ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|眠れる森の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

1998年10月〜12月まで木村拓哉と中山美穂主演で放送のドラマ「眠れる森」

ドラマ「眠れる森」は、野沢尚脚本、中山美穂と木村拓哉主演のミステリードラマ。

心に深い傷を負った人間とそれを取り巻く人間模様を描いた作品となっています。

ドラマ「眠れる森」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「眠れる森」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「眠れる森」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「眠れる森」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「眠れる森」のDVD(全4枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「眠れる森」のDVD全4枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「眠れる森」に出演している木村拓哉の出演作品

  • グランメゾン東京(全6枚)
  • 南極大陸(全6枚)
  • エンジン(全6枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「眠れる森」に出演している木村拓哉の出演作品がたくさん揃っています。

  • マスカレード・ホテル
  • 安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~
  • アイムホーム
  • 人生は上々だ
  • 月の恋人~Moon Lovers~
  • etc…

著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがない作品は多くあります

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われているのです。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「眠れる森」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「眠れる森」の動画まとめ

ドラマ「眠れる森」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「15年目のラブレター」
15年前のクリスマス・イブ、福島県で市会議員一家が惨殺される。12歳の次女だけが奇跡的に無傷で発見された。第一発見者を装った大学生・国府(陣内孝則)が逮捕された。 現在。蘭専門の植物園で働く大庭実那子(中山美穂)は小学生の時、家族を交通事故で失いそのショックで当時の記憶が曖昧に・・・(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」1話のネタバレ
福島県の市会議員一家が惨殺された15年前のクリスマスイブ。

12歳の次女が無傷で発見され、発見者に扮した国府(陣内孝則)が逮捕された。

蘭専門の植物に勤める大庭実那子(中山美穂)は、家族を小学生時代に交通事故で失い、当時の記憶があやふやに。

商社マンの濱崎輝一郎(仲村トオル)は実那子の恋人。

3か月後に迫るクリスマスに結婚予定で幸せに包まれていた。

伊藤直季(木村拓哉)はイベントを担う照明会社に勤務するデザイナー。

ある日、直季は幼馴染のライター中嶋敬太(ユースケ・サンタマリア)から国府が出所、という話を知る。

直季は4年交際した由理(本上まなみ)と別れる。

直季は国府出所をきっかけに、ある決断をしていた。

ある日実那子は引っ越しの為荷物整理をすると幼い字で書いた差出人不明の手紙を発見。

幼少期、群馬から東京に来る際に受け取った恋文。少年の思いが便箋に。

手紙には15年目の今日眠れる森で逢おうという文章。

日付は2日後。

確か思い出の森がある。

過去が自身を誘う気がした。

当日、長く逃げてた故郷に向かう実那子。

輝一郎には秘密だった。

過去の景色が甦り、野生の森を奥へ抜けるとそこへ直季が現れた。

直季は自分の幼少期、今に至るまで全て把握してた。

困惑する実那子に対して、狂気的な笑顔で返す直季だった。

ドラマ「眠れる森」1話の感想
家族が惨殺されてしまい、自分のみ助かるというとても悲惨な境遇な実那子。

その恐怖?からか交通事故で家族を失ったというふうに記憶が置き換えられているようです。

商社マンの夫と近々結婚予定で幸せたっぷりな環境に今はなっている…かと思いきや直季という不気味な男が現れます。

過去の手紙を読んでふるさとの森に向かう実那子と直季が会うという展開ですが。

実那子と直季は知り合いだったのか?今後の展開が気になるところですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「つきまとう男」
直季は実那子が働くオーキッド・スクエアにいきなり現れ「あんたは俺の一部なんだから」という言葉を残し去っていく。実那子が後を尾けると、ビルのライティングをテストしている作業現場に出た。近くの機材トラックには「ライトセーバー」と社名ロゴがある。直季の素性を知る実那子。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」2話のネタバレ
実那子の勤め先に直季(木村拓哉)がやって来て、「あなたは俺の一部」と言葉を告げ立ち去った。

