ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|生まれるの動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2011年4月〜6月まで堀北真希主演で放送のドラマ「生まれる。」

母親の51歳での高年齢妊娠をきっかけに、四姉弟と母親の「命」と「絆」を描いた社会派ヒューマンドラマです。

出版社に勤める長女・愛美は高年齢出産の本の出版でチーフとなり、母親の妊娠や兄弟の問題と向き合う中で編集者としても成長していきます。

ドラマ「生まれる。」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「生まれる。」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「生まれる。」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「生まれる。」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「生まれる。」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「生まれる。」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「生まれる。」に出演している大倉忠義の出演作品

  • ドS刑事(全5枚)
  • シンデレラになりたい!(全1枚)
  • 三毛猫ホームズの推理(全5枚)

のいずれかを一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「生まれる。」に出演している大倉忠義の出演作品がたくさん揃っています。

  • ヤスコとケンジ
  • ROMES/空港防御システム
  • 歌姫
  • お天気お姉さん
  • GM~踊れドクター
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「生まれる。」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「生まれる。」の動画まとめ

ドラマ「生まれる。」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「母が51歳で妊娠した、命と命の絆を描くヒューマンドラマ 」
物語の中心となる林田家は、二男二女の4人の子どもと両親の6人家族。主人公である長女の 愛美 (堀北真希) は、都内にある小さな雑誌の編集プロダクションで働くアシスタント。次々と企画を通し、成功を収めている上司・国木美和 (戸田恵子) を心底尊敬しているが、自分の企画はなかなか通らない毎日――。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」1話のネタバレ
「生まれる。」の中心となる家族は、林田一家。男2人、女2人の子供と父母の6人家族です。
主人公の長女・愛美(堀北真希)は雑誌編集社のアシスタント。なかなか仕事がうまくいかないときでも兄弟の面倒をしっかりと見る、良いお姉さんでした。
長男・太一(大倉忠義)はデザイン会社に勤務するデザイナー。
次男・浩二(中島健人)は遊ぶことが大好きで、女子からモテモテの大学生。しかし、隠された過去があったのです。
次女・美子(竹富聖花)は頭が良く、成績優秀の高校生。美子にも誰にも言えない秘密がありました。
林田家の父・新平(三宅裕司)と母・愛子(田中美佐子)は2人で経営するパン屋で毎日働く、誰もがうらやむ仲睦まじい夫婦。
はたから見れば、どこにでもいる普通の家族。
しかし、ある日新平が急死し、愛美は落ち込む愛子を何とか支えようとします。
それぞれの立場で身勝手な意見を言う兄弟たちとぶつかりながら、悲しみに暮れていた時、愛子からは妊娠したという事実を告げられるのでした。
ドラマ「生まれる。」1話の感想
