ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|トットちゃん!の動画を無料で見れる動画配信まとめ

2017年10月〜12月まで清野菜名・松下奈緒主演で放送のドラマ「トットちゃん!」

黒柳徹子の半生を描いたドラマです。

激動の時代の中、どのように名司会者になったのか。そして、黒柳徹子の様々な出会いと別れが描かれています。

ドラマ「トットちゃん!は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「トットちゃん!」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「トットちゃん!」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「トットちゃん!」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「トットちゃん!」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「トットちゃん!」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば全て同時に発送されます。

また、ドラマ「トットちゃん!」に出演している近藤真彦・三宅健の出演作品

  • 恋して悪魔 ~ヴァンパイア★ボーイ~(全5枚)
  • ネバーランド(全5枚)
  • 人間・失格 -たとえばぼくが死んだら-(全4枚)

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「トットちゃん!」に出演している近藤真彦・三宅健の出演作品がたくさん揃っています。

  • 東芝日曜劇場 ヨイショの男
  • エンジン
  • 明るいほうへ 明るいほうへ -童謡詩人 金子みすず-
  • マルサ!!
  • 天国に一番近い男 教師編
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「トットちゃん!」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「トットちゃん!」の動画まとめ

ドラマ「トットちゃん!」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1週
昭和4年、東洋音楽学校で声楽を学んでいた門山朝(松下奈緒)は、帝都交響楽団が主催する“第九演奏会”の合唱員募集のチラシを見て友人たちと応募。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」1話のネタバレ
朝(松下奈緒)と守綱(山本耕史)、帝都交響楽団主宰の第九演奏会で、運命の出会いを果たす。

前日、朝の父・門山周通は朝を北海道まで連れ戻しに訪ねる。

見合いさせたいと言い、上京したのだ。

朝の下宿先の、宏・えつの助けもあり第九演奏会は参加できるよう許諾を得る。

その甲斐あり、朝は演奏会に参加できた。

演奏会後、朝は帰宅せず守綱と共に彼のアパートへ。

現状を朝が報告、すると守綱は朝にプロポーズ。

一夜を守綱のアパートで過ごす朝。

守綱のアパートでそのまま同棲を開始する二人。

平穏な日々が続くが、すぐ居所が父・周通に発覚。

周通はアパートに来るや、いきなり守綱を殴打し朝を連れて帰ろうとする。

朝に説得され、勘当を言い放ち北海道に返る周通。

宏やえつに迷惑をかけたが、えつは朝に優しく、北海道までわざわざやってきて周通に内緒で朝・守綱、二人の婚姻届にサインして届けてくれた。

二人は無事、結婚出来ることに。だが守綱、金にはルーズで家に金がない。

自ら稼ごうとする朝の事を守綱は気に入らず、監禁状態に置く。

ドラマ「トットちゃん!」1話の感想
朝と守綱、帝都交響楽主宰の演奏会で出会う訳ですが、二人は一目ぼれだったのでしょうか。
父の周通は別の人間と見合いをさせたかったようですが、やはりそこは本人の意志を尊重してほしいところですね。
ただ現代と違って昔ですから、なかなかそうはいかない事情があったんでしょうが…
しかし、えつの優しさが光りますね。朝や守綱もえつには頭が上がらないのではないでしょうか。
えつの助けがなければ結婚できなかった訳ですからね。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2週
身重の黒柳朝(松下奈緒)だったが、苦しい家計を助けるために、夫の守綱(山本耕史)から部屋に閉じ込めらるも、仕立て物の仕事に精を出す。そして昭和8年8月9日、二人の間に長女・徹子が誕生。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」2話のネタバレ
親も故郷も捨て守綱(山本耕史)と新生活を始めた朝(松下奈緒)でしたが、守綱の激しい愛情から朝を部屋に監禁するようになりました。

