ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|砂の器の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2004年1月〜3月まで中居正広主演で放送のドラマ「砂の器」

過去3度のテレビドラマ化、1度の映画化がなされている、松本清張の長編推理小説「砂の器」が原作。

舞台を2004年に変更し、オリジナルキャラクターも加わっています。

ドラマ「砂の器」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVDレンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「砂の器」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「砂の器」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「砂の器」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVD無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2,046円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「砂の器」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

そのため、ドラマ「砂の器」に出演している中居正広の出演作品

  • 白い影(全5枚)
  • スペシャルドラマ 味いちもんめ(全1枚)
  • ATARU スペシャル〜ニューヨークからの挑戦状!!〜(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「砂の器」に出演している中居正広の出演作品がたくさん揃っています。

  • ATARU
  • 婚カツ!
  • 最後の恋
  • ナニワ金融道1
  • 腕におぼえあり3
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「砂の器」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「砂の器」の動画まとめ

ドラマ「砂の器」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「宿命が、痛み出す」
過去の呪縛に苦しみ罪を重ねる男の葛藤を描く。天才ピアニストとして脚光を浴びる和賀の前に、彼の暗い過去を知る男・三木が現われた。和賀は隠してきた素性が世間に知られるのを恐れ、勢い任せに三木を殺害。証拠を隠滅するが…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」1話のネタバレ
過去のトラウマに苦しみ罪を重ねる男の葛藤を描いたドラマ「砂の器」

天才ピアニストとして脚光を浴びる和賀(中居正広) の前に、彼の知られざる暗い過去を知る男・三木(赤井英和)が現われました。

和賀はこれまで隠してきた素性が世間に知られるのをとにかく恐れていたのです。

その恐怖から、勢い任せに三木を突き飛ばします。

気を失った三木、その時和賀はこの三木がいなくなれば脅それることもないと、いや殺害はだめだと、悩みます。

しかし少し身動きをした三木をみて、勢いで何度も石を打ちつけ殺害してしまいます。

ピアニストのため指を守るために偶然手袋をしていため、証拠を残さず殺せたのです。

そして和賀は三木殺しの隠蔽工作を決意します。

証拠を隠滅するも、現場近くで劇団員のあさみ(松雪泰子)に姿を目撃されてしまうのでした。

「コートに血が…」

顔を見られただけでなく、コートに血がついていることも、目撃されてしまった和賀。

その場は切り抜け、逃げ出すのでした。

しかし遺体は発見され、他殺とみなされて、警察の捜査が始まるのでした。

ドラマ「砂の器」1話の感想
もう悪い循環。この連鎖を止めれるのは自分自身でしかないのかな?
第1話から心配になる展開で、世界観に引き込まれてしまいました!

「砂の器」は松本清張の名作で、映画でもドラマでも、何度もリメイクされている代表作です。

いろんな役者さんが演じているので、プレッシャーも大きい作品だと思います。

その中でも中居正広が演じている本作品は、名作と言われる部類です。

中居くんが三木を殺してしまったときの葛藤を、目の演技だけで表現しきるとは。

本当にアイドル?と思うほど才能に溢れた人だと思いました。中居正広演じる和賀の天才ピアニストと殺人者の葛藤を楽しみたいと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「目撃者」
みずからの過去を知る男・三木を殺した和賀は、証拠の隠滅に奔走。警察は被害者の身元の判明に手間取り、和賀の狙いどおり捜査は難航する。だが、和賀は事件の夜にぶつかった舞台女優のあさみが自分の顔を見覚えていることに不安を…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」2話のネタバレ
吉村雅哉(永井大)巡査のと今西は事件の足取りをつかむため、秋田県へと向かったのだった。