後つける実那子(中山美穂)は、トラックにライトセーバーロゴがあるのを見つけ、直季の素性を知る。

直季は輝一郎(仲村トオル)を調べるように敬太(ユースケ・サンタマリア)へ依頼する。

数日後、実那子は園長に注文ミスを指摘されてしまった。

実那子が帰宅すると、消防車がアパートの前に。

実那子の部屋が火元だという。

実那子は輝一郎に相談し、新居のマンションに越すが、管理人に「本日越してくる夫妻はカルト教団の偽装夫婦」と書かれたビラを見せられた。

実那子は、これらの嫌がらせの犯人が直季だと思い職場に向かう。

直季の上司である芹沢の制止を無視し、直季に近づくと、直季はピンスポットを実那子にと指示。

その瞬間、実那子の脳内記憶が甦る。

だが、その記憶に覚えはなかった。

直季に目的を問うも、「俺が頼れると知って」とうそぶく直季。

実那子は「おかしい」と言ってその場を後にした。

後ろ姿を悲しい目で見つめる直季。

帰宅後、実那子は自分の過去を振り返った。

アルバムを確認すると、故郷と家族の写真はあるが、故郷で撮影した家族写真がないことに気づく。

ドラマ「眠れる森」2話の感想
貴方は俺の一部と言われた実那子の気持ちを考えます。不気味だろうなと思いますね。

蘭の大量発送も困りますね。していないのにした、みたいな事になるのはとても悲しいですね。

そんな中で家に帰れば今度は火事。しかも火元は実那子の部屋という。

実那子にとっては踏んだり蹴ったりというか泣き面にハチというか…そのせいで引っ越しをすることにもなってしまい…

引っ越し当日にデマのビラを見せられるという…直季は何がしたいのか?気になりますね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「記憶が嘘をつく」
実那子が引越してきた新居のマンション。その向かいのアパートに直季も引越してきた。「こんなところで何をしているの」と問いつめる実那子に「何処に住もうと勝手だろ」と直季。輝一郎に相談せず、自分一人の力で解決することを決意する実那子だった。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」3話のネタバレ
実那子の住むマンションの向かいのアパートに、直季が越してきた。

それに気づいた実那子が何をしているのか聞くも、「俺の勝手」と開き直る直季。

そのころ、輝一郎は上司の武藤に呼ばれる。

上司によると、輝一郎が不正取引をしているという中傷記事が雑誌に載るという。

続けて武藤は、「純愛を通し上司の娘を捨てた濱崎輝一郎へ拍手」というFAXが広まっている件についても憤怒した。

結婚式の招待リスト作りをする実那子と輝一郎。

輝一郎が上司を招待していないことに気づいた実那子は心配した。

輝一郎は会社の出来事を話す。

その日輝一郎が帰った後、実那子は直季のもとへ訪れた。

中傷記事のことをを問いただすも、直季は「愛だよ、愛」というだけだった。

実那子の勤務先に、再び大量の発注が入った。

本当の注文か確認するため、実那子は配達員と一緒に配達先へ。

そこでは上品な婦人が現れ、教諭時代の生徒が毎年誕生日に送ってくるという。

するとそこへ直季が現れ、婦人は陸上部顧問で直季も所属していたと聞く。

意外な一面に驚く実那子だった。

ドラマ「眠れる森」3話の感想
様々な嫌がらせをする直季の怖さというか恐ろしさを感じますね。

いったい何の目的があって嫌がらせをするのか…もちろん直季には事情があるんでしょうけど、その理由が分からないので怖さしかないです。

輝一郎が気の毒だなぁとも思いましたね。誰かに告発され自分が記事に載ってしまう恐怖心。

結婚式が終わると海外勤務を言い渡されてしまう!?そんな輝一郎を思うと胸が痛みます。

また実那子も封印していた記憶がよみがえってしまうというのが悲しいですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「暴行」
実那子(中山美穂)の記憶が徐々に戻りつつある。記憶のフラッシュバック現象が実那子に起こったことに直季(木村拓哉)は危機感を覚える。 記憶している過去は、本当に自分の過去なのか?実那子は、故郷だと思いこんでいた群馬の新聞を閲覧する。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」4話のネタバレ
どうやら実那子の記憶が少しずつ戻って来ている、直季は危機感を感じるのでした。