どこにでもありそうな、ごくごく普通の林田家の日常が新平の死によってある日突然変わってしまうところが見どころになっています。
愛美は、新平の死によって とにかく悲しんでいる母を助けてあげたいという一心で懸命に尽くしますが、妊娠したことを告げられると驚きが隠せません。50歳を超え、ハイリスクな出産をするのかどうか、揺らぐ愛子の気持ちと、家族の絆がこれからどうなっていくのか?1話からハラハラしてしまう内容でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「家族の秘密」
51歳で妊娠した 愛子 (田中美佐子) は、中絶手術をすることを決意したのだが、手術の直前になって病院を飛び出してしまう。唯一、妊娠の事実を告げられた長女の 愛美 (堀北真希) は、愛子の中絶手術が気になりその病院へと向かうのだが、そこで病院から飛び出してきた愛子とばったり出くわす。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」2話のネタバレ
50歳を超え、妊娠をしてしまった愛子(田中美佐子)は、リスクを考え中絶をすることを決めました。しかし、中絶手術の直前になり、病院を抜け出すのです。
そこへ、母を心配した愛美(堀北真希)が現れ、手術はどうだったのかと聞かれます。本当は受けていないのに、「無事に受けてきたから。」と嘘をつくのでした。
愛子の言葉を信じた愛美は仕事に戻りますが、上司に「ひとりではなかなか手が回らないだろう。」と付けられたアシスタントを見て困惑してしまいます。
一方の太一(大倉忠義)は、自分が林田家とは血がつながっていないという事実を実の父親と名乗る男・中野瑛太(斎藤歩)から告げられます。誰に打ち明けていいのか分からず葛藤しているときに、自宅にエコー写真があることに気づき、会社の先輩にその写真を見せ、相談するのですが、その返答に絶句し、愛美に真実を確かめようとします。
中絶手術を受けなかった愛子は、一冊の本を頼りに別の病院へ行き、診察を受けることにしました。そこにいた先生・近藤卓巳(大杉漣)とは過去の知り合いであった愛子。妊娠した事実を告げると、近藤からは思いもよらない言葉が返ってきたのでした。
ドラマ「生まれる。」2話の感想
小さい頃からずっと、仲のいい家族だと思っていたのに、自分は養子で貰われてきた子供なのではないか?と、大人になったからこそ、言えない気持ちや思いに葛藤する長男の太一の姿か、こちらも見ながら苦しくて切ない感情になりました。エコー写真を上司の女性に見せるシーンはドキドキします。
愛子も、リスクがある中でもお腹の中にいる命と向き合い、どうしたらいいのか真剣に悩むところが感情移入してしまうほど、リアリティでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「母のおなかにあるのは命」
いつものように 愛美 (堀北真希) の家を訪れた 太一 (大倉忠義) だったが、そこには 中野 (斎藤歩) がいた。驚き、中野に詰めよる太一だったが、愛美がちょうど帰宅。慌てて家の中に入ろうとする太一と、その場にいる愛美に向かって、中野は 「 自分が太一の本当の父親だ。」 と言い放つ。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」3話のネタバレ
愛美(堀北真希)の自宅を訪れた太一(大倉忠義)は、そこに中野(斎藤歩)がいることに気が付きました。驚いて中野に詰め寄る太一、そこにちょうど愛美が帰宅します。
動揺が隠せない太一は慌てて家の中に入ろうとします。中野は、その場にいる愛美に向かって「太一は自分の息子だ!」と言い放ったのでした。状況をよく理解できない愛美に対し、太一の動揺はより一層強くなってしまうのでした。
そして、本当のことを聞こうとする愛美に言葉を濁しその場を立ち去るのです。
一方、出産することを決めた愛子(田中美佐子)は、近藤(大杉漣)の元を訪れて、近藤のアドバイスを受けながら、出産に対するイメージを強く考えていくのでした。
