ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|太陽の季節の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2002年7月〜9月まで滝沢秀明主演で放送のドラマ「太陽の季節」

石原慎太郎の芥川賞受賞作をドラマ化。

父を失った主人公の復讐と、切ない恋を描いたオリジナルストーリーとなっています。

ドラマ「太陽の季節」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルで無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルの無料期間を利用すると、ドラマ「太陽の季節」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「太陽の季節」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「太陽の季節」は動画配信サイトでは配信がなく、ゲオ宅配レンタルでDVD無料レンタルが可能です。

ゲオ宅配レンタルは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

期間中であれば、ドラマ「太陽の季節」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「太陽の季節」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば同時に発送されます。

また、ドラマ「太陽の季節」に出演している滝沢秀明の出演作品

  • 太陽は沈まない(全6枚)
  • 魔女の条件(全6枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

ゲオ宅配レンタルには、ドラマ「太陽の季節」に出演している滝沢秀明の出演作品がたくさん揃っています。

  • 里見八犬伝
  • 鼠、江戸を疾る
  • 真夜中のパン屋さん
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

ゲオ宅配レンタルはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはゲオ宅配レンタルの無料お試し期間でドラマ「太陽の季節」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「太陽の季節」の動画まとめ

ドラマ「太陽の季節」は、ゲオ宅配レンタルで全話無料レンタルできます

(画像引用元:ゲオ宅配レンタル)

ゲオ宅配レンタルは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

第1話

 

ドラマ「太陽の季節」1話のネタバレ
初夏の暑い日には、太陽がぎらぎらとこの世界を照りつけます。
和泉英子(池脇千鶴)は楽譜を手に持ち、不自由な足を引きずって歩いていたところ、交差点で転倒してしまうのでした。

英子が持っていた白い楽譜用紙は、まるで音を奏でるかのように、宙を舞います。

しかし、それを人々は踏みつけてはスタスタと歩いていく人ごみです。

そんな冷たい人たちの中に、津川竜哉(滝沢秀明)だけは、英子と一緒に楽譜を拾ってくれたのでした。

英子は竜哉にお礼を言いますが、竜哉は笑顔で応えるだけです。

この出会いが、最初の2人の出会いだったのです。

竜哉は慶徳大学の同級生である佐原慎二(高岡蒼佑)の誕生日パーティーで、慎二の婚約者である小宮山由紀(松本莉緒)に出合います。

竜哉は、友人の婚約者が大企業の社長令嬢だと知り、由紀に近づくのでした。

一方で、家に帰宅した英子は、楽譜の中に奨学金申請書があるのを見つけ、竜哉になんとか返そうと、出会った場所で彼を待つのですが…。

ドラマ「太陽の季節」1話の感想
英子が楽譜を落として、それが宙に舞った時は、なんだかとても綺麗な世界観が広がっていました。

しかし、その用紙を踏んづけて歩いていく人たちって、ものすごく嫌な世の中だなと感じました。

そんな時に竜哉が拾ってくれて、お礼を言った英子に対して向けた笑顔は、とってもステキでした。

英子ちゃん、一瞬で惚れてしまいましたよね。

その気持ちはとても分かります(笑)。

その後に面倒くさいなと思いながらも、何かを習得しようと友人のパーティーに向かう姿は、人を小馬鹿にしたような態度でもあり、これはこれでよく映りました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話

 

ドラマ「太陽の季節」2話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)は英子(池脇千鶴)を、初めて2人が出会った交差点でずっと待ち続けます。

英子から声を掛けられた時、竜哉は慎二(高岡蒼佑)らと一緒にいたため、邪険に英子を扱ってしまったため、彼女に対して気まずさや申し訳なさを感じていたのでした。

しかし、英子はそんなことを気にもせず、純粋無垢な笑顔を見せ、竜哉の心をホッとさせたのです。

竜哉は彼女に、彼女自身が作曲した楽譜を返し、もしその曲が出来上がったら、聴きたいと言います。

その様子を直人(忍成修吾)が見ていたことも、竜哉は気付いていません。

一方で、由紀(松本莉緒)は竜哉からキスされてしまったから、彼のことが気になって仕様がなく、慎二と会話をしていても、上の空です。

竜哉に興味をそそられている由紀の態度を知った竜哉は、さらに由紀を誘惑するのでした。

ある日のこと、竜哉に電話で呼び出された英子が待ち合わせ場所に向かうと、そこにいたのは竜哉ではなく、直人だったのです。

ドラマ「太陽の季節」2話の感想
まず直人役を演じる忍成修吾さんって、こんなに若い時から、いやーな役柄しかやらないのですね!