彼女が記憶していた過去は真実ではなくそう思っていた・思い込まされていただけのものかもしれません。

何しろ群馬の新聞にはそんな事件はどこにも載っていません。

出生地とされる福島の新聞に出ていたのが、市会議員一家の惨殺事件記事です。

そこに次女として実那子の名前が、それも彼女が家族を殺したようだとまで書かれています。

実那子は愕然としてしまうのでした。得た情報を輝一郎にすべて告白した実那子、不安でたまりません。

でも殺人犯かもしれない彼女を彼は受け入れ包み込んでくれるのです。

直季はきっと何か知っている、そう考えた実那子は彼の元に訪れます。

でも風邪を引いて寝込んでいた彼の看病に大忙しに、それにのらりくらりかわして本音を伝えてくれない直季に結局は振り回されるだけで終わるのでした。

ただ彼の元を訪れ長く話していたことで、彼との間にやたらと共通点があることに気付いてしまいます。

そんな彼女でしたが、出勤途中に偶然貫いた太陽の反射光で事件当日の衝撃的な映像が一部一気に蘇るのです。

ドラマ「眠れる森」4話の感想
故郷と思っていた地が調べれば調べるほど自身との共通点に欠ける、それは足元を崩されるような衝撃となるでしょう。

むしろ生まれただけの場所と思っていたところにてその事件は起こっていたのです。

それに、新聞にしっかりとお前が犯人だと刻まれています。

これだけの情報を知ってしまったら、良くも悪くもどちらでもいいから真実を知りたいと願うようになるのは当然です。

ただそんな時なのにちゃんと看病してあげている彼女が可愛らしいです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「隠れ家」
実那子(中山美穂)は輝一郎(仲村トオル)と共に眠れる森へ向かう。実那子の記憶の中では、そこは中嶋敬太(ユースケ・サンタマリア)とターザンごっこをして遊んだ森だった。しかし思いだそうとすればするほど、記憶は曖昧になる。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」5話のネタバレ
実那子と輝一郎は眠れる森へと向かいました。

そこは敬太と遊んだ場所、ただ記憶はどんどんとすり抜けて曖昧になるばかりです。

その森で、直季の父親の直巳と出会うのでした。

直巳は15年前に患者として実那子を診ていたのです。

彼女が群馬で育ったと思っていたのも彼の催眠術のためでした。

辛い記憶は埋め込んでしまった、でもそれは15年ほどしかもちません。

つまりそろそろ本当の記憶がよみがる時、直季はそれにより恐怖や衝撃を感じることになるであろう彼女を助けるためにやってきたというのです。

そんな彼の気持ちを知った実那子はようやく、素直に彼と語り合うことができるのでした。

それに過去を受け入れて輝一郎との結婚へと踏み出そうとします。

とはいえ、一方で保護司の元から姿を消してしまった国府の行方は分からず不安な気持ちも続いています。

ドラマ「眠れる森」5話の感想
直季の父の直巳こそが彼女の記憶を封じた人物、催眠療法の正に権威です。

でも無理に抑えた状態を長く続けることは無理なもの、15年が限度ということですから正に今こそ何もせずとも彼女には何らかの変化が訪れていたということでしょう。

その不安を取り除こうとやってきて密かに寄り添っていてくれた直季が優しいです。

そうして完全では無いにしろ過去の自分を知ることができて、前を向けたのはよかったです。

このまま国府はフェイドアウトしてほしいものですが、そうは行かないでしょう。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「真犯人」
直季(木村拓哉)は、出所した国府吉春(陣内孝則)の足取りを掴むために、吉春の兄・和彦と会い、横浜中華街に住むという刑務所時代の友人・玉置(山路和弘)を訪ね、国府がすでに実那子(中山美穂)の職場をつき止めていることを知る。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」6話のネタバレ
出所した国府はどこに行ったのか、直季は探ることにしました。

