ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|鼠、江戸を疾るの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2014年1月〜3月まで滝沢秀明主演で放送のドラマ「鼠、江戸を疾る」

赤川次郎のミステリー小説をドラマ化。

滝沢秀明が演じる主人公の次郎吉が、妹の小袖と江戸の数々の難解な事件を解決していきます。

ドラマ「鼠、江戸を疾るは動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「鼠、江戸を疾る」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「鼠、江戸を疾る」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「鼠、江戸を疾る」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「鼠、江戸を疾る」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「鼠、江戸を疾る」に出演している滝沢秀明・河合郁人・京本大我の出演作品

  • 真夜中のパン屋さん(全4枚)
  • お兄ちゃん、ガチャ(全4枚)
  • せいせいするほど、愛してる(全5枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「鼠、江戸を疾る」に出演している滝沢秀明・河合郁人・京本大我の出演作品がたくさん揃っています。

  • 魔女の条件
  • 孤高のメス
  • 魔法★男子チェリーズ
  • 仮面ティーチャー
  • 私立バカレア高校
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「鼠、江戸を疾る」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の動画まとめ

ドラマ「鼠、江戸を疾る」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「鼠小僧,参上」
新番組 赤川次郎が人情派の盗賊”鼠小僧”の活躍を描いた時代劇ミステリーをドラマ化。”甘酒屋”と呼ばれる遊び人・次郎吉(滝沢秀明)の夜の顔は、すご腕の盗人”鼠”。私腹を肥やす武家から盗み出した金品を、庶民に分け与える。妹の小袖(忽那汐里)は、兄の助っ人となり、得意の小太刀で悪党に立ち向かう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」1話のネタバレ
甘酒屋次郎吉(滝沢秀明)にはもう一つの顔があった。

鼠小僧という名前で、悪者たちからお金を奪い、庶民にお金を分けていたのだ。

次郎吉は、気が強いが可愛らしい妹・小袖(忽那汐里)がいた。

小袖は、道場から家に帰っている途中で、小間物問屋の娘・すが(小島藤子)を救う。

小袖は、すがを送り届けた際に父親・弥兵衛と会う。

そこで、すがが持っていた茶碗に、何か隠されているのではないかと勘付く。

次の日、弥兵衛はすがを救ってくれたことを感謝するため、小袖のところに来る。

その際に、小袖が弥兵衛からもらった物を見て、次郎吉は疑問を持つ。

次の日、次郎吉は弥兵衛に会いに行くが、弥兵衛の姿はなかった。

そんな時、宗庵という人物が悪だくみをしているという情報を聞いた次郎吉。

小袖とともに、宗庵を懲らしめに向かう。

宗庵を追い詰め、小袖が命を奪おうとするが、次郎吉はある考えがあり、小袖を止める。

後日、宗庵は次郎吉の策略により、若者たちに追い詰められることになるのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」1話の感想
1話を観て、娘を大切にする父親の気持ちが特に印象に残りました。

1話では、ひょんなことから出会った小間物問屋の娘・すがをきっかけに、主人公の次郎吉が悪を成敗するために奔走する姿が描かれます。

小間物問屋の娘・すがと父親の弥兵衛は、父と娘二人でつつましく暮らしていました。しかし、ある日父親は悪事をたくらむ者の罠にかかり、命を落としてしまいます。

命を奪われるかもしれないという状況の中でも、娘のことを守るために必死になる父親の姿から、娘に対する強い愛情が感じられて、なぜ救われないのだろうと切なさを覚えました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「盗まれた恋文」
町人の誠四郎(木村彰吾)が、侍を突然切りつける事件が起きる。逃げた誠四郎は、次郎吉(滝沢秀明)らの目の前で「しくじった」という謎の言葉を残して自害してしまう。それを見ていたやぶそばで働くお豊(萩原みのり)は誠四郎の懐から財布を盗んでしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」2話のネタバレ
お染(濱田マリ)のやぶそばで働くことになったお豊(萩原みのり)。