近藤は、愛子に対し、出産をするにあたって、最も重要なのは「家族の支え」であると告げたのです。
父の四十九日で集まった林田家の5人家族、近藤のしてくれたアドバイスに背中を押され決意した愛子は、愛美の忠告を聞かず、子供たちの前で自分が妊娠したという事実を告げるのです。
ドラマ「生まれる。」3話の感想
何の根拠もないのに、自分の父親だと言い放つ中野には一体どんな意図があるのか、愛美にどうしてそのことを伝えに来たのかがもっと早く知りたくなるシーンでした。どうしても本当の事だと認めたくない太一の葛藤にうるっときます。それだけ姉・愛美のことを信頼しているということですよね。
新平の四十九日で集まった4人兄弟に、自分が妊娠していて高齢出産になるということ、リスクがあるということを打ちあけた愛子。驚きを隠せない家族の表情が何とも言えません。これから仲睦まじかった家族がどうなっていくのかが楽しみになる回です。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「命を選びますか?」
卵子提供で子供を生んだ 川上 (若村麻由美) を取材することで、生まれてくる 「 命 」 について改めて気づかされた 愛美 (堀北真希) は、母・愛子 (田中美佐子) の出産に対し、反対していた自分の気持ちに迷いが生じ始める―。 そして、ついに 国木 (戸田恵子) に母・愛子の妊娠の事実を告げ、自分の今の気持ちを正直に話し始めた。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」4話のネタバレ
愛美(堀北真希)は、仕事で高齢出産の記事を書くこととなり、取材を受けさせてもらう川上(若村麻由美)の話を聞いているうちに愛子(田中美佐子)の出産という決断を反対していた思いに迷いが生じ始めます。ついには、会社の上司・国木(戸田恵子)に愛子が妊娠したという事実を告げ、自信の気持ちを話し始めました。
太一は、真帆とデートをすることに。楽しいデートになるはずが、そのデート途中にある事実を告げられ驚きが隠せません。太一が告げられた衝撃の事実とは!?
浩二(中島健人)は、自分の体に何か異変が起きているということに気付きはじめました。これまで遊びほうけていたコンパや合コンに欠席します。
愛子の妊娠を知った浩二にはある気持ちが芽生え始たのです。
美子(竹富聖花)は愛子の妊娠に大反対。愛子の事をせめて問い立てますが、ある日美子のいちばん恐れていた事態がおきてしまうのです・・・。
愛美は高齢出産の妊婦はリスクがあるとして、愛子に「羊水検査」を受けてほしいと頼みにいきます。葛藤の中愛子の出す答えとは!?
ドラマ「生まれる。」4話の感想
これまで末っ子で愛子に可愛がられてきた次女の美子が、葛藤の中愛子の妊娠に猛反対するその気持ちが良く伝わってくる回でした。
次男の浩二も、過去に隠された自分の体の不調に気づき始めるのですが、どうして今なんだという気持ち、不安がダイレクトに表現されています。
子供たちが心配する愛子の体。愛美は、羊水検査をどうか受けてほしいと頼むのですが、リスクがあるためすぐには承知してもらえません。ハイリスク出産ならではの苦渋の選択に悩むシーンはこちらも涙してしまいました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「ママの所に来てよかった」
愛美 (堀北真希) から言われた言葉に悩んだ末、愛子 (田中美佐子) は羊水検査を受けることに… そして異常が見つかった場合は出産をあきらめる決意をし、近藤 (大杉漣) にその旨を伝える。一方愛美は、母・愛子に羊水検査を受けるように言った自分が正しいのか悩み、葛藤していた―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」5話のネタバレ
愛美(堀北真希)から羊水検査を受けてくれないか?と勧められ、悩んだ末に愛子(田中美佐子)は、羊水検査を受けることになります。ここで異常が見つかった場合は出産をあきらめる決意をし、近藤先生(大杉漣)にその胸中を伝えることに。