そしてすでに彼の側が実那子の職場まで突き止めていることを知るのです。

あいつに地獄を教えてやるという恐ろしい言葉も、とにかく早く国府を捕まえなければ危険です。

もうすぐ実那子と結婚という幸せの絶頂のはずの輝一郎にも危機が、週刊誌にすっぱ抜かれてしまうのです。

なんとか踏ん張ろうとする彼の前に白いドレスの母・麻紀子が現れます。「あなたを惑わす奴は許さない」そんな恐ろしき言葉を言っていた彼女は事件の時に一体どこにいたのか、改めて疑問は湧き起こってきます。

そいて実那子は、輝一郎が国府とつながりがあった事を知るのです。

輝一郎もまた小学生だった彼女に会っていました。

次々と明らかになる事実、そしてある日稲妻の光をきっかけにまた事件がフラッシュバックされました。

そこには刃物を握る実那子がいたのです。

ドラマ「眠れる森」6話の感想
国府の存在が怖い、すでに職場まで知られてたら辿り着くのは時間の問題です。

ただでさえ実那子にも問題ありなのに、輝一郎側もゴタゴタが起こります。

しかも彼もまた事件の関係者だったかもしれないのです。

国府とも関係があったし、様々な情報がもたらされて実那子ならずとも衝撃に目が離せないのです。

それに手に鋭利な刃物を持っていた彼女の姿はなんだったのでしょう。

ということはやはり、彼女が犯人だったということになってしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「タイムカプセル」
「家族を殺したのは私なの。だから国府は私を探しているんじゃないの?罪をなすりつけた真犯人に復讐するために」。 フラッシュバックで実那子(中山美穂)が見た過去の記憶の中で、12歳の実那子は返り血を浴び、手には刃物を握りしめていたという。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」7話のネタバレ
過去の記憶の中、実那子は12歳でした。

彼女が握りしめていたのは返り血を浴びた刃物、国府では無く家族を殺したのは私、だから真犯人への復讐をしようとされているのではないかと彼女はそんな思いを抱き始めるのでした。

果たしてなにが真実なのか、直季は敬太と共に実那子が幼少期にいた福島県御倉町へとやってくるのでした。

15年前の惨劇を話すことを避ける住民になんとか聞いて回る彼ら、そして幼い頃の実那子にあざがあったことを聞き出せました。

更には沖田将人という少年の変死事件の情報も、共にピクニックに行った時の出来事ということですからこちらも実那子と大きく関係していそうです。

その現場には父の明仁の姿もあったと言いますが、その情報は揉み消されてしまっています。

そんな父に不信感を抱いて殺害に至ってもおかしくは無い、でもたった12歳の子どもなのです。

更なる調査を続ける中で、実那子と父親の衝撃の事実が判明します。

ドラマ「眠れる森」7話の感想
たった12歳の少女なんてまだまだ非力な存在、一方の父親は地元の名士として名を馳せており事件を有耶無耶にできる・つまりは警察に対しても力を持っているのです。

勝てるはずがありません。

やはりこの事件、権力によって大きく歪められているようだという気持ちは強くなりました。

ただそんな父を家族とはいえ憎む気持ちも分かるのです。

いったい真実は何なのか、早く知りたいという気持ちでいっぱいです。

自分自身を信じられず悩む彼女もかわいそうです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「告白」
直季(木村拓哉)は福島・御倉から東京に戻ってくる。敬太(ユースケ・サンタマリア)は実那子が少女時代に森に埋めたというタイムカプセルについて聞くが、直季は、子供のガラクタだったとごまかす。実那子(中山美穂)に対しても、実の父の写真を見たことを言おうとはしなかった。  (引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」8話のネタバレ
福島から帰っていた直季、実那子のタイムカプセルについて敬太に聞かれるとなぜか誤魔化すのです。