そんな中、武士とと町人がやぶそばの前の通りで争い、町人がやぶそば内で亡くなってしまう。

また、相手の武士・三河仙八郎も亡くなってしまう。

次の日、お豊の家に行った次郎吉(滝沢秀明)と小袖(忽那汐里)。

そこで、お豊の母親が意識を失っていた。

二人は、慌てて病院に向かう手筈を整える。

さらに、母親が倒れたと知ったお豊も、手助けを受けながら母親のところに向かう。

その後、次郎吉がお豊の家に行くと、お豊の家が何者かによって物色されていた。

一方、小袖は松沼藩にお家騒動があることを知る。

三河仙八郎の妻・琴音(釈由美子)から、次郎吉が話を聞き、問題の詳細を知る。

そんな中、お豊が三河仙八郎のお金を軽い気持ちで持っていたことが判明する。

次郎吉は、お豊が危ないと考え、お豊を助けに行く。

小袖と協力し、何とかお豊を守った次郎吉。

また、次郎吉は鼠小僧として琴音の前に現れ、琴音が殺人を犯したことを問い詰める。

悪事を働いた琴音は処罰されるのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」2話の感想
2話を観て、一つの過ちが招く事態が特に印象に残りました。

2話では、武士と町人が争ったことから始まる騒動を次郎吉が解決していく様子が描かれます。

次郎吉は、命を狙われることになったお豊を守ることになりますが、その途中でお豊が出来心からお金を盗んでしまったことが判明します。

軽い気持ちでやったことが大騒動に繋がっていく展開に、恐ろしさを感じ、気を引き締めて行動することの必要性を感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「付け火にご用心」
民家で火事が起こり、偶然近くにいた次郎吉(滝沢秀明)がお常(星野真里)ら親子を助ける。貧しい生活を送っているお常は、鍵職人の夫は上方で急な病で亡くなったのだと告白する。そんな中、町では盗賊による強盗事件が起き、徳五郎(高嶋政宏)らを悩ませていた。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」3話のネタバレ
おしま(横山めぐみ)の料理屋で過ごしていた次郎吉。

すると、近所の家の火災に巻き込まれてしまう。

次郎吉は、火災に遭った家からお常(星野真里)とお咲親子を救う。

だが、行き先のない二人を次郎吉のところに住まわせることになってしまう。

その後、お常は鍵職人の夫・伝吉(やべきょうすけ)の行方が二年間も分かっていないことを打ち明ける。

数日後、小袖はお咲から父親を見かけたと聞く。

次の日、川でおしまが遺体となって発見される。

そんな中、次郎吉は、伝吉が盗賊として働いていることを知る。

伝吉を盗賊たちの元から救い、お常たちのところに帰らせるため、次郎吉と小袖は盗賊たちと戦うことになる。

盗賊たちの攻撃に苦戦しながらも、なんとか勝利を収めた次郎吉とお常。

そして、伝吉は無事に家族のところに帰り、幸せな日常を取り戻すのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」3話の感想
3話を観て、家族の絆が特に印象に残りました。

3話では、偶然出会った母と娘の話から、次郎吉が父親を探すために奔走する姿が描かれます。

母親は、夫の行方が分からなくなってもずっと夫のことを待ち続けていました。また、娘も時が流れていてもちゃんと父親のことを覚えていました。

離れていても、家族のことを忘れない二人の姿から、家族に対する気持ちの強さが感じられて、その絆の強さに感動し、羨ましさを覚えました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「姉妹の願い」
鴻山藩邸に忍び込んだ鼠小僧・次郎吉(滝沢秀明)は、お松(石橋杏奈)という少女に出会う。「人を捜している」というお松は、次郎吉に手紙を託す。帰り道、次郎吉は夢遊病で屋根から落ちそうになっていたお園(佐津川愛美)を助ける。すると翌日、”鼠小僧が人助けをした”と町中に知れ渡る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」4話のネタバレ
次郎吉(滝沢秀明)は、もう一つの顔である鼠小僧として悪党からお金を盗み、庶民たちに分け与えていた。