真帆(酒井若菜)によって、自身のデザインが小池に盗まれていたということを知った太一でしたが、小池に会ってもその怒りを直接本人に伝えることができません。そんな中、また中野(斎藤歩)が現れて、さらには別の謎の男も登場する始末。太一は、中野とその男によって窮地に追い込まれてしまうのです。

愛子の妊娠を何者かにばらされてしまった美子は学校でのいじめがエスカレート。
学校にも行くことができなくなってしまったのです。腹いせに、林田家に居候している留美(西村知美)に愛子の妊娠の事実をばらしてしまうます。事実をしった留美は愛子を激しく責め立てるのでした。

唯一、愛子の妊娠を受け入れパン屋で働き始めた浩二(中島健人)。常連客の丸子に、弟と一緒に動物園に行ってほしいと頼まれ、愛美を誘い4人で動物園に行くことに。
しかし、丸子の弟はダウン症でした。
自分が抱えている葛藤と目の前の現実が重なり、辛くなってしまう愛美でしたが、弟の屈託のナウ笑顔や、周りを元気づける姿を見て、愛美の心には変化が訪れるのです。

ドラマ「生まれる。」5話の感想
自分は林田家の本当の家族ではないのではないかと、自分を責めて窮地に追い込まれる太一、愛美のつらい現実と重なったり、妊娠のせいでいじめに遭い母を恨んでしまう美子、全員のつらい気持ちに共感できるシーンがあるのですが、愛子の妊娠のことを受け入れて、実家のパン屋さんで一緒に働くと決めた浩二の姿には胸を撃たれました。
この浩二の行動によって、これからどんな林田家に生まれ変わるのかが気になります。
居候の留美に攻められてしまうこころは迫真でした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「第2章 家族の絆が生まれる」
ダウン症の子供・西嶋萌生 (高井萌生) と一緒に過ごすことにより、愛美 (堀北真希) の心は大きく揺さぶられ、羊水検査を受けることを 愛子 (田中美佐子) に進めた自分を後悔し始める―。そして何かが吹っ切れた愛美は、それまで反対だった愛子の妊娠についても、出来る限り応援するということを愛子に伝える―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」6話のネタバレ
動物園で会った丸子の弟がダウン症だと知り、一緒に過ごしたことで愛美(堀北真希)の気持ちは大きく揺さぶられました。同時に、愛子(田中美佐子)に羊水検査を勧めたことが本当に正しい判断で会ったのか、後悔の気持ちが大きくなっていくのです。
しかし、悪いことばかりではなく、何か吹っ切れた愛美は、今までは反対してきた愛子の妊娠・出産について今後は出来ることは協力するからということを愛子に伝えたのでした。
良き理解者である長女に、受け入れてもらえた愛子は素直に嬉しく思いましたが、美子(竹富聖花)のことや、留美(西村知美)のことが気がかりでした。
そんな美子は、学校に行くことが出来ません。心配したクラスメイトの有紀(篠原愛実)が美子の家を訪れ、クラスメイトからの手紙を渡します。しかし、その内容を見た美子は更なる窮地に追い込まれることとなるのです。

一方、自分のデザインを盗んだ小池に傷つく言葉を投げられた太一(大倉忠義)は、怒りが浸透し、ついに小池のことを殴ってしまうのです。そして、留置所へ送られるはめに。訴えを取り下げるために出された条件は高額のお金でした。
自暴自棄になる太一を心配した愛美は、自宅へ呼んで料理を振る舞いますが、そこで特別養子縁組の事実を聞かされるのです。

ドラマ「生まれる。」6話の感想
6話では、太一の話がメインになっていました。
林田家と血がつながっていないという葛藤がある時に、自分のデザインしたものを盗まれていた小池に投げかけられた暴力的な一言で、手を出してしまった太一。
辛いことが重なってしまい、可哀想だと感じました。
心配してくれる姉の愛美にも激しく感情をぶつけていました。
このままだと林田家の家族がバラバラになっていまう、そう思うのですが、そうさせないと、次男の浩二(中島健人)が愛子を安心させるところもあって、ステキな息子だと思いました!
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「私達は家族だから」
自分が特別養子縁組による養子であり、本当の家族ではないという事実を 愛美 (堀北真希) に告げた 太一 (大倉忠義)。そんな太一を 愛子 (田中美佐子) と愛美が必死に説得するが、太一は家を出て行ってしまう―。そして太一が向かった先は 中野 (斎藤歩) が待つとある場所だった―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」7話のネタバレ
自分は特別養子縁組の養子としてもらわれてきた、本当の家族ではないという気持ちを愛美(堀北真希)にぶつけた太一(大倉忠義)。
事情を知った愛子や、愛美が太一に説明をしようとしますが、太一は林田家を出て行ってしまいます。向かう先は、中野(斎藤歩)の元・・・。
新しい仕事も与えられたのですが、その仕事というのは怪しすぎる香りがするもの。太一は一瞬戸惑いますが、言う通りにするしかなく、そこで働き始めます。
仕事関係で、特別養子縁組を訪れた愛美は、そこでの子供たちの生活や、実態の生の声を聞くことで、特別養子縁組というものに対しての認識が大きく変わりました。ただ、弟である太一の事が心配で、頭から離れずにいたのです。