そして実那子にも父親の写真を見たことを話そうともせず、得た情報の開示を拒んでいるようです。

そんなある時、ついに実那子は行方をくらましてしまいました。

もしかしたら自分は殺人犯かもしれない、そんな苦しみに耐え消えなくなったのです。

彼女はきっと故郷に戻って真実をつかもうとしている、そのことに気がついた直季らは彼女の後を追いかけることにしました。

果たして彼女は福島にいました。

まずは殺人事件のあった生家に、でもそれでも何も思い出すことが出来ません。

苦しそうな表情の彼女に輝一郎は無理に思い出さなくとも良いと、優しく寄り添うのでした。

落ち込む彼女を連れて行ったのは輝一郎の大学の寮、そこで実那子の姉と国府のことを語るのです。

自分がいたら止められたのに、悔しそうに彼は呟くのでした。

次に訪れたのが実那子の家族の墓、そこにバイオリンの楽譜を見つけます。

つまりは国府がここにやってきたということでした。

実那子と輝一郎の元を去っていく直季、しかしその瞬間何者かに襲われたのです。

ドラマ「眠れる森」8話の感想
事件の現場に戻ってきたらすべてを思い出す、そんな風に都合よくはいかず歯痒い思いをしてしまいました。ただその気持ちは、実那子の方が強いでしょう。

そんな彼女よりも前に福島を調査していた直季ですが、誤魔化し隠しという裏には彼女を守りたいという気持ちがあったはずです。

自身が引き金を引いてしまったからこそ起こった一連の騒動、彼としては後悔が大きいことでしょう。

そんな彼を狙った相手が気になります。もちろん誰が犯人なのかもです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「マリアは見ていた」
直季(木村拓哉)を襲い、人気のない雑木林に連れ込んだ国府(陣内孝則)は掘った穴に直季を埋めようとした。狂気の表情で「助けて欲しければ、これ以上俺を探すな」と迫る国府に、直季は死の恐怖から助けて欲しいと懇願する。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」9話のネタバレ
直季を襲ったのは国府でした。

彼は雑木林に掘った穴に埋めようと、これ以上は俺を探すなと叫ぶその表情は狂気に満ちていました。

恐ろしさで直季はそれを了承するのです。

とは言え、その数日後にはまた中華街にて春絵を見張っている直季の姿がありました。

更に敬太と共に15年前の事件の担当刑事と会うことに、そんな中でなぜ実那子だけが生き残ったのかという疑問が浮上してくるのでした。

直季らは犯人の逃走経路・お隣の教会も訪れます。

そこで事件直後に奇妙なメッセージと二百万円もの大金が送られていたことを知るのです。

そういった事実を得て担当刑事も過去の不可解な点を思い出すことに、殺人現場には実那須子の実の父親がいたのでは、そんな事実が浮上してきました。

その頃、実那子は輝一郎と父のアトリエにいました。

そこで麻紀子が失踪宣言を出されたのがちょうど事件のあった15年前のクリスマスイブと知るのです。

ドラマ「眠れる森」9話の感想
15年も前の話、とはいえ今更ながら誰も知らなかった・気づかなかった事実が次々と浮上してきます。

きっとこれらはすべて真実へと行き着くための道標ですから、決して見逃すことなどできません。

国府が犯人とされてきたのが、ここで客観的事実から改めて疑問にされるのです。

ミステリー要素が強くどんどんと引き込まれていきました。

実那子の実の父親の元へと向かった直季ですが、どのような話が聞けるのか楽しみでたまりません。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「サンタクロース」
直季(木村拓哉)は直巳(夏八木勲)の元を訪ね、15年前の事件について迫る。しかし直巳は確かにその場にはいたが、事件とは関わり合いのないことを直季に説明する。再び敬太(ユースケ・サンタマリア)と中華街で春絵(横山めぐみ)の張り込みを始める直季。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」10話のネタバレ
15年前の事件、直巳はその場にはいたものの関わりは無かったと主張するのでした。