しかしながら、期待したような収穫はなく、捜査は難航する。

高級ホステスである玲子(佐藤仁美)は和賀(中居正広)の昔の恋人だった。

和賀は、玲子にあるものを預けた。

そこには線譜、そして赤い何かが入っていることに玲子は気が付く。

そんな中、成瀬を殺したいと考えた和賀は思いもかけない行動をとってしまう。

成瀬は、劇団で主役にもなれず、親から捨てられ、絶望に打ちひしがれ、自ら命を絶とうとしていたのだった。

死んでもらったほうが都合が良い成瀬を和賀は助けてしまったのだった。

三木を殺したところを見られた成瀬は殺さなければいけなかったのに。

一方、身元が判明した三木の出身は岡山県であり、東北でないことが判明する。

和賀の心に動揺が走った。

ドラマ「砂の器」2話の感想
とてもハラハラする展開ですね。
殺害したところを目撃されたかもしれない成瀬を助けてしまったのは、
同情からなのか、はたまた他に理由があるのかとても気になるところです!
また、殺した三木の身元も判明してしまい、和賀はいてもたってもいられない様子。
吉村たちの捜査手が和賀に及ぶのは時間の問題なのか?
それとも、和賀には作戦があるのか今後の展開が楽しみです。
そして、なんといっても中居正広さんがイイ!
かっこよくて演技も引き込まれるものがあります!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「もう戻れない悲しみ」
和賀は自殺をはかったあさみを助けてしまった。唯一の目撃者を救った自分の行動に驚き戸惑う和賀は、感謝のことばを口にするあさみに素っ気ない態度をとる。後日、東京に戻った和賀に、綾香の父・田所からピアノ演奏の依頼が。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」3話のネタバレ
和賀(中居正広)の昔の恋人玲子(佐藤仁美)は燃やさなければいけない服を燃やすことができずにいた。

そんな中、玲子の元に身元がわかった三木のことで動揺した和賀から連絡がはいる。

和賀は、成瀬に心の中を見抜かれたことで、苦しみうなされていた。

そして、歯車が微妙にずれて、狂っていくような・・・何か不穏な空気を感じていた。

和賀は、昔言われた父親からかけられた言葉を思い出していた。

心が冷たい人間は手があたたかい、と。

でも、冷たい心の何がいけないのかと。

父の言葉を思い出したきっかけは、成瀬が言った和賀の手があたたかいという言葉だった。

加賀は父と成瀬の言葉に思いをはせながら作曲に打ち込んでいく。

そんな時、「亀嵩」という場所があること、そしてその地域は方言が東北訛りに似ているということを今西は突き止めていた。

ドラマ「砂の器」3話の感想
和賀が三木を殺した証拠になりそうな物を、玲子がまだ燃やしていなかったとは!
成瀬に心を見透かされて動揺し苦しんでいるところに、こんな事実があったらますます和賀は追い込まれそうですね!
そして、直感的に歯車が狂いだしたことを感じ取った和賀が、今後どのようにして逃げ延びていくのか展開が楽しみです。
「手があったかい人間は心が冷たい。だども、心がつめたくったっていいでねえか」
この父親の言葉から和賀がどんな曲をつくるのかも気になるところです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「亀嵩の謎」
和賀はバーの前であさみといるところを、関川に目撃される。関川はそれをネタに和賀に皮肉を言うが、和賀は相手にせず、逆に関川のプライドをズタズタに切り裂く。和賀は綾香との婚約、海外進出の野望を着々と進める。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」4話のネタバレ
怨念からの殺人ではないかと考えた今西たちは、三木の人物像について聞き込みを行う。

今西たちは、三木は警官だったので勤務していた亀嵩の駐在所にいたころに、何かあったのではないかと考えていた。

しかし、三木は恨まれて殺されるような人物ではないことが、聞き込みの中で判明していく。

怨念からの殺人の線では、まったく手掛かりは見つけることができなかった。

一方、扇原玲子(佐藤仁美)は血のついた服をどうしようかと困り果てていた。

燃やすはずだったこの血のついた服。

どうしたらいいのかわからず、考えた末、電車に乗り、窓から外へとばらまいてしまうのだった。

そのころ、成瀬は主役を奪われた劇団をやめていた。

女優を続けるためにと考えた決断だったが、成瀬を受け入れてくれる劇団は見つからず、和賀(中居正広)のところへ行ってしまう。

ドラマ「砂の器」4話の感想
まさか、玲子が血のついた服を窓からばらまいてしまったのはびっくりしました。
これが原因で和賀が三木を殺害したことが警察にばれてしまわないのかとヒヤヒヤする展開ですね。
今西たちも捜査に行き詰っているようですし、今後どのように事件を解明していくのか、楽しみです!
また、成瀬が和賀のところへ行ってしまったのも驚きですね。
一度は成瀬は和賀に殺されそうになっているのに!
二人の関係はどのようになっていくのでしょうか?
成瀬と和賀の関係にも注目したいですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「崩れ始めた嘘の人生」
互いのぬくもりを求め合い、和賀とあさみは一夜を共に過ごした。翌朝、ピアノの前で思考にふける和賀に、あさみは自分が女優をめざす理由を告白。自分を捨てた親に「自分を見つけてほしい」という欲求があったと話す。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」5話のネタバレ
吉村は、新聞で興味深いコラムを見つける。

