ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|太陽は沈まないの動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

2000年4月〜6月まで滝沢秀明主演で放送のドラマ「太陽は沈まない」

本作は、現代になり希薄になりつつある人との深い絆、そしていきる勇気とは、現代人へ問う心揺さぶるドラマ。

母の死の真相を明らかにするため、医療ミスを組織的に亡き者とする”大学病院”に立ち向かう一人の男の物語です。

ドラマ「太陽は沈まない」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「太陽は沈まない」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「太陽は沈まない」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「太陽は沈まない」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「太陽は沈まない」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「太陽は沈まない」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「太陽は沈まない」に出演している滝沢秀明の出演作品

  • 太陽の季節(全6枚)
  • 魔女の条件(全6枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「太陽は沈まない」に出演している滝沢秀明の出演作品がたくさん揃っています。

  • 里見八犬伝
  • 鼠、江戸を疾る
  • 真夜中のパン屋さん
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「太陽は沈まない」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「太陽は沈まない」の画まとめ

ドラマ「太陽は沈まない」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

第1話 「母はなぜ死んだか」

 

ドラマ「太陽は沈まない」1話のネタバレ
真崎直(滝沢秀明)は剣道部の合宿で、花火大会が中止されたことに苛立ち、腹いせをして、謹慎されてしまいます。

母の照子(竹下景子)が先生に謝罪する姿を見て、直は反抗期ならではの恥ずかしさから、ますます苛立ちました。

それから1週間が経過したある日。

照子が犬の散歩に出かけたきり、帰りませんでした。

翌日、病院から身元不明の遺体があると連絡を受け、家族と共に向かいました。

遺体は照子でした。

直は過労死だったと聞かされても、納得できません。

家族はそれぞれ自分が苦労をかけたからではないかと、責めました。

母の火葬で、直は骨の中から医療用のメスを見つけます。

直はショックのあまり取り乱してしまい、父(尾藤イサオ)に支えられて、何とかその場を乗り切りました。

直は病院に問い合わせますが、病院側からは一蹴され、相手にされませんでした。

直は合宿のトラブルで照子が謝罪に来たときに履いていたパンプスを抱き締めて、涙を流します。

ドラマ「太陽は沈まない」1話の感想
初回からショッキングなストーリー展開でした。

高校3年生の男子であれば、反抗期になるのは当然で、直も本当の気持ちを隠しながら、突っ張っていたのだろうと思います。

母との突然の別れは、直にどれだけの悲しみを与えたのかを思うと、ものすごく切ない気持ちになりました。

母が過労死だと聞かされ、納得できないながらも、死と向き合おうとしていた矢先に、メスが骨の中から出てきたら、どれだけ辛かったのだろうと感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「僕は病院と戦う!」

 

ドラマ「太陽は沈まない」2話のネタバレ
直(滝沢秀明)は病院からの説明を求めて電話をし続け、何とか会う約束をとりつけます。

担当の南悦司(京本政樹)に会うも、話はできず、代わりに外科部長・伊瀬谷慶蔵(大杉漣)が出てきます。

直たちは、メスを突き付けて説明を求めますが、流されます。

結局、直は警備員から追い出されてしまいました。

直は桐野セツ(松雪泰子)が所属する弁護士事務所を訪ね、助けを求めます。

セツはメスをカメラで撮り、病院のものかどうかを確かめてくれることになりました。

学校に行くと、直は友達から伊瀬谷亜美(優香)たちとグループデートをして欲しいと頼まれ、浅草の花屋敷に行きます。
亜美は直と一緒に居られて楽しそうでしたが、直は帰ると言い出します。