が、アパートの住人により救われました。

朝は仕立屋を開業。

そこにお見合い相手、児玉久興が現れます。

児玉から質問攻めにあい、そこに守綱も帰ってきます。

守綱は朝が出ている事を詰問。

2人のやりとりに児玉は異常性を訴えます。

季節は少し流れ、朝が妊娠。

男の子が生まれると守綱は名前を「徹」た考えますが生まれたのは女の子、そこで「徹子」と名付けるのでした。

子供と住めないアパートからでて、 2人は北千束で家を借り生活を始めます。

徹子は自分のことを徹子と言えず「トット」と呼び、周囲からもトットちゃん、守綱からはトット助と呼ばれました。

昭和14年春、黒柳家は長男の明児と犬のロッキーが加わった家族になります。

トットちゃんは小学校入学。

しかし個性的な性格と行動力で担任からよく注意される子でした。

当時、国家総動員法が制定されている日本では受け入れられません。

朝は担任から注意勧告を受けますが改善せず、ついに校長から転校するよう言われます。

そしてトットちゃんはトモエ学園に通う事になるのです

ドラマ「トットちゃん!」2話の感想
トットちゃんの両親はこんな感じの人たちだったんだと知りました。トットちゃんのお母さんは仕立て屋をされていたのは知りませんでした。トットちゃんがトモエ学園に通うところまでの流れがとてもよくわかりました。なかなか昔の日本では変わった子は受け入れてもらえなかったんだと知りました。今は様々な子を、受け入れて、その子に合った教育をしていける時代になって良かったと思います。トットちゃんのように良い出合いができれば人は個性をどんどん伸ばしていけると思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3週
黒柳徹子(豊嶋花)はめでたく『トモエ学園』に通うことになり、すっかり学校を気に入った様子の徹子に、母・朝(松下奈緒)もホッとする。昭和15年春、朝は夫・守綱(山本耕史)のすすめもあって…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」3話のネタバレ
晴れてトモエ学園に通い始めたトットちゃん。

学校生活にもだいぶ慣れ、周りにの友達にも恵まれた。

特に幸司(幸っちゃん)には随分ご執心の様子。

だがトットちゃんからのアタックにもわき目も降らない幸司。

次のターゲットは郁夫に移っていく。

手足が不自由な郁夫であったがトットちゃんをはじめとするクラスメイトと同じ環境で日々を過ごしていた。

ある日、朝(松下奈緒)の元に母、三好よりの1通の手紙と食材が届く。

守綱(山本耕史)もその手紙を読むと、親である自身の心境を重ね、朝に北海道への里帰りを勧める。

守綱の勧めの甲斐もあり、朝はトットちゃんと弟の明児の3人で北海道の家族の元へ戻ることになる。

父、周通は朝を許した訳ではないが、宿がないと言う朝を不憫に思ってか一泊することを許可する。

時は流れ、徹子は小学2年生に上がり、夏休みも明けようとしていた。

そんな時に郁夫が病気で亡くなったとの知らせが届く。

教会で心の中で静かにお別れを告げる徹子も、最後には堪えきれず涙を流すのであった。

ドラマ「トットちゃん!」3話の感想
慣れ始めた学校生活の中で、気になる友達が出来るなど自分の心境変化もある中で、自分の意思とは離れた所で周りの環境が動き出す。特にこの話の中では手紙いう現代ではあまり使われなくなった通信手段が、人の心や行動を生み出していくテーマになっているように感じた。登場人物は少なくないが、手紙を通して周りの人間関係と関わる人物の心理が見え隠れしている点が少し古典的で面白いと感じた。さらに父の死や手足が不自由な郁夫の登場により、内容の重さもぬぐえないが、その反面、トットちゃんの明るさが際立つような構成であると感じた。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4週
昭和19年4月、戦況は悪化の一途をたどり徹子の父・守綱(山本耕史)が所属する帝都交響楽団の活動も休止することになった。そんな中、足の怪我がもとで敗血症により徹子(豊嶋花)の弟・明児が他界。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」4話のネタバレ
第二次世界対戦時、これまで朝(松下奈緒)が仲良くしていた守綱(山本耕史)の住んでいたアパートの住人たちもその戦争の波にじわじわ飲み込まれていきます。