タイトルは「紙吹雪を撒く女」というもの。

そのコラムの中で、殺人によって受けた返り血で赤く染まった服をばらまいているかもしれない、という内容だ。

このコラムの記者から話を聞き、扇原玲子への繋がりを見つける。

そんな中、解散してしまう蒲田操車場殺人事件捜査本部。

そして、姿を消してしまった扇原玲子。

捜査に進展が見られない中、今西はそれでも事件解決に闘志を燃やしていた。

ある時、今西は三木のある情報を手にする。

三木が東京へ向かう前伊勢にある旅館で得た情報であり、三木が東京へと向かったワケを知るのだった。

吉村は、引き続きコラムから事件を追っていた。

そして、線路沿いで紙のかけらを見つける。

この紙のかけらは、玲子がまいた人の血で染まった服を元に作った紙吹雪だった。

ドラマ「砂の器」5話の感想
まさか玲子が殺人の証拠をばら撒いていることがコラムになってしまうなんて!
と、驚きの展開ですね!
玲子がばら撒いた殺人の証拠が警察に見つかってしまうのか!?
ソワソワしてしまいます!
そしていよいよ和賀に捜査が迫る時がきたのでしょうか?
また、三木が東京へ向かった理由が明らかになるということですが、
この理由は事件の核心に迫りそうな感じでしょうか?
いずれにせよ、事件の真相へと近づいている感じがしますね!
今後の展開に期待です!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「迫り近づく刑事の影」
吉村が見つけた布の断片から三木の血液が検出された。事態が進展したため、再び捜査本部が置かれることに。今西は玲子の行方を追うべく、玲子が勤めていたクラブの顧客を中心に聞き込みを開始する。一方、綾香との結婚を控えた和賀は…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」6話のネタバレ
警察は、紙吹雪を撒いた女である扇原玲子を探していた。

なぜなら、吉村が発見した布のかけら(血がついた紙吹雪)から殺された三木の血液が検出されたからだ。

だが、扇原玲子は警察に見つかる前に死んでしまう。

実は、玲子は子供を妊娠していた。しかし、玲子の相手の関川は、玲子が妊娠している子供は自分の子供ではないのではないかと疑っていた。

そんな疑いを関川から向けられた玲子は、悲しみ、失意の中で出血性流産になってしまい、そのまま命を落としてしまったのだった。

そして、このことから関川と玲子の関係が判明し、警察が探していた玲子との関係があった関川は、警察に確保されてしまう。

警察は関川から話を聞いていく中で、関川の口から和賀の話が出る。

ついに事件と和賀がつながった。

警察はいよいよ和賀へと捜査の手を伸ばしていくのだった。

ドラマ「砂の器」6話の感想
姿が見えなかった玲子がまさか流血性流産で死んでしまったことに驚きました。
これからもっと事件に関わっていくのでは!?と感じていたのでびっくりです!
警察はついに和賀に辿り着きましたね!
今後は、吉村と今村が和賀へと迫っていくのだと思いますが、
和賀がどのように切り抜けていくのか・・・今後のストーリーもハラハラしそうです。
それにしても、相手にお腹の子どもを疑われてしまった玲子が、とてもかわいそうでしたね。
続きが楽しみです!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「絶対に隠したい秘密」
関川の証言と玲子の通話記録から、和賀のもとに今西が現われた。犯行を隠し通すという信念に支えられた和賀は、動じることなく聞き込みに応じる。今西が帰った後、新曲に取り組む和賀の姿はより鬼気迫るものに。一方、あさみは…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」7話のネタバレ
吉村と今西は、和賀の元を訪れていた。そして、三木が殺害された夜の事について和賀に問う。