ですが、とっても似合っています。

英子ちゃんの笑顔もとってもすてきで可愛らしいです。

しかしじぶんの中では、由紀を演じる松本莉緒さんの「婚約者がいるというのに、竜哉が気になって仕方がない」というような表情が、ものすごく可愛らしかったです。

そんな彼女を操っているような竜哉は、ちょっと怖くもありますが。

でも、竜哉も本当は純粋な心をもっているので、それがこれからどうなるのか、楽しみです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話

 

ドラマ「太陽の季節」3話のネタバレ
英子(池脇千鶴)は、竜哉(滝沢秀明)の携帯電話に助けを求めます。

竜哉に呼び出されて向かった先には直人(忍成修吾)がいて、英子は強引な誘いを断って、間一髪で逃げてきたのです。

竜哉は英子に怖い思いをさせ、申し訳なく思い、翌日に直人を呼び出します。

英子にしたことを責めたて、落としてしまった英子の財布を取り返します。

そんな様子を見ていた慎二(高岡蒼佑)は、竜哉と英子が付き合っていると思い、直人を許してほしいと頼むのでした。

思わず、竜哉は「分かったようなことを言うなよ」と、慎二に初めて自分の感情をぶつけたのでした。

財布を返すため英子のいる病院を尋ねた竜哉は、そこで駅伝部に所属する耕平(岡田義徳)に会います。

彼が唯一、竜哉の過去を知る男ですが、竜哉は全く耳を貸しません。

それから竜哉は慎二の家を訪ね、竜哉が初めて本音を話せる友人だと信じる慎二は、竜哉に謝罪するのでした。

そこに由紀がたまたまやって来て、竜哉を見ては避けようとする由紀ですが…。

ドラマ「太陽の季節」3話の感想
やっぱり忍成修吾さんって、こういう人を欺いたり、だまして何か制裁を加える役が、お似合いですね!

しかし、直人はそもそも慎二のことが大好きで、慎二と仲の良い竜哉に対して嫉妬しているというのは、なんだか可愛らしいですね。

子供っぽい考え方ですが、不器用な男の子って、こんな感じのところがあるような気がします。

また、竜哉を見た時の由紀ちゃんの、自分の思いを殺しているような感じの表情や、慌てふためいている感じは、とっても女の子らしくて可愛らしく映りました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話

 

ドラマ「太陽の季節」4話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)にとって、英子(池脇千鶴)は少しずつ、かげがえのない、大きな存在になっています。

