ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

大河ドラマ|青天を衝けの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2021年2月から吉沢亮主演で放送の大河ドラマ「青天を衝け」

第60作目となる2021年のNHK大河ドラマは、“日本資本主義の父”とも言われ、新しい一万円札の肖像にも決まっている「渋沢栄一」の生涯を描きます。

主演の吉沢亮は、大河ドラマの主演俳優としては初の平成生まれであり、晩年まで挑戦をし続けた男・渋沢栄一を演じます。

ドラマ「青天を衝け」の動画は、NHKオンデマンドで配信中です。

今すぐ動画を無料視聴したい場合は、U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すれば、ポイントを使ってドラマ「青天を衝け」を無料で見ることができますよ。

また、NHKオンデマンドで配信されている作品はもちろんのこと、U-NEXTで見放題配信されている動画も全て無料で楽しむことができます。

ぜひこの機会にドラマドラマ「青天を衝け」を無料でご覧くださいね。

「青天を衝け」はNHKオンデマンドで独占見放題配信中!
\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「青天を衝け」の動画は、NHKオンデマンドで見放題配信中です。

NHKオンデマンドは通常月額990円かかる動画配信サービスですが、U-NEXTを経由して登録すると初月無料で利用することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

今回紹介しているドラマ「青天を衝け」は、全話見放題で配信中です。

是非この機会にドラマ「青天を衝け」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

第1話「栄一、目覚める」

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」1話のネタバレ
文久4年の2月。

渋沢栄一(吉沢亮)と従兄の喜作(高良健吾)は、一橋家の当主・徳川慶喜(草なぎ剛)の乗っている馬の前に立ちはだかり「どんなに取り繕くろうとも今の徳川は既に命が尽きている」と言い放ちますが、相手にされずそれでもくらいつき、「天下にもし何かあった場合、大切な役目を貴方様がしたいのなら、どうか自分を取り立てて欲しい」とお願いしました。

その20年前、栄一・5歳。

栄一の父・渋沢市郎右衛門(小林薫)は、血洗島村で百姓と藍づくりの職人をしながら藍玉を売る商人であり、とても厳格。

母・ゑい(和久井映見)は、優しい人でした。

オランダ国王から日本が戦場にならないように異国を拒むのをやめたらどうかと徳川家慶(吉幾三)へ忠告が入っていました。

まだ開国とはなりませんが、異国の足音は近づいてます。

逃げた罪人を好奇心で探す栄一と喜作(石澤柊斗)と尾高家の次男・長七郎(須東煌世)。

同じ頃、川で遊んでいた長七郎の妹の千代(岩崎愛子)が亡き父からもらった髪飾りを川に流してしまいます。

それを追って川下に走る栄一。

拾ってくれたのは、逃げた罪人でした。

罪人は、役人に捕らえられますが、千代は良い人だと言うのでした。

この頃、幕府は跡取りに、徳川斉昭(竹中直人)の7男の七郎麻呂を一橋家の当主とし、七郎麻呂は元服の後、徳川慶喜と名を改めました。

栄一と喜作と長七郎は、川で捕らえられた罪人を見に行こうと夜、家を抜け出します。

栄一は、捕らわれている罪人に、髪飾りを拾ってくれたお礼を言いました。

罪人は、「このままではこの国が終わる」と言い、栄一は、「自分がこの国を守ってやる」と罪人に意気がるのでした。

ドラマ「青天を衝け」1話の感想
晴天を衝けは、3つ前の大河ドラマ「西郷どん」と時代が被っているので、同じ登場人物を違う役者さんで見れるのが楽しみです。
視点が違うので解釈も変わってくるかと思います。
また、栄一の幼少期は埼玉県が舞台で、海の無い埼玉県に血洗島いう地名があったことを知り興味深いです。
罪人役の玉木宏さんは一体これから栄一にどんな影響を与えて行くのか楽しみです。
孤高の罪人という感じがひしひしと伝わり、玉木宏さんの存在感が素晴らしいと思います。
栄一役の子役さんが、とても好奇心旺盛で活発な雰囲気で偉人の片りんが見えました。
子役さんも良いですが、吉沢亮さんが活躍する日を楽しみにしています。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第2話「栄一、踊る」

父・市郎右衛門(小林 薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」2話のネタバレ
9歳になった渋沢栄一(小林優仁)は、父・市郎右衛門(小林 薫)と一緒に商いをして回るようになっていた。

渋沢家に岡部藩のお代官・利根吉春(酒向芳)がやってきて、将軍への面会のために人足百人と御用金二千を命じた。

それが最も忙しい6月といういことで、栄一の父・市郎右衛門は、人手だけなんとかしてもらえないかと頭を下げるが、お代官を立腹させただけだった。

お代官の父に対する非情な態度に栄一は腹を立てたが、母・るい(和久井映見)に大人の話だからとなだめられる。

しかし、そのせいで栄一の楽しみにしていた五穀豊穣と悪疫退散を願い獅子舞を踊る祭りも中止に。

6月になり男性陣はお代官の命令に従い労役に出て、女性と子どもは藍の収穫をし、労役から戻った男性陣は夜遅くまで藍を収穫した。

忙しく過ごすみんなを楽しませたいと栄一は、子どもだけで突然獅子舞を踊り始めた。

それを見た父も踊りはじめ、疲れていた大人たちもみんな和むのだった。

成長した栄一(吉沢亮)は、読書に夢中になっていた。

そして、まだ見ぬ世界である江戸や世界に目を向ける。

そんな時、父・市郎右衛門が商いのついでに栄一を江戸に連れていってくれるということで栄一は大喜びするのだった。

ドラマ「青天を衝け」2話の感想
2話目にして栄一が成長してしまいました。
もう少し聡明な子役の栄一を見ていたかった気がする反面、吉沢亮さんの登場でワクワクしました。
剣を振る姿も麗しいです。
千代が橋本愛さんへと成長し、栄一が千代を意識する感が露骨で笑えます。
愛情をいっぱい受けてそだった栄一に対して、慶喜も育った先で愛されていたはずなのにどこか空虚な雰囲気を感じます。
頭の回転が速く、とにかくしゃべり倒す栄一が、江戸に行き知識と経験を増やしたら講談師のごとく江戸であった出来事を母や喜作に話す姿が浮かびます。
栄一が頭を使って商売を助ける今後が楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第3話「栄一、仕事はじめ」

市郎右衛門(小林 薫)と初めて江戸へ行った栄一(吉沢 亮)は、江戸の華やかさに驚くとともに、父の姿に商売の難しさを知る。その年の藍葉の不作により窮地に陥った父を助けるため、自ら藍葉の買い付けに行きたいと考える栄一だが…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」3話のネタバレ
栄一(吉沢亮)は、父・市郎右衛門(小林薫)と一緒に訪れた初めての江戸にはしゃぎます。

