ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|運命の人の動画を1話から全話無料で見れる動画配信まとめ

2012年1月〜3月まで、本木雅弘主演で放送のドラマ「運命の人」

ドラマ「運命の人」は、三人の苦悩を軸に、プライドを大きく傷つけられた人々が運命に翻弄されていくスリリングな作品。

深い感動と希望を与えてくれるストーリー、見ごたえ抜群となっていますよ。

ドラマ「運命の人」の動画の配信サイトを調べたところ、動画配信サービスではドラマ「運命の人」の配信がなく、宅配レンタルサービスであるTSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能でした。

TSUTAYA DISCASは30日間の無料お試し期間があり、その無料期間を利用すると、ドラマ「運命の人」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
TSUTAYA DISCASの登録方法
TSUTAYA DISCAS の登録方法について説明します。

  1. TSUTAYA DISCAS公式サイトに飛び「今すぐ30日間無料トライアル」をクリック
  2. 個人情報を入力して確認画面へ進む
  3. 【入力事項】

    • 氏名
    • メールアドレス
    • ご希望のパスワード
    • 電話番号
    • 決済方法選択
      (クレジットカードorソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)
    • クレジットカード情報
      ※クレジットでのお支払いの場合のみ
  4. 入力内容に間違いがないか確認して登録
  5. これで登録完了です。
  6. 登録したメールアドレス(DISCAS ID)とパスワードでログインしてご使用ください。

TSUTAYA DISCASの解約方法
TSUTAYA DISCASの解約方法を説明します。

  1. マイメニューの「登録情報の確認」を開いてください。
  2. 「サービス解除申請」をクリックします。
  3. 登録内容を確認して「次へ」をクリックします。
  4. 確認事項にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  5. アンケートに回答して「解約」をクリックします。
  6. これで解約が完了です。
  7. ※返却していないDVDがある場合は解約できませんのでご注意ください。

ドラマ『運命の人』の動画を無料視聴する方法

ドラマ「運命の人」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2,659円(税込)かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば、ドラマ「運命の人」のDVD(全6枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みで、ドラマ「運命の人」のDVD全6枚は注文すると在庫があれば同時に発送されます。

また、ドラマ「運命の人」に出演している本木雅弘の出演作品

も取り扱いされているので、一緒にレンタルすることをおすすめします。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「運命の人」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「運命の人」の動画と各話あらすじ

第1話 「疑惑の一夜」

政府の“沖縄返還交渉”を取材する毎朝新聞の記者・弓成が運命に翻弄される姿を描く。沖縄返還を1年後に控えた1971年、弓成は政府の欺瞞を暴こうと取材に奔走。そんな中、外務省事務官の昭子に出会う。ある日弓成は、手助けをしたいという昭子から、ある書類を受け取り…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」1話のネタバレ
1971年、記者会見で沖縄の返還について話す総理大臣・佐橋(北大路欣也)。

