ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|よつば銀行原島浩美がモノ申すの動画を無料で見れる動画配信まとめ

2019年1月〜3月まで真木よう子主演で放送のドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」

本作は『働く』ことをテーマとし、働く現代の大人たちに捧げる上質な本格ドラマです。

周良貨原作の漫画「この女に賭けろ」をドラマ化しています。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviの無料期間を利用すると、ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画を無料視聴する方法

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画は、Paraviで見放題配信中です。

Paraviは通常月額1017円かかる動画配信サービスですが、初回登録から2週間は無料で利用することができます。

(画像引用元:Paravi)

期間中であれば見放題作品は全て無料視聴可能のため、ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画は全話無料視聴できますよ。

また、ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」と同じジャニーズ出演作品の

  • レンタルなんもしない人
  • キワドい2人-K2-池袋署 刑事課神崎・黒木
  • 半沢直樹

の動画も見放題で配信されているため一緒に無料視聴可能です。

是非この機会にドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画を無料で視聴してみてくださいね。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画まとめ

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画は、Paraviで全話無料視聴できます

(画像引用元:Paravi)

Paraviは2週間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴
第1話 「負けたら逆立ち!? 最強営業ヒロイン誕生 悪徳ハゲタカから家族を守れ!」
よつば銀行の頭取・鳩山英雄(古谷一行)は女性行員の積極的な登用を推進する『輝く女性プロジェクト』を発表。業績不振の台東支店・営業課長に大抜擢された原島浩美(真木よう子)もその一環だ。だがこの抜擢には頭取の座を狙う副頭取・島津雅彦(柳葉敏郎)のある目論みが…。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」1話のネタバレ
原島浩美(真木よう子)はこの度、よつば銀行台東支店の営業課長に配属されました。

この配属は、よつば銀行頭取の鳩山英雄が進める『輝く女性プロジェクト』の一環でしたが、副頭取である島津雅彦(柳葉敏郎)は、トラブルメーカーである浩美が何か失敗を起こし、頭取が失脚することを目論んでいました。

業績不振の台東支店を立て直すために配属された浩美でしたが、次期営業課長候補と噂されていた加東亜希彦(丸山隆平)をはじめとする、営業課の皆は浩美に冷たい視線を送るばかりです。

おまけに皆ノートを取っていますが、何が書かれているか分かりません。

早速紳和商事から1か月で仕事を取ってくるように任された浩美でしたが、そこは加東が2年通っても仕事をもらえない営業先でした。

紳和商事はちょうど跡継ぎ問題を抱えていて、丸菱銀行の提案でフーピングループとM&Aをする予定でした。

浩美は途中副頭取から邪魔を受けながらも、跡取り問題を解決し、紳和商事のメインバンクとして仕事を獲得することができました。

浩美は仕事を獲得した『ご褒美』として、個人ノートの共有・公開を求めたのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」1話の感想
面白いドラマが始まりましたね!

頭取が進める『輝く女性プロジェクト』の一環として、業績不振の支店に派遣された原島浩美でしたが、実は副頭取からは失脚を望まれてたんですね。

この副頭取も早速意地悪をしてきたし、今後も色々ちょっかいを掛けてくるのでしょう。

本当に嫌な奴です。

今回は跡継ぎ問題で揉めている紳和商事を守る話でした。

もし何の疑いもなく丸菱銀行の言う通りにしていたら、業績不振のフーピングループに乗っ取られた上に、会社もろともなくなるところでした。

浩美のおかげで助かりましたね。

「恐れながら申し上げます。」から始まる浩美の名セリフは、毎回聞けそうですね。

来週も見逃せません!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「銀行員VSヤクザ社長 命がけの10億円回収!」
原島浩美(真木よう子)は山田太平(寺脇康文)から台東支店が10億円を融資する稲岡興産に、赤紙=取引再検討表が出たことを聞く。発砲事件に巻き込まれたばかりの暴力団と噂される企業だ。10億円を回収できるとは思えないが、その処理を山田から託された浩美は、なんと社長・稲岡栄次郎の家へ単独で乗り込み…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」2話のネタバレ
浩美(真木よう子)の新たな営業相手は鬼怒川の温泉ランド計画が頓挫し、130億円の負債を抱えている稲岡興産。