それでは春絵はどうなのか、直季は敬太と共に張り込みを続けるのでした。

そしてそんな彼らの前に、国府らしき男性がサンドイッチマンとしてサンタクロース姿で現れるのです。

その時はちょうど直季一人だけ、逃走するサンタを追いかけていた彼は、逆に不意打ちを喰らい倒れてしまうのです。

でも鉄材でやられた彼もそのままでは済ませません、朦朧とする意識の中えサンタの姿をカメラに収めるのでした。

傷だらけになった直季に涙する実那子、彼女のために彼はこんなにも頑張ってくれたのです。

次にやってきた由理はカメラを現像してくれという直季のうわ言に気づき、内緒で行います。

そこに写ってたのは犯人の姿、それを見て驚愕する彼女でした。

そしてこの事がまた、更なる悲劇を招くのです。

ドラマ「眠れる森」10話の感想
サンタクロースとかピエロって子供たちの大喜びする人気者、でもこういった場面で見るととことんまでに不気味です。

子供達がこの作品を観ていてトラウマを残さないことを願います。

それにしても中華街とサンタクロース、中国でもクリスマスはやってくるのでしょうか。

違和感たっぷりです。

鉄材で殴られたにも関わらず自宅療養という直季がすごい、それでちゃんと後遺症もなく治るのかは不安です。

でも次々と女性がやってきて、モテモテです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「殺人者」
直季(木村拓哉)は、自分が撮った写真が原因で由理を失ってしまったと激しい自責の念にかられる。警察に国府を指名手配してもらうよう敬太(ユースケ・サンタマリア)は言うが、直季は事件当夜の由理の足取りを独自に探り始める。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」11話のネタバレ
犯人を捕らえたい、その一心で朦朧とする意識の中で撮影した犯人の写真でしたがそれを観た事で由理を失うこととなってしまいました。

直季は自責の念でいっぱいでした。

さっそく警察に国府の指名手配を依頼、それと共に由理の足取りを探ることとしたのでした。

その頃、実那子の元に由理からの手紙が届いていたのです。

そこには事件当日の足取りを知る手がかりが、更に実那子への恋の宣戦布告が書かれていたのでした。

そんなことは知らない直季、由理の自分なりの葬儀を行なっていました。

でもそれだけではありません。この場所こそが由理の殺害現場だとし、15年前の事件の真相についても意外な推理を敬太に話し始めたのです。

それによると、サンタクロースの正体を写した写真、それが大金に変わると分かって手に入れようとした人間が他にもいるというのです。

焦りの色を浮かべた敬太、彼は全てを打ち明け始めました。

ドラマ「眠れる森」11話の感想
事件への強い思いが新たな犠牲者を生み出してしまった、直季の心が伝わってきて悲しかったです。

でもきっと同じ場面に遭遇すればまた彼はシャッターを押してしまうのです。

たまたまそのことを知って現像してしまった由理は、不幸な事故というしかありません。

とはいえそのまま放っておくはずもなし、全力で事件解決に努める彼の背中が痛々しいのです。

ただ自暴自棄に陥っているわけでは無し、彼女の葬儀を行いながらもちゃんと真相へと迫っていく姿がすごいです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12話 「聖夜の結婚式」
実那子は15年前の真実を知るために直季と共に直巳のコテージを訪れる。直巳は催眠療法を施して実那子の記憶の扉を開ける。記憶は犯人が国府だったことを実那子に告げる。また実那子は記憶の時間旅行の中で、タイムカプセルに埋めた父親の写真も見る。(引用元:フジテレビ公式)

ドラマ「眠れる森」12話のネタバレ
15年前の真実を知りたい、実那子は直季と一緒に直巳のコテージに行き催眠療法で記憶の扉を開いてもらうのでした。

そして返り血を浴びたはんにんとは国府だったこと、直巳こそが父親で直季とは兄弟だったことを知るのです。

そのことを知った今はもう、二人は兄弟にしか見えません。

駆けつけた輝一郎に犯人の名を告げる実那子、その声は凛として迷いはありませんでした。

クリスマスイブの日、大型クルーズの中にウェディングドレス姿の実那子とタキシードに身を包んだ輝一郎、そして直季の姿もありました。

更にウェイターに扮した国府の姿もあったのです。

そんな中、刑事から情報がもたらされます。

それによると敬太が最後に電話をかけたその番号、それはこの船の上にあるということが分かったということです。

ついに、最後の決戦が行われる事となります。

ドラマ「眠れる森」12話の感想
ずっと闇のなかに埋れていた記憶がついに甦らされることに、そこで直季と兄弟だったことや犯人の姿を見た実那子の気持ちはどのようなものだったのでしょう。