 弓成(本木雅弘)は、佐橋に鋭い質問を投げかけるも、佐橋が怒り出し、会見は中断と  なってしまった。

 それでも弓成は情報を得ようと、外務省の安西(石橋凌)のところに行くが、何も情報は 得られない。

 しかし、ひょんなことから情報を得ることに成功した弓成は、会社に戻り新聞記事を書き 上げる。

 次の日、毎朝新聞の朝刊には、弓成が手にした情報をもとにした記事が掲載される。

 弓成は、再び安西がいる外務省に行き、情報を手に入れようとするが上手くいかない。

 さらに、安西の秘書・三木(真木よう子)に話を聞こうとするも、拒まれてしまう。

 その後、会社に戻った弓成に、上司の司(松重豊)が、無茶な取材はしないようにと注意 する。

 だが、司の言葉を聞かない弓成。

 次の日、また安西のところに向かった弓成。

 ところが、安西と話すことはできない。

 気を取り直して、三木と食事をした弓成。

 次の日、弓成は外務省で三木と出会う。

 弓成は三木から、ある資料を渡される。

 その後、弓成はライバルの新聞社にスクープを取られてしまったと知り、ショックを受ける。

 後日、弓成は情報を手に入れるため、三木と会い、極秘情報を手にするのだった。

ドラマ「運命の人」1話の感想
1話を観て、情報を手に入れるのに必死な弓成の姿が特に印象に残りました。

1話では、1971年の日本を舞台に、新聞記者の弓成が沖縄返還に関する情報を手に入れるため奔走する姿が描かれます。

弓成は何とかスクープを手にしようと、総理大臣に厳しい質問をぶつけたり、外務省にいる人物に会いに行ったりしますが、なかなか情報を手にすることはできません。

それどころか、他の新聞社にスクープ記事を奪われてしまいます。

弓成が何としてでも情報を得ようとする姿から、新聞記者としての情熱が感じられて、かっこいいと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第2話 「漏れた秘密」

沖縄返還実現の裏に日米間の密約が潜むとにらみ、取材を続ける弓成は、昭子から密約に関する極秘電信文を入手。だが、弓成は情報源を守るため、紙面に電信文の掲載はせず、解説記事のみで密約を訴える。そんな中、妻・由里子は弓成の書斎で電信文のコピーを見つけ…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」2話のネタバレ
会社で、三木(真木よう子)から入手した資料を司(松重豊)たちに示した毎朝新聞の新聞記者・弓成(本木雅弘)。

早速その資料をもとに記事を作成しようという話が持ちあがるが、弓成は資料の存在を明かさないように記事を作成することを提案する。

次の日、毎朝新聞の朝刊には弓成が作成した記事が掲載される。

弓成は、外務省の安西(石橋凌)から、記事のもとになっている問題を扱わないほうが良いと言われる。

弓成の記事が発端となり、内閣改造が行われた。

後日、福出(笹野高史)は、外務大臣に就任し、外務省の人々に情報管理を怠らないようにと命じた。

安西も、その命令に従い弓成の取材を拒否する。

安西の秘書である三木は、そんな弓成に情報を提供することを提案する。

弓成は厳しい状況の中でも、三木から提供された資料をもとに、資料の存在を明かさないように注意を払いながら記事を作成する。

しかし、記事の内容について、総理大臣の佐伯(北大路欣也)は認めようとしない。

そんな中、弓成のところに三木から連絡が来る。

三木は弓成を心配し、さらに会うことはできないかと言うが、弓成はその申し出を断る。

後日、弓成は再び山部と会い、自分と協力するように持ちかけられるが、再度断る。

数日後、沖縄返還に関して審議が行われた。

その中で、沖縄返還に関する資料の存在が明らかになり、議会は混乱に陥るのだった。

ドラマ「運命の人」2話の感想
2話を観て、思い通りに行かない取材の様子が特に印象に残りました。

2話では、新聞記者の弓成が、沖縄返還に関する情報の進展を探ろうとする様子が描かれます。

正義感の強い弓成は、三木から手に入れた資料の存在を明かさずに、何とか総理大臣に自分の非を認めさせようと記事を作成したり、周囲の人々を取材したりします。しかし、自分の手に入れたい情報を得ることはできず、総理大臣たちも非を認めようとはしません。

真実を明らかにして世間の人々に伝えたい気持ちは強いにも関わらず、なかなか取材を上手く進められない弓成の姿に、もどかしさを感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第3話 「裏切りの代償」

弓成は、昭子から入手した極秘文書を使って政府の欺瞞を暴こうと奔走。弓成は野党の議員・横溝に文書を預けるが、国会の審議中にその文書を公にされてしまう。外務省ではすぐに出どころの調査が始まり、焦った昭子は深夜、弓成の自宅に電話をかけ…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」3話のネタバレ
新聞記者・弓成(本木雅弘)を裏切り、弓成から譲り受けた機密文書の存在を議会で明かしてしまった社進党議員・横溝(市川亀治郎)。