しかも、10日前に発砲騒ぎがあり、暴力団と関係あるのではと噂されていた。

更に赤紙と呼ばれる取引再検討表が出ており、半年以内に貸金10億円を回収し、1年以内に取引を全停止する必要があった。

浩美は単独で稲岡興産に乗り込み暴力団と関係があるのか社長の稲岡栄次郎に尋ね、違うと聞くと早速調査を開始。

浩美の説得で温泉ランドは鉄道会社「東西電鉄」に譲渡しようという話になりました。

今度は頭取に赤紙を撤回するよう直談判に行った浩美でしたが、正規のルートを踏んでないと拒否されてしまします。

そんな中。よつば銀行台東支店長である山田太平が稲岡興産に対して10億円を返却するよう要求します。

どんどん浩美の分が悪くなる中、審査会議の日を迎えましたが、直前で頭取が赤紙を撤回し、事なきを得ました。

結果的に、温泉ランドは鉄道会社「東西電鉄」に譲渡でき、頭取は自分をつぶそうとする存在がいることを知ってしまいました。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」2話の感想
今回は稲岡興産を赤紙の危機から守る話でした。

暴力団と関係があるかもしれないのに、単独で乗り込んでいける浩美はとてもすごいけど、危なっかしいですよね。

社長の稲岡栄次郎は、どんなに負債が出ても温泉ランドを守りたい理由があったのですね。

最終的に東西電鉄に譲渡でき、安心しました。

栄次郎には最後まで温泉ランドを見守ってほしいものです。

そして、ついに頭取が自分を陥れようとしている存在に気付いてしまいました。

これから頭取vs副頭取のバトルが始まるのでしょうか。

続きが気になります!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「銀行員VS女ハゲタカ 3日で5500万集めろ」
浩美(真木よう子)は新規取引先として、ベンチャー企業の日本STに目をつける。残念ながら既に取引していたが、浩美はある理由でズル休み中の融資担当・丹波(菅原大吉)を訪ねる。日本STの社長・山根(加藤シゲアキ)は優秀な技術者だが経営能力がないという丹波。その背後には黒い噂がある黒田法眼(黒田福美)の存在が…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」3話のネタバレ
浩美(真木よう子)の今度の営業先はベンチャー企業の日本STです。

社長の山根和弘は、技術力は優秀ですが経営力が全くなく、おまけに山根の背後には、よつば銀行をよく思っていない黒田ファンドの社長・黒田法眼がいました。

黒田は山根に対して、明確な担保がなくお金を貸せる融通手形を出していたのです。

しかも、融通手形には日付が無く、黒田の気が変わればいつでも融通した金額の回収が可能になっていました。

浩美は黒田に会いに行き助言をしますが追い払われてしまいます。

後日、山根が黒田と手を組むことを拒否したために、黒田は融通手形を交換請求すると宣言しました。

山根は3日間で5500万円を黒田に返さなければいけません。

ダメだと思っていたその時、よつば銀行台東支店のダメ行員である丹波が、定年後に使おうとためていたお金を出し、無事資金が溜まったのです。

丹波は頭取からもらった時計を浩美に託すと、よつば銀行を退職し、日本STのCFOになったのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」3話の感想
今回は、ベンチャー企業を黒い噂があるファンドから救う話でした。