召集令状が届き徴兵されていく中、もちろん黒柳家だけがこの戦争の波から逃れるということができようはずもなく、例外なくこの波に飲み込まれていきます。

ロッキーが軍用犬として連れて行かれ、さらに弟の明児が膝の怪我から敗血症にかかってなくなってしまうのです。

犬と弟を同時に亡くすという出来事はトットちゃんの生活に重くのしかかり暗雲が立ち込めるのです。

こうして守綱の元にも召集令状が届きアメリカ軍による本土爆撃が始まると黒柳の庭の防空壕に隠れることになるのです。

トットちゃんのクラスメート達も疎開地へと徐々に疎開していくことになり、朝も疎開をついに決意するのです。

こうしてトットちゃんは青森県の佐々木家へと疎開することになります。

ドラマ「トットちゃん!」4話の感想
裕福な家庭であっても所詮どんぐりの背比べ、戦争と言う有事となればそのような粗末な貧富の差など灰燼に帰してしまうぐらい容赦なく不運が訪れるのです。そういった様を子供の目線で描かれており、子供ならではの世界観だけではなく大人から見た非情なまでの現実の対比がとても面白いと感じられます。
後世の歴史を知っている我々から見ると疎開した先は命の危険こそ少なくなるとわかっているのですが、当時の人達はどう思っていたのかと想像するとやはり完全に安心などができようはずがなかったのではないかと推測されます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5週
空襲の激しさ増す東京に身の危険を感じた母・朝(松下奈緒)は、徹子(豊嶋花)を連れて青森の農家・佐々木を頼りに疎開していた。しかし、居候の身として迷惑をかけまいと…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」5話のネタバレ
子供の徹子と大人の朝(松下奈緒)は青森に疎開したがその対応力が違った。

標準語を話す朝は疎開先である佐々木家と上手く関係を築くことができないが、天性の耳の良さを持つ徹子はすぐに津軽弁を身につけた。

朝と佐々木家の溝は、朝がた家の手伝いを申し出ても深まる一方だった。

徹子には天然なところがあり、佐々木家で飼っていた牛を逃がしてしまった。

その後オンボロ小屋を借りて朝と徹子が暮らすようになったのは、この騒動が最終的な決め手となったのだ。

朝は村の農業界の事務所で働いて生計を立て、徹子は国民学校に通うのが青森での生活だった。

朝は元仕立て屋だったこともあって生計の足しに、もんぺの仕立てを村の婆さんから頼まれた。

徹子が高校生になるころには、終戦を迎えて三年が立とうとしていた。

主演の清野菜名さんがここで主演の徹子を演じる。

朝は東京と青森の間を行き来する行商でお金を貯めこんでいた。

偶然新聞記事で、音信不通の守綱がシベリアで拘留されていることを知る。

その時、徹子たちの住む村で、大雨のため足止めされた旅芸人の座長の目に止まりスカウトを受ける。

しかし朝のことを思い、断るが話を聞いた朝は東京に帰ることを決めた。

ドラマ「トットちゃん!」5話の感想
戦争時代を知らない私は当時がどれだけ大変だったのが、想像はできますがほんとのところは全然分かりません。その日その日を頑張って生きていくためには、他人に接するにも厳しくなるだろうし、自分の家族を守らなければいけないから人にかまっている暇なんてないんじゃないのかなと思いました。だがら疎開先の佐々木家の人がしたことも全部が悪いなんて言えないと思います。朝と徹子はこんな厳しい時代を二人で乗り越えてきたなんてすごいことだなと思いますし、とても尊敬します。また、この時代を生きてきた自分の祖母や祖父にも話を聞いてみたくなるような時代背景だなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6週
疎開先の青森から東京に戻ってきた、徹子(清野菜名)と朝(松下奈緒)。朝は、夫がいつ帰ってきてもすぐにわかるよう、以前と同じ赤い屋根・白い壁の家を建てて帰りを待ちわびる。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」6話のネタバレ
徹子(清野菜名)と朝(松下奈緒)は東京に帰り、以前と変わらない風貌の家を建てて帰ってきた守綱(山本耕史)がすぐに分かるようにしました。

