ジャニーズメンバーが出演したドラマ動画を動画配信やネットレンタルで視聴する方法を紹介するメディア

ドラマ|ようこそわが家への動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

2015年4月〜6月まで相葉雅紀主演で放送のドラマ「ようこそ、わが家へ」

『ようこそ、わが家へ』は、直木賞作家・池井戸潤の同名人気小説が原作

相葉雅紀が演じるのは、気弱で争い事が大の苦手な主人公の倉田健太(くらた・けんた)。

ある日、仕事帰りの駅のホームで、割り込み乗車をしようとした男を、柄にも無く注意します。

それを境に、身の回りで様々な嫌がらせが起こり始め、健太と家族は、ストーカーの恐怖にさらされていくことに・・・

ドラマ「ようこそ、わが家へ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみレンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASの無料期間を利用すると、ドラマ「ようこそ、わが家へ」を1話から最終話まで全話無料視聴できますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ようこそ、わが家へ」動画を無料視聴する方法

ドラマ「ようこそ、わが家へ」は動画配信サイトでは配信がなく、TSUTAYA DISCASでのみ無料レンタルが可能です。

TSUTAYA DISCASは通常月額2417円かかる動画配信サービスですが、初回登録から30日間は無料で利用することができます。

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

期間中であれば旧作DVDが借り放題のため、ドラマ「ようこそ、わが家へ」のDVD(全5枚)は全話無料でレンタルできますよ。

2枚1組で発送される仕組みのため、ドラマ「ようこそ、わが家へ」のDVD全5枚を一度にレンタルしても4枚までしか発送されません。

そのため、ドラマ「ようこそ、わが家へ」に出演している相葉雅紀の出演作品

  • 24時間テレビ42 ドラマスペシャル「絆のペダル」(全1枚)
  • 喰いタン スペシャル(全1枚)
  • 最後の約束(全1枚)

も一緒にレンタルすることをおすすめします。

旧作の作品であれば1度に借りられる枚数に制限はなく、無料期間終了までに返却しておけば追加料金もかかりません

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

TSUTAYA DISCASには、ドラマ「ようこそ、わが家へ」に出演している相葉雅紀の出演作品がたくさん揃っています。

  • 貴族探偵
  • 少年たち
  • バーテンダー
  • フリーター、家を買う。スペシャル
  • ぼくらの勇気 未満都市 2017
  • etc…

ジャニーズが主演の作品は著作権上の理由で動画配信サービスでは取り扱いがないことが多いです。

TSUTAYA DISCASはレンタルサービスのため、動画配信サービスでは見ることのできない作品も多く取り扱われています。

まずはTSUTAYA DISCASの無料お試し期間でドラマ「ようこそ、わが家へ」をチェックしてみてくださいね!

ドラマ「ようこそ、わが家へ」の動画まとめ

ドラマ「ようこそ、わが家へ」は、TSUTAYA DISCASで全話無料レンタルできます

(画像引用元:TSUTAYA DISCAS)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴
第1話 「恐怖のゲームが今夜始まる」
倉田健太(相葉雅紀)は、帰宅途中の駅で、電車に乗り込む際、割り込みで女性を突き飛ばした男を見かける。普段だったら見て見ぬふりをしていたところだが、健太は割り込み男を注意した。 翌朝、家の花壇の花が引き抜かれていることを発見する。 一方、父・太一は、会社の不正を真瀬に伝え、社長に報告を行うが、取引先の社長に真瀬が手を回し、もみ消されてしまう。(公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」1話のネタバレ
倉田健太(相葉雅紀)は、父親の倉田太一(寺尾聰)、母親の珪子(南果歩)、妹の七菜(有村架純)の家族4人暮らしで倉田家の長男です。