焦った弓成は、横溝の行方を探すが、分からない。

会社に戻った弓成は、上司の司(松重豊)から、機密文書に関して問い詰められるが、身の潔白を主張する。

次の日、外務省では機密文書を外部に渡した人物を特定しようと動き始めていた。

後日、弓成はようやく横溝と話をすることができた。

怒りをぶつける弓成に、横溝は総理大臣を辞めさせられれば騒動は収まると話す。

弓成は帰宅後、妻・由里子(松たか子)から、外務省で安西(石橋凌)の秘書をしている三木(真木よう子)から電話がかかって来たことを聞く。

弓成は電話を掛け、三木に迷惑を掛けてしまったことを謝罪する。

しかし、三木は弓成の謝罪を受け入れることが出来ない。

さらに、三木が機密文書に関する騒動に関わっていることが三木の夫・琢也(原田泰造)に知られてしまう。

安西は、外務大臣の福出(笹野高史)に三木のことを話し、さらに総理大臣の佐橋(北大路欣也)にも話が伝わる。

それから、弓成は警察の取り調べを受けることになる。

そして、弓成は逮捕状を渡されてしまうのだった。

ドラマ「運命の人」3話の感想
3話を観て、弓成の過ちの大きさが特に印象に残りました。

3話では、新聞記者の弓成が外務省の三木から、機密文書を入手していたことが明らかになってしまうまでの様子が描かれます。

弓成は、三木に迷惑を掛けないようにと慎重に機密文書を取り扱っていました。しかし、一つのミスから、次々と捜査が進み、三木はもちろんのこと弓成にまで捜査の手が及ぶ事態となってしまいます。
弓成がスクープを手に入れるためにした一つの過ちによってこれほど追い込まれ、大事な物を失ってしまうことに、恐怖を覚え愕然としました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第4話 「暴かれた関係」

弓成と昭子は、横溝議員が国会で極秘電信文をさらしたことで窮地に立たされる。警視庁に出頭した弓成は、捜査員から文書の入手先を聞かれるが、昭子を守るために黙秘を貫く。一方、由里子は突然の夫の逮捕に戸惑い、子供たちを妹宅に預け、夫の帰りを待つ…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」4話のネタバレ
毎朝新聞の記者・弓成(本木雅弘)が、国家公務員法違反により逮捕されてしまう。

弓成の妻・由里子(松たか子)は、夫が逮捕されたことを聞き、騒ぎをこれ以上大きくしないためにも、夫の部屋にある犯罪の証拠を隠滅しようとする。

しかし、弓成家にも捜査の手が及び、証拠品が押収された。

そんな中、弓成が勤務していた毎朝新聞は、今後について話し合いが行われていた。

その結果、知る権利を活かした活動を行うことが決まり、活動は勢力を強めていく。

一方、弓成と三木(真木よう子)は、何度も取り調べを受けていた。

三木は、逮捕された後も弓成を守ろうとしていた。

後日、新聞記者の山部(大森南朋)は、毎朝新聞に来ていた。

司は、山部から警察が何か秘密を知っているのではないかという話を聞く。

同じ頃、弓成と三木は依然として取り調べを受け続けていた。

弓成は、三木が自分を裏切り罪を認めたことを知る。

その後、弓成は釈放されることになった。

司は、由里子にその旨を伝える。

それから、弓成のもとに行った司。

そして、山部とともに滞在先のホテルに行った弓成。

そこに、由里子が姿を現した。

しかし、弓成は由里子に自宅に帰るように促すのだった。

ドラマ「運命の人」4話の感想
4話を観て、妻の強さが特に印象に残りました。

4話では、逮捕された新聞記者・弓成が取り調べを受ける様子が描かれます。

弓成が逮捕されたことによって由里子もマスコミや警察から目をつけられることになります。しかし、由里子は混乱しつつも、子どもたちを守るために行動したり、夫の罪を軽くしようと考えを巡らせたりします。さらには、釈放された夫に会い、夫ともう一度向き合おうとします。

夫が逮捕され、極限の状況に追い込まれても家族を守ろうと奮闘する由里子の姿が健気で、応援したいという気持ちになりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第5話 「引き裂かれた家族」

