家族のためを思って、面倒ごとを「もみ消して」いく秀作。

「警察官なのにそんなことやっていいわけないだろ!」と思いつつも、笑わずにはいられないコメディドラマです。

さらに、山田涼介のトップアイドルらしからぬ、バリエーション豊富な顔芸も見逃せません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の感想

20代女性
山田涼介さんのコミカルなお芝居がすごくおもしろかったです。末っ子の秀作が姉と兄にいじられて怒られているシーンが面白くてすごく好きでした。知晶の毒舌だけどたまに秀作に優しいところがいいなと思いました。千晶に猛アタックする尾関がいいキャラをしていてすごくおもしろかったです。秀作が家族の問題をもみ消すために様々な犯罪を犯すシーンは少しハラハラして面白かったです。秀作が父親の誕生日に渡したセーターを父親がちゃんと着ていてそれを見て秀作が感動するシーンがすごく好きでした。   
主人公・北沢秀作を演じる山田涼介さんの情けない顔を拝める作品です。家族に愛されたいが故に、家族の為に奮闘努力をするがあまり愛されないという物語です。家族に愛されたいと思うより、実は秀作が家族を愛してたと最後には分かります。父親は学園のトップ、兄は医者、姉は弁護士とどれも秀才ばかりでお金持ちの家庭です。秀作も警察官として立派に働くのですが、家族には認めてもらえずいつもいじめられます。そんな家族ですが実は色々問題を抱えています。家族の抱えた問題を、こっそり解決(もみ消す)する秀作ですが、一人でやりきろうとして悶えます。その悶えっぷりが面白いです。庭で寝転びゴロゴロしながらあれこれ考えるので服が芝生だらけになったり、寂しくて飼い犬に話かけたり、部屋に閉じこもったりする姿が笑えます。最後には何とか家族の問題を解決して、少しずつ成長する秀作がみれるのも楽しみの一つです。   
30代女性
エリート一家のスキャンダルを、一番立場が弱い末っ子が法律や倫理の網の目をかいくぐってもみ消していくというコメディです。ジャニーズでもトップを争う人気者で、カッコ可愛い系の山田涼介さんが主役です。今までカッコイイ役や可愛い役が多かった彼ですが、三枚目の役柄もとても似合っていました。波瑠さんが好きなので、お姉さんと弟のやり取りのシーンが特によかったです。 

まとめ

以上、山田涼介主演のドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

エリート兄弟を持つ末っ子・秀作の人間的な成長を描いたコメディホームドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」。

コミカルな演技が満載で、終始笑いが絶えない作品となっています。

TSUTAYA DISCASでもみ消して冬~わが家の問題なかったことに~のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