山根を演じる加藤シゲアキと丸山隆平の初共演と言うことで、画面がとても映えていましたね。

今回の話で、会社を運用するには技術力だけではなく、経営力も必要であることが分かりました。

黒田社長にすっかり騙された山根は、浩美がいないと会社を乗っ取られて終わっていましたね。

経営面は今後、この話の最後に転職していった丹波が何とかしてくれるでしょう。

最後に丹波から預かった時計は何か意味があるのか、続きが気になります!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「主婦の味方!? 激安店の秘密! 崖っぷち社員奇跡の50億円融資!?」
永松隆司(林泰文)が不況のため人員削減に踏み切ると宣言。最も可能性が高いのは、成績最下位の吉田剣(森永悠希)。担当先のディスカウントショップ社長・田端章夫に顔を出しても、いまだに暗い表情でオドオドした立ち振る舞いをする始末。「銀行員に向いていない」と罵倒された吉田は翌朝失踪してしまう。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」4話のネタバレ
よつば銀行人事部長の永松隆司は全支店に対して、人員削減を宣言。

今だ業績不振から抜け出していない台東支店からは、多くの人がリストラされるだろうことが予想されます。

中でも業績最下位の吉田剣はリストラ対象の筆頭です。

そんな吉田は、自分の担当先である「ディスカウント タバタ」社長・田端章夫から「銀行員に向いていない」と言われ失踪してしまいました。

再び田端社長に呼ばれた吉田は浩美と共に向かい、田端から50億円の借り入れを提案されますが、明確な提案ができず再び田端を怒らせてしまいます。

翌日、傷ついた吉田の元に、浩美は誰にでも得手不得手があり、吉田の長所はコツコツと仕事が出来ることだと伝えます。

吉田は「ディスカウント タバタ」について再度よく調べた結果、5億円の融資案と経営プランをもって田端の元へ向かいます。

一方の浩美は吉田の稟議書を通すため会議に参加。

初めは支店長に反対されましたが、田端の登場により稟議も通りました。

全てが終わった後、支店長は50億円をかしたほうが良かったと嘆きますが、浩美は吉田の今後に期待するのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」4話の感想
今回は業績最下位の吉田剣が悩んだり逃げたりしながら奮闘する話でした。

吉田剣の剣はブレードと読むんですね、すごいキラキラネームですよね。

名前勝ちしてしまい自分に自信が持てない吉田に対して、浩美は長所を見出して言い当てました。

浩美の言葉に対して自信を取り戻していく吉田が素敵ですよね。

融資案は勿論50億円の方が会社の利益になるけれども、会社に寄り添った融資内容にできて良かったなと思いました。

続きも楽しみです!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「絶対儲かるアパート経営のワナ!! 1億円の貯金偽造」
頭取重任に向け根回しをする鳩山英雄(古谷一行)の動きに、島津雅彦(柳葉敏郎)は焦りの色を隠せない。そこで草柳康雄(木下ほうか)と永松隆司(林泰文)は、原島浩美(真木よう子)を陥れるための新たな計画を企て…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」5話のネタバレ
頭取続行のために根回しを始めた鳩山英雄に対して、副頭取で頭取の座を狙っている島津雅彦は焦りを感じていました。

鳩山を陥れるために島津は新たな融資先である『シンデレラハウジング』を紹介します。

担当になった矢野は早速融資の話を持ち帰りますが、浩美はなかなか稟議にかけません。

実際に浩美と矢野が物件を見に行くと、深刻と現状が異なっていることに気付き、シンデレラハウジングについて調査を開始。

加東が潜入した結果、不正を発見、矢野も通帳を偽造しているアジトに潜入しますが、暴力団員に監禁されそうになってしまいます。

矢野は加東と矢野により助かりましたが、稟議は島津派の奈良の手により、勝手に本部に送られました。

同じく副頭取派の草柳は今回の件について浩美たちの責任を問いただしますが、支店長の手により今回は見逃されることになりました。

矢野は今まで浩美に取っていた態度を改め、改めて上司として接することにしたのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」5話の感想
女性の上司である浩美を嫌っていた矢野が、シンデレラハウジングの不正を通じて浩美のことを見直す話でした。

ついに副頭取が動き出しましたね!