弓成と昭子は、機密文書漏えいの件で警視庁の取り調べを受けた後、釈放される。だが、検察から発表された起訴状に、弓成と昭子の男女関係をにおわす生々しい表現が盛り込まれ、各方面に波紋を呼ぶ。弓成の自宅には取材陣が押し寄せ、由里子はショックを受け…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」5話のネタバレ
毎朝新聞の新聞記者・ 弓成(本木雅弘)と三木(真木よう子)が不倫していたことが明らかになり、毎朝新聞では混乱が広がっていた。

毎朝新聞は、 弓成の不倫に関する謝罪文を掲載するが、曖昧な表現が目立つ文章だったため、世間の人々から不満の声が続出する。

弓成が自宅に帰ると、妻の由里子(松たか子)が家を出てしまう。

数日後、 弓成の自宅には、大勢の報道陣が押し寄せていた。

弓成は、取材を避けるため外に出られずにいた。

そこに、ライバル社の新聞記者・山部(大森南朋)がやって来る。

弓成は、山部から真実を話すようにと求められる。

弓成は、山部に対し包み隠さず真実を打ち明ける。

後日、 弓成の妻・由里子は自分の子どもが週刊誌の記者に詰め寄られている光景を目にする。

由里子は、記者の行動を止めようとするが、記者は応じない。

すると、従兄弟の鯉沼(長谷川博己)が、記者を追い払う。

鯉沼は、由里子の悩みを聞き、励ましの言葉を掛ける。

そんな時、 弓成の上司・司(松重豊)は、状況を打破しようと、大野木(柳葉敏郎)のところに行く。

大野木は、司の話を聞き、弁護をすることになった。

そして、 弓成は三木と裁判で争うことになるのだった。

ドラマ「運命の人」5話の感想
5話を観て、不倫による代償の大きさが特に印象に残りました。

5話では、 弓成と三木の不倫が明らかになったことから、騒動が大きくなっていく様子が描かれます。

弓成は、妻の由里子から別居を言い渡され、報道陣から執拗な追及を受けることになります。さらに、子どもたちにも追及の手が及んでしまいます。そして、愛し合っていたはずの三木からも裏切られ、どんどん追い詰められていきます。

弓成と三木が、お互いに純粋な恋心を抱いていたとはいえ、不倫をしてしまったことでそれぞれの立場を失っていく様子から、不倫によって失う物の大きさが伝わってきて、やりきれなさを感じました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第6話 「“女”の復讐」

弓成と昭子の裁判が始まった。検察側は弓成が男女関係を強要し、それを盾に機密文書を昭子に要求したと主張。一方、弓成側は事実無根と対立する。だが、昭子の痛々しい印象により、弓成は次第に不利な状況に。山部は、昭子に真実を話させるべきだと弓成に忠告し…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」6話のネタバレ
国家公務員法に違反した新聞記者・弓成(本木雅弘)と三木(真木よう子)の裁判が幕を開けた。