初めて出会った交差点で、2人が見つめ合うと、お互いへの真っ直ぐな思いが込められています。

2人が近づこうとした時に、由紀(松本莉緒)は竜哉を呼び止めます。

竜哉は躊躇したにもかかわらず、英子ではなく由紀を選び、彼女とその場を立ち去るのでした。

竜哉は、間違った道を進んでいると気付きながらも、どうすることも出来ないのです。

英子は病院で耕平(岡田義徳)に会い、英子に好意を寄せている耕平ですがその英子は竜哉が好きなことを知っています。

竜哉の良いところをたくさんアピールする耕平に、英子も心を開いていくのでした。

その夜、英子の家に向かった竜哉は、昼に無視したことを謝罪しに来たのです。

そこへ英子の母、響子(松坂慶子)は竜哉を家に入れます。

英子は、母の様子を気にしますが、竜哉に対して好意的であり、竜哉とのお付き合いを応援しているような、素振りなのです。

ドラマ「太陽の季節」4話の感想
「あなたとは卒業するまでの、ただのお遊び」と由紀は竜哉に言いますが、その後の返しが逸脱だったと思います。

あんな風に竜哉に言われてしまったら、強がっている由紀の心は、どんどんどんどん竜哉に惹かれていきますよね…。

竜哉も罪な男です。

本当に好きなのは英子だけど、自分の私利私欲のたまには由紀を利用したくて、でもその由紀は竜哉を好きで。

なんだか面倒くさいですね。

三角関係どころではなく、五角関係くらいになっていて、大変です。

実際にこういうことってあるので、「なんだかなあ、人生そう上手くいかないよなあ」と思わざるを得ません。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話

 

ドラマ「太陽の季節」5話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)と英子(池脇千鶴)は、2人でコンサートへ出かける約束をしていましたが、約束の時間になっても、竜哉は彼女の前に姿を現しません。

それでも英子はずっと、彼を待ち続けます。

竜哉が行かなかった理由は、英子の母に「二度と娘とはもう会わないでほしい」と言われていたのでした。

会わないつもりでいた竜哉は、ずっと自分を待っている英子を見て、やはり放ってはおけません。

遅れてきたことを謝罪するために、竜哉と英子は海へ向かいます。

夜明けの海はとても綺麗で、きらきらと輝いているのでした。

竜哉がアパートへ戻ると、慎二(高岡蒼佑)が「なぜ由紀と竜哉が一緒にいたのか」と問い詰めます。

竜哉は自分の家が貧乏なことと、由紀にはアルバイトのことを相談しただけだと、誤魔化します。

そんなある日、竜哉の母の蕗子(宮崎美子)が大学を訪れ、耕平(岡田義徳)は蕗子を見て、竜哉のアパートへ案内するのでした。

アパートに戻った竜哉は、母がいることにビックリします。

ドラマ「太陽の季節」5話の感想
ただただ女の子が男性を待っている姿って、とっても可愛らしく映りますよね。

ずっと待っている姿を見てしまうと、もう英子には会わないつもりだったのに、思わず声をかけてしまう竜哉の気持ちも、理解できます。

こんな女性をそのままにするなんて、そんな非人道的なことは出来るはずがないです…。

ただ、竜哉の心も複雑なようで、英子も純粋で可愛らしいけど、何とも言えない表情が、視聴者を複雑な思いにさせます。

慎二の、同性の友達に嫉妬してしまうあたりも、まだ幼くて可愛らしいですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話

 

ドラマ「太陽の季節」6話のネタバレ
英子(池脇千鶴)の母である響子(松坂慶子)は、竜哉(滝沢秀明)が英子を自分から引き離そうとしていると考え、英子を海外に連れていくことを決めます。

けれども、母の決心に初めて逆らった英子は、竜哉と一緒に生きることを決めたのでした。竜哉に連れられた英子は、彼のアパートへ向かいます。

しかし、その場の勢いで飛び出して来てしまった2人は、これから先の未来のことを考える余裕はなかったのでした。
耕平(岡田義徳)だけは、そんな2人を祝福してくれます。

英子がどこにいるのかを探しにきた、和泉家の家政婦である民代(高橋ひとみ)は、竜哉の大学まで、やって来るのでした。

民代のせいで、直人(忍成修吾)や吉彦(新井貴浩)たちに、竜哉と英子のことがバレてしまいます。

直人は面白おかしく騒ぎ立てますが、慎二(高岡蒼佑)だけは竜哉の味方をします。

竜哉の素性を知っている慎二は、みんなにそれがバレないようにかばってくれたのです。

しかし、みんなからは反感を買ってしまうのでした。

ドラマ「太陽の季節」6話の感想
自分の親友の素性を知っていても、それが周りにバレないように動いてくれる慎二が、今回は素敵に見えました。

男っぽいなと思います。

それにしても、自分の鳥かごの中から娘を連れ出そうとする竜哉が許せない、みたいなことを想う母は、ちょっとなあと感じました。

「そろそろ、子離れしないと!おかあさん。」って思ってしまいます。

自分の子供を大事に大事に育ててきたのは良いのですが、少しは自分のところから離して過ごしたりしないと、お互いにダメになってしまうよ、と感じてしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話