浩美はシンデレラハウジングが初めから怪しいと感じていたようです。

実際に暴力団員とシンデレラハウジングはつながっていて、矢野がピンチになった時はどうなることかと思いましたが、助かってほっとしました。

稟議書は本部まで通ってしまいこちらもヒヤヒヤしましたが、頭取派によって収まるべきところに収まってこちらも安心しました。

いよいよこれから頭取vs副頭取のバトルが始まるのかと思うと、ドキドキしますね!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「疑惑の見合い&転職 働く女性を踏みにじる冷酷社長」
原島浩美(真木よう子)が課長に着任して1年。業績は上がり、社内にも和やかな空気が流れているものの、厳しいノルマはいまだ達成出来ずにいた。そこで浩美は、新たにある人材紹介業と取引したいと言い出す。しかも浩美はその社長・森下恭子(戸田菜穂)にヘッドハントされたという。まさかこのまま転職を…?(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」6話のネタバレ
原島浩美(真木よう子)がよつば銀行台東支店の営業課長になってから1年が経ちました。

浩美が配属されるまで最下位だった台東支店ですが、最近では業績も上がり、和やかな雰囲気が漂っていますが、まだまだノルマは達成していませんでした。

業績を上げたい浩美は、新たな開拓先として人材派遣会社「ヒューマンリソースカンパニー」との取引を提案しました。

実は浩美は人材派遣会社社長・森下恭子から、オーナーである松崎商船の松崎洋右から独立したいという相談を受けていたのです。

独立を阻止したい松崎は、浩美を陥れて頭取の座を奪いたい副頭取・島津雅彦(柳葉敏郎)と手を組み、あの手この手を使って恭子の新しい会社を潰そうと試みます。

二人の手により新会社は立ち行かなくなりますが、同じ営業課である加東(丸山隆平)達のおかげで事なきを得ました。

一方、副頭取は頭取の座を奪うべく、新たな手を打つのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」6話の感想
今回は女性社長の独立の話でした。

浩美が配属されたときはどうなるかと思っていましたが、1年たった結果業績が上がってよかったですよね!

何より、営業課の皆が浩美のことを課長として認めていることが素晴らしいなと思いました。

そんな浩美が、パーティーを通じて仲良くなった人材派遣会社の森崎恭子の船出を応援するために融資を提案します。

一時は融資が失敗するところでしたが、仲間のおかげで何とかなって良かったですよね!

最後は副頭取が周りの囲い込みを終え、頭取になるための次なる一手を打ってきました。

これから最終話に向けて副頭取がどう動いてくるのか、続きが気になります!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「最終決戦! 全員的!? 仲間の裏切り…大逆転シナリオ」
よつば銀行では島津雅彦(柳葉敏郎)を次期頭取に推す声が高まっていた。噂を耳にした鳩山英雄(古谷一行)は、最後の仕事として債務が膨らんだ企業を整理しようとする。しかもその指揮を島津に任せるという。だが裏には鳩山のある策略が…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」7話のネタバレ
よつば銀行の次期頭取について、島津雅彦(柳葉敏郎)を押す動きが加速していました。

現頭取の鳩山英雄は、債務が膨らんだ桜庭地所をあえて島津に任せ、島津もあえて引き受けます。

互いの思いが交錯する中、島津から引き受けた原島(真木よう子)は加東(丸山隆平)と共に、早速桜庭地所を訪ねます。

桜庭地所を倒産させかねない内容に桜庭地所社長・桜庭拓真は猛反発されてしまいます。

原島も提案内容がおかしいと感じ、銀行には内緒で再建の道を探ります。

その後原島達は、桜庭地所と犬猿の仲であるキヨタインターナショナルと手を組むことを提案。

紆余曲折のうち、二つの会社は手を組む事となりました。

どんどん難しくなる局面に、再建をあきらめようとする加東と再建を進めたい原島の間で争いが勃発していまい、二人は決裂してしまいます。

そしてついに、桜庭地所の取締役会議で加東の裏切りが発覚し、桜庭拓真は社長を解任されてしまうのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」7話の感想
今回はドキドキしっぱなしの回でしたね!