弓成は、自分の行為の正当性を主張した。弁護士の大野木(柳葉敏郎)も、弓成の主張が正しいと弁護した。

三木は、起訴内容について認めたうえで、弓成に対する恐怖心があると訴え、涙を流した。

第一回公判では、三木の側が優位に立った。

その後、第二回公判が実施されたが、依然として三木が優位な状況は変わらない。

そんな中、弓成は外務省にいた安西(石橋凌)の現状を知る。

安西のところに行った弓成は、誠心誠意謝罪する。

それから、弓成のところに新聞記者の山部(大森南朋)がやって来て、自分が入手した情報を話す。

数日後、弓成の次男・純二(山﨑竜太郎)が学校で暴力事件を起こす。

父親を馬鹿にされて腹が立ったとのことだった。

弓成はその騒動を聞き、故郷に帰ることを決める。

次の日、弁護士の大野木は由里子から弓成が故郷に帰ったことを知らされる。

そんな時、由里子は山部から弓成への伝言を託される。

由里子は、弓成に伝言を伝え、弓成に裁判を続けるように説得する。

弓成は説得に応じ、再び裁判に臨むのだった。

ドラマ「運命の人」6話の感想
6話を観て、三木に翻弄され苦しむ弓成の姿が特に印象に残りました。

6話では、弓成と三木が裁判で争い始める様子が描かれます。

弓成は、自分の正しさを主張し弁護士の大野木にもサポートしてもらいます。しかし、三木の巧みな戦術に翻弄され、思うように裁判を進めることができません。

さらに、子どもにも大きな影響が及んでいることを感じた弓成は、心が折れてしまい裁判を諦めようとしてしまいます。

弓成が、三木を憎むことが出来ないがゆえに三木によって追い込まれてしまう様子に、もどかしさを感じました。また、弓成に対し、どれほど辛い気持ちになっても向き合おうとする由里子の姿に感動を覚えました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第7話 「衝撃の判決 明暗を分けた結末!!」

弓成と昭子の裁判が佳境に入り、外務省前局長の吉田が証人として出廷。一方、由里子は、裁判所前で昭子と出会うも無言で見詰め合う。鯉沼はそんな由里子を複雑な気持ちで見守り、由里子は母・加代に、「鯉沼と人生をやり直したら」と告げられ…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」7話のネタバレ
毎日新聞の記者・弓成(本木雅弘)は、裁判をどう進めていくか、弁護士たちとともに話していた。

そこで、ライバル新聞社の新聞記者・山部(大森南朋)を証人とすることを決める。

山部は、戸惑いつつもその依頼を受ける。

その後、弓成側は証人として外務大臣の経歴を持つ愛川(大和田伸也)を招くことにする。

第三回公判に姿を見せた山部。

山部は、新聞記者としての意見を話した。

次の日、三木(真木よう子)は弁護士の指示を受けて、証言の練習をしていた。

一方、由里子は夫である弓成のために法廷で裁判を傍聴することを決める。

数日後、裁判が始まった。

弓成は、休憩時間に大野木と話すことになる。

大野木は、由里子から渡された物があると打ち明ける。

その後裁判が再開される。

三木の側が優位に立つ状況が続く。

弓成も何とか状況を打開しようとするが、上手くいかなかった。

そして、判決が言い渡されることになった。

弓成は無罪、三木が執行猶予があるものの有罪判決となったのだった。

ドラマ「運命の人」7話の感想
7話を観て、弓成の周囲の人々の温かさが特に印象に残りました。

7話では、6話に引き続き弓成が三木との裁判に挑む姿が描かれます。

弓成は、新聞記者・山部や弁護士の大野木の協力を得ながら裁判に臨みます。しかし、三木の側が依然として優位に立っており、状況を逆転させることはできません。

弓成が追い込まれる中、山部や大野木、そして妻の由里子は何とか弓成の力になろうと奔走します。さらに、毎朝新聞の人々も弓成を応援します。

厳しい状況でも弓成に協力し続ける周囲の人々の温かさに感動し、どうか裁判に勝ってほしい、平和な生活を取り戻してほしいと願わずにはいられませんでした。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第8話 「逆転判決!? 暴走する女の執念」

一審の判決が下り、弓成と昭子は明暗が分かれる形となった。昭子は、弁護士である坂元に「自分のやり方で闘い続ける」と宣言し、週刊誌で弓成との赤裸々な告白手記を発表する。夫を信じようと懸命に耐えてきた由里子は、その記事を見て絶望的な気持ちになり…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」8話のネタバレ
毎朝新聞の記者・弓成(本木雅弘)は無罪判決となり、三木(真木よう子)は有罪判決を言い渡された。