ついに警察の捜査は和賀まで辿り着いたのだった。

しかし、和賀は、自分は三木を殺すことは不可能な事件当日のアリバイがあるという。

和賀のアリバイとは、三木が殺害された時、一緒に朝まで過ごした人間がいて、それは成瀬あさみだと伝えた。

その言葉を聞きいた成瀬は、和賀に合わせる形で和賀のアリバイ工作に協力をしたのだった。

その後、今西はある事を思い出して亀嵩へ急いで向かった。

田所代議士の娘から話を聞いている途中で、和賀英良の写真が脳裏に浮かんだからだった。

それは、伊勢で見たものだった。

今西は、向かった亀嵩で重要な情報を得る。

昔、三木が保護をした親子がいた。

親子は浮浪者だった。

父親の名前は「本浦千代吉」といい、子供の名前は「秀夫」といった。

ドラマ「砂の器」7話の感想
成瀬と和賀の関係は以前よりずっと深いものになったのでしょうか?
以前は、和賀が成瀬を殺そうとしていたこともありましたが、協力する関係に変化しているのが気になりますね!
そして、とある親子も登場してきました!
まさかこに人物は・・・と、心の推理スイッチが入ってしまいます。
はたして、この親子と三木の関係はなんなのか?!
そこに、三木が殺された理由がありそうですね。
今後のストーリーで解き明かされるのが楽しみですね!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「聞こえてきた父の声」
今西は、かつて島根・亀嵩にいた千代吉親子が事件の鍵だと直感。千代吉の故郷・石川を訪れるが、人々がいまだに彼に深い憤りを抱き、親子について話すらしようとしないことに驚く。事件の根の深さを痛感した今西は…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」8話のネタバレ
石川県大畑村、すでにダムに沈んだこの村でかつて30人もの村人が殺されたという恐ろしい出来事があった。

それを大畑事件と言い、その犯人こそが本浦千代吉だったのだ。

もう一度その事件の真相を追っていく今西、でも生き残った村人たちは誰もが本浦千代吉の事について話そうとはしなかったのだ。

次に今西が調べたのが長崎の大水害、和賀英良の両親はそこで亡くなっている。

そうして一人生き残ったのが和賀だったのだ。

和賀はハットリタケシという子供と仲良しだった。

彼は施設で暮らしていた子、行方不明となり今もその遺体は上がってきてはいない。

こうして着実に調べを進めていく今西、一方の和賀本人はというと「宿命」の作曲を進めていく。

行き詰まっていた彼だが、過去を思い出すことで少しずつながら前に進めていけているのだった。

ドラマ「砂の器」8話の感想
村というからにはそこで暮らす人の数は決して多くは無いことでしょう。そんな中での30人もの虐殺、かなりの大事件というのは分かります。身内が知り合いがたくさん犠牲になった出来事ですから村民が話そうとしないのは分かりますが、とはいえそこまで頑なに誰もが口を閉ざすとなると、まだ知られていない何かがあるのではと考えてしまいます。和賀側は知らなくとも視聴者としては包囲網が狭まってきているのがよく分かります。ですからどうなるのだろうとドキドキしながらいます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「逃亡」
和賀のもとを訪れた田所は、警察に追われている理由を問いただす。うまくごまかしたものの、和賀は破滅の足音を察知して動揺。恐怖を振り払うようにピアノに向かい、「宿命」を完成させる。一方、和賀が犯人だと確信をもちはじめた今西は…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」9話のネタバレ
和賀英良イコール大畑事件犯人の本浦秀夫なのではないか、そういった推理の元で今西と吉村は更に確実にしようと次は成瀬の元に近づくのだった。