ついに副頭取が動き出しました!

頭取とのバチバチの展開に、見ている方もドキドキしてしまいました。

肝心な仕事を任せられた原島はなんと、銀行に内緒でミッションを進めていきます。

桜庭地所の社長と副頭取を対面させようとする場面も、見ているこちらがハラハラしてしまいました。

そして最後は加東が原島と決別し、裏切りともとれる行為をしてしまいました。

果たしてこれは本当に裏切りなのか、それとも何か意図があるのか、最後まで目が離せません!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「戦え! 奇跡を呼ぶ女 全国432支店の決意! 副頭取の暴走止めろ」
“頭取肝入りプロジェクト”の標的となった桜庭地所で、中島順三(おかやまはじめ)がクーデターを起こし新社長に就任、桜庭拓真(榎木孝明)は解任。それらを仕組んだのは加東亜希彦(丸山隆平)だった! さらに加東は桜庭地所・清算プロジェクトのリーダーに任命され、原島浩美(真木よう子)はその部下に…。(引用元:公式サイト)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」8話のネタバレ
加東(丸山隆平)のたくらみによって桜庭地所社長の桜庭拓真が解任されてしまいました。

よつば銀行台東支店のメンバーは、加東が副頭取・島津雅彦(柳葉敏郎)側に寝返ったと猛反発します。

早速島津から、今月中に40億円を達成するよう台東支店にペナルティが課されてしまいました。

しかし、これらは全て原島浩美(真木よう子)の思惑だったのです。

桜庭地所は再開発中の大規模プロジェクトを他社へ譲渡したことにより、社長を桜庭に戻し、よつば銀行への負債を返却、更に台東支店へ30億円の融資も依頼します。

加東の裏切り行為は裏切りではなく、再開発中のプロジェクトを他社へ譲渡するための時間稼ぎでした。

これで台東支店に課された40億円のノルマは達成できたと喜ぶ社員達でしたが、島津の手により桜庭地所の実績は本部の実績になり、原島は北海道支店への出向が命じられてしまいました。

原島の出向を阻止したい桜庭は、島津が30年前に不正を行った証拠のデータを持ち出し、島津を脅します。

よつば銀行をも陥れかねないデータと、原島の助言もあり、島津は頭取の座をあきらめ、鳩山が頭取を続けることになりました。

桜庭地所の融資は台東支店の実績になり、原島の出向もなくなった平和な台東支店で、原島は今日も元気に働くのでした。

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」8話の感想
ついに最終回を迎えました!

一時は皆を裏切ったと思われていた加東ですが、なんと大逆転を起こすための時間稼ぎだったんですね。

それもすべて原島の思惑通りだったなんて、驚きです。

本部への返り咲きを辞退する時の丸山君、格好良かったですよね。

一度原島が北海道への出向を命じられますが、それも無くなってホッとしました。

副頭取からずっと頭取を狙っていた島津でしたが、最終的に頭取の座をあきらめましたね。

最終的に皆仲良くなったのが良かったなと思います。

途中とてもヒヤヒヤしましたが、すっきり収まって面白い話でした!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、Paraviなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の概要

中堅都市銀行・よつば銀行の女性総合職・原島浩美は、グループでも成績最下位の台東支店への異動を命じられる。

渉外担当となった浩美は、支店の業績を上げるために新規取引先の開拓を提案。

顧客ニーズの的確な把握と大胆な交渉で、これまで獲得できなかったシンワ商事との取引に成功する。

その後も浩美は、顧客のために銀行が果たす役割とは何かを中心に考えながら、負債を抱えていた渡辺興産のテーマパーク事業に道筋をつけ、ベンチャー企業の日本マイクロテクノロジーを企業乗っ取りから救う。