 

ドラマ「太陽の季節」7話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)は、英子(池脇千鶴)に自分のアパートの合鍵を渡します。

「英子には嘘をつかない」と竜哉は約束し、「君を守る」と固く誓ったのでした。

花火大会に行ったことのない英子と、それに連れていくと竜哉は約束し、2人の幸せな時間が始まります。

そして、竜哉はバイト先に辞表を提出するために向かいましたが、そこには由紀(松本莉緒)がいたのです。

好きだからという理由ではなくて、ただ単に慎二(高岡蒼佑)を傷つけるために近づいてきたことを知った由紀のプライドは、ずたずたに砕け散ります。

さらに、竜哉への想いが止められない由紀は、英子に負けたことがどうしても許せません。

竜哉が由紀を振り切った瞬間に、由紀はよろけて倒れこんでしまいます。

由紀は咄嗟に悲鳴をあげ、ちょうどそこへやって来た慎二に助けを求め、襲われたフリをします。

慎二は竜哉へ怒り狂い、激しく憎むのでした。

そして、竜哉の元には奨学金を打ち切るという報告が入り、しかも母の蕗子(宮崎美子)は仕事を辞めさせられたという連絡が入ります。

ドラマ「太陽の季節」7話の感想
今までは、自分のなかで可愛らしく映っていた由紀ちゃんです。

けれども、今回は由紀ちゃん、地に落ちました…。女性の嫉妬や、プライドをずたずたにされると、女性って人が変わってしまうのでしょうか。

やることが汚すぎます。また、自分の恋人が嘘をついているのに、恋人の意見や話しか聞かない慎二にもげんなりしてしまいました。

これから、竜哉は下に落とされてしまうのでしょうが、頑張れ!!と、強く励ましたい気持ちでいっぱいです。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話

 

ドラマ「太陽の季節」8話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)は、慎二(高岡蒼佑)から札束を見せびらかされ、侮辱されます。

そんなことをされた竜哉は、再び彼の野心に火が付くのでした。

そして、折原(遠藤憲一)から「小宮山不動産を乗っ取るためには、娘の由紀(松本莉緒)を落とせ」と言われ、また由紀を誘惑するのでした。

一方で、英子(池脇千鶴)の母である響子(松坂慶子)は、娘に内緒で、竜哉の元を訪ねます。

響子は、ちょうどランニングをしている最中であった竜哉の身体に、思わず目が釘付けになってしまいます。

「英子の将来を竜哉に託す」と、響子は竜哉に話しますが、彼はそれを頷くことが出来ないのです。

響子は、自分のマネージャーである沢木(乃木涼介)から契約を打ち切られてしまいます。

けれども、英子が作曲した楽譜を見た沢木は、響子が作曲した曲だと勘違いしてしまい、響子の才能を絶賛するのでした。

しかも、響子にこの曲の続きを書くよう勧められますが、響子は…。

待ちに待った花火大会の日、英子は竜哉を待ちますが、竜哉は由紀とホテルにいたのです。

ドラマ「太陽の季節」8話の感想
とりあえず、慎二というのは、最低最悪な男ですね!

自分がいくらお金を持っていようが、そのお金は自分のものではなくて、親のものなのに、そうやって札束を見せびらかすという行為は、勘違いも甚だしいです。

ちゃんとした家柄に産まれたのなら、きちんと教育されているので、そんなことは出来ないと思いますが。

所詮、そんなことを出来てしまうレベルの低い家柄に産まれたんだということを、見せたいだけなのかと、心の中で馬鹿にしてしまいました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話
 