そんな中闇市でのトラブルに巻き込まれそうになった徹子を清宮啓二という牧師が助けました。

清宮に一目ぼれした徹子は教会に通い清宮にアピールしました。

しかし清宮にはもう婚約者がいるのでした。

朝の父が亡くなったと北海道から電報が入りました。

朝は母に東京で一緒に暮らす提案をするが、母は周通が作った病院を守る覚悟を決め、朝の元婚約者の児玉が病院を引き継いでくれました。

元守綱のアパートにいたダニーが徴兵から戻ってくるという知らせが届きました。

そして5年ぶりに守綱も帰ってきました。

朝は肉料理を作って栄養不足の守綱に栄養をつけました。

守綱は朝の支えもあって元の仕事に復帰しました。

前は1人でリハーサルなどに行っていた守綱が必ず朝を連れていくという変化が訪れました。

東洋音楽学校に徹子は入学し歌声を井川咲子という同級生に指摘されました。

過去に守綱から同じ指摘を受けた朝とは違い徹子はめげることがありませんでした。

ドラマ「トットちゃん!」6話の感想
婚約者のいる牧師さんに恋をしてしまうのは徹子さんらしいなと思いました。朝の元婚約者が周通の病院を継ぐなんてすごくいい人だなと思いました。5年ぶりに戻ってきた守綱に毎日肉料理で栄養をつけさせるのはすごいなと思いました。仕事に復帰した守綱がリハーサルなどに必ず朝を連れていくのは離れていた分奥さんと一緒に過ごしたいんだなと思いすごくキュンとしました。昔の朝と同じ指摘を娘の徹子も受けるなんてすごい親子だなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7週
音楽学校卒業後の進路について悩み始めた黒柳徹子(清野菜名)。幼い弟妹のために、親元を離れて黒柳家のお手伝いにやってきた市子(野村麻純)に感心したり…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」7話のネタバレ
東洋音楽学校の徹子(清野菜名)と同級生の井川咲子もとうとう就職の時期を迎えることとなりました。

周りのみんなはどんどん進路を決めていくさなか、なかなか自分の進路を決めることができない徹子。

父は就職には反対をしていて「女性の幸せは自立ではない、仕事を持とうなどと考えてはいけない」と注意もされていました。

ただ父の考えとは裏腹に、徹子は両親には内緒でNHKの採用試験を受験してしまったのです。

唯一の味方でもあるお手伝いの市子の協力もあってか、なんと徹子は最終面接まで残ることができました。

徹子は面接官に守綱の娘だという事と、そんな父が就職に対して否定的だという事も話しました。

それを聞いた面接官は黒柳家を訪れて、守綱を必死に説得するのでした。

そんな周囲の協力の甲斐もあって徹子は念願のNHKに就職をすることとなりました。

ドラマ「トットちゃん!」7話の感想
先天的な明るさとポジティブさを持ち合わせていた徹子がとうとうNHKに入社することとなり、さらに今後が楽しみになってきました。徹子本人はただただ楽しんでいるんだろうけど、ことさら周りが徹子のことをほっとけなくて、いろいろと手助けをしたくなるんだろうなと感じました。さらにたくさんの人たちを巻き込みながらの徹子の成長とどうやって今の黒柳徹子に変わっていくのかが楽しみになります。後は今後登場してくる若かれし時代の豪華大御所達との絡みにも期待します。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8週
最終面接に合格し、その後3ヶ月の研修・審査を経て、昭和29年に晴れてNHKの専属俳優となった黒柳徹子(清野菜名)!しかし、プロフェッショナルへの道は厳しく…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」8話のネタバレ
女優になることを夢見る徹子(清野菜名)。