直が家に帰ると、母のお骨の側にあったはずのメスが見当たりません。

ちょうど病院の事務局長が来て、父・史朗(尾藤イサオ)が見送っているところでした。

父が川にメスを捨ててしまったのです。

セツからメスの種類が特定できたと言われ、直はメスを探しに行きました。

亜美が通りかかり、一緒にメスを探し、見つけてくれました。

実は、亜美は慶蔵の娘でした。

ドラマ「太陽は沈まない」2話の感想
直は母が医療過誤により亡くなったと考えるようになり、病院からの説明を必死に求めます。

病院からきちんとした説明もなく、直はきっと絶望していたのだと思います。

そのようなときに、弁護士のセツとの出会いは、直にとっての唯一の希望だったはずです。

直と亜美を見ていると、いつか上手くいくような気がしますが、亜美は直の敵である病院の外科部長の娘でした。

直はまだ知りませんが、これからの2人を見ていくのは切なくなってしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「ずぶ濡れで抱きしめた人」

 

ドラマ「太陽は沈まない」3話のネタバレ
セツ(松雪泰子)は病院を訴えるためのメス以外の証拠を集めようとします。

直は照子の写真を入れたチラシを作り、犬の散歩に出かけた日の目撃情報を集めることを考えました。

直は家族や近所の人を巻き込み、必死に証拠集めを始めました。

セツと会った亜美(優香)は直の家に行き、線香を立てます。

亜美は父の病院が相手であることに複雑な気持ちでした。

亜美は思い切って、直に自分の気持ちを伝えました。

直たちの活動を見た病院が、メスの置き忘れをあっさり認め、謝罪してきますが、直もセツも府に落ちません。

直は部活にも力が入らず、訴訟のこともあり、友人たちは離れていきました。

直は帰りに照子(竹下景子)が立ち寄った神社を訪れ、直へのエールを書いた母の絵馬を見つけました。

家には南(京本政樹)が来ていましたが、直は病院関係者を入れる気はありません。

直は近所の人たちから批判を受けても気にせず、部活も辞めました。

直はセツを信じて、真実に立ち向かって行く決心をしました。

ドラマ「太陽は沈まない」3話の感想
セツを信じきれない家族もいましたが、直はセツにすがる思いで、必死に協力します。

亜美は父の病院と直との間で、きっと揺れる気持ちもあったと思いますが、家でも口を利かずに、直に自分の気持ちを伝えました。

亜美なりに、何か覚悟をしていたのかもしれません。直が神社で母の絵馬を見つけたシーンは、涙なしには見られませんでした。

反抗期で素直になれなかった自分が、母との最後の自分だったことを改めて突き付けられたのではないかと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「別れの涙とキス」

 

ドラマ「太陽は沈まない」4話のネタバレ
直(滝沢秀明)は自分の味方は亜美しかいないと感じ、亜美に抱きつきました。

亜美の母・晃子(伊藤蘭)から連絡があり、直は家に招待されます。

晃子は夫と対立する直とは最後にしてもらうつもりでした。

セツ(松雪泰子)は病院で情報を集めており、亜美が慶蔵(大杉漣)の娘だと知りました。

セツは照子の第一発見者を見つけ、直と向かいますが、まともに話ができない相手でした。

直は腹を立てますが、セツに説得され、頭を下げます。

家に帰ると、晃子がいて、父の史朗(尾藤イサオ)に厳しい言葉を投げていました。

直は晃子に作ったお好み焼きを渡そうとしますが、冷たく突き放され、お好み焼きは車で轢かれます。

セツは病院から入手したカルテを見て、空白の時間があることをつかんでいました。

直は毬(小嶺麗奈)の母が照子と神社で会ったことをセツに伝えました。

直は亜美に会うことをためらいながらも、待ち合わせ場所に向かいます。

直は、新しい携帯の番号は気になって仕方ない亜美に最初に教えるから来たと言いました。

亜美は思わず涙を流します。

ドラマ「太陽は沈まない」4話の感想
直にとって、亜美はいつの間にか心の支えになっていたのだと感じました。

亜美の母の優しさに触れ、久々に笑顔を取り戻した直でしたが、お好み焼きの一件で、亜美の父と対立してしまったことを改めて突き付けられたのだと思います。

亜美の父が病院関係者であったことは、運命のいたずらだとしか思えず、直の狭間で揺れる気持ちは相当だったはずです。

それでも、直と亜美はやっと素直になれて、困難の中で、どう進んでいくのかが気になります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「母の命の値段?」