江戸は商人の町と言っていいほど活気づいていて、その反面売り込む藍をすんなり受け入れてもらえない商売の難しさもありました。

そんな時、幼い頃栄一が出会った冤罪を被った・高島秋帆(玉木宏)が許され、立派な姿になり江戸にもどっていく途中栄一が話しかけると、馬から降り幼い栄一の言葉で励まされたと声をかけてくれ「お前も励め」と肩を叩いてくれて栄一は、その言葉に感銘を受けます。

その後、藍葉が虫にやられてしまい、他国へ藍の買い付けをしに行きたいと母・るい(和久井映見)に栄一は頼みます。

母は、栄一にはまだ無理といいながらもお金を渡してくれました。

一方、将軍家慶(吉幾三)が亡くなり、次期将軍候補に慶喜(草彅剛)があげられますが、実の父・斉昭(竹中直人)の目論見を感じ慶喜は反発します。

そして、藍を買い付けに行った栄一は、最初子供扱いされますが目利きに優れているどころか、藍葉の育て具合を細かく指摘し、また経費に合った値をつけ村人に喜ばれます。

買い付けから戻った栄一に父は、高い値をつけたと言いますが、栄一が村人に少し高い値をつけた理由は来年良い肥やしを買ってくれたらいいという先行投資の気持ちがあり、父も同じ考えを示し「よくやった。」と認めてくれたのでした。

そして、慶喜の直言の臣に平岡円史郎(堤眞一)の名をあがるのでした。

ドラマ「青天を衝け」3話の感想
冒頭、徳川家康が出て来てくるとちょっと面白いのですが、今回は興味ある導入でとても良いストーリーテラーとなっていると感じます。
今回は、父親に認められたい一心でがんばる栄一が、予想をはるか超え商才があることがわかります。
村人の心を掴む過程が痛快でした。
しかし、栄一はまだ13歳なのであどけない演技が可愛らしく感じます。
そして、いろんな濃さの藍染が風になびいてそれがとても絵になっていました。
そして、対比となる慶喜ですが、栄一の愛くるしさとはかけ離れた生意気な物言いです。
平岡円史郎が側に付くことで変わっていくことでしょう。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第4話「栄一、怒る」

栄一(吉沢 亮)は仕事にますます励み、もっとよい藍を作るにはどうしたらよいかと思い巡らせていたが、ある妙案を思いつく。一方、幕府はペリー(モーリー・ロバートソン)の再来航が迫り混乱していた。斉昭(竹中直人)は、次期将軍候補である息子・慶喜(草彅 剛)に優秀な家臣を付けようと、変わり者の平岡円四郎(堤 真一)を小姓に据える…(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」4話のネタバレ
藍葉の買い付けを任されるようになり商いが面白くなってきた栄一は得意先の百姓を集めた寄り合いの仕切り役を買って出る。

その頃江戸城では阿部正弘、徳川斉昭らがペリーが戻ってきた時のための対策を練っていた。

斉昭の息子・慶喜の小姓として推薦された平岡円四郎は一回りも下の若様の身の回りの世話をすることに気が進まなかった。

しかし初対面での慶喜のおごらない物言いや丁寧な振る舞いにすっかり惚れ込んでしまう。

血洗島では寄り合いが始まり栄一は皆を自分が決めた席に案内する。

栄一は藍葉の出来で大関から前頭まで番付を作っていて、さらに良い藍を作ろうと皆を鼓舞したかったのだ。

年が明け再びペリーがやってきた。

開国を拒み戦を考える斉昭と開国を勧める井伊直弼らの意見が激しくぶつかるが、阿部正弘は『日米和親条約』を締結し、その噂を聞いた尾高惇忠は憤然とするのだった。

陣屋の呼び出しがあり忙しい父・市郎右衛門の名代として栄一が叔父とともに向かった。

しかし言い渡された御用金の額に栄一は承知したと言えず、そのかたくなな態度は役人が刀に手をかけるほどだった。

納得できず領主の文句を言う栄一に市郎右衛門は「それが泣く子と地頭。そのまま払え」と静かに言った。

金を持って行き百姓の苦労を語ろうとした栄一の言葉は聞かれることはなかった。

ドラマ「青天を衝け」4話の感想
円四郎と慶喜の場面がとても印象的でした。
世を少し斜に構えて見ているような円四郎に「自分におごりや過ちがあれば必ず諫めて欲しい」とサラッという慶喜。
円四郎を前にしたまなざしに、人の本質を見抜ける思慮深さを感じました。
草彅剛は実年齢はずっと上なのに、母を迎えた時のいそいそとした無邪気さといい若々しさもしっかり伝え演技力に感心します。
吉沢亮の曇りのない瞳がそのまま栄一の人となりを表すようで彼の場面はいつも清々しい空気になります。
国のこれから血洗島のこれからと先々が楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第5話「栄一、揺れる」

惇忠(田辺誠一)に薦められた本で、清がアヘン戦争でいかに英国に敗れたかを知った栄一(吉沢 亮)は、開国した日本の未来を危惧する。そんな中、栄一の姉・なか(村川絵梨)は、自身の縁談を、“相手の家に憑き物(つきもの)がいる”という迷信的な理由で伯父・宗助(平泉 成)たちから反対され、ふさぎ込んでしまう。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」5話のネタバレ
開国した日本を危ぶむ声は栄一の周りでも高鳴っていて、惇忠から聞いたアヘン戦争の話は栄一に強い印象を与えた。
伯父夫婦が姉・なかの縁談話を断れと言ってきたがその理由は相手の家が憑き物筋だからという。
結局結婚は破談になるがなかの様子がおかしくなり、栄一は父に言われ姉の後をついて回ることになった。
阿部正弘はアメリカ、イギリスに続きロシアとも和親交渉を進めようとするが隷属国になると危惧する斉昭は激しく反対する。
津波で転覆したロシア船の救助でも意見が対立するが、斉昭の側近・藤田東湖はそれぞれの意を組みその場を収めた。
東湖は斉昭に異国の者にも国で待つ親や友があると、言葉を尽くして斉昭の気を静めようとするのだった。
ふさぎ続けるなかを見て千代は、きっと縁談相手と心が通じ合っていたのだろう、話が決まってから綺麗になったというが栄一にはピンとこないのだった。
市郎右衛門がなかを連れて出かけた隙に伯母・まさが修験者たちを連れてきて強引にお祓いを始めてしまう。
しかし栄一の機転で神様と名乗る者たちのボロが出て追い払うことが出来た。
その様子を見ていたなかは市郎右衛門と出かけたこともあり、その後元の明るいなかに戻ったのだった。
それからしばらくして江戸で大地震が起こり江戸城も大きな被害を受けるが、水戸藩邸では藤田東湖が死亡して斉昭は激しく慟哭するのだった。
ドラマ「青天を衝け」5話の感想
藤田東湖の抜きんでた人間力が描かれた今話のラストに涙が止まりませんでした。
阿部正弘に激しく抗議する斉昭ですが、主の芯から国を守りたいと思っている心根を深く理解している東湖。
息子・慶喜の心配をなだめる思いやりのある言葉と筋の通った考えに愛情と優秀さがよく表れていました。
円四郎が「諍臣とは彼のような人のこと」と言うのも納得です。
“憑き物筋”などという理由で娘の縁談に意見してきた兄に逆らえない市郎右衛門の姿に、この時代の家族形態が現れているようでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第6話「栄一、胸騒ぎ」