ある晩、鼠小僧として鴻山藩邸に潜入した次郎吉。

そこで、お松(石橋杏奈)という少女に遭遇する。

人探しをしているというお松は、次郎吉に手紙を預ける。

次郎吉は、疑問を抱きつつも手紙を受け取る。

さらに、夢遊病によって屋根の上を歩いている少女・お園(佐津川愛美)に遭遇する。

お園を救うため、奔走する次郎吉。

無事に助けることはできたが、盗んだお金を落としてしまうのだった。

次の日、次郎吉は鼠小僧が現れたことが町内に広まっていると分かり、ショックを受ける。

妹の小袖(忽那汐里)もまた、道場でその話を聞き、呆れる。

そんな中、次郎吉が救ったお園も人を探してほしいと思っていることが判明する。

次郎吉は、お松の手紙やお園の話から、二人がお互いを探しているのではないかと推測する。

しかし、二人はある事情により会うことが出来ずにいた。

そんな二人のために、次郎吉は二人の間にあった障害を解消する。

二人は、無事に再会を果たすことができた。

次郎吉は、自分の失敗をすっかり忘れて二人の様子を微笑ましく見守るのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」4話の感想
4話を観て、姉妹の絆が特に印象に残りました。

4話では、次郎吉が鼠小僧として行動する中で、二人の少女と出会ったことから物語が始まります。次郎吉は、当初失敗をしてしまったこともあり、二人の少女のことについては、あまり考えられませんでした。しかし、少しずつ二人の乗除の結びつきを知り、二人を救うために奮闘します。

姉妹である二人の少女が、会えなくてもお互いのことを心配していることが、二人の限度から伝わってきて、どうか救われて欲しいと願わずにはいられませんでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「怪盗<猫>あらわる」
ある夜、次郎吉(滝沢秀明)は、屋根の上で”怪盗猫”と遭遇する。翌日、町で酔っぱらいの浪人から小さな女の子を助けた女・お里(大政絢)と出会い、ほくろの位置からお里が”怪盗猫”だと確信する。数日後、次郎吉は”怪盗猫”と対峙し、盗みを働く目的を問いただす。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」5話のネタバレ
ある日の晩、次郎吉は鼠小僧としていつものように悪者からお金を奪い庶民たちに分け与えようとしていた。
そんな中、次郎吉は黒ずくめの謎の女性と出会う。
女性は、次郎吉と同じく悪者からお金を奪ったらしく、追っ手から逃げていた。
次郎吉の機転によって、女性は追っ手から逃げることに成功する。

後日。次郎吉はその女性が「怪盗・猫」と呼ばれていることを知る。

数日後、次郎吉は幼い少女が浪人から切り付けられそうになっている場面に遭遇する。

次郎吉は、その少女を救おうとするが、次郎吉よりも前に使用人のお里(大政絢)が少女を救う。

次郎吉は、お里が「怪盗・猫」ではないかと考える。

一方、お里が使用人として仕える家のお嬢様が、密かに子どもを身ごもっていた上に、流産してしまう。

そんな中、次郎吉はお里に接近し、お里が「怪盗・猫」であることを聞く。

さらに、お里が恋人を殺された恨みを抱え、怪盗になったことも聞く。

次郎吉は妹の小袖(忽那汐里)とともにお里に協力することを決める。

数日後、次郎吉、小袖、お里は、お里の恋人を殺した相手のもとに乗り込んだ。

見事な連携により、お里は自身の恨みを晴らすことができた。

さらに、お里の家のお嬢様の危機も救うことができたのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」5話の感想
5話を観て、怪盗となった女性の抱える辛さが特に印象に残りました。

5話では、次郎吉が怪盗として世間の注目を集める女性と出会ったことから物語が動き出します。女性は、使用人として働く一見ごく普通の庶民ですが、実は恋人を殺されたという悲しい過去を抱えていました。