 

ドラマ「太陽は沈まない」5話のネタバレ
直(滝沢秀明)は神社の石段で飼っていた犬・ワスケと再会し、連れて帰りました。

直は母の絵馬を見て、勉強を始め、部活にも戻ります。

直は毬(小嶺麗奈)が衣類にヒントはないかと言ったことをきっかけに、照子(竹下景子)のヤッケを調べます。

ヤッケの傷を見つけ、セツ(松雪泰子)の元に走りました。

照子がいつも履いていたサンダルがないことにも気づき、直とセツは病院に行きます。

看護婦たちは口を開こうとせず、セツはレントゲン写真を再び見せてもらいました。

セツはカマをかけて、写真にメスがないと騒ぐと、南(京本政樹)が引っ掛かります。

南は腹部にメスを置き忘れたことをあっさりと認めることになります。

セツはすぐに真崎家に連絡し、照子は病院側の不注意で亡くなった可能性があり、真実は相当に辛いものかもしれないと話しました。

セツは裁判の準備に取りかかりました。

直にいくら請求するかと尋ねると、直は照子が考えたお好み焼きのメニューの代金をあえて言いました。

ドラマ「太陽は沈まない」5話の感想
直の母の死因は、病院側の医療ミスにあることが少しずつ現実的になってきました。

毎回、直は深刻な表情を浮かべるような内容ばかりですが、亜美や犬のワスケとの再会など、必ずホッとできるよりどころがあり、直はやっと前を向けているのだと、より考えさせられます。

母の絵馬をきっかけに、反抗期だった直は素直になろうと決意したような気がします。

勉強や部活に没頭し始めた直の姿が、悲しい気持ちをより強調しているようにも感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「裏切りと別れ」

 

ドラマ「太陽は沈まない」6話のネタバレ
セツ(松雪泰子)は元カレの弁護士・池澤(鶴見辰吾)と再会します。

池澤は医療過誤の事件について、セツがどこまで調べているのかを聞きました。

結局、池澤は病院側の弁護を担当することになり、2人は事件をめぐって法廷で戦う同士になったのです。

セツは以前、父の自殺の真相を知るために依頼してきた少年(赤西仁)の期待に応えられず、少年が自ら父の仇を討ってしまった過去がありました。

セツは、少年の気持ちを救えなかったことをずっと後悔していました。

セツから話を聞いた直は、セツが泣いていることに気づきます。

亜美は直の力になりたい一心で、病院に忍び込んで、カルテを盗み出してしまいます。

北山(高橋ひとみ)は現場を目撃し、亜美の母・晃子(伊藤蘭)に伝えました。

晃子は背景に直がいると考え、真崎家に乗り込んでしまいました。

直は亜美のことを思って、謝罪するしかありませんでした。

セツは亜美からカルテを渡され、亜美に裁判の結果に関係なく、直を支えてあげて欲しいと話すのでした。

ドラマ「太陽は沈まない」6話の感想
直の母の事件の真相をめぐり、セツは昔の恋人と対立することになってしまいました。

亜美も、直と父が敵同士になったことを受け止め切れているのかいないのか、揺れていると思いますが、直のためにカルテを盗み出して協力しました。

亜美が本当に直のことを思っていることが鮮明すぎて、非常に切ない気持ちになりました。

直も亜美のことを大切に考えているからこそ、身の危険を冒してまでカルテを盗み出した亜美を守りたかったのだと思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「本当に好きな人は」

 