長七郎(満島真之介)や喜作(高良健吾)と共に剣術の稽古に励む栄一(吉沢 亮)は「百姓にだって何かできるはずだ」と意気込む。そんなとき、千代(橋本 愛)から突然思いを告げられ、胸がぐるぐるしてしまう栄一。さらに、道場破りの真田範之助(板橋駿谷)が栄一らの道場に現れて……。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」6話のネタバレ
東湖を失うという大きな痛手を残した大地震の後片付けも落ち着き、慶喜は美賀君、家定は篤君をそれぞれ正室に迎えた。
ところが美賀君は徳信院に嫉妬して慶喜に掴みかかるなど過激な行動をし、慶喜は彼女の扱いに頭を悩ます。
下田にタウンゼント・ハリスが来航し貿易のため通商条約を迫ってきて阿部正弘の心も開国に傾くが、斉昭は強く反対し勝手に朝廷に話してしまう。
慶喜は兄・慶篤と共に引退を勧めるが、老人扱いするなと斉昭は感情的になり、慶喜が将軍になったら引退すると突っぱねるのだった。
道場で剣の稽古に励む栄一と幼なじみたちだったが、ある日道場やぶり・真田範之助がやってきた。
挑んだ喜作、栄一は敗れるが長七郎は彼を打ち負かす。
その後酒を飲みながら男たちは語り合うが、酒をもらいに来て千代と手が触れ合った栄一は
初めて感じる胸の高鳴りに戸惑うのだった。
安倍からもやんわりと将軍になることを求められた慶喜だが、自分はそんな立派な人間ではないと受け入れなかった。
ところが心労がたまった阿部正弘はその後痛みを訴え公務中に倒れてしまう。
範之助と共に武者修行に江戸に向かった長七郎を羨みながら紺屋のもとに向かった栄一は、馬を走らせていた慶喜と偶然出会い近く接したのだった。
ドラマ「青天を衝け」6話の感想
余り感情的にならないのは慶喜の美点でしょうが、妻にとってはもどかしい限りでしょう。
慶喜につかみかかるほど感情豊かな美賀君なら、感情の高鳴りを押さえられず失神してしまうのかもしれません。
それに対して篤姫のおおらかそうなこと。
美賀君を川栄李奈、篤姫を上白石萌音が演じていますがそれぞれのイメージにあう上手い配役です。
イメージに合うといえば、あちこちに気を使い思い悩む阿部正弘に優男風の大谷亮平はピッタリ。
安倍が倒れて幕府がどう動きだすのか、緊張が高まる次回となりそうです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第7話「青天の栄一」

老中・阿部(大谷亮平)が亡くなり、幕府は大混乱。そんな中、慶喜(草彅 剛)を次期将軍に推す声が日ごとに高まり……。一方、血洗島では、長七郎(満島真之介)が真田(板橋駿谷)に勧められ、武者修行のため江戸へ行くことに。栄一(吉沢 亮)は、依然、千代(橋本 愛)とぎくしゃくした関係のままであったが、喜作(高良健吾)が千代を嫁にもらいたいと言い出し動揺する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」7話のネタバレ
江戸へ武者修行に行く長七郎の送別会が開かれたが、その後出た喜作と千代の結婚話に栄一はケチをつけるのだった。
江戸では阿部正弘が急死し開国派の堀田正睦が後を引き継いだが、強硬に通商を求めるハリスに幕府は国を開く方向に動き出した。
そんななか斉昭はまた朝廷に幕府を非難する手紙を送ってしまう。
川路ら勘定奉行の注意に聞く耳を持たず過激な意見を言う斉昭だったが、慶喜は厳しくそれを諫めた。
栄一の姉・なかの結婚が決まりそこでも千代と喜作の結婚が話題になった。
千代にそれとなく気持ちを聞く栄一だったが、前向きに考えている千代の返事に黙って立ち去るのだった。
幕府が混乱を極めるなかますます慶喜を将軍に推す声が高まり、松平慶永は世継ぎを慶喜に定めるよう幕府に建白書を提出した。
しかし慶喜、慶永にいい感情を持っていない家定はその案が気に入らず、さらにハリスにも自分が会うと言い出すのだった。
江戸に着いた長七郎は千葉道場に入り、生き生きと自分の志を持って生きている若者たちに刺激をもらっていて彼の手紙は栄一にも響いた。
惇忠と藍売りに出かけた道中で千代と一緒になりたいという思いに気づいた栄一は、帰ると千代のもとに走り気持ちを伝えた。
その頃、阿部正弘や堀田に代わる重臣を探していた家定は井伊直弼と出会っていた。
ドラマ「青天を衝け」7話の感想
阿部正弘の死にどれだけの激務だったかと彼の苦労が偲ばれます。
激しい気性の斉昭の行動も彼の心労の一つだったでしょう。
父に何も言えない兄と違い厳しいことも言う慶喜に、上に立つ者の資質を感じます。
嫉妬で荒れていた美賀君でしたが、慶喜の言葉にそれは建前?と聞いたのには驚きました。
単純な見方をしない賢さがあるようで、これから慶喜との関係も変わっていくのでしょうか。
やっと自分の思いに気付いた栄一が喜作とどう折り合いをつけるのか、次回が待たれます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第8話「栄一の祝言」