そして問い詰められた成瀬は、ついに和賀が田町に居たということを告白してしまう。

田所代議士もまた、和賀に対して不信感を抱き始めているのだ。

今西らは本浦千代吉の元も訪れる。

彼は本浦秀夫の父であり、今は医療刑務所に収監されていた。

そんな頃、和賀がどうしていたかというとようやく「宿命」の楽譜は書き終えてしまっていたのだ。

でも彼の心の中ではまだ終わってはいない。

まだ何かあるはず、これで完成では無いといった思いがあって満足感は得られてはいなかった。

あと足りないのは何なのか、和賀は尚も苦悩する。

そこには無いなにか、何とか掴みたい何かを求めてやまないのだった。

ドラマ「砂の器」9話の感想
今西と吉村の追及の手が止まることはありません。尚も着々と狭まっていく包囲網、警察側を中心として描いた作品だったら爽快感抜群なのですがむしろ和賀の方を中心に見ていて彼にこそ感情移入しているので、焦りや不安を強く感じさせられました。本浦の父親の千代吉がどういったことを語るのかも気になります。そして成瀬、和賀が田町にいたという事実が伝えられてしまったのです。
一方の和賀の思いも気になるところ、「宿命」はどうなっていくのでしょう。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「宿命・最終楽章前編」
追い詰められた和賀は発作的に電車に乗り、島根・亀嵩へ。過去の呪縛の重さに耐えかね、線路上で号泣する。尾行していた今西は、和賀が背負った宿命に哀れみを感じるように。数日後、和賀はついに新曲「宿命」の完成披露コンサートに…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」10話のネタバレ
30人もの村人を惨殺した大畑事件、その真相はとても悲しいものだった。

本浦千代吉は村八分にされていたのだ。

その原因となったのがダム建設問題。

小さな村で除け者にされることほど恐ろしい罰はない。

急病になり苦しむ妻さえも村人は見殺しに、追い払われその結果として妻が死んでしまったのだ。

怒りが爆発した千代吉が復讐をした、そうして多くの犠牲が出てしまったというのだ。

もちろんそのまま村でい続けることなどできない。

逃げた千代吉と秀夫、そして途中で行き倒れてしまったところを助けてくれたのが三木なのだ。

千代吉は三木に秀夫を託して自首した。

秀夫を養子として育てようと頑張る三木、でも世間は殺人犯の息子に厳しいものだった。

こうして過去が明らかになった和賀は、ついに逮捕状が出され終われる身となったのだ。

ドラマ「砂の器」10話の感想
ダム建設問題で荒れる村、きっと各地で起こったことだと思われます。自分たちの育った場所を守りたいという気持ちもお金が欲しい・もっと栄えてほしいという気持ちだって分かります、どちらが正しいとは言えません。でもそのせいで村の人たちが争わなければならなくなったのは悲しいこと、そうして大切な人が犠牲になれば復讐に燃える気持ちもまた分かるのです。そういった過去が現在の和賀に繋がって、負の感情は悪循環を繰り返し決して良いものを生み出すことは無いのだなと感じました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「完結編・宿命の再会」
大量殺人を犯した千代吉は島根・亀嵩で行き倒れ、三木の勧めで自首していた。千代吉の息子・秀夫は三木に引き取られた後に脱走。今西は、秀夫が恩人の三木を殺したのは悲しい宿命ゆえだったと捜査本部で説く。一方、あさみは演奏会の客席で…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」11話のネタバレ
コンサートホールにはたくさんのお客さんたちが。

その中で「宿命」を遠雄する和賀だが、その心は残酷だった子供時代に飛んでいるのだった。

和賀の本名は本浦秀夫。

彼は宿命を受け入れることなく、自身で切り開いて来た。

三木の元から逃げ出した本浦、長崎大水害の混乱を利用して過去を消したのだった。

でも三木は本浦のことを忘れることはなかった。

ずっと気にかけていた彼はついに秀夫の足跡を見つけ出しこのコンサートホールまでやって来ていた。

ホールの裏手にはすでに彼を逮捕するために今西らがスタンバイしている。

ただそのまま警察に行くことはなく今西は千代吉の入院している警察病院を経由、秀夫はベッドに横たわる彼に本当の気持ちを打ち明けるのだった。

鉄格子を間にしてようやく手を握り合った親子、それこそが彼らの宿命だったのだ。

ドラマ「砂の器」11話の感想
外で待機する警察官たち、それを知りながら宿命という曲を演奏し続ける和賀の心のうちは如何なるものだったことでしょう。過去を消したつもりでいても、人のつながりは強固に続いていきます。決して完全に断つことなどできないんだなと思えました。そのまま捕らえてしまうのではなく千代吉の元へと連れていってやった今西の計らいが見事です。あなたの子供でいることが嫌だった、三木さんを殺してしまったときちんと言うことでもう一度過去と向き合うことができたのです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「砂の器」の概要