ドラマ「太陽は沈まない」7話のネタバレ
亜美(優香)は慶蔵(大杉漣)から、直が押し掛けてきて殴られそうになったと言われ、直に直接確認しようとします。

直とは連絡が取れず、真崎家にかけても、直はいませんでした。

南(京本政樹)が何度も直の家を訪ねて来ますが、直は中に入れないと貫いていました。

しかし、直は真実を知るために、わざと南を家に入れます。

南は照子(竹下景子)には、腸間膜血栓症の可能性があったことと、医療過誤ではないことを話しました。

直はセツ(松雪泰子)に報告し、セツからは南が自分のことで嘘をついていたと聞かされました。

亜美の母・晃子(伊藤蘭)は慶蔵と、北山(高橋ひとみ)の見合いについて話していました。

慶蔵は真実を知る北山を自分の見える範囲に置いておく必要があると言います。

直の剣道部は、地区予選を迎え、直の家族は応援に行きました。

亜美は直に会うべきか迷いますが、応援にかけつけました。

団体戦は負けでした。

直はセツに試合を見て欲しかったと伝え、セツは負けは負けで認めるように返します。

ドラマ「太陽は沈まない」7話の感想
亜美の両親は、亜美が直と未だに仲良くしていることを懸念して、2人を切り離そうと、とにかく必死なのだと感じました。

亜美は直を信じたい一心で、何度も連絡をしますが、つながりません。

それでも、亜美は直の試合会場までかけつけました。亜美は両親を大切に思っている一方で、直のことも同じくらい大切なのだと思いました。

直がセツに、試合を見て欲しかったと伝えた背景には、どんな感情があったのかは、非常に気になるポイントでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「母さん、裁判が始まる!」

 

ドラマ「太陽は沈まない」8話のネタバレ
亜美(優香)は父と対立することになっても、直(滝沢秀明)の力になる方を選び、事務所でセツ(松雪泰子)を待っていました。

直も来ていて、迷惑だから帰って欲しいと、冷たく言います。

いよいよ裁判が始まります。

照子(竹下景子)は胸が苦しくて病院に運ばれましたが、病院側は腹部の病気だと誤診していたのです。

裁判で証明されるかどうかがかかっています。

直は受験勉強を理由に亜美に会わないようにしていましたが、亜美を呼び出しました。

今後の裁判によっては、証人として、亜美にも出廷してもらう可能性が出てきます。

直は亜美に、好きであることと、もう会えないことを伝えました。

亜美は会えないのに好きだと言われたことに、怒りますが、直はそのまま帰って行きます。

亜美は直にお守りを投げつけました。

看護婦の菊井繭(菅原禄弥)には妹がいて、妹も看護婦をしていましたが、2人は病院を辞めていました。

セツは繭に対して、アプローチを続けます。

セツのアプローチの甲斐もあり、菊井は真崎家に行き、照子が病院に運ばれてきたときの状況だけを話します。

それだけしか聞けませんでしたが、菊井は照子のサンダルを探して来てくれました。

ドラマ「太陽は沈まない」8話の感想
直と亜美は、お互いに好きなはずなのに、素直になれないまま、すれ違ってばかりです。

直も亜美も、一緒に真相を追及すれば良いのにと思ってしまいますが、お互いのことが大切だからこその溝なのかもしれません。

母・照子の病院での様子や、健康状態が少しずつではありますが、話してくれる人も出てきて、見えてきたような気がします。

裁判もついに始まり、セツも本気で戦ってくれていました。

裁判がこれからどのように展開していくのかが、見どころです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「母を殺したもう1人の男」
 

ドラマ「太陽は沈まない」9話のネタバレ
直(滝沢秀明)は、最初に医師から説明を受けた父・史朗(尾藤イサオ)が裁判で証言することを思いつきます。

直の受験合格発表の日は史朗の証言の日でした。

セツ(松雪泰子)の質問に順調に答えますが、池澤(鶴見辰吾)の質問の鋭さに言葉に詰まってしまいます。

家に帰り、直の合格祝いをしますが、史朗は落ち込みっぱなしです。

直はセツの元を訪れ、家族や自分の複雑な気持ちを話します。

それでも、直の意思は固く、訴えを取り下げず戦う決意を新たにしました。

直は合格を報告するために、亜美(優香)に電話をします。

亜美は久々の連絡が嬉しい気持ちを隠して、連絡しなかった直を責めました。

セツに亜美のことを話す直ですが、セツは直の話を聞いては亜美との仲をからかいます。

真崎家には今までの生活が戻りつつありました。

亜美は自分なりに事件のことを調べ続けていましたが、衝撃の事実をつかんでしまいます。

セツは直と佐々木教授(小木茂光)を訪ねます。

直は佐々木に、母を殺したと迫りました。

ドラマ「太陽は沈まない」9話の感想
直の思いつきで、父が証言台に立つことになりますが、池澤の怒濤の質問攻撃に追い詰められる父の姿は、家族にも衝撃を与えたはずです。