健太は自分自身の主張をせず、周りの人に合わるそんな性格の持ち主でした。

一方、父の太一は、務めていた銀行から出向なり、中小企業のナカノ電子部品に総務部長として働いていました。

そして、末っ子の七菜は大学生で、就職活動中。

そんな七菜には実はある悩みがあり、それは元カレの辻本正輝(藤井流星)にストーカーにあっていたのです。

七菜はそのことを親友の保原万里江(足立梨花)に相談していました。

ある日、健太は、駅のホームで割り込みをする男性を注意。

そこにたまたま居合わせた神取明日香(沢尻エリカ)は、健太のこの行動を称えました。

しかし、この日から健太の家で嫌がらせのような行為が始まります。

健太はたまたま明日香出会い、このことを相談するのです。

明日香は出版社の記者で、このネタを取材したいと頼むのですが健太は断るのでした。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」1話の感想
王道のサスペンスドラマを思わせるハラハラの展開が満載で、サスペンス好きには楽しめました。

一見普通のどこにでもいるような家族に見えましたが、それぞれがそれぞれの悩みを抱えているんだなと思いました。

そして、家の花壇のいたずらをしたのが誰だか気になります…。

思い当たる人物が複数いるので、誰が本当の犯人なのか予想できませんね。

父や妹が抱えるトラブルの行方も気になりますし、これから母にも何か起こるのではないかと疑心しています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第2話 「混迷する犯人像と謎の動機」
健太(相葉雅紀)は、神取明日香(沢尻エリカ)の取材に協力し、なおかつ彼女の勤める出版社に専属イラストレーターとして働きだした。 家族までもターゲットにされていると考えた健太は、ギャラを前借りして自宅に防犯カメラをとりつける。 太一(寺尾聰)は、真瀬部長による接待費の横領を西沢摂子(山口紗弥加)とともに調査する。だが、それは真瀬の罠であり屈辱的な仕打ちを受ける。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」2話のネタバレ
倉田家のポストにはなんと傷つけられたねこが…。

すぐに警察を呼び、木下巡査(夙川アトム)が倉田家にやってきます。

健太(相葉雅紀)は犯人に心当たりがあると告げ、その人物を木下巡査に教えます。

それは以前健太が電車の割り込みを注意したある男で、家の近くまでついてきたことがあると。

また、家には謎のFAXが届くようになります。

このFAXを使って犯人を割り出すことができないか考えますが、個人情報開示の手続きがあり、とても根気のいる作業でめんどうくさいということで仕方なく諦めることに…。

傷つけられていた猫はケガを負っていただけで、倉田家はこの猫を飼うことにします。

太一(寺尾)の会社ではまた営業部長の真瀬博樹(竹中直人)に苦しめられていました。

しかも今度は真瀬に横領疑惑が浮上するのです。

一方の健太は、神取明日香(沢尻エリカ)が勤める円タウン出版社にやってきました。

編集長の蟹江秀太朗(佐藤二朗)にも家でのいたずらの件を話し、健太は結局取材を受けることにするのです。

ある日、太一の会社の一枚のFAXが送られてきます。

そこには太一と部下の西沢摂子(山口紗弥加)が居酒屋にいる写真…。

この2人が不倫でしていることをほのめかすFAXで、差出人は不明でした。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」2話の感想
花壇の次はまさかの猫でした。

でも本当に電車の割り込みの男がしたことなのか疑問が残ります。

やり方がとても執着深いし、そんな割り込みを注意したことぐらいでここまでやるのも逆に疲れるのではないかと個人的に思ってしまいました。

辻本や珪子の陶芸教室の友達も怪しくて、ニット帽の男の正体も気になります。

そしてドラマの展開としては月9に珍しく暗めの雰囲気で進んでいくのだなと思いました。

原作小説があるということで、そっちも読んでみたいなと思いました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第3話 「遂に捉えたストーカーの姿!」
倉田家の自動車が深夜、何者かに傷つけられた。健太(相葉雅紀)は、『円タウン出版社』で神取明日香(沢尻エリカ)と、自宅に取り付けておいた防犯カメラが捉えた映像を検証する。すると、深夜に自動車に近寄る人物が映っていた。その夜、倉田家に新たな嫌がらせが行われた。倉田家の不安を見透かしたかのようにリビングに無言電話が…。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」3話のネタバレ
今度は倉田家の自動車までもが傷つけられることに…。