ついに、栄一(吉沢 亮)は自分の思いを語り、千代(橋本 愛)に結婚を申し込む。と、そこに待ったをかけたのは喜作(高良健吾)。栄一と喜作は剣術で勝負をすることに。一方、幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷五朗)が「日米修好通商条約」を結ぶが、調印は違勅だと大問題に発展。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」8話のネタバレ
千代をめぐり栄一と喜作は剣術で勝負することになる。
ほぼ互角の戦いだったが惇忠は喜作に軍配をあげた。
しかし喜作は、弟のようで頼りない栄一には千代のようなしっかり者の嫁がいいと身を引き、二人は改めて惇忠に結婚の許しを求めた。
江戸では家定が彦根藩主・井伊直弼を大老に任じたが、経験のなさを心配し反対するものは多くいた。
これまで政から外されていたと不満を持つ家定は、父が気に入っていた慶喜の世継ぎには納得できず、直弼は紀州藩主・慶福を勧めた。
その後老中たちに意見を押し通した直弼の一橋派への弾圧が始まった。
さらに日米修好通商条約を天皇に許しなく調印してしまうが、それは違勅に当たり斉昭は直弼を強く非難した。
慶喜は天皇への調印の知らせが奉書だったことに怒り、直弼に上洛して弁明しろと言ったが世継ぎが慶福に決まったことは穏やかに受け入れた。
世継ぎ問題が決着後、家定は体調を崩し亡くなってしまう。
その間際に言い残した慶喜ら水戸、越前を処分しろという言葉に従い、直弼は謹慎、隠居などきつい処分を慶喜らに言い渡したが、それは攘夷の志士たちの反発を強めることになった。
冬になり栄一と千代の婚礼が行われた。
宴にはすでに嫁をもらった喜作も参加し、皆が歌い踊り喜ぶ様子を外から眺める剣士がいた。
ドラマ「青天を衝け」8話の感想
勝負に勝ちながら千代を栄一に譲った粋な振る舞いに喜作を見直し、二人の友情の清らかさにも感じ入りました。
直弼を叱った慶喜の凛とした強さ、穏やかで上品な話し方は人を引き付けると言われた慶喜そのもの。
草彅剛の持ち味が遺憾なく発揮されていると感じます。
美賀君ともすっかり打ち解けた様子で、膝枕をする慶喜にそっと手を置くところは二人の睦まじさを伝えるいいシーンでした。
動乱が予想される次回、人々の動きが大きくなりそうでどんな演出がされるかも楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第9話「栄一と桜田門外の変」

井伊直弼(岸谷五朗)により、蟄居(ちっきょ)を命じられた斉昭(竹中直人)や慶喜(草彅 剛)は無言の抵抗を続ける。しかし、その井伊は桜田門外の変で暗殺され、斉昭も突然の死去。父の死を耳にした慶喜は慟哭(どうこく)する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」9話のネタバレ
井伊直弼は朝廷との結びつきの強い水戸藩士や攘夷派への弾圧を強めていった。
その手は慶喜を将軍に押していた者にまで及んだが、すでに処分を受けていた斉昭は国元での永蟄居、慶喜には隠居謹慎とさらに重い処分が科された。
その頃栄一と千代を祝いに長七郎がやってきたが、栄一ら男たちに江戸で流行っている尊王攘夷思想や井伊大老への反発が強まっていることを話し皆気持ちが高まるのだった。
しかし栄一の話に父・市郎右衛門は百姓の分際で何を言っていると耳を貸さなかった。
父の言葉に生まれつきの身分があるこの世がおかしいと考えた栄一は、では変えるためにはどうしたらいいのかと思い悩むのだった。
処分後部屋から一歩も出なくなっていた慶喜だったが、甲府での勤番を言い渡され挨拶にきた円四郎に息災でと言葉をかけた。
後に『安政の大獄』と言われる弾圧はその後も続き直弼は百人以上を処罰し、さらに和宮の即位まで整えた。
しかしそれは攘夷派の志士たちに外国人を襲撃するという行動に走らせた。
そして1860年雪の降る日、水戸の浪士たちに井伊直弼が暗殺された。
斉昭はその知らせを聞いたのち急死し、父の死に目に会えなかった慶喜は号泣するのだった。
直弼の暗殺は血洗島の若者たちの心も揺さぶり、喜作が江戸行きを許されたと聞いた栄一は自分も行きたいと市郎右衛門に頼むのだった。
ドラマ「青天を衝け」9話の感想
部屋から一歩も出なくなった慶喜の行動を、不当な処分への抗議だと言った美賀君。
慶喜に寄り添う心を感じますが、この処分の原因は皆が持ち上げたからと円四郎を責めるところは彼女らしい気の強さも伺えます。
『安政の大獄』から井伊直弼の暗殺まで大きな事件が取り上げられた今話ですが、馴染んだ人物が次々と命を落としていくことにこの時代の厳しさを感じます。
大きなうねりの中、栄一がどのように世の中を変える糸口を見つけていくのか興味は尽きません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第10話「栄一、志士になる」

幕府では、暗殺された井伊直弼(岸谷五朗)に代わって老中・安藤信正(岩瀬 亮)が、孝明天皇(尾上右近)の妹・和宮(深川麻衣)の将軍・家茂(磯村勇斗)への降嫁を進めていた。朝廷との結びつきを強めて幕府の権威回復を図った和宮降嫁は、尊王攘夷派の志士に火をつける。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」10話のネタバレ
市郎右衛門に江戸行きを許され勇んでやってきた栄一だったが、そこは数年前に来た江戸とは違い荒れて人々もギスギスしていた。
井伊直弼亡き後、幕府を動かす老中・安藤信正は天皇の妹・和宮を家茂に降嫁させようとしており、尊王攘夷派の志士たちは『幕吏』と呼び反発を強めていた。
栄一が訪れた思誠塾塾長・大橋訥庵らは江戸に起きる天変地異や不穏な出来事は現状に神が怒っているためと考え、自分たちで新しい風を起こす『草莽の志士』となると意気盛んで栄一も大いに刺激を受けた。
和宮の総勢三万人、全長五十キロを超える花嫁行列の世話をするため街道沿いの栄一ら百姓たちが世話をすることを言い渡される。
百姓というだけで従わなければならないことに腹を立てる栄一だったが、なかなか子が出来ないと心配していた千代の妊娠が分かり気持ちを切り替えるのだった。
和宮が江戸に到着し、思誠塾ではこのままでは天皇が廃され国が夷狄に支配されると安藤暗殺に動き出し、長七郎がその役を言い渡された。
血洗島に帰ってきた長七郎は惇忠や栄一にその計画を話し、上手くいったらその後腹を切るというのだった。
しかし惇忠は安藤一人切ったところで国は変わらないし慶喜も動かない、無駄死にになると止めた。
栄一ももっと根本から正さないと世の中は変わらないと言い、惇忠は幕府を転覆させる考えがあるとさらに長七郎をとめ上州に逃がした。
長七郎が戻らないまま思誠塾の志士たちは安藤を襲ったが、護衛に阻まれ志士たちは全滅。
訥庵や志士たちも次々と捕らえられたが長七郎も江戸に向かってしまうのだった。
ドラマ「青天を衝け」10話の感想
江戸行きを許された栄一の喜びように、いつの時代も都会は若者を引き寄せるのだとしみじみ思います。
和宮を嫁にし朝廷との結びつきを強めれば権威を取り戻せる、と考えかえって人心の反発を招いた幕府のなんと読みの甘いことか。
江戸に住むものを‟もののふ“と恐れ、嘆いていた和宮に『美女と野獣』のベルが重なってしまいます。
演じる深川麻衣は高貴な雰囲気がありいいキャスティング。
しかしその心配も解消されそうな磯村勇斗演じる端正で上品な家茂は好感度大です。
どうやって幕府の転覆を目論むのか、大きな動きは始まったばかりです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第11話「横濱焼き討ち計画」