女性が、怪盗となり少しでも辛さを紛らわそうとしている姿から、女性の苦しみが伝わってきて、切なさで胸がいっぱいになりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「あだ討ちの代償」
次郎吉(滝沢秀明)と小袖(忽那汐里)の元に、清吉(渡辺大)という男が訪ねてくる。清吉は自分が勤める大店の娘・紫の方(村川絵梨)が将軍の子を懐妊し、命を狙われているため、小袖に護衛してほしいと頼み込む。次郎吉は、そんな清吉が相当な剣の使い手だと見抜く。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」6話のネタバレ
鼠小僧として日々密かに庶民たちを救っている次郎吉(滝沢秀明)。

そんな中、次郎吉(滝沢秀明)と妹・小袖(忽那汐里)のところに、清吉(渡辺大)という男性がやって来る。

清吉は、小袖に対しある依頼があってやって来たのだ。

その依頼とは、大奥にいる一人の女性の用心棒をしてほしいということだった。

小袖は、剣術に優れているため、その能力を活かしてほしいという。

小袖は、用心棒として守ることになる紫の方(村川絵梨)という女性に会う。

そして、詳しい事情を聞き、用心棒を引き受けることにする。

一方、次郎吉はさらに清吉の話を聞く中で、清吉自身も剣術の才能を持つ人物であることに気づく。

さらに、次郎吉は、紫の方と清吉がかつて恋愛関係にあったことを知る。

もともと紫の方は庶民であり、大奥に入ってからも清吉と交際を続けていた。

しかし、将軍に恋心を抱かれ、予期せず高い身分となってしまったのだ。

数日後、紫の方は外出先で刺客たちに命を狙われる。

そこに待ち受けていた次郎吉、小袖、清吉が協力して刺客たちを倒す。

そして、かつての恋人を救った清吉は日常に戻っていくのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」6話の感想
6話を観て、身分違いの恋が特に印象に残りました。

6話では、次郎吉の妹・小袖が大奥の女性の用心棒を依頼されたことから物語が展開します。

依頼主である清吉は、大奥の女性・紫の方と魅かれあっていますが、庶民と高貴な身分の人物という格差があり、自由に会うこともままなりません。それでも、清吉は何とか紫の方の力になろうと懸命に知恵を絞り、行動を起こします。また、紫の方も、清吉に自分の気持ちを伝えようとします。

お互いに魅かれあっているのに叶わない恋の様子に、歯がゆさを覚えました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「容疑者・鼠の逆襲」
ある夜、次郎吉(滝沢秀明)は刺客に待ち伏せされていた侍・矢崎(岡田義徳)に危機を伝え、彼を助ける。その夜、矢崎の使用人・重吉(佐藤誓)が斬り殺される。捜査に乗り出した徳五郎(高嶋政宏)は殺害現場で鼠小僧を目撃し、鼠小僧が人を殺したと思い動揺する。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」7話のネタバレ
次郎吉は、鼠小僧としての顔を持ち、悪者たちから奪ったお金を庶民に配分し、庶民たちの力となっていた。

ある日の晩、次郎吉は鼠小僧としての任務を終え、帰宅しようとしていた。

そこで、とある侍・矢崎(岡田義徳)が命を狙われているのを目撃する。

次郎吉は、矢崎に命を狙われていることを気づかせ、矢崎をピンチから救う。

そんな中、矢崎に仕えていた使用人である重吉が何者かによって殺害されてしまう。

徳五郎(高嶋政宏)は、重吉を殺害した人物を捕まえようとする。

実は、徳五郎は重吉が殺された場所で鼠小僧の姿を見ていた。

鼠小僧の行方を探していたが、鼠小僧が殺人を犯すとは考えられない徳五郎は、違和感を抱いていた。

一方、重吉が殺される様子を見ていた次郎吉も、重吉を殺害した人物を特定しようと動き出していた。

手掛かりを得るため、川上藩の屋敷に潜入した次郎吉。

すると、矢崎を殺そうと家老の福井(森田順平)が動いていることを聞く。

後日、福井の策略によって命を失う危機に陥った矢崎。

そこに、次郎吉が姿を見せる。

そして、見事矢崎を救ったのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」7話の感想
7話を観て、自らの危機よりも人助けを優先させる次郎吉の姿が特に魅力的だと思いました。