そこで健太は、勤め先の円タウン出版社に防犯カメラで捉えた映像を持ち込みます。

そしてこの映像を神取明日香(沢尻エリカ)と検証することに。

映像に写っていたのは、深夜、自動車に近寄る人物。

しかし、まるで防犯カメラの位置を知っているかのように犯人は自分の姿を隠していたのです。

これをみた明日香は、防犯カメラのことが倉田家以外の人物にバレたのではないかと疑心。

一方、太一(寺尾聰)は、送られてきたFAXのことを社長の持川徹(近藤芳正)に説明します。

何とか誤解は解けて、太一と部下の西沢摂子(山口紗弥加)は犯人は営業部長の真瀬博樹(竹中直人)ではないかと睨みます。

またある日、倉田家に頼んだはずのないデリバリーピザが大量に届きます。

しまいには家に無言電話がかかってきたり、嫌がらせはどんどんエスカレートするのです。

ある日、七菜が自分のハイヒールの片方がないことに気づきます。

健太にそのことを話し、一緒に2階に上がるとなくなっていた片方のハイヒールを発見。

しかし、飼っている猫(ガス)の首輪には謎のメモがはさまれていました。

メモにはおじゃましましたというメッセージが残されていたのです。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」3話の感想
犯人が防犯カメラに写る様子を見て怖かったしゾクゾクしました。

しかもまさか防犯カメラ存在まで知っているなんて…。

必ず倉田家の誰かに関わる人物なんだろうなと、ドラマを観ながら犯人が誰なのか推理を張り巡らせています。

ラストの健太と七菜が2階にあがるシーンがとにかく怖くて、ハラハラしましたね。

ピザを大量に送った犯人や家にあがった犯人が全員必ずしも同一人物ではないのかなとも思ったり…。

真瀬に弱みを握られている西沢が今後どう行動していくのかも気になりますね~。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第4話 「ストーカー最接近!遂に家族の反撃が始まる!」
相次ぐストーカーからの嫌がらせに悩む倉田家。全員が留守の間に、ついに何者かが家の中に忍び込んだ。 その夜、健太は太一(寺尾聰)と就寝前に自宅の周辺を見回りに行く。そんな太一に、健太はスマートフォンで撮影した、ある画像を見せた。 翌日、太一は『アサヒ電子』の件で、なぜ不正の疑惑のある真瀬博樹(竹中直人)をかばったのかを尋ねる。そしてあることに気づく。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」4話のネタバレ
倉田家で飼う猫のガスの首輪に、いつの間にか知らないメモがはさまれていました。

何者かが倉田家の中に忍び込んでいたことが分かります。

健太(相葉雅紀)は、以前防犯カメラに写っていたデータを警察に提出することに。

健太の話を聞いた警察は犯人は合鍵を持っている可能性があり、ドアの鍵を取り替えた方が良いというアドバイスを健太に伝えます。

そして夜になり、健太と父の太一(寺尾聰)は自宅周辺を見回りに出かけることに。

そして太一は健太から、西沢(山口紗弥加)が熟女パブで働いていることを聞き驚きます。

しかも西沢は真瀬を接客していたのです。

実は西沢は、母の医療費が必要で、お金のために副業をしていました。

そしてこの弱みを握った真瀬が、西沢を脅していたのです。

一方、健太は明日香(沢尻エリカ)と一緒に家を調べていると盗聴器が仕掛けられていました。

また倉田家ではお金が盗まれて、健太は防犯カメラの映像を確認することに。

そのことを健太は電話で明日香に報告します。

すると突然明日香は何者かに突き落とされ、階段を転げ落ちてしまいます!