栄一(吉沢 亮)と千代(橋本 愛)に待望の第一子が生まれるが、すぐに亡くなってしまい、渋沢家は重い空気に包まれる。そんな中、惇忠(田辺誠一)は自らの手で攘夷(じょうい)の口火を切ろうと、横浜の外国人居留地の焼き討ちを発案。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」11話のネタバレ
一度は江戸に向かおうとした長七郎だったが、今行ったら無駄死にだと止めた栄一に従い京に逃れた。
その後栄一は惇忠らと、幕府を転覆させるため横浜の異人居留地を異人ごと焼き払うという『横浜焼き討ち計画』をたてた。
謹慎を解かれた慶喜は家茂の後見職に、松平春獄は政治総裁職となった。
彼を推した薩摩藩・島津久光は早く攘夷を進めるように言うが慶喜は「攘夷など詭弁」と言い切り、自分は朝廷のご機嫌取りに使われているとガッカリするのだった。
栄一と千代の初めての子が生まれ喜んだのもつかの間、はしかにかかりあっという間に亡くなり渋沢家は皆悲しみに暮れた。
焼き討ちに向けて栄一たちの気持ちが高まるのと同時に、京では『天誅』と称して攘夷運動がますます盛んになっていた。
三条実美は慶喜、春獄に攘夷の期限を決めろと迫るが慶喜らははっきり断り実美は憤る。
イギリスとの交渉や国内の状況に苛立っていた慶喜だったが、平岡円四郎が戻ってきたことで気を取り直すことが出来た。
栄一と喜作は江戸で大太刀や槍などの武器を買い集め、計画に参加したいという者は増え続けていたが、薩摩藩や長州藩は実際にイギリスと戦い攘夷が無謀だと悟り始めていた。
栄一に二人目の子が生まれたが、これからの計画を考え家に迷惑をかけてはいけないと栄一は市郎右衛門に勘当を願った。
千代も一緒に頭を下げ、栄一の意思の堅さを知っている市郎右衛門はそれを許したのだった。
ドラマ「青天を衝け」11話の感想
世を変えようと自ら動き出した栄一と違い、百姓という自分の分をわきまえた市郎右衛門。
二人の生き方の違いが見る者に問いかけるものは大きいでしょう。
市郎右衛門が立派なのは息子との生き方の違いを受け入れ、さらに自分の生き方を息子に押し付けないところ。
やはり愛情深い人だったのだと思います。
計画が行われたら栄一は国の転覆を目論んだ罪人で終わっていたでしょう。
そして幕府に慶喜がいなかったら日本はどんな運命を辿っていたのか。
危うい時期の日本の行く末から目が離せません
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第12話「栄一の旅立ち」

役人に追われる栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)をボロ屋に引き込んだのは、円四郎(堤 真一)だった。円四郎は一橋家に仕えないかと勧めるが、栄一たちは断る。血洗島村に戻った栄一は、惇忠(田辺誠一)らと高崎城乗っ取り計画の準備をしていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」12話のネタバレ
栄一は喜作と再び江戸に出たが、役人に怪しまれ逃げ込んだ家で円四郎と出会った。
栄一の世の中を変えたいという熱い思いを面白いという円四郎から、自分のもとで武士となり仕えないかと誘われ心が動く栄一。
仲間もいるからと喜作が断ったが、円四郎は気が変わったら来いと言って去っていった。
血洗島に戻り計画を進める栄一たちだったが、実行日が近づいたある日長七郎が帰ってきた。
心強いと皆喜んだが、長七郎はこの作戦はおろかで子供だまし、決行したら皆無駄死にだ、中止しろと言った。
惇忠たちが聞いていたことと違い薩摩はイギリスに敗れ、長州や攘夷派の公家らは京から追い出された。
さらにそれを命じたのは帝だといい、どうしても行くなら自分を殺して行けと涙ながらの説得に計画は断念された。
家に戻った栄一は千代に自分が間違っていたこと、父の働きも放棄していたと謝ったが、千代は道は真っすぐではない、間違えて引き返してもいいと慰めるのだった。
栄一は市郎右衛門に焼き討ちの企てを立てていたこと、武器を買うために金をごまかしていたことを打ち明け謝った。
さらに八州回りに目をつけられ家に迷惑がかかる恐れがあるので、喜作と京に向かうつもりだと言った。
市郎右衛門は道理は踏み外さず、誠を貫いたと胸を張れるならいいとそれを許し二人は血洗島を後にする。
その頃帝を支えるため慶喜、円四郎も京に向かっていた。
ドラマ「青天を衝け」12話の感想
恐ろしい計画にハラハラしていましたが、長七郎の死を覚悟した説得で誰も無駄死にすることがなくホッとしました。
しかし生まれたばかりの娘を残し家を出ることになるとは、家族には不憫な成り行きです。
お武家様になりたかったのに百姓となり、そのやりがいを見つけ生きてきた市郎右衛門の賢さと人を見る目の確かさは栄一に伝わり花開いたように思います。
これから栄一が暮らす京都では新選組も登場し、さらに円四郎、慶喜との出会いも近づいて華やかな場面が見られそうで楽しみです
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第13話「栄一、京の都へ」

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は江戸で円四郎(堤 真一)の妻・やす(木村佳乃)から一橋家のご証文を受け取り、無事京都へたどりつく。京都では朝廷が参与会議を開催。薩摩藩などが国政に影響力を持ち始める中、“一度全てを捨て、新しい世を作ろう”と語る松平春嶽(要 潤)に、慶喜(草彅 剛)は静かに怒りを募らせる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」13話のネタバレ
栄一と喜作は京に行くのに円四郎の力を借りようと江戸に向かった。
円四郎には会えなかったが、妻・やすから平岡の家臣だという証文をもらい二人は京に向かった。
血洗島では長七郎が不審な言動をするようになり家族は心配していた。
京に着き魅惑的な雰囲気に心が浮き立つ栄一たちだったが、出会った新撰組に強烈な印象を受けた。
円四郎に何度挨拶に行っても会えない二人は、攘夷の志士たちを訪ね歩いたが懐具合は次第に怪しくなっていった。
その頃政の中心は江戸から京に変わり、朝廷では慶喜、松平春嶽らが朝議参与に任命され会議が開かれたが、中心にいたのは武力に勝る薩摩だった。
政は幕府が行うものと考える慶喜は納得がいかなかったが、春嶽は新しい世を作るため徳川は征夷大将軍を降りるべきだと言った。
栄一は自分たちの新たな画策をたてると文を送り、長七郎を京に呼んだ。
なかなか来ないと待っていると惇忠から急ぎの文が届き、長七郎が入牢したこと、栄一たちの文がお上に渡ったことを知り二人は真っ青になる。
そこに円四郎が呼んでいると家来・川村が訪ねてきた。
実は円四郎の元に江戸から栄一たちの取り調べを求める掛け合いが来たのだ。
問いただされ二人は、長七郎のこと、自分たちが幕府に悲憤慷慨していると書いた文を書いたことを話した。
呆れながらも二人の気概を気に入った円四郎は一橋の家来になれと言った。
ドラマ「青天を衝け」13話の感想
緑豊かな血洗島から人のうごめく京へ舞台が移り気分一新の今話。
京の町を歩く栄一たちの浮き立つ気分がこちらにも伝わりワクワクしました。
しかし過去の無念さにからめとられていくような長七郎は心配でなりません。
狐の面をつけた人々が歩く嫁入りのシーンは、頭の動きに合わせて動く面に何かの術をかけられているような気分になる不思議な映像で強く印象に残りました。
新しいキャスト、五代才助役・ディーン・フジオカや土方歳三役・町田啓太らの登場には心が躍り、彼らの姿が多く見られますようにと楽しみが増えました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第14話「栄一と運命の主君」