亜美は相変わらずの性格ではありますが、連絡を取り合わなくても、お互いに支え合っているのだと温かい気持ちになります。

そんな亜美がつかんだ事実が、これからの展開にどのように関わってくるのかが気になります。

佐々木教授という人物が、直の母の死について何を知っているのか、真相に近づきつつあります。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「衝撃の真実!太陽は沈む」
 

ドラマ「太陽は沈まない」10話のネタバレ
直(滝沢秀明)とセツ(松雪泰子)は佐々木教授(小木茂光)が、南(京本政樹)から連絡を受けて、手術に立ち会ったと考えていました。

しかし、佐々木が駆けつけたとき、既に照子(竹下景子)は亡くなっていたようです。

亜美(優香)はセツの事務所を訪ね、直のために集めた情報を話します。

それは、慶蔵(大杉漣)が照子が運ばれた日に参加したパーティーを途中で抜けていたというものでした。

裁判も佳境に入ってきました。

裁判の中では、セツや直たちが必死に集めてきた情報を元に、尋問が始まります。

南も証言台に立ちます。

直が法廷に駆け込んできて、照子が運ばれた日に、別の女性患者もレントゲン写真を撮っていたことが明らかになりました。

これを基にセツは説明を始めます。

南が照子の治療にあたり、開腹手術をしますが、北山(高橋ひとみ)がレントゲン写真の入れ違いに気づき、急いで腹部を閉じました。

焦った南は佐々木に連絡するも、慶蔵が現れたというものでした。

直は自分が考えていたことと違い、発狂してしまい、法廷から出されました。

ドラマ「太陽は沈まない」10話の感想
裁判も終盤に差し掛かり、証人も核心に迫る人物が出てくるようになりました。

佐々木は手術に立ち会ったのかどうか、佐々木が本当のことを言っているのか、分からない部分はたくさんあります。

亜美がつかんできた情報は、父を裏切る内容になっていましたが、それでもセツに伝えた亜美の思いが辛く感じました。

直は裁判の行方を信じていただけに、自分が思っていたことと違う事実が見えてきて、かなり動揺していたのだろうと思います。

医療過誤はあったのかどうか、最終回まで分かりません。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話 「太陽とは?運命の対決」
 

ドラマ「太陽は沈まない」11話のネタバレ
直(滝沢秀明)は19歳になり、亜美の母・晃子(伊藤蘭)から呼び出され、直のせいで家族が壊れたと言いました。
直は真実を追及しても良いのか、揺れてしまいます。

偶然、直と亜美(優香)は久々に再会します。

相変わらず言い合いをしていましたが、直は亜美を抱き締めました。

裁判が終わったら、再び会うことを約束し、別れます。

裁判も終盤に入り、慶蔵(大杉漣)が証言台に立ちます。

直もセツ(松雪泰子)も必死に情報集めをして挑みますが、慶蔵は過労死だと貫きました。

セツは感情が抑えきれず、涙ながらに慶蔵に訴えかけると、慶蔵は深々と頭を下げたのです。

結果、裁判は直の勝ちで終わりました。

直は亜美と約束した公園で待っていましたが、亜美は家族との時間を選び、来ませんでした。

代わりにセツが来ます。

後日、セツが真崎家を訪れ、菊井(菅原禄弥)から聞いていた真実を伝えました。

照子(竹下景子)は混雑する病院の中で、放置された挙げ句、他人のレントゲン写真を基に手術されます。

手術も失敗し、菊井にありがとうと残し、照子は亡くなりました。

ドラマ「太陽は沈まない」11話の感想
長期に渡った裁判に結論が出ました。裁判で真相が暴かれたのか否か、疑問は残りましたが、反抗期だった直は母のために必死に戦い、成長したのだと思います。