ドラマ「ようこそ、わが家へ」4話の感想
どんどん犯人の行動がエスカレートしていって恐怖が増していきました。

さすがに家の中まで侵入してきたことが分かると怖くて夜も眠れませんね。

これからの犯人の行動が気になりますね。

そして西沢さんがパブで働いていたのも驚きでした。

でも何とか太一とアイディアを絞りだし、真瀬が握っているこの弱みを帳消しにできたときはスッキリしました。

ここからは真瀬の不正をどんどん暴いていってほしいですね!

最後に明日香を突き落とした犯人が気になりますが、これは自転車の男かなと思っています。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第5話 「犠牲者発生!最弱のヒーローが遂に動き出す!」
倉田家で、また金が盗まれた。リビングに仕掛けた防犯カメラの映像から健太(相葉雅紀)は、意外な犯人に驚く。そんな時、健太に蟹江秀太朗(佐藤二朗)から電話がかかってくる。神取明日香(沢尻エリカ)が、誰かに階段で突き飛ばされて落下したという。明日香の容体は、果たして…。 一方、『ナカノ電子部品』では、太一(寺尾聰)が西沢摂子(山口紗弥加)から、新たな問題の報告を受ける。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」5話のネタバレ
倉田家で盗まれたというお金はただの珪子(南果歩)の勘違いでした…。

そして、このお金は七菜(有村架純)が見つけたとのこと。

しかし健太(相葉雅紀)は防犯カメラによって、お金を盗んだのは七菜だと知っていました。

七菜がお金を盗んだのは七菜の携帯に差出人不明のメールがきて、自分と元カレがうつる写真で脅し、家の金を盗めという指示があったのです。

一方、健太は明日香(沢尻エリカ)が階段で何者かによって突き飛ばされてしまって怪我を負ったことを知ります。

この犯人は一連の倉田家で起こっている事件の犯人と同一人物ではないかと疑心。

一方、太一(寺尾聡)の会社では営業部長の真瀬(竹中直人)関連でまた問題が発生。

真瀬が会社のお金を使いこんでいる疑惑が浮上します。

また、健太が先日階段で明日香を突き落とした犯人を調べることに。

犯人は明日香が道で注意した自転車の男で、無事警察に連行されました。

しかし、この男は倉田家のいたずらとはまったく無関係で、健太は倉田家へのいたずらの犯人をまた調査します。

その犯人として七菜の元カレの辻本正輝(藤井流星)が浮上するのです。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」5話の感想
七菜が元カレとの写真でゆすられ家のお金を持ちだそうし、それを促した犯人にとても怒りを覚えました。

やり方が汚すぎるし、これが本当に元カレの仕業なのかなと疑問に思うところもありました。

それからまさか明日香にまで危害が加わるなんて…。

でもとりあえず明日香のことを突き落とした犯人が捕まって良かったです。

辻本が倉田家の犯人に浮上しまうが、個人的には違うのかなと思います。

七菜がまた真犯人から危害を加えられるのではないかと思うと怖いですね…。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第6話 「妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!」
倉田健太(相葉雅紀)は神取明日香(沢尻エリカ)の事件からヒントを得て、見覚えのある人物を発見。七菜(有村架純)の元カレ、辻本正輝(藤井流星)だ。 しかし、健太は辻本にストーカーの疑いがあることは、七菜に話さなかった。その夜、珪子(南果歩)が波戸清治(眞島秀和)たち陶芸教室の仲間と一泊旅行に行って良いかと太一に聞く。その話を聞いて、健太の胸中はさざめく。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」6話のネタバレ
健太(相葉雅紀)と明日香(沢尻エリカ)は犯人が七菜(有村架純)の元カレ・辻本(藤井流星)であると睨みますが、辻本はそんなことしていないとキッパリ否定します。