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)から一橋家に仕官せよと迫られるが、栄一は慶喜(草彅 剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見させることに成功。栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」14話のネタバレ
準備中
ドラマ「青天を衝け」14話の感想
準備中
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第15話「篤太夫、薩摩潜入」

栄一(吉沢 亮)と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄(ほうろく)をもらい、円四郎(堤 真一)から「篤太夫(とくだゆう)」「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、摂海防禦(せっかいぼうぎょ)の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井 優)の隠密調査だった。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」15話のネタバレ
初俸禄を受け取り喜ぶ栄一と喜作。
さらに円四郎から栄一は「篤太夫」、喜作は「成一郎」と新しい名前をもらった。
惇忠はやっと牢にいる長七郎に会えたがまだ解放される見込みはなかった。
領主に呼ばれた市郎右衛門は栄一たちの無事を家族に知らせたが、一橋家から掛け合いがあって岡部の領分から外れたと聞き、関わりが分からず皆首をひねるのだった。
栄一はある人物を探るという仕事を円四郎から任された。
それは薩摩藩士・折田要蔵、摂海を異国から守るためのお台場築造係に任命された人物だが優秀なら引き抜きたいと言うのだ。
折田の元には幕府の役人、会津、備中から多くの武士が出入りしていたが、栄一も彼らと共に摂海防御を学ぶことになる。
しかし一橋から来たと聞き怪しむ薩摩藩士たちもいた。
栄一は折田を評価しなかったが、宮家に出入りしているという話は薩摩が朝廷を取り込もうとしているという噂を裏付け、円四郎達は再び政治の表舞台に立たせまいと動き出した。
将軍後継職を免じられた慶喜は、御所を警護する禁裏御守衛総督を任命され京で新しい体制が始まった。
島津久光、大久保一蔵は西郷吉之助らを残して京を去ったが、この時から打倒徳川の方針になった。
折田の元から戻った栄一は、以前から提案していた新たな志士を集めるという案が受け入れられ関東に出張になり喜ぶのだった。
ドラマ「青天を衝け」15話の感想
一橋家で働く人々が身分を問わず召し抱えられていたのは、人物重視で分け隔てのない慶喜の姿勢をよく表しています。
そんな中、猪飼の失敗談は実に楽しいエピソード。
鼻を押さえていたり、さらに頭に包帯をした慶喜の淡々とした姿には笑わされましたが、下の者を責めることなく自分が悪いと言える人間性に一生ついて行くと猪飼が誓った気持ちも分かります。
栄一が西郷隆盛と酒を酌み交わす仲だったとは。
豚肉を喜ぶ姿にまだ一般的でなかった時代を知りました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第16話「恩人暗殺」

篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)は、円四郎(堤 真一)に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。二人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢(ろう)に入れられる。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」16話のネタバレ
篤太夫(栄一)と成一郎(喜作)は人選御用の命を受け関東に旅立った。
血洗島では二人が一橋家の家臣になったと知り皆面食らうが、近くまで来るので顔が見られるかと期待するのだった。
天狗党を立ち上げた藤田小四郎の扱いをめぐって藩内で意見が割れるが、徳川慶篤は諸生党・市川三左衛門に討伐を任せた。
同士が集まらず軍用金も足りない天狗党は惇忠の元にもやってきたが、大義名分のない騒乱と惇忠は申し出を断った。
ところが翌日、惇忠は陣屋に呼び出され、天狗党との関わりが疑われていると尾高家に取調べが入り平九郎も連れて行かれた。
京都では尊王攘夷の志士の取り調べが行われ、新選組による池田屋事件が勃発。
慶喜が仕向けたと噂され、水戸藩士らは円四郎のせいだと怨みを募らせた。
儒学者、農民まで集めた篤太夫らは真田範之助にも声をかけるが、天狗党に合流しようとしていた範之助は二人の変心に激怒し追い返す。
血洗島に向かおうとした二人は、村で起こった騒動を知らせる市郎右衛門からの文を受け取り、今は来るなという父の言葉にやりきれない思いになるのだった。
水戸の内乱に頭を痛める慶喜と円四郎。
自分の器量について悩みを打ち明ける慶喜に円四郎は、世をまとめるのは慶喜しかいない、自分は尽未来際(未来永劫)お供すると言うのだった。
ところが屋敷を出たところで水戸藩士に襲われ、円四郎は命を落とした。
ドラマ「青天を衝け」16話の感想
「冗談じゃねえ、死にたくねえ」と倒れた円四郎の姿に涙が止まりませんでした。
必死に応戦した川村の鬼気迫る表情は波岡一喜の名演。
強く心を動かされました。
雨が降っていなかったら、川村が傘を取りに側を離れなければと一瞬の凶行に怒りと悲しみが収まりません。
円四郎の死を知って篤太夫たちはどう考えるのか、慶喜を支える次の人材はいるのか。
藩の内部は意見が割れ、天狗党の扱いに悩む慶篤、捕まった惇忠はどうなるのかと今後の展開に心配が尽きません。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第17話「篤太夫、涙の帰京」