NHKのテレビジョン専属俳優試験の最終面接に合格し、夢実現と思いきやもう一段階あった。

それは最終面接合格者28名から、3か月間の研修と審査により、最終合格者を残すというもの。

それを知り徹子はがっかりする。

28名のなかには、音楽学校同期の井川咲子、横山道代、そして里美京子などもいた。

こうして迎えた3か月という長期研修では、徹子は思うようにいかない。

自然な演技を意識しすぎるあまりかえってぎこちなさが出てしまい怒鳴られたり、通行人のガヤさえうまくできない始末。

しかし、その高い志が評価され、ぎりぎりでNHKとの正式契約に漕ぎつけた。

同期の井川咲子は残れず、徹子にコネ採用と捨て台詞を吐き去っていく。

正式契約後の徹子は、相変わらずの天然ぶりが裏目に出て、役をもらっても定着させられなかった。

そんななかラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」のオーディションで合格を勝ち取りなんと主役声優に抜擢される。

これは研修の講師だった大岡龍男の勧めのおかげだった。

ドラマ「トットちゃん!」8話の感想
徹子さんの一途さが伝わってくる回でした!本人はうまくいかないと思っていても周囲の人間にはその情熱は伝わっているんだなあと思いました。いまでは日本人ならだれでも知っている黒柳徹子さんですがここまで来るまでに相当な苦労をされていることを初めて知り感心いたしました。諦めずに努力を続けていれば見てくれる人はいるんだ!と勇気をもらえるエピソードでした。いまではかなりご高齢になりましたが今後ともトットちゃんを応援したくなりました!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9週
テレビドラマに出演することになった黒柳徹子(清野菜名)は、森繁久彌(近藤真彦)、渥美清(山崎樹範)、向田邦子(山田真歩)ら、テレビジョンの華やかな時代を彩る人物達と出会い親交を深める。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」9話のネタバレ
徹子(清野菜名)はなんとか役もこなせるようになりました。

そんな中徹子と井川咲子が徹子が出演するドラマ「お父さんの季節」のメイク室で再会します。

徹子のメイクは井川が担当することになりました。

浅草出身の俳優、渥美清と徹子が出会うことになります。

徹子が送った「星の王子様」がきっかけで最初は気が合わなかった2人が「お兄ちゃんお嬢さん」と呼び合うまでになりました。

世間が二人のことを放っておくわけもなく二人のゴシップ記事が出されてしまいました。

それを気に入らない父守綱(山本耕史)がお見合いの席を徹子に用意しました。

結婚してもいいと考えた徹子でしたが、周囲はそれを反対し結婚はキャンセルになりました。

テレビ6本、ラジオ3本のレギュラーを抱えるほど仕事は順調になっていた徹子が過労で倒れてしまいました。

徹子は医者からのアドバイスを受け「いやだと思う仕事はしない事」を決め仕事に邁進し、倒れることもなくなりました。

久松ディレクターからのプロポーズや徹子と沢村貞子さんとの出会いなどが描かれていくことになります。

ドラマ「トットちゃん!」9話の感想
黒柳徹子さんと渥美清さんの交流があったのを知らなかったのですごく驚きました。お兄ちゃんとお嬢さんと呼び合っていたのはすごく素敵な関係性だなと思いました。二人のゴシップ記事まで出ていたなんてどれだけ仲が良かったんだろうと思いました。テレビで見るとすごく元気な徹子さんが嫌だと思う仕事はしないと決めていたのは知らなかったのでびっくりしました。過労で倒れてしまったことがあるからそれを教訓にしているんだなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10週
黒柳徹子(清野菜名)は、人気脚本家・向田邦子(山田真歩)の執筆するラジオドラマに出演したことがきっかけで彼女と仲良くなる。ある夜、邦子と立ち寄った『カレーのシイナ』で…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」10話のネタバレ
ひょんなことから徹子(清野菜名)はラジオドラマに出演することとなりました。