輝一郎が駆けつけた時には凛とした口調で告げることができましたが、そこに至るまでの葛藤が思い浮かんでこちらとしても辛くなります。

クリスマスイブの日に大型クルーザーでのウェディングパーティー、女性の憧れともいえる結婚式です。

でも敬太が最後にかけた電話の相手もそこにいて、平和に終わりそうにはないのです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「眠れる森」の概要

蘭専門の植物園で働く大庭実那子は、3か月後に恋人・輝一郎との結婚を控えていた。

実は、実那子は15年前の『市議会議員一家惨殺事件』の生き残りの次女であったが、当時の記憶を失っていた。

事件直後、警察は実那子の姉・貴美子と恋人関係にあった大学生・国府を逮捕する。

ある日、実那子は事件の直後にもらったラブレターを見つけ、その差出人に会うため、故郷の「眠れる森」に出かける。(引用元:ウィキペデイア)

ドラマ「眠れる森」の出演者、放送情報

大庭実那子:中山美穂
伊藤直季:木村拓哉
濱崎輝一郎:仲村トオル
中嶋敬太:ユースケ・サンタマリア
佐久間由理:本上まなみ
国府吉春:陣内孝則
濱崎麻紀子:原田美枝子
濱崎正輝:岡田眞澄

原作: 野沢尚

主題歌: 竹内まりや「カムフラージュ」

制作:フジテレビ

放送:1998年

ドラマ「眠れる森」の見どころ

ドラマ「眠れる森」は、儚く切ない大人のラブストーリー。

主演を演じるのは、木村拓哉、中山美穂という初コンビで話題となりました。

中山美穂が演じるのは、小学生の時、交通事故で家族を失った大庭実那子役。

木村拓哉は、しつこく実那子に付きまとう、謎の男をミステリアスに演じます。

長い髪をなびかせて森を駆けてくる木村の美しさは圧巻。

また、濃密な空気を感じさせる映像は秀逸です。

竹内まりやによる主題歌『カモフラージュ』も、作品に彩りを添えて絶妙です。

中山美穂が震えながら傷口を押さえて涙を流すシーンは、迫真の演技と話題に。

ユースケサンタマリアの迷彩服は15年前の事件の模倣を意味したものです。

衝撃のラスト、まさかの結末となったサスペンスドラマに、目が離せません!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「眠れる森」の感想

40代女性
日本ドラマ界最高峰のミステリーであり、野沢尚氏の最高傑作だと思っています。オープニングと最終話が繋がっていたことにはぞっとしました。 
50代女性
当時人気アイドルの絶頂期へと昇り出していたキムタクを、あえてこういう外したキャスティングにしたことが英断でした。衝撃のラストシーンの解釈は当時話題になりました。「何をやってもキムタク」だと思っている人にこそ見てほしいです。絶対、新しい世界が開けること請け合いです! 
30代女性
ドラマ好きな人なら絶対ミステリードラマのトップに名を挙げるだろう「眠れる森」。一瞬たりとも目を離せない怒涛の展開、緻密に組み上げられた伏線によって真実が分かった時の衝撃、そしてドラマの初回で実は最終回の全貌が明かされていたというトリック。日本のドラマ史に残る名作です。 

まとめ

以上、木村拓哉と中山美穂主演のドラマ「眠れる森」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「眠れる森」は、殺人事件の真相や主人公の失った記憶を巡るサスペンス・ミステリードラマ。

出演キャストも豪華という事もあり、大きな注目を集めたドラマで見ごたえがある内容となっていますよ。

TSUTAYA DISCASで眠れる森のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