ドラマ「太陽の季節」9話のネタバレ
結局、竜哉(滝沢秀明)は英子(池脇千鶴)ではなく、由紀(松本莉緒)を選んだのでした。

心を深く傷つけられ、帰る場所も失った英子を、優しく救ってくれたのは、耕平(岡田義徳)です。

英子から事情を聞いた耕平は、竜哉を批判し、英子の迎えに来るよう言いつけますが、「彼女はお前に譲るよ」と言った竜哉に、激しく怒るのでした。

英子は一人暮らしが出来るようになるまで、耕平のアパートで居候をさせてもらうことになります。

その一方で、竜哉は由紀が持つマンションに住むことになりました。

慎二(高岡蒼佑)の父親は、若葉銀行の副頭取をしていますが、その若葉銀行は莫大な負債を抱えていることが世間には知れ渡ります。

父親の会社が倒産しそうになり激しく落ち込む慎二に、由紀は婚約破棄を言い渡します。

そして、竜哉への恋心も告白するのでした。

慎二は、由紀の後ろ姿を寂しく見送りながらも、竜哉への憎しみが激しく渦巻くのです。

そんな慎二を見た直人(忍成修吾)は、「竜哉を、俺が殺してやる」と告げるのでした…。

ドラマ「太陽の季節」9話の感想
竜哉も最低だなあと思います。

けれども、由紀ちゃんも薄情な女性ですね…。

自分のことを好きだと思ってくれている男性に、あんなことを言ったり、何事もなかったように立ち去るのは、よくないです!

お金や権力で、男性を引き止めても嬉しくないと思うのですが、そういう気持ちに蓋をしている由紀ちゃんに理解することはできます。

ただ……。自分が由紀なら、なんだか虚しい気分にしかなりません。

竜哉の気持ちに気づかないフリをしているのか、そうだとしても、ここまで英子や由紀を翻弄させたりする、竜哉も、ちょっと嫌な男ですね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話
 

ドラマ「太陽の季節」10話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)は、由紀(松本莉緒)の心を完全に鷲掴みにします。

由紀は竜哉に惚れ込んでしまい、彼に夢中になっているのです。

しかも由紀の父親であり、小宮山不動産の社長でもある亮三(浜田晃)の信頼と期待をも、竜哉は得ようとしているのでした。

ある日、折原(遠藤憲一)から企画書を作成するのに必要なデータが、社長室にあると聞いた竜哉は、由紀をそそのかして、社長室に忍び込みます。

そのデータをコピーし、折原が作った企画書を亮三に渡すのでした。

その企画書の出来栄えに、亮三はとても感心するのですが…。

その一方で、英子(池脇千鶴)は母である響子(松坂慶子)のいる実家に戻ります。

娘の帰宅に泣いて喜ぶ母の姿を見た英子は、母を愛おしいとさえ思うのでした。

そして竜哉との素敵でもあり儚い思い出を、曲にのせて作曲することを、英子は決意します。

しかし、全てが順調に上手くいっていると思われた日に、予想外の事件が起きるのでした!

ドラマ「太陽の季節」10話の感想
やっぱり、由紀ちゃんのことを好きにはなれませんが、女の子だなあと思ってしまいます。

恋する女の子って、独特の世界観が広がっているので、なんでだか可愛らしくて仕様がないのですよね。。。

ですが、竜哉も由紀をそそのかして、社長室に入るなんて、人としてダメだよと思いました。

社長室に娘だからといって簡単に入ってしまうような会社も、困りものですね。

娘の帰宅を子供のように泣いて喜ぶ響子は、可愛いですが、「まだ子離れできないのか…」と思ってしまいました。

響子は、母親として子離れできないというのもありますが、音楽家として才能ある娘を自分のために手放せないので、それも面倒くさい母親だなと感じてしまいます。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11話
 