一方、白血病が再発した浩二(中島健人)。誰にもそのことを打ち明けることができず、愛子にも嘘をつき、家を出て一人で入院することに決めたのです。
しかし、入院する病院で偶然にも用事で来ていた愛美と出くわしてしまいました。
誰よりも愛子のことを気にしている浩二は「お母さんにだけは言わないで」と口止めを懇願します。
この病気の再発を知った愛美は自身の中で大きな決断を迫られたのでした。

ドラマ「生まれる。」7話の感想
中野にはさんざん窮地に追い込まれたのにも拘わらず、家を出て行った太一が向かった先が中野がいる場所だったことに驚きました。 太一を引き留めようとする愛子の姿を見て、泣いてしまいました。
そしてついに、浩二の白血病の再発がわかってしまうのです。もう7話は涙なくしては見れませんでした。
自分の体の不調よりも、母である愛子と、おなかの中にいる命のことを最優先に考え、その結果一人で病院に行って入院するという決意をした浩二。理想の息子像すぎました。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「消えそうな命が家族を結ぶ」
浩二 (中島健人) の白血病が再発し、その事実を一人知ってしまった 愛美 (堀北真希)。母である 愛子 (田中美佐子) のことを気遣う浩二は、再発の事実を口外しないことを愛美に懇願するが、愛美は悩みに悩んだ末、浩二を説得し、愛子に再発の事実を告げる選択をする―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」8話のネタバレ
浩二(中島健人)の白血病が再発、たまたま病院で浩二と会ってその事実を知った愛美(堀北真希)。愛子(田中美佐子)を気遣う浩二はまた病気になってしまったということは、絶対に母には伝えないでほしいと姉にお願いをします。
愛美は悩みましたが、浩二をなんとか説得して、愛子に病気の再発の事実を告げたのです。
そのことを知った愛子は、浩二の前では普通に振る舞っていましたが、担当医である玉木(児嶋一哉)から、浩二の今の状態を聞かされ動揺してしまうのです。

浩二の白血病が再発したという事実から、愛子は中絶手術をするということまで考え、近藤(大杉漣)の元を愛美と共に訪れます。
事実をすべて伝えた愛子に対し、近藤はひとつの可能性を示唆してきました。
それは、「臍帯血移植」というもの。
白血病の合併症で時間が無い浩二の命はどうなってしまうのでしょうか。

美子(竹富聖花)は浩二の病気の事実を知らず、相変わらずひきこもる日々。
家を出た太一(大倉忠義)は、良心が勝ち、なかなか仕事ができない中、最悪の条件である仕事を
突きつけられてしまいます。引くに引けなくなったその時、太一の前に現れた人物とは?

ドラマ「生まれる。」8話の感想
浩二の母への気遣い、また姉・愛美から浩二への気遣いと、とても兄弟愛が溢れる8話でした。
また、家族愛も溢れていたこの回では、浩二の病気の状態を知らされた愛子が激しく動揺してしまうのですが、その時に「お腹の子供や自分の命と引き換えにしても浩二を助けてほしい」と強く願っていたのです。強い母の姿が映し出されていました、
息子を思いやる母の気持ちに感動しっぱなしでした。
婦人科の先生である、近藤がひとつの希望として教えてくれた臍帯血移植は成功するのか、ドキドキしてしてしまいます。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「終章〜生まれ生きてる奇跡」
白血病の合併症を引き起こし、生死の境を彷徨う 浩二 (中島健人)。そんな状況の中、愛美 (堀北真希) の必死の説得、そして浩二の絶体絶命の状態を聞いた長男の 太一 (大倉忠義) が駆けつけ、やっと全員が揃った林田家であったが浩二の容態は刻一刻と悪くなり…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」9話のネタバレ
白血病の合併症を引き起こしてしまった浩二(中島健人)は生死の境をさまよっていました。
これで最後になってしまったら後悔すると、愛美(堀北真希)は、なんとしてでも家族全員を病室に集めたいという気持ちで、美子(竹富聖花)や、太一(大倉忠義)の元へ行き、事情を説明し連れ出すのです。
やっと全員がそろった時には、浩二の様態は刻一刻と悪くなっていってしまいます・・・。