そして、辻本は健太に七菜を守ってほしいと七菜を心配する言葉さえかけるのです。

一方のナカノ電子部品。

太一(寺尾聡)が真瀬(竹中直人)に在庫の数が合わないと指摘した商品が、以前確認したときはなかったはずがなんと見つかるのです。

西沢(山口紗弥加)は真瀬が裏で怪しいことをしているのではないかと太一に告げます。

一方、健太は家に仕掛けられている盗聴器を逆に利用し、逆に犯人を家におびき寄せることに。

ちょうど母親の珪子(南果歩)が旅行に出かけるとのことでした。

その時期に家を留守にする会話をわざと盗聴器にしかけるように話し、健太は家に犯人が来るのを待ちます。

当日、犯人は倉田家に現れますが健太たちの気配に気づいた犯人はそのまま逃走。

健太と七菜は犯人を追いかけ、七菜をかばったあげく健太は犯人に胸を刺されてしまいます。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」6話の感想
やっぱり元カレの辻本は犯人じゃないんだろうなと今回確信しました!

辻本は七菜が嫌がらせを受けているのを知っているんじゃないかと。

一方でナカノ電子部品の真瀬は明らかに何か裏で手引きしている感が見え見えでしたね。

早く真瀬の不正を明らかにしてほしいです!

犯人をおびき寄せるために倉田家が留守にする会話をするシーンはあからさますぎて逆に笑えました。

でもこれで本当に犯人が来るのだから犯人も単純だなと思いましたね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第7話 「健太を刺したのは誰?遂に犯人の正体が明らかに!」
倉田家に次々と嫌がらせを繰り返すストーカー。家族全員の留守を装ってストーカーをおびき出し、顔を確認しようと考えたのだ。 健太が七菜(有村架純)と身を潜ませていると、ストーカーが現れた。だが、2人はストーカーの逆襲に遭い、健太が刺されてしまった。 明日香が健太の緊急手術を不安の中で待つ。そこで七菜は、元カレの辻本正輝(藤井流星)にストーキングされていることを家族に打ち明ける。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」7話のネタバレ
ある日、家に帰ってきた太一(寺尾聡)は自宅前の何やら騒がしい雰囲気に違和感を覚えます。

すると、木下巡査(夙川アトム)から、なんと健太(相葉雅紀)が刺されたことを告げられます。

それを聞いた七菜(有村架純)も震えて動揺…。

太一はすぐに珪子(南果歩)に連絡をしますが、珪子は旅行中。

しかも、一緒に行く予定だった下村民子(堀内敬子)が突然断ってきます。

そのため珪子はなんと陶芸教室の講師・波戸清治(眞島秀和)と2人で泊まることに!

その場で波戸は珪子に自分の想いを告げるのです。

一方、健太は手術しなんとか一命をとりとめます。

健太を刺した犯人はなんと七菜の親友である保原万里江(足立梨花)でした。

万里江は辻本(藤井流星)に惚れていましたが、告白するもふられてしまいます。

そしてある日から辻本と七菜が付き合いだして七菜にうらみをもつようになったのです。

これまでのほとんどの犯行が万里江によるものでしたが、盗聴器の一部など彼女の仕業ではないものがありました。

またある日、珪子を住居侵入と窃盗の容疑がかかっていると倉田家に突然刑事がやってくるのです。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」7話の感想
ついに犯人の魔の手がすぐそこまで来ていることを思い知らされハラハラドキドキでした。

ひとまず健太が助かって一安心ですが、その犯人がまさかの七菜の大学の親友だなんて…。

これは本当に想像もつきませんでした。

うらみからここまで大胆な犯行ができたのはすごいなと思いました。

でも一件落着とはいかず、まだ犯人がいるみたいですね。

次は珪子をクローズアップするようで、また新たな展開が楽しみです。

それから辻本がいい人で安心しました。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第8話 「ゴメン、僕は母さんを守ることが出来なかった…」
倉田家では、健太(相葉雅紀)の退院祝いが行われようとしていた。パーティーには神取明日香(沢尻エリカ)も参加。そんな倉田家に、刑事の枚方(乃木涼介)と尾村(俵山峻)が来た。なんと刑事たちは住居侵入と窃盗の容疑で、珪子(南果歩)を警察署で取り調べると言う。明日香の機転で珪子の警察への出頭は回避され、取り調べは自宅で行われることとなった。しかし、珪子への疑いは晴れない。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」8話のネタバレ
健太(相葉雅紀)が無事退院が決まり、倉田家では健太の退院祝いが行われることに。