ドラマ「太陽の季節」11話のネタバレ
竜哉(滝沢秀明)は「おれは…最低の人間だ」と言い残し、自ら海に沈んでいきます。

彼自身の意識が薄くなっていく中、誰かに腕を掴まれました。

その誰かとは、慎二(高岡蒼佑)だったのです。

英子(池脇千鶴)と耕平(岡田義徳) は、竜哉のそばにいて、ようやく目を覚ましました。

英子も耕平の2人とも、本気で竜哉のことを心配していたのです。

英子は「竜哉のことがやっぱり好き。たとえ傷つけられても。だから、死んだら絶対に許さない」と言って、キレイな涙を流します。

その日、折原(遠藤憲一)も竜哉の元を訪ね、トラブルに巻き込んでしまったことを謝罪し、ある意味ありげなことを残すのでした。

そして、竜哉は慎二に謝罪しに行きますが、慎二は「簡単に死ぬな。自分のしてきたことを、ちゃんと背負って、逃げずにこれからを生きろ」と告げます。

竜哉も、「自分の人生をちゃんと受け止めて、これから生きていく」と宣言するのでしたが、由紀(松本莉緒)は…。

ドラマ「太陽の季節」11話の感想
とりあえず、最終回は良い終わり方だったと思います。

このドラマを見ていて、耕平や英子以外のどの役柄もほぼ1回は嫌いになりました。

しかし、最後は丸く収まって、竜哉と慎二が和解して良かったとも思いました。

でも、これから先に竜哉や慎二がどう成長したとしても、きっとこの2人が本当の親友になることはできないのでしょうね。

慎二は、ずっと竜哉を自分の親友だと最初は思っていたので、そこはちょっとかわいそうだなとも思います。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、ゲオ宅配レンタルなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「太陽の季節」の概要

父が借金を苦に自殺したことで貧しい暮らしを強いられてきた津川竜哉。

大学に入学した竜哉はそのことを隠し、佐原慎二ら裕福な同級生たちと派手に遊んでいた。

ある日、竜哉が転倒した和泉英子を偶然助けたことで2人は出会い…(引用元:公式サイト)

ドラマ「太陽の季節」の出演者、放送情報

津川竜哉:滝沢秀明
津川竜哉(小学生時):薮宏太
和泉英子:池脇千鶴
川野耕平:岡田義徳
小宮山由紀:松本莉緒
安藤はるか:松本まりか
本城直人:忍成修吾
小田切吉彦:新井浩文
白川笙子:石橋けい
橘医師:深江卓次
佐原慎二:高岡蒼甫
津川路子:宮崎美子
津川伊織:吹越満
和泉響子:松坂慶子
折原要:遠藤憲一

主題歌:滝沢秀明「キ・セ・キ」

制作:TBS

放送:2002年

ドラマ「太陽の季節」の見どころ

「太陽の季節」といえば、石原慎太郎の代表作にして、石原裕次郎の映画デビュー作、そして映画主演を務めた長門裕之と南田洋子が結婚するきっかけともなった作品です。

本作は、そんな往年の名作からタイトルや役名だけを拝借した完全オリジナルストーリー。

父を失った主人公の復讐劇と、ひと夏の切ない恋愛が描かれています。

主演を務めたのは、本作以前は好青年を演じることが多かった「タッキー」こと滝沢秀明。

20歳にして、セクシーな悪い男という新境地を開きました。

ファンに「タッキーのPV」とも言わしめた、滝沢秀明の魅力がたっぷり詰まったドラマですよ!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴

ドラマ「太陽の季節」の感想

40代女性
石原裕次郎の代表作として有名な「太陽の季節」のリメイク版。原作の小説も芥川賞を受賞した社会派の傑作…ということは重々承知しているのですが、私は正直なところタッキーの裸目当てで見てました。とにかく脱ぐシーンが多い。セクシーなタッキー見るならこのドラマを真っ先におすすめします。 
30代女性
タッキーの色気がすさまじいです。当時子供の私でもドキドキしていたくらいなので、大人なお姉さん方はもうたまらなかったのではないでしょうか。
30代女性
正統派の青春ドラマでおもしろかったです。でも、ぶっちゃけストーリーに興味なくても、タッキーだけで十分見る価値のあるドラマです。それくらいタッキーの魅力が凝縮されています。 

まとめ

以上、滝沢秀明主演のドラマ「太陽の季節」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

往年の名作「太陽の季節」を現代版に大胆にアレンジ。

セクシーなタッキーの魅力全開なドラマですよ!

ゲオ宅配レンタルで太陽の季節のDVDは無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/

30日間無料で動画視聴