円四郎(堤 真一)の命が奪われたことを江戸で知り、衝撃を受ける篤太夫(吉沢 亮)と成一郎(高良健吾)。その時、京では慶喜(草彅 剛)が自ら指揮を執り、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。そこに、西郷吉之助(博多華丸)が薩摩藩兵を率いて加勢する。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」17話のネタバレ
篤太夫(栄一)と成一郎(喜作)は着々と兵を集めていたが、途中文を届けに来た伝蔵から血洗島の様子を聞き懐かしく思うのだった。
江戸の一橋邸に入った篤太夫と成一郎は、用人・猪飼勝三郎から円四郎の悲報を聞き衝撃を受ける。
円四郎の残した文を読み、生き生きとした言葉に安は涙するのだった。
攘夷派の長州は大阪までつめかけており、天守様を攫う計画と聞いた慶喜は危機感を強めていたが、戦になると薩摩が力を強めると警戒し踏み切れなかった。
しかしついに長州が兵を挙げたのを聞き御所を訪れた慶喜は、孝明天皇から長州討伐の命を与えられた。
長州軍は御所に突入し、江戸幕府開府以来初めての内戦・禁門の変が始まった。
流れ弾に当たりながら怯まない慶喜は兵を鼓舞し善戦したが、薩摩の参戦で幕府軍は長州を圧倒し勝利した。
さらにイギリスら四か国の軍艦が砲台を打ちのめし長州はついに攘夷を諦めた。
勝利を祝われても、自分は何もなしていないと不甲斐なく思う家茂は、フランスと手を組もうと考えていた。
中山道を歩き深谷にたどり着いた篤太夫と成一郎は、市郎右衛門の計らいで子供を連れてきた千代、よしらと再会し喜ぶのだった。
苦戦する天狗党は大将・耕雲斎のもと、尊王攘夷の心を見せようと京に向かうことを決めたが、慶喜は彼らの討伐を決意するのだった。
ドラマ「青天を衝け」17話の感想
京に発つ前にコソコソと掛け軸の後ろに何か隠していた円四郎。
慶喜への忠義と仕える喜びにあふれた文は、その死がどれだけ無念だったか改めて思い知らされ涙があふれました。
たんたんとした表情から深い悲しみを感じさせる慶喜・草彅剛の芝居は名演。
見ているだけで辛さが伝わってきます。
栄一と会わそうと自分は控え、千代と唄をつかわせた市郎右衛門の思いやりに深い親の愛を知ります。
天狗党との戦いも気になりますが、フランスに近づこうとする家茂も気になり目が離せない展開が続きます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第18話「一橋の懐」

篤太夫(吉沢 亮)は、天狗党(てんぐとう)討伐のため慶喜(草彅 剛)とともに京をたつ。一方、成一郎(高良健吾)は、慶喜からの密書を耕雲斎(津田寛治)に届ける。耕雲斎は降伏を決めるが、悲しい運命が待ち受けていた。一橋家を強くしなければという思いに駆られた篤太夫は、新たな兵の招集を慶喜に建白。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」18話のネタバレ
天狗党討伐に篤太夫(栄一)も出兵することになる。
しかし成一郎(喜作)が届けた慶喜からの密書を読み、耕雲斎は降伏を決めた。
天狗党の身柄を引き受けたいと慶喜は言ったが、天狗党征討総督・田沼意尊は公儀にて公平な処置をすると引き受ける。
しかし騒乱を苦々しく思っていた田沼は、全員に斬首という厳しい裁きを下した。
篤太夫は憤るが、密書を届けた時の疲弊した兵たちに攘夷のなれの果てをみたと感じた成一郎は一橋家に尽くす覚悟を決める。
家茂はフランスと造船所製造の計画を進めていたが、中心となって動かしていたのは勘定奉行・小栗忠順で実は朝廷を封じたいと考えていた。
公儀に侮られない歩兵隊を作りたいと進言した篤太夫は、慶喜から軍制御用掛・歩兵取立御用掛を仰せつかり備中の一橋領に向かった。
陣屋で目的を話し次男・三男の招集を求めたが、集まった子弟らは篤太夫の話にまるで乗ってこず希望者は一人も集まらなかった。
その頃幕府は、イギリスに近づく長州を再び征伐に動き出していた。
漢学者・阪谷朗慮の塾で学び塾生たちと交流を深めた篤太夫は、ついて行きたいという若者達に出会い、代官が人集めの邪魔をしていたのを知る。
代官を諭し多くの兵を連れ帰った篤太夫に慶喜は多額の報奨金を与えたが、篤太夫は新たな進言をした。
幕府に侮られないため懐を豊かにする、そのために農作物や硝石で利を得る方法を語る篤太夫。
これこそ自分に向いた仕事と話す篤太夫に、慶喜は任せると許しを与えた。
ドラマ「青天を衝け」18話の感想
密書を届けた成一郎、兵を集めに備中に向かった篤太夫と仕事も考え方も少しずつ違っていく二人にそれぞれの変化を感じます。
天狗党の兵士たちが皆処刑される中、ついこの前まで攘夷と言っていた長州がイギリスに急接近とはあまりの変わり身の早さ。
しかしその動きが幕府との争いを生むのですから、火種があちこちに残っている不安定な世情が伺えます。
伝蔵が篤太夫のいい相棒になっていて心強い限り。
肝のすわった穏やかさに彼の将来が楽しみになります。
これから篤太夫が経済面でどんな手腕を見せてくれるか、本領発揮が楽しみです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第19話「勘定組頭 渋沢篤太夫」

売り方を変えることで一橋領の木綿の価値を高めることに成功した篤太夫(吉沢 亮)は、さらに商売を盛んにするため紙幣の流通にも取り組む。勘定組頭に抜てきされた篤太夫は、財政を豊かにすることで一橋家を支えようと決意をする。一方、薩摩では、欧州から帰国した五代才助(ディーン・フジオカ)が大久保一蔵(石丸幹二)と密談を交わしていた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」19話のネタバレ
一橋家の懐を豊かにするという仕事を任された篤太夫。
米や火薬はうまく進んだが、まだ品質が認められていなかった播磨の木綿の売り買いに苦労していた。
イギリス公使・ハリー・パークスは修好通商条約が結ばれて七年たっても動きがないことにしびれを切らし、帝の勅許を求めて来た。
幕府内では勅許を求めず公儀で港を開こうという意見も出たが、慶喜は専断は国の根源が崩れると反対。
しかし朝廷から、港を開くと言った者の罷免を求められ公儀と朝廷の対立は鮮明になった。
家茂は将軍職を慶喜に譲ると言い出したが、慶喜は命を懸けた説得で帝から勅許を取り付けた。
そんな公儀に危機感を持つ薩摩藩は新たな国の形を模索していた。
商いをやりやすくするために紙で札を作ることを慶喜に進言し許された篤太夫。
額面通りの銀と引き換えたことで広く信用を得、木綿の取引も上手くいくようになった。
一橋家の財政を安定させた篤太夫は勘定組頭に抜擢される。
成一郎は軍制所調役組頭に昇進し、篤太夫と別々の場所で暮らすことになった。
せっかく武士になったのにと篤太夫の仕事を評価しない成一郎に、懐は大事と言う篤太夫。
二人の道がたがえたことを知るのだった。
幕府は二度目の長州征討を始めたが苦戦する。
そこには長州に武器を与えている薩摩の力があったが家茂が倒れてしまう。
ドラマ「青天を衝け」19話の感想
公儀と朝廷の間で憎まれ役となる慶喜、優しい心の持ち主なのに戦を先導しなければならなかった家茂の心労はいかばかりだったか。
勅許を得た後寝込んでしまった慶喜ですが、篤太夫と話して気鬱が治ったと表情が明るくなりホッとしました。
しかし篤太夫の話を分からない、顔を見ていたとサラッと言う慶喜には笑ってしまいました。
ほとんど表情が動かないのに笑いを取ることが出来る草彅剛の持ち味、演技力に感心します。
世の中が激しく動くなか、篤太夫は思う通りに仕事を続けられるのか見守り続けたいと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第20話「篤太夫、青天の霹靂」