そしてそのラジオドラマの脚本を務めたのは人気脚本家向田邦子でした。

この出演を機に徹子と向田邦子は大親友となるのでした。

あくる日の夜、2人は徹子生き付けのカレー屋に行くのですが、そこになんと世界的ピアニストであるカール・祐介・ケルナーがいました。

しかしこの時の徹子はまだカールの事は全く知りませんでした。

それからNHKを退社することとなった徹子はフリーの女優へと転身することとなりました。

それと同時にニューヨークに行って芝居の勉強がしたいと強く思うようになったのでした。

とうとう徹子のニューヨークへの留学が現実となり旅立つのですが、そこにはなんとも不思議な出来事が待っているのでした。

あのカレー屋で出会ったカールとの偶然の再会だったのでした。

ドラマ「トットちゃん!」10話の感想
向田邦子との出会いが徹子にとっていかに大きかったのかなというのがよくわかりました。きっと向田邦子も徹子のことを妹かの様に可愛かったのだろうし、向田邦子だけではなく、徹子と接していた人達も同様だったんだろうと思いました。徹子がNHKを辞めて女優になる決めるところから、ニューヨークへの憧れなんかは今の時代よりもニューヨークが遠く感じたんだろうし、時代背景的にもアメリカがキラキラしてたんだろうなと思います。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第11週
アメリカ・ニューヨークに留学中の黒柳徹子(清野菜名)のもとに、日本のNETテレビ(現・テレビ朝日)から電話が入る。新番組のメイン司会の依頼を受け、帰国を決意した徹子は…。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」11話のネタバレ
1本の電話がニューヨークにいる徹子(清野菜名)に入ります。

徹子をメイン司会者にしたワイドショー番組を新しく始めたいという電話でした。

日本に帰国してこの仕事を受けました。

この帰国の時に今のタマネギのような髪型が誕生しました。

ワイドショーで堂々と司会をこなしていた徹子は「徹子の部屋」という新しい企画を聞かされました。

番組を編集しないやり方や番組の方向性が徹子の提案などで決まり、徹子は女優を辞める決意を固めました。

そんな中カールと徹子は隠れて会い続けていました。

「窓際のトットちゃん」という雑誌の連載や「ザ・テレビジョン」も始まりました。

雑誌の連載の取材で徹子は幼少期のことを朝に聞くことになります。

父守綱(山本耕史)が亡くなり、恋人のカールの体にも病気が疑われるようになり、順風満帆な徹子の周りは亡くなっていく人が多くなりました。

ドラマ「トットちゃん!」11話の感想
黒柳徹子さんのトレードマークのタマネギ頭は徹子の部屋が始まる時にできたものだと初めて知りました。徹子さんにピアニストの恋人がいたことが知らなかったのですごく驚きました。恋人に病気が疑われる徹子さんがこれからどうするのかすごく気になりました。徹子の部屋は編集をしていないこともこれを見て初めて知ったのですごくびっくりしました。仕事が順調になっていく中で周りの人がどんどんなくなっていくのはすごく悲しいことだなと思いました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第12週
黒柳徹子(清野菜名)の母・朝(松下奈緒)は、夫・守綱(山本耕史)が他界した後、エッセイストとして活躍。朝自身をモデルにした『チョっちゃんが行くわよ』はドラマ化もされ、徹子も喜ぶ。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」12話のネタバレ
「お兄ちゃん、お嬢さん」と呼び合う程に仲良しだった徹子(清野菜名)と渥美清。