7話では、命の危機に直面した侍・矢崎を救うため奔走する次郎吉の姿が描かれます。
次郎吉は、矢崎を助けようとしますが、次郎吉自身も殺人犯の容疑を懸けられるというピンチに陥っていました。自分も問題を抱えている二も関わらず人助けをする次郎吉の姿がかっこよく、尊敬の気持ちを抱いていました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「宿命の兄妹 前編」
小袖(忽那汐里)はやぶそばで常連の3人組(我が家)に出くわす。3人は1年前に少女を殺した罪で島流しになった鉢助(浪岡一喜)の無実が明らかになり、近々江戸に戻ってくると告げる。そんな折、やぶそばで次郎吉(滝沢秀明)とけがを負った鉢助が鉢合わせする。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」8話のネタバレ
鼠小僧として、日々庶民を救う次郎吉(滝沢秀明)。

次郎吉の妹・小袖(忽那汐里)は、常連となっているやぶそばに向かった。

そこで、同じく常連客の男性三人(我が家)が青ざめているところを目撃する。

気になった小袖は、三人に疑問をぶつける。

すると、三人は一年前の出来事を打ち明ける。

三人は、青年・鉢助(波岡一喜)を無罪で島送りにしたことに協力してしまったのだ。

さらに、その青年が江戸に帰ってくるかもしれないと知り、動揺していたのだ。

青年が処罰されることになってしまった事件で処分を決定した徳五郎。

徳五郎も、鉢助に対して罪悪感を抱いていた。

鉢助が罰を受けたのは、少女が殺害された事件だった。

少女の父親である仁吉(村杉蝉之介)は、鉢助に謝罪しようとしていた。

そんな時、次郎吉はやぶそばで、負傷した青年と出会う。

その青年は、鉢助であった。

さらに、その日の晩仁吉が殺害されてしまう。

そんな中、小袖は自分の両親が亡くなった際の出来事を思い出していた。

すると、あることに気づいてしまい次郎吉に対し、真実を話すようにと詰め寄るのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」8話の感想
8話を観て、過去の罪により苦しむ人々の姿が特に印象に残りました。

8話では、次郎吉の妹・小袖がやぶそばで聞いた話をきっかけに物語が動き始めます。

少女が殺害された事件で、無実にも関わらず罪を着せられてしまった青年に対し、事件の被害者の父親、処分を決定した人物など、事件に関わる様々な人々が申し訳なさを抱いていました。

時が経過しても、自分自身の過ちに苦しみ続ける人々の姿に、一人の人物の人生をカエル決定の重さを感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「宿命の兄妹 後編」
最終回 藩が転覆しかねない秘密が隠された書状の在りかを聞いていた鉢助(浪岡一喜)に間違われた仁吉(村杉蝉之介)が、浜崎藩・松林家の手の者に殺される。一方、小袖(忽那汐里)は松林家は両親を殺した武家の名前だと思い出す。次郎吉(滝沢秀明)は藩主・松林壱岐守(谷本一)との深い因縁を小袖に語る。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」9話のネタバレ
次郎吉(滝沢秀明)は、小袖(忽那汐里)から、自分の素性について教えて欲しいと迫られる。