しかし、三木が弓成による被害を訴える内容が週刊誌に載ったことから、弓成は困難な状況に陥る。

さらに、毎朝新聞は騒動を受け、予定されていた弓成の復職を取りやめる。

そんな弓成を、ライバル社の新聞記者・山部(大森南朋)が激励する。

それから、弓成は故郷に帰り、本を書き始めた。

半年が経過し、弓成は妻の由里子(松たか子)と離婚することを決める。

そんな中、三木も夫の琢也(原田泰造)との離婚を決める。

後日、弓成は元総理大臣の佐橋(北大路欣也)がノーベル平和賞をもらうことになったと知る。

佐橋に対し、弓成は厳しい言葉をぶつけるが、佐橋は応じない。

佐橋を見返すため、弓成は本を書こうとする。

しかし、その後弓成は山部から連絡を受け、佐橋が亡くなったことを聞くのだった。

それから、弓成は三木の控訴審に応じることになった。

弓成は自分の主張を貫く。

ところが、弓成は有罪判決を受けたのだった。

ドラマ「運命の人」8話の感想
8話を観て、弓成に待ち受ける残酷な運命が特に印象に残りました。

8話では、無罪を勝ち取った弓成のその後の様子が描かれます。

無罪になったことで、新聞記者としての再出発や家族との関係の修復が出来るようになると思われました。しかし、三木がなおも弓成を追い詰めようと情報発信を行い、弓成は仕事に復帰することができません。さらに、家族にも迷惑を掛けてしまいます。

それでも、自分の正義を貫こうと行動を起こします。しかし、何をやっても上手く行きません。その上、世間は弓成に対して厳しい態度を向け続けます。

弓成がどれほど懸命に生きても幸せになれない姿に、胸が苦しくなりました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第9話 「終幕へ-下される最後の審判」

控訴審の判決に納得のいかない弓成らは、最高裁に上告する。また、実家の青果店の経営が厳しいと知った弓成は、父・正助のために店を再建しようと奔走。そんな中、由里子の相談に乗っていた鯉沼が、子供たちと一緒にボストンに来ないかと由里子を誘い…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」9話のネタバレ
三木(真木よう子)との裁判で有罪判決となった弓成(本木雅弘)。

そんな弓成に、父親の正助(橋爪功)が命の危機に瀕しているとの連絡が入る。

次の日、正助のいる病院に行った弓成は、父親に無罪であったと嘘を告げる。

その言葉を聞き、正助は安心し、息を引き取った。

それから、実家の青果店を立て直そうとする弓成だが、上手くいかない。

それでも粘り強く行動し、農家との契約を成功させ、東京に帰った。

一方、三木のところには元夫の琢也(原田泰造)が姿を現した。

琢也は復縁を迫るが、三木は拒む。

そんな中、山部(大森南朋)が、三木から新たな証言を得ようとしていると聞いた弓成。

山部の提案を弓成は断る。

後日、由里子(松たか子)の前に姿を見せた三木。

由里子は、三木に弓成を助けるように依頼するが、三木は応じない。

次の日、弓成は実家の青果店が倒産することになったと聞く。

さらに、裁判の上告も叶わなかった。

有罪が決まった弓成は、新聞社を辞めた。

そして、弓成は海に身を投げたのだった。

ドラマ「運命の人」9話の感想
9話を観て、弓成の辿る運命の行方が特に印象に残りました。

9話では、弓成が実家の青果店の再建や裁判のやり直しなど、自分や家族と向き合い、奔走する姿が描かれます。

実家の青果店の立て直しも、裁判に向けた道のりも、そう簡単なものではありません。それでも、弓成はわずかな希望を信じて、行動を起こしていきます。

弓成が実家の青果店を立て直すことができるのか、そして裁判をやり直すことができるのか、予測不可能な展開にわくわくしていました。また、弓成の周囲の人々がそのような運命を辿っていくのか、ハラハラドキドキしていました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

第10話 「栄光と挫折〜再生の物語が沖縄で遂に完結!! 40年前の真相と奇跡が招く衝撃の結末-運命に翻弄された3人の未来とは」

弓成は過去と決別し、沖縄に移住。渡久山やミチの世話になりながら暮らしていたある日、弓成は琉球新聞の記者・儀保に、「記事を書いてほしい」と依頼される。気の進まない弓成は、渡久山からある告白をされ、思い描いていたものとは違う沖縄の姿を知り…(引用元:ザテレビジョン)