しかし、そこに刑事の枚方(乃木涼介)と尾村(俵山峻)が現れます。

なんと珪子(南果歩)が住居侵入と窃盗の容疑がかかっており、取り調べに来たと言うのです!

ひとまず珪子の出頭は取りやめになりますが、刑事たちは倉田家で珪子の取り調べを始めます。

事件は近所で空き巣の被害が連続して起こっており、珪子の通う陶芸教室の仲間も空き巣の被害に遭っているとのことでした。

しかも、珪子が陶芸教室の先生の波戸清治(眞島秀和)からもらったブローチが物的証拠として現場にあったのです。

しかし、その場に居合わせ明日香(沢尻エリカ)は中嶋家以外の被害者の家で何も発見されなかった点が怪しいと疑心します。

ある日、珪子は友人たちと集まりますが、自分が事件の犯人ではないかと疑われます。

そんな中唯一下村民子(堀内敬子)だけが珪子を信じるのでした。

しかもその日から珪子を誹謗中傷するメモがポストに入れられるように…。

またある日、波戸が盗聴している証拠を掴んだ健太のおかげで波戸は逮捕されました。

明日香と健太は珪子の事件に関して民子を疑い始め、民子の家にやってきます。

民子の家の庭を覗くと、そこには以前空き巣に盗まれた中嶋の品物が散らばっていました。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」8話の感想
やっと健太が無事に退院できることになったのに、次はまさかの珪子に住居侵入と窃盗の疑いなんて…!

これも絶対に一連の事件の犯人の仕業に違いないと思いながら、取り調べの様子を眺めていました。

そして、やはり明日香の視点は鋭いですね。

民子には何か抱えていることがあるのだろうし、それを波戸も知っていて協力していたのかなと。

ニット帽の男はまた別にいると思うので、その行方も気になりますね。

ナカノ電子部品でもイーグル精密の不渡りが明らかになってきて、真瀬の不正が明かされるのでないかと思うとワクワクしますね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第9話 「あなたがやったんですよね。もう絶対に逃しませんから!」
倉田健太(相葉雅紀)は、下村民子(堀内敬子)が危険な人物であることを伝えようと珪子(南果歩)に電話。しかし、その時、珪子は民子とともにいると言い、通話は不自然に切れてしまった。 健太が急いで自宅に戻ると、民子に殴られた珪子がリビングに倒れている。室内には灯油がまかれていた。
(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」9話のネタバレ
健太(相葉雅紀)は、こっそり民子(堀内敬子)の家の庭を覗き見すると、そこにはこれまで空き巣の被害で盗まれた品物が散乱していたのです。

これを見て健太は空き巣の犯人が民子であることを確信。

このことを急いで母親の珪子(南果歩)に伝えるべく電話をかけますが、その時なんと民子は珪子と一緒に倉田家にいたのです

そして突然民子が珪子に殴りかかります。

急に電話がつながらなくなった健太は急いで自宅へと駆けつけます。

そこには殴られて気を失い倒れた珪子の姿が!

そこで民子が灯油を撒き、ライターに火をつけようとしていました。

その時、健太がなんとか民子を押さえ込み、民子は警察に連行されます。

民子は珪子を妬んでいて、波戸(眞島秀和)が陶芸教室の生徒に渡した置時計に盗聴器を仕掛けていることを知った民子はそれを脅しに波戸に空き巣に入らせるなど犯行に協力させていました。

またある日、健太はなんと駅で偶然ニット帽の男に遭遇します。

健太はこの男を追いる途中に、逆襲にあって階段からころげ落ち怪我を負ってしまいます。

父の太一(寺尾聡)に危ない真似をするなとクギを刺されますが、健太はこの事件を終わらせたいと決意するのでした。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」9話の感想
民子の突然の行動にびっくりしました!