次郎吉は、迷いながらも小袖に真実を話し始める。

実は、次郎吉と小袖は本当の兄妹ではなかった。

小袖は、ある役者と大名の側室という身分違いの二人の間に生まれた子どもだった。

身分違いの恋は許されず、その二人の子どもである小袖は命を狙われることになってしまった。

そのため、幼い小袖は次郎吉の両親のもとに預けられたのだ。

しかし、その後小袖の行方を知った追っ手によって今度は次郎吉の両親が殺されるという結果を招いてしまった。

二人は、運よく逃げ延びて一緒に暮らしているのだ。

小袖は、戸惑いながらも少しずつ真実を受け入れていく。

それから、二人は亡くなった次郎吉の両親の恨みを晴らすべく、因縁の相手である松林家に乗り込む。

二人は、積年の恨みを晴らすべく全力で闘い、見事に松林家を壊滅させるのだった。

そして、二人は再び平穏な日常を過ごすのだった。

ドラマ「鼠、江戸を疾る」9話の感想
9話を観て、兄妹の絆が特に魅力的だと思いました。。

9話では、次郎吉と小袖の兄妹が、殺された両親の敵討ちに挑む姿が描かれます。

幼い頃の記憶を思い出した小袖は、自分の出生に関する秘密や次郎吉と血が繋がっていないことを知ってしまいます。それでも、小袖は真実を受け入れ、兄とともに両親の敵討ちに向かいます。

次郎吉と小袖が、力を合わせて両親の恨みを晴らそうと戦う姿から、血のつながりが無くても強い絆で結ばれていることが感じられて、胸が熱くなりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の概要

側近政治が蔓延った江戸後期、次郎吉と呼ばれる遊び人がいた。

彼は困っている人を放ってはおけない性格の持ち主で、厄介事にも果敢に立ち向かう天性の江戸っ子でもあった。

そんな彼の正体は盗んだ金品を貧しい者に分け与える鼠小僧と呼ばれる一人の大泥棒。

彼は小袖や千草といった仲間と共に江戸の世直しをしていく。(引用元:Wikipedia)

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の出演者、放送情報

次郎吉:滝沢秀明
小袖:忽那汐里
仙田 千草:片瀬那奈
お豊:萩原みのり
早崎 市兵衛:渡部秀
徳五郎:髙嶋政宏
定吉:マギー
米原 広之進:京本大我
お染:濱田マリ
与平:坪倉由幸
太助:杉山裕之
喜作:谷田部俊
文助:河合郁人
米原広之進:京本大我

原作:赤川次郎

主題歌:近藤真彦「千年恋慕」

制作:NHK

放送:2014年

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の見どころ

ミステリーを始め多くの作品を生み出してきた、赤川次郎の初の時代小説となった「鼠、江戸を疾る」。

全9回の物語にちりばめられた「赤川ワールド」。

小説のファンはもちろん普段本を読まないという人も、引き込まれてしまう魅力を持っています。

滝沢秀明が演じる主人公の次郎吉は、天下の大泥棒として知られる「鼠小僧」の正体だったのでした。

しかし、鼠小僧は大名屋敷から金品を盗み、貧民に分け与えるという、貧民にとってのヒーロー的存在なのです。

そこに生まれるほっこりと暖かく、そして、勧善懲悪のスカッとするストーリーをお楽しみください。

また、痛快なアクションシーンもあるので、こちらも注目です。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「鼠、江戸を疾る」の感想

40代男性
時代劇の定番・勧善懲悪が痛快です。最初は原作者の赤川次郎も言ってた通り、僕も滝沢さんは美しすぎると思いましたが、文句なしの「次郎吉」でした。 
50代男性
人情にあつい次郎吉というキャラクターがとても魅力的なドラマです。原作とは違って「殺生はいけない」というルールが追加されているのも、次郎吉らしいです。ドラマを通して描かれる兄妹愛にも心が温まりました。 
40代女性
鼠小僧が妹と一緒に江戸の人々を助けていく時代劇です。ジャニーズで時代劇ができるタレントさんはあまりいませんが、タッキーはそのうちの数少ない1人です。あまりにもキレイなので鼠小僧の概念を覆しそうです。 

まとめ

以上、滝沢秀明主演のドラマ「鼠、江戸を疾る」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

泥棒の概念を覆す、心優しき主人公。

鼠小僧兄妹の活躍をぜひご覧ください。

TSUTAYA DISCASで鼠、江戸を疾るのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