愛美は自らがリーダーを務める高齢出産の本の出版をすることとなり、気持ちを切り替えて奮闘します。
考えて考えて、考え抜いた愛美は本の出版の最後の取材対象を母である愛子にすることに決めました。
恥ずかしながらも、嬉しい表情の愛子でした。

浩二の病室で集まった後から、愛子の妊娠を受け入れ、応援していこうと決めた美子と太一。
太一は、以前浩二が手伝っていたパン屋で働き、美子は学校へ行くようになったのです。
そんな中、ついに愛子のお腹の中にいる命が、生まれてこようとしていたのでした。

ドラマ「生まれる。」9話の感想
浩二が白血病の合併症を引き起こし、危険な状態になってしまうところから
見ていて心臓がどきどきしていたのですが、そのことがあり、家族が集まれて、浩二もなんとか一命をとりとめることが出来ました。
そんな出来事から、今までは愛子の妊娠に猛反対していた太一と美子が前向きに妊娠・出産のことを受け止め、支え合ってくれる、そんな家族になっていけていることがとても嬉しく思いました。
全てを繋ぎとめている姉の愛美には毎回関心させられます。
愛美が最後の取材対象で選んだ愛子、嬉しそうな表情に心が和みました。
この本のタイトルがドラマのタイトル「生まれる。」となっているのです。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「人と人との絆が生まれる」
愛子 (田中美佐子) のお腹にある命が産声をあげようとしていた。しかし愛子は切迫早産の可能性があり、緊張状態が続く―。愛美 (堀北真希) を中心とした林田家は、そんな愛子のためにそれぞれが必死に林田家を支えていた―。(引用元:公式サイト)

ドラマ「生まれる。」10話のネタバレ
愛子(田中美佐子)のお腹の中にいる命はとうとう産声をあげようとしていました。しかし、出産に適する週数までまだ持ちこたえておらず、このまま出産してしまうと切迫早産になっていまう恐れが出てきました。
愛美(堀北真希)を中心に、林田家は愛子のために各自必死になって家族で支えあっていたのです。
そして、愛子には今から生まれてこようとしている命と、もうひとつ、今ここにある命が託されていたのです。それは、浩二(中島健人)を救う、唯一の方法であると、近藤(大杉漣)から言われていた臍帯血移植のこと。

なんとか一命をとりとめたものの、予断を許さない状況にいる浩二には病魔の脅威が襲ってくるのです。
そして愛子の陣痛も始まってしまいました。

愛美、美子(竹富聖花)は愛子に、太一(大倉忠義)は浩二に付き添い、励まし支えたのでした。
生まれてこようとする命、生きようと懸命に戦う命・・・
林田家の命の物語が生まれようとしています。

ドラマ「生まれる。」10話の感想
いよいよ、感動の最終回。
愛子は、切迫早産の可能性や、高齢出産のリスクなど様々なことに耐えてこの時を迎えたのです。
出産も、やはり簡単にはいかず、難産になってしまいました。
苦しむ母・愛子を支えてそばで見守る姉妹の姿がたくましく感じました。
また、懸命に生きようとする浩二の生きたい、という希望がどうか叶ってほしいと願いました。
生まれてきた赤ちゃんの名前は太一が名づけ、「結人」となりました。
その臍帯血を移植し、浩二の手術が行われ、冬になり、浩二は無事に退院することができたのです。
家族の絆が感じられる笑って泣けて、素敵なドラマでした。
動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「生まれる。」の概要