無事捕まってよかったですが、まさか陶芸教室の先生がここまで絡んでいたなんて…。

それから犯人として真瀬が浮上したり、ファックスの犯人が実は平井だったりと驚きの新事実の連続でした!

ナカノ電子部品でも大きく事態が動き始めていて、これから真瀬の本当の目的が明らかになるみたいでワクワクします。

最後の方では明日香とニット帽の男との関係も匂わせていたので、その関係性も気になりますね。

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴
第10話 「恐怖の日々が終焉を迎える!全ての謎の答えが明らかに?」
倉田健太(相葉雅紀)はニット帽の男と再会。しかし、反撃に遭い逃げられてしまう。 その矢先、倉田家の表の壁や門に派手な落書きがされた(ここまで9話)。 健太はもみ合った時に、ニット帽の男がしていたネックレスの詳細を覚えていた。健太は明日香とともに、このネックレスから男の身元を確かめようと出版社を出る。そんな2人を、何者かが見つめていた-。(引用元:公式サイト)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」10話のネタバレ
健太(相葉雅紀)は、ニット帽の男と再会するも、反撃に遭い捕まえることはできませんでした。

健太は太一(寺尾聡)から危険だからやめておけと言われますが、健太は健太なりに決着をつけたいと主張します。

ある日、倉田家の外壁や門に落書きのイタズラが…。

また防犯カメラの映像を確認しますが、今回も犯人は姿を隠し誰だか明らかになりませんでした。

なんと円タウン出版社には盗聴器があり、そこで話すことを犯人にすべて聞かれていたのです。

健太はまた調査を進め、ニット帽の男を尾行することに。

そして一連の事件の犯人は無事捕まります。

犯人の正体は、赤崎(市川猿之介)という男。

以前出版社勤務でしたが、いきなり仕事がなくなり出世も見込めなくなります。

ある日、明日香(沢尻エリカ)と赤崎はイベントで知り合い赤崎は明日香のことを好きになります。

偶然駅のホームで明日香に話かけようしていたところを健太に割り込みを指摘されたとのこと。

仕事も上手くいかず、自分のことを忘れた明日香やその邪魔をしてきた健太をうらみ始めました。

腹いせに健太の家にいたずらをすることに…。

赤崎が捕まってすべてが丸く収まったと思いきや、何者かによって倉田家の花壇がまた荒らされていたのでした…。

ドラマ「ようこそ、わが家へ」10話の感想
ようやく犯人が分かってスッキリしました!

まさか割り込みしてきた男で合っていたなんて…しかもそれで何の関係もない倉田家にあれほどの嫌がらせをするなんて人間恨みを持つと恐ろしいなと感じました。

そして、個人的には真瀬の悪事が明らかになったほうがとてもスッキリしました!

ラストは赤崎が捕まったのにまた何者かにいたずらされていてとにかくホラーでした…。

続編に続くかもしれない終わり方だったので、期待したいですね!

動画共有サイトで無料視聴
Youtube ニコ動
TVer GYAO!
公式サイトで視聴

動画共有サイトは、公式の動画ではないため低画質・低音質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルス感染することもウイルス感染することもあります。