1960年代に発表された松本清張の同名小説を現代風にアレンジ。

主人公を中居正広演じる天才音楽家に置き換え、重い宿命を背負った男の悲しみを描く。

新進気鋭のピアニスト・和賀(中居)は、自分の過去を知る男・三木(赤井英和)を撲殺。

現場から立ち去ろうとした時、劇団員のあさみ(松雪康子)とぶつかってしまう。(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「砂の器」の出演者、放送情報

和賀英良:中居正広
成瀬あさみ:松雪泰子
関川雄介:武田真治
吉村雅哉:永井大
田所綾香:京野ことみ
唐木イサム:松岡俊介
宮田誠:岡田義徳
扇原玲子:佐藤仁美
今西純子:森口瑤子
麻生譲:市村正親
三木謙一:赤井英和
田所重喜:夏八木勲
本浦千代吉:原田芳雄
今西修一郎:渡辺謙

原作:松本清張『砂の器』

主題歌:DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」

制作:TBS

放送:2004年

ドラマ「砂の器」の見どころ

あまたある日本のドラマの中でも、屈指の名作との呼び声高い本作。

重い宿命を背負った天才ピアニスト・和賀英良を、中居正広が繊細かつ大胆に演じきります。

その凄みたるや、和賀英良というキャラクターが中居に乗り移ったかのよう。

ぜひその渾身の演技にご注目下さい!

ドラマオリジナルのヒロイン・成瀬あさみ(松雪泰子)を登場させることで、和賀の人間性がより際立ち、見るものの心を揺さぶります。

和賀を追い詰める刑事・今西修一郎(渡辺謙)も、さすがの存在感。

幼い秀夫(和賀の本名)を連れて放浪する父・本浦千代吉(原田芳雄)のセリフのない映像がとても美しく、深く印象に残ります。

作中に奏でられるピアノ協奏曲『宿命』は、千住明による書き下ろしで、ピアノ演奏は羽田健太郎によるものです。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「砂の器」の感想

50代女性
まず、このドラマは映画にもなって、最近もドラマ化されて、色々な人が演じているのですが、主役の中居正広さんが俳優志望であるので、中居さんの強い意志が感じられました。この話はこれが最初に見ましたが、犯人が最初にわかっているドラマなので、推理しなくてもよく、見やすかったです。被害者の役を赤井英和さんが演じていましたが、それがよく役に合っていたと思います。最後にピアニストの和賀が父親に再会するところが感動しました。   
30代女性
“寡黙なピアニストの中居くんが本当にかっこいいです!黒いスーツ、黒髪がビシッと決めてホールに立つ姿が美しい。
ストーリーは松本清張の小説の内容を少し現代版にアレンジしている感じで、違和感はなかったです。
つらい宿命を背負って、和賀英良として生きる中居君は本当に苦しそうで、でもその宿命から逃れたくて必死に努力してきた姿は本当に切ないです。
子供時代の回想シーンが毎回入るのですが、お父さんとの幸せな思い出、悲しい思い出が毎回泣きそうになります。
ラスト公演のシーンは本当に壮大で、ストーリーと楽曲「宿命」がリンクして感動します。”   
50代女性
中居正広扮する殺人犯と、渡辺謙扮する刑事の攻防を描いたサスペンスドラマです。「白い影」同様暗くて、影のある主人公を中居くんが哀愁漂う演技で魅力たっぷりです。原作とは違うところも多いですが、後半の謎解きが加速していく様、主役二人の迫真の演技は息をのみます。音楽もとても素敵です。最終回のコンサートホールのシーンは号泣でした。   

まとめ

以上、中居正広主演のドラマ「砂の器」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

これまでに何度も映像化されている松本清張原作の「砂の器」。

本作での主人公・和賀が背負った宿命、奏でるピアノの音色、号泣する姿が、美しい映像と共に何度も胸を締め付けます。

SMAPファンだけでなく多くの人が釘付けになって涙した、俳優・中居正広の代表作です。

ゲオ宅配レンタルで砂の器のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