多額の負債を抱えた城北総合開発の再建に本店と共同で携わることとなった浩美。

バブル期によつば銀行の勧めるままに融資を受けたことが負債の原因であり、その窓口となったのが副頭取の島津だったことを知る。

交渉の場に島津を引き出したものの結果的に同社の再建は失敗し、浩美と台東支店は副頭取に目をつけられる。(引用元:ウィキペデイア)

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の出演者、放送情報

原島浩美(台東支店営業課長):真木よう子
加東亜希彦(台東支店営業課):丸山隆平
矢野修(台東支店営業課):塚本高史
奈良敬三(台東支店副支店長):三宅弘城
松田葉子(台東支店窓口係):西野七瀬
金山さつき(喫茶サツキ店主):片桐はいり
永松隆司(よつば銀行人事部長):林泰文
吉田剣(台東支店営業課):森永悠希
大内安則(台東支店営業課):兒玉宣勝
中本和夫(台東支店営業課):鎌田将司
小田美琴(台東支店営業課):杉浦琴乃
倉内歩夢(台東支店):仁村紗和
佐藤大介(よつば銀行法人企画部長):矢島健一
草柳康雄(よつば銀行営業本部長):木下ほうか
山田太平(台東支店支店長):寺脇康文
島津雅彦(よつば銀行副頭取):柳葉敏郎
鳩山英雄(よつば銀行頭取):古谷一行
山根和弘(第3話):加藤シゲアキ

原作:周良貨「この女に賭けろ」

主題歌:スガシカオ「遠い夜明け」

制作:テレビ東京

放送:2019年

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の見どころ

主人公の原島課長を熱演するのは、真木よう子。

また、共演は関ジャニ∞の丸山隆平など、当枠の連続ドラマにジャニーズが出演するのはこれが初。

都市銀行勤務の原島が、男前な発想と行動力を持って、業績不振の支店の立て直し等を手掛けます。

「恐れながら申し上げます」を決めゼリフとして、

どんな相手にも臆せず正論を吐き、お客様第一の銀行員として、管理職として真っ当に仕事を進めていく姿を描く痛快お仕事ストーリー

強くもありつつ天然さも垣間見せる。そんな可愛らしい等身大の主人公に視聴者は共感し、憧れてしまう・・・そんなドラマになっています。

なお、脚本は、朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や「 怪物くん」「信長協奏曲」、など話題作・人気作を次々と手掛ける西田征史

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴

ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の感想

20代女性
銀行もののドラマの中でも、営業管理職という現場のお話なので、緊張感があります。案件もリアリティにあふれたものばかりです。 
30代女性
真木さん演じる原島課長がとても魅力的です。いつもは天然入っててふわふわしているのに、いざここぞという時は真正面から切り込んでいく、頼もしい人です。銀行が舞台のドラマなのに、それほど固くないストーリーなのもよかったです。  
30代女性
銀行内の派閥闘争に巻き込まれた主人公が、マイペースさを武器に銀行を再建していくお仕事ドラマです。ストーリーは王道ですが、真木よう子さんがカッコイイので、見とれてしまいます。  

まとめ

以上、真木よう子主演のドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」は、主人公の銀行員・原島浩美が営業課長に抜擢され、業績不振の支店を次々に救っていく姿を描いたヒューマンドラマです。

銀行という舞台で様々な裏切りや目論みが動きながらも主人公が支店を立て直していく姿を痛快に描いていて、経済ドラマという枠だからといって小難しい話だけではなくクスッと笑える話も詰まっていて楽しめる内容となっています。

個性豊かなキャラクターを持つ銀行員たち一人一人にも注目です。

Paraviでよつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~の動画は全て無料視聴できます。

2週間以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐ動画を無料視聴する/
2週間無料で動画視聴