結局、医療過誤というよりも、不幸が重なったために起きた事故だったように取れ、直は自分が考えていた結果にたどりつけたのか、気になりました。

照子の体内に残された医療用メスは、照子が亡くなる原因になっていたのか、少しモヤモヤしてしまいました。直と亜美はそれぞれの道を歩み出します。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「太陽は沈まない」の概要

お好み焼き屋を営む真崎照子はある日、犬の散歩中に意識不明となり翌日病院で死亡した。

その葬式の際、骨となった照子から手術用のメスが見つかる。

照子の息子・直はその母の死に疑問を感じ、病院側の医療ミスを弁護士の桐野セツとともに追及していく。

直のクラスメイトは直を応援してくれる。

しかし地元の商店街をはじめとした地域経済は病院側からの支援によってようやく成り立っている状態。

そのため、次第に直の一家は孤立を余儀なくされてしまう。(引用元:ウィキペディア)

ドラマ「太陽は沈まない」の出演者、放送情報

真崎 直:滝沢秀明
桐野セツ:松雪泰子
伊瀬谷亜美:優香
真崎照子:竹下景子
真崎史朗:尾藤イサオ
真崎祐子:佐藤仁美
真崎瑠奈:井上結奈
吉田 毬:小嶺麗奈
柏野広太:牧野紘二
溝口健司:渡辺卓
森  俊介:三浦哲郁
根本卓巳:藤代知己
野中公平:モロ師岡
伊瀬谷慶蔵:大杉漣
伊瀬谷晃子:伊藤蘭
南 悦司:京本政樹
北山志津子:高橋ひとみ
菊井 繭:菅原禄弥
少年(第6話):赤西仁

原作:水橋文美江

主題歌:エルトン・ジョン「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」

制作:フジテレビ

放送:2000年

ドラマ「太陽は沈まない」の見どころ

ドラマ「太陽は沈まない」は、主人公の青年による恋愛、友情、そして戦いを描いた作品。

理不尽さを抱える今の社会に生きる中、青年は心に傷を負い悶えながらも人を懸命に愛し、悩み成長していく姿が一番の見どころです。

今の人々が希薄になりつつあると言われている人と人との絆であったり、いきる勇気をテーマに問うドラマとなります。

高校生の主人公・直は、タッキーこと滝沢秀明が演じていますが、

大学病院での医療ミスにより最愛の母を亡くすという、ハードな人生を背負う青年役を熱演しています。

学生ということで、タッキーが制服姿を披露しているのは、ファン冥利につきる作品ですね!

共演として、松雪泰子が、直と共に真相を暴いていく女弁護士役を、優香が直に片想いをする少女役、

そして母親役を竹下景子と、実力派で美麗な豪華キャスト陣によってストーリーに華を添えています!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

ドラマ「太陽は沈まない」の感想

40代男性
医療ミスというとても重いテーマを扱った作品。ラストシーンは涙なくしては見れません。 
40代女性
生前不仲だったお母さんのため、死の真実を明らかにしようと決意する息子の姿に涙が出ます。主題歌がドラマの雰囲気を引き立てていました。 
20代女性
滝沢秀明さんが出演されたドラマで、最も記憶に残っている作品です。母親が医療過誤のために命を落としてしまい、認めようとしない病院を相手に戦う息子役を演じられていましたが、滝沢さんの初々しさがぴったりだと思いながら見ていました。医療過誤事件が起きたとき、病院に個人が立ち向かっていくことが、どれだけ大変なものなのかを強烈に考えさせるドラマだったと思います。最終回で努力が報われたとき、一緒に泣いてしまいました。

まとめ

以上、滝沢秀明主演のドラマ「太陽は沈まない」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「過労死」と医師から告げられた母の遺骨からメスが…

医療ミスをひた隠す大学病院と、医療裁判で立ち向かっていく青年・真崎直 (滝沢秀明)。

彼を通して人間の深い絆、そして生きる勇気を問いかけている感動のドラマです!

TSUTAYA DISCASで太陽は沈まないのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