家茂(磯村勇斗)が亡くなった。慶喜(草彅 剛)の次期将軍就任が避けられぬと目される中、篤太夫(吉沢 亮)は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言する。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は公家の岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「青天を衝け」20話のネタバレ
準備中
ドラマ「青天を衝け」20話の感想
準備中
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、U-NEXTなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「青天を衝け」を配信サイトで動画視聴

◯:無料視聴可能
△:有料で視聴可能
×:配信なし

配信サービス 配信状況 無料期間
特典ポイント
U-NEXT
無料視聴可能
31日間無料
600pt付与
NHKオンデマンド 無料期間なし
ポイントなし
クランクインビデオ × 30日間無料
3,000pt付与
dTV × 31日間無料
ポイントなし
Amazon
プライムビデオ
× 30日間無料
ポイントなし
FOD Premium × 2週間無料
100pt付与
Paravi × 2週間無料
ポイントなし
TELASA × 15日間無料
ポイントなし
Netflix × 無料期間なし
ポイントなし
AbemaTV × 2週間無料
ポイントなし
Hulu × 2週間無料
ポイントなし

表を見てわかるように、ドラマ「青天を衝け」の動画は、U-NEXTでのみ無料視聴可能です。

U-NEXTの無料お試し期間にもらえるポイントを利用して、NHKまるごと見放題パックに登録することで無料で視聴することができます。

(画像引用元:U-NEXT)

U-NEXT経由で登録しているため、NHKオンデマンドだけの作品だけでなく、U-NEXTで配信されている作品も一緒に楽しむことができますよ。

ドラマ「青天を衝け」に出演している草彅剛の出演作品である

  • ステキな金縛り
  • あなたへ

の動画も取り扱いされているので、一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「青天を衝け」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」の見逃し配信

続いて、ドラマ「青天を衝け」の見逃し動画を配信しているサービスを調べてまとめました。

サービス名 配信状況
NHKオンデマンド
TVer ×
GYAO! ×
YouTube ×

ドラマ「青天を衝け」の見逃し動画は、NHKオンデマンドのみで配信されていました

NHKオンデマンドは通常月額990円かかる動画配信サービスですが、U-NEXTを経由して登録すると初月無料で利用することができます。

NHKオンデマンドでは現在NHKで放送されている作品や過去の人気作品が見放題で配信されています。

もちろん、ドラマ「青天を衝け」も全話見放題で配信中です。

ぜひこの機会にU-NEXT経由でNHKオンデマンドを利用してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ドラマ「青天を衝け」の概要

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。
幕末から明治へ、時代の渦に翻弄(ほんろう)され挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。
脚本は連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月〜2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。
(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「青天を衝け」の出演者、放送情報

渋沢栄一:吉沢亮
渋沢市朗右衛門:小林薫
渋沢ゑい:和久井映見
渋沢なか:村川絵梨
渋沢てい:藤野涼子
渋沢喜作:高良健吾
渋沢よし:成海璃子
尾高惇忠(新五郎):田辺誠一
渋沢宗助:平泉成
徳川斉昭:竹中直人
藤田東湖:渡辺いっけい
徳川慶喜:草彅剛
平岡円四郎:堤真一
高島秋帆:玉木宏

制作:NHK

放送:2021年

公式サイト:青天を衝け公式サイト

ドラマ「青天を衝け」の見どころ

2019年前期の朝ドラで主人公の幼馴染役として出演し、注目を集めた吉沢亮が、“日本資本主義の父”と呼ばれた渋沢栄一を演じる大河ドラマ「青天を衝け」。

幕末から明治へ、大きく揺れ動く時代に翻弄され挫折を繰り返しながらも、「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた栄一の生涯を描いた本作は、渋沢栄一が新一万円札の肖像に決まった今だからこそ見たい作品となっています。

また、栄一の父親を演じる小林薫をはじめ、高良健吾や成海璃子、木村佳乃、玉木宏、満島真之介、橋本愛、岡田健史、竹中直人などなど、大河に馴染み深い俳優や最近話題の若手俳優の出演にも注目しながら最後までご覧ください。

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

まとめ

以上、吉沢亮主演のドラマ「青天を衝け」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

主人公の渋沢栄一が、幕末から明治へかけて、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、高い志を持ちながら未来を切り開く物語。

表題の「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む)から取られたそうです。

U-NEXT経由でNHKオンデマンドに登録すると青天を衝けの動画は無料視聴できます。

31日間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
登録月無料で動画視聴

ジャニーズ出演の2021年春ドラマ

2021年4月から6月にかけて放送されているジャニーズ出演ドラマを紹介します。

各記事では、あらすじやネタバレなどジャニーズが出演するドラマの詳細情報を紹介していますのでぜひご覧ください。

 
放送日 ドラマ名 ジャニーズ 出演者
月曜 22:45 きれいのくに 稲垣吾郎
月曜 24:15 ワンモア 戸塚祥太 五関晃一 塚田僚一 河合郁人 橋本良亮
月曜 24:59 探偵☆星鴨 有岡大貴
火曜 22:00 着飾る恋には理由があって 丸山隆平
水曜 21:00 特捜9シーズン4 井ノ原快彦 宮近海斗
水曜 21:00 DIVE!! 井上瑞稀 作間龍斗 髙橋優斗
木曜 24:59 RISKY 宮近海斗
土曜 22:00 さまよう刃 井上瑞稀
土曜 23:30 コタローは1人暮らし 横山裕 西畑大吾
土曜 深夜2:30 ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情 西畑大吾 高橋恭平 大橋和也 末澤誠也 草間リチャード敬太 小島健 福本大晴 佐野晶哉 嶋﨑斗亜 西村拓哉 大西風雅 岡﨑彪太郎 當間琉巧 小柴陸
日曜 20:00 青天を衝け 草彅剛
日曜 21:00 ドラゴン桜2 髙橋海人
日曜 22:00 やっぱりおしい刑事 風間俊介
日曜 22:00 華麗なる一族 藤ヶ谷太輔
日曜 22:30 ネメシス 櫻井翔 上田竜也
日曜 23:00 文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~ 神田:黒田光輝 豊田陸人 ヴァサイェガ渉 小田将聖 田村海琉 川﨑皇輝 安嶋秀生 檜山光成 深田竜生 織山尚大 北川拓実 元木湧 平塚翔馬 青木滉平 内村颯太