違法動画にはこのようなリスクもあるため、TSUTAYA DISCASなどの公式サービスを利用することをおすすめします

動画共有サイトで視聴する際は自己責任でご視聴ください

ドラマ「ようこそ、わが家へ」の概要

倉田健太は、ごく平凡な家族とともに暮らす29歳で出版物の装丁などを手がける個人事務所で働いていた。

彼はある日、仕事がうまくいかない鬱憤もあってか、電車の列に割り込もうとするニット帽をかぶった男を注意してしまう。

健太は電車を降りてからの帰り道をその男に尾行され、その日以来、彼の家には執拗な嫌がらせが続くようになる。

そんな時、彼はタウン誌の記者として働く神取明日香という女性と出会う。

彼女は例の日に健太がニット帽の男を注意した際、同じ場所に居合わせていた。

健太がそれまでにあった嫌がらせを説明すると、嫌がらせを真犯人=名無しさんが見つかるまで取材させてほしいと申し出る。

また、健太はこの時から彼女の会社に居候するようになり、明日香も嫌がらせの調査に介入していく。

(引用元:ウィキペデイア)

ドラマ「ようこそ、わが家へ」の出演者、放送情報

倉田 健太:相葉雅紀
倉田 珪子:南果歩
倉田 七菜:有村架純
倉田 太一:寺尾聰
神取 明日香:沢尻エリカ
蟹江 秀太朗:佐藤二朗
保原 万里江:足立梨花
辻本 正輝:藤井流星

原作:「ようこそ、わが家へ」(池井戸潤)

主題歌:「青空の下、キミのとなり」(嵐)

制作:フジテレビ

放送:2016年

ドラマ「ようこそ、わが家へ」の見どころ

名無しさんの倉田家への嫌がらせは後を絶たず、次第にエスカレートしていく様子が怖いと話題に。

健太の妹・七菜は何者かによって盗まれた自分の携帯電話を通じてリベンジポルノの被害にあってしまいます。

また、テレビ会社「湾岸テレビ」の最終面接の直前にとどめを刺される被害にも。

健太は名無しさんへの復讐心を新たにし、名無しさんをおびき寄せようと家族に持ちかけるシーンも見どころとなってます。

寺尾聰が演じる健太の父・太一(たいち)は会社の不正と闘うことに。

本作は、ストーカーとの対決とともに、池井戸作品真骨頂の企業ドラマも描かれる、サスペンスタッチのホームドラマとなっていますよ。

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴

ドラマ「ようこそ、わが家へ」の感想

20代女性
“アットホームで和やかなタイトルとは裏腹に、お話の内容が重々しいというところからインパクトのある作品でした。謎解きやそれぞれの登場人物の背景がよく作り込まれているなと食い入るように見ていて、毎週放送されるのが待ち遠しかったのを覚えています。人間の内面の世界を覗いているような感覚に浸らされました。ある意味「小さな事でも幾人の人が集まれが大きな力(厄災)になる」表しているなと思いました。そして、最後の最後まで不気味なまま終わるところが感服しました。”
40代女性
一度見たら目が離せなくなるサスペンスタッチのホームドラマという印象が強い「ようこそ、わが家へ」。倉田家の長男・健太演じる相葉雅紀さんと、有村架純さん演じる妹・明日香の対照的な二人の関係が、本当の兄妹のようで大好きでずっと見ていたかった。なんとな~く家族が違う方を向いているバラバラ感も、このドラマっぽくて面白い。池井戸潤さんが原作なだけに、ストーリーの展開が面白く、一度見たら絶対にはまってしまうドラマ。
30代女性
ようこそ、わが家へはストーカー問題を題材にしています。ハラハラドキドキしながら見れるドラマで、家族と一緒に楽しめました。相葉くんをはじめ、一人一人がハマり役です。展開もゾクゾクするし、辛い場面も家族で見れて共感できました。

まとめ

以上、相葉雅紀主演のドラマ「ようこそ、わが家へ」の動画を1話から無料視聴する方法と配信しているサービスの紹介でした。

このドラマの一番の見どころは、なんといても倉田家のストーカー”名無しさん”の正体を探っていくところです。

調査をしていく途中で起こる事件にもドキドキが止まりません!!

TSUTAYA DISCASでようこそ、わが家へのDVDは全て無料レンタルできます。

30日以内に解約すればお金は一切かかりませんので、これを機にぜひチェックしてみてください!

\今すぐDVDを無料レンタル/
30日間無料で動画視聴