ドラマ「運命の人」10話のネタバレ
沖縄で海に身を投げた弓成(本木雅弘)。

しかし、ミチ(美波)という女性に救出されていた。

それから五年が経過し、朝友(泉谷しげる)のもとで生活していた弓成。

そこに、新聞記者が来るが、弓成は応じない。

弓成が毎朝新聞の記者だったことを聞かされたミチ。

一方、朝友は弓成に対し、沖縄で起きたことを知ってほしいと話す。

その頃、三木(真木よう子)は元夫・琢也(原田泰造)と正式に離婚した。

そんな中、弓成の元妻・由里子(松たか子)のところに手紙が来た。

数日後、弓成のところに山部(大森南朋)がやって来た。

弓成が由里子に出した手紙をもとにやって来たという。

その後、沖縄でヘリコプターが墜落した事故が発生する。

沖縄の新聞記者から、記事を書いてほしいと頼まれた弓成だが抵抗を示す。

そんな時、ミチが過去を暴かれ窮地に陥ってしまう。

弓成は励まそうとするが、何も出来ない。

それでも、弓成はミチのために新聞記事を作成する。

ミチは、その記事に心動かされる。

後日、弓成は由里子から手紙が来たことを知る。

ミチは、由里子に連絡を取り、由里子が沖縄にやって来る。

弓成と由里子は久しぶりに二人での時間を楽しむ。

すると、二人のところに弓成が追っていた沖縄密約の証拠が発見されたという知らせが入る。

弓成は、由里子と喜びを分かち合うのだった。

ドラマ「運命の人」10話の感想
10話を観て、遠回りながらも幸せを手に入れた弓成の姿が特に印象に残りました。

10話では、全てを失い沖縄で生活を始めた弓成の姿が描かれます。

新たな土地で、過去と決別し人生をやり直すことができるように思えましたが、自分の過去を知る人物が訪ねてくるなど、過去を清算することはできません。

また、別れた妻や元同僚など、過去に大切にしてきた人々とももう一度きちんと向き合うことになります。

人生に絶望し、投げやりになっていた弓成が、時間がかかっても、出会った人々に助けられながら、人生に希望を取り戻し、新聞記者としてさらには一人の人間として少しずつ再生していく姿に感動を覚えました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ『運命の人』の概要

特ダネ記者である毎朝新聞政治部の弓成亮太。

大詰めとなった沖縄返還の取材中に、日米間で進められている密約の存在に気づく。

激しいスクープ合戦の中、弓成は証拠となる機密文書を外務省事務官の三木昭子から入手するが・・・

二人が男女の仲であったことを材料に、国は機密漏洩を追及する。

やがて世間の関心は国民の知る権利と国家権力の戦いから、二人の関係の詮索へと変質していく。(引用元:ウィキペディア)

ドラマ『運命の人』の出演者、放送情報

弓成亮太:本木雅弘
弓成由里子:松たか子
三木昭子:真木よう子
山部一雄:大森南朋
司修一:松重豊
清原了:北村有起哉
荒木繁:杉本哲太
安西傑:石橋凌
弓成正助:橋爪功
八雲泰造:山本圭
青山芙佐子:柴本幸
鯉沼玲:長谷川博己
三木琢也:原田泰造
十時正春:伊武雅刀
森靖之:浅野和之
大野木正:柳葉敏郎
坂元勲:吹越満
謝花ミチ:美波
照屋賢勇:三浦貴大
儀保明:津田寛治
我楽政規:リリー・フランキー
安仁屋猛:津嘉山正種
島袋善祐:平泉成
渡久山朝友:泉谷しげる
横溝宏:市川亀治郎
愛川輝一:大和田伸也
曽根川靖弘:本田博太郎
田淵角造:不破万作
福出赳雄:笹野高史
小平正良:柄本明
佐橋慶作:北大路欣也

原作:山崎豊子『運命の人』

制作:TBS

放送:2012年

ドラマ『運命の人』の見どころ

「運命の人」は、約40年前に実際に起こった「沖縄返還密約事件」を基にした物語です。

現在も大きな傷跡を残していることへの怒りと悲しみを描いた作品。

新聞業界において、政治部のエース記者・弓成が、理想と信念で“沖縄返還”の裏側に潜む国家権力の欺瞞を暴いていきます!