4人姉弟の長女、林田愛美が暮らす林田家は、独立して近所で独り暮らしをしている長弟太一を含め、まさに「絵に描いたような家庭」そのものだった。

しかし、パン屋を営む父、新平が突然病死してしまう。さらにその直後に母愛子が51才にして新平との子どもを身籠っていることが判明する。

「あの人が生きた証を残したい」と愛子は産む決心をするが、愛美を含め次弟浩二以外は猛反対する。

そしてさらに追い討ちをかけるように、太一は実の父親と名乗る中野が現れ自分が林田家の実子ではないことが判明し、出自に苦悩する。

末妹美子は愛子が高齢妊婦だということがクラスメート達にばれてしまい、元々されていたいじめがさらにエスカレートし親友にまで裏切られ不登校、引きこもりに。

浩二に到っては、せっかく愛子からの骨髄ドナーによって治った白血病が再発するなど、弟達もそれぞれ様々な困難に直面する。

愛美は高年齢出産をテーマにした本を出版するためにチーフになったことで初めて「産む側」の立場、愛子の気持ちが理解できるようになり、出産を応援するようになる。

太一と美子は母や姉の力を借りて葛藤を克服し、浩二は赤ちゃんのへその緒から出る臍帯血から病気が治る可能性が出たりと、高年齢出産をきっかけに林田家は以前より硬い絆でまた1つになっていく。 (引用元:Wikipedia)

ドラマ「生まれる。」の出演者、放送情報

林田 愛美:堀北真希
林田 太一:大倉忠義
林田 浩二:中島健人
林田 美子:竹富聖花
林田 新平:三宅裕司
林田 愛子:田中美佐子
森脇 哲多:大竹浩一
西嶋 丸子:宮武祭
西嶋 萌生:高井萌生
内田 留美:西村知美
山中 裕也:福士蒼汰
近藤 卓巳:大杉漣
大川 洋一:鈴木亮平
国木 美和:戸田恵子
長澤 剛:金田明夫
水川 真帆:酒井若菜
中野 瑛太:斎藤歩
寺田 一朗:きたろう
小山 有紀:篠原愛実

主題歌:関ジャニ∞「365日家族」

制作:TBS

放送:2011年

ドラマ「生まれる。」の見どころ

バラエティを数多く手掛ける脚本家・鈴木おさむが「命」、そして「人と人との絆」を問いかける至極のヒューマンドラマを描きます。

ドラマの冒頭では高年齢出産を経験した女性たちのインタビューを紹介

雑誌編集プロダクション「ダブルエース」での企画会議のシーンでは、ドラマでとり上げる高年齢出産に関するさまざまなテーマを、本の企画のために愛美たちが調べたことを説明する形で、視聴者に向けても解説しています。

51歳で妊娠する母・林田愛子役を演じる田中美佐子は、実際に43歳での高年齢出産を経験しているそうですよ。

そんな田中の迫真の演技は見どころの一つです。

長男・太一役に大倉忠義、次男・浩二役に中島健人が起用されており、ジャニーズファンは必見です!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「生まれる。」の感想

40代女性
考えさせられるドラマでした。深刻な内容なのに、とてもわかりやすく見ることができました。自分の年齢的にも見ていて凄くリアルな内容だったので、とても勉強になりました。
30代女性
このドラマは色々と気付かされることや、考えさせられることが多いです。毎回泣いてしまいます。田中美佐子さんをはじめ、堀北真希さんや、関ジャニの大倉さん、ジャニーズJrの中島君の演技にも圧倒されました。高齢出産がメインストーリーとなっていますが、その他の家族や職場の同僚などのかかえる問題など、様々な悩みについても丁寧に描かれているのでドキドキしながら見ていました。一人ひとりが小さな一つの命に向き合っていくことで変っていく姿にはとても感動します。
40代女性
妊娠中に見ていました。私も高齢出産だったので、実際に高齢出産した方のお話や妊娠中の方のお話が放送されていて参考になりました。私も昔は結婚したら当たり前のように妊娠して出産するものだと、ぼんやり捉えていた時期がありました。この作品は高齢出産の大変さを痛感させられるドラマでもあるので、妊娠を考えている女性にはぜひみていただきたいです。

まとめ

以上、堀北真希主演のドラマ「生まれる。」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

突然の父の死から崩れ出していく日常。

そんな中、数々の問題を抱えながらも、家族を救うように舞い降りる新たな命。

小さな命によってさらに固くなる家族の絆に、心温まる作品です。

TSUTAYA DISCASで生まれる。のDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