2人は蕎麦を食べに行くこととなるのですが、まさかこれが渥美清との最後になるなんてこの時の徹子にはわかりませんでした。

時は流れ、徹子と久松は酒を呑みながら渥美清とのいろんな思い出を語らいます。

時代は進むとともに、悲しい別れも少しずつ増えていくなか、さらなる不幸が徹子に訪れてしまうのでした。

それは、恋人のカールが病気になってしまったということでした。

更に時は流れ、ひょんなことから徹子はカールの別荘を訪れることになりました。

久しぶりに再会したカールは車いすに乗っていたのでした。

そしてトットちゃんも終わりを迎えます。

恋人カールの存在はともかく、あの天真爛漫な黒柳徹子さんの暗い部分も描かれていて、まさに深みがあって納得の最終回になっていると思います。

ドラマ「トットちゃん!」12話の感想
渥美清さんとの別れがなんとも切なくて、中村獅童さんの寅さんがまた上手いなと思いました。あまりテレビには出演しない渥美清さんではあったんですがら徹子の部屋にはたびたび出演していて、2人の仲良しさが画面からも伝わってきていました。だから徹子さんにとっては尚更悲しい別れだったんだろうと想像できます。渥美清さんはもちろん、カールとのこと含め最終回に近づくにつれて悲しい出来事が増えていくのですが、不思議と暗い感じにはならないところが非常に好きです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「トットちゃん!」の概要

40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く物語。

辛く困難な時代を、明るさとやさしさをもって駆け抜けた家族の姿を通して、“あの頃のあの想い”を思い出してもらえる大人のためのドラマです。(引用元:BS朝日)

ドラマ「トットちゃん!」の出演者、放送情報

黒柳 徹子:清野菜名
門山朝:松下奈緒
黒柳 守綱:山本耕史
井上 宏:高田純次
井上 えつ:八木亜希子
門山 周通:佐藤B作
門山 三好: 古村比呂
シイナさん:小澤征悦
伊藤 華子:高岡早紀
小林 宗作:竹中直人
森繁 久彌:近藤真彦
久松 勇:三宅健
ジャニーズ:吉澤閑也
ジャニーズ:中村海斗
ジャニーズ:七五三掛龍也

原作:黒柳徹子

主題歌:福山雅治「トモエ学園」

制作:テレビ朝日

放送:2017年

ドラマ「トットちゃん!」の見どころ

個人的には、黒柳徹子のご両親のエピソードが大好きです。

駆け落ちからそこでの生活、乃木坂上倶楽部など全て素敵でした。

ご両親のエピソードを朝ドラで放送して欲しいです。

トモエ学園での出来事や弟のこと、愛犬のこと、戦時中のことがとても印象に残っています。

そして、大人になり音楽学校、NHKに入ってからも面白いです。

ただ、長く生きることによって、大事な人たちとの別れは見ていて、とても苦しくて辛かったですね。

黒柳徹子の人生は、こんなにもドラマチックなんだなと思えるドラマでした。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「トットちゃん!」の感想

40代女性
トットちゃんと題されていますが、前半は徹子さんのご両親がメインで、後半から徹子さんメインになります。時代がめまぐるしく変遷したというのもありますが、黒柳家は徹子さんはじめ個性的な人ばかりで、実話がベースというのを忘れそうになるほどドラマ映えしますね。徹子さんのお母様が主役の「チョッちゃん」や、徹子さんの青春時代を描いた「トットてれび」と併せて見るともっと楽しいかも。  
30代女性
昼ドラなのにドロドロ感や恋愛要素がなく、まるで朝ドラみたいな、画期的な昼ドラでした。長生きはいいことですが、その弊害で近しい人との別れが避けられないのは悲しいですね。。。渥美さんや向田さんとの話には泣いてしまいました。  
20代女性
黒柳徹子さんの半生をよく知らなかったのでこのドラマは新鮮ですごくおもしろかったです。小さいころから変わった方なんだなと思いました。過酷な戦争時代を生き抜いてテレビの歴史に名を遺すほどの人になるなんて本当にすごいなと思いました。個性的で怒られても才能がある人は生き残っていくんだなと思いました。黒柳徹子さんと恋人のケルナーのシーンは毎回すごく素敵だなと思いました。女優になったばかりの時に徹子のことを怒っていたプロデューサーの久松がだんだん徹子に惚れてプロポーズするシーンはすごく素敵でした。  

まとめ

以上、清野菜名・松下奈緒主演のドラマ「トットちゃん!」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

黒柳徹子と家族のこれまでの歩みを描いた物語「トットちゃん!」。

黒柳徹子が誕生から名司会者になるまでの道のりが描かれていて、苦悩の日々の連続に心動かされる内容となっています。

TSUTAYA DISCASでトットちゃん!のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