主役演じるのは、6年ぶりのドラマ主演となる本木雅弘

本木の妻・由里子役に、松たか子、そして本木の人生を狂わせてゆく女性・三木昭子役を真木よう子が演じます。

運命に導かれるように出会い、人生を狂わせていく三人の関係にも注目!

また、大森南朋、長谷川博己、原田泰造、柳葉敏郎、橋爪功、柄本明、北大路欣也ら豪華なキャストも出演しています。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ『運命の人』の感想

40代男性
最終話ありきで作ったような、なんかプロパガンダみたいな話なのでストーリーはあまり…ですが、本木雅弘の演技が素晴らしいので、これだけでも見る価値はあります。彼はすっかり演技派になりましたね。ほかの俳優陣もクオリティ高くて、骨太のドラマです。
50代男性
実在の事件をもとにしたドラマなので、結局何が正しいのかはそれぞれ持論があるだろうが、沖縄問題がいまだ解決されていないことは否めない。意図はどうあれ、なかなか扱いづらいテーマをよくぞドラマにしたものだと、製作陣の気概は評価したい。
30代女性
「沈まぬ太陽」や「白い巨塔」など、実在の人物をモデルにスケールの大きな物語を展開する山崎豊子作品のひとつです。国家に翻弄される新聞記者を本木雅弘が熱演しています。内容が重いので途中で脱落しそうになるけど、とにかく彼の演技に引き込まれるので最後まで見れました。でも、一番いいのは真木よう子!愛が憎しみに変わっていく様には恐怖を覚えます・・・   

まとめ

以上、 本木雅弘主演のドラマ「運命の人」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

『華麗なる一族』などの多くの代表作を持つ山崎豊子が、40年前の沖縄返還密約事件をもとに著した小説『運命の人』を映像化

事件の裏側にある1人の男と2人の女の秘められた真実、真木よう子演じる昭子の復讐劇は鬼気迫るものがありますよ!

TSUTAYA DISCASで運命の人のDVDは無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ジャニーズ出演の2021年春ドラマ

2021年4月から6月にかけて放送されているジャニーズ出演ドラマを紹介します。

各記事では、あらすじやネタバレなどジャニーズが出演するドラマの詳細情報を紹介していますのでぜひご覧ください。

 
放送日 ドラマ名 ジャニーズ 出演者
月曜 22:45 きれいのくに 稲垣吾郎
月曜 24:15 ワンモア 戸塚祥太 五関晃一 塚田僚一 河合郁人 橋本良亮
月曜 24:59 探偵☆星鴨 有岡大貴
火曜 22:00 着飾る恋には理由があって 丸山隆平
水曜 21:00 特捜9シーズン4 井ノ原快彦 宮近海斗
水曜 21:00 DIVE!! 井上瑞稀 作間龍斗 髙橋優斗
木曜 24:59 RISKY 宮近海斗
土曜 22:00 さまよう刃 井上瑞稀
土曜 23:30 コタローは1人暮らし 横山裕 西畑大吾
土曜 深夜2:30 ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情 西畑大吾 高橋恭平 大橋和也 末澤誠也 草間リチャード敬太 小島健 福本大晴 佐野晶哉 嶋﨑斗亜 西村拓哉 大西風雅 岡﨑彪太郎 當間琉巧 小柴陸
日曜 20:00 青天を衝け 草彅剛
日曜 21:00 ドラゴン桜2 髙橋海人
日曜 22:00 やっぱりおしい刑事 風間俊介
日曜 22:00 華麗なる一族 藤ヶ谷太輔
日曜 22:30 ネメシス 櫻井翔 上田竜也
日曜 23:00 文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~ 神田:黒田光輝 豊田陸人 ヴァサイェガ渉 小田将聖 田村海琉 川﨑皇輝 安嶋秀生 檜山光成 深田竜生 織山尚大 北川拓実 元木湧 平塚翔馬 青木滉平 内村颯太